息を深く吸っていますか


息を深く吸っていますか?

酸素は実は一番重要な栄養なんですよね。
なぜって?

なぜなら、私たちって、食べ物がなくても数週間は生きていられるし、水がなくても数日は生きていかれるけど、もし酸素がなかったら。。。。
酸素がなかったら、たったの数分しか生きてはいられないのですよね。

でも、いったい酸素って私たちの体でどんな役割があるのでしょう?酸素の役割は、息をする事、成長、維持、デトックスのためのエネルギー源となる事なのです。
昔の空気の酸素含有率は30パーセントあったのだけど、今は21パーセントしかなくって、6パーセントだと人間は危篤に陥るのだそうです。
以下は「Slow Down Diet」の著者であるMarc Davidさんが息を深く吸う事の重要性を書いているのでその本を参照させてもらって書いています。

もし、私たちが意識してしっかりと呼吸すると、何が起こるかというと。。。

1、もっとリラックスできる!
体がストレス状況下にある時って、どういう呼吸をしているか気がついていますか?会社で上司から怒られているとき、恋人と喧嘩になっている時、子供にイライラして叱りつけているとき、あなたはどういう呼吸をしているでしょう?それは、浅くって早い呼吸だと思いませんか?事故に遭いそうになった時なんか、呼吸をするのをやめて、息を一瞬止めてしまいますよね。
じゃあ、逆に体がリラックスしているときにはどうでしょう?鮮やかな緑の中をそよ風が吹いていて、そこを気持ちよく散歩しているとき、リラックスできる相手と、お茶を飲んでいるとき、バスタブにゆっくりつかって、一日の疲れを癒しているとき、あなたの呼吸はどうでしょう?ゆっくり、深い呼吸ではありませんか?
あなたがゆっくりとリズムを持った深い呼吸をする事で、あなたの脳はあなたがどんな状況におかれていても、あなたはリラックスしていると考えるようです。
あなたの脳は、「あれー、ストレスいっぱいいっぱいだと思っていたけど、こんなゆっくり、深い呼吸して、私ってリラックスしてる人のように呼吸しているなあ、じゃあ、リラックスしよう!!」と言って、リラックスするように指令を出し始めます。このあと体の中で化学反応が起こって、あなたは実際にストレス下で消化力もない状況だったのからリラックスした消化力のある状況へとなるのです。

2、カロリーをもっと燃やす事が出来る!

よく、カロリー燃やさなきゃ〜って、話の中に出てくるけど、このカロリーっていうのは、燃やしたときにどれ位の熱が放出されるかという測定値に他なりません。科学者が特別な装置の中でかりかりになるまで燃やしてどれ位の熱量が放出されたかを測定するようです。そんな訳だから、何だって、カロリーがあるんです。クッキーは30カロリーだけど、紙一枚だって60カロリーくらいあるし、椅子一つとれば10万カロリーくらいあるのです。そして、そのカロリーというのは燃やすために酸素を必要としているのです!
もし、体の代謝をよくしたい、マックスにしたいと思っているなら、息をするっていうそんな単純な事が効果的な方法だなんて、思った事ありましたか?
酸素を吸えば吸うほど、あなたの代謝活動である「燃やす力」が高くなるのです!

酸素はカロリーを燃やす。
多くの酸素を吸い込むほどにもっと食べたものを燃やす事が出来るってすごくないですか!

私たちの消化システムは酸素に飢えています。胃壁のある部分は体の中のどの他の組織よりも酸素を使うそうです。腸の柔毛(栄養を吸収する所)は食べた食事を分解しているときに大量の酸素を血液から取っています。もしも、血中に柔毛がひろえるほどの十分な酸素がなかったら、吸収力が落ちます。
食べれば食べるほど、体は自然と呼吸量が増えます。食後に副交感神経系が呼吸、血流、酸素を飲み込む量を同時にかえるのです。
たくさん食べたら、たくさん息をするって言うのはたくさん食べたらたくさん運動するというのと同じなのです。

3、脂肪を燃やせる!

まだ、酸素話は続きます!
体に入ってくる酸素の量を増やすという事は食べ物を燃やす助けになるだけではなくって、体が既に持っている燃料ー脂肪を燃やすのにも必要なのです!運動したら何が良いのって、

一つには、体がもっと酸素を吸うのに役立っているから良いんだって言う事と、

二つには、あなたの体が、運動する事でどう酸素をつかうことがより良いのかを学習するという事。
酸素を効果的に使うことが脂肪を燃料減として使うことだと体は理解する訳です。
ただ、座って食べているときに、ゆっくりしっかり深く息を吸う事を心がければ少なからずの有酸素運動の効果があるなんて驚きですよね。さらには、一日中ゆっくりしっかり息をしてたら、あなたの体の脂肪燃焼装置はさらに働く事になるようです。
息をする事ってもう、脂肪燃焼エクササイズそのものなんですね。



息を吸うエクササイズ

食べる前と食べてる時に効果的に息をしよう

まず、まさに今から食事という時に、自分に聞いてみてください。
「私は今ストレスを感じているか、それとも幸せに満ちているか?」
そして、そのこたえがストレスを感じているというものだったら、次の事をやってみてください。

背中をまっすぐにして座ります。
肺の許容量のうち2/3位まで息をゆーっくり鼻から吸い込みます。
そして、3秒から5秒で良いですから息を止めて、それから鼻から(口からでも可)またゆっくり息を吐き出します

これを3回繰り返します。
こんな単純な事だけど、これをやった前とあとでは、視界のクリアーさ、気持ち、いろんな小さな変化が自分に起こっているのに気がつくと思います。これをやるのに私なんかは35秒しかかかりません。ぜーったいおすすめです♪

次に、食事中、ストレスを感じながら食べる状況の時、言い争いをしながら食べているとき、仕事しながらイライラして食べているとき、それとも、たんなる癖で早食いの時、自分にこう聞いてみてください。

「私はゆっくり息しているのか?」

そして、意識して、息を深くするようにしてみてください。
お箸やフォークを一度おいてゆっくりしっかり深い息をしてまた一口食べるというのもいい方法です。
そんな暇ないよーという方は、噛みながらでもゆっくりした息は出来ます。

酸素が前菜か、サラダか、スープか、食事を充実させてくれるものの一つとしてとらえると、酸素という栄養が愛おしくなりますよね。
[PR]
by pineheath | 2011-09-12 11:24 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/16543392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tubaki_hana at 2011-09-13 03:59
今朝、いただいたニュースレターを読んで、さっそくお弁当の時に、やってみましたよ!フォークを一度おいて、深呼吸して、また食べ始めて、休憩して、食べて。なんか、優雅?というか、がつがつしてなくていいわ~。
Commented by pineheath at 2011-09-13 12:14
tubakiさん!嬉しいコメントありがとうございます。私も、子供を産んで以来10年以上、早食いが癖になってしまってるので、大きく息してスローダウンしています☆食べ過ぎ防止に良いですしね〜。


<< 夏休み明けのクッキングクラス&... キムチのアボカドボート >>