IH セッション事例

昨日のセッションも興味深かったです。日本語のブログに事例紹介していいかと聞いたら、快くオッケイを出してくれたので紹介したいと思います。

ヘルスカウンセリングのクライアントさんに今日は普通のカウンセリングではなく、IHのセッションをしましょうと言ってしたセッションでした。ヘルスセッションは彼女に取って有意義だけど、どうも、根底の所で解消しきれていない事がたまっている様子で、それを解消しないと(言葉での)ヘルスカウンセリングも、表面的な物になってしまっている感覚があったためです。
今、一番心を占めている悩みってなんですか?と聞くと、息子との関係ということでした。でも、それがテーマでは筋反射がうまく取れません。なので、他の事で、今心を占めている事ある?と聞くと、体重の事が悩みだと言う彼女。
そしたら、それではオッケイが出たので,そこからヒーリングをスタートする事に。
最初のセットアップの所でクライアントのブラウチャクラをタップする事によって脳下垂体にアクセスします。「第3の目」としても知られるこの脳下垂体から私たちは洞察、知恵、直感や内的ビジョンを得ています。彼女の場合は、ここに時間がかかりました。理詰めでガチガチに考えがちで、内からの声を聞くことを忘れてしまっている状態だと,そこにつなげるのに時間がかかるようです。

話を聞いていると、今の状態から逃げ出したいがために、夜に食べてしまう、と。
今の状態から逃げ出したい事の第一番の理由は、息子との関係だと。
じゃあ、ヒーリングの目標は?と言う所で、「息子に対して平和な感覚を持ち、愛を感じる事が出来る事。」
でも、これでは言葉が足りないと出ます。
そこでオッケイが出たので言葉を引きました。
出た言葉は「私の神経系は私の全細胞をヒーリングする為のすべてのメッセージを運びます」と言うもの。
これを聞いて何を思いますか?という問いに対して、「息子の事よりも先ずは自分の心を癒さないと行けないように思った。すべての事は、先ずは自分の事から始まっているのだから。」と。その言葉でしっかり筋反射が取れたため、
それでは、そう考えると何を目標として付け加えると良いと思いますか?と聞きいたところ「自分自身を愛する事」と言う返事でした。そういう訳で、最終的には
「自分を愛する事、そして息子に対して平和な感覚を持ち、愛を感じる事が出来る事。」という目標が出来上がりました。
面白いです。息子の事は関わっているのだけど、あくまで彼女自身への愛を中心に持ってきたいのだと彼女の潜在意識の意思が伝わってくるようでした。
だから、最初の入り口にあたるテーマは「息子との関係」では無く「体重(彼女自身のこと)」だったのですね。ストレスローディング(IHでは目を使ってこのヒーリングに必要な情報にアクセスします)では、目をぐるっとゆっくり回してもらうのですが、これは肉体的な辛さだけではなく、感情的な辛さが伴う事が多々あります。今回も、彼女は、見えない、痛い、痛いと言い目は大きいのにすぐそばに私の手をかざさないと行けない状態で、すごく変な感じだ変な感じだと言っていました。涙も出たし、最後の方には、吐き気がすると言い出しました。
(これは、個人差があり,すべての人がそうなる訳ではないです。深い所の情報にアクセスする場合、目がその方向を見るのを拒否したり、変な感覚を感じる場合もあります。)
ディーププロトコールにたどり着きました。ホログラムのリファレンスとオブジェクトの修正。他のプロトコールはどこにヒーリングが行くかイメージがつきやすいのだけど、これに関しては、体中のあらゆる所から選ばれてきます。それも、どうしてそれなのだろうと思う所とかも出てきます。(ここら辺は、ホログラフィックでヒーリングが起こっていて、そのヒーリングに必要な事を体が指示してくるという事だけなので、私のちっちゃい頭で考えていても、分かる事の範囲を超えた所の事なのです)。
彼女の場合はオブジェクト(対象)として、シナプス液(神経細胞間の液体)が選ばれ、リファレンス(関連)として心臓が選ばれました。
後から思ったのが、言葉でも神経系と出たし、神経系のことの不調があるのかもしれないなーと。今度会った時に確認してみます。(これも、小さな頭で考えても、その事を越えた所で起こっている事なのかもしれませんが。)
所々で,筋反射が取れなくなり、その度にインフォメーションやらなんやらしました。でも、年齢退行とかが出る訳でなくて、グラウンディング(足からエネルギーを地に下ろします)とか、ちょっと時間ちょうだいのサイン(Time Integration)
だったり。体は急いで進めない、時間ちょうだいって感じだったようです。
コレクションとしては、チャクラのヒーリング。クラウンチャクラのヒーリングが必要でした。クラウンチャクラはユニバーサルエナジーを吸収して体に取り込む働きをしている所であり、また,タイジーポールにエネルギーを与えている所です。
ちなみにタイジーポールとは頭の頂点(クラウンチャクラの中心)から任脈1に向かって伸びている、体の中心の白く脈動している光の芯のイメージの線です。この白い芯の周囲には端から端まで螺旋状の金色の光が巻き付いているそうです。中国伝統医学のプラクティショナーはタイジーポールを神聖な場所であると見なしているそうです。エゴや仮面や防御反応を取り去った、私たちの真の自己がそこに宿っていると考えます。
そして、サポートは最初にエッセンスがでて,次にヒーリングストーン。
エッセンスはマコハンと言うマインドとスピリットの間をつなぐコミュニケーションを生み出すのに役立つエッセンスが選ばれました。
そして、面白かったのが、ヒーリングストーンはDalmation Jasper この石は家族の尊厳、団結,絆の強さに働くもの。
今までやった中で初めてこの石が出て来て、へえ、何の意味があるのだろうと思ったら、またまたドンピシャに必要な石だったので驚きでした。
そして、じゃあ、この石をどうしたらいい?と聞くと、
どこかに乗せてヒーリングするとかでは最初反応しなくって、
「買って持っておく」と言うのでイエスと出ました。
その事を彼女に伝えて、その上で、今やるヒーリングがあるかと聞くと今度はあると出て、それは子宮の上の辺りにこの石を当てるというものでした。
エッセンスなども、それを買った方が良いですか?と言う質問をよく受けますが、潜在意識はそれを要求しない時も多いです。

バランス調整が終わった途端、彼女は「わおー。なんか、なにこれ?」と。
初めて経験する感覚だったそうです。
2時間かかったので、
「Keikoは相当疲れたに違いないわー大丈夫なの?」と言ってくれたけど、IHセッションでは良いエネルギーが上から私の体を通してクライアントさんに伝わるというイメージなので疲れたと言う感覚はあまりないのです。
かなり興味深かったようで他のテーマでもワークし続けたいという彼女です。かなり泣いたためと、元から風邪をひいていたのもあって、頭痛がするワーと言いながら,それでも、幸せな顔になって帰っていきました。
[PR]
by pineheath | 2012-05-12 00:27 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/17529803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< IHセッションの感想4 NY 出会い編 >>