カテゴリ:自己実現( 82 )

☆自己実現 して来た経緯☆

わたしが自己実現 して来た経緯について、書いているものを集めてみました。
振り返ると、よくここまで来たなーって思います。。

•違うパラレルワールドに移ってきました♪ 

•魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか? 

•自分に集中する 

•あなたの周りのサポーター達 

•倭のタントラ@京都合宿を終えて♡ 

•愛する人々に囲まれて 

•[何か色々すごい!嬉しいびっくり♡リュウ博士がブログ紹介してくれてた!] 

•天河神社へ呼ばれました 

•秋分を超えて 

•子宮と宇宙と人間のお話上映会&シェア会@京都和束 のお知らせ♡ 

•すべての事は究極パートナーシップに行き着くのかも 

•自分の中の『心地悪い』を表現する 

•やりたい時にやりたい事をやりたいようにやればよかった 

•空気読まずに自分の話しをべらべらする人 

•倭のタントラ@京都リトリート 合宿のお知らせ 

•ハートに繋がる育児法 ママ♡ティーサロン開催のお知らせ 

•14筋ワンデークラスのお知らせ 

•雪乃さんからの特訓daysでした♪ 

•自分のドラマが好きですか? 

•KAORU(from NY) なでしこサロン♡@京都和束 のお知らせ♪ 

•自分メンテキネシ講座@京都和束 のお知らせ♪  

•自分メンテ講座@京都和束のお知らせ♡ 

•自分メンテ@東京とマスター2と大収穫 

•インナーチャイルドと恋愛と 

•自分メンテ講座 @東京 のお知らせ♡ 

•IH マスターコース in LA 報告♪ 

•クオちゃんの死と。 

•何からの妨害? 

•やりたい事が見つからない 

•なんか疲れた−って思うとき。 

•愛のある言葉で伝えていますか? 

•私は私が生きたいように生きている♪ 

•毎日が成長の為の課題 

•問題は距離?お金? 

•「愛」とか「好き」とか「性」とか 

•モヤモヤ大掃除〜IHセッション7月割引のお知らせ♡ 

•やっぱりヘルスセッションって好き♪ 

•何に焦点を当てて生きるかによって未来は全然違っているーその2 

•何に焦点を当てて生きるかによって未来は全然違っている 

•コミットメント/決めること 

•何があっても前をむいて生きる 

•完璧なんかじゃない! 

•大事なのは、今から未来へ続くベクトル 

•「やりたいっ!!」って思う事は魂が求める事 

•百聞は一見にしかず〜コーラに助けられ♪ 

•IHセッション−同じテーマでも深さが違うセッション 

•答えはいつも『そこ』にある 

•かみさまとのやくそく〜ここに生まれてくれてありがとう 

•現実化☆やれることは全部やって、手放す 

•東京でのセッション進行中です♪ 5次元の感覚で3次元に生きる 

•学びも大切だけど、実践、実践♪ 

•どんどん流れる現実♪ 

•幸せに向かって進む 

•感情は向き合ってから流す 

•流れに乗って進み中〜♪ 

•想いを現実に♪ 

•流れをかえるとき。 

•向き合うココロ 

•IHセッション事例&感想ー好きな人に対してセンサーが働かない 

•キネシのすごさ 

•直感力を鍛えていく 

•自分メンテ講座 進んでいます~♪ 

•心にまっすぐ生きるのはタフですか? 

•100パーセントで生きる 

•変化し続けていい 

•自分メンテ講座の感想♪ ソウルメイト♡編 

•向き合ってたら、ひとつずつ。 

•多面体な自分 

•やるっ!!って決める 

•自分が被害者と思っていたら、そこからは何も生まれない 

•漠然とした不安の正体 

•人生は、遊びである 

•IH セッション事例と感想−人の価値じゃなく、自分の価値を信じる。 

•「あなたはこうした方が言い」を受け入れる 

•動く原動力 

•IH セッション事例ー前進を止めるもの 

•NY 友達編 ♡ 

•押し付けないあげっぱなしの愛情 

•被害者意識を手放す 

•循環を止めない 

•伝わらない、でも伝えた。 

•本当はなんでもあり 

•思いっきり生きるという事 

•IHセッションー12.12.12 

•噛むことって大事!! 

•天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース 

•IH セッション事例ーいまの問題は過去からの投影 

•NYでのイベント&講習会報告 

•浄化の旅、In NY  

•支えあう事 

•クッキングクラス30回目 

•クッキングクラス29回目 

•NY 出会い編 

•IHプラクティショナー養成講座 再受講の報告 

•春休みです 

•☆Kids cooking class☆2回目&クッキングクラス23回目 

•Kids cooking class一回目報告☆ 

•クッキングクラス19、20、21、22回目 

•タロットとTGと その2 

•IH (integrated Healing) 感想 

•ホリスティック ヘルス カウンセラー 

•IHってすごい、キネシってすごい! 

•クッキングクラス17回目&ヘルスセッション 

•クッキングクラス16回目 

•クッキングクラス15回目 

•IH キネシオロジーの日々 

•クッキングクラス14回目 

•新月への祈りの勧め 

•ハロウィーン衣装&料理のお届け 

•天使の村からの贈り物 

•クッキングクラス13回目 

•クッキングクラス12回目 

•こころから信じる事 

•クッキングクラス11回目 

•アメリカ生活*子供の習い事*このごろ 

•夏休み明けのクッキングクラス&ヘルスカウンセリング 

•前進させてくれる一言 

•Setsuさんとのデート 

•Setsuさんとのセッション 2 

•Setsuさんとのセッション 

•今日はどこへ! 

•クッキングクラス9回目/ヘルスカウンセリングセッション 

•クッキングクラス8回目 

•クッキングクラス6、7回目 

•出会い、受け取るべきメッセージ。 

•1からはじめるキネシオロジー 凄かった!! 

•父 in アメリカ 

•クッキングクラス5回目 

•EFT( エモーショナル フリーダム テクニック) 

•クッキングクラス4回目 

•ビジネストーク 

•私の弱点 

•嬉しい報告! 

•クッキングクラス 2回目 

•初めてのクッキングクラス!! 

•IIN栄養学校、いよいよモジュールスタート! 

•2010年もあと数時間 

•ヘルスカウンセリング 

•タイムマネージメント! 

•事務仕事~ 

•Skypeセッション 


[PR]
by pineheath | 2017-12-21 16:37 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自分はこんなもん、って思うのをやめよう♪

人生って自分オリジナルのステージ(段階)があって、次のステージに行く時は、チャレンジがいつも待ち受けているって思っています。


そのチャレンジを超えて、次に行くのを選択するのも自分、チャレンジせずに、今のままでいるのも自分。


次の段階に進む時って、前の段階のことを手放す瞬間が生まれるから、その瞬間には何も掴んでない状態の心もとない感じになるので、『え?私、本当に大丈夫、、、?』ってえらい不安に思うんだけど、ちゃんと信じていれば次の段階に入って行って、次に受け取るものが落ちてくるんです。


次に行くサインですよ~~ってどこかで分かっているけど、それに対して見て見ぬ振りなんかしていると、そのチャレンジは逃げれない形で、せざるを得ない形でやってきたりして、強制的にことが起きたりします。笑。


私たちの魂は、どっちみち、行きたいように進んでいるんだと思います。ただ、どのスピードでそれをやっているか、やることにするか、は、その人のブロックがどれくらい無いかにかかっているなと思います。


別にスピリチュアルに限った話ではなくて、スピリチュアルという世界に全く興味ない人でも、スピリチュアルなんて、嫌っている人でも、笑、潜在意識のブロックが少ないと、人生サクサク幸せな方、幸せな方に進んでいきます。


幸せって表現って、すごく曖昧なので、この頃は『快適な方、快適な方に進む』という表現も使ったりするんだけど、幸せかどうか、って快感かどうかを自分に聞いてみたらわかりやすかったりします。


快の感覚を持っていることなのか、不快な感覚を持っていることなのか、で、今自分がやっていることを見直してみると、自分の24時間のうちどれくらいが、快を感じている時間で埋められているのか、見ることができます。


どうしても、思っている現実が引き寄せられないという人は、24時間のうち不快を感じている時間の方が多いのだと思います。


もうね、これはパーセンテージ。

でね、私たちは、何か、自分が向き合わないといけない問題から逃げている時、蓋をしているときは、快適だーって、心からは感じることができないです。だって、当然だよね、その蓋している、見ないようにしているところから悪臭漂ってきているんだから。臭いけど快適、ってありえない。生ゴミの横で快適ってありえない。


逃げたいこと、見ないようにしたい気持ちってすごくわかる。

本当に、見たくないよね、なんなら、なかったことにしときたいよね。

でも、それはあなたの人生にすでにある。


すでにある、その見たくないこと、それに向き合うってチャレンジがあなたを次のステージに進めてくれることになるんです。



向き合わないで、ないことにしたふりしておくんじゃなくて、その悪臭放っていることに対して、自分はどうしたいか?って自分なりの結論を出すんです。


うん、おえーってくらいしんどい作業。『THE 自分に向き合う』なのでね。


それが、すっごくしんどい作業だってことは、私は、もう本当に、いやってくらいわかってます。だって、やってきたからね。


でも、それが、しんどい作業なのに、お勧めするのには理由があって、それをすると、確実にあなたの視界が晴れるから。そして、ちゃんと、快、不快をクリアーに感じることができる自分になるからです。


それが自分の中での純度を上げるってこと。


純度を上げるためには、『自分は、どうせこんなもん』って諦めてるところをもっと、大切にしてあげるってこと。


自分は、一番大切な存在って、自分が大切にしてあげるのです。


でね、思いっきり大切にする時期を経て、そうすると、自分を大切にってことよりも、自分がやりたいことをどんどんやっていきたい、たとえ疲れても!って段階に入っていくんだと思うのです。


『もう、自分大切にっての、いいから~』って感じ。


でも、それができるのって、自分のエネルギーがちゃんとチャージされているからできるわけで、エネルギーの切り売りして自分の魂の切り売りしてきた人(つまり、楽しくないけど、~~べきで動いてきた人)は、まずは自分のエネルギー貯めようね、って思います。


そして、そのためには、快、不快に正直になろうね、ってことで、その、快、不快に正直になるためには、まずは蓋しているところを開けなきゃいけないよね、って話なのです。


大丈夫、あなたは大丈夫。蓋あけたって、大丈夫。


あなたの人生は、こんなもんじゃないでしょう!







[PR]
by pineheath | 2017-10-13 10:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自己価値のありか

私、自己価値が低いのかもしれない。


そう思ったことがある人ってどれ位いるでしょうか。


つい先日、夫と話ししていて、


夫:「今度、福島に仕事で行くけど、一緒に来る?」

私:「え~!行っていいの!うわーちょっと待って私の予定は、、、」


というやりとりがあったのです。


でも、夫にとって、私に一緒に来る?って持ちかけた時の私のリアクションが不思議でならなったと、後から言うんです。


私が夫から誘われて初めて、そこに一緒に行く許可を与えられたって感じていること、そして、ソワソワと、喜んで予定を確認していること。

夫の気持ちとしては、私はいつだって、行きたきゃついて来ればいいし、そうしないのは、したくないからなんだろうと思っていたわけだけど、そうではなくて、『私が許可が与えられていないことを、できるとは思ってもいない』ってことに違和感があったそうなのです。


でね、私、言われてみて気がついたけど、そう言うところ、あるんですよねー。

私の役割を先に考えてしまって、私がどうしたいか、と言うのは、二の次になっちゃう。


許可が与えられていないことをやれるとは思ってもいない、みたいな。


夫が福島に行くってことは前から知っていたけど、それに私がついて行っていくというチョイスははなから私の中に存在していなかったのです。


で、このことって、自分の人生の舵取りを自分がしていない事に繋がります。

舵取りを人に任せておいて、『私は許可が下りないからできない』って文句を言う羽目になったりします。


『そもそも、これやりたいって言ってないでしょ、あんた!』って感じですよねー。笑


で、この信じこみって私の場合は母親から来ているのは考えたらすぐ明らかな事。

いや、もしかしたら、日本の女性は、『主婦とは~、母とは~』って形で、知らず知らずに植え込まれている信じこみなのかもしれません。だからね、母もある意味、その被害者。


でね、『そんな風に思ってしまう私は、自己価値がないんだなあ~』と、思いそうになって、


私:「やっぱり、夫くんは自己価値が高いから、普通にそう思えるんだよ。私は、ここまで自己価値あげて来たけど、やっぱり元々の自己価値が低いところからスタートしてて、それがまだ残って居るのかもしれない。それは、私は育った時、お母さんいつもしんどそうに子育てしてたし、私、居るだけで価値があるって思えんかったもん。」


みたいな話するわけです。


で、私がそれを言った時に、夫くんのびっくりする顔。


「いや、間違いなく、けいちゃんの方が、自己価値は高いよ。だから、その説明はちょっと納得できない」って言うんですね。


そこで、もう一回『自己価値』って何?って考えてみました。


でね、わかったのは、自己価値って、潜在意識の個人的無意識層の部分ではなくて、魂とかの部分にある、すでに誰もが持っている絶対的なもの。


だから、『自己価値低い』なんて言葉って、本当は存在するはずないのです。


自己価値低かったら、この地球上に出現してないでしょ、そもそも、って話になっちゃいます


でも、なんで、私たちが、自己価値低いって、思っちゃうのかっていうと、そのさっきの『個人的無意識層』のところに、『私は価値ないよ』って、思い込んじゃう出来事が蓄積してしまっているから。


それが、ほとんどの人はまずは、お母さんが、自分を育てた時に、幸せそうじゃなかった、苦しそうだったって事だったり、

または、誰かから、いじめられた、ってことがあったり、

または、アクシデント的に、街で不機嫌な人に絡まれた、とか。たまたま、先生が意地悪な人だった、とか、そういうの。


でもね、その部分って、本質的な自己価値(=魂の部分)の上に乗っかかってるだけなのですよね~。


まるで、存在価値ないよって、『勘違いさせる』『出来事』が記憶の奥底に残っているだけ


それは決して、『存在価値ない』『自己価値ない』とはイコールではないのです。


その、個人的な無意識層にへばりついている『自己価値低い感』って、元々は、出来事とかが先にある『経験』が先にあることだから、顕在意識でそう認識して、そう受け取って、それが潜在意識に落とし込まれたってことだから、何度でも認識し直す作業って有効だったりします。


元々の生まれたての赤ちゃんだった時は、自己価値10000パーセントだったのだから


そこから、いろんなヘドロをつけて今、ある状態が自分だって勘違いしている。



自分が自己価値低い的な判断とか、行動とか、を無意識にしそうになってたら、


『あれ、私、今、自己価値低い動きしようとしてない?』って気づいてあげるのです。


そんで、


あなた、本当に、その自己価値具合でイイワケ?って自分に聞くのです。


『嫌だ!私はもっと価値ある存在だ!!』って声を確認して、

(そう主張してくれない場合はIHセッションへお越しください~自己破壊プログラムとかが回ってるかもです。。)


じゃあ、自己価値高めな私だったら、どういう行動するの?って自分で聞いてあげるんです。


自己価値低い人って、誰かが、自分に怒ったりした時にも、『私が怒らせたのが悪い』になるし、

誰かが不機嫌だと、『私がなんか悪いことした気がする』になったり、『自分が相手の機嫌を良くしてあげないといけない気がする』になるし、とにかく、相手の問題で、あなたの問題じゃないよね?ってことを、自分の問題のように、引き受けてしまうのですよね。


まず、機嫌悪い人はほっとこう


自分のご機嫌は、自分でとろうね、にこっ


の精神でいけるようになるだけでも、ずいぶん楽に生きれるようになります。


で、私の場合は、

『許可されてないことでも、やりたいことはやっていい』という経験がなかった(少なかった)だけ。

要は経験不足なだけなのですね。


だって、『主婦とは~』、とか、『母親とは~』とか、『女性とは~』とか、の信じこみで、『許可されたことの中で、好きにやっていい』、って制限付きの自由しか経験したことがなかったから。


なんだよー、制限付きの自由な中で私は自由とかって思ってたけど、それってすでに、自由なのかわからんじゃん、ってことがわかった次第です。笑


そう、まだまだ、信じこみだらけですね~~。もっと、もっと、自分には必要ない信じこみを取り除いて、大きく羽ばたきたいなあって思った出来事でした


あなたの信じこみはなんですか?

Line@始めたので、今日の記事の気づきをシェアしてくれたら嬉しいです❤︎

なんかねー私がこうして活動しているのはなんでかなあ、って思ったら、やっぱり誰かとつながるためなんだなあって思ったんですよね。


Line@の登録は


@rlo4165i


また次のQRコードで検索お願いします♪



  Pure Food Pure Body Line@

f0128026_11361971.png


[PR]
by pineheath | 2017-10-12 12:11 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

もう一つのプロジェクト

さて、さて、ちょっと前の記事で、いくつかのプロジェクトで楽しいって書いたのだけど、もう一つのプロジェクトっていうのは、Pure Food Pure Bodyのセッションルーム&イベント施設を自宅と分けようとしてること。


セッションルーム、イベント施設が自宅と兼ねているのはとってもありがたかったのだけど、その頻度が上がってくると、やはりいろいろ支障が出て行きました。


それと、クライアントさんで、遠方から来てくださる方も多くって、その方たちは宿泊先を奈良にとったりしながら来てくださったりするのですが、その方達に、ビジネスホテルに泊まるよりも、かなりリーズナブルに泊まっていただける場所を作れないか、と思っていたのです。


そこのところを実現化させようとして居るのが、このプロジェクト

アメリカに住む仲良しのスペイン人の子がいるんだけど、その彼女は、古い家を買っては、リフォームして、売るってことを、夫婦でやってて、私は、彼女の家がどんどん綺麗になっていくことをいつも楽しみにしていました。

そう言うのを思い出しても、そもそも、そう言うDIYに憧れを持っていたんだな~って思います。


憧れていたから、現実になったのか、どうなのか、今の自宅兼ヒーリング、イベントスペースは、元は剣道場だったところを、私たち夫婦+赤ちゃんでキャンプ生活しながら、今の形に作り上げて行くことになり、半年間はもう、それ一色って位家のことばかりやってた時期があったのですが、その過程は、本当に大変なこともたくさんあったけども、終わってみると、全てが良い思い出になってます。

やはり、自分たちで作り上げた家は、どんなにいびつな所があっても、それが味と思える暖かさに囲まれるなって思っています。


その経験を通して、私たち夫婦は家を改築するってところに対して、そこまでの気負いがなくなり、ああ、できそう!って思えるフットワークが身につきました。


で、今回の私のセッションルームを自宅と分けると言う流れに行くにあたって、主人が管理していたスペースがあったのですが、そこが、ちゃんと生かされていないということがあって、主人としては、なんとかそこをもっと有効に使えないか?と思っていたのだけど、その話と、私のニーズがマッチしたって感じで話が進みました


私と、夫は、全然別の仕事をしているのだけど、彼は、なぜか、いつも、私が抱えているチャンレンジに対するキーパーソンだったりします。


前の記事で、アメリカの子供達としばらく会えないでいた時期があった、ってことを書いたと思うけど、その、会えないで、悶々と過ごしていたある日、夫が仕事から帰ってきて


「すごいことが起こったよ!これ見て!」


って私にある名刺を渡したんですね、


その名刺は、なんと、私のアメリカの子供達が住む町のアドレスが記してあったのです!


なんと、彼の会社のお客さんとして、その町でお茶屋さんを営む女性が訪ねてきたのでした。


その女性は、ここ和束と、その後、九州のお茶産地を巡ることになってて、主人もその一行に同行することになってたので、私もそれに便乗し、彼女とゆっくり話す時間が作れたのです。


そうやって、主人を通して何かのサインがやってくるってことが、大なり小なりあったりします。笑。


でね、私はついつい『自分でできるもん!!』って頑張ろうとしてしまう、そのパターンをまだ持ってしまっているのだけど、そんな、主人の私に及ぼす力を使いこなせるためには、私は頼るポイントでちゃんと頼れないといけないんだなーって思うわけですー。

でも、頼るって、本当に難しくって、おんぶにだっこを求めるのとは違ってて、自分の軸を持ちつつ、でも、相手が私のために何かしてくれようとすることを、受け取る準備ができているって状態なのかな、と、この頃は思っています。


私は、いろんなことを手際よくやれるタイプの人間ではなくて、好きなことには没頭できるけども、苦手なことは本当に興味を持てないタイプです。


苦手なことの第一位は、社会科の勉強に入るようなこと。笑。これは本当に本当に本当に苦手で、学生時代も興味持てないけど、テストのために勉強してなんとか一夜漬けでごまかすってことをやっていた教科でしたね。


なので、ニュースとか、社会情勢とか、本当に、興味ないのです。ごめんなさい~~って感じ。もう、どう逆立ちしても、興味持てないのです~~て感じ。


で、そんな自分はダメなんかと思っていた時代もあったのですが、私は、人の心に興味があるし、なんで、そう感じるのか、とか、感じるとは何か、そういうことを小さい頃から考えていました。


で、結局は、その得意なこと、好きなことが今は仕事になっているし、相変わらず、ニュースは見てないし(テレビもない家)好きなもので、私の世界は構成されているなって感じです


で、不得意なことも、チャレンジしなければいけないタイミングもあったりもするけど、でも、得意なことを伸ばして、それでよし❤︎って思っていると、不得意なことは助けになってくれる人が出現すしてくれたりするんですよね。


でも、できる限りはやってみようとする、そして、これがわからない、ってことを探ろうとする、というアクションは起こしていくもんだなって思っています。


不安があってやりたくないのか、ただ、本当に好きじゃなくて、やりたくないのか、そのどちらかで、やったほうがいいことなのか、やらなくてもいいことなのか、は全然違ってくるんですよね。


不安があってやりたくない、っていうのは、単に逃げているだけだから、不安に向き合うためにも、やったほうがいい。


でも、好きじゃないからやりたくないことは、やってくれる人、見つけたほうがいい。


さて、その新しいPure Food Pure Body の事務所作りプロジェクトですが、掃除はほぼ終わり、今は、壁をどんどん白に塗っていっている段階です

このペンキ塗りの作業って、本当に楽しいっ!!


この作業が終わったら、床が今はコンクリート状態なので、その上に天然木の床をはって行こうと思っています もうね、そこらへんは、やったことあるので、何の材料揃えれば良いか、とか、なんとなくわかってます


結構、今は、急ピッチで(→とはいっても、私が)進めているので、今月中とかに、良い形に仕上がってくれないかなあ、なんて、期待しているのです


セッションの合間には、そちらのスペースに行って色ぬりしている毎日です


場所はね、一応和束の中心街(!?)近くです。徒歩圏内に100円で入れる銭湯もあるし、ローソンあるし、新しくできた、おしゃれなカフェあるし、お好み焼き屋さんあるし、ヒーリング受けて、茶源郷と言われる和束をゆっくり楽しむのには、なかなか便利な場所だなって思っています。


また、こちらでも、進捗お知らせしたいと思います♪ぜひ、完成したら、遊びに来てね~~~❤︎

f0128026_11270254.jpg








[PR]
by pineheath | 2017-10-12 11:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

スピリチュアルと現実と

スピリチュアル大好きだけど、現実世界との兼ね合いがうまくいかないって悩みを持っている人、多いですね。


私は、スピリチュアルって、『私、スピです!!!』って、宣言するとか、区分けするとか、そういう類のものではなくて、普通、皆スピリチュアルな存在だよね、って、それが全ての人のベースにあるって思っているので、スピリチュアルだから、現実が、、、とか、スピリチュアルだから、お金儲けには抵抗があるとか、ちょっと意味がわからないって思うのです。


スピリチュアルって、自分が意識していようが、意識していなかろうが、みんなスピリチュアルな存在だから~!って、本当に思います。


考え方がスピリチュアル思考な人、現実派思考な人、っていうのはいると思います。


そして、そのスピリチュアル思考が自分にとって、助けになるなら、その思考法を取ればいいと思うし、それでうまくいかないところがあるなら、物の見方を変えてみる(思考を変えてみる)ことをオススメします。


私は、自分が離婚という道を選択して、アメリカに3人の子供達が住んでいるという状況があって、数年間子供達に会えない状況になっていたので、現実を動かして、変えていかなければ、子供達といつまでたっても会えないということに直面しました。


スピ的流れで行くと、心の底から信じてさえいれば、いつかは、、、って、そう思う自分もいながら、でも、それでいいのかな、、って、ずーっとぐだぐだ考えて、行動を起こせずいた自分がいました。

最終的に、これは行動起こさなければいけないでしょ!って事態になって、


最終的に、アメリカで裁判を起こすという最もハードルが高い選択をして、その裁判の結果、元夫とも和解を果たし、子供の親権を共同親権という形で持つことができました。(これが、今年の1月)


さらっと書いてみてるけど、このことって、その道に詳しい人を見つけるのがまずありえないくらい難しくって、相談できる人を見つけれたとしても、その道は険しすぎて不可能だってアドバイスされるって現実でした。


でも、自分の軸が定まった時、人からのアドバイスで右往左往する自分ではなく、「誰がどう言おうと、私はこうする!!」って思えるようになりました。


そして、私の事例に協力してくれるアメリカで弁護士している日本人弁護士が見つかり、さらに、子供達が住んでいる地域が所轄であるアメリカ人弁護士が見つかりました。



アメリカの弁護士たちと契約を交わしたのは、5番目の唯ちゃんが生まれる時だった。www


明日契約って日の前の晩、思いっきり破水して、産院に入らないといけなくなった時に、バスタオル股に挟んで、笑、アメリカの弁護士に、『今から子供産んでくるから、契約交わすのは、産んだ後ね!』ってメールしたのでした。笑。


『スピリチュアル思考』だった私は、そうやって裁判という戦いを起こすことが良いことなのか、がずっとわからなかった。


そこにかかるお金、労力、どれくらい途方も無いことなのか、そのことをやり遂げれるのかの自信もなかった。


でも、自信がないとか言っている場合でもなくて、とにかくやり遂げるしかなかった。

そして、裁判を起こすということ、戦いにするということ、について、宇宙というか、何者かに問い続けていたら、私の中にストンと答えが落ちて来た。

それで、私は、何の迷いもなく、裁判という形をとることを決めれたのでした。


結果的に、あの時、裁判を起こしたことで、子供達とは繋がり始め、元夫とも和解することができたので、本当にあの時の死に物狂いの日々はこの上ない大きな意味があったと思っています。


2016年11月から3ヶ月間という長い間、アメリカの友人宅に滞在させてもらって、実際の裁判をやっていたのだけど、その友人のところは4人家族で、その家族の中に私と唯ちゃんがお世話になっていた状態でした。


その友人の彼女と私はアメリカに住み始めた当初からの友人なので、14年くらいの親友だけど、その3ヶ月間は裁判抱えながらも、一緒にたくさん笑って、泣いて、言い合って、ワイン飲んで、酔っ払って、雪道を散歩して、ご飯作って、自家製ビール飲んで、ゲームして、映画見て、なんともありえない位のあったかい時間を過ごしてました。


裁判でアメリカに行って1ヶ月した頃に、私は唯ちゃん抱っこしたまま転んでしまうというアクシデントを起こしてしまいました。

唯ちゃんのことをカバーするのに左の手首の骨を二本とも骨折したので、そこからのアメリカ滞在は赤ちゃんだけではなく、なんと自分の世話さえもできなくなって。笑。笑。笑。


その骨折時点では、元夫との和解はもとより、アメリカに住む子供たちとの面会もままならない状態が続いていたので、


もう、人生でここまでどん底になることはないな、って、あの時は泣くだけでは足りず、笑えてくるほどでした。


でね、だから、最悪だった、という結論にもできるんだけど、私の中では、この経験はやはり最高だったなって思います。



もう一人の親友であるサンディエゴに住むIHプラクティショナーのIzumiちゃんは、私がぶれそうになっていたら、遠隔でIH してくれて、私が私を持ち続けることができるように、全面的にサポートしてくれました。


私は、真の友人に恵まれていることを心から感謝したし、あんなにどん底だと思ったけど、大丈夫だった、という経験になりました。


そして、なんとかやり遂げた、って大いなる自信につながりました。


なんとかなったって思います。



救急病院に連れて行ってくれる友人がいて、私と唯ちゃんの身の回りのお世話をしてくれる友人たちがいて、IHやってくれる友人がいて、

そして、きっと、元夫も、手首まで折って、なんてかわいそうな、、、と少しは同情してくれたのではないのかな、笑、最終的な和解のためにも一役買ってくれた骨折事件だったようにも思います。


そして、

その3ヶ月のアメリカから帰国するときは、メイン州が大雪で飛行場にアクセスできるか?!って感じだったのですが、なんと、なんと、和解果たせた元夫が子供達と一緒に私を空港まで送って行ってくれたのでした。


その夜の感動は私は一生覚えていると思います。


大雪の夜空に1月なのに大きな花火が上がって、後部座席の真ん中に私が座っていて、両隣には娘たちが私の手を握って座っていて、元夫が車の運転をしてくれている。

そして、大きな大きな花火が空に上がってる。


あーこの感動のために、私はここまで来たのかもしれない、って思ったくらいでした。


スピリチュアルな感覚を大切にするということと、現実を動かすということは、ぶつかり合うことでもなんでもなくて、私の場合は、スピリチュアルな感覚を大切にして居るからこそ、ここまでこれたんだなって思っています。


どこか、何かからのサインをちゃんと大切にする、自分の中で沸き起こることを大切にする、そして、どこに進みたいのか、自分の行きたいと思える目標を見続ける、

そのために、自分の中の純度を上げて、ちょっとの違和感、モヤモヤを大切にする、見逃さない、ということをやって来たように思います。

それをしていると、次の一歩がちゃんと見える。だから、そこにちゃんと動く。それが現実を進めていくのに大切なところです。


あー今日の記事は回想になっちゃったけど、笑。


もうそろそろ、スピだから、と、スピリチュアルを現実進めない言い訳にするのを終わりにして、どんどん現実に落とし込んで行こうよ!と思っての記事でした


[PR]
by pineheath | 2017-10-06 14:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

倭のタントラ京都リトリート

f0128026_00424639.png
『あーそろそろ、Asamiさんと、Shinzoさんが京都来る頃かもなあ、倭のタントラ合宿、今年は少しでも顔出して二人の顔見に行けるかなあ』ってぼんやりと思い、気がついたら、その数秒後にはAsamiさんにメッセージしていました。笑


そしたら、トントンとオーガナイザーとして、ヘルプで入るってことが決まりました。


そのやりとりはこちら。

f0128026_00343175.png
f0128026_00345038.png
f0128026_00345778.png
f0128026_00350280.png



はい


今年は、子供たちは夫に預けて参加できるので、前みたいに顔だしたり、おっぱいあげに行ったり、また顔だしたり~ってな参加の仕方ではなくて、しっかり参加して楽しめそうです♪(あ、オーガナイザーとしてのお仕事はしますので、困ったことは私まで言ってくださいね。)


なんかね~もう、この頃は、流れでどんどん決まることが決まっていきますね。

あ、なんとなく、って思うことを、その直後に行動に起こしてて、それが何かしら実を結ぶ。


でね、私、『自分メンテ講座』とか、『iHファウンデーション』とか筋反射を教えるクラスたくさんやってますが、自分は、日常で筋反射を使いまくっているか?って言ったら、そんなことないです。


え?


ですか?


でも、使う必要がなくなるんです。


これって、キネシを習って、使って、使って、その後、最終的に求めるところなんですが、筋反射に聞かなくても、自分の魂がこれだって思うことをキャッチできる状態になるんです。直感が働く状態ですね。


前は、色々と、筋反射で見てました。こっちにするか?あっちにするか?とかね。

でも、もはや『あ、これ』って、筋反射取る前からわかるようになってるので、迷いが減ります。そして、行動するまでが早いです。


で、その、考えて出した答えではなくて、あ、これ!って感覚に従って動く行動は結果につながります。


だから、筋反射習った人、これから習う人は、是非是非、筋反射を使うことで、直感とつながる練習して、最後には、筋反射使わなくなってほしいと思います。(あ、セッションでは使いますよ、もちろん)


っと、ちょっと話が逸れたけど、そんなわけで、倭のタントラの京都リトリート、私もオーガナイザーで参加してます❤︎ 


3泊4日の合宿形式で、楽しくって、泣けてきて、ハートが開いて、自分が自分で安心して、自分本来の輝きをどんどん取り戻せる、そんな合宿です。


誰かとつながる、自分とつながることの大切さ、そして、その感覚を体感に落として伝えてくれるので、自分の放つオーラが変わるのが自分で分かるともいます。


みんなね、優しいオーラになるんです。そして、何より、自分が優しいオーラになることが感じられる。


また、あの愛の空間に浸れると思うと、今からすごく楽しみです。

なんでもまた、パワーアップしたということだから、その進化ぶりも楽しみです


私は、このAsamiさんのこと、2009年くらい、いやもうちょっと前?から知っててねー。


ここからちょっと回想入ります〜。笑


で、はじめてAsamiさんがオーガナイズしたクラスに参加して、Asamiさんに直接会ったのが2010年なんですが、もうね、今のAsamiさんはあの頃に比べて年齢不詳の美しさを持つ人になったなあ、って思います。(いえ、前から美しい人ではあったのですがね。)


その当時AsamiさんはNYに住んでて、そこからホリスティックな健康情報をブログで発信してて、その記事が面白くって面白くって、

一気に惹きつけられて、メイン州からNYの彼女のオーガナイズするクラスに参加したのが最初でした。


あれから、いったい何回くらい、メインーNY間を行ったり来たりしただろう。NYに住む友達よりも、けいこちゃんに会う方が多いかも、ってマンハッタンに住む仲間から言われたりするくらい、どうにかこうにかやりくりして参加してたなあ。


あの頃は、ヘルスセッションに加えて、料理教室をやっていたのだけど、その収益は全て講座につぎ込んでいましたね。


今の私が、今の私でいるのも、あの時の学びがあったからだなあって思います。


でね、あの頃から、そうやって彼女の周りに集まる人たちは、Asamiさんが良いっていうことは、良いに決まってる!って、なんか、絶対的な信頼を置いてて、そして、その信頼は裏切られないから、また、さらに信頼するって流れになっていたように思います。


それは、自分が感じたことに、本当にど正直でいようとしてきたAsamiさんの真っ直ぐさの賜物なんだと思います。


いいと思うものはいい、違うと思うものは違うってちゃんと表現してきたAsami さん。一度は、私に間違ったアドバイスをしたって、謝ってきたくらい。笑(懐かしい〜)


NYで髪振り乱してホリスティック盛り上げようとしていたAsamiさんのこととか、


離婚を決めて、私も離婚を決めて二人とも状況的にはどん底のような時を過ごしていて、『でも、この日を懐かしく思う日がきっと来るよね』って、マンハッタンの古いギリシャ料理か何かの店で、ワインで乾杯した夜のAsamiさんとか、


二人ともいろんなことに対して夜明けが見えて、『とうとうここまで来たね』って、また今度はカレーやで乾杯した夜のAsamiさんとか、


Shinzoさんと出会った頃のAsamiさんのこととか、


もうね、いろんなシーンのAsamiさんが浮かぶわけだけど、


彼女の2010年から今の変容っぷりを見ると、ついつい感無量になってしまいます。


だって、Asamiさん綺麗になったもん~。そして、透き通った。


ShinzoさんとAsami さん二人はこの倭のタントラを成し遂げるために出会ったんだってことが、今はわかります。


でもね、変容を遂げたAsami さんだけど、彼女の最大の武器であるど正直さはこれっぽっちも失われずにあるんですね。なぜなら、それが彼女の輝きの元だから。変容って、その人の根幹にある輝きは変わることなく、余計なものがそぎ落とされることを言うんだろうなって思います。

Asamiさん、きっと、本当に余計なものがそぎ落とされて、今みたいな透明さが出たんだろうなって思います。


『直感で生きること』をどんどん先輩としてやって見せてくれているソウルシスターのAsami さんが『直感しか持ってない』ようにさえ見える(宇宙人か?)のShinzoさんと繰り広げる倭のタントラワールドはますます進化していくことでしょうね。

本当に楽しみです♪


一緒にリトリートで楽しみましょう~❤︎


私の紹介で申し込みの方は特別枠で割引がききます。keiko@purefoodpurebody.comまでお問い合わせください。


あ、ちなみに、前の倭のタントラクラスの時のブログ記事はこちらです★


倭のタントラ京都リトリート についての詳細はこちら



[PR]
by pineheath | 2017-09-06 00:53 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

あなたが『やりたいこと』に最大のエネルギーを!

わー!ドキドキする~!

突然、どうしよっかなあ、って寝かしていた案件2つが繋がって、解決になる&ワクワクするアイデアが出てきてます!!。


やりたい!って思うことをいろんな制約のせいで、『しない選択』をするのは、本当に最後の手段にしたほうがいいと思います。


高いしな、

遠いしな、

頼まないといけなくなるしな、

そこまで何も得られないかもしれないし、

反対されるかもしれないし、


自分のワクワクを打ち消すように、思考はあなたを思いとどまらせようとします。


で、いつだって、やるかどうか?は最後はその勇気があるかどうか?なだけかもしれません。


自分の『やりたい』って感覚を信じて、行動に移してあげれるかどうか、なだけ。


私がワクワクしていることは、LAでのマスター4の受講!


それに当たって、アメリカのメイン州に住む3人の子供達もLAに呼び寄せ、airbnbで家を一棟借りて、私&子供5人で過ごしちゃおう!ということ。


つまり、子(みこ3歳&ゆい1歳)を連れてアメリカに乗り込み、講座を受講し、アメリカの3人の子供たちとも一緒に過ごす!って計画です❤︎


はい~、お金かかります。(でも、人生をより豊かに味わうためにお金ってあるんだと思う。)

はい~体力使います。

(まじで、体力的に、やりきれるのか、私、、、ってところも。43歳体力の限界を時折感じます。。でも、LAならやれそう!って思います)

はい~そんな、たった1週間のために!です。


IHのマスター4が今回、創始者マチルダからリリースされるのですが、それは『リレーションシップ』に関するプロトコール。


もちろん、詳しい内容はまだ習ってないので、わからないけども、

自分とのリレーションシップ、自分の大切な人とのリレーションシップ、

人間関係の悩みなんて、本当に最終それに尽きるんじゃないか?って思うくらい、リレーションシップって重要な位置を占めています。根幹ですよね。


実は、2年前にLAにマスター3まで受けに行った時に、マチルダと話をしていたら、マチルダがマスター4が出来上がりそうで、それはリレーションシップについてなんだ、という話を個人的にしてくれたのでした。

その後、IHの創始者の一人であり、マチルダの最愛のご主人ニックが亡くなり、マチルダ自身マスター4をリリースする気力が湧かなかったため、そこから2年という時が経ってしまったわけです。

マチルダから話を聞いた、2年前のその時から、受けたい!!!!って思っていた『リレーションシップ』のクラスです!!


今回リリースされることを聞いた時から、いつかは、日本に上陸するかもしれないけども、それを待てず、今回、受けたい!受けたい!受けたい!って気持ちがありました。

『これを今回受けたら絶対必要なクライアントさんに届くに違いない!』って、理由づけになることも思考するんだけど、でもね、根底は、私がクラス受けたい!なんですよね。


『これがビジネスに役立つに違いない』とか『これが人の役に立つに違いない』とか『これはとっといたらプラスに働く資格だ』とかは、全部思考の部分です。


それって、自分を動かすモチベーションにはならないのです。


だって、自分の魂が感じていることではないから。


そこについて、考えすぎると、何を感じていたか?を見失うことになります。


『本当に、役立つのか?』とか、『本当に、高すぎないか?』とか、ね。


考えていることに対しては、思考でやらなくていい理由を探し始めます。

『どうせ、習っても使えないかもしれないし』とか、『どうせ大変な思いするかもしれないし』とかね。


ワクワクする!行きたい!LAでマチルダに会いたい!って、そこには理由なんていらないんです。


そして、子供達に会いたい!っていう強烈な思いも私の中にあって、子供たちに会うには、メイン州に行かなきゃ会えない~って思っていたのですが、『あ、そうだ!!LAに来てもらえばいいやん!』って閃いたのです❤︎


子供の学校カレンダーを見ると、ちょうど、一週間のサンクスギビングバケーションだし!!!

タイミング合う~!!!!!


もう、そうなると、興奮状態ですよ。


その直後に出張中の夫からスカイプが入り、私の脳内興奮を伝えたら、驚いていたけど、賛成してくれました!


二人のチビ連れで、関西空港から東海岸側のメイン州にまで行くのは、本当に不可能に近いけど、LAなら関空から10時間乗り換えなし!だし!


次に、アメリカの子供達に早速その案をどう思うか聞いてみたら、子供達、目を輝かせて『エ~~~!!!LA? いいの~!そんな、楽しみに決まってるよ~~え~~~すごい~~!!!』と大喜び❤︎


いつもは、スカイプかけても3人のうち誰かがつかまるかどうか、だったりするのに、なぜかその日は3人揃ってて、3人を画面越しにみながら話することが出来ました。


ま、今は、元夫の了解を取っているところなのですがね。

でも、一週間ずべては無理だとしても、たとえ数日でも、実現したら、なんて楽しいんだろう!!!ってワクワクが止まりません。


でね、さらに後日談があって、超面白いんですけど、


オーガナイザーのいずみちゃんと、そのLAで開催されるIHマスター4のクラスについてやりとりしてる最中、私としては、元夫の許可待ちなので、ちょっと待て状態なので、気持ち沈めるために、いつもの天満宮にみこ&ゆいと散歩がてらお参りに行ってきた昨日の出来事。


お参りから帰ってきたら、主人の会社のインターン生(アメリカ人)が「ハロー」って焼きたてのマフィン焼いたの持って顔だしてきてくれました。

「もう、今月でインターン終わりで帰るのさみしいね~」なんて話してて、「で、アメリカのどこからきてるんだっけ?」ってなんとなく、聞いたのですが、


彼女、「LosAngelsです」って。


「え?LAのどこ?」って聞くと、


「あー、Torranceってところなんです」って!!!!!!!


まじ!!!!!!


このTorrannceっていうのが、IHマスター4が開催される場所なのです!!!!!


すげえ~!!!


こうやって宇宙は、『大丈夫』のサインをしっかり送ってくれるんですよね。


でね、このLA行きに関して、クラス1日だけなんだけど、その時のみこ&ゆいのベビーシッターさんどうしよっかなあって保留案件だったのだけど、なんと、彼女は大の子供好きで、いつも、私たちの顔見ると、みこちゃん~って寄ってきてくれる子なので、


私がみこ&ゆい連れてクラスの受講にLA行こうかと思っている話伝えて、


「ねえ、ねえ、もしかして、その時、タイミングが合ったら、ベビーシッターしてくれたりする?」って聞いてみたら、


「あーお役に立てることなら、なんでもしますよ!私が忙しくても、私の家族5人いますから、誰か空いてると思います!」だって~!!!


もう、宇宙大好きありがとう❤︎





[PR]
by pineheath | 2017-09-04 14:27 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

あなたは、愚痴りたいだけ?それとも、変化したい?

ずーっと、同じ愚痴ばかり言い続けている人がいます。


そして、そこに対して、『じゃあ、どうしたいの?』と聞いても、それに対しては、答えを出さず、そして「それでねえ~~」ってさらなる愚痴を並べる人。


愚痴るってことは、そこにしんどいことがある、それは本当にそうなんですよね。

でも、そこから自分が抜け出すか、そこに居続けるのか?は自分が決めることができるのです。

いつだって、いつだって選択ができるのです。

逆を言えば、あなたはそこを選択しているんです。


「選択ができない」、「私はここ(愚痴りたくなる環境)に居なければならない」。って思い込んでいるのだとしたら、それは、自分へのエンパワーメントが足りないだけ。


あなたは、本来、力のある存在だってことを忘れているだけ。

自分が『心から幸せだ』と思える環境にいないならば、その環境に自分を置いておいてもいいなんて、自分のことを見くびらないでほしいと思います。


あなたは本来キラキラしている存在です。


それなのに、

この先、あとどれくらい、愚痴を言い続けている人生を続けますか?


1ヶ月? 


3ヶ月?

 

半年? 


1年?

 

5年?

 

10年?

 

30年?


それとも、 


死ぬまで???


今、この瞬間、愚痴の人生を選択しているなら、死ぬまでその人生を選択している自分を想像して見たら、ことの重大さがわかるのかもしれません。


愚痴を言い続けている時、潜在意識が向かうベクトルは愚痴の方向なのです。その時、さらなる愚痴の世界が繰り広げられていく


『どうなりたい、そのために自分はこうありたい!!』って目指す方向を見始めた時、あなたの潜在意識のベクトルは、あなたの目標の方向を向いてくれるのです。


最初は、今までの愚痴の方向から大きく変わっているから、揺れ戻しに合いそうになるかもしれない。

でも、その時こそ、自分を信じて進むべき時です。

あなたは、どうありたい?ってところを強く信じて、あなたを信じて進む時です。


そして、進み続けて、進み続けて、ふと気がついたら、周りが変わっていることでしょう。


かつて、『そんなの夢の話だ』って思っていた世界が目の前に広がっていることでしょう。


大丈夫、あなたもそこに行けるんです。だって、私も来れたのだから。


自分のパワーを信じてください。


私は、あなたのパワーを信じています。


[PR]
by pineheath | 2017-08-24 15:44 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自由と責任

我が家では、画期的に、大きく家事、育児システムが変わりました。

結果的に、今まで、(足りないながらも)全面的に、家事&育児は私の責任だったのだけど、それが、綺麗に半分このシステムになりました。


そのシステムが起動しだして、まだ1週間経つかどうか、なので、見えていないところも沢山あると思うけど、それでも1週間足らずで気づきって沢山ありました。

今日は、そのことをシェアしてみたいと思います。


まず、変更後の家事&育児システムは

週替わりでその責任者を交代するってもの。

そして、お互い、この日は無理って日に責任者の割り当てになっていたら、他の日とトレードしてもらっておくのです。

責任者は、その日の全部の家事と育児の責任がある人、相手は好意で手伝ってくれるかもしれないけど、それはあくまで好意、もちろん、頼むこともできるけども、責任者じゃない人は、好意で助けることはあるかもだけど、頼まれたからしなきゃいけないということではなく、あくまで好意で引き受けるか、ってだけ。


このシステムにするにあたって、家事&育児ってどんなものがあるのか?って言葉にする必要があったし、それぞれの仕事に対しての完成度をお互いの共通認識にしておく必要がありました。


今までは、自分の感覚でなんとなく回していた(ので、回らない時も、、、)家事&育児が仕事として、どっちの責任ってはっきりした事で、今まで実は持っていた、『私はこれだけやってるんだから、これくらいやってくれてもいいのに~』っていう言葉にしない期待、無言のプレッシャーを与える必要がなくなった事、それは、本当に、本当に空気が変わりました。


それって本当に面白くって、こっちは『やってくれてもいいのに~』ってベースのところで思っているので、相手がちょっとやってくれても『ありがとう』って感謝が湧き出るよりも、『もう少しやってくれてもいいのに~』になっちゃうんですよね。


で、夫も、その家事たちは本当は私の仕事だと思っているので、『やってあげた』っていう認識でやってくれる。『ありがたいと思え』って思うことに対して『もっとやってくれたらいいのに』って受け答える(言わないけど、エネルギー的にね)なので、いつまでたってもお互い満足ってところに行かないのです。お互い、感謝してほしいけど、本当には感謝してもらえないジレンマを抱えることになってました。


それがどんなことなのかって本当に分かってないと、相手がやってくれることを感謝するって本当に難しい。


私の場合、今まで、育児&家事がないときに、自分がやりたい仕事を入れている、って状況だったから、そのやりたい仕事の時間を確保したいって思いがあって、必要最低限やれてたら、あとは私の時間はやりたいことに使うのを優先させたい、って思っていたんですよね。


だから、いつもの家事、育児終わって、『さあ、自分のやりたい仕事やる時間!』って思っているときに、「〇〇手伝って~」って言われると、「もう~~私の時間なのに~~~」って時間を奪われている感があったのですが、このはっきり分業するシステムで、『家事&育児以外にもやらなければならない事』っていうのも、共にやっつけていく仕事って認識が出てきました。

『よし、一緒に片付けていこう!』って気持ちがモリモリ湧いてきたことは驚きでした。


そして、夫が責任者の日に、私には家事&育児の責任がない状態になってみると、まあ、なんと心に余裕が生まれるんだろう~って感動すら覚えます。

そんな状態なので、子供と遊ぶのも、(次、ご飯作んなきゃ~って)追われる気持ちなく、ただ、遊ぶことを楽しんで遊べること、洗濯物一つ干すのを責任じゃないけど手伝って干すのも、『あれやって、これやって、、、』って追われている中で干していないので、ただ、心おだやかに洗濯物干すって行為に集中している自分がいることに気がつきました。


そして、夫は家事&育児を責任者の日に受け持ってみて、初めて、『それが、どんなことなのか?自分は手伝っているつもりだったけど、大部分はしてもらっていたんだ』ってことに気がついたという事でした。


でも、さすが(男性脳な)夫なのだけど、彼が責任持って関わりだして、日々家事&育児の『システム』が構築されています!

保育園に持って行かせるお着替えセットがこのセット数だと余裕もって回せないからセット数を増やそう、とか、朝は、◯時までに朝食の下ごしらえが出来ていたら、その後うまく回りやすい、とか、私はなんとなく回していたことがシステムに乗って回るようになってきました。


で、それだけ書くと、私の責任が減って、自由が増えただけ、のように読み取られるかもしれませんので、書いておくと、私の責任が増えた部分は、『家にお金を入れる』という点。

今までは、自分の個人的に必要なものに対して、自分のお金を使っていただけでしたが、私も食費と雑費に関してお金を入れることに。


自由と責任って共にあるんですよね。

文句言って、「自由になりたい、もっと自由になりたい~~」、っていうのに、そこに行けない人は、それと同時に起こる責任を負いたくないっていうのが強くあったりします。



私は夫との話で、お互い、『なんとなく~~』でやってきた所をもっと言葉に出していこうと話して、夫だけが追う負担、私だけが追う負担を『なんとなく~~』にするんじゃなくて、もっと、クリアーにした上で感謝しあっていきたいねという結論になりました。

というか、クリアーであり、それがどんなものなのか、お互いに実感を伴って分かっているからこそ、本当の感謝ができるんだってわかりました。


まあ、最後はこう綺麗にまとまったのだけど、この結論に行き着くまでは、なんとなく思っていたけど口に出していなかった事を言い合ったりもしたので、そりゃひっくり返ってました~。笑


夫との話では、一時は箱の中をひっくり返す~みたいになるのだけど、どうせ改善に進むのだから、もう少し上手に自分のニーズ、相手のニーズを出し合えるようになったらいいなあって思いますね。


そして、娘たちの保育園の先生からは『お母さん、どうしたのですか?』と聞かれるようです。笑

保育園、お父さんが連日連れて行ってると、お母さん大丈夫?って先生たちは思い出すんですねー。

それに対して、夫は「はい、システムが変わっただけなので、今週は自分がお母さんです~。」と答えているそうです~♪


[PR]
by pineheath | 2017-08-24 14:55 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

人生の加速度についていけない時

ここ最近、もはや意味もわからず(笑)忙しい日々を送っていました。

ちょっと前に限定記事の方で細かく書いたのですが、元夫との仲も修復し、アメリカの子供達と再び絆を取り戻し、もう、抱えてたはずの『恨み』とか『苦しみ』とか『憎しみ』とかを持たない状態にシフトしているのに、なぜか、『古いままの自分』があくせくしようとしてしまう。。。

そんな状態でした。

問題がなくなって、もう、今居るここは、夢の国でしかないのに、「これが問題かもしれない」「いや、こっちが問題かもしれない」って、問題を見つけようとする。
だから、現実、『問題』と一見思える出来事が起きる。そして、問題だと錯覚して居ることに自ら巻き込まれる。

そんな流れでした。

この、問題を見つけようとする思考って、私が抱えていた、古い思考パターンそのものなのですが、
アメリカで裁判という、あまりに衝撃的な3ヶ月を11月から2月までアメリカで過ごした後、2月終わりに日本に帰ってきて、その衝撃が癒えるまでに、やはり、これまでの期間は必要だったのかな〜なんて、今は、思っています。
イメージとしては、目隠しされて、あっちに突進しては頭をぶつけ、こっちに突進しては頭をぶつけってして居る感じですした。笑


「問題があるんではないか?」って思うから、問題である出来事が起こってくるって流れって、引き寄せの法則では、もう当たり前すぎることであったりするのに、自分がその渦中にはまっていると、全く気がつけないでいたりするのも、今回経験してみて、改めて感じることでした。

でも、全体的な流れとして、「だから、ダメだった」とかなんとか、そういう状態だった自分をジャッジしたいわけではなくて、ジャッジするつもりも全くなくて、ちゃんと、この過程にも学びは詰まっていましたがね。

必死こいて、忙しくしていたからこそ、得たこともたくさんあったし、それはそれで、意味深いことだったのですが、でも、そんな風に『不安』を材料に頑張るのか、それとも、満たされて居る『愛』の元で頑張るのか?ってチョイスが、そもそも最初から私にはあったんだって気がついたわけです。→今更ですが、そういうこと、すぐ忘れちゃうのですね。。

人生は思っている以上に加速していってて、もう、かつて描いた現実がその通り、そこにはあって、その加速度に自分がついていけない感じなのですねー。

で、こんな感じかも〜?ってその感覚を感じると、それは現実になっていくし、私には、その感覚だけがあって、それがどう現実化するかなんていつもいつもわからないのです。

でも、ちゃんとそれは現実化していくんだってことが、後ろを振り返るともう、その通りになってるってことからもわかるし、そして、今現在見えている景色も、これ、現実化していっちゃうんだ〜!こういう風に〜!って驚きばかりが繰り広げられているし、

ああ、もう、全て自動操縦なんだな〜なんて、思うわけです。

そんな中で、私がしていることは、その中で感じる肌触りだけを大切にしているってところですね。

と、今日のブログは、思うことつらつら書きすぎな感じのブログでしたが、ああ『愛』の元で進んでいればよかったんだ〜って改めて感じた。という話でした。

人生の加速度についていけない時、自分を見失いそうになるけど、それでも、『今』『ここにある』『愛』を感じて、安心して進んでいればいいんだよって、2ヶ月前の自分には言いたいですね。そうすれば、この2ヶ月間の『不安』を元にしたあくせく感はなかったのかも、です。

さてさて、この頃は、アメリカに住む14歳になる娘Aちゃんとのスカイプが楽しいです❤︎
アメリカのティーンエイジャーってすごい〜〜!
今日は、学校で学年全員で校長先生に抗議の行動を起こすらしい。話聞いているこっちが、アメリカのドラマのようで、ドキドキです。

①お知らせその1

五月のセッション割引のお知らせ❤︎

さて、五月は私の大好きな人3人が誕生日というなんとも特別な月。ということで、今月のセッションお申し込みは割引で提供させていただきます。

五月末までにお申し込みで


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。

IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化してきます。5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください♪


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

まで。



②お知らせその2
7月は、アメリカの子供達が来るために、セッションを1ヶ月お休みさせていただきます。
申し訳ありませんが、
5月、6月はできるだけいれさせていただきますので、よろしくお願いいたします。









[PR]
by pineheath | 2017-05-19 15:33 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)