セッション事例ーずっと抑えてきた事

IHセッション 事例 ずっと抑えてきた事


さて、ロサンゼルスにIHの更に深いプロトコールを習得しに向かっています。

今日は、書きたかった事例を紹介します。
テーマはアトピーについてでした。Mさんは、子供のころからのアトピーの症状に苦しんでいて、大人になってからは 顔に出るのを、薬で抑えている状態。
アトピーの症状が出る時のストレス、感情などをお聞きしたときに、「やっぱり、抑えているんだと思います。」と、自分の事ではなく、誰か別の人の事を、客観的にお話ししてくださっているようなそんな違和感があり、言葉を引くように出たので、アファーメーションブックから言葉をひきました。
出てきた言葉は
I commit to myself first, which allows me the freedom to commit to others.
( 私は自分自身にまずコミットして、そして他の人にコミットする自由を自分に与えます。)
というもの。
それについて、お聞きしたら
自分には、コミットできていないと思う。自分が感じる事に、いつも被せてきてて、感じないようにして来た。というお話。本当にどうしたいかという事について追求せず抑えてきた、とのことでした。
そこで、
年齢遡行 をすることになり、4歳 で反応がとれました。
そのころの記憶をお聞きしたら、
→お母さんがお父さんとよく喧嘩をしていて、よく出て行くという事があったそうです。その時、バス停に立つ母を見るのが怖かった、と。
その頃から、気持ちのまま行動するより、いい子でいようと、自分の感情をおさえていた彼女の感じが上がってきました。
次に出た言葉は

「I release all negativity from my subconscious.」
(わたしは自分の潜在意識からネガティブさを解き放ちます。)
というもの。
これについて、おききしたら、ネガティブさを解き放ちたいけど、解きはなてないという状況。
父親から厳しい教育を受けてきていて、食事中、よそを見ず食べろ!などと、厳しくそだてられたこと、
父の望む 学校、就職するように、期待され続けたこと
そんななかで、彼女は、親の顔色を伺うのがつねだったようです。

そして、
I open up me energies and allow myself to feel centered.
(わたしは自分のエネルギーを開き、自分が中心にいる事を感じるのを許します。)
という言葉。

自分のエネルギーをオープンにする怖さ
自分を中心に置く怖さ
があるという事でした。

I am able to work for someone else.
(わたしは他の人のために働く事ができます)
という言葉が出て、なぜ、この言葉が出るのかなーと思いながら、お伝えしたら、「人の役に立つのが好きなんです。自分の体を壊してでも、献身的に他の人のためにやりたいって感じがあるのです。」と。
彼女は、魂から人のために何か献身的にしたいとおもっているようでした。
それで、最初の言葉と繋がったのですが、かのじょは、自分にコミットしてない状態なので、他の人にコミットするやり方が、身をボロボロにするやり方だったのですね。

そんな事から、決まった目標は、

目標: 自分のcenterに寄り添い、感情をまっすぐ、愛を持って表現する事です。

というものに。
セッションを進めていくと、彼女の根底に、破壊プログラムがあることがわかりました。魂の声を聞かないように、自分に蓋をして生きるという選択を生きていくために彼女はしてきていたのですが、それは、彼女にとって、本当には、彼女のためにならない破壊プログラムになっていたのです。

根本原因のですがアンダースタンディングとして、キン反射が取れた年齢は、8歳。その頃の記憶はなんだか、曖昧でしたが、お父さんとのやり取りのなかで、なきじゃくるということがあったそうです。
そのご、
音叉のヒーリング

オラクルカードより
Release 手放す
あなたやあなたの目的にあわないものを手放すために、大天使ミカエルとワークしましょう。

大天使ミカエルは、神聖な人生の目的に関連する質問に対する答えとして、あなたにこのカードを送りました。おそらく、あなたは、それに関するアイデアはあるものの、進むのをためらっているのです。あるいは、人生の使命を理解する事に行き詰まっているのでしょう。これらの不安が引き金となり、ミカエルが、このカードを通してあなたに、サポートと、メッセージをもたらすことにしたのです。

あなたのハイヤーセルフは、神聖な使命を完全に把握していて、その道を進もうとしています。また、ハイヤーセルフは目前にある宇宙のサポートの流れやあなたの目的にもアクセスしています。すの自分になるために、ミカエルは、エゴに基づく懸念や行動など、あなたを妨げる全てのものを解放するサポートとをしてくれるでしょう。」

というメッセージがサポートの所ででて、最後セッションを終わることができました。

その後、彼女から来たメールです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
けいこさん、こんにちは

昨日のセッション、そして本日、セッションノートのご連絡を早々に頂きましてありがとうございます。大変感謝致します!

昨日のセッションの後、IHのことについて気になり、本日は、けいこさんのブログを拝見しながらIHに関しての記事を読んで

おりました。



さて、セッション後の自分の変化そしてセッション後に感じたことついてご報告致しますね。

-体の変化-

①喉に骨が刺さっていたものがとれた感じ

実は、セッションをする前から魂が感じていることは自分ではうすうすと感じており、それを再確認したい自分おりその為にセッションを受けて

その結果、「やはりね」という納得した気持ちが表れたのかと思います。不思議なのですが安堵した気持ちが大きいです。

②ステロイド剤の塗布をしなくなった

最近、口の周りにステロイドを塗布していたのですが(もちろん昨日の朝もしておりました)、昨晩から今に至るまで塗布をしておりません!これは、やはり効果が出ていると思います!



-自分の周辺の変化-

両親との意思の疎通が普段と違う!

たまたま、昨晩、今朝と父、母と個別にメール交換をする機会があり、普段とは違う感触がありました。

父とは、私のメールに対して即返信があったこと(いつも放置なのでビックリしました!)

母とは、私の幼少時代のアトピーについて問い合わせをしたところ、自分の質問に対する回答と今の自分のアトピーに

対する心配、励ましのお言葉が返ってきました。(普段では本当にありえないお話なんです。母とは普通の会話が出来ないので「あれ、これ何?これもセッション効果?」って疑うほどの気分でした)



父の即返信については偶然の可能性もありうるので、あまり深く考えなかったのですが、母とのメールに関しては大天使ミカエルのサポートが効いているのかな?と少し思いました。

ミカエルからのギフト??というくらい母から優しいメールをもらいました。幼少時期に母が家を出てしまい戻ってこないという恐怖に怯え、自分をいい子にして偽っていた自分に対して、ミカエルが「もう大丈夫だよ、お母さんはいつもあなたのそばにいるでしょ。怯えないで、自分を偽らないでもう大丈夫だよ」と気づかせてくれた気がします。そう思うと胸が熱くなりました。けいこさんこういうことにもミカエルのサポートが影響しているのでしょうか?



尚、事後報告になりますが、母に幼少時代のアトピー発症時期と原因を聞いたところ、8歳の春の頃で牛乳を飲んですぐに病院へ行ったそうです。

それを聞いて、本当にビックリしました。そこで、けいこさんに質問です。セッションの時に8歳から自分を蓋し始めたと仰っていましたが、

その苦しみがアトピーとして体に発症してしまったという理解で良いのでしょうか?そして、その蓋し始めたきっかけは父との何か出来事ということでしょうか?セッションノートに明記されている"魂の声を聞く事に関する破壊プログラム 根本原因 アンダースタンディング"の部分をもう一度ご説明頂けると幸甚です。(お時間ある時で構いません)



最後にセッション後に自分で感じたこと、思ったことは、「あ〜、やっぱり自分が偽者だったんだなあ」と改めて思ったことです。

私は、偽善者、嘘、偽り、建前等 "偽"に関する言葉、人、物に対してものすごく敏感なのですが、なぜ自分がそんなに敏感になるのかずっと疑問に思って過ごしていたのですが、セッション終えて答えが明確にされました。「自分が偽者だから」ということを。

人間関係において、相手に何か嫌な反応を感じるということは、自分にもそういう癖や言動があるという話をよく聞きますが、まさしく自分がそうでした。今回初めてIHセッションを受けましたが、上記のように短い時間で色々と反応を感じることが出来たので、このヒーリングが自分に合っているかな?という気持ちになりました。



けいこさんに質問です。アトピーのテーマとは全く関係ないのですが、今年に入って意識的に気になることがあり別途セッションをお願いしたいのですが、時間をおいてセッションを受けた方がよろしいでしょうか?新たな自分と向き合って前に進むことに付随することなんですが。。。

今回のセッションで出てきた目標と混乱を避けたい自分がいてどのようなタイミングが良いかアドバイス頂けると幸甚です。



ありがとうございます

ーーーーーーーーーーーーーーー

IHのヒーリングで自分が癒されると、ホログラフィックに働いて、関係しているお父様、お母様も癒されています。だから、いつもと違う対応がお父様、お母様から帰ってきたりするんですよね。

8歳という年齢は、彼女が明らかに彼女の感情に蓋をし始めた年なんだと思います。アトピーのお題で、自己破壊の問題がつながり、それの根本原因が8歳って事なので、彼女が蓋をし始めたことで、体が反応して症状として出始めてしまったのかな、と思います。

セッション後にもいろんな気づきが彼女の中にあって、素晴らしいな、と思いました。大体、セッションにいらっしゃる方は、本人が頭で気がついているかどうかは別だけど、潜在意識的に、というか、そのなかでも魂的に、もう、この問題手放して、本当の自分でいきたい!!って、限界にまで思っている状態なのですよね。だから、それまでは、潜在意識の浅い部分で、自分が変わらないように、問題抱えたままでも生きているわけだし、、と、変わらないでいようとしていた力が強かったわけだけど、変わろう!!!変わりたい!!!!!!!って魂の求める事が強くなって、セッションという現実に結びつく事ができるのです。だから、セッションが無事できたら、その方は、魂が求める方向に変わるって、私は信じる事ができているのです。

彼女の今後がたのしみです~!
[PR]
by pineheath | 2015-10-28 17:02 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/24616066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< クオちゃんの死と。 何からの妨害? >>