<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

クリスマス休暇

いろんな、雑務を終え、23日からクリスマス休暇に突入しました。
今年も、ボストンのSファミリーといい時間を過ごさせてもらいました。Sファミリーの存在は、私たちがここでやっていく上で必要不可欠、今では親戚のような感覚になっています。このような家族ぐるみの友人がもてて、心から感謝です。

子供たちは、劇を作って、練習して披露してくれます。このときのタイトルは、さらわれたサンタクロースだったっけな?
f0128026_1133268.jpg

姉妹兄弟みたいによく遊びます。
f0128026_1155433.jpg


トランポリンが楽しかった!大人も跳ねました。こんなにトランポリンって楽しいとは!ついつい夢中で1時間跳ねました。
f0128026_117651.jpg

f0128026_1191033.jpg


サイエンスミュージアムにも行きました。子供も大人も興味津々。ボストンには珍しい大雪が降ってきたので、ミュージアムが閉館になったけど、もう一回これるようにチケットをもらえました。
f0128026_1183249.jpg


今回ボストンに出て行くということで、私の入学している栄養学校の生徒たちと実際に待ち合わせして、会うことができました。今までスカイプでしか話したことがなかった人と、じかに話し、いろんな今後の話とか、興味深い話はつきませんでした。生徒たちとの会合があった待ち合わせ場所にパパが迎えにきてくれて、Sさんの取り計らいで、その後少しパパともお茶をしてSファミリーのお家に帰りました。子供抜きの夫婦だけの店でのお茶の時間なんて、ちょっと10年ぶりくらい?!でした。

なんだかんだ、楽しんで、リラックスして、メインに帰ってきました。Sファミリーありがとう~!!
[PR]
by pineheath | 2010-12-23 01:07 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

クッキークッキークッキー!

家の中が、甘ーい匂いであふれかえっています(笑)。
クリスマスに、日ごろお世話になっている友人、先生に贈るクッキーつくりです。今年は、クッキー作らなきゃって、気持ちはあったんだけど、なぜか、この、甘い匂いに囲まれるのが、なんとなく億劫でした。。。でも、昨日、今日と、重い腰を上げて、焼いています。

f0128026_347462.jpg

(ドイツ人の友人から教えてもらったレシピでつくりました。すんごく甘いので、ヘルシーバージョンを考えたいな~、と思います。)

一週間、パーティー続きだったり、外食が多かったりして、疲れがたまっているなぁという気がしていたら、やっぱり。。。ぽつって、下唇にできました。ネツノハナ(すみません、漢字がたしかでない。。)。
胃腸の調子がよくないと、私の場合、いつもお湯とフルーツで済ませるはずの朝食だけでは満足せず、変な食欲がわきがちです。外食続きで便秘がちになったり、ストレスがあったりすると、いつも以上に食欲がわくようです。
そんなわけで、疲れが食欲にいき、食べすぎで余計体も重い。。。みたいな悪循環がここ数日あったんだけど、今日は、この不快さをいっそうすべく、ちょっと朝から気合を入れて、行かないつもりだったジャズサイズにも行ってきました。
この、悪循環を、断ち切るのってついだらだら先延ばしにしがちなんだけど、いざ、えいやって普段の快適に過ごせている生活パターンに戻すと。ああ、どんなに体が楽か、と、ありがたくなります。
まだまだ、クッキーつくり、今日の夜のパーティーの準備は続いていますが、体が軽いと同じ仕事でも、昨日とは雲泥の差。本当に、人は気持ちの生き物ですね。そして、その気持ちは体とつながっているんですね。


f0128026_3485456.jpg

(ラッピングを手伝ってくれる、Aちゃん。クッキーつくりは私が中心にやるけど、子供に何かしら手伝ってもらうようにしています。先生へのカードは子供たちが自分で書きます。)

f0128026_3563735.jpg

(できあがりはこんな感じ。大切な人には、プレートも本物を使います。)

f0128026_3582039.jpg

(おすしを作ってプレゼントしたお礼にこんなかわいいオーナメントをもらいました。オーナメントのプレゼントって良いですね。)

あと一息でクリスマスバケーションです。それまでがんばるぞー!!!
[PR]
by pineheath | 2010-12-22 04:02 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

オリバー、ソフィアの誕生会

またまたこの季節です。毎年恒例に呼ばれる誕生会。仲良しのGemaの所の二人の子供はオリバーとソフィアは12月生まれです。
今年はパパが仕事で忙しいので、子供3人と出かけてきました。彼女のお家での誕生会は、一般的なアメリカの子供の誕生会というより、大人も楽しめるパーティーで、ワインあり、ムール貝あり~色とりどりの前菜系、軽食系(それもジャンクじゃないやつ)が、楽しめる社交のためのパーティーって感じです。基本的にGemaの友達家族が呼ばれているので、もちろん知らない人たちもいっぱいいて(というか、知らない人のほうが多い)去年の誕生会であったかな?と思える人がいたり、その中から、話しが合う人を見つける、がんばらないといけないパーティーです(笑)。でも、さすがGemaの友達、素敵な人も多くって、新たな出会いがあったりします。

大変なのは私だけではないのです。T君、Aちゃん、Mちゃんも、初めて会う子供たちの中で、遊べそうな子供を見つけるのは大変。いや、ある意味大人よりも大変だったりするかもしれません。

今日は、Tくんは、最初始めて会う子供たちの中で、ちょっと手持ち無沙汰にしていたので、ほかに手持ち無沙汰にしている同じ年くらいの子供に私が話しかけて、”何歳なの?何年生?”と聞くと、”5年生”というので、それなら、と思って、”Tくんも、5年生なんだよ~よろしくね!なんていう名前なの?”と、私がしゃしゃり出ていたら、T君が一言”ママ、良いから、良いから。。。”といって、ぽんぽんと背中をたたかれました。
そうなんですよね~、もう、そんな母親の気遣いさえも、見破られ、そして、いなされてしまいました。
その後は、手持ち無沙汰にする息子を気遣う私を気遣って、T君は唯一の知り合いオリバー(主役)の世話やきがかり(年下なので)に徹することにしたみたいで、がんばってくれていました。


Gemaはまたまた、すんごいケーキ作ってて、見た目はすごいけど味がすごくいい(甘すぎず、しっとりしてる)ので、今度レシピを聞きたいと思います。
f0128026_127418.jpg


Gemaはスペイン人。日本人とは正反対な人種のような感じだけど、なぜか、とても惹かれます。とても、魅力のある女性です。いつも自然体で、自由奔放で、私には到底できないんだけど、なんだかとても惹かれるんですよね~、彼女の生き方。
[PR]
by pineheath | 2010-12-20 12:10 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

Tくんバイオリンリサイタル

今日はT君のバイオリンのクリスマスリサイタル。習っている生徒たちが集まって、日ごろの成果を保護者たちに披露してくれました。
T君はなぜか今年もトップバッター。最初は緊張したようで、最初のデュエット曲、何度か間違えていました。
今年は先生があらかじめ何の曲を弾くか知らせてくれなくて、ステージに上がってから、誰と何の曲をデュエットするかお楽しみ。ロシア人のこの先生、とてもユニークです。
T君は何度か名前を呼ばれ、そのつどステージに上がり、誰かとデュエット。この一年での成長が目に見えて、うれしかったです。そして、締めは先生が手塩にかけて育てた生徒で、有名な音楽大学に入学した生徒が、ゲストで参加してきてくれていて、その彼女の演奏でした。バイオリンって、ぜんぜん知らなかったけど、このごろT君に付き合って聞く機会が増えたので、その良さが分かってきました。音楽によって、心を洗われる感覚がするようになってきました。

f0128026_12115846.jpg


その後、私とプリアでクリスマス前の最後のショッピング。子供たちはパパたちに預け、久々に子供抜きの時間を、女友達と楽しむという贅沢ができました。何だ、かんだ、途中休憩もう入れながら買い物し、なんとプリア宅に到着したのは夜の9時半。皆が寝静まっていることだろうと思いきや、なんと、私の家族までもがそこに皆いるではありませんか!!子供&パパ軍団は、ピザを帰りがけに食べて、サッカーをしに行って、その後、プリアの家でアローが皆にご飯を作ってくれたそう。いい時間を過ごしたようでした。その後また私までも上がり込んで、皆でテーブルを囲みながらひとしきりしゃべり、帰ってきたのは11時過ぎていました。
楽しい一日でした~
[PR]
by pineheath | 2010-12-19 14:45 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

メープルマフィン

T君のお友達Yashが学校帰りに来たので、急いでマフィンを焼きました。
これは、スペイン人の友達Ghema から教えてもらったレシピをさらにアレンジしたもの。
今日は、上にフローズンベリーをのせたけど、バナナスライスでもいいし、お好みでどうぞ~。
Yashも、2個ぺろっと完食。おいしかったようでよかった。


f0128026_741377.jpg


メープルマフィン

卵 3個
メープルシロップ100cc
オリーブオイル 100cc
薄力粉 480cc
アルミニウムフリーのベーキングパウダー 大匙1

作り方
0、オーブンを余熱する。180度
1、全卵を泡だて器でしっかりあわ立てる。
2、そこにメープルシロップと、オイルを加え(まだ混ぜない)、薄力粉とベーキングパウダーを振るいいれ、
 一気にざっくり混ぜる。このときあまり、ねちゃねちゃ混ぜすぎないこと。
3、マフィン型に紙カップを敷いてそこに1/2 ~3/4位まで生地を流し込む。
4、上にベリー類や、そのほかお好みのトッピング
5、予熱したオーブンで10-15分焼いて出来上がり。
6、エンジョイ~!


[PR]
by pineheath | 2010-12-18 07:03 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(0)

ベジタリアン まき寿司

今度、料理を一緒に作ることになっている友達が、
「娘の誕生日までに、すしの作り方を習おうと思っていたのに、間に合わなかったわ~。」と、言っていたので
「それなら作ってあげるよ~!!」ということで、プレゼント用のおすしを作りました。
彼女の要望で、ベジタリアンバージョン(卵は可)。アメリカのベジタリアンは、卵と乳製品は比較的取る人が多いいです。前に、豆腐で作ったとき、意外とべちゃついたのを覚えていたので、昨日の夜に、家族の夕食として、試作。固めの豆腐で、しっかり火を通してから、味を絡めて使うと、水っぽくならないことがわかったので、今日はその方法でやることにしました。
まき寿司の中身は
アボカド、卵、豆腐、にんじん、きゅうり。
にんじんは細く切って少量の水で塩茹でにし、卵はメープルシロップと塩で味付け、豆腐はしっかり水切りして、その後フライパンで焼き付けてから、しょうゆなどで下味つけます。
寿司酢としては梅酢を使っています。子供たちも梅酢ごはんは大好きで、昨日の夜なんかは「いつもこのご飯にしてよ~!」なんていってました。

f0128026_016046.jpg

(その、お寿司の打ち合わせするために、現れた彼女からもらったお花です。心のこもったものってうれしいですね。)

f0128026_2193279.jpg

一皿は、娘さんのために、もう一皿は、お友達がご主人と楽しめるように、二皿つくりました。

f0128026_22048.jpg

届けたときには、すごく喜んでくれて、後日味はどうだったか聞くのが楽しみです。

昨日は、ジャズサイズ仲間にヘルスヒストリー(カウンセリングの初回にやるもの)を練習でやらせてもらいました。
家でするか、彼女の家でするか、どっちでもいいよ~といっていたんだけど、結局彼女の家ですることに。初めて行くお家で、どんなとこだろう?と思っていたら、あらまあ、なんとも素敵なお家でした!!
ちょっと高台に建っていて、町から海までもを見渡せる、すっごく、すっごく素敵なお家で、なんと、彼女の旦那さんがヘルプする人を雇って、建てている途中だそうな。4階建てで、4階部分は、ソファーがおいてあるだけの展望室みたいな感じで、太陽がすぐ近くにあるように感じました。
一番くつろげる、そこでヘルスヒストリーやろうということで、そんな絶景な、外はマイナス10度の中、さんさんと太陽の当たる暖かい部屋でのセッションでした。癒しに行ってるはずなのに、私のほうが癒されて帰ってきた感じでした。。。

ここでは、びっくりするくらい豪邸に住んでいる人がちらほらいます。都会ではなく、田舎だからできる贅沢なのかな。でも、結構ここも土地代は高いのですが、ね。
将来は、そこまでも広いお家ではなくていいから、ゆっくりくつろいでもらえる空間のあるお家にしたいなぁと、夢膨らむ日でした。
[PR]
by pineheath | 2010-12-18 02:37 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

クリスマスまで秒読み!

もうすぐクリスマス。町はクリスマス一色になってきました。
パパのラボ全体でのクリスマスパーティーがありました。
T君はもう5年生なので、そのイベントにはもう含まれません。こちらに来たときには、T君3歳で、そのイベントにやっと入れてもらえる年だったなぁ。時がたったものです。

Aちゃんを学校から早引きさせて、Mちゃんとともにラボに行きました。
今年は、マジシャンのショーがあった後に、サンタさんが登場して、子供一人、一人の名前を呼びプレゼントを渡してくれました。マジックショーも、とても楽しかったみたい、二人して、前のほうに座って、楽しんでいました。

f0128026_1191281.jpg


私のほうは、久々にラボに入って、働いていたころに仲良くしていたいろんな懐かしい人にもあって、いろいろ話せて楽しかった~。
もらったプレゼントは、Aちゃんには、熊のぬいぐるみを作るキット。Mちゃんには、プリンセスのブランケット。
二人とも、とっても気に入ったようで、よかった。今年はなかなか良いのをチョイスしてくれたみたいですね、ラボのサンタさん。
それにしても、子供たちはどこまで、信じているのかな?サンタさんのこと。
Tくんは、ちょっと???言いはしないけど、どうやら真相に気付いている様子。Aちゃん、Mちゃんはまだ、信じている様子。

去年もそうしたんだけど、クリスマス前からボストンのお友達のところへ遊びに行くので、クリスマス当日には、家にいません。
サンタさんは、留守宅に入って、プレゼントを置いていってくれることになっています。
(というか、実は、出発間際にサンタさんからのプレゼントを置いて出かけるんですが。。。)
ボストンから帰ってきたときに、子供たちがサンタさんからのプレゼントを見て、大喜びする、その予定です~!
いったい、子供たちが何歳になるまで、このイベントは続くのかな?そんな先を思うと、うれしいような、悲しいような複雑な気分です。
[PR]
by pineheath | 2010-12-17 23:51 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

生ナッツと、レーズン、チョコッチップ

f0128026_0315883.jpg


手作りのものがなくって、でも、なんだかくつろぎタイムのお茶に添えるものがないかなーって時に、食べるものが、この組あわせ”生ナッツと、レーズン、チョコッチップ”のおやつ。
こんなときには、チョコチップもカカオが多い物か、家は穀物で甘みをつけているチョコレートチップを使っています。
でも、この3つの組み合わせ、なんとも贅沢でおいしいです。生ナッツと、レーズンだけのおやつでももっとヘルシーでいいけど、そこにチョコレートが入ることでリピート間違いなしのおやつになります。
ぜひぜひお試しを~!
f0128026_1213086.jpg

Aちゃんがホワイトボードに書いてくれた絵です。彼女がすごいのは、ダーっと勢いよく書き上げるところ。
[PR]
by pineheath | 2010-12-16 00:34 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(0)

典型的なアメリカパーティー?!

ジャスサイズのみんなでクリスマスパーティーがありました。

今回は、ポットラック(持ち寄り)ではないので、プレゼントだけ持ち寄ればいいことになっていました。
数日前に、何も持ち寄らなくていいの?と聞いたときに、主催者が言うことには「私は、もちよりってそんな魅力だと思わないのよね~、普通のパーティーのもの用意するから、何も持ち寄らないで~」ということだったので、本当にプレゼントだけもって行くことに。

11時からの予定で、到着したときにはまだ準備中の素敵な素敵なインストラクターのお家。
早速準備を手伝いにはいったんだけど、準備といっても、超簡単。
これぞ、アメリカって感じたので紹介したいと思います。

買ってきた、カットフルーツをお皿に並べ、ツナ缶と、ゆで卵にマヨネーズを混ぜたものをパン(アメリカのパン屋さんではないスーパーの棚に並んでいるパン、独特のにおいがします。。。)にサンドして、パッケージを開けてクッキーを並べ、プラスティックパッケージを開けてマフィンをお皿に並べ、冷凍食品の一口キッシュをオーブンで焼いて、お皿に並べる。そして、ベジタブルディッシュとして、ベイビーキャロット(これも袋を開けるだけ)、ブロッコリー(生で食べます)を、お皿に並べ、買ってきたマヨネーズ系のディップを添える。

あっという間に、テーブルいっぱいの色とりどりのパーティーディッシュが出来上がりました。

これって、すごくないですか?何一つ切ったり混ぜたりする必要がなく(ああ、いえいえ、唯一、サンドイッチはマヨネーズと玉子、ツナ缶を混ぜましたが。)ほとんどすべてのものは、スーパーが抱える工場で作られた食べ物たち。

家はもうパーフェクトに素敵、集まる人たちもおしゃれして、時は楽しく過ぎました。
ただ、見た目は美しいけど、味はどうだろう?、いったい中に何が入っているんだろう?という食べ物たちがパーティーの盛り立て役っていう、なんとも不思議な感じがします。

でも、これって、現代アメリカの典型的なパーティーの原型のような気もします。時には、これプラス、グリーンサラダが入ることもあるし、本当の手作りのものが入るときも、もちろんあります。
でも、こういう簡単な集まりでは、完全手作りってことは本当になく、スーパーのパッケージをあけて並べるスタイルがまかり通っていますね。

便利な世の中です。。。でも、それでいいのでしょうか?

手がかかっても、キッチンが汚れても、

それでも、手作りのほうが、中身があるような気がしませんか?
[PR]
by pineheath | 2010-12-16 00:21 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

クランベリードロップクッキー

クランベリーが出回っている季節です。クランベリーってそのままでは食べられないくらいすっぱいので、いつもメープルシロップとあわせて、ソースにして、小分けして冷凍しています。
お友達の家に行くときとか、来客とか、そのソースさえ作っておけば、すぐにできるクッキー、それがクランベリードロップクッキーです。バターも、卵も使いますが、良質のものを使います。

Nourishing Traditionの本によると、良質のバターは適度な量は体に必要な食材だということで、この本を読んでからは、バターを避けることはしなくなりました。(もちろん、使いすぎはいけませんが。)

白砂糖を使わないために、Barley malt と甜菜糖をあわせて使いました。結構甘めの出来上がりなので、もう少し糖分は減らしてもいいかもです。
ではレシピです。

f0128026_22455172.jpg


クランベリードロップクッキー
材料;アメリカの鉄板にいっぱいに並べてちょうどいい量、日本の鉄板だと、二枚分くらいかな

クランベリーソース(クランベリーを煮て、メープルで甘みをつけたもの)大匙6
バター 75グラム
甜菜糖 80 cc
Barley malt 80 cc
卵 1個
バニラエクストラクト(お好みで) 1-2滴
小麦粉 360cc(お好みで、全粒粉混ぜたり、いろいろしてみてください)
ベーキングパウダー(アルミニウム無添加のもの) 大匙1
胡桃などのナッツ 120cc
チョコレートチップ(カカオ分の高いもの) 60cc
オートミール 60cc

作り方

1、オーブンを180どに余熱する。バターは室温で柔らかくする。
2、バターをやわらかくなるまで練る
3、甜菜糖と、Barley maltをそこに加え、全体をよく混ぜる。
4、卵と、クランベリーソースを加え、またよく混ぜる。
5、小麦粉とベーキングパウダーを加え、軽く混ぜる。ここからは、あまり混ぜすぎると硬い出来上がりになるので注意。
6、ナッツ、チョコチップ、オートミールを加え、ざっくり混ぜる。
7、スプーンで、クッキーシートに生地をのせて、約8分焼きます。
8、できあがりです!


T 君が、学校のスナックタイムにこのクッキーを持っていったとき、お友達が、何のクッキー?と聞いてきたそう。
そのときの会話は、

T君:

「Oh, well ..This is "Cranberry chocolate chip wholegrain oatmeal nuts cookie".」
(「えっと、これは、クランべりーチョコレートチップの全粒粉オートミールナッツクッキーだよ。」

お友達:

「Ow, That is long name.』(「うわ、長い名前だね」)

T君:

「You want some?」(「ほしい?」)ーと言って、少しだけあげる。

お友達:
「Oh, This is good!」

といった感じのものだったらしい。

何に笑ったかって、私は一度もこのクッキーの名前をそんな風に言ったことはなかったし、何が入っているか、言ったことも記憶の中ではないつもりなのに、しっかり、それも、堂々と、お友達に言っているところ。
私は、健康的にアレンジしたレシピとかって、人に勧めるとき堂々とできなくって、ひそかに出しとくとか、そんな感じなのだけど、T君は、いつも自分が食べているものに自信を持ってきているような感じです。ほほえましく、うれしいことです。
[PR]
by pineheath | 2010-12-15 23:23 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(0)