コラードの海苔炒め!

簡単にできて、美味しくできるレシピが好きです。それがあると、忙しくても、外の食事とか、買うものに頼らず、ちゃっちゃっと作ることができるから。
青いもののレシピが続きますが、それは、青い葉物をどんどん食べよう週間だからです(笑)!

色の濃い青い葉物は、

血をきれいにし
がんを予防し
血の循環を良くし
免疫力をあげ
腸内細菌叢を増やし
繊細で明るく柔軟なエネルギーを増やし
精神的に持ち上げてくれて落ち込んだり鬱になったりするのをなくしてくれて
肝臓、胆嚢、腎臓、の機能を良くしてくれ
滞留物、特に肺にたまった粘液をきれいにしてくれる

と、こんなにいい事がいっぱいです。

ただ、ほうれん草、スイスチャード、ビーツグリーンは、シュウ酸が多く含まれているので、食べ過ぎないように楽しみましょう。シュウ酸は骨や歯からカルシウムを奪ってしまうため、骨粗しょう症を引き起こす原因にもなります。これらのシュウ酸を多く含む青菜を料理するときは、豆腐や、ナッツやシード類、豆、バター、動物性のタンパク質、またはオイルと一緒に料理するようにするとシュウ酸の害が抑えられるようです。
アメリカでは葉物野菜の代表のようになっている、レタスですが、ほかの濃いグリーンのような栄養価は無いようです。
ブロッコリー、青梗菜、白菜、ケール、コラード、ウォータークレス、からし菜、ブロッコリーの葉、タンポポの葉、Arugula, エンダイブ、チコリー。。。。さあ、今日は、どのグリーンを食べましょう!

f0128026_6574757.jpg


コラードの海苔炒め

材料
コラード 一束
ごま油
海塩

しょうゆ
メープルシロップ
海苔

作り方
①少量の水を平たい蓋のある鍋フライパンに入れ、沸騰させる
②そこに洗って、細く刻んだコラードを芯のほうを下にして葉を上にしていれて、海塩を一つまみかけて蓋をする。途中ひと混ぜして、また蓋をする。
③コラードの芯の方に火が通ったら(見た目よりも、食べてみた方が分かります、見た目でまだ火が通ってなさそうでも、食べてみたら意外と美味しかったりします。)なべ底に残った水を捨て、ごま油をたらっとたらし、さらに少し(30秒くらい)炒めて、そこにメープルシロップをたらっとかけ、醤油をたらっとかけ、さらにひと混ぜして火を消します。海苔を散らして出来上がりです。
④エンジョーイ!



寒いと生のサラダはほしくないのですが、ご飯のおかずと言うより、もりもりサラダみたいに野菜を食べたいときには、そして、少しボリュームが欲しいときに3分温サラダです。
f0128026_744447.jpg


グリーンベジの卵とじサラダ

材料1人前
卵1個 ときほぐして海塩少々
ブロッコリー 1/2房 小さくカット
サラダほうれん草
マッシュルーム 薄くきる
オリーブオイル

赤ピーマンのドレッシング漬け(*)

作り方
①オリーブオイルをフライパンにたらしブロッコリーとマッシュルームを入れて海塩少々、蓋をする。マッシュルームの水分でブロッコリーにも火が通りやすいです。少し火が通ってきたらサラダほうれん草を入れてさっと炒めて、さらに卵でとじて出来上がりです。
②お皿に盛って、ドレッシングに漬けておいた赤ピーマンをのせていただきます。
(*)赤ピーマンのドレッシング漬け
バルサミコドレッシングに漬けて置いた赤ピーマンをのせるだけです。赤ピーマンをつけて冷蔵庫にいれておいたら、いつでも利用できて便利です。ただ、このドレッシングはオリーブオイルが入っているので、冷蔵庫ではオイルが少し固まり気味になります。私は常温で保存していますが、今のところ大丈夫です。。。

[PR]
by pineheath | 2011-02-10 07:25 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/15480853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 子供の偏食の治し方 ケールチップス!と ノンオイル... >>