弱い自分を乗り越える

何が起こった訳ではなくても、誰かから傷つけられた訳は無くても、ああ、私って、こんな嫌な面持っているんだな〜ってじわじわ感じて、落ち込むって事、皆さんありますか?
それに気付くのは小さな出来事が積み重なっての事だったり、数日前の事と、今日の事とが合わさって、気付いたらダブルパンチになる感覚だったり。少しだけ、目をそらしていた問題が浮き彫りになってしまっての事だったり。。。

でも、そんな時こそ、そんな、『嫌なやつ』な自分と、とことん向き合って、落ち込んでみて、味わって、じゃあ、どうなりたいんだ?私?って、問いかけたい。

感じるって事は、目には見えはしないけど、確かにそこに在るってことだから、また蓋して、平気なふりしたり、私は平気って思ってないで、辛い自分であっていいじゃないって、辛さも受け入れて、自分の嫌な部分も受け入れて、見つめて、ほんとやな部分だな、だったらどうしたい?って、前に進んでみる。
人生って、本当に、自分との戦いだなって思います。人の行動の中に、勝手にモヤモヤして、そのモヤモヤの正体を突き詰めると、自分が乗り越えたいと思っている課題だったりする訳だから。

昨日、今日と、「この人の行動、気になる〜〜」ってのを最初は蓋して考えないようにしてたけど、それではそこ力が出ない感じが続いてて、で、今日は、娘を迎えに行く車の中で考えていました。
突き詰めて考えたら、「ああ、私、この事乗り越えようとしているんだ」って、気がつきました。
時に、出来事は、『さあ、あなたは今、どこにいるの?あなたの立ち位置ってどこなの?』って確かめるように私たちの目の前に現れます。自分を確認させるために。
私は、『ああ、私は△△でありたいんだよなー、でも、あの人の行動は、まだ、どっぷり〇〇なんだ、、、』ときがついた時に、私は、そんな自分が、次のステップに行こうとしているという事を確認したし、それと同時に、どっぷり〇〇である状態のその人に対して、イラッとする気持ちが不思議と消えてなくなりました。だって、その人の行動の意味、分るもん〜。
きっと、大きく数歩その位置から出てしまえばもう、気にもならないのだろうけど、半分、その問題を私も抱えているから、だから、反応してしまう。半歩しかその問題から出れてないから。
だから、出来事として『さ、それであなたはどこに居たいの?』って事が起こってくれる。

車で考えながら運転してて、
『そっか〜、私って、まだ、〇〇から抜け出てないんだ〜!』って自分を理解して、
『私は、〇〇な状態から、すっかり抜け出たいんだ、すっかり抜け出た境地に行きたいんだ〜!!』って気がついた時に、目の前に馬車が現れました。
(公道なのに、お客さんのせた、馬車ですよ、馬車。)トロトロ走ってて、あっという間に追いついて、でも、反対車線から車が来てて、追い抜けなくて。
その後ろを徐行しながら走ってました。
でも、少し経ったら、反対車線に車がこなくて、馬車の先導さんが追い抜いていいよ〜って合図してくれて、無事に追い抜く事が出来ました。

こう言う事なんだなって。

That is right!!!って、◎をもらえた気分がしました。

今、あなたは、あなたが持ってた〇〇を超えたよ〜、超える所に行きたかったんだよね!
って。

超えたい何かにぶつかった時に、『あれ〜〜なにこれ?!』って思うけど、それを超えるタイミングなんだって事。

人生は、弱い自分を受け入れ、それを乗り越える自分との見つめ合い合戦ですね♪
[PR]
by pineheath | 2013-04-03 06:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/19139729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 手紙を書こう☆ 直感を使って食べるとは? I-... >>