IH セッション セッション事例 肌荒れの原因

とても興味深いセッションで、セッション事例の許可を頂けたので、事例とその後頂いた感想をシェアーしたいと思います。

皮膚の事で悩んでいらっしゃるRさんのセッションでした。
Rさんは、私からセッションを受けるのは2度目でした。

1度目の時にも皮膚の事はテーマにあがっていたのだけど、その時は選ばれず、今回は皮膚の事が選ばれました。吹き出物を気にしないと行けない生活にストレスを感じていて、お酒を飲むと熱を持って赤くなったりする状態。化粧品なども自然派の物で、食生活にも気をつけて、出来る事はやっているつもりだけど、改善しないという悩みをお持ちでした。
何か、食品であわない物があるのでしょうかー?と、おっしゃっていたのだけど、そう言うのも分かるかもしれませんね、とりあえず始めて行きましょうーと、セッションを進めて行きました。
最初に出てきた言葉が、
MY inhalation process works in freedom.
意訳すると、自由に息を吸える、というような事。この言葉について、どう思うか聞いてみると、
Rさんは、「私、呼吸が苦手なんですよ。。。」と。

なんでも、呼吸しないと行けないと言われると、しんどいなと思ってしまうそう。特に吸うというのが何とも苦手らしいのです。
でも、呼吸のワークなどに行って、強制的(?)に呼吸をしないと行けない状況だと、その後やはり肌の状態が良くなっている、という事があるそうです。前にも、呼吸する事が肌には大切だって言われた事があるという事でした。
「でも、なんで、呼吸が苦手なのか分からないんですよね。」というRさん。
そこで、また、言葉を引きました。

I release all sibling pressure around my body size.
私の兄弟からのbody sizeに関するプレッシャーを解き放ちます。
というもの。

この出てくる言葉というのは、時に抽象的で、この事から、何が読み取れるのかをクライアントさんに聞いて行きます。
ご兄弟は?と聞くとお兄さんがいるという事で、お兄さんからのプレシャーって何かありますか?とお聞きしたら、
「以前、違うプラクティショナーからのIHセッションで『不公平な愛』というので、兄の事が出てきた事があります。」とのこと。
なんでも、お母さんがお兄さんの方に優しく、なぜと思っていた記憶があるそうです。そして、お兄さんは今は、もういないものと自分の中で思っている状態だと。
my body sizeに関しては、Rさんは特には身体的なサイズの事でお悩みでは無いようで、このセッション中には、はっきり何を指しているか分からない状態でした。(もしかしたら、後に、あの事かな、というのがあったりするかもしれません)

そんな事を話していたら、Rさんがぽろっと、
「ぜんそく持ちの兄で、だから母が優しかったのだけど。。。」と。

「ぜんそくって、呼吸ですよね。。。?」

「あ、私も、今、ぜんそくって言って、あ、呼吸だーって、思いました。。。私、なんで、ぜんそくって言葉言ったのだろう、兄がぜんそくだったなんて、ここ10年考えた事もなかったのに。」

私たちがセッションに入っていると、ぽろっと、これかなと思う事が浮かんだりする事があります。これは、クライアントさんのサーキットに入ってその中でヒーリングを起こしているからで、IHのプラクティショナーはよくそう言うことを言います。
もちろん、私の方で、これかなーと思った事が出た時には、筋反射で確認して、合っていたら言葉にだしてクライアントさんに伝えるのですが、今回の場合は、Rさんの方に必要な情報がきちんと出てきた感じでした。

どうやら、調べてみると、Rさんは、お兄さんがぜんそくを持っているが故にお母さんから優しくされている事に対して、複雑な想いを持っていたようです。
そして、自分も、ぜんそくでもないのに息を吸うという事が難しくなってしまったみたいです。
年齢退行では16、7、8歳頃というのが出て、どうやら、その時に決定的にお兄さんの事が嫌いになった出来事もあったそうです。

My lungs are able to fill to maximum capacity.
私の肺はめいいっぱい空気を吸えます)という言葉も出てきて、空気を吸う事が必要なんですねーと話してて、
で、お兄さんの事が好きじゃないという方向で話されていたので、そうなんですねーと話を進めていたのですが、
次に引いた言葉が(今回は沢山引きました。)

I am totally supported and protected at all times.
(私は、いつだって完全に支えられていて、守られています。)

という言葉。これは、誰から?というので見てみると、どうやら、お兄さんから、Rさんは支えられていて、守られていると出るのです。
お兄さんの事を嫌いだという話だしな、、、と思いながら、
そこら辺を聞いてみると、
「実は、そうなのです。。。私の兄は今でも、私の事をすごく大切に思ってくれているのです。私が一方的に嫌っているんです。」と。
そして、

It is safe for me to let go of all trauma held in my Highest self.
私のハイヤーセルフにあるトラウマを手放す事は私にとって安全です)
という言葉。

Rさんが言う事には、「私、そう言えば、兄の事が大好きだったんだった。。。」と。

お兄さんの事が大好きだったが故に、お兄さんのぜんそくに対してお母さんが優しくてうらやましいという思いもあるけど、お兄さんがかわいそうって気持ちも合っただろうし、そこら辺から息をうまく吸えなくなって、そして、お兄さんが一時期冷たくRさんにあたってしまった事から、お兄さんの事を大好きだっただけに、余計ショックが大きくて大嫌いになってしまった事、そのもつれた気持ちから息はきちんと吸えないままになってしまっていたようでした。

毎回セッションは流れを予想なんて出来ないけど、今回もまたそうなんだー!と謎解きをしているようなセッションでした。

Rさんの目標は、お兄さんとの事、そして、呼吸の事、さらには皮膚の事が入った目標になりました。

プロトコールではブループリントが出ました。
潜在意識は、Rさんに、生まれてくる時にこんな人生にしようと計画していた「青写真」とズレてしまってますよ〜と言っているのです。それを元に戻す調整をしました。

修正ではTMJという顎関節の修正が出たりして、私はなんでかな?と思ったのだけど、それにもちゃんと理由があったようでした。
顎関節は大腰筋と関係してて、大腰筋は腎臓に関係しているのだけど、Rさんは、噛み合わせも悪く、腎臓が弱いという事でした。それも、あとから頂いたメールによると、腎臓を悪くしたのは、お兄さんがぜんそくで悪かった時だったそうです。

最後にサポートで出たのは、オレンジカルサイト。これを腎臓に当てるという事でした。
今回のセッションは、言葉も沢山引く事になったし、Rさんの潜在意識と会話しながら進んで行っている感かくが大きかったです。おもしろいようにすべてが繋がってて、興味深かったです。

以下は、セッション後に頂いたRさんからのメールです。Rさん、事例掲載の許可、感想をシェアーさせてくださってほんとうにありがとうございます!!
ーーーーーーーーーーーーーーー
恵子さん
 
丁寧~なセッションノートありがとうございます!!
本当に急な申し込みに関わらず快く受けてくださってありがとうございました。
ブログへの掲載もどうぞどうぞ~♪
 
毎回IHは面白いですが、今回は、全て思い当たることばかりで、でもまさかそこが原因、とか、それで解決?ってことばかりで、難しく考えがちだけど、一番シンプルなところに答えはあるのかな~と思いました・・。
 
私は昔から呼吸が苦手だったんですけど、苦手、と自覚しだしたのは最近で、どれだけスピリチュアルが好きで、ワークへ行ったり瞑想したりってことは全然負担に感じなくても、本とかに、深呼吸をする、とか出てくると、それは無理、と思って飛ばしてたんですよね。
 
喘息ってぽろって出たのも、あの時必要な情報だったからなんでしょうね。
私自身が兄が喘息だったって過去も忘れてましたし、別にそれで嫉妬したり、罪悪感を持ったりって覚えてなかったです。
でも今思い出してみると、兄が喘息で、母親がつきっきりになってたときに、私も体が弱くなりたい、と思ったのを思い出しました。
それで、腎臓で入院したんです。
もちろんわざとではないですけど、私の潜在意識は自分を病気にすれば母親を独り占めに出来ると思ったんだと思います。 
 
あれから、深呼吸苦手意識が減って、気づいたときには呼吸するようになりました!
そして、まだ生理がきてないにも関わらず、にきび跡は変わらないですが、他の場所がどんどん透明感出てきたんですよ!
びっくり~。
生理前に肌が好転するなんてそうそうないんですけど・・。
しかも人にも、2日続けて、褒められたんですよ。 
深呼吸あなどれませんね。 
 
後、顎調整も、歯のかみ合わせが昔から悪くて、何度か調整してもらってて、自分でも調整するコースを取って出来るようになったんです。
でもそれはそれで、やりすぎた気がしてかみ合わせがきつすぎる気がしてたんですよね。
だから、どうやってゆるめるんだろう?って気になってたので、出てきてくれて、やった~って思いましたw 
 
IHでは、毎回セッションで出たことが、次回のセッションで引き続き関係あることが出てくることが多いんです。
私の潜在意識はぶれないけど、元々一杯したら効果があるって思うほうなので、一個のテーマで何回も出てきちゃうのかな~とも思います。
 
でも前回恵子さんにセッションを申し込んだときにも、テーマ選びのときに、肌荒れか、恋愛パターンか、と話していたら、その時は恋愛パターンが選ばれて、肌荒れが出来なかったので、出来て嬉しかったですし、体のことがテーマに出来たってことは、感情は大分癒されてきたのかな、とも思いました。
 
とにかく楽しかったです。
また急に思い立って申し込むかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。
本当にありがとうございました! 



ーーーーーーーーーーー
Rさんがセッションが終わった時にもおっしゃっていたけど、「私の潜在意識はぶれないって事が分かりました」と。他のプラクティショナーのかたから受けたセッションと今回のセッションとで同じような事が出てきて、今回はその前回の続きみたいな形になっていたようです。
思い立って急遽申し込みをしてくれて、私もちょうど空いていて、セッションが出来たので良かったです。メールを頂いてから、1時間後にセッションスタートという流れでした。
Rさんと、お兄さんとの関係がこれからどんな感じになるかも楽しみです♪ 
[PR]
by pineheath | 2012-10-17 12:54 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/18076059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ヘルスカウンセリング 1:1ク... IH セッション セッション回数 >>