カテゴリ:プライベート( 4 )

自分で自分を幸せにする覚悟/ソウルメイトの夫とのこと

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by pineheath | 2017-06-14 15:35 | プライベート

母親として、~~べきを手放す育児

f0128026_15593946.jpg
今日のセッションで、ちょっと昨日の我が家のことをシェアしたので、このブログでもシェアしてみます。


昨夜は、夫婦でスパークリングワインを開け、子供に泡風呂をして楽しみました。


そもそもの、泡風呂の動機は、『私が』ゆっくりスパークリングワイン飲みたいなあと思ってたのだけど、退屈そうな娘に、なんかないかなあ、と思って、思いついたのが、泡風呂で、『みこちゃん泡風呂にしてあげよっか?』と聞いたら、『うん!!やった~!!』というので、泡風呂スタートになった、という流れです。


夜8時頃から入浴し始めた3歳みこちゃんだったけど、元々、お風呂好きな彼女、泡風呂が楽しくて、楽しくて。

私も、ワイン飲みながら、娘が楽しんでいるのを見てリラックスすることができました。


夫が途中から参戦、途中といっても、その時点で1時間は経ってて、夫はもっと泡風呂で泡が立つ方法を見つけたようで、そこから、またさらに、盛り上がり~。


私はというと、1歳のゆいちゃんが眠眠になっていたので、お布団でおっぱいあげに、でも、『マ·マー見てみて~!!!』と、風呂場がからのみこちゃんの呼び声がかなり楽しそうなので、唯ちゃんおっぱいあげながら、見に行くことにしました。


で、お風呂のドアを開けると、、いつもと比べ物にならないくらいのすごい泡!


その泡の中に、みこちゃんも埋もれて、超楽しそうな様子でした。


あんまり、お姉ちゃんが楽しそうなので、眠眠だった唯ちゃんも、もう一度復活し、笑、もう一回お風呂はいると言い出して、お風呂で大騒ぎ。


さすがに限界になった唯ちゃんは途中で出て、寝ちゃったんだけど、みこっちゃんと、パパの泡風呂はさらに続き。。。夜10時半も過ぎて、やっと出てきました。


なんか、早く寝かせなきゃとか、思いがちだけど、これ位楽しいことをしているのに、早く寝るべきだから、お風呂早く出なさいとか、いらないな~と思い、好きなだけ、好きなことしてたらいいんじゃないかと思ったんですね~。


私も、余裕がないときには、~べき思考に陥りがちだけど、本当に、それって~~べきことなのか?って考えてみると、ほとんどのことは、~~べきことってそんなにないんですよね。


たとえ寝るのが少々遅くなっても、朝起きれなくって、保育園に遅れるくらいのこと。保育園に遅れたら、何がどうなることでもないのに、私たちは、ついつい、ちゃんと早く寝ること、ちゃんと早く起きること、ちゃんと保育園に行くこと、って、ちゃんと、ちゃんと、するべき~~にがんじがらめになっているなーって思うのです。


で、『どうしたい?とか、どうだったら楽しい?』という、本当の自分の気持ちはないがしろにして、正しくあるべきと、正しいことをやろうとしてしまうんですよね。

なんなら、正しいことやるのが、一番したいことと勘違いしてしまってるくらい、自分の感情が出てこない場合もありますね。


それは、なんでかな~、なんで、正しくあるべきって頑張っちゃうんだろう?って思ったんだけど、

その根本のところって、流れを信頼しているかどうか?ってところにあるのかなって思います。

流れが信頼できていないから、『自分が頑張って制御しないと!!』ってなちゃうんだなって思います。


自分がコントロールしないとうまくいかないって恐れは、どんどん自分に責任を課していることで、現実、自分がどんどん(取りたくもない)責任とらなきゃいけない状況に追い込まれるなって思います。

流れを信頼していると、『今もこれでうまくいっているし、どのみち上手く行く』って信頼しているので、今を疑心暗鬼で見ることがなくなってくるのですよね。


母親は、子供を見守るという大切な役割を(木、火、土、金、水の五行の)『土』(マザーアースですね~)の要素として、発揮するのだけど、その土が強くなりすぎるアンバランスを起こすと、いい感じでお世話して、見守るのではなくて、全部が心配ベースになって、こうしなきゃダメ、ああしなきゃ、ダメってなっちゃうんですよね。


だから、母親として、じぶんがどうにかしなきゃ、頑張ってコントロールしなきゃって頑張ることに偏りがちならば、まずは自分が緩んで、流れを信頼して、『なるようになるさ~』と思える自分になって行くと楽なのだと思います。


私も、自分を失いがちになると、この土のアンバランスを起こします。でも、そうすると、子供がてきめんに反応してくれて、なんか子供との関係がうまくいかない事が多くなるので、自分を振り返るきっかけをもらえます。




そんなこんなで、またもや大満足なみこちゃんでした。


夜寝るときは、「もう遅いから、お母さん眠いし、読む本1冊にしようか?」というと、「でも、2冊でもいい?」と聞いてきて、「まあ、じゃあ2冊ねー」というと、「じゃあ、3冊にするわー」と3冊持ってくるみこちゃん。その持って行きかたに笑え過ぎて、こっちも3冊読んじゃうのが面白いですね。


もう、したいことをしたいと伝え、したいように生きている娘だし、こっちも、それに巻き込まれて、でも楽しい状態です。



今朝は、やはり、ちょっと寝坊して、やはり、保育園に遅刻して、笑。でも、ご機嫌で行くことができました










[PR]
by pineheath | 2017-05-30 16:02 | プライベート | Trackback | Comments(0)

かみさまとのやくそく〜ここに生まれてくれてありがとう

とても久しぶりのブログです。何と、気がつけば半年もブログ放置してしまっていました。

2月22日に人生4回目の出産。元気な女の子を出産しました。

命(みこと)となずけました。

生まれた後は、ただひたすら、おっぱいと、おむつかえとに追われてた毎日。昼も夜もなく、いつ寝て、いつ起きてたか分んなくなる日々。

4回目だからって、きっとベテランねーなんていわれるけど、やっぱり赤ちゃんは大変〜。
3ヶ月も過ぎて、このごろやっとセッションを入れる余裕が生まれてきました。

何から書けばいいのか分らないけど、ブログも書いてみようかと。。。


一年前、離婚が成立したのでした。

ああ、あれから一年なんだなー、なんて。
たった一年だけど、おっきな一年であり、色んな事があったし、考えた1年でした。

 何がどうなるとは分らず、でも、少しずつ大きくなるお腹でただ進むしかなかった1年。
離れて住む事になった3人の子ども達の事を思い出しては涙して、でも、生まれてくる命と、進もうとしている道に深呼吸して、そうして、気がついたら一年という月日が経っていました。

結果、『今』という現実に繋がったんだけど、みこちゃんの存在があったからこその今なんだって、思います。

それがなかったら、ここまでの事ができただろうか、と、今でも思います。

私にしても、彼にしても、自分たちの気持ちだけでは、押し通す事なんて到底できなかった。だから、私たちがちゃんと進めるように、みこっちゃんは来たんだなって思いました。

まだ、色んな事が途上にあるのだけども、その瞬間その瞬間精一杯生きた結果が今ここにある事だけは、自分で分っていようと思っています。

時に、離れて暮らす事になった子ども達に罪悪感の波が押し寄せて来て、息が苦しくなる事もあるし、今はものすごく幸せだけど、その幸せを感じれば、感じるだけ、そのぶん、何かもっと上手くできなかったかと、終わった過去を振り返って、グルグル考えたりしてしまう事もあるけど、

それでも、今は、

あの時、自分の精一杯で生きたんだって、思っています。

どちらが悪かったとか、だれのせいでこうなったという思考サイクルではなく、精一杯生きた結果が離婚に繋がり、そして、それが今に繋がるんだって、

そう思っています。

皆がただただ幸せであって欲しいと祈るばかりです。


 みことちゃんが宿ったタイミングといい、パーフェクトなことが起こり過ぎて、全ての流れから見ると、全ての状況を把握した上で、この子はここに来たのだなあって、その事は分りすぎるくらいに分っていました。

だからこそ、出産直前から上映されていて、見たかった映画「かみさまとのやくそく」は絶対見ようと思っていました。

そしてやっと観てきました。

気がつけば、離婚した日から一年経った日でした。



赤ちゃんの魂は生まれてくる前に、かみさまの前で、テレビのようなものの画面の中でどの人をお母さんにしようかと探すのだって。そして、この人のところに行きたいって決めてから、そのお腹に宿るのだそうです。

このお母さんのもとに行きたい。それを自分で決めるんだって。

そして、生まれてくる目的は、人の役に立つ為。そして、まずはお母さんを幸せにしてあげたい。
それが赤ちゃんが生まれて来て思っている事なのだとか。



今は、ただ、ただ伝えたいです。
私の、離ればなれに住んでいる3人の子ども達、私のもとに生まれて来てくれてありがとう。

3人の子ども達の方が、私よりずっと魂が成長してて、その愛に私はどれだけ癒されて来た事でしょう。

かけがえのない時間を一緒に過ごさせてくれて、ありがとう。

今はずっとには一緒に居られないから、一緒にすごして来た時間を精一杯思い出して、精一杯の愛を送っています。そして、会える時には、その分の愛を伝えていけたらと思っています。

今、離れて暮らしていても、彼らは私の幸せを願ってくれていて、精一杯、前を向いて生きている。
その姿がけなげすぎて、涙が出ます。ありがとう。

そして、それを支えてくれている人達にも、心から感謝です。


インド占星術のサイモンから、1年とちょっと前に、「君が君のダルマ(生きる使命)を追求するにあたり子ども達と一時期離ればなれに暮らす事になるよ。」といわれた時には、その言葉が耳に入らなかった位でした。

「私だけの幸せの為に、作って来た家族を犠牲にする事になるなんて、そんなのオカシイ!!それは、私の為だけであって、他の人の幸せには繋がらない事なの?!」
その事をしつこく、しつこくサイモンに尋ねました。

そしたら、彼がいったのは、「Keikoが自分のダルマを追求する事は、まわりまわって、彼らの幸せにもなるんだよ。でも、それを追求するのは、大変な事なんだ。」と。

サイモンとの会話をかわしたあの時に、今現在、こうしている事なんて、想像さえできなかった。
でも、あれ以来、流れは自分がどこに居るのかも分んなくなるくらい早く進み、瞬間瞬間に、自分の行く道を決めないと行けない出来事が連続して起こり、
そして、
今現在流れ着いている所は、ここなんだと思う。

今を精一杯生きる。相変わらず、それしかないように思っています。

Tくん、Aちゃん、Mちゃん、ママの元に生まれてくれてありがとう。

そして、みことちゃん、ここに生まれて来てくれてありがとう。私を強くしてくれてありがとう。

f0128026_13384667.jpg


f0128026_13532946.jpg

[PR]
by pineheath | 2014-06-24 14:03 | プライベート | Trackback | Comments(0)

幸せに向かって進む

 久々に自分のピライベートな事でも書いてみようと思います〜。
私は今、インド占星術で言う所のケトウ期という事で、自分の内面を見つめる時期にいるようです。
これが7年くらい続くと言われて、まじですか~、、、。どこまで、自分を見つめれば良いんですかねー、、悟りでも開くんですかねー、、って、ちょっと、というか、かなりビビっていたのだけど、今はもう、その通りなんだろうなって、腹をくくって思う事にしています。

その時期に入ってすぐに、人生でこれひとつあったら大変そう〜という事が、5つ合わさっている状態で起こって、というか、起こしてしまって、でも、そこに対して、後悔というものはやっぱり沸き起こらなくって、これが自分の道なんだという気がしてならない気持ちになっています。
もちろん、ふざけて起こしたわけでは一切無くて、一瞬一瞬を必死で悩んで結論を出して来た結果が今にあるからなのだけど。

そして、やっぱり今の状態を幸せだって思えている。


私の話を一部始終、個人的に聞いた人は、口をあんぐり開けて、「でも、幸せそうに話すね、、、。」って、話の内容と、私の話す態度のギャップに「なんか、話の内容はすっごく大変そうだけど、恵子ちゃんの話聞いてると大丈夫なんだろうなって思う、、、」って、皆、そんな感想を言います。

実際、大きな先は見えないけど、一歩進んでみたら、その先一歩踏み出す所がある状態になっている。そんな状態で、5月から今まで進んで来たなって思います。
旅人になるって言われたけど、本当に、2週間おきに新幹線に乗って移動しているし、自分がどこにいるのか、良く分らなくもなる時もあるけど、でも、行く所、行く所に滞在させて頂ける場所があって、なんて、恵まれているんだろう〜、と、感謝につきません。
私は、名前の通り、人に恵まれている子なんだなーと思います。

そして、持ち上げられないくらいの重たい荷物と旅してても(セッション道具が一緒なので〜)、意外と、そんな旅人生活も、悪くないなーって思えてて、幸せだなって思えています。
行く先で会える人と、いいじかんを過ごせて、ふと、本当に自分の人生って180度変わったんだなと実感している所です。

ああ、こうしたかったんだなって、思います。会いたい人と会って、話したい話をする、魂が喜ぶ時間を少しでも多く持ちたかったんだなって、そう思います。

私の場合は、インド占星術で言う所の、本質がアウトサイダーな人間なのだけど、マーチャントをかぶっている時期というのが、この人生でついこの前まであって、そこから、もともと持っていた、アウトサイダー全開の人生に入ったのが、この夏。全く違う見方をするようになるから覚悟しておいた方が良いよって言われていたけど、本当に、ここまで自分の人生が変わるとは、予想出来ていなかった。

5つの大きな事が一時に起こったと書いたけど、そのひとつひとつは、大きな悲しみに暮れる事もあり、大きな喜びな事もあり、様々な、本当に様々な感情が沸き起こる事なのだけど、ああ、この感情を味わわないといけなかったんだなって、今は思います。こんなに人生で、感情が最高になった時も、最低になったときもないというくらいの、感情の幅を経験した2013年の今まででした。
あまりにもエネルギーが凄かったからだと思うけど、それは物質界にも影響して、金属のブレスレットは切れたし、クリスタルは割れたし、私の顔は2倍に腫れ上がって、恐ろしい事にもなったし。

今は、そのピークの時に比べると、外が少し秋っぽくなって、ようやく大きな、大きな山越えが終わった感があって、少しは落ち着いてくるのかなーなんて、希望的観測を持っている所です。
結局、私たちは、そうやって、何をしているかというと、経験して、どんどん自分が分っていって、そして、どんどん本当の自分になっていくって事をしているんだろうなって。そして、本当の自分でいるって事が、結局は自分の幸せなのだろうなって。楽しい経験、ネガティブな経験を通してしか、学びは無くて、学ぶから自分が分る訳で。
要は両方とも、成長のための学びなんだなって思います。ネガティブな経験も、ポジティブな経験も。

そして、この5つの大きな事の背景には、たくさんの人の涙もあり、そこに対して、どうするのかと言われたら、私がどうする事も出来ない部分がほとんどなのです。だって、幸せは、その人自身の責任なのだから。
私は、私の事しか、コントロール出来ないのですよね。他の誰かの感情とか、気持ちを私がコントロールしようと思ったって、それは無理な話なのです。だからといって、そこに対して無責任でいたいと思っているわけでは無いのです、私が出来うる限りの事をして、それでも、ダメな場合、ダメな物、事にフォーカスしていてもしょうがないんだという気付きがありました。
だったら、ダメな事にフォーカスして、悲しみに暮れる、という事をしないって自分が選択するしかしょうがないんだなって。自分がコントロール出来る、自分の幸せにフォーカスしようって。

そして、面白いように、不思議なくらいに、とんとんと、その話(自分が幸せにフォーカスする)は進む訳です。

これからも、色んな感情を経験しながら、幸せに進んでいるんだって事をちゃんと分って、進んで行きたいなって思っています。私を応援してくれている皆にこころから感謝♪
[PR]
by pineheath | 2013-09-14 12:19 | プライベート | Trackback | Comments(0)