ローカカオの毒性

f0128026_1219448.jpg


あーこの記事、書くのためらっちゃいますけど、一応ローフーディストの世界で話題に上っているので、そして、私にとってもショックな事なのでシェアーしたいと思います。
これは、どうも、科学論文が出たという事ではないのですが、ローフードを食べ続けている人たちの中で経験的にやっぱりローカカオって。。。と言う体験談があがってきているようです。
ローカカオって、ローフードのカリスマDavid Wolfeもスーパーフードの一つと言っているし、これでもかってくらい健康効果がたくさんあるように思っていました。(そういわれてますしねー)ローフーディスとの中には毎日何かしらの形でローカカオとか、ローチョコとか食べる人も多いのでは。かくいう私も以前の記事でローチョコのレシピ載せた位チョコレートが好きで、ローとなると、健康効果があるしーなんて、食べる理由にしていました。ローカカオも常備しているし。
この話題の出所は Paul Nison と言うローフーディスとであり、本も何冊も出しているし、講演活動なんかもされている方です。
で、彼が友達のJeremy Saffaronという、これまたローフーディストで、本出したり、いろいろな活動されていて、そもそもローカカオをローフーディストの世界に持ち込んだ方と至った結論のようです。

ローカカオにはいい点もあるけどそれ以上に体に毒性がある。

以下は、Paulの書いた記事を訳します。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Jeremyはその当時、ローカカオがおいしく、栄養も豊富で素晴らしいものだと信じていたのでたくさんのローフーディストに勧めていました。このローカカオは加熱チョコへの執着が抜けない多くの友人にとっても朗報でした。そして、さらに、ヨガセンターで多く見かけるコーヒーをやめられない人たちにとってもローチョコは魅力的で、彼らはコーヒーからローカカオに移行する事が難なく出来ました。
このローカカオの魅力と効能に彼は興奮し、公に商品化しようと試みました。しかし、売ると同時に、Jeremyはこのローチョコに対して取りすぎないようにとの警告も付け加えました。なぜなら、まだ完全には研究されていなかったからです。ローカカオはコストがかかる品物でした。一豆5セント、それとそれぞれの豆を人の手で剥かなければなりません。(ところで、この事から、一回に食べるべき量と言うのがおのずと分かるはずです。)

ローカカオを6ヶ月間食べ続けたあと、Jeremyはそれほどの副作用は感じなかったのですが、健康状態と、消化システムが以前ほどよくない事には気がついていました。その頃から、少しずつカカオの悪影響について研究することになったのです。

私(Paul)にも、似たような経験があります。私もカカオを少量ずつ食べていました。でもJemeryとは違うのは、毎回食べるたびに違いを感じるのです。ただ、良い感じがしませんでした。私のよき友人である Fred Bisci医師も40年来のローフーディストなのですが、私とJeremyが至った結論「カカオには毒性がある」と言う事を確信しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、まだ続くのですがまた次回の記事で続きを書きたいと思います。

ちなみに Paul Nisonさんのが書いた記事はこちらです

******************************************************
******************************************************
お知らせ
ブログの記事とタイアップさせてニュースレター(無料)を発行しています(月1回位です)。

もしご興味がありましたら、ホームページの左下の方のニュースレターの項目からお申し込みください。
ちなみに、英語の記事にご興味がある方はNewsletterという項目が英語バージョンになります。
[PR]
by pineheath | 2011-09-21 12:22 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/16583523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-09-21 23:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pineheath at 2011-09-23 00:49
Yumiさん、初めまして!コメントいただき嬉しいです。マチルダさんのIH参加します♪YUMIさん、福岡からなのですね〜!ちなみに私、福岡が実家です☆また、親がアメリカに来たいと言っているので、今の所日本からの買い物は大丈夫そうですが、そんなお言葉かけてくださって、本当に有り難うございます!
keiko☆purefoodpurebody.com(☆を@に変えて)に連絡いただけると、事前の打ち合わせ(そんなのがあるか?ですが)が出来て嬉しいです。もうすぐですね!10日間と長丁場なので体調整えて望まねばーです♪
Commented by KURI at 2011-09-23 11:29 x
久しぶり!
うふふ、そんな副作用感じるほどローチョコやカカオとってみたい(笑)
陳腐だけど、過ぎたるは…、ということなのかしら。
沖縄でローのWebショップやってる人も、酵母アレルギー?かも?みたいなこと書いてたなあ。
私はもう冷えによる体調不良の一波をかぶってしまった。
愛犬がお空に帰ってしまったり、何かと冷えーることが多いよ。
楽しみは母さん飲み会と畑と庭仕事だわあ、そうそう、そちらの紅葉の写真も見たいな。紅葉も、もう10年以上みてないよー。
Commented by pineheath at 2011-09-23 13:10
くり〜!コメント嬉しいです!!
ほんと、何でもそろうというのは、結局苦しむ結果になる事も多々あるよね。ローカカオの記事はアメリカに住む健康志向の人にはショッキングだと思うよ。取りすぎる事の出来る環境、そもそも、それがふしぜん。酵母アレルギー?そういうのもあるんだね。コンブチャでアレルギーが出る人はそもそも体のデトックスをしてからもう一回チャレンジした方が良いというのは読んだ事があるけど、その方のアレルギーは偏って取りすぎて体がマックスに処理できる量を超えちゃってなったのかな。冷えが始まる季節やねー。暖かいものがおいしくなるね。ちょっと、くりに良いんじゃないかと思う事を、メールしました。
紅葉見に来て!!良い写真取るからね☆
Commented at 2014-08-19 05:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pineheath at 2014-08-26 11:17
UMI さま
コメント頂いてありがとうございます。リンクで張っているPaul Nisonさんの元記事の中に、ローカカオの脂肪鎖は高複合体なので、消化が大変だと書いてあるし、fat そのものの影響ではなくても、カカオに遅延型アレルギーとしてのアレルギー症状が出ているとしたら、吹き出物などの症状としてもあらわれるかな、と思います。

ローカカオが体に合うかどうかを知る方法としては、
摂取するのを1週間から10日程やめてみる−と言うのがあります。遅延型アレルギーになっているなら、やめて2−3日にでどっと悪くなり、その後よくなって行くと思います。そして、10日ですっかりよくなるんじゃなかな、と。その後、もう一度摂取したら、症状が出る事を確認したら、もっと確定ですね。
その方法がまどろっこしかったら、キネシの一人筋反射で見る事もできます。ローカカオの袋を胸の胸腺の所にあてて、体の軸が前傾するか、後傾するかを見る方法です。
後傾したら、体が、ストレスを持っていると考えます。
吹き出物の原因が分かると良いですね。
Commented by レコ at 2017-01-05 00:04 x
私も確信に至って検索してこのサイトにたどり着きました。
ローチョコ食べた後、消化不良みたいになって、しんどくなるかもなーって思ってたのですが、昨日食べて、確信しました。普段はローフードにはツッコミどころがたくさんあるので積極的でなく機会が少なく、気がつくのが遅かったのですが。
Commented by pineheath at 2017-03-25 11:19
レコさま
コメントありがとございます!
ローカカオでこのブログにたどり着いてくださる方、多いです。健康に良い!って、情報だけで妄信するのだけではなく、体の反応感じれているレコさん、素晴らしいですね。


<< IIN(栄養学校)奨学金情報9... アメリカ生活*子供の習い事*このごろ >>