カテゴリ:IH キネシオロジー( 86 )

IHセッション事例:『人前で話す時に真っ白になる』~インナーチャイルドを癒す

昨日のIHセッションのシェアです昨日はクライアントさんが、ブログに書いてくださいと言ってくださいました!私、いつもドキドキしながら『ブログに書いてもいいですか?』ってお尋ねしているので、書いてって言ってくれると、とても嬉しいです!Kさんありがとうございます!!


さて、セッションの最初に、K さんはインナーチャイルドが癒されていないような気がするんです、、ということをお話ししてくれました。

具体的な出来事をテーマにしてセッションに入るように、と、筋反射が出てたので、具体的には何があるのか、お聞きしていたら、

『自分に自信がない、誰かと組んだりする時に、自分が相手じゃ申し訳ないと思ったり、人前で話す時に、緊張して上手く話せない』という話ができきました。


ちゃんとできるように準備していくんだけど、いざ、人前で話をする時に頭が真っ白になって、結局うまくできなかったんじゃないか、って後で落ち込むんです。その時は、カーッと血の気が上がる感じにもなります。


ということも言われてました。


この、頭が真っ白になって、自分が自分じゃないような感じになってしまうっていうのが、癒されていないインナーチャイルドが出す典型的な症状だったりします。


癒されていないインナーチャイルドは、いざって時に、大人である私たちの代わりに、人生という車のドライバーシートに勝手に座っちゃって、車を運転しようとしてしまうのです。


そんな時には、自分の頭は真っ白になった気がしてしまったり、自分が勝手に操られている気がしてしまったりします。

ちょっと前に、コミュニティー内での相談内容で、「パーティーとかにいくと、周りを盛り上げなきゃって、自分が乗っ取られているような感じで、勝手に盛り上げようとしちゃって、後でどっと疲れる』という相談があったりしました。


人によって、シチュエーションは様々だけど、インナーチャイルドが勝手にドライバーシートに座って運転してしまうケースですね。


さて、今回のKさんも、ご自身で分かっていたように、インナーチャイルドが癒されてなくって、そんな行動を取ってしまっていました。


年齢遡行が出ました。

7-8歳で反応があったので、その頃のことをお聞きしました。

「小学、2年生とかの頃、それまでは、人前で、本を読むのは得意だったのに、読むのが苦手になりました。上手に読めないかも、って思うようになってしまって。」というお話。


『自分の肉体は有害なプログラムから自由になります』という言葉が出ました。


この頃から、彼女は、『自我が芽生えたから』と表現されていたけども、

有害なプログラムがスタートしたようでした。


後からの話でわかることだけど、彼女は、それまでもガンバっている状態の自分がいたのだけど、それは、『本当の自分じゃない』と、『頑張っている自分』というふうにレッテルしていて、頑張らない自分が元々の自分だけど、それじゃあ価値がないから頑張らないといけないと、信じてしまったのですね。

これって、本当は、頑張っている自分であっても、頑張っていない自分であっても、どっちでも、Kさんであって、どっちでもいいのだけど、彼女の中で、素の自分=ダメ、頑張る自分=本当の自分じゃないけど、周りからはオッケイになる、価値がある

と設定されてしまっているんですね。


『どんな新しい環境にも素早く慣れることができます』という言葉が出てきました。

これについては

新しい環境に慣れるのには頑張らないといけない。と思っていて、

素の自分よりもテンション上げてなじまないといけないと思っています、と。

この、『テンションを上げる』というところで、強い筋反射。


なので、テンションあげることについて聞くと、

テンションを上げるのは、長続きしなくって、テンション下がってくると、周りは、どうしたの??ってなって、自分としても、そういう反応になるよね、、でも、もうこれ以上テンション高く保てないから、ごめんねーって思ってしまうのです。と。

このパターンは何度も、起こっていることです。という話でした。


『胸骨の7番が適切な並びになっている』という言葉も出てきました、

すぐにこの言葉が意味することが出てこなかったので、『胸骨って、K さんにとって、どういうものですか?』とお聞きしました。

すると、『心臓を守っているものな気がします』と。

では、その心臓守っているものが適切な並びになっていない、ってどういう感じですか?とお聞きしたら、

『すごく不安な感じ、守られていない感じです』と。そこで筋反射。


なので、彼女が抱えている『守られていない感じ』についてもう少し、お話を聞きました。


『いざとなったら、自分は自分を守らないといけない』と感じていて、

『自分は頑張ったら、自分を守ることができる』と。


自分が頑張らなかったら、今の生活レベルを保てないし、苦しみながら生きることになるんだろうな、と思っています。と。


つまり、彼女にとって、

ありのままの自分じゃダメで、頑張らないといけないと思い込んでいるんだけど、もう、頑張ることはしんどくて、でも、頑張らないと、苦しみが待っていると思ってしまっているのですね。


頑張り続けるのはしんどい、

でも、頑張らなかったら、苦しみが待っている、と。両方とも、苦しい状態です。


本当はどうなりたいのですか?とお聞きしました。


ありのままの自分を認めれる→どうだったら?→

自分に価値があることを信じれたら

→どうだったら、価値があると信じれる?


でね、この『ありのままの自分に価値がない気がしている』っていうのって、分解していくと、勘違いだったということがわかってきます。


Kさんの場合は、

ありのままの自分(BEING)に


頑張る(DOING)


今の生活レベル(HAVING)


を足して、価値がある自分でいようとしていたのだけど、Kさんの本当の価値はどこでしょう?


とお聞きしました。

そしたら、ありのままの自分(BEING)の部分ですよね。。。って。


この、『(価値)ない気がする』というのって、本当に厄介です。

愛されてない気がする、とかも含めて、ないことを証明するのって不可能なので、底なし沼にはまってしまった気になるんですね。


だって、人から認められなかったから=価値がない


すぐにLINEで返事くれなかったから=愛されてない


これって、自分が勝手にイコールで結んでしまっているけども、本当は全くもってイコールではないことを、これこれこうだから、愛されてない、価値がないなどと、証明した気になっています。大いなる勘違いを自分の信じこみを元にやり続けている状態なのですね。


そうなると、鶏が先か卵が先かの話になるんだけど、価値がないってことが勘違いだった、ってことがわかったらどうなるだろう?って目標になっていきます。


Kさんの場合は、『人前でつくろわないと、うまく気に入ってもらえない』と思い込んでいました。


それって、本当の自分(価値ある自分)を歪めて、表現して、それが自分にとって不快だけど、そのことをして、目の前の相手に気に入ってもらおうとしていたってこと。


それをしている自分の時、自分は自分の味方ですか?という質問にしたいして、『いいえ』という返事でした。


相手に気に入ってもらうために、一番味方でいてほしい、自分を裏切っている行為なのですよね。


そんなK さんの目標は

『自分にはそもそも価値があることを知り、自分を大事にしつつ、楽な自分になることで、自分を表現することです。』


という目標に。


そして、インナーチャイルドのプロトコールにちゃんと繋がってくれました~!


Kさんのインナーチャイルドは『どうせ、意味がない、無視される』って感じていて、

『あなたは、本当は頑張り屋さんだね』って認めてもらいたかったと言っていました。


そう、小学校2年生以前の上手く本読みできていたKさんだって、ありのままの素の状態のKさんだって、頑張る(DOING)のKさんであっても、全てが元々の価値あるKさんがベースになっているのですね、どれがいいとか、悪いとかなくって、どんな自分も好きでいることなのですよね。頑張る、頑張らないというところに、いい、悪いの線引きさえいらない、って感じでした。

だから、やりたい方をやりたいように選べばいいのだなあと。


頑張るをDOINGするのか

頑張らないをDOINGするのか、どちらにしても、私たちは、DOINGして生きているんですよね。


好きにしたらいいじゃん、って感じなんだな、と。だって、既に 存在そのものは価値があるんだから、って。


インナーチャイルドからのメッセージとしては、

『受け入れたい人だけ受け入れて、他の人は拒絶したっていいんだよ』


と。笑


なんか、これは、Kさんにドンピシャなメッセージだったようです。さすが、インナーチャイルド。Kさんに出たカードは、

『Detach from Drama』(ドラマからの分離)

ドラマの中に引きづり込まれるな、ってメッセージと、みんなを幸せにしようと頑張りすぎないで、ってメッセージが印象的でした。


これ、自分がドラマの中にひきづり込まれているって現象、私も以前はあったなあ、なんて思いながら、読ませていただきました。

ドラマから抜け出せる癖がつくと、関わりたくないドラマが眼の前で起こっていると、「ドラマやってんなあ~」と、離れた視点で見れるようになってきます。

いつだって、目の前のドラマに、自分は参加するのか、とか、どういう立ち位置でいるのか、とか、自分が選ぶことができるのですよね。


全体的に、ちゃんとご自身の内側と繋がることができているKさんだったので、スムーズに階段を降りて目標に向かうことができたし、スムーズなセッションでした

Kさんのインナーチャイルドは癒されること、心待ちにしていたのでしょうね


これからは、K さん、どんどん、自分らしく輝き、表現をされていくんだろうなーと、楽しみです


伴奏させてくださってありがとうございました!








[PR]
by pineheath | 2017-10-29 16:05 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHセッション事例:『人前で話す時に真っ白になる』~インナーチャイルドを癒す

昨日のIHセッションのシェアです昨日はクライアントさんが、ブログに書いてくださいと言ってくださいました!私、いつもドキドキしながら『ブログに書いてもいいですか?』ってお尋ねしているので、書いてって言ってくれると、とても嬉しいです!Kさんありがとうございます!!


さて、セッションの最初に、K さんはインナーチャイルドが癒されていないような気がするんです、、ということをお話ししてくれました。

具体的な出来事をテーマにしてセッションに入るように、と、筋反射が出てたので、具体的には何があるのか、お聞きしていたら、

『自分に自信がない、誰かと組んだりする時に、自分が相手じゃ申し訳ないと思ったり、人前で話す時に、緊張して上手く話せない』という話ができきました。


ちゃんとできるように準備していくんだけど、いざ、人前で話をする時に頭が真っ白になって、結局うまくできなかったんじゃないか、って後で落ち込むんです。その時は、カーッと血の気が上がる感じにもなります。


ということも言われてました。


この、頭が真っ白になって、自分が自分じゃないような感じになってしまうっていうのが、癒されていないインナーチャイルドが出す典型的な症状だったりします。


癒されていないインナーチャイルドは、いざって時に、大人である私たちの代わりに、人生という車のドライバーシートに勝手に座っちゃって、車を運転しようとしてしまうのです。


そんな時には、自分の頭は真っ白になった気がしてしまったり、自分が勝手に操られている気がしてしまったりします。

ちょっと前に、コミュニティー内での相談内容で、「パーティーとかにいくと、周りを盛り上げなきゃって、自分が乗っ取られているような感じで、勝手に盛り上げようとしちゃって、後でどっと疲れる』という相談があったりしました。


人によって、シチュエーションは様々だけど、インナーチャイルドが勝手にドライバーシートに座って運転してしまうケースですね。


さて、今回のKさんも、ご自身で分かっていたように、インナーチャイルドが癒されてなくって、そんな行動を取ってしまっていました。


年齢遡行が出ました。

7-8歳で反応があったので、その頃のことをお聞きしました。

「小学、2年生とかの頃、それまでは、人前で、本を読むのは得意だったのに、読むのが苦手になりました。上手に読めないかも、って思うようになってしまって。」というお話。


『自分の肉体は有害なプログラムから自由になります』という言葉が出ました。


この頃から、彼女は、『自我が芽生えたから』と表現されていたけども、

有害なプログラムがスタートしたようでした。


後からの話でわかることだけど、彼女は、それまでもガンバっている状態の自分がいたのだけど、それは、『本当の自分じゃない』と、『頑張っている自分』というふうにレッテルしていて、頑張らない自分が元々の自分だけど、それじゃあ価値がないから頑張らないといけないと、信じてしまったのですね。

これって、本当は、頑張っている自分であっても、頑張っていない自分であっても、どっちでも、Kさんであって、どっちでもいいのだけど、彼女の中で、素の自分=ダメ、頑張る自分=本当の自分じゃないけど、周りからはオッケイになる、価値がある

と設定されてしまっているんですね。


『どんな新しい環境にも素早く慣れることができます』という言葉が出てきました。

これについては

新しい環境に慣れるのには頑張らないといけない。と思っていて、

素の自分よりもテンション上げてなじまないといけないと思っています、と。

この、『テンションを上げる』というところで、強い筋反射。


なので、テンションあげることについて聞くと、

テンションを上げるのは、長続きしなくって、テンション下がってくると、周りは、どうしたの??ってなって、自分としても、そういう反応になるよね、、でも、もうこれ以上テンション高く保てないから、ごめんねーって思ってしまうのです。と。

このパターンは何度も、起こっていることです。という話でした。


『胸骨の7番が適切な並びになっている』という言葉も出てきました、

すぐにこの言葉が意味することが出てこなかったので、『胸骨って、K さんにとって、どういうものですか?』とお聞きしました。

すると、『心臓を守っているものな気がします』と。

では、その心臓守っているものが適切な並びになっていない、ってどういう感じですか?とお聞きしたら、

『すごく不安な感じ、守られていない感じです』と。そこで筋反射。


なので、彼女が抱えている『守られていない感じ』についてもう少し、お話を聞きました。


『いざとなったら、自分は自分を守らないといけない』と感じていて、

『自分は頑張ったら、自分を守ることができる』と。


自分が頑張らなかったら、今の生活レベルを保てないし、苦しみながら生きることになるんだろうな、と思っています。と。


つまり、彼女にとって、

ありのままの自分じゃダメで、頑張らないといけないと思い込んでいるんだけど、もう、頑張ることはしんどくて、でも、頑張らないと、苦しみが待っていると思ってしまっているのですね。


頑張り続けるのはしんどい、

でも、頑張らなかったら、苦しみが待っている、と。両方とも、苦しい状態です。


本当はどうなりたいのですか?とお聞きしました。


ありのままの自分を認めれる→どうだったら?→

自分に価値があることを信じれたら

→どうだったら、価値があると信じれる?


でね、この『ありのままの自分に価値がない気がしている』っていうのって、分解していくと、勘違いだったということがわかってきます。


Kさんの場合は、

ありのままの自分(BEING)に


頑張る(DOING)


今の生活レベル(HAVING)


を足して、価値がある自分でいようとしていたのだけど、Kさんの本当の価値はどこでしょう?


とお聞きしました。

そしたら、ありのままの自分(BEING)の部分ですよね。。。って。


この、『(価値)ない気がする』というのって、本当に厄介です。

愛されてない気がする、とかも含めて、ないことを証明するのって不可能なので、底なし沼にはまってしまった気になるんですね。


だって、人から認められなかったから=価値がない


すぐにLINEで返事くれなかったから=愛されてない


これって、自分が勝手にイコールで結んでしまっているけども、本当は全くもってイコールではないことを、これこれこうだから、愛されてない、価値がないなどと、証明した気になっています。大いなる勘違いを自分の信じこみを元にやり続けている状態なのですね。


そうなると、鶏が先か卵が先かの話になるんだけど、価値がないってことが勘違いだった、ってことがわかったらどうなるだろう?って目標になっていきます。


Kさんの場合は、『人前でつくろわないと、うまく気に入ってもらえない』と思い込んでいました。


それって、本当の自分(価値ある自分)を歪めて、表現して、それが自分にとって不快だけど、そのことをして、目の前の相手に気に入ってもらおうとしていたってこと。


それをしている自分の時、自分は自分の味方ですか?という質問にしたいして、『いいえ』という返事でした。


相手に気に入ってもらうために、一番味方でいてほしい、自分を裏切っている行為なのですよね。


そんなK さんの目標は

『自分にはそもそも価値があることを知り、自分を大事にしつつ、楽な自分になることで、自分を表現することです。』


という目標に。


そして、インナーチャイルドのプロトコールにちゃんと繋がってくれました~!


Kさんのインナーチャイルドは『どうせ、意味がない、無視される』って感じていて、

『あなたは、本当は頑張り屋さんだね』って認めてもらいたかったと言っていました。


そう、小学校2年生以前の上手く本読みできていたKさんだって、ありのままの素の状態のKさんだって、頑張る(DOING)のKさんであっても、全てが元々の価値あるKさんがベースになっているのですね、どれがいいとか、悪いとかなくって、どんな自分も好きでいることなのですよね。頑張る、頑張らないというところに、いい、悪いの線引きさえいらない、って感じでした。

だから、やりたい方をやりたいように選べばいいのだなあと。


頑張るをDOINGするのか

頑張らないをDOINGするのか、どちらにしても、私たちは、DOINGして生きているんですよね。


好きにしたらいいじゃん、って感じなんだな、と。だって、既に 存在そのものは価値があるんだから、って。


インナーチャイルドからのメッセージとしては、

『受け入れたい人だけ受け入れて、他の人は拒絶したっていいんだよ』


と。笑


なんか、これは、Kさんにドンピシャなメッセージだったようです。さすが、インナーチャイルド。Kさんに出たカードは、

『Detach from Drama』(ドラマからの分離)

ドラマの中に引きづり込まれるな、ってメッセージと、みんなを幸せにしようと頑張りすぎないで、ってメッセージが印象的でした。


これ、自分がドラマの中にひきづり込まれているって現象、私も以前はあったなあ、なんて思いながら、読ませていただきました。

ドラマから抜け出せる癖がつくと、関わりたくないドラマが眼の前で起こっていると、「ドラマやってんなあ~」と、離れた視点で見れるようになってきます。

いつだって、目の前のドラマに、自分は参加するのか、とか、どういう立ち位置でいるのか、とか、自分が選ぶことができるのですよね。


全体的に、ちゃんとご自身の内側と繋がることができているKさんだったので、スムーズに階段を降りて目標に向かうことができたし、スムーズなセッションでした

Kさんのインナーチャイルドは癒されること、心待ちにしていたのでしょうね


これからは、K さん、どんどん、自分らしく輝き、表現をされていくんだろうなーと、楽しみです


伴奏させてくださってありがとうございました!




今日の記事面白いと思ったら、こちらをワンクリックお願いします❤︎


http://clap.mag2.com/voupewoust?ihjirei1








[PR]
by pineheath | 2017-10-18 11:22 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

キネシセッション特訓ワンデー終わりました

f0128026_17231762.jpg

初めて開催したキネシセッション特訓ワンデーでした。


ご要望に応えて作った初めてのクラスなので、まっさらな状態から作ったクラスだったのですが、

作るときに、『何をお伝えしたいか?』について書いてみようと思った時、本当に時間を忘れて書き続けていました。


『クライアントさんの魂が求める深いセッションになるためには?』の問いに対する私の思いを伝えるクラスになった確信はありました。


ありとあらゆる言葉で、自分を信じること、セッションの流れを信じること、宇宙を信じること、を伝えていったのですが、参加者の方々それぞれに、気づきポイントがあったようでした。(よかった~!)


最後に、参加者同士セッションをしてもらうのを他の参加者で見ながら、私も気がついたところをアドバイスする形を取ったのですが、それは皆の学びになってよかったなと思いました。


参加者同士でセッションをしていると、目標設定に慣れていない人だと、しっくりくる目標に行けないままに、話がループしていたり、悩み相談のような(カウンセリング?)状態になったりするんだな、ということがわかってきていたので、ちゃんと階段を降りて、問題の本質に行き着き、だからこそ、本当の目標に行きつけるようになるという流れをサポート入れながらやるということで、自分のつまづきポイントに気がつくことができるのですね。


で、周りで見ている人たちも、人がやるセッションを見ることで、また、私が横から入れるサポートの言葉で、深めて行き方が感覚として感じてもらえたと思います。


キネシのセッションはカウンセリングセッションとは違うので、キネシで確認したことを伝えていくのですが、その伝えていくことは、こちらプラクティショナーの感覚に上がってきたことであっても、それで筋反射が取れて、さらに伝えると反応がある場合はお伝えするんですね。


だから、プラクティショナーは自分の感覚をフルで使いながらセッションをしています。


セッション中は実はいろんな感覚を使いながらセッションをしているんだということを、私自身、この頃ようやく分解して理解できるようになったと思います。


クライアントさんの話を聞きながら、筋反射を取り、潜在意識が訴えたい事の全体像は何か?について感覚が上がってくるのを待ち、セッションの方向性を求めていく感じでしょうか。


昨日の参加者同士のセッションでは、プラクティショナー側のSさんが、ちゃんと全体像として、潜在意識が訴えたい事をキャッチしてくれたので、『これ!』ってポイントがあったのですが、セッションの後で、その時のハマった感を感じれましたか?と質問したら、そのハマった感を味わってくれたとのことだったので、それは私にとって、大きな喜びでした。(きっとSさんにとっても、喜びだったと思います)


プラクティショナーにとって、キネシセッションの興味深さというのは、このパズルがはまった感じなのだと思います。潜在意識の叡智を感じることができるタイミングというか。ですね。

いろんなピースを通して、その『これ!』っていうのに行き着くかどうかでセッションの達成感が大いに違ってきます。


もちろん、クライアントさんの魂が求めているところまでしか行くことはできないので、潜在意識が準備ができていなくって、その根幹を出してくれないセッションになることも中にはあるのですが、それでも、その方も準備ができれば、その大元にある問題を出してきてくれるんですね。


この頃、講座内のキネシのミニセッションでも、そうやって『これ!』っていうのを出してくれるセッションになるので、その感動は大きいです。


昨日は、デモセッションの方では『分離した』というキーワードがスキャンリストから選ばれていたのだけど、その『分離した』が何を意味しているのか、すぐに出てこなかったのですが、(だから、私も、なんなんだろうな~と待っていました。)が、参加者のお一人が『分離した感情?』って言ったところで、筋反射がしっかりとれ、その後、潜在意識が伝えたい事が私の方に感覚として上がってきました。


潜在意識が手放したい問題の本質に行き着く作業はしんどいけども、そこに行き着いた時には、それが報われるほどの爽快感がある感じです。


『潜在意識は伝えたいことがある』ということをちゃんわかってあげていること、それを受け取ることを諦めないこと、それがプラクティショナー側のスタンスなのかな、と思います。


キネシを習ったけども、使えてないかも、、、キネシセッション深めたい~と思う方には、満足していただけるクラスになったのではないかな、と思います!改善点としては、もう少し、セッション時間を長く取りたいことでした~。


楽しかったので、またやりたいと思います~~!!

以下、感想です〜ご参加くださった皆様、ありがとうございました!!

f0128026_17200212.jpg
f0128026_17182519.jpg
f0128026_17182385.jpg
f0128026_17182057.jpg
f0128026_17181700.jpg








[PR]
by pineheath | 2017-09-15 17:24 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス@東京開催のお知らせ

ご要望があり、調整が完了したので、IHファウンデーションクラスを東京で開催することが決定しました~!!


この、調整っていうのは、今回の場合は『THE 断乳』でした。笑


え~、人生で(たぶん)最後の授乳が終わりましたー。嬉&寂


断乳決行して二日目の夜までは泣いたけど、今日の朝はもう「パイパイ~~」って泣くこともなく、6時からモリモリ朝ごはん食べていた唯ちゃん。


断乳山場は意外とあっさり超えたのかもなって思います。


まあ、いつも思うのですが、子供はこっちがちゃんと決めれば、もちろん大泣きするけど分かるんですよね。そして、その決定についてきてくれる。


唯ちゃんも、昨日の夜なんかは、おっぱいなしで寝入りの仕方がわからないので、泣くんだけど、みこちゃんからも「もう歯が生えたし、たくさんご飯たべれるから、おっぱい終わりやでー」と言われると「はい~~」と言いながら、「ぶえ~~ん」って泣いてました。笑


いろんな言葉も話せるようになって、会話が成り立つようになってきた唯ちゃんなので、ちょっと前から「もう終わりにしようね」って話していたことも、『なんとなく』、ではなく、ちゃんと理解してくれていたんだと思います。


私は、断乳って嬉しくもあり、そして、やっぱり寂しさもあり、いつも、この時は複雑な心境になります。

でもね、これからは、パパと過ごすことも、おじいちゃんおばあちゃんと過ごすことも増える唯ちゃんだろうから、ママからしか供給されないおっぱいは、彼女にとって、ママが留守の時にママ以上に狂おしく求めるものになるから、断乳しておいた方が、彼女のハッピーにつながるな、と意を決めて断乳したわけです。


で、東京出張も、日帰りではなく、一泊してくることが可能になったわけです。


え~、会場の広さから、8名の定員にさせていただきます。

とは言っても、そのうち4名がもう埋まってしまっているので、あと4名の募集です。


お会いできる方、楽しみにしています!どんなクラスになるのかな♪♪


IHファウンデーション@東京


日時:10月2日(月)


時間:9:30~18:00 (途中お昼休憩はさみます~)


場所:東京 文京区(詳細はお申し込みの方に直接お知らせいたします


定員:8名 (4名)ブログ告知前に、ご興味がある方で埋まってしまってしまってます。ご興味がある方は是非お早めにお申し込みください。


講座費:20000円


クラスの内容については、こちらをご参照ください。


★また、自分メンテ講座と、IHファウンデーションクラスの違いについて、

この頃質問がくるので、説明させていただきますね。

二つとも、筋反射の基礎的なものは教えるので、かぶるところが少しはあります。

IHファウンデーションは最後にミニセッションまでできるようになってもらうので、筋反射だけを練習する時間は自分メンテ講座に比べ少ないです。 ヒーリング法は3種類教えます。
ミニセッションの流れも教えます。
それらを使って、最後、実際にミニセッションをやっていきます。

それに比べて、自分メンテ講座は最終目的が人にミニセッションをすることではなくて、自分で自分&周りをメンテするために筋反射を使えるようになることです。
自分と周りの人に筋反射を使って、今必要なメッセージを引いてあげたり、今自分に合う食べ物を見つけて行ったりする、日常に使えることを目標にしています。
ファウンデーションでは特に扱わない、一人キネシ(自分で自分の筋反射を取るやり方)も教えるし、練習します。
ファウンデーションでは、オラクルカードは使わないのですが、自分メンテでは、オラクルカードを筋反射で引いていきます。
後半は、キネシ以外のことも含まれてきます。
目標設定は意外とセッションするようになったら、大切なところですが、人生においても大切なことなので、自分メンテ講座で少し触れています。(IHファウンデーションでは、ほんの軽くしか触れません〜)

筋反射をどのように活用したいか?によって選択していただけたらなあと思いますが、筋反射が取れなさそう〜〜という方は、自分メンテで筋反射の練習積んでから、IHファウンデーションクラスをとり、筋反射の基礎をリピートしつつ、ミニセッションについても学んでいく、という流れも、吸収しやすいかな、と思います。
IHの本コース(パスウェイ、コンセプト、マインド、ボディー、マスター1、2、3)に上がっていくためには、IHファウンデーションが必須になります。
どんな流れで、筋反射習得&活用していきたいか?によって、選択していただければと思います!


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生、一応、募集締め切りしました。

本当は8月末で募集締め切りだったのですが、

1ヶ月遅れで始めるかも?という方がいらっしゃるため、一応募集締め切り、という形にさせていただいてます。

 

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!
東京でのクラスの開催も定期的(目指せ月1回)にしていく予定です♪

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 増席1満席 ありがとうございます!)


9月16日 自分メンテ講座@京都和束


10月1日 自分メンテ講座@東京 (10人満席 ありがとうございます!)


10月2日IHファウンデーションクラス@東京(8人4人)


★セッション費のお知らせ

先月の割引期間終了をもちまして、IHのセッション費は1セッション20000円にさせていただいています。

IHのセッションでは自分自身で自分の心に向き合っても解決しなかったこと、自分の頭ではわかっていなかったことが潜在意識から掘り起こされてきます、(もちろん、それを望んでいるのは、あなたの魂なのですが)そして、『あ〜〜それ、あります、、、』と頭で気がつく、、、って流れになります。なので、1回のセッションで人生格段に進むのですね。




お問い合わせ&お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。



[PR]
by pineheath | 2017-09-07 17:47 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

「おおお~」のIHファウンデーションクラス♪ミニセッション事例『膝の痛み』

f0128026_13551017.png
           デモセッションの様子↑Yさん写真ありがとうございます!


昨日は、IHファウンデーションクラスでした。

昨日は、蓋を開けてみれば、公務員経験者(&現在公務員)という一見お堅いイメージ(?)の職業経験者の方達の集まりだったにもかかわらず、ものすごい感性の方ばかりで、出て来る質問が深い~。

みなさん初めてキネシオロジーを習う方なのに、その先のこと、そしてある意味、根底にあることについてズバッと質問できるってすごすぎる!!って、私自身クラスをやっていて密かに大感動していたクラスになりました。


クラスは前半キネシオロジーの基礎について学んで、後半は実際のヒーリングを学び、最終的にミニセッションをするという流れなのだけど、昨日のミニセッションは参加者に見せたでもセッションも実際参加者同士にしてもらった交換セッションも、『おおおお~~』って感動につながるセッションでした。


そのセッション内容、許可をいただいたので、シェアしてみたいと思います!


参加者同士の交換セッション。元公務員で、今は、写真家&シンガー&ファッションコーディネーター(!!!)というYさんのセッションでした。その驚きの経歴も、『流れで、そういうことになっていた』って、笑。ちゃーんと流れに乗る能力をお持ちで、彼女はもうちゃんと宇宙と繋がれている方、ちなみに、お昼のランチの時に、私は彼女からとってもスペシャルなアドバイスをいただいたわけですが、そのアドバイス、そこの蓋開けるかあ~というアドバイスでした(!)。そのことはまた別の記事にでもできたらなあと思います。笑


ところで、

そんなY さんは原因不明の『膝の痛み』をずっと抱えていました。参加者Sさんが習いたての筋反射使ってキネシセッションやっていきます。


ちなみに、私のデモセッションも含め、こういうみんなの前でするセッションの場合、オーディエンスもヒーリングのサーキットの中に入っている感じなので、感度のいいオーディエンスには、クライアントの潜在意識からの情報が上がって来ることがあります。

なので、オーディエンスから何か情報をもらうこともあったりします。

私もこのセッションではオーディエンス(傍観者)で参加していたので、私の方に上がって来ることがあって、それを途中でプラクティショナー側のSさんにきいてもらったりしました。


で、今回のYさんの『膝の痛み』に関するセッション。


リラックスしている状態から力を入れて立ち上がる時とか、ちょっと曲げた状態で膝に圧がかかる時にとても痛むとのこと。

彼女はその膝の痛みに関して、医者に行くけど、原因不明で、膝といってもそんなに膝の上側が痛いというのは聞いたことない、と言われていました。


『医者にわかってもらえない』 というところで筋反射

そこについてもっと聞いて行くと、彼女は子どもの頃斜視で、そのことについて、ありとあらゆる医者に連れて行かれていたそうです。医者や他の専門家のアドバイスも斜視には効果がなく、結局手術でとりあえずの斜視は治すことにした彼女。

でも、彼女はその経験からも、人知では限界がある、そのことで相手を責めてもしょうがない、面子を潰しちゃいけないと、相手の先を読んで、相手が傷つかないようにした。との話。


その『相手の先を読む』というところで筋反射。


そのことについてさらに話が進みます。

「そういえば、いつだって、相手の先を読んでいた。相手の先を読んで、自分が下手にでて、相手を気遣ってきた。」

そこで大きな筋反射。


「お母さんが幸せでいられるように、お母さんの気持ちをいつも読んで、お母さんのナイトでいたあげないといけないって思っていました。」


そこに潜む感情を見てみると、

不安と、恐怖

不安とは?で出てきた話は

お母さんとお父さんは離婚してしまう、という不安

恐怖は?というのでは『お母さんは死んでしまう』という恐怖

それ以外にも恐怖がありそうだったので、もっと聞いて行くと、

いろいろ出てきた後に


『人を持ち上げてあげないと、その人たちは置いてきぼりになってしまう、という恐怖がある』、と。

そこで、大きな筋反射。


スピリチュアル的にも、人生の波乗りがものすごくうまくいっているYさんですが、自分だけスイスイ行ってしまうことに対して、他の人が置いてきぼりになる、という恐怖があるというのです。


『だーかーらーか~~!!!」そこで、かなり、納得しました。

彼女はエネルギー的に人のことを一生懸命持ち上げようとしていたのですね。

だから、その負荷が膝に行っていたのですね~~~!!!

膝、痛くなるわ!!!


そんなYさんの目標は

『人を信頼し、自分のペースで、自分の高さで飛んで行くことです』

というものに。

バッチリの筋反射になる目標になりました。


背も高く、足も長いスタイルのいい彼女なのですが、

「実は私猫背でもあるのです。昔からいつも低くいようとしてきたんです。でも、人も自分で登れるんだって信じてあげることで、私は私のペースで人を気にせず自分の高さでスイスイ進むことができます!!」と、目を輝かせていました。


チャクラのヒーリングが出て、その修正をして無事セッションが終わりました。


セッションが終わった時は、輝くYさんの顔!そして、そのセッションを伴奏したSさん!

皆で『いえ~い!!!』って、深かったセッションを喜びました。



「キネシのセッションだけでもこんなに深いのに、IHまで進んだら、どんなことになるんだろう~~~」と、感想を言ってくれて、感動冷めやらぬまま延長気味のクラスは終了しないといけなくなったのですが、本当に、深いです。はい〜。


キネシを最初に習った時に、本当にそんなことまでわかるの?!!!って感動したことから、私はどんどんキネシオロジーの世界にはまっていった訳ですが、今、ここで、こうやって、その感動を伝えることができて、本当に幸せだなあって思います。


クラスが終わるか終わらないうちに娘たちのお迎えに行き、娘たちに揉みくちゃにされながら笑、クラスの興奮に浸っていた夜でした


そんなYさんがクラスの感想を帰りの電車から送ってくれたのですが、

感想からも、Yさんの興奮が伝わってきて、うれしかったです❤︎ (魔法を習った気分って♪わかる〜〜)

f0128026_13301599.jpg



さて、さて、

9月14日のクラス、定員5人のはずが6名お申し込みで満席です。


そして、10月1日のクラス(定員8名)満席になりました~。

お申し込みの方、お会いできるの楽しみです❤︎


またまた、どんなクラスになるか、楽しみです!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生、一応、募集締め切りしました。

本当は8月末で募集締め切りだったのですが、

1ヶ月遅れで始めるかも?という方がいらっしゃるため、一応募集締め切り、という形にさせていただいてます。

 

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!
東京でのクラスの開催も定期的(目指せ月1回)にしていく予定です♪

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 増席1満席 ありがとうございます!)


9月16日 自分メンテ講座@京都和束


10月1日 自分メンテ講座@東京 (満席 ありがとうございます!)


★セッション費のお知らせ

先月の割引期間終了をもちまして、IHのセッション費は1セッション20000円にさせていただいています。

IHのセッションでは自分自身で自分の心に向き合っても解決しなかったこと、自分の頭ではわかっていなかったことが潜在意識から掘り起こされてきます、(もちろん、それを望んでいるのは、あなたの魂なのですが)そして、『あ〜〜それ、あります、、、』と頭で気がつく、、、って流れになります。なので、1回のセッションで人生格段に進むのですね。




お問い合わせ&お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


















[PR]
by pineheath | 2017-09-03 13:59 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

ミニセッション事例ー『足の痛みの原因』@IHファウンデーションクラス

昨日はIHファウンデーションクラスでした。


クラスでは、後半、キネシのミニセッションのデモ&交換セッションをします。

痛みに関するセッション、ストレスに関するセッション、感情に関するセッションをするのですが、痛みといっても、痛みそのものが問題そのものである場合と、痛みの奥にある感情が問題そのもののケースがあります。


昨日は、痛みのセッションで、その奥にある感情にまで話が行きました。やっぱり、キネシのミニセッションだと言っても、侮れないですね。興味深かったです。

シェア許可をいただいたので、紹介したいと思います~。


Yさんのテーマは、左足の痛みでした。

その痛みは1ヶ月くらい続いているっておっしゃったんだけど、それではきん反射取れなくて、見ていくと2ヶ月から3ヶ月くらい前からって体が言ってました。

で、それをお伝えして、なんか、その頃の記憶に残ることってありますか?って聞くと、

「あーそれだったら、5月終わりあたり。。。あ、〇〇のアドバンスコースに参加した時だ~!」

それで筋反射。そのクラスは何かしら関係あるようでした。

で、お話を聞いていくと、そのクラスのために東京へ行くのに、夜行バスで行ったと。

そこでまたきん反射。

「夜行バス?どんなでした?」

うーん、疲れました。。本当は新幹線で行けるくらいに稼げるようになりたい、って思いました。

(そこで、微妙な筋反射)


そこから、感情を引くと、『後悔』って感情で反応してました。

そのアドバンスクラスに関して、お昼休憩の時に、参加して本当に良かった!ってお話しされていたので、なんで『後悔』って出るんだろう?って疑問に思いながら聞いていました。


「アドバンスクラスで、後悔したことって何ですか?」

そう聞くと、

「あ、お金を使いすぎたって思ったことです。」

そこでバッチリのきん反射。

「あ、それですねー。」


彼女は、そのアドバンスクラスに進むにあたって、そのシリーズのクラスを受けていて、それら諸々でお金をたくさん使ってしまったことに、後悔していたんですね。

で、『夜行バス』っていうのは、『お金を節約する』つまり、『お金をたくさん使うことに対する罪悪感』を表すキーワードだったわけです。


あ、これは、すべての夜行バスを利用する人がそこに対して何かしら持っているというわけではありません。彼女の場合は、そういう設定だったのです。


そのお金に対する後悔が彼女の足の痛みにつながっているということだったのですね。体って本当に面白いですよね。


そんな彼女に、じゃあ、どうなったら、お金に対して後悔がなくなると思いますか?ってお聞きしました。

そして、彼女の答えはちゃんと習ったものを活かせたら、後悔がなくなると思います。今は、そこまで活かせていないって気持ちがあって、、、

ーyes(筋反射)


そして、彼女の目標は

『アドバンスのマッサージをいかして輝くこと』

になりました。


ファウンデーション内でお伝えしているヒーリング法のうち2種類が出て、そのハンズオンヒーリングをして終わって、


「さて、足の痛み、どんな感じですか?!」

と聞くと、彼女はセッションの最初に動かして痛みが出るポジションをしてくれたのですが、そのポジションをもう一回してみて、


「え、あれー!さっきはこうしただけで痛かったのに!わー減ってる!!!気にならなくなってる!」

意識の上で、最初は10がマックスだとしたら4-5の痛みを持っていたのが、2の痛みになり、

潜在意識上でも最初は8の痛みを持っていたのが、2の痛みに下がりました。


Yさんは、「足の痛みって、ヨガで痛めたかなあって思っていたけど、そこにつながっていたんですね~、知らなかった~~」


と、驚きを隠せない様子でした。確かに、「なんか足痛いの治らないなあ」、って思っても、そこに精神的な要因が絡まっているとは想像しなかったりします。

でも、私たちの体って、ちゃんと治ろうとするんです。それが、なぜか治らないのは、その治ろうとするエネルギーを何かがブロックしているからだったりします。

そのブロックしている物を取り除くことで、体は自然と良くなるのですよね。


前に進むための足、Yさんが求める方向に踏み出す決意をしたら、痛みが治る方向に行ったのは興味深かったです。


さて、IHファウンデーーションクラス、筋反射を習得しつつ、3つのヒーリングを習いつつ、最後はミニセッションができるところに持っていきます。

結構大忙しのクラスなのですが、皆さん、それぞれ抱えている課題をミニセッションでテーマにして、たどり着いていく魂の目的に衝撃を受けたりしつつ(笑)

学びと癒しを得て1日を終えていきます。


クラスに出て、さらにセッションの進め方を深めたいなあ、という方は今度9月14日に開催するキネシセッション特訓ワンデー(残席2)をお勧めします。


一家に一人キネシできる人がいて、体の不調、心の不調に関して見過ごすことなく、ちゃっちゃっとミニセッションしてくれるような、そんな風になったらいいなあ、と妄想しています★


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生募集締め切り 8月31日です〜。

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月2日 IHファウンデーションクラス 

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 

9月16日 自分メンテ講座









[PR]
by pineheath | 2017-08-26 10:20 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス·IHの素晴らしいところ

f0128026_11440088.jpg

ファウンデーションクラス、今回は、娘のお熱もなく、無事終了しました!


今回は、参加者3名だったので、ペアワークには、私も入り、ミニセッションをしました。

デモセッションも2回見せれたので、参加者全員に一度ずつはミニセッションした形になり、それはとってもよかったな、と思いました。

たくさん話したいことがある~と思うため、どうしても時間が足りない苦しみがあるのですが、これから、IH の道に進むかた、そうではなく、ただ、キネシを使っていきたい方どちらにとっても、有意義なクラスになっていたら嬉しいなと思っています。


普段、クライアントさんにはIHのフルセッションしかやらないので、ミニセッションって、やらないのだけど、いやいや、ミニセッション、あなどれないなーって、自分で久々にやりながら、そして、やってもらいながら思いました。


自分の思考って、癖つけられていて、ぐるぐる同じところを回っていたりします。

なんで、こうなんだろう、なんで、なんで?って本当は向き合うところじゃない所を一生懸命考えている。

でも、セッションで、「あなたが抱えている感情は、これって出ましたけど?」なんて、プラクティショナー側から言われると、「ああ、そうそう、私は、そう感じているよな~、その感情、私の根底にあるよなー」ってことに気がつきます。


その引かれてきた言葉って、自分の潜在意識にある言葉なので、あ、それ!って、腑に落ちるんですね。


キネシオロジーって、そうやって、体に聞いて、クライアント側の潜在意識にあることを引っ張ってくるので、プラクティショナー側が、頭で考えて『あなたの問題は〇〇です』って診断するのとは全然違うのですね。


心理学って、ものすごく役に立つし、私も大好きなのですが、心理学では超えられない壁を越えることができるのが、キネシオロジー&IHなのだと思っています。


というか、もちろん、心理学でも、いつかは、その目的地に到達するんだろうけど、時間がかかる。

だって、プラクティショナー側が、気がついたこと、知っていること、をクライアント側に伝えたところで、クライアントが気がつく、腑に落ちるという経験をしないことには、『変化する』に行かないんだなって思うのです。


土曜日のファウンデーションクラスのお昼休憩の時、お茶屋さんにお昼を食べに行きました。

その時、参加者のお一人が、会社での人間関係の悩みについてシェアしてくれました。


そこで、もちろん話を聞いて、心理学的にその悩みが行き着くその方の『お題』はこれこれかもねー、なんて、話するわけです。

はい、頭で聞いて、考えるから、その返答になる。


で、その方は、そうですよね~~、って返事。


そんなことは、本にも書いてあって、わかってる、でも、でも、そのストレスは減らないんです~~~。って悩みを持っているわけです。


そういうことってありますよね?


頭では、自分のここがダメなんだろうな、自分がこの執着なくせば、楽になるんだろうな、ってわかっているけど、でもできない、、、、、、、って。


そこまで話していて、私も、あ、頭でアドバイスしていたな、って気がついて、ちょっと意識を広げて見たんですね。そしたら、あ、エネルギーコードの問題だわ、ってわかったのです。


で、その時私がやっていたのは、私の体で筋反射をとること、あ、こっちが根底にあるなってわかったので、実際手を貸してもらって、触って筋反射見させてもらって、やっぱりエネルギーコード繋いじゃってるね、って話したのですが、


そういう物が根底にある場合は、心理学的な手法で、相手はあなたの投影だから、あなたが抑圧している自分のその部分を解放したら、相手のことが気にならなくなるよ、って言ったところで、それをやっても、やっても、やっぱり気になる、、、少しは楽になったかもしれないけど、でも、劇的には変わらない、、、って感じになるんですね。


だって、既にエネルギーコード繋いでしまっているから、(このケースでは)

そういう場合は、エネルギーコードを切ってあげると、一気に楽になったりします。

逆にエネルギーコード繋いでしまっているから、自分のその課題から自分は抜けられないってサイクルになっていたりもします。


私が、参加者のYさんからしてもらったミニセッション。

Yさんは、キネシオロジー初めて!IHのセッションも受けたことないって方で、筋反射にも自信がないって言っていたけども、

Yさんが出してくれた、私の感情の問題は

『先取りされた』

というものでした。

Yさんは、一生懸命、何度も確認しながら、丁寧にとってくれました。

そう、『先取りされた』感、無いものとして蓋しちゃってる所あるけど、あるあるある~~~~です。

私、小さな子供がいて、やりたいことをやれる時間っていうのが限られていて、それはそれで、幸せな時間が子供と一緒の時にはあるので幸せなのだけど、こと仕事に関して、やりたいってことが十分やれていない感、だから、先に進んでどんどんやれている人を見ると、先取りされている、取り残されているって感じることがあります。


そういや、長らく、その感情は、私の根底にあるかも、、、って思いました。

自分の筋反射に自信ない」って言っていたYさんだけど、ちゃんと私に必要な言葉を引っ張ってくれて、そこを癒してくれました。(Yさんありがとう~❤︎


何度もキネシを教えるクラスをしているけども、本人の「自信がない」っていうのと、筋反射が取れていないっていうのは、イコールではないと感じています。

筋反射取れていても自信がない人は自信がない。それは、筋反射どうのこうのの問題ではないのですね。

自分を信じること、筋反射を含めた、そういう目に見えないけど、感覚として、あるものを信じること、それが簡単にできる人と、そこにブロックがある人、の違いかなって思います。



次回のファウンデーションクラスは、


8月19日(土曜)


8月25日(金曜)


9月2日(土曜)


です♪(平日ご希望の方がいるので、土曜日開催だけではなく、平日開催を入れました。)


それ以外のクラスも入れたいな~という気持ちはあるので、自分メンテ講座のご要望などありましたら、お問い合わせいただければと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月4日から8月10日までのセッションお申し込み割引のお知らせ❤︎


また、7月4日から8月10日までは、セッション&クラス基本的にお休みさせて頂くのですが、

でも、私にとって、とってもスペシャルな時間になるので、

これね



7月4日から8月10日までのセッションお申し込みの方は

(実際にセッションをするのは、8月10日以降になります〜)


割引にさせていただきます。

(なんだ、かんだ、嬉しい時には、セッション割引を入れているので、気がついたら、結構な頻度で割引しているかもですが。笑)


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。


IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化していくのですが、自分の作ってきた役に立たない信じこみをクリアーにしていくと現実が大きく変わり始めます。
5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください

(8月10日以降はセッション費改定になります。)


keiko@purefoodpurebody.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、

8月10日以降~のお申し込みに関して

セッション費改定のお知らせ


今まで据え置きで、IHセッションさせていただいていましたが、8月10日以降のお申し込みに関して、セッション費を値上げさせていただくことにしました。


私のIHセッションは時間制限があるわけではありません。


大体の目安として、1時間半から2時間と言っていますが、その方の潜在意識と対話して進みますので、もっと大幅に時間がかかる場合もありますことをご了承ください。

また、魂が本当の自分で生きる!と決めた時点でセッションになるのですが、(魂が決めきれていないときは、何らかの理由でセッションが成立になりません。。)

ギリギリのところで、潜在意識からの抵抗が起こることもあります。その場合、いろいろ調整しながらセッションしていくことになるので、余計時間がかかる時もあります。


2017年8月10日以降のお申し込み


1セッション 20000円

5セッション 90000円

10セッション160000円 


になります。

よろしくお願いします。










[PR]
by pineheath | 2017-06-26 11:45 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス開催します~

やっと、IH ファウンデーションクラスの日程が決まりました! サンディエゴのいずみちゃんから、開催日決めてね~の連絡をもらい、お尻を叩いてもらいました。


子供がいると、朝、保育園に送り出すのがバタバタで、講座を開始時間に始めるということが、一番チャレンジングなことな気がしてきて、なかなか、講座開催日を決めるのを、先延ばしする、、、って状態になってました。


講座そのものは、とても楽しいのですがね~。


人数が2人以上集まったら、開催する予定です。


ちなみに6月24日に関しては、もうすでにお一人お申し込みがあるので、あと一人お申し込みがあったら、開催決定です。


一度IHのプラクティショナー養成を受けた方も、改めてファウンデーションクラスを受けると、それはそれで、新鮮で気づきがあったりします。


また、IHの本講座に進もうか、どうしようか?と悩んでいる方も、IH とは、どんなものなのか?がわかるファウンデーションクラスはお勧めです。


また、講座受講者には、今年は、その後の、練習会も企画しようと思っています。


やはり、筋反射は練習することで上手くなっていくものです。

クラスでは、1日かけて、普段私がセッションで使っている、バイオフィードバックの方法での筋反射の取り方を指導していきます。そちらを使う方が、より深いセッションに繋がりやすいと、私は思っています。IHプラクティショナーになったはいいけど、うまく筋反射が取れない、、と言っていた方も、改めて、ファウンデーションクラスを受けてくださり、筋反射が取れるようになった!ってわかってくださったかたもいました。

筋反射はコツをつかんでいく必要があると思います~。


リテイク(再受講)は半額でお受けしています。


ではでは、日程です♪

ーーーーー


IHファウンデーションクラスについて





開催日:2017年6月17日、24日

2017年8月19日、25日

     9月2日

       

        それ以降 開催する予定ですが、日にちなどは未定です。


(どの日も、同じ内容です。どちらかご都合がいい日にご参加ください)





開催時間:9:15~18:00





開催場所:Pure Food Pure Body


京都府相楽郡和束町(詳しい住所はご参加ご希望の方に、直接お知らせいたします)


また、こちらも、ファウンデーションクラスについて書いています。ご参照ください。

http://purefoodpurebody.liveeditaurora.com/pages/ihfoundation

ーーーーーー

Pure Food Pure Body へのアクセスは

こちらhttp://purefoodpurebody.liveeditaurora.com/pages/contact


ご質問、お申し込みは

keiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。

--------------------------------------------


①お知らせその1

五月のセッション割引のお知らせ❤︎

さて、五月は私の大好きな人3人が誕生日というなんとも特別な月。ということで、今月のセッションお申し込みは割引で提供させていただきます。

五月末までにお申し込みで


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。

IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化してきます。5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください♪


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

まで。



②お知らせその2
7月は、アメリカの子供達が来るために、セッションを1ヶ月お休みさせていただきます。
申し訳ありませんが、
5月、6月はできるだけいれさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

[PR]
by pineheath | 2017-05-31 11:52 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

[IHセッション事例ーセクハラ]


シェアの許可をいただけたので事例を載せたいと思います。
会社の元上司からセクハラを受けて、ストーカーまがいな事をされ続けたMさんは最終的に上層部に相談し、その元上司は部署を移動、接点を持たなくていいように解決してもらったのですが、Mさんは表面上は解決した事であっても、内面はとてもその事を引きずっている状態でした。
その元上司の事を思い出しては、胸のむかつきを覚えたり、食欲不振になったり。腸が煮え返るおもいが出て来る状態。その上司が持っていたしつこさ、執着心に、未だに気持ち悪さがよみがえったり。

感情としては、火の感情のうちの『憎しみ』で反応していました。
I safely release all Phisical Body curses.
(私は体に刻み込まれている呪いを安全に取り除きます)
このことばに対して、仕事が忙しくても、ムカムカがつきまとう感じで、確かに体に呪いが刻み込まれているようです。と。

My Ego is open to miracles.

これに対して、Mさんはもともと、直感でババばーっと動いて上手く行く事が多いタイプだったと。

My Spiritual Being is fit and healthy.
(スピリチュアルな存在としての私は自分にフィットしていて健康的です。)
これについては、
その言葉は憧れるけど、今は、その状態にはあてはらない、わたしの中では、この出来事が取り除けない事実として起こってしまっているから、、、と。

Mさんは、もともと、とてもエネルギー高い状態で毎日を生きる事が出来ていたのだけども、セクハラの一連の出来事からもともとの自分の居た次元よりも、低い次元に引きづられた感じになっている状態だという事が分りました。そして、そこから抜け出せず、その低い次元の自分が許せないセクハラ男に対して、恨みを握りしめている状態になっているのでした。
もちろん、セクハラをした、その男が悪いのですが、その男への恨みをずっと握りしめて離す事が出来ないのはMさん自身なのです。
その握りしめた恨みの感情は、まるで赤く焼けている石炭のようなもので、握りしめている人がやけどをするのです。

そんな話しから、Mさんの目標は
『高い次元に戻り、自分がやる事に集中して幸福な感覚で一日一日を燃焼する事です。』

と言うものに。

体がIntegrated Touch というストレスのある部分に手をあてて、そこにあるものを感じて欲しい、というヒーリングが選ばれました。
筋反射ではその場所は胸と出てたけども、Mさんご本人に聞くように出ていたので、M さんに体の中でこの事のストレスがたまっている所ってどこですか?とお聞きしたら、少し考えた後で「胸、、、かな、、、」と、おっしゃいました。

ちゃんと繋がれているなって、思いました。

そして、胸に手をあててもらって、これにはいつもよりもすごく時間がかかったのだけど、ゆっくりゆっくり胸にある固い塊は溶けて、上に上がって行き、一部がのどの所にとどまりました。
そこで、次はのどにも手をあててもらいました。
Mさん、途中、「あれ、、、これなんだろ、、、」と、感覚が変化して行く事がとても不思議だったのか、そんな事をつぶやかれていました。
最終的に、のどにつかえていた固い物も溶けました。

そして、出たのが
ネガティブなエネルギーコードの切断 というプロトコール
そう、その上司がMさんにネガティブなエネルギーコードを繋いでいました。
これって、自分が繋いでいる事もあるのだけど、知らず知らずのうちに相手から繋がれている事も沢山あります。
昨日のセッションでの過食のセッションではお母さんと、食べ物が同じ立ち位置となってて、そことネガティブなエネルギーコードを繋いでいるって出たりしていました。本当にこのプロトコールも興味深いです。

そして、音叉
オラクルカードはFollow Your Heart 心に従いなさい と言うものでした
アロマの『縁』というのも出ました。もう、必要ない縁をきれいさっぱり切って、必要な縁がやってくるサポートだったのかもしれません。
あと、最後に、ホメオパシーのレメディ ハイペリカム というのが選ばれました。私はホメオパスでは無いので、ホメオパシーの意味が分からず、筋反射で出たものが今必要な物という認識でしかないのですが、後から、意味を調べてみると、へえー!と興味深かったりします。
このハイペリカムというレメディーは 『事故や怪我以来の鬱』 に効果があるという記述を見つけました。


最後に:
同じような事故にあい、苦しんでいる人の助けになったら、という事で、シェアの許可をくださったMさん、ありがとうございます。
今回のセッションで、わたしは、これからもIHが必要な人に届いて欲しいなーって強く思いました。
このごろ良く思うのです。
クライアントさんはひとりひとり、自分では超えれないくらいに苦しんでいて、でも、その悩みって、どこに持って行けば良いのか分らない状態だったりするんだなって。
今回の場合はMさんの胸に詰まってしまっていたネガティブな物を浄化し、そして、元上司とのネガティブな繋がりを切断して、Mさんを元居たエネルギー状態に戻した訳だけど、こういう事って、一般的に考えたら精神科に行く話しなのだろうか?でも、精神科はどう対処出来るのだろう?って思うのです。抗鬱剤とか出して終わりなのかしら。

M さんの同僚の方が、思い悩むMさんからお話を聞き、今回私をご紹介くださり、M さんとのご縁が出来て、本当に良かったです。
最後に、ヒーリング後のイメージをM さんにお聞きした時に、「会社の雰囲気が澱んでいたのがなくなり、いい気が流れていて、自分や皆が活き活きして仕事している。会社が、本来の健全な日本らしい良い信頼関係を持って、活気を持って、お客様と、社員もいい状態で回っている」とおっしゃっていて、ほーんとに、IHがする事って、その方だけを癒すのではなく、その方を中心とした全体を癒すんだなっておもいました。

Mさんもとの輝きを取り戻して、そして、さらに輝いて、活き活きされて行く事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆11月 セッション可能日☆
ただいま、先月からお申し込みくださっている方から、先に予定を入れている時なので、お申し込みの時には、第3希望までお伝え頂けるとありがたいです♪


11/1(火曜日) 10:00 予約済み
          14:00 予約済み

11/7(月)  10:00
         14:00 予約済み

11/8(火)ママ♡ティーサロン

11/9(水) 8:30 予約済み
        14:00 予約済み

11/12(土)10:00
        14:00

11/14(月)10:00
        14:00

11/19(土)10:00
        14:00

11/21(月)10:00
        14:00

11/22(火)ママ♡ティーサロン

11/26(土)10:00
        14:00

対面、スカイプでセッションしています。
対面の場合、バスの時刻があるため、開始時間が少し前後します。
お申し込み、お問い合わせは
keiko@purefoodpurebody.com




ーーーーーー
[PR]
by pineheath | 2016-10-29 00:42 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

[IHセッション事例ー物忘れ]

IHセッション事例ー物忘れ

「物忘れ」がテーマって、一体根底に何があるんだろう?って思ったのですが、あるキーワードが出た時に体が「それ!」ってうなずきました。

それは、『リセット』でした。

今日は 許可をいただいていた、Rさんのセッション事例のシェアです。
最初は違うテーマをあげてくださっていたのだけど、「あ、それと、物忘れがひどくって!」とRさんが言った所で筋反射。
体は『物忘れ』をテーマにして!と言っているで、それをテーマとしてセッションがスタートしました。
その物忘れは、誰かと話していると、いつも分る当たり前の事でも、不意に出てこなくなるらしのです。いつも話している友だちの名前とか、自宅の住所の番地とか。以前、脳のスキャンを取ってもらっても異常は見つからなかったと。
で、その物忘れが起こった時には、深みにはまるような感じ、細い穴に落ちて行く感じがするという事でした。
言葉を引きました
I release all stress in my Inner Child blocking optimum hormone function.
I release all stress in my Emotional being.

たまっているストレスが、何かしらの誤作動を起こさせているんだという事が分って来ました。

最初は、ストレスがあるのかなー。。。って言ってたRさんでしたが、昔から、この感じがあるかもしれません。と。
子供の時に、勉強したのに出てこないと、めまいがして。。上手く出来ない、覚えられないとかって思うと、もう、すべて辞めたくなったりするんです。
最近ギターの練習しているけども、それも、どうしても上手く行かなかったりすると、もう、全部辞めたくなる。「私ダメだ」って思ってしまって、『リセットしたくなる』のです。

このお話をしてもらっている時に、『リセットしたい』という所で強く筋反射が取れました。体が「そうそう!!その方向に話しを進めて!このキーワードが関係あるから!」って言っているのです。
そこで、「今、深い部分で『リセットしたい』って思ってしまっている事ってありますか?」とお聞きしました。
Rさん「夫婦生活。。。」ー筋反射 Yes
そこで、その事についてお聞きしました。
「夫に対して恋愛感情がそもそも無くって、昔、好きな人が出来て、初めて、ああ、人を好きになるってこういう感情なのだと分ったのです。でも、しょうがない、今回の人生は他の事で幸せを埋めて行くしか無いって思っていました。
でも、親の事でも、自分の人生、あの親の元に生まれて来た事、自分で選んで生まれて来たって言われるから、沢山の事諦めて、我慢して来たのに、なんで、結婚に関して、本当に好きな人と結婚するって事を選ばなかったのか、、、ってリセットしたくなります。」

そうなのです。
その感情を抱えて、リセットしたいという想いをずっとに底の方に抱えている事から、リセットの誤作動として、『物忘れ』が起こっていたようです。体ってすごい。

で,どうしたい?という質問に対しては、
夫に恋愛感情を持てるようになりたい。。。
自分が感じる事を感じて良いってなりたい。。

そこでもう一度言葉を引きました
I release genetic beliefs blocking my guide connection.
(私は、自分のガイドとコネクションをブロックするような遺伝的な信じ込みを解き放ちます)と言うもの。

「私は、自分で全部責任もってしなければ行けないと背負ってしまっている。
ガイドの存在とかが信じれていないので、全部自分でやらなきゃ、でも、9割は上手く行かないって思い込んでいる。」と。


そんな中から、Rさんの目標は
私のガイドが自分を導いてくれている事を心から信頼し、きらきらとした人生をおくる事です。
と言うものになりました。

そして出て来た奥に潜む問題として、
扁桃体のネガティブな記憶というものが出てきました。
プロトコール:
扁桃体ーネガティブな扁桃体の記憶を除去する
このプロとコールについて。。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふつうの単数形で「扁桃体('the' Amygdala)と呼ばれていますが、実際は2つで対になっており、アーモンドのような大きさをしています。厳密には、「神経核」に分類されます。扁桃体には、基底外側核と正中中心核と大脳皮質が含まれます。扁桃体は、視床下部のすぐ上に位置しており、大脳辺縁系の一部をなしています。大脳辺縁系は私たちの感情の中枢であり、扁桃体はそうした感情を調整する役割の一端を担っています。扁桃体にはいくつかの機能があります。皮質や海馬や視床からのインプットを受け取る並列プロセッサーでもあり、視床下部との間で双方向のコミュニケーションもおこなっています。扁桃体は視床下部から恐れの条件反応を形成し、それを保存する役割を果たしています。

扁桃体は生体における戦闘隊長です。危険に直面すると、扁桃体は体に対して、戦うべきか、逃げるべきかという指令を送ります。そしてまた、脳が、感情的な意味づけを知覚や経験と統合するための、重要な組織でもあります。海馬は、経験を事実として記録しますが、扁桃体は、そうした経験に感情的な意味づけを与えます。ですから、扁桃体は主に、怒り、回避、防御、憂鬱、心的外傷後ストレス症候群(PTSD)、不安、恐怖などのような、後天的に身につけた恐れの反応を司っています。

扁桃体は、心臓が最初に鼓動を始めた直後に形成されます。扁桃体には、私たちが子宮にいた期間の記憶がすべて蓄えられています。子宮の中にいる時に、胎盤や羊水、生命を維持する液体があり、それを失う恐怖があり、栄養を与えてもらったり、弾んだり、動いたりする喜びがある、というような記憶です。

扁桃体はまた、母親の人生、憂鬱や恐れや生活についても情報を蓄えています。こうした記憶の蓄積は3歳まで続きます。つまり、ここまでの私たちの人生すべてが扁桃体に記録されている、という事です。3歳を過ぎると海馬が発達します。ここは、私たちがアクセスできる、意識的な記憶が蓄えられる場所です。問題は、たとえこの時点から扁桃体と海馬が互いに交信したとしても(リカ. カーター、1998年)、扁桃体に蓄積されている人生最初の3年間の記憶には、アクセスが不可能だという事なのです。

では、扁桃体に蓄えられた、ネガティブな記憶はどうなるのでしょうか?それは、個人個人が抱く恐ろしい悪夢となり、あらゆる行動を支配する見えざる力、人生の盲点となり、自分でもなぜしているか分からないのに何かをしてしまう、その知られざる理由となります。

扁桃体は、私たちの名を騙って、独断で、私たちの知性や理性的なシステムや行動をみな回避してしまいます。このため、「自己破壊」や「サバイバルプログラム」に取り組むときに「私」と「私でないもの」が出てくるのです。私たちがどんなに素晴らしい意図を持っていても、「別の私」が存在し、支配権を握って目標の達成を邪魔してしまうように思われます。扁桃体による条件反射を引き起こす、ネガティブな記憶を除去する事が出来れば、大きな前進が可能になるのです。

無意識的な感情の記憶/潜在的な記憶にアクセスさせてくれる、キネシオロジーによって、扁桃体が人生に与える、ネガティブな影響を除去する事が出来ます。「無意識」に働きかけ、記憶バンクを捜索して扁桃体に蓄積された否定的な記憶を発見する機会をあたえ、こうした記憶を発見して、ネガティブな影響を除去できれば、私たちは条件づけを解除する事ができます。そして、意識して制御しているわけではなく、制御されてしまっているプログラムを削除する事が出来るのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー解説終わり
このプロトコールが出た時には、もちろん扁桃体の記憶を取り出す事は出来ないのだけど、お腹にいた頃のお母さんがどんな感じだったか、想像つきますか?とか、3歳までってどんな感じだったか、想像つきますか?とクライアントさんにお聞きしたら、何かしら、ネガティブな印象が帰って来る事が多いです。
Rさんの場合「誰にも守ってもらえない」「サポートが居ない」って感覚が沸き起こっていました。
根底にある、扁桃体のそのネガティブな記憶によって、彼女は自分を導くガイドに任せる感覚を持つ事無しに、自分が自分の力でなんとかしなければって全部背負ってやって来ていて、夫婦に関して失敗したのではないか、リセットしたいという想いにかられていたのです。

インテグレートタッチ:ハートの部分と、前頭葉に手を触れ、ヒーリングをしました。

オラクルカード
Emerging 出現
キラキラと輝き、力強く成功し才能溢れる本当の自分が表面に表れてきました。他人が見ても分るように本当の自分を発揮してください。そして、いっそう輝いて人々にインスピレーションを与えてください。
あなたは色々な部分で本当に素晴らしい側面を沢山持っています。それを信じてあなたの真実の姿をもっと素直に見せるようにしてください。自分の感情を他人に(自分にさえも)見せ手はいけないと思っていませんでしたか?でも今のあなたは真の自分を表に現す事がどれほど素晴らしい、生命力にあふれた事か分っているはずです。
あなたの感情をエンジェル達や、あなた自身、そして、周りの人に表に出すように導いています。エンジェル達は愛を持ってあなたの感情に語りかけるので、あなたが感情を素直に表現する事により、友人や愛する人との間の誤解は生じません。エンジェル達は、あなたや他人を傷つけるような導きは決してしません。あなたが真の自分を表に出すようになれば、あなたの人生は新しいレベルで内に安らぎを表す事ができるようになるのです。
ーーーーー
オラクルカードなどが最後に選ばれる事がよくあるのですが、いつも興味深いなあって思うのは、セッションでの目標に使っている言葉や、セッション中に何度もキーワードのように言っていた言葉が、オラクルカードの文面の中に入っている事が多いこと。
今回は、「キラキラと」って言うのが、これからの彼女の姿としてのキーワードなのでしょうね。

あとは、
オーラソーマ 『レディーポーシャ」も選ばれました。

最後に:Rさんのセッションは何度もしているのだけど、今までは彼女のお子さんの事ばかりでした。で、今回、初めて、そこを抜け、彼女自身の事のセッションになったのだけど、セッションを通して彼女の段階が進んだなんだなーって事がよく分りました。

その後、統合期間を経ての彼女からの感想です♪
〜〜〜
先週水曜日のセッション後から3日間くらいかけて、
運命の人が夫であったと実感し、
もうどうしようもないのだ、、、と落ち込んだりもしました。

しかし、また2日くらいかけて 徐々に幸せに変わっていったのです。

私の夫への「見かた」が変わったのかもしれません。

私は 深いところで 夫を毛嫌いし、
「誰も私を守ってくれはしない(←親や世界に対する感情)」と、心に蓋をしていて、夫を拒否していたのだと思います。

それかセッションにより、解放され
「私はなんて幸せだったんだ。私と出会ってくれてありがとう。散々 振り回してごめんなさい。今まで一緒に歩んでくれてありがとう。私を幸せに導いてくれてありがとう。私と子どもたちのために、多くの我慢をしてきてくれてありがとう。これからもよろしくお願いね。」と、感謝の気持ちが湧き上がりました。

私は今、愛し愛される夫と暮らせて幸せです。
以下略

〜〜〜
という報告をいただきました♡
このセッションの後に、Rさん、どのように流れるのかなーって思っていましたが、自分の心を解放したら、「嫌だと思っていた事が、嫌なんかじゃなかった。」という結論になったのですね。
ソウルメイトのセッションでも、昔はこの人は違うと思う出来事があって、別れたと思っていた人が、自分の理想の人なって自分の目の前にまた現われたというのも起こったりします。
自分の魂の相手は、癒されていなかったときはそう思えていなかっただけで、癒されると、目の前にいた人だった!という流れにもなるのです。
[PR]
by pineheath | 2016-10-26 17:15 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)