<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

断乳をやめました。。。

先ほど投稿した断乳の記事からあと、私はさらに寂しさがこみ上げて、やはりダンニュウしなければよかったなんて、気持ちが湧き上がっていた。
で、夜中3時、寂しくなき始めるMちゃん。
さすっても、どうしても寂しくなく娘はやまず、私の寂しさと、娘の寂しさで、ダンニュウの必要性を疑いだしてしまった。
本当に、虫歯になるのかなあ。。。とか、私がたくさん食べてしまうのも、自分の意志が弱いせいジャン、おっぱいをそれでやめるのもどうかな。。。とか。
で、抱っこして悩むことたったの5分。
やっぱり飲もうね。やめる必要ないよね。と、おっぱいあげました。
あげてよかった。
ごくごく、一日中我慢したおっぱいを、無意識にも一心に飲み、穏やかに眠りについた娘を見て、本当に、この時期を大切にしようと思いました。
で、なんか、うれしくて寝られなくなり。
ネットで、おっぱいと虫歯の関係を調べる。
ここアメリカでは、虫歯になるから夜のおっぱいはやめるように言われるんだけど、日本では、そんなこと無いという意見が多いみたいで、かなり安心した。しっかり歯磨きしていれば、おっぱいでは虫歯にならないそうです。
これで、一番の心配事は解決。
次は、私の食欲。。。
これは、少しづつ。。。夏だし、外でたくさん遊んで、消費して、楽しく食べれれば良いよね。
感謝して、大切に食べるように。それは大切だね。

ああ、でも、良かった。ダンニュウ、断念してよかった。
母の迷いで、一日つらい思いさせて、ごめんね。
まだ、もう少し、おっぱいにお付き合いください。ね。
[PR]
by pineheath | 2008-05-25 17:01 | 子供のこと | Trackback | Comments(0)

断乳

今日、5月24日、1歳7ヶ月のMちゃんのおっぱい断乳しました。卒乳か、断乳か、悩み、断乳を決行したわけです。朝、たっぷり飲んでもらって、飲んでもらってるときに、お話した。
「もう、何でも食べれるもんね」
「ウン」
「もう歯もはえたもんね」
「ウン」
「だからおっぱいバイバイしようね」
「。。。うん」
飲みながら娘はなんとなく理解したみたい。飲み終わって、バイバイって一緒に言って、おっぱいにテープを張って。
その後、少し思い出しては、「ぱいぱい。。。」とつぶやいていたけど、そのたびに、「もうバイバイしたよね。ぱいぱい、バイバイしたよね。」と言い聞かせると、すんなりほかのことをし始めて、
食欲は増すようで、すごくよく食べ、良く飲み、遊んでいました。
でも、寝付く方法が分からない。だって、今までおっぱいで寝付いていたから。
それでも今日は、お昼寝はすっ飛ばしたけど、夜、眠たい目をこすりながら、やっと12時過ぎ、私のひざの上で寝付くことが出来ました。
私は、夜、おっぱいといって、泣きじゃくるのではないかと、修羅場を創造していたので、
なくことも無く、何とか自分で模索して眠りにつけた娘に、お疲れ様という気持ちがわいてきました。私はというと、その後、ベットに娘を移したあと、一人でシャワーを浴びていて、ものすごく寂しい気持ちが沸いてきました。
なんか、赤ちゃんが、一歩うえの幼児になってしまった、というのか、あの、おっぱいにまとわりついていた赤ちゃんが、赤ちゃんを卒業するというか。
3人目で、もう、次の予定はないので、おっぱいに赤ちゃんがくっついている幸せは、もう味わうことは無いでしょう。ああ、とても幸せでした。
今まで飲んでくれてありがとう。
それとともに、育児に追われているこの時間、実はとても貴重なんだということを感じました。
何を食べさすとかよりも、実は子供とどう接するか、どんなお母さんでいるかのほうがずっと、大切なことだとも思う。毎日忙しくって、つい、子供の要求をあとでにしてしまうけど、その、逃がした時間は帰ってこないのだから。
私は、子供をもっと信頼してあげて、愛して愛して、その愛がしっかり伝わるように、育ててあげよう。時に、瞬間湯沸し機のようになってしまう私。これは、私の課題だよね。克服せねば。
子供の笑顔をどれだけ引き出せるか、どれだけ子供が大好きと思えるお母さんでいられるか、子供と信頼関係を結んでいけるか、子供たちと、いい思い出をいっぱい作って生きたい。
さあ、夏です!!何して遊ぼう!!
[PR]
by pineheath | 2008-05-25 14:24 | 子供のこと | Trackback | Comments(0)

玄米で陽性へ

私はもう5年以上玄米を炊くのに活力鍋という圧力鍋を使っています。これは、普通の圧力鍋よりも高圧というのが売りで、15分で炊き上がるというもの。
でも、このごろというかだいぶ前から、甘いものがやめられない、食べ過ぎてしまう、など、陽性の症状があって、原因が分からずにいた、というか、何が原因か、思いつかなかった。授乳中なのが原因とか、勝手に思っていた。
そして、先週にクシインスティテュートのオープンハウスへ行ったときに、味噌汁のデモンストレーションを見て、私の味噌汁は加熱しすぎということに気がついた、そうか、味噌汁も、玄米も、陽性過ぎるんだ、だから体が陽性に傾いていて過食と、甘いものがやめられないんだ。って気がついた。そこで味噌汁の作り方を変え、それに伴って、玄米の作り方も見直してみた。低圧で、20分、そのご10分経ったら圧を抜くというもの。すると、以前ほどの、どうしようもない位の体から欲求が少なくなってる。今までは、噛もうと思っても噛めなかったし、食べながら、キューってなってる感だったのが、今はもっと穏やかにいられる感じ?
こんな、根本のところが間違ってたのかーって陰陽の微妙な見えないバランスを思い知った。
何かをやめられないとか、どうしても、こうしてしまうとか言う悩みって、本当は、体からの正直な声なんだなって、もっと体の声に耳を傾けてあげたいと思った。
[PR]
by pineheath | 2008-05-25 00:08 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

マクロビチョコケーキ&今日の子供達


f0128026_3493214.jpg

チョコがやめられなかったときに活躍したのが、このケーキ、簡単だし、今でも時々作ります。
作り始めた頃よりも、今ではもっとオイル控えめ、甘みもメープルから米飴へと、より体に優しくしても、十分満足できる様になりました。チョコっぽいものが食べたいときは、やはり、キャロブパウダーではなく、ココアパウダーで作ったほうが、満足感があります。
家族で、ハイキングとか、山登りに出かけるときは、おにぎりと、マクロビスイートもしくは普通のスイートを持っていきます。外で、歩いた後に食べるおにぎりも、スイートも最高においしい。

f0128026_3511320.jpg

これは今日のランチ。A CHANが、お友達のお家へ行っているため、私と、M CHAN2人でのランチ。
なんか、麺類が食べたくて、おそばの焼きそばを作りました。これって、シンプルだけど、究極においしいんだよね。M CHANも、たべてくれました。そばは多めにゆでたので、きっと残りは、お兄ちゃんたちが帰ってきたときのおやつになるでしょう。

今日の子供たち
1歳半のM CHANが、折り紙の切れ端に鉛筆で、何かくしゃくしゃっと書いては、コンピューターに向かってる私のところへ持ってきて、「あ、あ、あー」って。。。そうか、わかった!!今、お兄ちゃん、お姉ちゃんの日本語練習で、私が見本を書いて、それの練習をさせているので、それを自分もしているつもりなんだ!!と気がついた。
「わー、あって書いたの??じょうずねー」って、応じてあげると、うれしそうに机に戻って行き、もう一度、くしゃくしゃ何かを書いてきて、「あ、あ、あ、」って。今日は、朝から、それを5回くらい繰り返していました。何でも分かってるM CHAN。恐るべし!!
[PR]
by pineheath | 2008-05-15 03:55 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

GHEMA のお家へ

2週に一度ともだちのGHEMAのお家へ遊びに行っている。
一応、息子のオリバーにピアノを教えるという名目なんだけど、なんでも強制はしない主義で、気が向けば練習という形なので、練習したり、しなかったり。
昨日は、彩乃と一緒ならやるということで、私と、A CHANとオリバーで10分くらい練習できました。GHEMAは、スペイン人。
なんか、波長が、最初から合って、というか、彼女といると元気になる。
私が彼女を気に入ったのか、彼女が私を気に入ったのか、
アメリカに来てすぐのころ、日本のおんぶ紐で、赤ちゃんだったA CHANをおんぶしてる私を図書館で見て、最初に彼女が話しかけてきたのをが最初の出会い。
そのときは、私は子供2人、彼女は1人。その後彼女にも、M CHANとほとんど同じころに赤ちゃんが生まれて、今では、仲良しに。
昨日は、観葉植物の株分けをしてくれて、たくさん作ってくれてた。ありがとう~。
いつも、手つくりのマフィン、おいしいコーヒーご馳走様。

f0128026_2492177.jpg

長男T KUNが、母の日に作ってくれた、お花です!!これには、彼なりのアイデアが詰まっていて、このお花は分解可能なんです。決まったことに、ほかの子が思いつかないアイデアを入れることが彼は得意。すごいと思う。

f0128026_211138.jpg

写真は夕食。子供たちと夕方、近所に生えはじめたぜんまいをとりに行ったので、ぜんまいのガーリック炒め。それが後ろのほうに写ってます。子供たちにも好評でした。この時期ならではのものって、おいしいし、うれしいよね。今日は、なんか、思いつきで、パパパーっと作ったものを食べました。でも、常備菜の切干煮物と、昨日の残りのもやしナムルとをレタスと混ぜて、残り物サラダにしたら、さっぱりとおいしかった。マクロビ料理って、残りを組み合わせても、さらにおいしさが広がる面白さがあるとおもう。真ん中は、豆腐の味噌付けのフライパン焼き。これまた気分に合ってたのでおいしかった。それと、常備している手つくりキムチ。
[PR]
by pineheath | 2008-05-15 02:04 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

誕生会

5歳の娘A CHANの誕生会!!近所で仲良しにしている、家族たちを呼んで、総勢子供8人、大人8人、大掛かりなパーティーになりました。でも、楽しかった~!!パパと、うまく役割分担できて、何とかうまく会を進行できたかなと思います。5歳になった娘は、もう、この日が楽しみで、作ったドレスを朝から来て、お友達と遊んで、もう最高に楽しかった様子です。よかったね。本当に、よかったね。大人も、みんな、楽しんでくれた様子。みんな来てくれてありがとう!!
ともだちのEVAにハグ!!「来てくれてありがとう~」
f0128026_22203263.jpg


夜、皆が帰って家族でゆっくりしているときに、パパが、「ああ、あれから5年が経ったのか。。。あの時(娘が生まれたとき)5年が、俺たちが、ここでこうしてるって、想像できなかったね。」って、本当に、この5年は、そういう意味では激動でした。そして、これから5年も、私たちにとっては、激動になること間違いなし。でも、どんな状況でも、精一杯やって、楽しくもっていけたらいいね。
私たちも、アメリカに来たときには、友達家族を呼んで、家でパーティーする度胸も、器量も何も無かったわけだから、成長してるんだよね。

困難を、無言で、こつこつと越えられる人がいる、それは、私の知ってる人では、パパです。
私は、大きい困難があると、いろいろ理由をつけて、自分を正当化して、逃げ出そうとしてしまう。
このアメリカ滞在も、私一人だったら、とうに逃げ出してしまってる、でも、逃げたら、もう、終わり。そこから成長も、発展も無いんだよね。
私がここで成長できているのも、パパからのやさしいけど、きびしい(?)叱咤激励があるからだと、感じています。時にわがままな私でごめんね。いつもありがとう。昨日は、お疲れ様。

そして、娘は、5歳になって、早速ちょっと、お姉さんになったよう。何でも、さっさとやっています。そして、今日はドレスを、ナーセリースクールに着ていく、そして、みんなに見せるといって聞かず、昨日の今日で、洗濯してないからと思ったけど、ま、それもイッカ、と思って、もっと暖かく羽織らせて着せていきました。朝から、とてもハッピーなA CHANでした。
[PR]
by pineheath | 2008-05-12 22:49 | 子供のこと | Trackback | Comments(0)

おめでとう、5歳!!

明日、というか、もう今日は2番目の娘A CHANの誕生日です。
5歳です。お友達と、その家族を誕生会に招待すると決めてから、娘はこの日が楽しみで、楽しみで、2週間くらい落ち着かない日が続きました。(だから、怒られることも多かったよね。)
私も夜なべして、ドレスを仕上げ、(パパが、夜なべしてるところを写真に収めてくれました。)
掃除、料理の下準備も、おおかた終わり、あとは、たまっている洗濯物をたたんで、
明日は早起きして、料理つくり。
たのしい誕生会になったらいいな。
私も、なれないことで、ちょっとてんぱり過ぎて、今日はキーっとなってしまったりしましたが、そんな時、息子が、「たのしくしようよ。。。」って、言ったのがとても印象的でした。
ほんと、そうだよね、楽しいイベントなのに、あれも用意これも用意とがんばりすぎているうちに、いっぱいいっぱいになって、ハッピーに準備できないって、損だよね。
これは私の課題です。
まあ、そのためには、もっと早くから片付けとか、出来るところをやっとけばもっと精神的に楽なのかな。
それとも、パパの手伝いガ甘いとイラっとするのかな。
いつになったら、イラつかない自分になるのか、おばあちゃんになるまでに、そうなれるのかな。
今が忙しいから、イラついてしまうのか、でも、忙しくってもイラつかない人はいるわけだし、私はそれを目指したいんだ。
と話が脱線しましたが、
そんな訳で、寝ておきたら、楽しいバースデーパーティーが開けそうです。というか、怒らない日にしたい!!
メニューは、ぜんぜんマクロビではありません。

そして、今日は、母の日一日前ということで、そして、誕生会の準備で疲れているので、外食にしてもらいました。久々に行った、ご夫婦でやってる中華料理屋さん。アメリカの外食は、特にここはおいしくないにだけど、このお店はおいしくて、気に入っています。
パパ、今日は、イラついてて、ごめんね。外食、ありがとう。
では、明日に備えて、もう寝ます!!
読んでくれてありがとう
by Pineheathf0128026_14234857.jpg
夜なべして作った、誕生日用のドレスです。
[PR]
by pineheath | 2008-05-11 14:25 | 子供のこと | Trackback | Comments(0)

日々の生活、マクロビキムチ

ここ雪国にもようやく春が来ました!!去年の夏に気分的に落ち込んでから、私にとっては、長い、なが~い、心の冬でした。
ここ最近、アメリカにいることも、マクロビのことも、あせらず、楽しんで、感謝できるようになって来たかな。乱れていた食生活も、基本に戻れている感じです。それとともに、背中の湿疹、手の湿疹もなおりつつあるので、またまた、マクロビオティックの威力を感じています。
何事も、3歩進んだと思ったら、2歩下がったり、時には4歩下がって、余計悪くなったと感じたり、でもね、今考えると、それらも含めて、大事なプロセスなのだと思う。同じ位置にいるようでも、感じて、悩んで、苦しんで、そして今いるここは、そのプロセスを経る前とは一週回ってきた分だけ、見えているものが違うはず。そんな気がしています。

今日は、なんだか、すべてのものに感謝したくなるような美しい日でした。
2番目娘A CHANがお友達のお家へ行っているときに、3番目M CHANがお昼寝して、私一人のゆっくりした時間。サンドイッチが食べたい気分で、残り野菜のポタージュをさっと作り、適当なお惣菜はさんでサンドイッチを作りました。なんか、最高に贅沢な時間だった。
f0128026_974196.jpg

その後、作ってみたかった、甘酒のデザートつくり。甘酒とイチゴのトライフル。(九司道夫のマクロビオティック四季のレシピより)写真は撮り忘れました、
これね、なんといっても美しい、そこも重要だなって思った。きれいなものは余計おいしく感じるね。
さっぱりデザートで子供はどういうかなと思ったら、食べ物に我が家で一番うるさい長男T KUNが「僕スキだよ!!」といってくれたのでほっとしました。

f0128026_21524881.jpg

写真はマクロビキムチ。韓国人のお友達から子供も食べれるキムチを教わってから、自分でマクロビ用にアレンジしたもの。
この赤は、韓国唐辛子の赤ではなく、なんと、赤ピーマン!!唐辛子はほんの少ししか入ってないんです!!でもしそう赤くって辛そうで、赤ピーマンの甘みも加わって、本当においしいの。家には欠かせない、常備菜。
ではレシピです。

マクロビキムチ
材料
白菜小ぶりなもの 1株
海塩 白菜にまぶす分 適量

漬け床:
パプリカ 1個
梨 1個
にんにく 1かけ
生姜 1かけ
海塩 小匙2くらい
韓国唐辛子大匙一くらい(好みによって増やしてください)


作り方
①白菜は、洗って水気を切り、一口大に切、全体に揉みこむ様ように塩をする。
1時間から半日置いておく。
②パプリカは種を取って、ぶつ切り、梨も種を取って、適当にきる、それと、にんにく、生姜、唐辛子、海塩を全部ブレンダーにいれ、ガーっとして、漬け込む床を作る。
③水が上がった白菜の水気をしぼり、②で作ったつけ床に混ぜ込む。
すぐにも食べられるけど、一晩常温において、発酵を促して、その後冷蔵庫へ入れるとおいしく食べられます。

その後、今度2番目の娘がキンダーに上がるので、目の検査のために学校へ行き、そこで、息子も迎えて、あまり気持ちい日だったので皆で、その後公園へ。
3番目1歳半の娘が、おおはしゃぎで、シーソーにしがみつき、皆で、ぎったんばったんしました。2歳半の女の子を持つ、妊婦のお母さんと立ち話をして、なんか、そんな風に普通にしゃべれるようになってきたことが少しうれしかったりして。
でもね、そのお母さん、
「あら、あなた、3人子供いるの?私なんか、今で十分手に負えないわ、
お腹の赤ちゃんが生まれたらどうなるのかしら~。」って、愚痴ってて、
でも、そのしゃべり方がだるそうで、育児を楽しんでないというか、なんと言うか、投げやりな感じ。。。子供は母をあらわしてるだけなんだなあ、って実感しました。子供が輝くためには母が輝いていなければ、って、自分ごととして受け止めました。

このごろは、英語もがんばりたい気持ちでいっぱいです。もっと、こっち(アメリカ)にとけこみたい。というか、とけこまなくては。。。毎日、日々を感謝して、精一杯生きよう。
読んでくれてありがとう。
by Pine Heath
[PR]
by pineheath | 2008-05-08 22:14 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

Stefanyのお家へ

今日は、夕方から、近所のお友達のお宅へ。サンドイッチと、ピザを用意するので、何も持ってこなくていいと言われたので、じゃあサラダでもということで、そばサラダを持っていくことに。
ドレッシングというか、たれは、好みでかけれるように、何種類かもって行った。
行く前に、子供と、パパに、どのたれがそばサラダにあうか、試食会に付き合ってもらった。
子供2人には、マクロビの、イタリアン味噌ドレッシングが人気。へー、マクロビのものも、受けるんだ。って、なんだかうれしかった。昨日の夜から仕込んでおいた、マクロビアイスクリームも結構人気だったし、子供が自然とマクロビのものを受け入れてくれることがうれしい。
[PR]
by pineheath | 2008-05-05 11:27 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)