[IHセッション事例ー物忘れ]

IHセッション事例ー物忘れ

「物忘れ」がテーマって、一体根底に何があるんだろう?って思ったのですが、あるキーワードが出た時に体が「それ!」ってうなずきました。

それは、『リセット』でした。

今日は 許可をいただいていた、Rさんのセッション事例のシェアです。
最初は違うテーマをあげてくださっていたのだけど、「あ、それと、物忘れがひどくって!」とRさんが言った所で筋反射。
体は『物忘れ』をテーマにして!と言っているで、それをテーマとしてセッションがスタートしました。
その物忘れは、誰かと話していると、いつも分る当たり前の事でも、不意に出てこなくなるらしのです。いつも話している友だちの名前とか、自宅の住所の番地とか。以前、脳のスキャンを取ってもらっても異常は見つからなかったと。
で、その物忘れが起こった時には、深みにはまるような感じ、細い穴に落ちて行く感じがするという事でした。
言葉を引きました
I release all stress in my Inner Child blocking optimum hormone function.
I release all stress in my Emotional being.

たまっているストレスが、何かしらの誤作動を起こさせているんだという事が分って来ました。

最初は、ストレスがあるのかなー。。。って言ってたRさんでしたが、昔から、この感じがあるかもしれません。と。
子供の時に、勉強したのに出てこないと、めまいがして。。上手く出来ない、覚えられないとかって思うと、もう、すべて辞めたくなったりするんです。
最近ギターの練習しているけども、それも、どうしても上手く行かなかったりすると、もう、全部辞めたくなる。「私ダメだ」って思ってしまって、『リセットしたくなる』のです。

このお話をしてもらっている時に、『リセットしたい』という所で強く筋反射が取れました。体が「そうそう!!その方向に話しを進めて!このキーワードが関係あるから!」って言っているのです。
そこで、「今、深い部分で『リセットしたい』って思ってしまっている事ってありますか?」とお聞きしました。
Rさん「夫婦生活。。。」ー筋反射 Yes
そこで、その事についてお聞きしました。
「夫に対して恋愛感情がそもそも無くって、昔、好きな人が出来て、初めて、ああ、人を好きになるってこういう感情なのだと分ったのです。でも、しょうがない、今回の人生は他の事で幸せを埋めて行くしか無いって思っていました。
でも、親の事でも、自分の人生、あの親の元に生まれて来た事、自分で選んで生まれて来たって言われるから、沢山の事諦めて、我慢して来たのに、なんで、結婚に関して、本当に好きな人と結婚するって事を選ばなかったのか、、、ってリセットしたくなります。」

そうなのです。
その感情を抱えて、リセットしたいという想いをずっとに底の方に抱えている事から、リセットの誤作動として、『物忘れ』が起こっていたようです。体ってすごい。

で,どうしたい?という質問に対しては、
夫に恋愛感情を持てるようになりたい。。。
自分が感じる事を感じて良いってなりたい。。

そこでもう一度言葉を引きました
I release genetic beliefs blocking my guide connection.
(私は、自分のガイドとコネクションをブロックするような遺伝的な信じ込みを解き放ちます)と言うもの。

「私は、自分で全部責任もってしなければ行けないと背負ってしまっている。
ガイドの存在とかが信じれていないので、全部自分でやらなきゃ、でも、9割は上手く行かないって思い込んでいる。」と。


そんな中から、Rさんの目標は
私のガイドが自分を導いてくれている事を心から信頼し、きらきらとした人生をおくる事です。
と言うものになりました。

そして出て来た奥に潜む問題として、
扁桃体のネガティブな記憶というものが出てきました。
プロトコール:
扁桃体ーネガティブな扁桃体の記憶を除去する
このプロとコールについて。。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふつうの単数形で「扁桃体('the' Amygdala)と呼ばれていますが、実際は2つで対になっており、アーモンドのような大きさをしています。厳密には、「神経核」に分類されます。扁桃体には、基底外側核と正中中心核と大脳皮質が含まれます。扁桃体は、視床下部のすぐ上に位置しており、大脳辺縁系の一部をなしています。大脳辺縁系は私たちの感情の中枢であり、扁桃体はそうした感情を調整する役割の一端を担っています。扁桃体にはいくつかの機能があります。皮質や海馬や視床からのインプットを受け取る並列プロセッサーでもあり、視床下部との間で双方向のコミュニケーションもおこなっています。扁桃体は視床下部から恐れの条件反応を形成し、それを保存する役割を果たしています。

扁桃体は生体における戦闘隊長です。危険に直面すると、扁桃体は体に対して、戦うべきか、逃げるべきかという指令を送ります。そしてまた、脳が、感情的な意味づけを知覚や経験と統合するための、重要な組織でもあります。海馬は、経験を事実として記録しますが、扁桃体は、そうした経験に感情的な意味づけを与えます。ですから、扁桃体は主に、怒り、回避、防御、憂鬱、心的外傷後ストレス症候群(PTSD)、不安、恐怖などのような、後天的に身につけた恐れの反応を司っています。

扁桃体は、心臓が最初に鼓動を始めた直後に形成されます。扁桃体には、私たちが子宮にいた期間の記憶がすべて蓄えられています。子宮の中にいる時に、胎盤や羊水、生命を維持する液体があり、それを失う恐怖があり、栄養を与えてもらったり、弾んだり、動いたりする喜びがある、というような記憶です。

扁桃体はまた、母親の人生、憂鬱や恐れや生活についても情報を蓄えています。こうした記憶の蓄積は3歳まで続きます。つまり、ここまでの私たちの人生すべてが扁桃体に記録されている、という事です。3歳を過ぎると海馬が発達します。ここは、私たちがアクセスできる、意識的な記憶が蓄えられる場所です。問題は、たとえこの時点から扁桃体と海馬が互いに交信したとしても(リカ. カーター、1998年)、扁桃体に蓄積されている人生最初の3年間の記憶には、アクセスが不可能だという事なのです。

では、扁桃体に蓄えられた、ネガティブな記憶はどうなるのでしょうか?それは、個人個人が抱く恐ろしい悪夢となり、あらゆる行動を支配する見えざる力、人生の盲点となり、自分でもなぜしているか分からないのに何かをしてしまう、その知られざる理由となります。

扁桃体は、私たちの名を騙って、独断で、私たちの知性や理性的なシステムや行動をみな回避してしまいます。このため、「自己破壊」や「サバイバルプログラム」に取り組むときに「私」と「私でないもの」が出てくるのです。私たちがどんなに素晴らしい意図を持っていても、「別の私」が存在し、支配権を握って目標の達成を邪魔してしまうように思われます。扁桃体による条件反射を引き起こす、ネガティブな記憶を除去する事が出来れば、大きな前進が可能になるのです。

無意識的な感情の記憶/潜在的な記憶にアクセスさせてくれる、キネシオロジーによって、扁桃体が人生に与える、ネガティブな影響を除去する事が出来ます。「無意識」に働きかけ、記憶バンクを捜索して扁桃体に蓄積された否定的な記憶を発見する機会をあたえ、こうした記憶を発見して、ネガティブな影響を除去できれば、私たちは条件づけを解除する事ができます。そして、意識して制御しているわけではなく、制御されてしまっているプログラムを削除する事が出来るのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー解説終わり
このプロトコールが出た時には、もちろん扁桃体の記憶を取り出す事は出来ないのだけど、お腹にいた頃のお母さんがどんな感じだったか、想像つきますか?とか、3歳までってどんな感じだったか、想像つきますか?とクライアントさんにお聞きしたら、何かしら、ネガティブな印象が帰って来る事が多いです。
Rさんの場合「誰にも守ってもらえない」「サポートが居ない」って感覚が沸き起こっていました。
根底にある、扁桃体のそのネガティブな記憶によって、彼女は自分を導くガイドに任せる感覚を持つ事無しに、自分が自分の力でなんとかしなければって全部背負ってやって来ていて、夫婦に関して失敗したのではないか、リセットしたいという想いにかられていたのです。

インテグレートタッチ:ハートの部分と、前頭葉に手を触れ、ヒーリングをしました。

オラクルカード
Emerging 出現
キラキラと輝き、力強く成功し才能溢れる本当の自分が表面に表れてきました。他人が見ても分るように本当の自分を発揮してください。そして、いっそう輝いて人々にインスピレーションを与えてください。
あなたは色々な部分で本当に素晴らしい側面を沢山持っています。それを信じてあなたの真実の姿をもっと素直に見せるようにしてください。自分の感情を他人に(自分にさえも)見せ手はいけないと思っていませんでしたか?でも今のあなたは真の自分を表に現す事がどれほど素晴らしい、生命力にあふれた事か分っているはずです。
あなたの感情をエンジェル達や、あなた自身、そして、周りの人に表に出すように導いています。エンジェル達は愛を持ってあなたの感情に語りかけるので、あなたが感情を素直に表現する事により、友人や愛する人との間の誤解は生じません。エンジェル達は、あなたや他人を傷つけるような導きは決してしません。あなたが真の自分を表に出すようになれば、あなたの人生は新しいレベルで内に安らぎを表す事ができるようになるのです。
ーーーーー
オラクルカードなどが最後に選ばれる事がよくあるのですが、いつも興味深いなあって思うのは、セッションでの目標に使っている言葉や、セッション中に何度もキーワードのように言っていた言葉が、オラクルカードの文面の中に入っている事が多いこと。
今回は、「キラキラと」って言うのが、これからの彼女の姿としてのキーワードなのでしょうね。

あとは、
オーラソーマ 『レディーポーシャ」も選ばれました。

最後に:Rさんのセッションは何度もしているのだけど、今までは彼女のお子さんの事ばかりでした。で、今回、初めて、そこを抜け、彼女自身の事のセッションになったのだけど、セッションを通して彼女の段階が進んだなんだなーって事がよく分りました。

その後、統合期間を経ての彼女からの感想です♪
〜〜〜
先週水曜日のセッション後から3日間くらいかけて、
運命の人が夫であったと実感し、
もうどうしようもないのだ、、、と落ち込んだりもしました。

しかし、また2日くらいかけて 徐々に幸せに変わっていったのです。

私の夫への「見かた」が変わったのかもしれません。

私は 深いところで 夫を毛嫌いし、
「誰も私を守ってくれはしない(←親や世界に対する感情)」と、心に蓋をしていて、夫を拒否していたのだと思います。

それかセッションにより、解放され
「私はなんて幸せだったんだ。私と出会ってくれてありがとう。散々 振り回してごめんなさい。今まで一緒に歩んでくれてありがとう。私を幸せに導いてくれてありがとう。私と子どもたちのために、多くの我慢をしてきてくれてありがとう。これからもよろしくお願いね。」と、感謝の気持ちが湧き上がりました。

私は今、愛し愛される夫と暮らせて幸せです。
以下略

〜〜〜
という報告をいただきました♡
このセッションの後に、Rさん、どのように流れるのかなーって思っていましたが、自分の心を解放したら、「嫌だと思っていた事が、嫌なんかじゃなかった。」という結論になったのですね。
ソウルメイトのセッションでも、昔はこの人は違うと思う出来事があって、別れたと思っていた人が、自分の理想の人なって自分の目の前にまた現われたというのも起こったりします。
自分の魂の相手は、癒されていなかったときはそう思えていなかっただけで、癒されると、目の前にいた人だった!という流れにもなるのです。
[PR]
by pineheath | 2016-10-26 17:15 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://pineheath.exblog.jp/tb/26588518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自分に集中する あなたの周りのサポーター達 >>