カテゴリ:アメリカ生活( 60 )

2012年 ありがとう!

今年ももう、残す所あと数日ですね。今年も感謝したい事が一杯です。
今年は友人たちとの繋がりに加えて IH キネシを通して、沢山の方と繋がれた事をとても、とーっても嬉しく思います。ブログを発信している中で、実際にご連絡してきて下さり、セッションさせていただける縁をとても有り難く思います。
セッション中にメモ書きしていく私のセッションノートがあるのですが、それも12/21/12アセンションと言われた日からちょうど3冊めがスタートになりました♪ なんか、何となく一歩前進♪って感じで嬉しかったです。

21日、みなさんはどんな日になりましたか?
この日は2件セッションが入っていたので、新しいノートが進むのがとても嬉しかったです。
その日、こちらは大嵐で、夜の一件のセッションは停電で危うく中止になる所でしたが、セッション開始時刻少し過ぎて電気が回復して、無事にセッションをする事が出来ました。 セッションをしている分には平気だったのですが、それ以外の時間はなんか、その日は体の節々がだるくって、お昼寝をしたくらいでした。それと、ハートチャクラの所が開く必要があったのか、胃の調子が悪かったです。食生活変えたわけでもないのに。面白いですよね〜〜、そんな不調も、それから数日経った時にはあれはなんだったんだろうって、思う位。
私の場合、アセンションに向けての動き的な物は11月の頭のハリケーンサンディーにNYで遭遇した頃から起こっていて、そう言うわけで、11月、12月はものすごく精神的動きのある月だったのだけど、そう言う物がここに来てやっと静かになった感じです。

さてさて、セッションの話に戻って。。
ノートに刻まれた言葉を見返す事はないのですが、(っというのも次のセッションの時に変な先入観が入らないようにわざと見返さないのですが)
一つ一つの心の旅は一つ一つ感動的な物です。その旅にIHプラクティショナーとして、伴走させていただく事が出来た事を心から感謝します。
一人のクライアントさんから、「自分は誰かのためにって言う事をやっていない、恵子さんはやっている。」というような事を仰っていただいた事があると思うのだけど、私は、この事を自分がワクワクするからやっているだけなのです。誰かのためにやっている、って思ってないです。
IHセッションによって、その方が表層の意識では繋がらなかった所に、繋がる事が出来る時の感動を一緒に味わう事が出来て、私はいつもワクワクするんです。
時に、しずーかにセッションを終えられるクライアントさんが居て、そんな時は、一体セッションどう感じられたんだろう。。。と不安になったりもしていましたが、今では、そんなクライアントさんでも、みなさん、外に出す表現の仕方に違いがあるだけだという事が分かっているので、私にはこの出た言葉の意味が分からないけど、クライアントさんには何か意味のある事なんだろうなー、と、静かに受け止めています。だから、静かに終わったセッションでも、あとから、あの言葉が響きました、とメッセージを頂けた時には、ああーやっぱりそうだったんだなーって、思います。
あんまり目に見える変化は感じられないって言う方も中にはいらっしゃいます。でも、そんな方も、長期的に見ると、かなり前進していたり。そう言うのを見るとやっぱりIHは素晴らしいなと増々思います。

Pure Food Pure Body の今年の仕事納めは29日に入っている朝、晩のセッションです♪
年明けは1月4日からスカイプのセッションを入れていきます。どうぞよろしくお願いします♪
2013年も、増々多くの方と繋がれる事を心より感謝します☆☆

また、以前にも書いたのですが、年明けから セッション料金が75ドル→95ドルになります。
もし、年明け以降にセッションを受ける事を予定されている方がいらっしゃいましたら、年内中にお申し込み、お支払いください。

私たちは沢山の事を抱えて生きています。IHのセッションは私たちが溜めてしまって気付いていない心のゴミを取り除いてくれる素晴らしい方法だと信じてやみません。少しでも、多くの方と繋がれますように。

それと、スカイプでのセッションで、お顔を見せたくないという方はそれでも、大丈夫です。私の画面見ていただけた方が、一緒にやっていただいた方がより効果的な事がありますので、見ていただく事が多いですが、私がクライアントさんのお顔を見ないでセッションさせていただくケースは結構あります。

セッションで度の深さの問題が出てくるかは、その時のその方次第です。10回セッション申し込まれた方でも、最初にどーんと大きいのが釣れて、あとは少しずつ、少しずつ 小さめの物が釣れていく方と、最初は小さめな物が釣れて、そのうちにどーんと深い物が釣れてって方と、居ます。どれがいいとか、悪いとかの問題ではなく、それが、その方のベストなのだと思います。なので,その過程を信じましょう。

さてさて、今日あった出来事♪
大雪が昨日から降り積もり、新居に引っ越ししてはじめてな冬なので、除雪の車も頼んでいなかったのです。
昨日の夜からパパが雪かき、雪かき、今朝も雪かき、雪かき、、、
でも、そんなに広いドライブウェイではないのだけど、雪は一向に無くならない。
私は、レイジーなので、そんな無謀な雪かきをするよりも、雪かきしてくれる除雪車を探した方が早いと思い、お隣のチェスターの所に、誰に雪かき頼んでいるか聞きにいきました。チェスターは今はもう、自分で小さな機械使ってやっていると。
でも、以前頼んでいた事があるという、サンディーという近所の人を紹介してくれて、その人の電話番号をくれました。チェスターの家から自分の家に戻る時に、車道を何台かの除雪車が通りかかって、「あっっっ、、ちょっと!!」って止めようとしたら、一瞬遅れてその車は行っちゃったりして、うまく捕まえられず、その車道で次の除雪車が来るのを待とうかと思って、キネシで見てみたら、待つ必要なしと出るしー。なんなんだろうー、これ。。
で、家に戻って電話するも、電話繋がらず。チェスターも、彼は昼間家に居ないって言ってたし。。。
パパは、子供たちと相変わらず雪かき、雪かき。
友人の所に電話して、友人が頼んでいる人を聞こうと思っても、友人も留守。
それで、私も仕方なく、雪かきを手伝う事に(やっと!)
パパがほとんど終わらせていたので、あと最後のひと踏ん張りって所を少し手伝うだけで、どうにか自家用車が敷地から出れて、パパは仕事に向かう事が出来ました。そこで、残りの雪かきを任された私だけど、どうにも、この大量の終わりない雪かきをするって言うのは気が進まず、、、そこでふと見ると、うちから斜め遠くに見えている家の駐車場を除雪出来るトラックがきれいにしている所でした!!
道を回って、その家に走っていって、「あのー!!!除雪してくれる車探しているんです!!!うちのもやってもらえませんか?!!」ってもう、躊躇無しに聞いていました。
「どこに住んでるの〜??」「あの、後ろに無える青い家です!!」「ア〜〜、あの家ね、いいよ、やったげるよ、ここ終わったら5分くらいで行くからー、それともこの車に一緒に乗っていく?」「あ、大丈夫です!!家の所で待っているので、ありがとう〜〜〜!!!」って、もう、それは考える隙もなく流れる感じ。
そこから家に戻る時に、さっき聞きにいってたチェスターが、「Keiko, その人がさっき自分が電話番号あげたサンディーだよ!!」って。

結局、ほんとに5分くらいでその除雪車のおじちゃんサンディーは来てくれて、本当にあっという間にガーガーガーってきれいに除雪してくれて、おまけに20ドルだって。
あの労力考えたら、20ドルってあり得ない値段でした。

いつも、こういう時の流れで思う事があって、それは、流れる時って、頭で何〜も考えていないって事。ここでこうやったらこうなるかも知れないとかって、全然考えていない。とにかくチャンス(チャンスとかって事さえ考えていない)に飛び込んで、ただ流れる!!!みたいな。その前に、努力が居るのかどうなのかって事は、よくわからない。私の思い込みでは、”流れる前には努力が居る”っていうのがあったのだけど、この子供が冬休みに入って、色々時間が出来た時を利用して読んだ本『「ザ マネーゲーム」から脱出する方法』によると、そのことさえも思い込みなんだなって思うようになりました。この本は、だいぶ前に買っていたのに、今読んだって事にも意味があるなって思います。(また、この本の事は書きたくなったら書いてみます♪)
サンディーはこれからも雪の除雪に来てくれる事になって、一件落着なのでした♪
2013年は増々流れのままを信じていく年にしたいです☆☆

f0128026_8113436.jpg

[PR]
by pineheath | 2012-12-29 08:17 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

ネットが通じた〜☆

前回の記事で電話線と、ネットの回線が接続されなくてーって記事を書いたのですが、いよいよ。やとこさ、昨日無事接続されました〜〜〜!
わらっちゃうくらいいくつかの良い偶然が重なって無事昨日接続されたのです。その偶然の一つでも逃していたら、接続が完了するのはまだ先の事だった事を思うと、とにかく何かに感謝したい気持ちでいっぱいになりました。

事のはじめは、、、

娘を迎えに行く予定時刻頃ふと表を見ると家の前の電柱の所に電話業者の人が何かしているのを発見。もう,娘迎えに出る時なのだけど、待ちに待った配線工事、どんな感じなのか,話聞いといた方が良いのでは,という想いがして、その電柱の所まで走りよって行きました。
業者のお兄さんに、「どんな感じですか?」と聞くと、「えー?何が?僕はあっちの家、ナンバー10の家の配線に来ているだけで,この家の配線じゃないよー」と言うではありませんか。。。
「い、いえ,いえ、いえ、いえ、お兄さん,ナンバー10はこの家です!!ここが10番ですって〜!!」と言うと、「え,そうなの?ここに7の番号がくっついてるから7番地かと思ってたよー」(この7番は土地番号で,紛らわしいから外さないとって言ってた矢先の事でした。。)
「じゃあ、ここやるのいつの事になるの?」
「まあ,そういう事なら今から配線始めるよー」
「あーよかった、じゃあ、いつ配線完了するの?」
そう聞くと、それは家とのコネクションの所見てみなきゃね,何とも言えないから見ていよう、と。一緒に家の所まで行ってみると、
「アーダメだね、普通は家の外壁にケーブル用のワイヤーが出ているんだけどここの家は中に埋まったままだ。僕が穴をあけてそれを通しても良いけど,それじゃあ、時間あたり120ドル請求する事になるよ。この家の業者に連絡しなきゃー」と。。。
ちょっと、まって〜。ここまで来て、また家の業者が来るのを待ってその後,この電話会社のお兄さんが帰ってくるの待ってってしてたら,ああああ,いったいいつまでまたかかる事やら。。。
お兄さんにちょっと待ってて,今すぐ家の業者に確認してくるから、どこにも行かないで!と言い残し,先ずは娘がバスで帰ってくるように学校に電話し、その後家の業者に電話。事情を聞くと、「えっと、契約書には電話ジャック込みだったっけ?」
何て事聞くのです。「込みだよ込み込み。ちゃんと電話ジャックの絵が書いてあるから!!」
何て応えていたら、じゃあ,地下に行って電気配線ボックスの上の黒いコードを見つけてみて。
それがケーブル線だから,それに繋いでもらいなー」だと。
「いやー、、、だって,電話会社の人はこの線が外に出ているのが普通って言ってるんですがねー。。。そこの工事してもらうと時間あたり120ドルかかるって言うのだけど、それって,私たち持ちなのですかねー。。?」
「そういう事だよ」
そんなやり取りが行われ、ここで戦うより、一刻も早くネットが通じた方が良いと戦う事を諦め、じゃあ分かったーと言って電話を切って、お兄さんの所へその事を伝えに走りました。
「どうやら、そこは私たちが持たないと行けないって言うんだよねー,だから、工事そのままやってもらっていい?」と言うと、
「ふーん。普通は、家の業者がそこまでやっているんだけどね〜。僕が君なら、『今すぐ来て穴をあけろと』強く出るけどね〜.押しが弱いんだよ,もっと押し強くなんなきゃー。」
まあ,そういわれても、この家の業者のジェフとは今まで色々話し合ったけど、結構しぶとい人なので,私はここで渋って後何日もネット使えない状況が続くより、今日のチャンスをとった訳です。そんな、異国で家を買う事の苦労を言ってもしょうもないけど、いやあ,日本人は押しが弱いのだよー何て話を何の関係もない業者のお兄さんにして、
じゃあ分かった,って事でお兄さん引き続き工事をしてくれる事に。

やれやれと家の中で待機してると、どんどんとドアをたたく音。そのお兄さんが
「ごめん、ドリルある?僕のドリル電池切れで,動かないみたい。これが無いと,今日の事にならなくなるなー」だって〜。。。
ちょっと待って、今日じゃなくなるってそしたらいつになるの?
と聞くと、いやあ,僕は普段ここら辺の担当じゃないから,今日は遠くから派遣されて来ただけだからー。
もう,ちょっと待ってよーーー。そこでパパに電話し、もちろんうちには電気ドリルなんて代物はない事を一応確認しようと電話。そしたら取り次ぎの人が出た後なぜか電話が切れてしまいました。

あーこんなに急いでいる時になんで電話切れるかなーと思っていたら,電話がかかって来て、それに出たら,それはプリヤで、「あーKEIKO~あのさー。。」と話が始まりそうだったので、
「ちょっと,すぐかけ直すけどそれで良い?」と聞いて,電話を切り、でも、その時にハタとプリヤのうちならドリル持ってるかな?って事が頭をよぎりました。
パパに電話し直して聞いたらやはりうちにはドリルなんて無くって、分かったート言ってプリヤに電話をかけ直し、「ドリルある?電気ドリルある?」と聞くと「あると思うよ〜」と!!

うちから彼女の家までは車で5分くらいの距離。業者のお兄ちゃん、大通りとの配線を先にしとこうと電気梯子で電柱の上に上がって作業していたけど、そのお兄さんに向かって、5分の距離の友達から借りてくるから、帰っちゃわないでね!!」と大声で言い残し、気持ち猛ダッシュでプリヤの家へ。プリヤが電話して来た用事は後で話そうと言い残し、ドリルだけ借りて帰ったのです.

お兄さんにこれ!!!と見せると、思いっきりOKサイン。あああーよかった〜〜〜。

その後は、そのプリアのドリルを使って、無事配線が完了したのです。

ここ最近2ヶ月くらいネットが日常には無い生活をしていて,それはそれで気付きがあってよかったし,いかに自分が何かと言うとネットに頼る生活を送っていたか見直すきっかけになったのだけど、でも、やはり子どもの宿題までもがネット使わないと出来ないこの時代、インターネット無しの生活は、仕事にも、予定管理にも,学校からの連絡にも、子どもの習い事関係にも、友達とのやり取りにも、すべてにおいて生活に影響してて、正直思った以上にしんどかったです。
これって、10年前は無いのが当たり前だったのに、どういう事でしょ。すべての事がネット無いせいで遅れがちではかどらず、ど〜し〜よ〜。。。。という状態でした。
明日から始まる☆Kids cooking class☆の連絡も、今月末からのNYでのIHプラクティショナー養成の再受講もネット無いと話にならない事ばかり。

ああ,それにしても、今回も天使達が助けてくれたのかなーなんて気がしています。
こんなに接続にかかると分かっていなかった時に予定を入れさせていただいていたIHセッションの予約がこっち時間の明日入っています。それまでに配線が行かなかったら、パパのラボに夜入れてもらって、そこからセッションをやるしか無いと考えていたのですが、その必要は無くなりました。

業者のお兄ちゃん、帰り際に、「今回は僕のドリルが働かなかった事があるから、時間120ドルって言ってたのは無料で良いからー」と。そして、「Enjoy the connection with outside of the world!!」と言い残して帰って行きました。私は,お兄さんにハグしたいくらいの気持ちをなんとか押さえ、ちょうど帰って来たAちゃんにビッグハグしたのは言うまでもありません〜。

さて,そんな訳でIHセッション再開させていただきます。お待ちいただいている方から順番に日にちを埋めていき、またブログでも空き日にちをお知らせさせていただきますね。スカイプで繋がれるって幸せです。ブログ書けるって幸せです。
[PR]
by pineheath | 2012-04-04 05:20 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

家具ハント

このところ、結構立て続けにヘルスセッションとIHセッションが入っていたのですが、先週の火曜日と、今日はプリヤと家具ハンティングへ街に繰り出しました〜!!

家の建築のアドバイスはマリーが親身にやってくれていて、そしたら、プリヤが
「家のデコレーションについては、私に任せて〜!!いつ、見に行く、Keiko?!そろそろ始めないとだよ!」
と言ってくれ、隣の町と、隣の隣の町へと家具屋さんに家具を見につきあってくれたのでした。

もう、本当に姉のような存在で、朝から夕方遅くまで、さんざん家具屋という家具屋を見るのに付き添ってくれ、と言うか、プリヤがこの店は見た方がいいというリスト作ってくれていて、私は、そこに連れて行ってもらうだけと言う、なんとも、ありがたい状況でした。

といっても、かなり限られた予算。その事はプリヤも100も承知の上だろうけど、私の身になって相談に乗ってくれ、あーでもない、こーでも無いと家具を見て回り〜。
また、お互いの子どもの事、アメリカに生きる事(プリヤもシンガポールから来ているので)について話は尽きず、あっという間に一日が過ぎて、ウワー子ども達のお迎えが〜〜って言いながら、また車を走らせながら帰ってきました。

さんざん撮った写真を、パパに見せたら、やはり予算オーバーのレッドサインが出ましたが、まあ、それはそれでよし、先ずは、クッキングクラスにも大活躍しそうなテーブルだけは買おうという方向で話はまとまりそうです。
それにしても、掃除に整理整頓に家のデコレーションにと、本当に力をかけているプリヤなだけあって、アドバイスは的確で、すごかった〜。もしかして、一ヶ月くらいプリヤの家に住み込ませてもらったら、私も少しはその感覚が身に付くのでは。。。なんて事考えてしまった位。でも、思ったのは、人って、やっぱり力入れている事は上手になって時くのだな〜ってこと。プリヤ、その道のプロになれば良いのにな。

さて、タロットではトラック借りて大物動かす日が21日と出たけど、果たして、それが実現するのやら〜、家の方は電気工事待ちです。本当に、アメリカの家事情って、日本と違って???な事も多々ありましたが、なんとか、終盤になってきました。業者の方達とも、なんとか良い関係でこれて、マリーが毎日のように私の代わりに家を見に行ってくれたり、そして、気になる点があったら、逐一報告してくれて、私は、マリーから言われた事を業者側に伝えるという連係プレーも上手く行ったし。皆に支えられて、ここまで来ましたね。楽しい一日でした〜感謝です。
f0128026_13585152.jpg

Mちゃん、超ご機嫌!家具ハントにつきあうのが楽しかったようです〜。


f0128026_1358023.jpg

プリヤ、メジャーもって長さ計ってくれてます〜
[PR]
by pineheath | 2012-02-08 14:06 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(2)

父、母 in バーハーバー

f0128026_2121497.jpg


日本から両親が来ていますー。

父はこの前来てたので、そんなに時事間が空いてなかったけど、母がここの地に訪れたのは4年ぶり。
4年前訪れた時の印象が凄まじく悪くって、母は、もう、ここには来ないと宣言していたので、今回来る気になったのは大きな進歩でした。
4年前、Mちゃんが1歳のときには、私はまだまだ、日本恋しい〜って気持ちが大きくって、母が来た時に最初は、この地の良さを色々アピールしていたのだけど、それが表面的だったのだと思う。私も一生懸命そう思おうとしていたと言うか。
そんなだから、母はそんな私の真意をすぐに読み取って、日本がやっぱり良いんじゃないかー、日本に帰っておいでー。と、母ならではの愛情で、表面だけでも一生懸命アメリカに向こうとしている、私の気持ちの奥底に、今すぐにでも日本帰りたい〜という気持ちがあるという事に気ずかせてくれたのでした(笑)。あの時は、一悶着あったなー。結局は日本に帰らずなんとかここまでやって来て、今では、日本も良いかもしれないけど、ここが好きと思えるくらいまでなり、、、そして、今回4年ぶりに来た母がこの地での生活をどう言うのか、私はまた母と話しているうちに、日本に暮らしたいという気持ちになったりするのかな、、、なんて事も想像したりしてたけど、そんな心配は不要でしたー。

滞在10日経って、母が言う事には
「なんて良い所なのー、自然は多いし、囲まれているお友達がみんな温かい人ばかりで、日本に暮らしていても、私なんかは、一日中、家族以外と話す事がない日だってあるくらいなのに、ここには温かいコミュニティーがあると言う感じがする。本当に良い所。子供達もすくすく育っているし、もう、一生ここに住んでおきなさいっ!引っ越しなんかしないで!」
だって〜〜。

やっぱり、母のこの変化を引き起こしたのは、受け入れ側の私たち家族のだと思う。4年前とは何かが大きくかわったのだと思う。実際私たち家族はここの地に住めている事を、今は心からありがたく思っているし、この地が好きだし、やっぱり9年めを迎えて、ここの生活が私たちの生活なのだと、そのことになじんでいるのだと思う。
今回母の滞在でそんな事を感じました。

父はと言うと、今建築途中の家の行程が楽しいらしく、建設業界で働いて来たため、口出しもしたいらしく、でも、言葉が通じないという事でもどかしく思っているみたいです。
そして、リタイア後の第二の人生ということで、福岡で寿司修行をしているので、こっちに来て以降、私たちに美味しい物を食べさせたいと言う気持ちから、一日の半分くらいをキッチンで過ごしています(!)
私はもっぱら、副菜作りとアシスタント役です。
[PR]
by pineheath | 2011-12-31 02:13 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(1)

師走~アメリカ生活

やったー今日で子供たちが冬休みに入ります。今年最後のクッキングクラスも数日前に終わり、今年最後のIHセッションも今日おわり、気分はクリスマスです~!!!

ちょっと、忙しくてここでの行事をアップできていなかったので、まとめて記録したいとおもいます。


まずは子供の学校の音楽発表会。これは毎年この時期に夜6時くらいから開かれます。今年はAちゃんたち3年生が歌う歌の伴奏にT君と友達のヨシュが伴奏でバイオリンを弾きました。
f0128026_6311899.jpg

いつも、この音楽発表会は女の子たちがおめかしするのですが、今回はAちゃん、レジーナがくれた思い出のドレスを着て出る事に。ほんとは、ほかのを用意していたけど、直前にAちゃんが,やっぱりこれを着て行きたい。だって、これ、着れる最後のチャンスだから。もう少し大きくなったら着れなくなるから。。。と涙ぐんで言うのでもちろんいいよと言って、着ていくことにしました。

そして、T君ロボティックの大会へ。
なんと、62チーム出場していた中からT君属するチームが優勝しました~!!!
f0128026_6403011.jpg

次はインターナショナル大会へ4月にいく事になりました。毎日毎日練習してきて、プログラミングして、ロボット走らせて、プレゼンの練習して。。。と根詰めてやってきたここ4ヶ月ほどだったので、本当に嬉しかったことです。
それには、コーチの熱意も大きく関係してて、まだ先に進むことになったので、またこれからの練習が大変そうですが、いい経験、とても楽しみです!
f0128026_6405133.jpg


Aちゃんのバレエのミニ発表会。4人の少人数クラスだけど、どの子もかわいくって、見ててとても楽しかったです。ミニ発表会なので,練習着のまま、衣装も無しです。
f0128026_644298.jpg


パパの勤める研究所の子供向けのクリスマス会。Tくんはもう大きいのでクリスマスプレゼントはもらえません。Aちゃんも今年が最後です。時の流れをかんじますね~。
久々に元職場の友人に会って近況を話して私にとっても結構いい時間でした。
f0128026_6465217.jpg


プライベートレッスンの音楽発表会
これも、毎年の恒例です。
でも、今年はMちゃんがつい最近バイオリンを始めたのと、Aちゃんが夏からピアノを始めたので、この発表会には3人とも出場しました。
Mちゃん、生まれて初めてステージに上がるのだけど、意外と堂々としてました~。
Aちゃんのピアノも夏からの成果が見て取れます。結構好きで練習しているので良かった。
Tくんは、もう何回ステージに上がっただろうー。緊張した?と聞いたら、???そんなのぜんぜんしないよー!!だって。2年前はどんなにか緊張していただろうに、これも成長ですね。
f0128026_652156.jpg

f0128026_6522766.jpg

f0128026_6534313.jpg

f0128026_6541130.jpg


そして、Tくんが参加している東メイン州の子供のオーケストラ。
一般の人に向けてのクリスマスコンサートでした。
f0128026_6561136.jpg

f0128026_6572356.jpg


そして、これも恒例Gemaのところの子供オリバー&ソフィアの誕生会。あーこの日はイベント3連ちゃんの日で、ちょっとの間しか参加できなかったのが残念。ここの誕生会は子供だけと言うアメリカの典型のではなくて、家族全員お呼ばれのホームパーティーなので楽しいのです。遅れていった時にはGemaはいい感じに酔っ払ってて、テンションがあがっていました~。Gemaの家で会うメンバーも、毎年会っている間になんとなく親しくなって、話も弾みました。Gemaとはまた大晦日に集まる事を約束して帰りました。それにしても、彼女のケーキは見た目はすごいけど、味は絶品です!
f0128026_731572.jpg

f0128026_734479.jpg


T君のロボティックチームが優勝したので打ち上げパーティー兼今後の方針を話し合う会
コーチをしてくれていたデイブのお宅にて。すごい豪邸だと聞いてたけど、確かに素敵なお宅でした。
Aちゃんは地下室の子供ルームで遊んで、上には結局ほとんど来ず。
皆で持ち寄りした食事を囲んでから、デイブが用意してくれていたスライドショーで子供たちの活躍ぶりを振り返り、さらに今後のための話し合い。6人の親で100万円くらいのお金をFundriseで集めないといけないらしい。。。大変そうです。
f0128026_784931.jpg

f0128026_791465.jpg


振り返っても色々イベントがあった12月でした。
昨日、プリヤのところとクリスマスの集まりをし、その夜には日中焼いておいたクリスマスクッキー(お世話にあんったひとに配るもの)を詰め終わり、今日は子供たちが学校の先生にそれを配り、駆け込みセーフで用事終了です~。

ああ、師走とはよく言ったもの。でも、今年は忙しさに忙殺される事なく忙しいけど自分の気持ちをいつも中心に過ごす事が出来たような気がします。それは多分、IHセッションで半分瞑想状態のようになり、いやされる時間が多かったからかも知れません。
[PR]
by pineheath | 2011-12-23 07:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

サンクスギビング

さて、明日でサンクスギビング休暇も終わりです。今年もサンクスギビングはプリアのお宅で過ごす事になっていて、もう一家族も含めて3家族で過ごす予定になっていました。
まず、朝一にジャズサイズのビッグイベントにAちゃん連れて行ってきて、一緒に一踊りしてから、ゆっくり家族で朝ごはんを食べて、それから持っていくものの用意を始めました。
私の担当料理は、巻き寿司、野菜炒め、ケールと根菜のサラダだったので、それと前菜のグアカモーレとサルサとバゲットとお花を持って行きました。

T君とMちゃんが手伝うと言うので、T君にはトマトを切ってもらい、Mちゃんにはにんにく向いたり、たまねぎむいたりしてもらい、用意は着々と進みましたー。
f0128026_11254665.jpg
f0128026_11263063.jpg


出来た料理はこんな感じ~。
f0128026_11273256.jpg

f0128026_1128879.jpg

f0128026_11285085.jpg


あーもうこんな時間だー出発ーって急いで家を出発し、あーとても美しい日でした
f0128026_1130636.jpg


プリアの家では、皆が持ち寄った料理が勢ぞろいー
f0128026_11311891.jpg


なんと、大人とMちゃん含めた子供と別れたテーブルで、なんともリッチな時間ですー。
f0128026_11323942.jpg

f0128026_11331819.jpg


こうやって、一緒にサンクスギビングを祝える友人がいる事を心から感謝したよるになりました。
また、プリヤの所と、うちだけの二家族ではなったので、また色々刺激にもなりました。そして、結構英語が難しかったー。アメリカ人の英語も、分かりやすいのと分かりにくいのと大きく違ってきますー。まだまだですね~。

さあ、そして、今日の夜はここ数年の恒例になっているドイツ人の友人コニーがこの町を訪ねてきているということで、パーティーに。
彼女一家は3年位前までこの地に住んでいたのだけど、コネチカットに引っ越したのです。去年もかの彼女との再会を書いたのだけど、今年の彼女は、少しは引越した地に慣れたけど、やはり、ここでのコミュニティーの存在を今でも懐かしく思っているーというような事を言っていました。私にとってのアメリカはココだけなので、ほかの都会での日常生活がどんなものなのか分かってなくって、ココの不平をよく言っていたのだけど、彼女の話からすると、本当に、そうかもー、この地は特殊かもー。と思えてきます。街の映画館に行っても、10組とか20組とか知り合いに会うし、スーパーでは店員さんも含めて知り合いだし、何をしていても知り合いに会う、というか知り合いだらけ?な状態の街。この地に住めている私はラッキーかも知れません。
f0128026_1146434.jpg

[PR]
by pineheath | 2011-11-27 11:49 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(4)

アメリカ生活*子供の習い事*このごろ

いやはや、9月6日から子供達の学校が始まって目が回るような忙しさです〜。
3時までは、T君、Aちゃんが学校に行ってて、週2回はMちゃんも午前中ナーセリースクールに行ってるので、自分の事がやれるのですが、意外と3時までってすぐ。ジャズサイズなんか行って一汗かいてこようものなら、もうあっという間に昼になってるし。でも、なんとか、その時間にもクライアントさんとのセッション入れたり、クッキングクラスの準備したり、勉強したり、、、あーでも、終わらない〜。やりたい事と、やれる時間とのギャップが大きすぎるんですね。3時ぎりぎりまで、机&コンピューターにかじりついて、あーやばいッ。もう出なきゃー、と家を飛び出て、子供の迎え、そこから始まる習い事の送り迎え!!3番目Mちゃんは、習い事まだしていないので、基本的に私と行動をともにするのですが、上2人はそれぞれが、ひどい日には二つずつ習い事してたりするもんだから、それすべてが離れている場所なので、一人をこっちに送って、もう一人をあっちに送って、ちょっと公園でMちゃん楽しませて(30分)あちらを迎えて、どこかに送り、こちらを迎えて、こっちに連れて行く〜と、ジャグリング思い出すんですよね、そんな時。

でも、忙しいけど、この送り迎えの時間って、車の運転の時間なのですが、実はそれが好きです。

なんか、ぐわーっといろんな事勢いよく片付けているだけだと、かなり息切れすると思うけど、こうやって強制的に、ドライブ時間があるというのは、私にとってはリラックスタイムなんですよね〜。その時に、良いアイデアが出たりもするけど、基本的には、子供と今日何があったか話したり、好きな音楽聞いたり、脳を休める時間になっていると思うのです。
で、そんな時の私のリラックスタイムの脇役はレモン+ぬるま湯です。熱いお湯をスライスレモンと合わせると、レモンが煮えちゃうので、私は湯冷ましまたは、お湯+水をたしたものにスライスレモンを入れています。どんなに急いでいても、これだけは作るのを忘れないですねー。車でていく時は必ずと言っていい位持って出ます。別に喉が渇いてなくても、これもって出ると、飲んじゃうんですよね、いつのまにか。

で、子供の習い事が一通り終わって帰宅して、猛ダッシュでご飯の支度して、食べさせて、子供達をベットへ送ります。このごろ、なんと、Mちゃんが私なしでも、お姉ちゃん、お兄ちゃんとベットに行ってくれるようになりました。いつも「ママ、ぜーったいママが寝るときママのベットにMちゃんの事持ってきてね(注*連れてきてね の意味)」と毎晩、毎晩言って寝ます。言わずに2階へ寝にあがったなーと思ったらまた降りてきて言います!それ位、Mちゃんにとっては大切な事なので、私も忘れずにお兄ちゃんとお姉ちゃんと眠っているMちゃんを私のベットに連れてきます。

今年は、私の生活ががらっと変わって、いろんな事に忙しくなって、そのしわ寄せが子供に行っている部分もあるかもしれません。でも、がんばってる姿を見せるのも一つの教育かなーと思ってやっています。特に、英語でやらないと行けない様々な事は、T君に添削してもらったりして、だから、T君も私が今どういう状況なのかをよく分かってて、応援してくれます。
Aちゃんは、子供向けのクッキングクラスを開いてほしいとしきりに言ってて、それを実現させてあげたいなーと思うのですが、それは自分のキッチンが出来てからになりそうです。
[PR]
by pineheath | 2011-09-18 13:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

今日はどこへ!

夏休み、子供をエンターテインしています♪立て続けにGhemaと遊びました。
f0128026_1239511.jpg

先週は、天然酵母パンでサンドイッチ作って、コンブチャとオーガニックビールともって近くのビーチへ繰り出し、子供はカニ取り、大人はお互いの近況報告話に花が咲いたのですが、
今日は、Ghemaの提案で、この夏は、お互いやりたいことを進めるために週一回彼女の家に集まり、子供たちを遊ばせている間、私はIINの勉強、Ghemaは家のこと(家を修繕しているため)に集中できるようにしようと言うことで、第一回目チャレンジ。
コンピューターやら、i-pod やら、いろんな読めてない本やらをわんさか持っていったのだけど、結局、Ghemaの庭のバラを摘むのを手伝って(バラのジャムを作るんだって)、
f0128026_12401343.jpg

花びらのピンク色の部分だけを集めているところ

庭でランチ食べて、
f0128026_12414069.jpg

f0128026_12421327.jpg

ヒジキ煮物、レンティル豆のビネガレッテサラダ、ロースト赤ピーマン、たこ&ツナ、エルダーフラワーの自家製ワイン

また海に行って、最後は湖で泳いで結局夕方6時、帰路に着きました~。結局遊んでばっかり(?)。
でも、ひとつの進歩は今日からはGhemaにもヘルスカウンセリングをはじめました。海で子供を遊ばせている間、初回に行う健康調査。ほとんどの彼女の健康上の悩みとか、食生活とか知っているんだけど、改めて聞いていくことで見えてきたことも。自家製酵母でパンは作るし、コンブチャだって作って飲んでるし、ジャムだって、アイスクリームだってとにかくぜーんぶ手つくりで作る彼女。ジャンクなんて一切買わないし、甘いものへの執着だってないし、と、かなり優秀な彼女をどこまでさらに健康にできるのか、ちょっとどきどき、楽しみでもあります。
f0128026_1243639.jpg

カニがいっぱい取れました~!パエリヤにしようっていってたのに、子供たちが、この後逃がしてやりました。
[PR]
by pineheath | 2011-07-16 12:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

夏休みに突入!

はぁー。今日でやっと学期が終了し、子供たちは夏休みに突入しました。
学期末は遠足があり、発表会、音楽会がありと、行事ずくめになるアメリカで、とりあえずそれらのほとんどが終わったのでちょっとほっとしました。

昨日は、Aちゃんのチームダンスの発表会。wakawaka(?)の曲にあわせて、かわいい踊りでした。


今日は、朝から、家を買うことについての講習を子供の同級生のお父さんがしてくれて、30分から1時間くらいの話しかと思ったら、2時間くらいレクチャーしてくれて、色々勉強になりました。家を買う件に関しては、私たち夫婦はこの国で知識も経験も無いので、とにかく周りに話を聞いて、皆の意見を参考にしています。ありがたいことに、みんな余さず知恵を授けてくれて、何なら、気に入った家があったら、一緒に見に行って査定してあげるよーと言ってくれる。それも社交辞令ではなく。こういう所が田舎でコミュニティーがあるところの魅力なのかなーと思えるようになって来ました。


終業式(って言う感じでもないけど)があった今日は、12時半に下校だったんだけど、迎えに行ってその足で1時間半離れた町まで車を走らせ、T君の個人レッスンを受けているバイオリンの発表会。いつも練習のときに間違ってしまうパートがあるみたいだったので、なんか、私のほうが緊張してしまいましたが、本人は結構楽しんだみたい。満足な出来だったようです。
バイオリンの発表会の後は、プリヤのお家でグリル!アメリカの夏の定番ですねー。これも家購入計画の相談にアロウが乗ってくれるということで考えていく方向を話しました。
まぁ、流れに任せつつ、その過程を楽しまねばですー。

今週は、IIN(栄養学)がテストの週でもあります(来週末までに受けないくてはいけません)。10モジュールごとに1回のテストなので、今回が2回目のテスト。この10モジュールはなかなかディープな内容も多かったので、そして、きちんと消化できていないのもあったので、とにかく今は復習しています。
やりたい事と、やれる事の時間配分がうまくいって無い感がこのごろあります。きっと無駄が多いんでしょうねー。ついついネットで調べものしてたら、違うページに飛んで読みふけってしまったり。。。

あーでも、こうして書いていても、私には深呼吸してゆっくりする時間が必要だわーって感じがしますね。色んなことを同時進行で走らせて、形にならないんじゃあどうしようもないもんなー。
せっかくの夏、子供と過ごすこの地の夏(例年は日本に帰っている)ので、メリハリつけて子供との時間、自然を楽しんでいきたいですね。
[PR]
by pineheath | 2011-06-18 13:25 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

小さなバレリーナ

Aちゃんのバレエの発表会がありました。
これまでも、それ以外のダンス系をしていたのですが、バレエは
f0128026_0245748.jpg

始めて1年目です。
バレリーナの気分たっぷりで、どきどきの発表会。髪の毛をアップにして、お化粧して。
f0128026_0234167.jpg

先生からの最後の指導を聞くのも一生懸命ですねー。
f0128026_026284.jpg

f0128026_026473.jpg

発表会が終わった後、どこかのご婦人が寄ってきて、Aちゃんに「ちょっといいかしらー。」と話しかけてきて、「貴方のバレエは素晴らしかったわー、とってもよかったわよー!」といってくれたようです。そうやって、個人的に褒めてくださった方に感謝です。おかげでAちゃんは、更に自信がついて、私にこしょこしょ話で、「ママ、私、まだバレエ続けていい?お願い、続けさせてー!」と言ってきたほどです。褒められるって、大事ですね。
[PR]
by pineheath | 2011-06-09 00:31 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)