ヘルスセッションは上手く循環している自分になるためのプログラム

今日は、”6ヶ月トータルヘルスプログラム”という12回のヘルスセッションを受けてくださっていたクライアントさんの最後のセッションでした。
あんまり、ヘルスプログラムの事は記事にしていなかったかもなー。
IHメインの記事が多かったけど、今年はもう少しホリスティックヘルスカウンセラーとしての記事も書いて行きたいなと思っています。

6ヶ月プログラム、と言う名前ですが、実際期間は臨機応変で、今日のその方は途中お休みしていたし、一ヶ月に1回のペースで受けていたので、結構長ーいおつきあいだった感じがしています♪

そして、いつもそうなんだけど、最後を向かえる時は、なんだか、ちょっと感無量です。(←ヘルスセッションのプログラムでも、6ヶ月終わったあと、メンテナンスプログラムとして戻って来てくださる方は多いですが)
セッションを受けよう!!って思って最初にプログラムの申し込みをしてくださる時には、自分の健康のためには誰かのサポートが欲しい!!って思っている状態な訳ですよね、健康履歴などをお聞きしていると、心身ともにサポートが必要なケースがほとんどです。
そして、それは概してその方を取り巻く人間関係にも影響している事に繋がっていたりします。

それが、セッションを受け始めると、少し良くなって行って、ちょっと停滞〜ってかんじになって、そこでIH セッション入れて、もう少し心の奥底にある問題を出して来て、ってすると、劇的に改善して来て、そこからまたヘルスセッション(カウンセリング)が効果を発揮してくる〜。

そんな流れだなって、このごろ思います。
(ちなみに、12回のヘルスセッションのうち、10回はカウンセリングセッションで、2回がIHセッションです)

私のヘルスセッションは、その方のライフスタイルにあったやり方でその方のベストな方法を見つける形になっているので、毎回少しずつ状態を聞きながら方向を変えて行きます。した方が良い事、と、出来る事は人によって違うんですよねーー。
最初のアドバイスは『え??これだけ??」なんて思うのかもしれないけど、それにも理由があって、いろいろな事を一気に大きく変えすぎると潜在意識が動揺するのです。安全、安心を守ろうとする部分が、一気に大きく変わった事に対して元に戻そうと仕掛けてくるから。だから、スタートはゆっくりにするのが良いのですねー。そして知らず知らずに、自分の習慣になっている形に持って行きます。
プログラムが終わって振り返ると、以前の状態とは全然違う心身のエネルギーである事に気がつくと思います。
今日のセッションでは、「じゃあ、あと、何か改善したい事ってありますか?」という質問に対して、「いやあ、特にないです〜」って答えが返って来て、もう、メンテプログラムも必要ない感じでした。仕事としては、そうやってクライアントさんが離れて行ってしまうって、どうなんだろうと思われるかもしれませんが、いつまでも、関わる必要なくって、依存型になる訳ではなく、ちゃんと卒業できるって、必要だなって思います。クライアントさんの手元には、12回のセッションで出したハンドアウトも残っていて、いつでも振り返る事も出来るし、ダウンな感じの時には、こういう事を振り返ってみてーというお話もさせていただいています。
まあ、そうはいっても、人生、大波、小波が来るのは常ですから、やっぱり自分一人ではしんどいなーって思って、私が必要になったときにはいつでも帰って来てくれたらなって思っています。
そうそう、6ヶ月のプラグラムを終えた人へのメンテナンスプログラム”ずっと、ずっと健康に”プログラムは月毎の更新で、一ヶ月に2回のヘルスセッションまたは、一回のIH セッションかを選んでいただけます。

IH セッション受けたら良いのか、ヘルスセッション受けたら良いのか、どっちが良いでしょう?というご質問をお受けしますが、IHセッションは勝手にヒーリングが起こる感じで、カウンセリング何回分にも匹敵すると言われたりします。
ですが、具体的に、セッションが終わって、こうしたら良いよというアドバイスが出る訳ではないので(Homeworkが筋反射で選ばれて、これをやるように、またはこれをやめるように、と言われる事もありますが、それ以外は、特に何かをやらないと行けないという事はありません)、なので、潜在意識が変わっても、マインドが強過ぎて元に戻ってしまいがち、、って人には、カウンセリングからのアプローチは有効かなって思います。
ヘルスセッションは健康だけの話ではなく、その方の心、体すべてにある問題について、カウンセリングや、私が使えるヒーリング技術も時につかって、アプローチして行きます。

体にあったものをおいしいと食べて活動的に動けて、気持ちも心もいい状態で、うまく循環している自分になるためのプログラムです〜♪

今日でプログラム終わりになったクライアントさんは、「怠惰な性格を変えたい」って、最初のセッションでのヒアリングではおっしゃっていたけど、
今はもうすごいですよ〜〜いい感じにゆったりした所を残しながら、怠惰なんて言葉はもう彼女には当てはまらない感じです。

朝、お水か、お白湯を飲む
ヨガに行って、
英語学習スカイプでやって
たとえ夕飯一人で食べる時にでも、ちゃんと自分のために料理して
自分に体が必要としているものを満足して食べる
食に対して、健康的な関係
ご主人に対して、心の通った言葉を使える
起きた時には肌もぷるぷる
寝起きも良い
便秘なし
トイレは毎日掃除


ね、この様子を想像するだけで、生き生きと、丁寧に生活している彼女の様子が目に浮かぶと思います。

コミットするってことを前も記事で書いたと思うけど、このプログラムに申し込むって言うのは、自分の健康にコミットする事なのだなーって思います。私とのスカイプ(または直接面談)セッションは月に一回だったり、2回だったりだけども、そこで伴奏があるかないかで、一人でなし遂げられなかった体と心の健康状態に、たどり着けるのだと思います。
ご興味がある方は、30分のトライアルセッションもあるので、メッセージください。
そのトライアルセッションでも、健康履歴、目標などを書いていただくので、ご自身を見直すのには良いきっかけになると思います☆☆

keiko@purefoodpurebody.com
[PR]
by pineheath | 2015-01-23 13:53 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/23586848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< アレルギーそれともヒスタミン不耐性? 何に焦点を当てて生きるかによっ... >>