IHプラクティショナー養成講座 再受講の報告

f0128026_131106.jpg


NYから帰ってきました。

今回はIHのクラスの再受講。もっと深く学ぶ為と、今、セッションをさせて頂いている事に間違いは無いのかを確認する意味もあって気合いを入れて行って来た一週間でした。マチルダの温かさ、チャーミングさは顕在で、今回は突っ込んで質問したい事が色々あったので、マチルダ、マチルダ~とついて回っていたのだけど、それ一つ一つに丁寧に応えて,余さず教えてくれるマチルダは本当に最高のヒーラであり先生です。NY在住の友人よりも恵子ちゃんとしょっちゅう会ってる気がするよーとNYに住んでいるIH同回生の友人に言われる位、ちょうど1年前キネシの講習会に出た時から結構頻繁にニューヨークに行き、吸収,実践を繰り返して来た一年でした。今回は雪乃さんのサポートもついていて、私にとって、抱えて来てた、疑問、質問がどんどん解消される講習会になりました。

さて、今回も、講習中にはヒーリングが沢山起こり、またまた感動の嵐でした。その様子をちょっとシェアーしたいと思います。
f0128026_1321239.jpg



クラス中は、沢山のヒーリングテクニックやプロトコールを学ぶため、時間にどうしても制限があり、きちんとした最初から最後までのセッションはしません。でも、今回は,オーガナイザーであるI-healingの亜沙美さんがマチルダにお願いして、恐怖症の本当のセッションをマチルダがデモでやる事に。クラスの中で誰かなにかの恐怖症がある人居る?とあさみさんが聞いた所,ありが恐くてしょうがないとTさんが名乗り出てくれました。でも、恐怖症を取り除くセッションでは、実際その物と対面する事になるため、なかなか、セッションを受ける勇気が出ず、Tさん、どうしようーどうしようーと悩み、結局、当日までに考えておくと言う事で話は落ち着きました。
恐怖症のヒーリングの授業予定の前の日、じゃあ、今日するからね、どう、やれる?と聞かれたTさん、次の日だと思っていたので心の準備も何も出来てなくて、そわそわそわそわ。。。。。。
「どうする?セッション受ける?それともやっぱりやめたい?無理強いは出来ないからねー」
とマチルダに聞かれて、
あああああ、どうしようーーーーと思いなやむTさん。
私は、青虫が嫌いだけど、そりゃそうだよねー、青虫と対面しなくちゃ行けないと思うと、青虫克服の為といえども、セッション受ける自信,揺らぐよねー、と自分ごとに置き換えてTさんの様子を見守っていました。
Tさんは、普段は落ち着いていて、とてもチャーミングな方なのに、完全に落ち着きが無くなって、どうしよう、どうしようーって教室中を右往左往、右へ左へ、、、
どうしよう、私やった方がいいかな?
というTさんに教室の皆はうん、がんばってー、でも、自分が決めなきゃね、と。
そんなこんなしているうちに、Tさん、ようやく覚悟を決めて、やります、と。

マチルダは、教室のドアーを大きく開け放して、そっち側にTさん立たせて、いつだって走って逃げれるんだからね、嫌だったら、いつだって逃げれるからね!
と、Tさんが安全だと言う事を示して、半泣きのTさんをなだめ、セッションスタート。
セッションはとてもすんなり進み、途中、宣言する所も、100%で言っているとカラダは反応してて、マチルダは「ふーん、意外と簡単なのねー。本当に100%なの??」何て言いながら、セッション終了。
あさみさんが捕まえて来ていたアリとTさんが対面すると。。。。
どうにか、こうにか、手に乗せる事は出来ました。でも、2−3秒経つと「ちょっと、どけて、どけてください!!」とパニックに陥る様子。
うーん、やっぱりフォビア(恐怖症)って,そんな簡単には治らないんじゃない??
治るって言ってもこんなもん?なんて、思いながらそのやり取りを見ていました。
マチルダは、「手に乗ってても、冷静に『あら、ありだわ、ちょっとどけましょ』と言えて、優しく振り払えるくらいにはなるはずよ、普通は、セッションの後、ランチとかして、休憩入れてから統合の時間待ってから対面するから、彼女の場合も時間がかかっているのかもしれない。もう少し後からもう一度見て見ましょう〜。」と。
そして、他の内容の講義に入っていきました。それから1−2時間してから、なんだか、Tさん調子が悪そうー。
マチルダもAさんの様子に気付いてどうした?と声をかけてみると、
「うーん、何か、胸の辺りにすごく違和感がー今のセッションでアッセンブリッジポイント(ショックな事によってずれる事がよくあります)がずれる何て事あるのかしらー」と。
「ちょっともう一回でておいで〜」とマチルダ。
マチルダが軽いセッション(先ほど最初から最後までのフルセッションをしたので、彼女には簡単なセッションしか出来ません)をやり始めました。その途端、彼女の目からも涙が。。。
どこに異変があるのか、さっと調べると、「感情」と恐れを溜め込む「Kidney」で反応。話を聞くと、あり恐怖症になったのには,大きな理由があったそう。
でも、クラスの中でその事をシェアーする気持ちにはなれず、その事を、さっきのセッションではヒーリングしないと行けない事として、彼女の顕在意識が出す事をブロックしていたため、一応フォビア(恐怖症)のセッションは終わったけど、根底にある恐怖症になったきっかけである出来事が癒されていなかったと言う訳。それで、マチルダは「言葉で話さなくてもいいから、最後に一度だけその出来事の事を考えてみてー」とTさんに言いTさんは感情も抑えきれなくなってウワーって泣き崩れていました。この過程はIHの流れの上でとても大切です。彼女の、その感情、それが起こった時のその状況、それをヒーリングしないと行けない事として、インプットする(サーキットに入れる)事が大切なのです。
その後は、すんなり一つのコレクションが選ばれて、さっさとセッションが終了しました。
そして、終わった後の彼女の顔!!!
さっきのフォビアのセッションが終わった後の比にならない、壮快な顔!!
マチルダがありを連れて来てみると、何ともなしに手に取ってじーっと見つめる彼女。
恐怖症はすっかり、すーっかり,消え去っていました。
マチルダは「Tさんは私の記録(フォビアを一回のセッションで100%治せる)を破ったわー。」なんて冗談で言ってたけど、今回のは結構特殊な状況だったと思う。クラスの皆に内容をシェアーしたくないという顕在意識が働いていた事が、一回では完全に100%にならなかった最大の原因だったと思う。(例え、カラダが100%と言った所で、そこにも、その人の顕在意識が入り込んでいた可能性があるし)なので、これは普通のプライベートなセッションでは起こるはずは無い事よーと言ってました。

次は、私が練習セッションとして教室でやってて面白かった事。

先ずは参加初日。わたしはAちゃんとMちゃんのダンスの発表会があったため講習会の基礎の部分は参加出来ませんでした。なので講習4日目からの参加。初日から参加している皆さんに、「こんにちはー初めましてー」と挨拶はしたけど、とてもじゃないけど、初めてお会いする人たちの顔と名前が全然分かってない状態でした。
そんな状態の日の最後のプロトコールで「インナーチャイルド」をやる事に。レクチャーの後、実習タイム。慣れた再受講の人と組もうかなーと見回してると,すかさず
「恵子さん、やりましょう!!」と新しい方が名前を呼んでくださりました。
「あー初めまして宜しくお願いします〜恵子です」「よろしくーkyoです」
何て言ってセッションを始めたのですが、講習では時間の関係で短いバージョンで練習している為、インナーチャイルドのプロトコールでやると決めてそれ以外に目標とかは設定しない事になってたので、私もそのやり方でやろうとしていたんだけど、Kyoさんのクラウンチャクラがうまく開きません。
なんでだろうーと言ってると、
「あーインナーチャイルドだったらこの事やろうと考えてたからかな?」
なんておっしゃるので、
「じゃあ、そのテーマでやりましょうー」と考えてこられてた事をお聞きしました。
「〜〜のテーマでインナーチャイルドでやります」、と宣言したら、今度はうまくチャクラが開きました。このチャクラを開けながらやっている事によって潜在意識の希望に添った方法かどうかを確かめながらIHセッションは進めていくのだけど、こうやってちょっとした事(いや、潜在意識にとっては全然ちょっとした事ではないため)でチャクラは頑として開かなかったりします。面白いですよね。
インナーチャイルドではスキャンリストから言葉を色々引いていき、その方のインナーチャイルドが訴えたかった事を読み取っていくのだけど、このときも、まさにまさにの言葉だとKyoさんは納得していました。
セッションが終わって、「恵子さん〜良かったわー。本当にすごく良かった〜。筋反射の取り方も良かったし、その人のホログラフィックに一緒に入ってやるという感覚がやっと分かったわ」と感激して言ってくれて、その感動が伝わって私はとても嬉しくなりました。
このkyoさんとの話はまた次回に続くのですが、後から考えると、インナーチャイルドの癒しでkyoさんが私を指名して来たのにも意味があるなーと思っています。
その事は、セッション事例とはちょっと離れた事になるので次の記事で!

さて、その他には。。。
砂糖をとりすぎている為に、砂糖をやめたいと訴えるEさん。色々質問して見えて来たのは楽しい気持ちになる為に砂糖を食べたくなるという心理。じゃあ、本当にすっごく楽しい事があった日は砂糖を食べたくなるかな?と聞くと、「あーならないかも。。。」と言う答え。そんなこんなで、その辺りの事が目標に設定されました。で、セッションそのものは結構シンプルな流れだったのだけど、コレクションで、Integrated Touch というカラダの中でそのストレスが存在していると感じる所にてを当ててヒーリングすると言う物があるのだけど、それが選ばれました。カラダのどこが変な感じがする?と聞くと片方の足の大腿部だと言う事で、そこにヒーリングしました。しばらくして、それが動いたと言うので動いた先にヒーリング。そして、また動いたと言う事で、動いた先にヒーリング。その後、なぜか筋反射がうまく取れなくなって、あれー何かなーと思いながら、色々見てても分からず、そしたら、(ヒーリング用の)レーザー当てたら良いみたいと分かり、全体的にレーザーを当てました。そしたら、すんなり筋反射が取れるようになり、ヒーリングは進み,無事最後まで行き着く事が出来ました。
終わった後にEさんが言う事には、手を当ててヒーリングした所は、このごろずっと痛みがあった所らしく、しばらく手を当てられていると、それが動くのが分かったとの事。ヘー面白いねーなんて言って、終わりました。
そして、翌日、Eさんが話しかけて来てくれました。
「ずっと患っていた足の痛みがあれ以来無いんです!やっぱり砂糖だったんですね〜!!あの時、実は最後足先に違和感が移動したのだけど、レーザーを当てられた瞬間それがすーっと消えてなくなったのです。なんであの時レーザー当てたんですか?」なんでと言われても、色々他の理由見ても反応がなくって、あーレーザー当てたら良いかもって思って、レーザーで見たらオッケイが出たんだったと思う。と言って、でも、本当にすごいねーなんて言って喜びました。
大変な思いしたセッションでもなかったし、教室でやる事セッションはフルセッションではないから、どうしても簡易バージョンになってしまう為、ヒーリング効果はどんなもんかと思っていたけど、ちゃんと効いてる事が分かりとても嬉しくなりました。

私がやってもらったセッションでは、
マチルダがデモをやるのに足の内側の筋肉の弱さを手の筋肉を調整する事によって(足には指一本触れずに)調整する事を示すのに呼んでくれました。なぜ、そんな事が出来るかというと、それこそがホログラフィックに働きかけているから。その人を木に例えると、その木が存在している森全体に働きかけて、その人の弱い部分を全体からヒーリングすると言う方法がホログラフィックに働きかけるやり方で、それこそがこのIHヒーリングのすごい所でもあります。
で、先ずは、「はい、足を45度斜めに挙げて〜」と言われて、挙げた足をマチルダがいとも簡単に押して足は45度をホールド出来ずにすぐさま下がってしまいました。
そして、手の筋肉で調整した後。。。「もう一度足挙げて〜」、マチルダから押されてもびくともしない足になっていたのです!効くのは分かっているけど、こうやって実感するとやっぱりすごいですよね。筋肉が強くなったのを体感として実感する訳ですから。
ホログラフィックに働きかけるっていう意味は分からなくても、これがそうなんだって、実感として分かると言う訳です。
ちなみに、他の人を使って、ホログラフィックでやらなかった場合をデモしてくれくれました。
そうすると、やっぱり、足はいつまでたっても強くはなりませんー。手に行うヒーリングで手は強くなるけど、足には行かないと言う訳です。
私たちは、目に見えない物をこうやって見えて初めて信じ始める事が出来るけども、世の中実はこんな事(目には見えないけど起こっている事)ばかりなんだろうな〜なんて思ったのでした。

ああ、他にも色々ありました〜。いっぱいのヒーリングの涙を見させてもらったし、沢山の良い経験をさせていただけました。

そうやってミニセッションと言えども、ホログラフィックで深い所を触るため、簡単な不調を経験する人も沢山いました。ヒーリングクライシスでは無く,統合が起こっている時の不調と言う感じなのですが、私も頭蓋の調整をしてもらっている途中から頭が痛くなり、終わった後も、しばらくは頭がいたかった事とかありました。
NYから帰って来てすぐの一日は完全に色んなヒーリングの統合期間だったようで、ここまで?と言う位、なんにもやる気が起きなかったし。(とは言っても、たまってた洗濯物、主婦不在の家の散らかりようをどうにかしないと行けなかったのだけど。)学校から帰って来た子供達と湖に散歩しにいったりして、リラックスを心がけた日を過ごしました。
でも、丸一日過ぎた後は、むくむくやる気がわいて来て、さらにパワーアップした感覚になっています。ちなみにこの統合期間は2時間とも2−3週間とも言われています。人によって違うと思うし、セッション内容によっても違うと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、今月のセッションの空き日程です〜。
以下は日本在住の方向けの時間(朝か晩)を出していますが、アメリカ、カナダ在住で、日中の時間が都合がよいと言う方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。対応出来る時もあると思います〜。

アメリカメイン州12日9時=日本12日22時
アメリカメイン州12日21時=日本13日10時
アメリカメイン州14日9時=日本14日22時
アメリカメイン州16日21時=日本17日10時
アメリカメイン州18日9時=日本18日22時
アメリカメイン州21日9時=日本21日22時
アメリカメイン州22日9時=日本22日22時
アメリカメイン州22日21時=日本23日10時
アメリカメイン州25日21時=日本26日10時
アメリカメイン州26日21時=日本27日10時
アメリカメイン州28日21時=日本29日10時
アメリカメイン州29日21時=日本30日10時
アメリカメイン州30日21時=日本31日10時
アメリカメイン州31日9時=日本31日22時
アメリカメイン州31日21時=日本6月1日10時

☆☆お知らせ☆☆

6月末までのお申し込み(実際のセッションは7月以降でもかまいません)は、オープニング価格として60ドルとなっています。是非、この機会にインテグレイティッドヒーリングの力を借りて、ご自分に向き合われてみては如何でしょうか。遠方の方にはスカイプを使ってセッションしています。
keiko@purefoodpurebody.comまでお気軽にご連絡ください。

詳しくはPure Food Pure Bodyのホームページへ
(下の方が日本語になっています)
[PR]
by pineheath | 2012-05-10 01:27 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/17522646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< NY 出会い編 IHセッションの感想3 >>