天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース

養成講座を無事終え、晴れて天城流湯治士補として認められました。
この養成講座、今後自分がやっていきたい事に絶対組み込めるんじゃないかと多いに期待して参加したのだけど、今まで噂に聞いているだけで実際体験した事のない天城流湯治法だったため、どんなもんなのかどきどきもしていました。
いやはや、目から鱗の養成講座でした。これは広めなきゃ~って思います。みんなが使えるようになって欲しい!

私は大きな不調がある訳でもないので、劇的に何かが治るというのはないのだけど、一緒に参加していた一人の方はナースの方だったのだけど、交通事故にあって以来、十何年も煩っていた首の痛みが瞬時にかなり軽減し、一瞬で視界が広がり、帰りがけには、ブロードウェイで幸せそうに歩いている人たちを見て、「この人たちよりきっと私が一番幸せだわ。」と、不調から解放された事と、今回の養成に参加できた事に涙が出たと、シェアーしてくれました。

この天城流湯治法ってどんな療法かというと、一言で言うと、体は痛みのある場所が原因で痛いのではないという理論。
この療法を創り上げ、精力的に指導者を育成されているのは杉本錬堂さん。様々なヒーリング系を押さえたあとに、精神の事がもちろんあるが私たちは体を持っているのだから、体に戻らないと行けないと思って、体の事をやり始めた時に気がつき始めた事が始まりでこの療法は始まったそう。
最初は、周りがなぜそれで治るのか教えてくれと言っていたのを口伝えで「だって、ここならここだろう~!!」とやっていたらしいのですが、それでは伝わらないと言う事が分かり、だんだんにメソッドとして確立していきました。レンドウさんは、痛みの場所がどこと繋がるのか感覚的に分かるという特殊能力を持っていらっしゃって、最初は、なぜ、そこがそこに繋がるのか??と言う状態だったみたいだけど、何年も煩っていたものが治るって言う事を周りの医者が不思議に思い、検証し始めて、いまではエビデンスもとっている療法になっています。単なるマッサージというようなのではなく、独特の方法、でも、こつさえつかめば誰でも出来る方法で痛みの元になる所をほぐします。
この痛みのある場所と、元になっている場所の関係って、IHでも同じだな、と思いました。私たちが感じている所じゃない所にその原因ってあるんですよね。

そのほぐし方というのがちょっと今まで考えた事なかったやり方で、私、マッサージって揉むって事かと思っていたんですよね。でも、違った。骨から筋肉をはがすんです。そんなやり方考えもしなかった!!でもね、これってやってもらうと分かるのだけど、筋肉をつぶして揉むやり方と、筋肉を骨からはがすやり方、気持ちよさが違うのです。そして、もちろん効果が違う。流れが悪くなってしまっている所をはがす事で流れるべきものが流れ出し、動かないものが動き出すという仕組みのようです。うっそー?!と思っても、足をやってみたのになんか体中が楽になるんですよね。本当に不思議。ペアーで足をもみ合った日には、本当に体が軽くなってました。

超楽しみだった脂肪を取る技術も伝授してもらいましたよ~☆☆面白いのは、脂肪がつくメカニズムと、痛みになるメカニズムは同じという事。
もうね~、デモでやってもらった人お腹の脂肪がつかめていた厚さがほんの少しのマッサージで薄くなるのを見るのは、目を疑いました、さすがに。
これは、皆の食いつきも、興奮度も違う!!

まずは施術前。どれくらいの脂肪があるのか見てみます。
f0128026_2142851.jpg


そして、これが施術後〜!!!思わず皆乗り出しました。レンドウさんがつまんだ後、信じられなくて、これは私がその方のお腹をつまんでみた所です。薄くなっている〜!!!!

f0128026_2152492.jpg



でもね、これはマジックでも何でもないのです。脂肪細胞って沢山の水を含んでいるのです。だから、きちんとポイントを知って、循環していない物を循環させて、その脂肪細胞から水を出してあげる事によってしゅるしゅると脂肪は縮むのです!!お腹はてきめんでしたね。ほんとうに、面白かったです。

最終日は、一般の方の不調を実際に治す所を見せてもらいました。
不眠症の男性、無理なやり方で体を痛めてしまったダンサー、間違いから手の神経を抜かれてしまった男の子。どの症例もものすごく興味深い物でした。
もちろん1回の15分くらいの施術で100%治る事はないのだけど、見て分かるほど改善が見られます。
不眠の男性は、うわー楽になった~!!と驚いていました。
f0128026_2245372.jpg

見て下さい、この男性、体にゆがみがありますよね。右が下がっている。この事からも不調のある場所が想像できます。
f0128026_227033.jpg

流れが滞るポイントを押していきます。たいがい、そのポイントはすごく痛いです。

ダンサーの子はいつもなら丹念に丹念に柔軟してから挑むポーズを直接やってのけ、本人もなんでこれがこんなに軽々出来るの?!って驚き、手の神経を抜かれた男の子の硬直した指先は、すっごく柔かくなりました。その子のお母さんも、その変わり様に感動していました。

私は、今回もNYではドミトリー部屋に泊まっていたのだけど、ちょうど、私のベッドのお向かいさんHさんと色々お話していたら、手術で鎖骨の上にある良性の物を取った後から腕が上がらなくなってしまったと仰っていました。そして、その手の親指人差し指、中指が今でもしびれているって。そして確かに、どちらに不調を抱えているのか体のバランスで分かりました。色々習った最終日の夜、Hさんに「私が習った事には。。。」と教本片手にマッサージポイントを押してあげて、色々やってたら、ヤッパリ少し前より上がるようになりました!Hさんもすぐにどのポイントか覚えて、翌朝には私が目が覚めた時には、ご自分でもうそのポイントをマッサージされていました。「今までは、動かないこっち側を触るのが何となく怖くって、なんにも自分の体を触っていなかったのだけど、やり方が分かって、ちょっとずつ良くなるような気がする。」って、仰っていました。そう言う方って多いのかなーと思いました。だって、こういう事、手術した病院では指導してくれませんもんね。
このワークを広める事の大切さを感じた朝でした。

今回は、基礎3日間だけども、盛りだくさんでした、最後にレンドウさんに質問してて、何回も説明して下さった事を何度も聞いたりしたもんだから、「ばかもん!!テキスト見て言え〜!!」と頭をたたかれました(笑)。レンドウさんはすごい才能をお持ちでありながら、どこまでも気さくで面白い事ばっかり言うし、講座中は笑いが絶えず、その技にお人柄に人が集まってくるのが分かります。今回、私もNY 養成の第1期生になれた事を光栄に思います。(全体では35期生になるそうです!!)
基本は押さえる事が出来たと思うので後は教本を開けては実践の日々がスタートです〜!!
[PR]
by pineheath | 2012-12-12 02:39 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/18250705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Asami at 2012-12-12 08:08 x
錬堂さんのワークショップ感動だったね!
Commented by pineheath at 2012-12-13 06:43
亜沙美さん!感動して帰って、今は情報を自分のものにおとしていっている所です!夜の部も楽しかったね♪


<< 噛むことって大事!! IH セッション事例ーいまの問... >>