カテゴリ:ホリスティックヘルス( 94 )

ホリスティックな健康情報•体•心

ホリスティックな健康情報•体•心


魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか? 


あなたの周りのサポーター達 


全部が自分である事について 


感情?感覚? 


空気読まずに自分の話しをべらべらする人

倭のタントラ@京都リトリート 合宿のお知らせ 


ハートに繋がる育児法 ママ♡ティーサロン開催のお知らせ

14筋ワンデークラスのお知らせ

自分のドラマが好きですか?

体から満たす。心を満たす。両方大事 


やりたい事が見つからない 


アレルギーそれともヒスタミン不耐性?

ヘルスセッションは上手く循環している自分になるためのプログラム♪ 


好調から不調への境界線 


癒されている関係性

心の数値化 


感情は向き合ってから流す

想いを現実に♪ 


向き合うココロ 


直感力を鍛えていく

幸せの責任 


流れを信じて進む

100パーセントで生きる

変化し続けていい

急激なデトックス

私は弱い

手紙を書こう☆ 


弱い自分を乗り越える

多面体な自分 


やるっ!!って決める 


•天城流湯治法養成講座の再受講報告♪ 


•天城流湯治法 ステップアップ講座 


•旅先で体調を崩さない為に☆ 


•自分が被害者と思っていたら、そこからは何も生まれない 


•漠然とした不安の正体 


•何となく、、、を大事にする 


•人生は、遊びである 


•愛するという事、愛されるという事 


•傷つく言葉の裏側 


•体。心。 


•動く原動力 


•Let it be. そのままでいい。 


•病気のはいる隙間をあげない 


•アップダウンがあっていい 


•押し付けないあげっぱなしの愛情 


•被害者意識を手放す 


•循環を止めない 


•幸せでいることは自分のため&人のため 


•伝わらない、でも伝えた。 


•あなたを幸せにする考え方 


•本当はなんでもあり 


•それは、あなたらしいですか? 


•ホメオパシー初体験。大ヒット!! 


•思いっきり生きるという事 


•噛むことって大事!!

•天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース

•アディクトって。。。 


•冬の鬱を吹き飛ばせ〜! 冬に打ち勝つ7つの方法 


•浄化の旅、In NY  


•ウェイトウオッチャーを手放す 


•ヘルスカウンセリング 1:1クッキング 


•”私らしい私”への戻りかた 


•夏あけセッション報告 


•カロリーの低い食べ物信仰の呪縛 


•自分の体と信頼関係結んでいますか? 


•ビリーフを変えてみる 


•カラダの声を聞く 


•ホリスティック ヘルス カウンセラー 


•ローカカオの毒性 


•IIN(栄養学校)への奨学金

•ジュース断食 


•朝サラダ! 


•EFT( エモーショナル フリーダム テクニック)

•酵母エキスって。。。 


•私の弱点 


•3日間のデトックス その3 


•3日間のデトックス その2 


•3日間のデトックス 


•マクロビオティックの良い所、悪い所:グリーンジュース 


•PMSの乗りきり方! 


•水の癒し 


•子供の偏食の治し方 


•いい油、悪い油 その2。
  

•いい油、悪い油 


•笑ってますか? 


•パン好きですか? 


•良いものを加えていって必然的に悪いものの入る場所をなくしていく 


•足元の幸せ 


•手作りフラワーアレンジとサンキューカード 



直感を使って食べる方法


•直感を使って食べるとは? I-Healing亜沙美さんとの対談☆ 


•牛乳考察 


•あなたを苦しめる、食べることに関するルール 


•直感を使って食べれるようになるには その3 


•直感を使って食べれるようになるには その2 


•直感を使って食べれるようになるには その1 


•直感を使って食べる
[PR]
by pineheath | 2017-12-22 09:13 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

もしご興味がありましたら、ニュースレターからお申し込みください。


過去の日本語ニュースレターです♪

ニュースレター2011年9月

ニュースレター2011年11月

ニュースレター2012年9月

ニュースレター2013年3月

ニュースレター2013年4月

ニュースレター2013年7月

ニュースレター2013年10月

ニュースレター 2016年2月

また、ニュースレターの解除は ニュースレター内の 解除/Unsubscribe 購読をやめる からお願いいたします。
[PR]
by pineheath | 2017-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

『肉を食べたら、体が酸性になる』 のうそ

今日は、久しぶりに、ヘルスカウンセラー的な記事を♪

『アルカリ性ダイエット』って、健康法に興味がある人は聞いたことあるかもしれません。


食べ物を酸性とアルカリ性に分類して、アルカリ性の食品をメインに食べるようにすると、体がアルカリ性になり、ダイエット効果はもちろんのこと、深刻な病気(がんなど)にも、効果があると言われている健康食事法です。


で、これは、ちょっと違うよね、、、って思うのですが、なかなかそういう情報、日本では見つけにくい感じがしたので、ちょっと今日は、そのことについて書いてみたいと思います。


というか、ヘルスセッションのクライアントさんからの質問があったので、ちょうどいいタイミングだと思って調べたこと記事にすることにしました。


まず、アルカリ性ダイエットとは、


食べた食べ物によって、体が酸性、アルカリ性に変化(PHから)するというアイデアから始まっていて、体をアルカリ性にする食べ物、体を酸性にする食べ物ということで食品が分けられています。


どのような仕組みでそれが働くかというと、、、

食べ物を代謝して食べ物からカロリーを摂取するとき、実際食べ物は体内で、燃やされているのです。ただ、ゆっくり、制御された方法で、”燃やされて”います。

食べ物が燃やされるとき、それらは、実際に灰残留を後に残します。(それはまるで、木をウッドストーブで燃やしたときみたいに)


そして、この灰が、酸性であるか、アルカリ性であるかもしくは中性であるかするわけです。そして、このアルカリ性ダイエットで言われていることには、この灰がダイレクトに体の酸性、アルカリ性に影響してしまうということなのです。


例えば、あなたが、酸性の灰残留物を残すものを食べたら、体が酸性に傾き、アルカリ性の灰残留物を残す食べ物を食べたら体がアルカリ性に傾くというわけ。そして、中性のものを食べたら中性ということですね。



酸性の灰残留物はあなたをもろくして、病気にかかりやすくし、アルカリ性の灰残留物はあなたを守る方向に働くと考えられています。そういうわけで、アルカリ性の食品を摂って、健康を増幅しましょう、というセオリーです。

酸性の灰残留物を残すと言われている食べ物は、たんぱく質、リン酸、硫黄、そして、アルカリ性の灰残留物を残す食べ物は、カルシウム、マグネシウム、カリウムです。

  • 酸性食品: 肉、鶏肉、魚、乳製品、卵、穀類、アルコール
  • 中性食品: 自然な油脂、でんぷん、砂糖
  • アルカリ性食品: 果物、ナッツ、豆類、野菜


つまり

アルカリ性ダイエットのセオリー:

灰残留物のアルカリ性、酸性が直接体のアルカリ性、酸性に影響する。


体のPHを制御しているものは?

って疑問がここで出てきます。


アルカリ性ダイエットに関して見ていく上で、体のPHについて理解していく必要があります。

PHというのは、0から14まであり、

0から7が 酸性

7が中性

7から14がアルカリ性

です。

このアルカリ性ダイエットで、体がアルカリ性になっているとか、酸性になっているというのは、尿のPHによって調べているのですが、

まず大事なことの一つとして、体の中で、PHバランスというのは、各場所で違うということがあります。ある場所は、酸性で、ある場所はアルカリ性であって、全部が同じ値ではないのです。

胃は塩酸で入っているため、PHは2から3.5と超酸性です。食事を分解するために、その必要があるからなのですね。

そして、血液は常に、少しだけアルカリ性なのです。PHでいうと、7.35から7.45位になります。

もし、この血液のPHバランスが、この範囲からずれてしまったら、非常に重篤な状態に陥ってしまうのです。このような状態はある病気の特定の状態の時に起こるのですが、血液のPHが正常値からずれるというのは、食べ物とは全く関係ないのです。

食べ物のPHは尿のPHには影響するが、血液のPHには影響しないのです。

血液のPHを一定に保っているということは、人間の体にとって非常に大切なことなのです。

もし、血中PH バランスが、正常値から外れてしまったら、あなたの細胞は動きを止めてしまい、すぐに死に向かってしまうのです。

それゆえ、体はいくつものメカニズムを駆使して、体のPHバランスを制御しているのです。

このことは、酸塩基恒常性と呼ばれています。


こういうわけで、幸運にも、私たちが食べる食べ物で、血液のPHバランスを変えるなんてことができるわけないのです。

つまりは、食べ物は、血液のPHを変えることができない、以上!って感じですね。


でも、食べものは尿のPHを変えることができます。

それは、逆に、血液のPHを一定に保つために、体の制御システムが働き、尿から、余計な酸性物質を出しているからなのですね。


大きなステーキを食べて、数時間後には、体は、酸性物質を体のシステムないから排除するために、いつもより多くの酸性物質を尿から出しているであろうと考えられます。


言われていることとしては、尿のPHというものは、体全体的なPHバランスや、健康度を図るのには、ほとんど、指標にならないということです。


尿のPHというのは、食べ物だけではなくて、非常にたくさんの要因で変化するものなのです。


酸性食品は骨粗鬆症を引き起こすのか?


また、酸性食品が骨粗鬆症を引き起こすっていうことも言われているようですが、そのことはどうなんでしょう?

骨粗鬆症とは、骨の中のミネラルが減ってしまっている症状ですね。


骨粗鬆症は、閉経を迎えた女性に多く、骨粗鬆症になると、骨折のリスクがものすごく高まると言われています。

アルカリ性ダイエットでは、血液のPHレベルを一定に保つために、あなたが食べた酸性食品を中和するために、体がアルカリミネラル(カルシウムなど)を骨から取ってしまうのだと言われています。

この説によると、典型的な西洋食などの酸性食品は骨のミネラル密度を減少させると言割れています。

この問題を考えるときに、腎臓の機能というものがすっかり忘れ去られていることに、注意しないといけないのです。

腎臓というのは、そもそもの主要な働きとして、酸性物質を取り除き、体のPHを制御しているのです。

腎臓は、炭酸水素鉄を生産していて、血中の酸性物質をちゅわしているのです。この工程によって、血中のPHというものが、完璧に制御されているのです。

私たちの呼吸器系というのも、血中PHを制御するのに関係しています。炭酸水素鉄が血中で酸性物質と結びついて二酸化炭素と、水が形成されるのです。二酸化炭素は吐き出され、水は尿として排出されます。

この工程に、骨は全く関与していないのです。

また、この説で問題なのは、骨粗鬆症の主要な原因が無視されていることです。それは、骨から、コラーゲンというたんぱく質が失われているということです。

皮肉にも、このコラーゲンの低下というのが、オルトケイ酸と、ビタミンCがダイエットに少ないことが強く関与しているわけです。

研究においては、食生活の酸性食品と骨の密度との関係は全く見つかっていないそうです。事実、尿のPHレベルと、骨の健康についても、全く関係性が見つかっていないのです。

間違った信じ込みに対することですが、高タンパクな食生活は骨の健康結びついているのです。

臨床において症例として出ているのは、酸性食品が体のカルシウムレベルに影響を与えないということでした。

というよりも、骨の健康に貢献するように働いているのです。カルシウム保持力が高まり、IGF-1ホルモンが活性化し、筋肉と、骨を修復する方向に働くのです。



酸性食品と、癌について。

ガンというのは、酸性環境で成長するから、アルカリ性ダイエットで治癒することができるとまで言っている人もいます。

そこについて、です。

まず、先にも述べたように、「食べ物は血液のPHを変えることはできない。」のです。

そして、がん細胞は、少しアルカリに傾いている環境(PH7.4)においても、成長するそうなのです。

そして、酸性の環境下で、ガンは早く成長するのですが、この酸性環境というのは、がん細胞そのものが作り出してしまうのです。酸性環境が、ガンを作り出すのではなく、癌が酸性環境を作り出すのです。


昔の人が食べていたものは?

アルカリ性ダイエット理論で言われているのは、農耕文化以前は87パーセントの人がアルカリ性リッチな食事を食べていたということですが、Weston A Priceという、私が支持している研究団体研究では、マサイ族やイヌイットは酸性食品をメインに食べていた民族で、健康に過ごしていたことで有名だったりするのです。


そして、最近の研究では、農耕文化が始まる前は、約半分の人がアルカリ性食品メインのダイエットをしていて、約半分の人が酸性食品をメインで食べていたというものも出てきているようです。


アルカリ性ダイエットは、添加物などを取らないように自然な食べ物を推奨するところは、間違っていないなと思います。


ただ、私は、動物性のたんぱく質が推奨されていないので、長期のダイエットにしたら、危険なのではないかな、と思っています。



[PR]
by pineheath | 2017-04-16 21:49 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか?

この事って、私もそうだけど、勘違いしている人が多いんじゃないかなって思って、書いてみてます。

魂が成長したら、そんなに怒ったり、悲しんだりする事ってなくなるのか?って、どう思います?
私は、達観したら、どんな事にも、「いいよ、いいよ」って、笑える日がくるのだと思っていました。そして、そんな振りをしていた時期もあった。

でもね、今は、それは違うんだって思っています。

感情って、どんな感情でさえ、エネルギーで、良いとか、悪いとかって、無いのです。
もちろん、ネガティブな感情は出るとしんどいけど、それは必要だから出ている。
それが出たときは、その、感情を自分が「そんな事思わなくても、いつもはちゃんとやってくれてるし」とか、「お世話になってるし」とか、「申し訳ないし」とか「忙しそうだし」とか自分の中で、理由を付けて抑える事をして、「いえ、もう悲しくありません」とか、「いえ、もう怒っていません」とか、って無かった事にする必要なんてこれっぽっちも無いのです。

出る感情を、出るままに、ちゃんと、外に出してあげる事がとても必要な事だったのだと、今は思っています。

だって、ネガティブな感情は、その裏に、叶えたい事って言うのがあるのだから。

子供を育てているとよく分ります。
「うえーーん」って泣いている子供。 子供で、まだ、内側の自分、外側の自分が分離していない段階では、そうやって泣くのって、純粋な感情のままに泣いていたりするんだけど、その時に「悲しかったね、寂しかったね、泣きたいよね」って言ってもらえると、子供は、本当に緩んで、落ち着いて行くのです。
でも、「それは泣いてもしょうがない事だから、泣かないで!」とか、「こっちだって一生懸命やっているんだから、泣かないで!」とか言っても、子供はますます泣くか、泣けば良い方だけど、泣き止めるなら、泣くのを我慢している、そして、その悲しみを蓄積していくのです。

喜怒哀楽を純粋にぶつけて来る内側(=子供)の自分に対して、大人ぶった外側の自分が正論ぶつけて抑える事は、何の解決にもなりません。
ちゃんと、内側の自分の感情を表現してあげるって事が外側の自分のやってあげる事。
そして、この外側の自分がちゃんと内側の自分の感情を出して伝えてあげる事で、内側の自分は、自ら泣き止みます。
ある意味、自分が持つ、その感情を伝えた相手が、その事に対してどう対処しようと、それはあまり問題ではないのです。

親の顔色を見て育った人は、この内側の自分の感情を外側の自分がちゃんと外に発信してあげるという所に、大きな壁を作ってしまっています。
でも、それが出来ない事には、実は、自分はウソだらけの自分になっていく。そうなると、ますます、魂の成長とかいうどころの話しよりも、自分の基本的な欲求を満たす事がなされていないので、思考としては、ネガティブなものが根底の所ではグルグル回る事になる。

でも、そうやって、内側の感情を外側の自分がちゃんと外に届ける事が当たり前に出来るようになって来ると、自分が統合されてくるので、感情をはっきり表すけども、愛に溢れる事が出来る段階になる。
もちろん、不必要に感情的になるって言うのは、さらに、その下に、不必要な信じ込みがありそうだから、それから見て行かなきゃ行けないわけで、そう言う場合は、感情は癒されていない事のバロメーターだって言うのだけど。
そこら辺が、ちゃんと統合されて、癒されている状態であっても、感情はちゃんとあるし、あっていいのだと思います。だって、ネガティブな感情が出る時には、さっきも書いたように、起こる出来事に対して、それ違う!私が求める方向はこっち!って自分を位置を指し示す事だから。

ちょっと、話しはずれるかもだけど、小さな子供は、お母さんを代弁して泣いてくれていることって多いです。
お母さんが抑えて泣かないから、こうやってなくんだよ!って教えるために、泣いてくれていたりします。やっぱり、お母さんの腹から出て来た子供なので、お母さんの頭以上に腹で思っている事に繋がっててくれます。
ここ数日、寝てすぐに泣きじゃくるみこ姫。最初はみこちゃんが泣いているってしか受け止めていなかったのだけど、「あ、泣きたいのは私だった。」とやっと気がついて、一緒に泣くことが出来ました。

自分の為に泣いてくれているという事が分ると、子供が泣いている事の意味が変わってきます。
「泣いて良いよ、泣きたいよね、泣いて良いよ。」って心から言えるようになります。だって、子供が私の気持ちを分ってくれているんだから。
[PR]
by pineheath | 2016-10-27 01:41 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

あなたの周りのサポーター達

あなたの周りのサポーター達

さて、1日2セッションが続くと、脳のセッションに対応する所(?)が活性し続けてるなーって気がします。紹介したい事例がいっぱい。
IHセッションってやっぱり毎回感動があるので、これだけセッションやり続けていても飽きるという事がないなーというか、クライアントの方々が持つストーリーの深さに感動し、その魂が求める方向に感動し続けています。
5ヶ月の子を持っていて、これだけのセッションを入れる事が可能なのは、心からサポートしてくれる人達に囲まれているから。本当にありがたい事だなーって思います。
5ヶ月の唯チャンを見てくれるのは、主に、義母で、それ以外にも、夫、夫の所に来ているインターン生、ママ友だち、など、なんだ、かんだ、出産直前までセッション入れていたし、産後も2ヶ月からぼちぼちセッション入れ、クラスを開催し、今月なんかはシッターさん見つかる限り、フル稼働♡、、と、動けて来たのはすべて周りのサポートがあってのおかげです。

天使達は、いつも、いつも私たちを助けようとしているって聞いた事があるとおもいます。
助けて!ってこちらが助ける許可を与えてくれるのを待っているって。
でね、このごろ思うのです。
天使でさえも、現実化しているんだろうなーって。
どういう意味かというと、
周りにいる、自分をサポートしてくれている人達って、自分のサポーターとしてついている天使達の分身なんだろうなって。
そう考えると、天使には、お願い助けてください!心から頼って素直に言えるくせに、周りの人には、助けて欲しいって素直に頼れないって矛盾したことなんですよね。

それと、ある意味、自分の現実に存在するすべての人は、自分が成長するためのサポーターの役割なのだと思います。良い人であっても、一見悪役の人であっても。
そのサポーター達に助けられ、私たちは、感じ、考え、行動して、少しずつ成長していく事が出来ているわけで、それをする事こそが今生きている意味なのですよね。
要は自分を成長させる人は自分のサポーター。つまりは、ポジティブな位置づけの人も一見ネガティブな位置づけの人も。

赤ちゃんって、絶対的なポジティブな存在って思うでしょ?
そうなはずです。ぜったい私の為に私の所に来てくれている存在だと、信じる事って,母親なら簡単に出来ると思います。

でも、現実としては、赤ちゃんを迎えるって、赤ちゃんを育てるって、ポジティブと表現出来る出来事ばかりではないですよね。
お腹に宿したときから、女性の体は母親として変化を始めて、どんどん自分の身体が今までの感覚とは違って来ます。
???があったり、しんどいって思う事が沢山あったり、食事が食べれなかったり、何をやるにも、お腹の赤ちゃんの事を気遣ってて、、、
そうやって、どうにかこうにか毎日を無事に過ごしていく。
少し動くのも息が切れたりしながら、お腹の中で順調に大きくして、その時には自分の体重は10キロ近く増えてて、寝返り一つうつのも一苦労、しゃがんだり、歩き回るのも、しんどくなります。お腹は異常な位せり出して、妊娠線も出たり。
そんな日を10ヶ月過ごしてから、やっと出産をむかえるのです。そして、経験した事がない出産という山を介助も受けながらだけど、一人で超えないといけない。誰も、かわりにはやってくれない。

その、チャレンジを超えたと思いきや、生んだ瞬間から寝ずの育児が始まるのです。生まれたての赤ちゃんは昼夜逆転だったりするし、2-3時間おきにオッパイを飲むので、いつ自分が寝てるんだか、起きているんだかわからないような1ヶ月を過ごします。産後に体も回復しきってない状態で、産後の出血も続いている中、母乳が安定してないのでオッパイがかんかんになったり、乳首が切れたりしながら、睡眠が充分取れない生活に突入になるので、人によっては、気力、体力の極限を感じたりします。
この時に、産後クライシスと言われるその後の夫婦に影響する危機を向かえるのは十分すぎる位わかります。だって、大変なんだもん。ひたすら赤ちゃんって大変なんですもん。(→さすがに5人生むと、こんなもんだって予想がついてるんで、今回唯ちゃんの時なんかは、予想の範囲内でしたがね。)

さて、どうでしょう?

愛の塊と誰もが信じているし、ぜったい、確かにそうに決まっている赤ちゃんって存在であっても、こんなに一見ネガティブな事が起こるのです。もう、限界って母親を追い込む事が起こるのです。
でも、育児を通して確実に色々感じ、母親はめちゃくちゃ成長します。
何が言いたいかって言うと、一見どう見えるかって関係なくて、たがただすべては本当にサポーターでしか無いんだろうなって事。

その時には自分に取ってネガティブと見える存在の人でも、自分の何かしらの成長のための人なんだって、それを乗り越えれた時には、はっきりと分るんですよね。
その渦中には「もう、なんて大変なの!!!ムギー!!!」ってなるんですけど。

そんな事が分って来たので、何かが起こった時に、起こる事、起こした人に焦点が行くのではなく、私にとっての意味を見つめる事が多くなりました。
それって、本当に、自分がこの事を解決する力があるって信じる事が出来る力であり、自分のセルフエンパワーを持ち続ける事なのだけども、誰かのせい、何かのせいって言っている時には、自分が被害者で自分が事を改善する力が無いって信じているので、何も改善はしないのです。信じている事が実現しているだけなんだけど。

IHセッションでどんなネガティブに見える現実の渦中にいる人でも、その先に光を見つける瞬間があって、その瞬間に立ち会う事がプラクティショナーとして、とっても嬉しい瞬間です。

そこには、本当に色んな人生があって、色んな体験があって、苦しみがあるんだけども、絶対に光があるのです。魂はそこに行こうと一生懸命だったりするのですよね。

私の歩んで来た事もこのごろはシェアするチャンスがあったらお話しているんだけど、そして、今なお人に話したらかなりびっくりされると思う大きなチャレンジをしている所だけど、今の私は希望しか見えていないのです。

目の前に見えるポジティブな事、ネガティブな事、すべてを自分のサポートとして、さて、あなたの魂はどこに向かおうとしているのでしょう。

あなたの光を見失ってしまった時、「サポーターなんていないっ!」としか思えないときは、IHセッションを受けに来てください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆IHセッション空き状況☆

申し訳ございません。
10月はいっぱいになってしまいました。
11月の予定が数日後には出ると思います!!お申し込み頂いている方には予定が出ましたら順におうかがいして行きます〜。
お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.com まで。
[PR]
by pineheath | 2016-10-24 20:24 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

全部が自分である事について

目の前の人も、自分とトラブルになっている相手も、すべてが自分なんだった。

今までは、自分と他者と分けていて、いつも自分は自分の内側にしか存在しなかったのだけど、そうではなくて、相手は自分でもある、というか、相手は自分の中の一部なのだったという事がわかった。

だから、目の前の相手が気に入らない事を自分にしたとして、それに対応するやり方として、色々方向があるわけだけど、『それを自分がしたらそんな自分に自分はどうする?』ってことを感じればしっくり来る答えが出る。


間違っている事を認識しといて、そんな自分に蓋をするのか、それとも逆に、立ち上がれないくらいにコテンパンに自虐的に自分をおとしめるのか、、、


いや、私が自分にしたい解決法は、それは間違っているって、ちゃんと間違いを見るけど、愛を持って正しい道を自分が取れるよう対応したいんだなって思う。

目の前に山積みされた洗濯物一枚一枚でさえ自分である感覚がわかってしまったので、洗濯物もたためば済むものではなくて、気持ちこめて、きれいに畳んでもらえて気持ちがいいと思うって事が、洗濯物になって感じてしまった。

泣いている子供に対しても、子供が泣いているっていう親からの目線ではなくて、まるで私が子供側に存在して、親(私)にどうして欲しい気持ちなのか、わかってしまって、その時には、私は私側には居なくて、子供側に居る。ぎゅーってしてもらいたい気持ちが満たされてすごく喜びに変わる感じも感じる事が出来る。

自分って、自分の中にだけ居るんじゃなくて、相手にも、ものにも、そして、その間を生める空間にも居るんだって事がわかると、自分がネガティブを外に出すと、自分の外側がそれに暴露されて、結局、外側も自分だから、自分が暴露されているんだなーってわかった。

オホノポノでそういう事言ってたような気がするけど、そういう事だったんダーーー!!!って、感覚としてわかると、オポノポノで言う「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」って唱えるってそういう事。


←って記事をちょっと前に書いてたんだけど、ここ数日、どこでも、かしこでも、オポノポノというキーワードに出くわすようになって、あ、あの記事アップしろって事かなと思ってアップしてみる。


[PR]
by pineheath | 2016-09-02 16:21 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

感情?感覚?


感情と感覚って、似て非なるものだと思います。

感情って、思考の結果に生まれるものでもあるので、ネガティブな感情が出て来たからって、本当に起こっている事がネガティブとは限らないのですよね。ただ、その感情を持ったその人が、その出来事に対して、ネガティブになるような思考をした。(ネガティブなフィルターを通した)って事があらわれているだけ。

でもね、ネガティブな感覚が起こるって言うのって、一見楽しくしているのに、ネガティブな感覚で一杯になるって事があったりしませんか?

それは自分の思考とは関係なく。

感覚は自分の深遠な所と繋がっていて、そこから沸き起こる事なきがします。

よく、講座の時に潜在意識の説明で、潜在意識のしたの方の魂の所とか、ハイヤーセルフの所とかいう説明をするけど、私が感じるのは、感覚って言うのは、そういう魂の所から沸き起こる事で、感情って言うのは、潜在意識でも、もっと浅い安全、安心を守りたいって所から沸き起こる事のような気がしています。


だから、何かやりたいって言うのが魂の目的としてあって、それを「やりたい、やれる!」って感覚があるんだけど、安全安心を守りたい所が、強固にブロックしていると、新しい事にチャレンジした時に失敗したとかのトラウマのフィルター通してそのやりたい事を見てしまい「怖い」って感情が生まれるって仕組みなのかなと。

だから、やれる気がするって感覚はどこかであるけど、怖いって感情もあって、それらのせめぎ合いになるから、辛いのです。


逆になると、

やりたいなーって感情はあっても、ワクワクする感覚が起きない場合もありますよね。

結局、ワクワクやりたい、やれる!って(魂の)感覚がないと、「これこれこうしたら、きっと色々上手く行くに違いない」って思考をした結果の「それやりたいなー」っていう感情だけでは、何事もサクサクとは進まないのは、そのためですね。

思考優位の人が、なぜかやろうと思っている事が出来ないんです~って言うパターンにはこれが多いいなと思います。


出てくる感情にちゃんと向き合うという事はとても大切だけど、なんでそのネガティブな感情に向き合うのが大切かって言うと、自分がどんなフィルターもっているかって気がつく事が出来るから。

その自分がもっている信念(フィルター)って、もう、必要ないものだったりするので、そうやって感情が出て、解放するときじゃないですか~~?って教えて来てくれているんですよね。


でも、感覚は、魂と直結して起こってて、それが自分に取ってGO なのか、STOPなのかを教えてくれていることな気がしています。


恋愛でも、好き~という感情に翻弄されるのではなく、愛しているって感覚、愛されている感覚があるかを感じる方が良いなと思います。

でも、これって、根源(宇宙?かみさま?)との繋がり感(感覚)の元にあると、もはや、何に置いても、愛している感、愛されている感と共にあり、すでに満たされているって状態であり続けるので、(愛し、愛されている感に満たされている)現実(実際の彼氏、彼女間でも)そうなるって感じなのかなーとも思います。


また、恋愛については書く事にして。笑


アクションする事に関しては、

インスピレーション→ふっと出てくる感覚


で動くと、上手く行くって、やっぱりそうだよなって思います。

だって、その感覚は魂から直に上がって来ているメッセージなのだから。


________

9月♡唯ちゃん誕生♡セッション割引のお知らせ


唯ちゃん誕生の感謝を表したいなあって思っていたので、誕生して3ヶ月経ってしまったけども、セッションの割引をさせていただく事にしました。今日から9月末までのお申し込みの
IHセッションを
1セッション 15000円→13000円
5セッション 70000円→60000円
10セッション130000円→110000円
にて、
ホリスティックヘルスセッションを
3ヶ月コース 50000円→45000円
6ヶ月コース 90000円→80000円
にて提供させていただきます。

そして、セッションや講座に使える
Pure Food Pure Body クーポン 30000円分→20000円で発行させていただきます。(お一人、1クーポン限定です)
(これは、講師をお呼びしての講座にはお使い頂けませんが、私が講師として開催している、自分メンテクラスや、IHファウンデーションクラス、キネシベーシッククラスにはお使い頂けます♪)


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

まで♪






[PR]
by pineheath | 2016-08-31 00:08 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

♡唯ちゃん誕生♡セッション割引のお知らせ

えー、唯ちゃんが誕生して、もう3ヶ月が過ぎました♡すくすく、すくすく元気に育ってくれています。みこちゃんは相変わらず優しいお姉ちゃんしてくれてて、唯ちゃんの隣に居るなーって遠くからみまもってたら、♡ちゅっ♡ってしてあげてる♪

みこちゃん、親にもあんまりチューチューして来るタイプではない結構ドライな人で、「みこちゃん抱っこして〜〜ッ」てこっちがふざけて言ったりすると、「もう、いいから〜!」って拒否ったりなんだけど、笑、唯ちゃんには、違うんですねー。見てて面白いです。

本当に兄弟姉妹って良いですよね。この子達は、そう約束して生まれて来たんだろうな〜ッて思います。

さて、そんなラブリーな姉妹愛を見れるのも、我が家に唯ちゃんが生まれて来てくれたから。
唯ちゃん誕生の感謝を表したいなあって思っていたので、誕生して3ヶ月経ってしまったけども、セッションの割引をさせていただく事にしました。
今日から9月末までのお申し込みの

IHセッションを
1セッション 15000円→13000円
5セッション 70000円→60000円
10セッション130000円→110000円
にて、

ホリスティックヘルスセッションを
3ヶ月コース 50000円→45000円
6ヶ月コース 90000円→80000円

にて提供させていただきます。

そして、セッションや講座に使える
Pure Food Pure Body クーポン 30000円分→20000円で発行させていただきます。(お一人、1クーポン限定です)
(これは、講師をお呼びしての講座にはお使い頂けませんが、私が講師として開催している、自分メンテクラスや、IHファウンデーションクラス、キネシベーシッククラスにはお使い頂けます♪)


ご興味がある方は、是非この機会にお申し込みください♪
IHセッションホリスティックヘルスセッションについての詳細はそれぞれクリックしてご覧ください☆

沢山の方と繋がれる事を楽しみにしています♡
[PR]
by pineheath | 2016-08-29 12:09 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

空気読まずに自分の話しをべらべらする人

空気読まずに自分の話しをべらべらする人

こういう人に対して、どうして、そうなんだろう?普通わかるやろ?って思っていました。普通、その話しが相手に喜ばれているかとか、感じるはずだよねー普通、相手の事考えて話すよねーとか、

そういう、こっちの気持ちを考えない行動する人がダメだってレッテル張ってました。

でも、やっと、気がつきました。

私が楽しんでいないにもかかわらず、お構いなしで自分の話しをべらべらする人、その人が空気読めてなくて”ダメな人”なのではなくて、楽しんで聞けていないのに、”我慢して聞いている私”が違ったのです。
それまでは、自分が我慢しているのって、相手のせいだとばかり思っていた。でも、我慢しているのは、ただ自分が我慢しているからなのですよね。

「だって、私が我慢しなかったら、あの人は〇〇だし、〜〜だし、、」って言い分けが次々出てくる事でしょう。
でも、それでさえ、自分をきちんと表現するその場面に自分が居合わせたくない、っていう『逃げ』とか、『くさいものに蓋』の心理だったりする。

相手がどう出ようと、自分が感じる事は自分がちゃんと受け止めてあげて、それを自分が表現する事で、自分の幸せの責任を自分が取る事って、すごく大切だなって思います。

自分のご機嫌だけ取ることが、私たちが人間としてやらなければいけない究極の事なきがします。
そうやって、我慢して、人の話し聞いて、不機嫌になるから、ついつい、自分のご機嫌を人に取ってもらいたくなる。

「その話し、私興味なーい♡」って言って、自分にあくまでもまっすぐに対応していたら、我慢して、変なストレス蓄積させて、それを誰かに癒してもらわなければならないって負の循環にはならなくて済むのです。

自己犠牲の精神が美しいと信じられて来た時代があったと思います。
でも、それでは、負のエネルギー循環しか起こらないって事に気がついて来た人は多いと思う。
相手が幸せだったら、自分は大丈夫っていう心理状態って結局は誰の事も幸せになんか出来ないのだと今は思う。
「お前を幸せにするために、おまえのお母さんはどれだけ苦労した事か」って人から言われて、(または自分がそれを認識していて)自分の幸せを心から喜べる人っているはずがないと思う。自分が幸せと思うと、それには、必ず罪悪感がつきまとう事になると思う。
そして、その罪悪感に押しつぶされそうになって、「誰が頼んだなんだよ!!!勝手にそうしたのはお前だろう!!!」って言いたくなるんだと思う。
結局、何かにも書いてあったけど、『自分を犠牲にしながら誰かを幸せにしようとしても、帰ってくるのは、ネガティブなものになってしまう』というのは、エネルギー的に考えてもその通りだと思う。

だから、自己を満足させて、満足させて、そして溢れ出るエネルギーで他の人を幸せにしようって循環方法ではじめて皆が幸せになる事が出来るんだとおもう。

常々そういう事思っているのに、誰かの話しを聞くって事に関しては、その循環が出来てなかったな〜って気がつきました。私がやってたのは自己犠牲の負の循環だったなー。

セッションだとヒーリングのサーキットの中で話しを聞いているから、私のエネルギーを使って聞いていないので、疲れない。
でも、セッション以外で、興味ないな〜〜ッて思いながら聞くと疲れる理由って、そういう事だったんだな、ってこのごろ思います。

問題って、握りしめているって事に気がつかない事が問題であって、それに気がつけたら、それを握っているか、手放すかは、自分の選択出来る事になるんですよね。

私の場合、この問題握りしめていたって事に気がつけたので、あとは手放すのみ♡ チャレンジです♪
[PR]
by pineheath | 2016-08-24 15:08 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

倭のタントラ@京都リトリート 合宿のお知らせ

どれくらい、見つめあうことしていますか?

今、唯ちゃん、2ヶ月半になる赤ちゃんは、私と目が合うと、これでもかって位私の目を見つめてきてくれます。
それに対して、私も彼女の目をじーっと見つめるのですが、そこには、『どうみられるか?』って言う怖れが全くないんだなーって思いました。

彼女にないから、私にもなくなるのか、どうなのか。

ぜったいの信頼をもって、見つめてくれると、こちらもぜったいの信頼をもってそのまなざしを受けとめて同じまなざしを返す事が出来るんですね。この信頼感覚、普段の生活では、まして大人同士の間では、なかなかしない事なんじゃないかなって思います。
仲がいい夫婦、恋人の間では、たまに見つめあう事があっても、友だちとか、ちょっと距離がある人とはどうでしょう?

ただ、ただ、相手を見つめるって、ただ、目を見るってだけなのに、見つめている相手の気持ちをものすごく感じる事が出来る、だから、逆に自分の全てが見透かされそうで、怖さを感じるのです。
でも、勇気を振り絞って、それが出来た時、相手の目の奥にこれまで感じた事がなかった繋がりを感じる事が出来るんだなーって思います。



さて、Asamiさんと、Shinzoさんによる倭のタントラ@京都リトリート が開催されます!!!

2回目は、ちょうど唯ちゃんを出産したときで、参加できず、すっごく残念だったのですが、「倭のタントラがさらにパワーアップした!!」「すごいよ、倭のタントラ!」って言う言葉は、NYで受講した仲間達から聞いていたので、今回参加できるのは超ワクワク楽しみです!!

倭のタントラでやったワークの中には、いくつも印象に残っているのがあるのですが、そのうちの一つで、ほとんど最初の方にやったワークが、その、『相手の目を見つめる』っていうのだったのです。
最初の方にやるワークなので、お互い、自己紹介で知ったくらいの相手と、どれだけかの時間見つめあう。
実は、これ、はじめてやったときは、かなりチャレンジでした。

見られている事に意識が行って、繋がっている事に意識を向けれなかったから。
それだと、ちょっとにやって、照れ笑いしながら見つめてしまったりして、本当の深遠な部分で繋がれないのです。
でも、何人かと見つめあううちに、その中で、見つめあいのワークの心髄をつかんでいらっしゃる方がいて、その方と見つめあった時に、そう、今だから分るけど、今、私が唯ちゃんから受ける事が出来るような、ただただ繋がりを求める、まっすぐなまなざしを受ける事が出来たのです。ジャッジのないまなざし。。
そうすると、どう見られるかなんて恥ずかしさではなく、繋がっているんだ、って感動が押し寄せてきたのです。
こんなにシンプルな事で、人と人は繋がる事が出来るんだなーって感動しました。安全な場所が用意されている感じ。全部が受け入れられている感じがしました。

私は、そのクラスではパートナーとオーガナイザーを努めさせてもらっていたので、クラス中、二人でやるワークは彼と組んでやる事が多かったのですが、これには、今でも、本当に感謝。あの倭のタントラの時に分った事が私たちそれぞれにあって、二人の関係性は、違う面からまたあらたな光が当たったように思います。コミュニケーション手段が増えました。

倭のタントラのクラスでは、自分の中の何か抑えていたものを解放します。
そして、抑圧した状態で相手と支えあうのではなく、安心した愛のスペースで解放した上で相手と支えあうので、本当に気持ちがいいのです。

そして、クラスが終わる頃には、引き寄せ力(陰力=女性性の力)が抜群に上がっているので、引き寄せたいものを引き寄せるのです。

私の場合、その時は、あと一人子供が欲しい、って思っていたのでした。

で、タントラのクラスの合間にシンゾーさんのマッサージも個人セッションで受けて、earth がバランスを崩しているね。でも、本当に、earthな人なんだね〜って話してくれて、「赤ちゃん欲しいんですよー」って話ししていたのです。

それがね、クラスが終わって、ちょっと経って、あ、妊娠しているなって気がついたのです。

わたしのIHセッションのクライアントさんも参加していたのだけど、彼女の終わった後の引き寄せ力もすごかった♡ 

今回も3日間の合宿形式で行われる、さらに進化している倭のタントラ。どんな感動がそこには詰まっているんだろうって、今からとても楽しみです。
その場に、私もいあわせる事が出来る事が、とても嬉しいです。
このクラスは男性も一人で参加されています。本当に、皆が家族のようになる愛の輪が広がる場所です。こういうのにそりゃあ興味あるけど、でもねーまさか、自分は参加できない、、、なんて思っている方がいらっしゃったら、それは、自分の浅い潜在意識が作っているブロックなのだから、魂の部分ではピカンって光っているんだから、是非是非飛び込んで来てみて欲しいって思います。飛び込んで来たら、あとはAsamiさん、Shinzoさんがなんとかしてくれますから。笑。

Shinzoさんの才能を持った宇宙人っぷり、やんちゃな少年のようなおばちゃんのような愛にあふれたキャラに触れにくるだけでも、癒されると思います。そして、どんどん透明度を増していくあさみさんが上手い具合にShinzoさんをフォローしてくれるので、深い学びが得られるクラスになっています♪

ちょっと気になる、、、ってかた、是非、講習会場でお会いしましょう♪参加したときと、帰る時で、自分が放つオーラがどれだけ変わるか楽しみですね。
8月14日までが早期割引の対象です!!


ではでは詳細です♡

倭のタントラ京都リトリート( Level 1, Level 2)
日時:10/14~16
集合時間 :10月14日 11時 JR二条駅西口ロータリーからマイクロバスにて送迎

倭のタントラのページはこちら
@京都の申し込み

今回は京都市内での開催です。交通の便も良い所です♪ご連絡お待ちしています!!

参加者の感想も読んでて納得です♪→こちら


お問い合わせは
keiko@purefoodpurebody.com まで
[PR]
by pineheath | 2016-08-03 16:21 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)