カテゴリ:マクロビオティック;レシピ( 12 )

レンティル豆のサラダ

レンティル豆は豆類の中でも栄養価が特に高い豆です。
炭水化物も、たんぱく質も、食物繊維も、含んでいるので満足感があって、いろんなミネラルも含んでいるんで栄養価が高いとされています。鉄分、葉酸が豊富なのがうれしいですね。
レンティル豆のサラダはスペインでは日常茶飯事に食べられている食事なんだって。サラダにすることで、いいオイルを足してあげて、そうすると、ますます満足感の増す一品になります。

f0128026_2294533.jpg


Sally FallonのNourish Traditionの本を参考に、豆をゆでてみました。

ちなみに。。。

彼女の主張することは、マクロビを続けていたころの私にとっては、衝撃だったけど、それゆえに惹かれたんだけど、このごろ思うのは、動物の脂(Saturate fat:飽和脂肪酸)を取るのが本当は必要なんだって主張も一理はあるんだと思うけど、それもまた、その人のライフスタイルによるところがかなりあることだとおもう。
確かに彼女の主張する説の元になっているセオリーは、閉ざされている村社会の人たちで、健康に長生きしているコミュニティーを調べての結論なのだけど、今の現代社会、まず、動いている量がその時代の人々の様には行かないし、だから、いかに牧草で育った家畜の脂でビタミンAとDが取れるとしても、元の強靭さ、日常に要求される体を使う仕事量が同じではないのだから、そして、もっと精神的なストレスがかかっている現代人なのだから、昔のとおりをコピーして、動物性の脂ウェルカム!にするやり方はそれまた賢くないのかなーという風に思えています。
ということで、私も、マクロビーとかベジー一辺倒ではなくなったのだけど、だからといって、Sally Fallon のセオリーを完全に鵜呑みすることもできない、自分の適量を知るようにしています。なので、ラードも良質なもの(牧草で育った健康な家畜)なら少量使ったりします。

とにかく、そんな感じの距離感になっているので、

レンティル豆を一晩水にかしておいて、翌日水を替えて豆を煮るんですが、そのときに、皮をむいた丸ごとのたまねぎと月桂樹の葉と、本当にごく少量の牧草で育った豚さんの脂、ラードを入れました。
こうすることで、味わい深いこくのある豆が茹で上がります。
サラダにするときは
その後、豆が煮えたら煮汁を切って、冷まし、適当な野菜、ハーブとねぎとたまねぎとをオリーブオイルとも加えて、レモン汁と塩とマスタードで和えるだけです。
豆料理って、本当に時間はかかります。でも、手間はそうかからないと思う。水にかしとくだけ、煮続けるだけー。時間が料理してくれるので気に入っています。

豆を食べるとガスが溜まるーという人は、水にかす事をちゃんとやるようにして、煮あがる最後にごく少量の酢を入れるのもいいです。
[PR]
by pineheath | 2011-07-20 02:52 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

パプリカ入りフモスと発芽ブレッド

このごろの定番の昼ごはんがあります。
外がだいぶ暖かくなってきて、フレッシュなものが食べたくて、昼に、玄米などの炭水化物を取りすぎると、後の仕事効率が良くないので、この食べ方がすごく気に入っています。

発芽ブレッドってご存知ですか??
穀類や豆を発芽させて、それからパンを作るという昔の人達が食べていたパンの食べ方です。何故って、全粒の穀物や豆って言うのはフィチン酸が多くって、それがミネラルの吸収を阻害してしまうから。昔の人々は体験的にそういうことが分かっていたんでしょうねー。全粒の穀物、豆を発芽させることによって、フィチン酸と発芽抑制物質が中和されます。
自分で作ると、本当にスローフード~です。何日も食べれるまでに時間がかかります。そして時に、浸水させてる水を替え忘れて、雑穀を痛ませてしまうこともアリ。。
というわけで、今は信頼できそうなカンパニーの発芽ブレッドを買っています。
カンパニーによって、発芽させて、乾燥させて粉にするところと、発芽させて、そのまま練ってつぶしてパンにするところがあるようです。
私が買っているのはEzekielというカンパニーのもの。トルティアになってるのを良く買います。
f0128026_20344991.jpg


これを鉄フライパンで焼いて、フモスつけて、てんこ盛りに野菜乗せて、残り物野菜も乗せて、残りのおかずも載せて、オリーブとか、スプラウトとかトッピングして、時にはフェタチーズとかもトッピングして、かなりてんこ盛りにして食べるのが気に入っています。
f0128026_20381573.jpg

(この画像は、かなり控えめ盛りですが、本当は包めないくらいてんこ盛りが美味しいです。)

で、このトルティアに塗るのに良く作るのがフモスですが、ローストレッドペッパーを一緒にフードプロセッサーにかけるときれいな色がでて楽しいです。
f0128026_20412060.jpg

[PR]
by pineheath | 2011-04-16 20:48 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

手作りグラノーラ!

やめられない、止まらない♪の美味しさで、困るんですよね、グラノーラって。

デトックス明けだと、ホームメイドグラノーラでさえも甘く感じたのですが、今日あたりから、手が出るようになってきました。いや~、危険!!
でも、これって、ちょっとどこかいくときのおやつに重宝します。市販のよりも、自分好みでずーっと好きですねぇ。
ではでは、レシピです!!

f0128026_785040.jpg


グラノーラ

オートミール(インスタントではないやつ) 2カップ(アメリカは1カップが240ccです)
アーモンド 刻んで 軽くオーブンでロースト 1カップ
ゴマ 1/4 カップ
ひまわりの種 軽くオーブンでロースト 1/2 カップ
ココナツ (甘くないやつで細かく刻んであるやつ) 1/2カップ
小麦胚芽(wheat germ) 1/4カップ
レーズン1/2カップ
ほかのドライフルーツ 1/2カップ
オリーブオイル 1/4カップ
はちみつ 1/2カップ

①オーブンを180度くらいに余熱
②大きなボウルにレーズン以外のドライのものを加え、よく混ぜる。
③オイルを加え全体に良くなじませ、その後蜂蜜を加える
④全体によく混ぜて、オーブンの鉄板に均等に広げて、焼く。オーブンによって、5-10分に一回混ぜてはもう一度焼くを繰り返して、20-30分。全体がきれいに焼けるまで。
⑤オーブンから取り出して、熱を逃がしながら鉄板の上で冷ます。そのときにどんどん乾いてカリカリになります!全体がさめたら、レーズンとほかのドライフルーツを加える。
⑥ふた付きののジャーに入れて保存しましょう!



ガールズたちのお泊り会、朝は早朝から起きていたようで、朝から学校ごっこやってました。
f0128026_7221734.jpg

最初は、3人仲良く遊んでいたけど、途中から、ちょっと雲行きが怪しくなり。。。喧嘩モード???

そこで急いで朝食!朝食!気分変えて朝食食べようと声かけて。
朝食は、ホームメイドブレッド、スクランブルエッグ、フルーツ、ウォームレモンティー。皆で、夢何を見たか話しました。怪しかった雲行きも何とか元通り、楽しく皆でおしゃべりしましたぁ。女の子って難しい~!!
f0128026_728116.jpg

[PR]
by pineheath | 2011-03-06 07:30 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(5)

ブロッコリーとマッシュルーム、豆腐のキッシュ

お友達の家でスモークサーモンのキッシュいただいて、それ以降、豆腐のキッシュが食べたくて、思い立って作りました。冷蔵庫にはずいぶん前にボストンで仕入れてきた、長いもが残っていたし、ちょうどいい!
クリスマスには、いいですね。子供たちは、クラストのカリカリ感とフィリングのジューシーのコンビネーションがお気に入りでした。中身の野菜は、今回はブロッコリー、マッシュルーム、たまねぎを入れましたが、長ネギ入れてもおいしいし、何でもアレンジでおいしくできると思います。

では、レシピです

f0128026_11104144.jpg


豆腐のキッシュ

材料

クラスト
小麦粉 1カップ
片栗粉またはくず粉 大匙2
オリーブオイル 大匙2
豆乳 大匙2-4 プラス適量
海塩

フィリング
ブロッコリー 1房 小さめに刻む
たまねぎ 1個 みじん切り
マッシュルーム 5-7個 細く切る
にんにく 1かけ みじん切り
海塩 一つまみ


A,豆腐 1丁 かなり固めの木綿(アメリカだと Hard TOFU)
A,長いも 細め8cm または太め5cm 皮をむく
A,梅酢 大匙1
A,塩 小さじ1、こしょう 少々
A,片栗粉 大匙2


作り方

1、クラストを作る。
 小麦粉と片栗粉、塩を混ぜ、そこに、オイルをすり混ぜる。(手ですり込み、粉全体にオイルがコーティングするようにする。これをすることで、グルテンが出るのを防ぎ、さくさく感のあるクラストになる。)
粉と、オイルが混ざったら、そこに少しづつ豆乳を入れて、やっとまとまるくらいの感じにする。
麺棒で平らに伸ばし、パイ皿に広げて180度で15分くらい焼く。

2、クラストを焼いている間、フィリングの野菜を刻んで、少量のオイルまたは、水で野菜を蒸し炒めにする。

3、野菜を蒸し炒めしている間、材料Aをフードプロセッサーに入れてピューレ状にする。
水分の多い木綿豆腐の場合は、少し水切りしてから使ったほうがいい。

4、2の野菜に火が通ったら、3のピューレと混ぜ合わせ、1の焼けたクラストに流し込み、再びオーブンで30分くらい(途中フィリングの生地が焼けて硬くなっているか確認。しっかり火が通っていたら、固まります。)

5、適当に切り分けて、いただきます~!

f0128026_1111921.jpg



今日は、夕方からやっと外に出る時間ができて、子供の今日の希望だった、クリスマスツリーを買いに行くことと、近くのため池が凍ってスケート場になっているか確認しに行くこと、を外が暗くなり始めてから4時ころから、しに行って、家に帰ってきて、子供たちが飾り付けしている間にダッシュで作りました。
クリスマスツリーに合うメニューになったかな。
Mちゃんはこんな洋風メニューだとうれしいようで、「うわー、カフェみたーい!!」と、大喜び。
土曜日の夜ということで、子供たちはムービーナイト。
f0128026_11114392.jpg


f0128026_11215581.jpg

これで、家にも、サンタさんがこれるかな。
[PR]
by pineheath | 2010-12-13 11:22 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

なべによく合うゴマ味噌たれ

冬ですね~。何かというと、なべを食べている我が家ですが、ポン酢ばかりでは飽きるので、時にはゴマたれにしたりしています。
この、濃厚なゴマ味噌たれは、にんにくも加わって、こってり感があり、寒い冬にはとても満足します。
ぜひお試しを~!

ゴマ味噌たれ
材料
味噌 大匙2-3
練りゴマ 大匙2-3
にんにく 1かけ
豆乳  100cc
しょうゆ 大匙1
玄米酢またはお好みの酢 大匙1-2
メープルシロップ 大匙1-2

作り方
上の材料を、ブレンダーにいれ、がーっと混ぜて出来上がり。
味は好みで、加減してくださいね。そして、結構ドロっとした濃厚なたれなので、なべの汁で少し薄めつつ食べるといいです。
マジックブレッドなんかの、小型のブレンダーあがると重宝します。私は、サンクスギビングの次の日のブラックフライデーに、超安売りで購入してから、キッチンでかなり助かっています。
ローのナッツを荒く砕いてサラダに入れたり、マヨネーズ作ったり、ゴマたれ作ったり。。。
用途によるかもですが、購入してよかったです。
[PR]
by pineheath | 2010-12-13 09:16 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

レンコンの種玄米ご飯

f0128026_9135981.jpg

日本で売っているのかな?マクロビ食材のレンコンの種を玄米ご飯と炊いて食べるとおいしいです!
栗のような、それでいて、銀杏のような、そんな味です。

f0128026_992142.jpg

私は、玄米を水にかしておいて、炊く直前に、このレンコンの種を加えます。袋には水にかすように書いてあるので、本当は水につけといたほうがいいのかもしれません。
一掴みの塩と炊いたレンコンの種ご飯は、ほんっと、おいしいです。この食材見かけたら、試してみてください。
[PR]
by pineheath | 2010-10-28 09:14 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

豆。まめ

豆ものを2種類作りました。
納豆と、ヒヨコマメのフモスです。
納豆は、日本に住んでいるときには作ったことも、つくろうとも思わなかったけど、一番近い日本食材売っている韓国食材店まで3時間かかるこの田舎町で、いつでも納豆食べたいという要求は、もう、作れるものは何でも作ろう精神で、作り始めてかれこれ数年、今ではお茶の子さいさいに作れるようになりました。
といっても、工程は、何にも難しいことがなく、コタツの温度管理さえしとけば、誰にでも作れます。

f0128026_8332869.jpg

大豆をやわらかめにゆでて、まだ熱々のうちに少しゆで汁が残っている状態にしたところに、市販の納豆1パックを100ccくらいのお湯にといて納豆菌を充分湯の中に散らして、混ぜ合わせます。ここで、全体を良く混ぜ、ふたをして、40度くらいになるようにコタツを設定して、その中で24時間くらい納豆菌を発酵させます。
途中あけてあげて、中の状態を確認しても大丈夫。24時間くらいたってくると、なべの表面の大豆に白く納豆菌が目に見える形で付着してきます。それくらい増えてきたら、完成です。
熟成のために本当はその後冷蔵庫に入れたほうがいいのですが、私はすぐに小分けにして、冷凍庫へ。食べたいときに、自然解凍して食べます。


フモスは、買ったやつって、いつも知らない名前の、きっとおばあちゃん世代は識別できないような名前の添加物が入ってて、かといって、ナチュラルマーケットで買うと、すごく高くって、ヒヨコマメ、乾物の豆なんてすごく安く買えるのに、作らない手はないですよね~。というわけで、数日で食べきれる分だけ作ってます。
クリーミーな感じにしたいときは、もっと水をたしても良いと思うし、味も本当にお好みで変えられるし、ヒヨコマメを大量にゆでて小分けにして冷凍しとけば、フモス作りたいときに、いつでも作れるので便利です。

f0128026_832432.jpg


大豆と同じように、ヒヨコマメもやわらかめにゆでたやつを使います。
にんにく1かけと、メープルシロップ、レモン汁、海塩、タヒニ(練りゴマ)、少しの水と一緒にピューレにします。
以上!私は、マジックブレッドという小型のブレンダーを持っているので、それを使ってピューレにしています。
ハンドミキサーでやるときもあるし、フードプロセッサーで作るときも。作る量によって、そこら辺は適当に。
生野菜がいくらでもいける味です。子供のおやつにも、パパのビールのお供にも、もってこいです。
赤パプリカと一緒にピューレにしたら、赤っぽいフモスになるし、ピューレが完成した後にみじんにしたハーブを混ぜても良いし、色々お好みでアレンジできます。ぜひお試しを~!!
[PR]
by pineheath | 2010-10-28 08:49 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

栗ご飯

f0128026_13542929.jpg

栗ご飯を仕込んでいます。
明日のお弁当に、そして、お友達のところへ持っていくために。
栗を剥くっていうところの難関が終われば、いたって簡単なのですが、この栗の量を剥くのに試行錯誤しました~。明日の朝、おいしく炊けたら良いな。
栗玄米ご飯
材料
玄米 3カップ
栗 2カップ

作り方
1.栗を水に1晩つける、翌朝、鬼皮をナイフなどで切り目を入れながら剥く
2.渋皮が剥けないので、湯を沸かし、そこへ入れて2分くらいゆでる
3.一つとってみて、渋皮を剥いてみて剥けたらオッケイ、剥けない時は、そのまま湯に少しつけておく
4.渋皮が全部剥けた栗と水加減をした玄米をあわせて炊く

[PR]
by pineheath | 2009-12-14 14:03 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

切干大根クッキー

f0128026_1334587.jpg

切干大根を作りすぎたので、一部はクッキーにしました。
作り方は適当でしたが、オイルをあまり使いたくなかったので、ピーナツバターを少し入れました。
甘みはレーズンと切干大根そのものの甘さで。
空腹なときには、おなかにたまるおいしさです。

切干大根クッキー

{材料}
 切干大根の煮物 1カップ
 レーズン 1/4カップ
 クランチピーナツバター 大匙山盛り1
 全粒粉 山盛り1カップ

作り方
1.切干大根を少し煮汁を切りながら(きり過ぎなくていい)フードプロセッサーに入れ、ガーッとまわし、少し細かくする。
2.そこへレーズンをいれ、また少しまわし、そこへピーナツバターをいれ、まわして全体が混ざるようにする。
3.2へ全粒粉をいれ、またガーッ、ガーッとまわし全体がよく混ざって、なんとなくそぼろ状になったら止めて、握って、固まるくらいの常態か確認する。
4.手で握ってクッキー方に丸め、オーブンシートの上に並べて180度に予熱したオーブンで、好みの硬さになるまで15分から25分焼く。

おやつって、おいしすぎると、甘すぎると、おなかがいっぱいでもまだ、まだ食べたくなるので、こんな自然な甘みのクッキーも良いですよね。
f0128026_13491275.jpg

[PR]
by pineheath | 2009-12-14 13:52 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

玄米で陽性へ

私はもう5年以上玄米を炊くのに活力鍋という圧力鍋を使っています。これは、普通の圧力鍋よりも高圧というのが売りで、15分で炊き上がるというもの。
でも、このごろというかだいぶ前から、甘いものがやめられない、食べ過ぎてしまう、など、陽性の症状があって、原因が分からずにいた、というか、何が原因か、思いつかなかった。授乳中なのが原因とか、勝手に思っていた。
そして、先週にクシインスティテュートのオープンハウスへ行ったときに、味噌汁のデモンストレーションを見て、私の味噌汁は加熱しすぎということに気がついた、そうか、味噌汁も、玄米も、陽性過ぎるんだ、だから体が陽性に傾いていて過食と、甘いものがやめられないんだ。って気がついた。そこで味噌汁の作り方を変え、それに伴って、玄米の作り方も見直してみた。低圧で、20分、そのご10分経ったら圧を抜くというもの。すると、以前ほどの、どうしようもない位の体から欲求が少なくなってる。今までは、噛もうと思っても噛めなかったし、食べながら、キューってなってる感だったのが、今はもっと穏やかにいられる感じ?
こんな、根本のところが間違ってたのかーって陰陽の微妙な見えないバランスを思い知った。
何かをやめられないとか、どうしても、こうしてしまうとか言う悩みって、本当は、体からの正直な声なんだなって、もっと体の声に耳を傾けてあげたいと思った。
[PR]
by pineheath | 2008-05-25 00:08 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)