カテゴリ:ホリスティックヘルス( 103 )

ホリスティックな健康情報•体•心

ホリスティックな健康情報•体•心


魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか? 


あなたの周りのサポーター達 


全部が自分である事について 


感情?感覚? 


空気読まずに自分の話しをべらべらする人

倭のタントラ@京都リトリート 合宿のお知らせ 


ハートに繋がる育児法 ママ♡ティーサロン開催のお知らせ

14筋ワンデークラスのお知らせ

自分のドラマが好きですか?

体から満たす。心を満たす。両方大事 


やりたい事が見つからない 


アレルギーそれともヒスタミン不耐性?

ヘルスセッションは上手く循環している自分になるためのプログラム♪ 


好調から不調への境界線 


癒されている関係性

心の数値化 


感情は向き合ってから流す

想いを現実に♪ 


向き合うココロ 


直感力を鍛えていく

幸せの責任 


流れを信じて進む

100パーセントで生きる

変化し続けていい

急激なデトックス

私は弱い

手紙を書こう☆ 


弱い自分を乗り越える

多面体な自分 


やるっ!!って決める 


•天城流湯治法養成講座の再受講報告♪ 


•天城流湯治法 ステップアップ講座 


•旅先で体調を崩さない為に☆ 


•自分が被害者と思っていたら、そこからは何も生まれない 


•漠然とした不安の正体 


•何となく、、、を大事にする 


•人生は、遊びである 


•愛するという事、愛されるという事 


•傷つく言葉の裏側 


•体。心。 


•動く原動力 


•Let it be. そのままでいい。 


•病気のはいる隙間をあげない 


•アップダウンがあっていい 


•押し付けないあげっぱなしの愛情 


•被害者意識を手放す 


•循環を止めない 


•幸せでいることは自分のため&人のため 


•伝わらない、でも伝えた。 


•あなたを幸せにする考え方 


•本当はなんでもあり 


•それは、あなたらしいですか? 


•ホメオパシー初体験。大ヒット!! 


•思いっきり生きるという事 


•噛むことって大事!!

•天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース

•アディクトって。。。 


•冬の鬱を吹き飛ばせ〜! 冬に打ち勝つ7つの方法 


•浄化の旅、In NY  


•ウェイトウオッチャーを手放す 


•ヘルスカウンセリング 1:1クッキング 


•”私らしい私”への戻りかた 


•夏あけセッション報告 


•カロリーの低い食べ物信仰の呪縛 


•自分の体と信頼関係結んでいますか? 


•ビリーフを変えてみる 


•カラダの声を聞く 


•ホリスティック ヘルス カウンセラー 


•ローカカオの毒性 


•IIN(栄養学校)への奨学金

•ジュース断食 


•朝サラダ! 


•EFT( エモーショナル フリーダム テクニック)

•酵母エキスって。。。 


•私の弱点 


•3日間のデトックス その3 


•3日間のデトックス その2 


•3日間のデトックス 


•マクロビオティックの良い所、悪い所:グリーンジュース 


•PMSの乗りきり方! 


•水の癒し 


•子供の偏食の治し方 


•いい油、悪い油 その2。
  

•いい油、悪い油 


•笑ってますか? 


•パン好きですか? 


•良いものを加えていって必然的に悪いものの入る場所をなくしていく 


•足元の幸せ 


•手作りフラワーアレンジとサンキューカード 



直感を使って食べる方法


•直感を使って食べるとは? I-Healing亜沙美さんとの対談☆ 


•牛乳考察 


•あなたを苦しめる、食べることに関するルール 


•直感を使って食べれるようになるには その3 


•直感を使って食べれるようになるには その2 


•直感を使って食べれるようになるには その1 


•直感を使って食べる
[PR]
by pineheath | 2017-12-22 09:13 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

もしご興味がありましたら、ニュースレターからお申し込みください。


過去の日本語ニュースレターです♪

ニュースレター2011年9月

ニュースレター2011年11月

ニュースレター2012年9月

ニュースレター2013年3月

ニュースレター2013年4月

ニュースレター2013年7月

ニュースレター2013年10月

ニュースレター 2016年2月

また、ニュースレターの解除は ニュースレター内の 解除/Unsubscribe 購読をやめる からお願いいたします。
[PR]
by pineheath | 2017-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

人生の幸福度は、全体的に上がる。そのために自分に向き合う

f0128026_09552704.png

ホリスティックヘルスカウンセリングで使う図で、上のようなサークルオブライフというものがあります。

それは人生を12の側面に分けて見るチャートなんだけど、


その12の側面って、


Spirituality 心、精神性、、、これは、別に、俗に言う『スピリチュアル』であるべき、とかではなくて、何かを信じる気持ちとか、自然と触れ合って、あー気持ちがいいと思える心のこと。


Creativity 創造性、、、これは、今、自分が満足いくだけの創造性を発揮して生きているか?ってこと。部屋の模様替えでもいいし、仕事メニューを考えるでもいいし、ルーチンワークになってないか?ってことです。


Finance 収入、、、これは、満足いく収入(家族からのサポートも含めて)が得られているか


Career キャリア、、、自分が満足いくキャリアをつめているか?


Education 教育、、、これは学歴とかのことでは無くて、興味のあることに対して、学びの姿勢があるかどうか


Health 健康、、、自分が満足いく健康状態か


Physical activities 運動、、、体をどれだけ動かしているか?満足いく位動けているか?


Home cooking 家庭料理、、、安心な心のこもった料理を食べているか?


Home environment 家庭環境、、、安全で、心が温かくなる満足な環境に生きているか?


Relationship 人との繋がり、、、たくさんの友達を持っていなくてもいいけれども、心が通じる繋がりを少なくてもいいので持っているか?


Social life 社会生活、、、いく仕事があったり、会合があったり、社会生活に関わりを持てているか?


Joy 喜び、、、人生に喜びを見出して生きることができているか?自分の喜びを自分の日常どれだけ大切にしているか?



ですです〜。


さあ、どうでしょう。下を読む前に、自分で満足度を0点(不満足)から10点(大満足)の特典をつけてみてください。上の図をプリントアウトして、今日の日付とともに、図の中に書き込んでもいいですね。




もちろん人によって、自分の満足度が高めな項目、まだ満足していない項目っていうのがあるんだけど、それでも、どれかだけはめちゃ良いけど、他は全然ダメ、、、っていう場合は、嘘が混じっている可能性があるなって思っています。。。


セッションでは、自分でその点数を出してもらった後に、筋反射で、潜在意識としての満足度を出していきます。

そこではもう、嘘がつけません。笑


頭で、いい点数だと認識していても、そう思い込もうとしているだけだと、筋反射で出してくる点数は、頭で出したものよりかなり低い点数になってしまいます。


そしてね、頭で考えて出した点数で、たとえ、キャリアバリバリの方で私は自分のキャリアに満足している、と、いい得点をつけていて、一見素晴らしい状態に見えていても、他の項目で満足いく結果が出ていなくて、得点が低い場合というのは、


その素晴らしい状態に見えているキャリアでさえも、実は自分の見たくない部分、隠しておきたい部分を見ないために、穴埋めするために頑張っている『逃げの材料』である可能性が高かったりします。


だから、本当にそれをやりたいのか?と突き詰めて考えると、そうでもない場合もあったり、

または、何かの穴埋めのためにやっているので、自分の限界を超えて、無理してやってしまったりしてしまうんです。


人の成長って、自分が逃げている課題、自分の本当に向き合わないといけない課題に立ち向かって初めて、達成されていって、その結果、外に現れている上にあげた、12の項目がいい感じに回り出すんですね。


「より良くなるためには、何を改善したらいいと思いますか?」って質問されたら、「もっと運動したらいいと思う」とか、「もっと添加物の少ないものを食べたらいいともう」とか、「もっと、人と交流したらいいと思う」とか、自分がやったほうがいいことって、一つや二つ、自分でわかるものだったりします。


それでも、わかっているけど、なぜか、それができない、続かない。


その、なぜかできない、、、いいとわかっているのに、、、の根底にあるのが、自分が逃げている、見たくない課題だったりするんですね。


意志の力、とか、我慢の力が強いタイプの人は、自分の心を押し殺して、頑張れちゃうんです。でも、そのツケを払うことになるのは、自分でしかないんです。


最終的に、自分の心を無視した頑張りは自分の本当の幸せへの遠回りになるし、限界になってもやり続けているので、体が不調を訴えだします。


だったら、さっさと自分が逃げている課題に向き合ったほうがいい。


それは、本当にワサワサすることかもしれないし、ウエ~~って吐き気が湧きそうなことかもしれない。


でも、勇気出してそこをクリアーにしていくと、視界がくっきり変わります。


自己成長のために必要なのは勇気なんだなあってつくづく思います。


今日の記事参考になった!と思ったら、ぜひシェアしてね❤️


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

⭐️もうすぐLINE@ でお楽しみ企画配信するよ〜。登録しておくと、楽しことあるよ!乞うご期待っ!

Line@の登録は


@rlo4165i


また次のQRコードで検索お願いします♪

f0128026_11361971.png


⭐️『今年もありがとう割引』申し込みスタートしました〜


お申し込み期限:12月13日(水)まで


❤️IHセッション


       1セッション20,000円→18,000円

       3セッション60,000円→54,000円

       5セッション100,000円→80,000円

       10セッション200,000円→150,000円


❤️ホリスティックヘルスセッション


 ホリスティックでエナジーアップ (1回のトライアルセッション)3000円→2000円

 3ヶ月コース(60分のセッションX6※うち1回をIHに変更可)60000円→54000円

6ヶ月コース(60分のセッションX12※うち2回をIHに変更可)120000円→96000円


❤️クラスやセッションに使えるクーポン

30000円ぶん→25000円


セッションやクラスでお会いできることを心から楽しみにしています。


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

までお願いします。





[PR]
by pineheath | 2017-12-07 10:20 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

『楽しい』ことと、『楽』なこと

f0128026_11593508.jpg
なんか、この頃、言いたいことの根幹は同じことなんだけど~、まあ、いいか。笑


今日は、『楽しい』ことと『楽』なことという視点で。

人生って、楽なことを選択するの大切だと思うんだけど、『楽』=『楽しい』とは限らない。

でね、『楽』ってとっても大切なんだけど、

そればかりやっていると、なんか、暇になってくる。


自分が燃えないっていうか。


もちろん、自分を抑えて頑張ってきた人は、『楽』を選択する時期ってすごい大切なんだと思うけど、


それって、ずっとやってると飽きます。笑

いやあ、飽きるよ。
もういいから〜〜って感じに。笑


で、そんな時に、本当の『楽しい』を選択していくんだけど、


『楽しい』って楽じゃないの。

どっちかって言ったら、大変だったりするのです。


何かをクリエイトする人は、生みの苦しみがあるし、スポーツ上手くなろうとする人は、練習とか、体作るのとか、はっきり言ってしんどい。でも、そこには『楽しさ』があるんですよね~。


そして、苦しいけど、最終的には、自分がパワーをもらえている。


旅行一つとったって、『楽』ではないですよね。計画して、気力体力使う部分もたくさんあって、移動して、どんだけ大変やねん、って感じる瞬間もたくさんある。でも、やっぱり、エネルギーが湧くのです。



だからね、逆を言うと、『楽しいこと』だと思ってやっていることでも、自分がやってて元気(エネルギーが湧く状態)になれないことは、潜在意識的には『楽しいこと』ではないのかもしれないです。

(これは肉体的にではなくて、精神的に、エネルギーが湧くという意味です。)


それか、楽しいことを楽しいと思えるほどのポテンシャルを持っていない状態なのかもしれません。

それは、今がそう言う状態というだけ、楽しいことを楽しむためには、苦しいを克服できるエネルギーが必要なのだけど(だって、苦しいを超えた、その先に「楽しい❤️」が待っているのだから)

その苦しいポイントで、折れちゃうようなポテンシャルだったら、その楽しいポイントまで行き着けないのですね。

だから、そういうときは、ご自愛状態に戻る『楽』を選択するってところに行くのがいいのだと思います。


自分がやっていること、それが『楽』なことなら、それはあなたにとって必要な癒しの時間だから、自分にジャッジすることなく十分癒されて、それで癒されたら、ぜひ、『楽しい』ことに向かっていって欲しいと思います。

いいの、いいの、ゆっくり映画見たり、youtube見たり、アロマ焚いてお風呂はいったり、マッサージ受けたり❤️ゆっくり癒されて欲しい。


それで癒されて、癒され飽きたら、

ぜひ、『楽しい』ことに向かっていって欲しいと思います。


その楽しいことを楽しめた時は、本当の意味で活力になりますから❤️

どんどん楽しもう♪遊ぼう♪


※ちなみに写真は、LAのロングビーチ♪海にたどり着くまでに、めっちゃ砂浜が長いの〜。笑。13キロのゆいちゃんを抱えて、歩いた歩いた!苦しい(重い)けど『楽しい』の図。笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


⭐️『今年もありがとう割引』申し込みスタートしました〜


お申し込み期限:12月13日(水)まで


❤️IHセッション


       1セッション20,000円→18,000円

       3セッション60,000円→54,000円

       5セッション100,000円→80,000円

       10セッション200,000円→150,000円


❤️ホリスティックヘルスセッション


 ホリスティックでエナジーアップ (1回のトライアルセッション)3000円→2000円

 3ヶ月コース(60分のセッションX6※うち1回をIHに変更可)60000円→54000円

6ヶ月コース(60分のセッションX12※うち2回をIHに変更可)120000円→96000円


❤️クラスやセッションに使えるクーポン

30000円ぶん→25000円


セッションやクラスでお会いできることを心から楽しみにしています。


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

までお願いします。




[PR]
by pineheath | 2017-12-06 11:58 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

話している言葉に敏感ですか?

自分が話している言葉って、自分の口から出ているのだけど、

『どういう意味でそれを使っているか』

って、結構無意識だったりします。


それは自分もそうであるように、話している相手もそうだったりするのです。

だから、自分がどういうつもりでその言葉を発しているか、また、相手はどういうつもりでその言葉を発しているか?


誰かとコミュニケーションを取ろうと思う時には、『言葉そのもの』と、『それが意味すること』に敏感になる必要があるな、って思っています。


それをしないと、自分も相手の言葉尻だけを捉えて、そして、相手も、自分が発する言葉の相手がそうだと解釈した意味をその意味だと信じて、会話が進んでしまって、伝えたいことは伝わらないし、相手が伝えたいことも自分に伝わってこない、ってことになってしまうんです。


それは、自分と自分のコミュニケーションでも同じで、脳内で繰り広げられる自分の中の会話をちゃんと検証して、『それは、本当にそう?』と、自分で自分の言っていることを確認する必要があるんです。


脳内で、『そんなのどうせ無理よ』って響く時に、反射的に、『やっぱりそうよね、どうせ無理よね』と勝手に進んじゃいそうになるんだけど、そもそも、本当に、それはあなたがそう思っているの?それとも、そう植えつけられただけなの?って確認するような感じです。


私たちは、ピュアーな存在でこの世に生まれて来ているけど、親を中心とした所からの不必要な信じ込みが散々起こって、まるで自分が信じて来たことかのように何かについて『勝手にそう信じている』ということが起こります。


自分が外に発する言葉も、自分の内側に発する言葉も、これは、本当に私が私の信念として思っていることを言っているのか?それはどういう意味で言っているのか?って丁寧に見てあげると、自分の中でのズレや相手とのズレが生じにくくなります。


例えば、『スピリチュアル』っていう言葉、このブログを読んでくださっている方はよく目にする言葉なんかもしれないけど、それだって、ひとそれぞれ、受け取る意味は全く違うんですよね。


人によっては、『なんか怪しいもの』ってとる人もいるし、私のように『誰だってスピリチュアルな存在だ』って認識の人もいる。


だから、誰かと話すときは特に、同じ日本語を話しているとしても、同じ意味でその言葉を使えているのか?そして、自分だって、本当に伝えたい意味で伝えたい言葉を話しているのか?を確認するといいと思います。


私たちはすぐに『だって普通そうだよね!』とか、『みんなそう思ってるし』とかって、自分が主張することをジェネラル化しようと表現してしまうけど、普通って、何?みんなって誰?って聞くと、その先が続かなかったりします。


本当は、全員の意見を聞いたこともないのだから、普通って言葉は使えないのに、本当は、みんなの意見なんか聞いたことないのに(聞いたとしても、数人の友達から意見聞いただけだから)みんななんて言葉使えないのに、そう言ってしまうんですよね。


わかる。

それくらい、自分を正当化したいって気持ちがあるのはわかる。

だって、自分は正しいって言いたいもん。


でも、この些細な表現の端っこのことであっても、真実のことではなくって、そこには『意図』があるんです。

自分を正当化するって意図がね。


相手と、心からのコミュニケーションを図りたいと思うとき、打ち負かすことが、その目的ではなくて、より良い関係になっていくことが、その目的なのだから、相手の優位に立ちたいという『意図』は、邪魔になるだけなのですよね。


そのエネルギーって話していると敏感に感じ取れるので、話しているとどうしても嫌になっちゃうのです。


『何が本当に正しいのか』って、本当にはわからなかったりします。

人の状況によって、その正しさは変わってくるし、今まで常識だと言われていたことが正しいとも限らないことはもう当たり前だし。


『正しさ』にこだわっていると、自分がどんどん頑なになって行って、本来の相手と繋がるためのコミュニケーションが勝ち負けの世界になって行ってしまいます。


今、自分が正しいと思っていることがあったとしても、たとえそれがあるのだとしても、それが本当に真実なのかは誰にもわかりません。


だから、今、目の前のコミュニケーションすることで大切なことって、かち、負けを決めることでも、自分の正しさを証明することでもなくって、

より良い関係になっていくためのもの。


もちろん、何かを決めるってことをやっていく必要が出てくる場合も沢山あって、それであっても、『何が正しいか、そうするべきか』を基準にするのではなくて、お互いのコミュニケーションの中から、全体的により良くなっていくことを、目指している、その全体の一つが話し合っているテーマだったりするのだから、自分の意見を通す事よりも、譲る気持ち、歩み寄る気持ちって大事だなって思います。


なんかね、『ご自愛』、

自分を大切にする、自分を大切に扱ってもらう

って所から、

自分はどうせ価値ある存在だって

わかっているから、

譲ることができる


って感じなのかな。


折れることができる強さ

って感じ。


そのためには、自分で自分とコミュニケーションとって、自分って?って所をどんどんクリアーにしていると、いいと思います。

『あー私は、相手に何かを譲ったからって、価値があるままだ』ってことがわかっていると、しめたものですね


そして、相手だって、価値ある存在なのだから、何を思って何を発しているのか?を本当の意味でわかってあげたいものですね。



逆に、マウンティングする人とかは、自分の価値があるということを自分で感じれていないので、他を下にすることで、価値があると思おうとしている、めんどくさい人です。


マウンティングする時点で、あーこの人、自己価値下げてんなあ、って思います。笑


だから、マウンティングを目的とした会話だとわかったら基本続けたくないし、

それだとわかった瞬間、同じ土俵に立って話すのをやめにします。笑


もちろん、大切な相手なら、真剣に何をやっているのかを話すことはするけど、そうではなかったら、『そうだね、すごいねっ。ニコっ』と同意してあげて、話を終わりにします。


そこでマウンティングする相手をこちらから攻撃する必要もないし、相手を諭す必要もないんです。

それは相手の課題だから。

そして、自分は相手の言葉を受け取らなければいいのです。

そして、立ち去ればいいのです。


そこで、『相手に何か言ってやろう』、相手を負かしたい、って気持ちが湧くとしたら、そこの部分は自分の課題です。


これからの時代はますます、勝ち負けではない価値観で生きた方が進みやすくなると思います。


そして、さっさと自分に価値があることを認めて、愛のあるコミュニケーションをとった方がいい。


自分の中の『誰々より優れている、劣っている』ってアイデアは捨てた方がいいってつくづく思います


だって、みんな違っているし、みんなダメなところあるけど、みんな価値がある♪


[PR]
by pineheath | 2017-12-05 17:24 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

本気で生きる

f0128026_07324606.jpg
毎日って、どんな風にも過ぎていくもの。

なんとなく~でも過ぎていくし、この上なくスペシャルな日になったりもする。


で、1日って24時間なのだけど、その24時間っていうのも、今の積み重ねでしかないのですよね。

当たり前だけど。


今の積み重ねが1日になって、それが連続して1年経って、10年経って、あら、気がついたら80歳のおばあちゃんになってる。


久しぶりに両親と長い時間を過ごして、親世代がとらわれている古い思考のパターンを浴びたわけですが、本当にね、一瞬一瞬考えていることの連続が人生なので、その『今』の思考を変えなければ、『人生そのもの』の質が良くなりようがないのになあ、、って歯がゆくってしょうがなかったです。


親だからね、なんとかしたいって思って、こっちは勝手にベストは尽くすけど、でも、それは父や母の人生の選択なので、私はどうしようもなかったりします。凝り固まった思考は、自分が変える気がなければ、変わらないですね。


LAで一緒に過ごしていた長男17歳のTくんが「人生の素晴らしいところをミス(逃)しているようにしか見えないんだけど、、、」と言っていました。


私たち世代が、親世代より柔軟な頭を持てるように、息子たち世代はさらに柔軟な頭を持ってるなと話していて思います。子供達世代に、白い目で見られないでい続けれるように、私自身、柔軟さを磨いていきたいなあって思います。


親世代は、世間とか、見た目とか、人様とか、全部、ぜーんぶ、外を気にしてのチョイスが基本になっていて、それは、親個人のせいではなく、時代のエネルギーがそうさせてきたので、そうなっているし、さらに親からの、その植え付けが激しかったから、そうなっているだけで、親個人が悪いわけでもなんでもない、ある意味、親だってその被害者なんだけど、


その『外を気にする』そして、『自分をないがしろにする』そのツケを自分が払わなければならなくなるというのは、本当に接していて、悲しくなることでした。


そして、世代間の信じ込みで、そのことをしっかり受け継いでしまって、今の時代であっても、そのプログラム回しちゃっている人もいると思います。(そんな方はIH受けに来てください)


だって、『我慢』が基本だから、その我慢は爆発するし、人のせいで私は辛い~になるし、本当に、いいことなんてないのです。


ちょっと前にも書いたけど、マイナス1の状態でスタートしている場合は、自分を大切にするっていうプラスマイナスゼロのことをしっかりする必要があります。


それをした後、私のことはどうでもいいから、私はこれをやりたいの!!って、自分の身を顧みないでやりたいことに没頭するプラス1の状態に突入すると思っていて、


いきなり、プラス1状態に振舞っても、それは、本当は自分が満たされていない状態(マイナス1状態)なので、それは自分のマイナス埋めるために『やりたいこと』をやるということで、そのマイナスを埋めようとしている代替行為でしかないので、いずれ破綻するんです。


そんなくらいなら、何にもやらなくていいから、思いっきり自分を大切にすることに集中したらいいのです。自分大切にとか、飽きたわ!って思えるようになるまで。


人生の仕組みって、そういうふうにレベルアップしていく(と私は思っている)ので、自分が今、どの位置にいるのか?というのは、ちゃんと見極めたほうがいいと思います。


だって、一見、マイナス1状態の人で、無茶頑張っている人、とプラス1状態の人で、無茶頑張っている人は外から見たら一見同じように見えるんだもん。


でも、その心理は天と地ほど違ってて、自分のマイナスを埋めるために自分の何かを見ないでいたいから(そこから逃げるために)頑張っている人と、もうね~楽しくって~楽しくって~~って、楽しいからただひたすらやっているの!!!っていう人は全く違うのです。


でも、これ、一見同じに見えるけど、ちょっと接していれば、そのエネルギーでわかりますけどね。

マイナス1状態で、頑張っている人のそばにいるのはしんどくなります。だって、その人のスタンスって『あなたのために頑張るの!』だったりしますからね。


それに対して、プラス1状態で頑張っている人は『たんのし~~❤️』って、ある意味、バカみたいなので、『もう~(呆れ)ほっとこ❤️幸せそうだし、ほっとこ❤️』と、周りは安心してほっとけます。


そして、そんな、『自分の何かを埋めるために何かをやる』をしている人は、我慢が基本なので、言葉の端々が犠牲者だったりします。


案に相手を責める表現使ってたりするので、話していると、悪いことしてしまってる気がしてくるんです。罪悪感を感じさせられてしまう。


でも、本当は、自分で自分を我慢させているだけなのです。それを人のせいにしたいだけ。


誰かのせいで、、、自分が幸せではない、と思うことがあるなら、自分が被害者になっていることに気がつくタイミングです。


人生の舵取りは自分ができます。


被害者でいたいのか、このまま、人生自分は被害者でいたいのか?って、真剣に考えてみたらいいと思います。


そして、答えがNOならば、

『じゃあ、私の人生、私が舵取れるなら、どう操縦していこう!?』って自分の人生に向き直してみてください。

人のせいにしている時はあなたは人に向いています。


人なんか見てる場合じゃない、自分の人生を見よう


だって、目の前には、素晴らしい人生が広がっていくんだから


自分の人生、本気で生きよう!って決めた時から、人生はそのように動き出します。

絶対大丈夫!そして、その方が絶対楽しから!

一歩踏み出したい人、大きく踏み出したい人はIHセッションがお勧めです。

また、じっくり話することで、半年かけて考え方を変えていきたい人はホリスティックヘルスセッションがお勧めです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


⭐️『今年もありがとう割引』申し込みスタートしました〜


お申し込み期限:12月13日(水)まで


❤️IHセッション


       1セッション20,000円→18,000円

       3セッション60,000円→54,000円

       5セッション100,000円→80,000円

       10セッション200,000円→150,000円


❤️ホリスティックヘルスセッション


 ホリスティックでエナジーアップ (1回のトライアルセッション)3000円→2000円

 3ヶ月コース(60分のセッションX6※うち1回をIHに変更可)60000円→54000円

6ヶ月コース(60分のセッションX12※うち2回をIHに変更可)120000円→96000円


❤️クラスやセッションに使えるクーポン

30000円ぶん→25000円


セッションやクラスでお会いできることを心から楽しみにしています。


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

までお願いします。



[PR]
by pineheath | 2017-12-03 07:33 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

甘えたい、頼りたい

誰だって、人に頼りたい、甘えたいって気持ちってあると思います。


それなのに、人には甘えるべきじゃない、頼るべきじゃないっていう制限は、それは、『~べき』という自分の制限だったりします。


だから、甘えていいし、頼っていい、のだと思います。


でも、頼った時に、甘えた時に、それを受けた相手が『ノー』と言えるスペースを残してあげているか?

『ノー」って言われても、自分は傷つかないか?って所が実はすごく大切な所だったなって思います。


要は


『ノー』と言われたくないから、自分で頑張っちゃう。

相手は、『ノー』って言いたいのに、『ノー』って言えないかもしれないと勘ぐって、自分で頑張っちゃう。

そして、限界まで頑張って、頼るしかなくなった時に、頼るってことをやるので、その時の相手からの『ノー』には、ひどく傷つく。。。



もっと、軽いノリで、頼ればいいし、甘えればいいのだと思います。


そして、自分も、嫌な時は、ちゃんとノーと言える。


自分でできないことじゃなくても、自分でできることであっても、頼りたい、甘えたいって思うなら、甘えてみる。


相手は、それに対して、イエスかもしれないし、ノーかもしれない。




3歳の娘は、本当に、そこらへん相手を勘ぐるって思考の動きをしないので、見てて勉強になります。


2階から、1階に降りる時に、自分で降りることはできるけど、「抱っこして!」って甘えてくる。

それが、こちらもできる時と、できない時があるわけだけど、


「ママ、唯ちゃん抱っこして降りないといけないから、自分で降りて~」って私が返事したら、


「え~でも、みこちゃん、抱っこしてほしいもん!」と言い張る。


そしたら、


「じゃあ、ママ、最初唯ちゃん下に連れて行ってから、もう一回みこちゃんお迎えに2階にくるからさあ、それでいい?」と代替案を出す、母。


「うん!それでいいよ!」とご機嫌みこちゃん。


もちろん、彼女の甘えたいに叶えてあげれないタイミングももちろんあって、例えば、私が疲れているとかも含めて。笑。そんな時は、「もうやだ~疲れてるもん、ママ。」って伝えます。


「え~だって、抱っこしてほしいもん!」と言い張る娘に「ママだって抱っこしてほしい!」って伝えます。


そんな時に、私が甘えさせれない理由であることを伝えます。

「もうお姉ちゃんなんだから、自分で階段降りれるはずでしょ?!」なんて言葉は絶対言いません。それは、真実じゃないから。


彼女は、自分が甘えたいことにまっすぐです。

で、甘えさせてあげたい、と私が思っていることも理解していて、それに私が向き合おうとしていることで、彼女の甘えたい気持ちは満足するようです。


そうやって、私の気持ちを勘ぐってこないで、まっすぐ伝えてくれるみこちゃんには、もちろん私も、私をまっすぐ伝えることができる、相手を勘ぐらずに、そのやりとりって、なんて、ストレートで、そのまんまで、わかりやすいんだろうって思います。


暗に何かを言いたいけど、この表現で伝えて、相手を暗に攻める、みたいなこととか、空気読んで、今はこうするべきって思って、伝えたいこと、感じることを押し込めて過ごす、とか、本当に、自分をこじらせるだけだなって思います。


私は、自分自身甘えることがすごく苦手。それは、甘え下手な母親から育っているから。

スキンシップも下手な母親から育っているので、かつての私は、スキンシップが苦手だったなーって思います。


3歳のみこちゃんは、ヨシヨシして欲しい時は「ヨシヨシして~ヨシヨシして欲しい~。」っていう。そして、触ってほしくない時は、「やめて!触らんとって!」という。笑。笑。笑。


もうね、彼女の単純さ、学ぶところ大デス。


f0128026_12075467.jpg
                くまのプーさんお熱らしい、看病中


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月4日から8月10日までのセッションお申し込み割引のお知らせ❤︎


また、7月4日から8月10日までは、セッション&クラス基本的にお休みさせて頂くのですが、

でも、私にとって、とってもスペシャルな時間になるので、

これね



7月4日から8月10日までのセッションお申し込みの方は

(実際にセッションをするのは、8月10日以降になります〜)


割引にさせていただきます。

(なんだ、かんだ、嬉しい時には、セッション割引を入れているので、気がついたら、結構な頻度で割引しているかもですが。笑)


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。


IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化していくのですが、自分の作ってきた役に立たない信じこみをクリアーにしていくと現実が大きく変わり始めます。
5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください

(8月10日以降はセッション費改定になります。)


keiko@purefoodpurebody.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、

8月10日以降~のお申し込みに関して

セッション費改定のお知らせ


今まで据え置きで、IHセッションさせていただいていましたが、8月10日以降のお申し込みに関して、セッション費を値上げさせていただくことにしました。


私のIHセッションは時間制限があるわけではありません。


大体の目安として、1時間半から2時間と言っていますが、その方の潜在意識と対話して進みますので、もっと大幅に時間がかかる場合もありますことをご了承ください。

また、魂が本当の自分で生きる!と決めた時点でセッションになるのですが、(魂が決めきれていないときは、何らかの理由でセッションが成立になりません。。)

ギリギリのところで、潜在意識からの抵抗が起こることもあります。その場合、いろいろ調整しながらセッションしていくことになるので、余計時間がかかる時もあります。


2017年8月10日以降のお申し込み


1セッション 20000円

5セッション 90000円

10セッション160000円 


になります。

よろしくお願いします。



[PR]
by pineheath | 2017-06-28 11:54 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

お母さんって、どうして心理ブロックの原因なの?

みんな、色んなことで苦しんでいる、乗り越えたいけど、乗り越えれない何かに苦しんでいるんですが、その根底のところで、お母さんとの関係(たまにお父さん。笑)が出てくることは、本当に多いです。


という私は、5人の子供たちの母親で、そのうち3人の子供は私が元夫と離婚したために、私と暮らすこともなく、アメリカに、父親と住んでいます。(父親とのアメリカ生活楽しんでいます)


あんなに、子供は母親からつけられる傷で、人生に大きな障害になるトラウマを持つってわかっていたのに、というか、わかっていたからこそ、というか、私は、私が良いと思うことをやるしかなく、今、こういう結果になっています。



(あのときは)幸せとは思えなかった(結婚)状態で、そのまま(子供のために)進むべきだったのか、

それとも、

こうして離婚して、幸せにはなったけど、子供と別れて暮らす結果になったのが良かったのか?


その答えは、どっちにでも、転ぶと思います。


どっちにでも、転ぶことができると思うのです。



だから、私は、これからの『結果』のところで、


母親は、「子供がいるから、子供のために離婚はしない」という選択ではなく、「自分の人生は、自分で幸せに切り開くことができるんだよ」ってところを見せるために、笑顔でいられないなら、離婚という選択も時には、あるんだよ、離婚したって、パパはパパだし、ママはママだし、あなたたちには、あなたたちを愛するパパとママがいるんだよ、一緒に暮らさなくなって、実際、生活は、大変になったかもしれないけども、一緒にはいないけども、変わらず愛しているよ。そして、変わらず愛してるよ、ってことを伝えたいと思っています。






それでも、トラウマになっていることは沢山あるでしょう。


離婚せずにいた方が、トラウマにならなかったかもしれません、でも、離婚製図にいた方が、(幸せではない母親を見ることで)子供達が苦しんだかもしれません。


今となっては、わかりません。そして、それも、どちらにもなり得たこと。


起こしたことは起こしたこと、起こったことは起こったこと、だからこそ、前を向いてこれからの結果を作っていきたいと思っています。


さて、子供の立場だったらどうでしょう?


ほとんどの親は、良かれと思って、いろんなことをしているんです。

それが、正しかったか、正しくなかったか?なんて、わかることもあれば、わからないこともあります。

でも、その時、その状況で、未熟な母親は一生懸命考えて結論を出して、


時には、


あれするな、これするな、

これ危ない、〇〇には気をつけて!


って、子供を守ることもする場合もある。


そうやって、子供の自由をどんどん奪っていく場合もあります。

なぜ、って、

心配だから、


誰が?、って母親が、


子供が大丈夫か、心配だから。


もちろん、そうやって育てられた子供は、


親の事情なんてわかんないから、


その呪縛の中で、自分に制限つけていきてしまうこともある。





私の母親は、まさに、あれ危ない、これ危ない、っていうタイプでしたね。笑


スイスに一年間、23歳の時に農業研修生として農家で一緒に住んだ時に、


「keikoチェーンソーで、庭の木を切ってきて」って頼まれて、


「え~~~~~~~??!!!!無理~!!

そんなこと、やったことないし、、、っていうか、そんなこと、してみていいのかな~~」




って、マジでビビって、


「私」というものは、「チェーンソーとか使ったことないものを使う人」ではなかったのですね。


だって、基本、『危ないことは、してはいけない』という信じこみの中にいたのでね。

→母親からの植え付け


そんなもの(チェーンソー)使うって、私の制限の完全に外側だったのです、

だけど、

「大丈夫よ、使い方は、使用人のペーターが指導してくれるからね❤︎」って軽く返事が返ってきて、


もう、本当にドキドキしながら、チェーンソーで枝を剪定するってことをやってみたんです。


そしたら、



え?普通にできた!


なんじゃん、簡単じゃん。


簡単じゃん!!


って、簡単だってことがわかったのでした。笑


そうやって、一つ一つ、母親の制限の外にでる、自分で世の中を見て、自分で判断するってことをし始めて、今、私42歳、母親には理解不能なくらい母親の制限の外側にいることと思います。


でも、母親の制限があったからこそ、母親の物の考え方をまるで自分の考え方のように信じていた時代があったからこそ、生きづらい自分を見つめ直して、スピリチュアルとか、ヒーリングとか、カウンセリングとか自己啓発とか、心理学とか、とにかくそんな勉強を一生懸命してきて、心の構造ってのがずいぶんわかるようになってきて、ずいぶん生きやす自分になったんだなって思います。


あ、母親とは、普通に仲良しです


この頃は、母親からの愚痴の電話も、「こうすればいいんだよ~って言っても、私、遠くにいるから、そんな簡単に言えてるだけだけどね!」なんて、笑い話になるようになったし、父親からは、「恵子の人生が羨ましくもある」と言われるようになったし。(→父、作家志望)


そう、で、何を言いたいかというと、


母が私のいろんな制限の根底にあったと思います。母親からつけられた植え付けは大きかったです。

でも、私は、乗り越えてきたし、これからも乗り越えていくと思う。


それと同じように、


私は、子供のトラウマになったかもしれない、と思います。


でも、私は、子供が私がつけてしまったトラウマを乗り越える力を持っているって信じています。






もし、これを読んでいる方が、


「私の母親が~~だったから、私は〇〇だ」


って母親を恨みに思っているなら、


私は、あなたのお母さんの代わりにあなたに御免なさい、って言いたいです。


お母さんは、その時必死だった、選択を誤ったかもしれないし、それしかなかったのかもしれない、でも、そんなところにとらわれることなく、乗り越えて欲しい、って言いたいです。


どうか、乗り越えて、お母さんの小さな頭で考えた、その時のベストは、本当はベストじゃなかったかもしれない、あなたを傷つけたかもしれない、でも、あなたは乗り越えられる。


そして、乗り越えたところから、あなたの本当に人生が始まるんですよ~。



この夏、アメリカの3人のうちの2人と3年ぶりに夏を過ごします。(長男はサマースチューデントで忙しい)

もうね、楽しみで、楽しみで。


[PR]
by pineheath | 2017-06-23 14:52 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

モヤモヤ、ムカムカがあった時の対処法

だれかと話していて、なんか、むかっとか、モヤってした時は、自分を見つめ直す大チャンスです!!!!

これ、本当に自分の成長のチャンスなので、大切にして欲しいのです。


ということがわかっていても、この自分と向き合う作業って、一見苦しい、だから、その、モヤモヤを感じないように、封印とかしようとしてしまいますよね。でも、封印しても、それはあり続け、なんなら、みないようにして押し込めているから毒素発生しだして、自分の元気を少しづつ奪っていく。


だから、このモヤモヤ発生の時には、なるべく早急に対処した方が、本当に自分のためになるのです。


そんな時に、私がどうやるか?どう自分と向き合うか?ということを今日はシェアしてみたいと思います。




まず、ノートに何が嫌だったのか?ということを書き出します。

嫌だと思ったことを、そのノートなんて、誰にも見せないから、書ききるんです。


こう言われたのが嫌だった、

こう感じた、

なんだよー、〇〇じゃんか!

ふん、どうせ~~でしょう!

わかったようなことを!!


などなど、自分の思いの丈をノートにぶちまけます。


(これ、セッションの時に、ストレスを出してもらうのですが、その過程と一緒ですね。)


で、書きなぐっていたら、何にムカムカしていたのか、その根底みたいなのが見えてくるんですね。


そこまで見えてきたら、夜明けは近いです。笑


〇〇であることに納得いかない、ムカムカした。


という根底がわかったら、


なんで、〇〇であることに納得いかないの?

と自分に問うのです。


そして、それをそのまんま、自分に当てはめるのです。相手が、相手が、、!!!ってなっていたのを、自分に矢印向けて見るんです。


自分が〇〇であることを本当はしたいと思っている?そこに、そうはすべきじゃないって制限かけてたけど、本当は、自分がそれしたいと思ってるんじゃないのって。


ガビーーーン、ってなります、きっと。笑


自分は、そうなるまい、そんなことないって表面で取り繕ってたけど、自分の根底で、その願望を持っている醜い(から嫌だ、そうあるべきじゃないと思っている、でも、本当はそうしたかった!)自分がいることに気がつく瞬間です。


それ、私、思いたかったのかも、、、って、相手がどうの、こうのって言っていたけど、問題は相手じゃなかった、自分やった!ってなる瞬間です。


でも、そんなゲスい自分に気がついて、でも、その爽快感といったらありません。


自分が自分の殻を破れた瞬間ですね!!!!


自分、おめでとう~!!!って思います。その時は、本当に。

今までの、モヤモヤが一気に晴れて、そうだったのね~~って、それを思わせてくれた相手に大感謝が沸き起こります。隣にいたら、キスしてしまいたくらい(今までは、モヤモヤの相手だったのに)


さて、この流れで、だいたい進むのですが、今日なぜこの記事を書こうと思ったかというと、まさに、まさに、そんなことが起こったから。


では、実際の事例です。笑(→私の実例)


友人に、頼みごとをしました。普段から親しくやり取りがある友人で、他の人になら、そんなことを頼まないけども、その友人には身内(?)的なノリで、頼んでしまいました。お互い大好きなので。(と私は思っている)

その友人は、とっても忙しいことは知っていたけども、あ、〇〇ちゃんになら、頼めるかも!と、安易な気持ちで頼んでしまいました。


その友人は、頼みごとをすぐにしてくれたけども、「それをするのは嫌な気がしたよー」という返事でした。もちろん、その嫌な気がした、という理由は、彼女にとっては、正当な理由があってのこと。私も、その理由には納得しました。


で、その時点で、あー悪いことしたなー、って私は素直に、反省しました。それは、別に、何のわさわさもなく、モヤモヤもなく、あー悪いことしちゃったなーって。私が安易だったなーって。


でも、彼女が、その正当な理由の最後に、「ケイコちゃん、最近誰かに頼りたい感じだったのかな?」


という一言に、なんか、無性に、無性に、落ち着かなくなってしまったのでした。


最初は????と思ったけども、

その一言に、なんかとても、間違っていることをしてしまったような、全否定されてしまったような、でも、それだけじゃなくて、なんか、なんか、なんか~~~ってのが、沸き起こってきたのです。


頼っちゃいけないって信じこみが、自分にあって、頼っている、って言われたのが嫌だったのかな?

とか、

いろいろ候補を考えるけど、「それ!!!」ってのに行き当たらなくって、とりあえず、胸の中にしまい込みました。チーン。


そして、友達には、『私のこと、誰かに頼りたい感じ」と感じたのは、どの辺だったのだろう?もしよかったら教えて』とメールしました。(→気が収まらなかったので)


でも、心のどこかでずっと気になってる。だって、大切な友達とのことだからね。


で、いい加減、私の中で、その気持ち悪さが腐敗してきた感じがするので、今日は、どっぷりそのための時間をとることにしたのです。


で、向き合ってみたら、5分以内で、行き着きました。(→最初からやれよ。笑)


私が嫌だったこと

>勝手に決めつけられた感じがしたこと、

>上から目線で言われた気がしたこと、

>わかったようなこと言って、どうせ私のことわかってないんだろうに!

>私は甘えたいよ、どうせ甘えたいよ、でも、そういう風に言われたくない

。。。。。。。


。。。。。。


→→→上から目線で言われてムカつく



そう、そこだったのです。私は、上から目線で言われたことに、ムカついていた。


で、そこからが、力量ですが、笑


これじゃあ、単に、あの子は、上から目線でムカつくよね、って言っておしまいになっちゃって、本質を見れてないのです。


問題は、なんで私が


上から目線で言われてムカついたのか?


です。


それは、相手、ではなく、自分に向けるんですね。


そして、『自分が上から目線をしたい』けども、『それをすべきじゃない』と制限かけてる、でも、でも、でも、本当は、本当は、私って、それ(上から目線)をしたいと本当は思っている!!!!!!!!!→そんな~~~~そうだったの~~~~!!!ガーーーーンってことに気がつくのです。


もうね、その自分の持っているそういうどす黒いところを、それでも認めてあげる作業って本当に、本当に、本当に、自分を楽にしていきます。


そっか~私って、上から目線の人はよくない、とか言っているけど(今回の件だけじゃなくて、普段から)私、上から目線したかったのね~~って。


そっか、そっか。


ということで、これからは、誰かの上から目線がきになることはなくなりそうです❤︎

はあ、また一つ楽になりました


今週末、土曜日はIHファウンデーションクラスです!今、お申し込み3名なので、あと1名入れます。


[PR]
by pineheath | 2017-06-21 15:54 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

自己中心と自己愛について

クライアントさんが、セッションで、自分を大切にしていたら、他の人を大切になんかできなくなってしまうのではないか?だから、「人によくせねば」 と思っている、自己中心な人になってしまうのが怖いから、、というのがあったのだけど、


人によくするって、よくするべきだから、よくするんではなくて、よくしたいな~って内側から愛が溢れるから『よくする』んですよね~~。


自己中心な人っていうのは、そこ(自分の中で満たされていない愛情タンク)を貯めているところだから、それでいいんだと思います。

あなたが、誰かを自己中心だと、感じるならば、それは、あなたの問題なんだと思います。


もし誰か、人のために何かをするというのがあるのだとしたら、それは、人に何かをしてあげたいな~と思うからしてあげるだけ。


だから、そこには、こんなにしてあげているのに!って文句も生まれない(だって、自分がしてあげたいからしているだけ)


真の自己愛を自分で持てている人は、『人は人、自分は自分』でオッケイと思えています。


自分が自分のありのままでオッケイと思えているので、人も、その人のありのままでオッケイと思える。自分の選択、その人の選択を批判せずに受け止めてあげれる余裕があります。


自分を尊重すればこそ、他の人のことも尊重できるのです。でも、その逆はできない。。人を尊重すべきと思ってそちらを優先して、自分を最初に見てあげなかったら、いつも後回しにされている自分は、そのうち大爆発します。



そして、自己愛が内側にちゃんと溜まっている場合、誰か他者のことを話すとき、まるで悟ったように、その人(の魂)が未熟だから~~という批判もそこにはない感じです。


話は少しずれるかもしれませんが、スピリチュアルの世界で『自分は魂のレベルが上がった』と言わんばかりに、あの人は魂が未熟だから~~って表現して、さも自分の魂は達観していると言わんばかりの人が時々いるけども、私は、そういうこと言っている人も、その人に比べて上でも下でもない存在なんだと思うんです。


それはどんぐりの背比べなのだと思っています。誰かを未熟だ~と言っている時点で、自分を上だと思っている時点で、それは、エゴの世界にどっぷりだし、本来は、自分は上だ、なんて、いう必要も、思う必要もないのです。それは、他から自己承認を求めている行為にしか見えないですよね。私ってすごいでしょ?ってやつね。


自分も含めて、みんな成長段階だということなんだと思います。


あの人は未熟だ、というのではなくて、あの人の課題は、そこにある、私のは違うところにある、ってことなんだと思います。


自分にも課題がある、そして、他の人にも課題がある、ただ、それだけなんだと思います。


そして、その課題というのは、課題を通して、個々が成長するために、人生を経験するために課題があるだけで、それ以上でも、それ以下でもないのだと思うのです。


自分が間違えた方向性に向かっていたら、めちゃギリギリを試されるようなことが起こり続けて、極限を感じるほどに大変なんだけど、そもそも「大変だ」、と思うことは、方向性を変えたほうがいいってこと。そのことを意味しているだけだったりします。


考え方、何か、自分が信じ込んでいる『大前提』が違うってことを言っているだけであって、そのネガティブな感情で、私たちは、自分の進む方向性が間違っている、あり方が間違っている、と、知ることができているわけなのです。



だから、私は、課題にぶち当たっている方を見ると、みんな、課題に立ち向かいながら、頑張っているなーって思います。


私のように、スピリチュアルな観点からものを見て、課題に向かうのもアリだし、スピリチュアルな観点なしに、現実的な方向性で課題に臨むのもアリだと思っています。山の頂上へはどのルートを通ってもいけるのだと思っています。


っと、話がずれた、、、


話戻して、

やってあげたいから、やってあげる、というのは、、、



私は、今日、夫がお昼に帰って来て、「お腹すいた~~」と言っていたので、チャチャチャとご飯作ってあげました。

でも、これは、作ってあげなきゃいけないから作ってあげたのではないのです。

作ってあげたいな❤︎と思うから、作ってあげたのですね。


私はそもそも、ご飯作ってあげなきゃとは思ってないです。夫も自分で作れる人だし。


なので、もし、作り終わる頃に、夫が急用ができて、食べずに出発するということになったとしても、(まあ、今日はそうならなかったけども)せっかく作ってあげたのに!!!と腹がたつということはないのです。


~~べきで動くと、相手も、自分のことを考えてくれるべきになってしまいます。

そして、せっかく作ったのに、食べるべき!感謝するべき!になってしまう。


そして、自分が期待した行動を相手がしてくれないと、わかってくれない~!って、腹をたてる羽目になってしまいます。


まずは、自分が自分を優先させること、自分の感情を優先させて、だから、相手がその人自身を優先することを当たり前に思える循環にしていくのです❤︎


この、『自分を優先にする』『自分を愛する』練習は、最初のうちは、特に、外の世界に対して、『ノー』をいう練習になるかもしれません。


やりたくないからやらない

いきたくないから行かない

食べたくないから食べない


そんな、NOの判断をする自分を認めてあげるのです。

(私たちは、教育で、頑張ることがいいことだ!と植えつけられているので、やりたくもないことなのに、頑張ることをしようとしてしまう癖があります。苦労して、頑張ることこそいいことだ!のを信じてしまっています。だから、そこからまず、ノーと言いましょう)


そして、やってほしいことは、やってほしいと言って見ましょう。その時に、『いいよ』と言われても、『嫌だ』と言われても、それは、ちゃんと受け取ることを前提でね。


(嫌だ、と言われて、『悲しい』という感情が出てくるのだとしたら、その感情になる自分はなぜ?自分が持っている信じ込みは何?を見直します。。→詳しくはIHセッションをどうぞ。笑)


他の人を大切にしたいと思う気持ちは、自分をしっかり大切にしていたら、自ずと沸き起こってきます。

その時、沸き起こってから、大切にするから意味があるのであって、大切に『すべき』だから大切にするのではないのです。自分の愛情タンクが自己愛でいっぱいになったら、自ずと他を大切にしたいという気持ちは湧いてきますから、まずは自分に集中してくださいね❤︎


ふつふつと、自分の中にエネルギーが溜まっていき、自分が楽しいと思えることに集中するエネルギーが溜まっていき、どんどんその波動の中に入れるようになって、ベースが楽しいになると、『誰かのためになりたい』という要求が、自然と湧いてきます。


それは自己承認を満たすためではなくて、単に、他の人の幸せのために思えるようになってくるんですね。


それでこそ、幸せは循環するんだと思います


今日は、自己中心と自己愛についてでした。


--------------------------------------------


①お知らせその1

五月のセッション割引のお知らせ❤︎

さて、五月は私の大好きな人3人が誕生日というなんとも特別な月。ということで、今月のセッションお申し込みは割引で提供させていただきます。

五月末までにお申し込みで


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。

IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化してきます。5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください♪


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

まで。



②お知らせその2
7月は、アメリカの子供達が来るために、セッションを1ヶ月お休みさせていただきます。
申し訳ありませんが、
5月、6月はできるだけいれさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


[PR]
by pineheath | 2017-05-29 16:27 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)