<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Setsuさんとのセッション

サイキックの能力をもたれているSetsuさんにスカイプセッションをしていただきました。

実は、セッションの申し込みをしていたのは、何ヶ月も前のこと、申し込んだ後で亜沙美さんのブログSetsuさんもお書きになるようになって、それを読んでいたので、お忙しいことと、お病気されていることをわかっていました。だから、私のメールが届いていないのかもしれないし、もしかしたら、忙しくって、私の順番が回ってきてないのかもしれない、どちらにしても、今メッセージを受けるときじゃないんだと思って、そのときが来るなら来るのだろうという気持ちで居ました。そして、数ヶ月もたって、半分忘れていた先週、Setsuさんから、セッションできますよー。とのメールが。

最近、家をこちらで購入しようかという話になっているために夫婦の間でも話し合いが続いていて、いろいろ考えているとどのチョイスで家というものを決めれば良いのか、わからなくなっていたところがありました。で、本当にあー誰か、選ぼうとしている家のエネルギーとか気運とか見てくれる人がいたら良いのに、と(Setsuさんのことは頭からすっかり抜けてて)考えていたところでした。

なので、Setsuさんからメールが入ったときには、その声が天に届いたのだろうと思えました。

この方が本物だというのは、ほかの方々の体験談(亜沙美さんのSetsuさんの記事1)を読んで信じていたので、当日どんな話になるのか、どきどき、わくわく。

家のことだけではなく、自分の方向性とか、聞きたいことは山のようにあると感じる反面、サイキックという形で自分が試行錯誤して失敗しながらたどり着かないといけないことを、答えを教えてもらうみたいなことになったら、それは近道してずるしてる(?)みたいな気持ちがどこかにありました。

でも、きっと、Setsuさんは、そういうこと全部踏まえて、受け取る順番の人にメッセージを届けてくれるんだろう、という、なんというか、安心感みたいなのがあって、受けてみようと素直に思える自分が居ました。

そして、当日。

Setsuさんはとーっても、穏やかな、暖かい方で、顔を見ながらスカイプでお話できたので、全部の言葉がすんなり入ってくきました。

とにかく、私の質問に答える!という形ではなく、上から降りてくることをどんどん私に伝えてくださるという形だったので、すごくたくさんしゃべってくださって、逆に私が何かを質問して、それに対してSetsuさんが何かの話をしているときに、ふっと話が途切れて「あーちょっとごめんなさい、話の途中だけど。。。」と、上からの言葉を伝えてくださるということもありました。「これを言えっていってるからー」と。
Setsuさんは伝達者であって、自分の知識を伝えているというようなものではない。とおっしゃっていました。

あたってる、あたってないというので言うと、そのとおりです、そうかもです~!というのばかりで、たとえば、パパの話になったときに、「ご主人、優しい方ですねー」とSetsuさん。「でも、ご主人、日本人の謙虚さの表れか、人前で自分のことや、身内の事をすごく卑下して話したりするでしょう?それって、日本人の美徳のようなものだけど、上はそうは受け取らないからねー。」と。 パパはまさに、まさにそんな感じなのです。ほんとにはそうは思ってなくても、ついつい人前で子供のことを悪く言ったり、卑下してみせる。自分の事も。パパにこのことを伝えたら、もう今後絶対そうしない!!と、鼻息荒くなってました。

私に関しても、とても良いお話をたくさんしていただいて、今動き出している、ホリスティックカウンセラーとして一人前になっていくことも、この方向でいいと、力強い言葉をいただきました。このことを家族のためにも、世の中のためにも進めて行っていいんだと言われて、とてもうれしかったです。
そして他にもうれしかったのが私をサポートしてくれている天使の話。彼(彼女)らは私に自分たちに助けを求めなさい!といっているんだそうです。天使たちは、私が許可を出さないと私を助けられないんだって。

思い出すのは、このIIN(ホリスティック栄養学校)に入学するちょっと前に、すごくしんどい時がありました。
その時、あまりにもしんどかったので、ベットのなかで、神様かSomething greatかこの地球の創造者か何かわからないけど、上に向かって心の底から、祈って、質問して、話しかけた時がありました。
ここには、細かく書かないけど、そのときに、はっきりと質問の答えが聞こえて、というか、声が私の中にして、その言葉というのは、そのときの私には、すんなり入ってきて、一瞬ですべてが楽になるというか、わかるというか、そんな体験をしたことがありました。
その直後にIINがDistance learningをはじめたことを知り、とんとんと入学することになり、後は突っ走ってきた、そして、今も突っ走っているという感じなのですが、そういえば、その転換期のころは上に向かって話しかけて祈ってってよくしていたなーと思い出します。このごろは講義i-podで聞きながらとか、ダイエットセオリーの本読みながら途中で寝てしまうというようなことがほとんどなので、神との対話というか、じっくりした時間をもうけていなかったです。

私の天使は、助けようとして横に居るのだそうです。この話を聞いてからは、なんか、守られてる安心感がずーっと増しました。

あと、身体的なことでは、私が呼吸が浅いので、もっとしっかり呼吸するようにーとのアドバイス。
これは、まさに最近特にてんぱって色々やろうとすると、どうしても浅い呼吸で自分でも深呼吸するとあーわたしって普段の息が浅いなーってちょうど感じていたところだったので、どんぴしゃでした。

これはアドバイスを受けたことのほんの一部で、それ以外にも家の話も(これまたびっくり!!!)あって、私の母のことも聞く時間を下さったりして、本当に貴重な濃い時間になりました。

家の話は次の回に書きたいと思います!!

Setsuさんは、最初はご自分の能力で人を助けてお金をもらうことにかなりの抵抗があったそうです。なので、ずっと普通にお勤めをされてボランティアで人助けをされていたのですが、そうすると、助けられる人の数も当然少なくなってしまいます。そして、お金という形でエネルギーが交換されないこともあり、Setsuさん自身が大病を患ってしまうそうです。そんな折に上から来る言葉は、このことで生計を立てなさい、ということだったそうです。今は、勤めもやめて、サイキックヒーラーとして生計を立ててらっしゃいます。
今後もSetsuさんとつながる事で、癒され、助けられる人が一人でも多くなることを祈って、このことを記事にさせていただきました。

Setsuさんの連絡先は  onenessinlove#hotmail.com (#を@に変えてください)
メイン州の恵子のブログで知りましたというと話は早いと思います。
[PR]
by pineheath | 2011-07-28 05:09 | 自己実現 | Trackback | Comments(2)

ローストペッパー&冷やし中華のタレ

このごろのサラダにトッピングする食材として気に入っているのが、ローストペッパーです!

結構冷蔵庫で日持ちするので、結構な量を一度にローストします。カラフルだし、一気に味気なく見えるサラダがおいしそうになる。

ヒジキもしょっちゅう作ってますねー。冷たくても食べれる煮物なので、今の季節にも食べやすい。

そんなわけで、ローストペッパーとヒジキは、何かとトッピングに使っています。

昨日は、暑くてー暑くてー冷やし中華風おそばにしました。子供には豚肉で肉味噌も作ってそれもトッピング、食が進みました♪ 

面白いですよねー。真冬の大雪の真っ只中にはぜーったいこのメニューは思いつかない、食欲ってうまくできていますね。

ではでは、超簡単ですが一応レシピです♪

f0128026_2391825.jpg


ローストペッパー

材料
赤、黄色、オレンジなどの好みのカラーピーマン(スイートペッパー)
オリーブオイル

作り方
カラーピーマン(スイートペッパー)を良く洗い、丸ごとオーブンに並べ180度で焼く。途中表面のこげ具合を確認して、ひっくり返しながら焼く。
全体に焦げ目がついて焼けたらオーブンから取り出して、そのまま冷ましておく。
冷めたら、保存容器を用意して、ピーマンの皮をむきながら(手で結構簡単に向けます)中身の汁を保存容器に出しながら、種だけはなるべく入らないようにしながら容器に入れていく。
全部入れたら表面にオリーブオイルを垂らして出来上がり。

f0128026_2395964.jpg

ローストし終わったところ



冷やし中華のタレ


材料
水100cc
しょうゆ 150cc
玄米酢 90cc
黒砂糖、(メープルシロップ、甜菜糖などでも) 大匙5
ごま油 大匙1

作り方
以上の材料を混ぜて出来上がりです。


このレシピはマクロビオティック羅針盤のサイトを参考にさせてもらいました。

f0128026_256219.jpg

冷たいおそばを召し上がれ~。
[PR]
by pineheath | 2011-07-24 03:03 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(1)

朝サラダ!

朝ごはんは食べたほうがいいのか、食べないほうがいいのかー。いろんな説があります。

朝はデトックス時間というのも正しいし、朝を食べない人のほうが長期的に見て痩せられていないというデーターも正しい。

じゃあ、どうすれば?!っておもいますよね?

どちらが正しいのだろう?ってすっごく考えていました。

でも、理論の正しさを求めるんじゃなくて、自分にはどれが合っているのかを自分の体に合ったことをするのが正しいと考えます。

私の場合、朝断食にこってて、それが正しいと頑なに信じていました。

それが私にとって正しい時期もありました。朝を水分だけですごすことで、体も軽くエネルギーも沸いてくる状態でいられたこともありました。

でも、頭で決めてかかっていたものだから、

ちょっとフラフラしても、昼食食べたら、どーっと疲れが出て、眠くてしょうがなくなっても、

夕飯の後に無性に何かが食べたくなっても、

朝抜き、またはフルーツのみは私の体にとってもいいこと!と信じていました。

どの理論に固執することなく、自分に合ったスタイルを見つけること、それこそが私が必要としていたことだったのです。

今は、私のその時に合った食べ方、食べ物を食べるようにしています。グリーンスムージーも確かに良いのだけど、今の私にはどうなのかー。それは、一日を変なクレービング(ある特定の食べ物を無性に食べたくなる、食べてしまうこと)なく、エネルギーに満ちてすごさせてくれるものなのか?

で、今の私が最もエネルギー発揮して一日を送れる朝食はサラダ!です。生のグリーンだけのときもあるし、それに飽きたら、昨日の残りをトッピングして、豪華なサラダになるときもあります。

f0128026_262484.jpg


朝水を一杯飲んで、体をクレンズしてから、コンブチャとサラダって言うのが気に入っています。

そして一活動して次ぎに穏やかにおなかがすいたなと感じるときに、発芽パンや、オートミールを食べたりしています。

この、穏やかにおなかがすくというのが大切で、私の場合、フルーツだけの朝食や、フルーツやデーツで甘みをつけたグリーンスムージーだと、急激におなかがすくんです。要は低血糖になりやすいタイプなんですね。

じゃあ、朝からしっかり玄米朝食、オートミール朝食、発芽パンに卵にフルーツ。そういうのもやってみました。

そういう朝食はたまーには楽しめて、後も快適に過ごせたりします。

でもそれが毎日になると、食後重たい感じになってきて(地に足がつきすぎてる感じ)、食後にすぐに散歩行って~、家片づけして~!っていうフットワークの軽い状態では居られない。食器も後で片付けよう、コンピューターの前に座って動かず時間が過ぎるーみたいな状態になります。

そんなわけで、今の私にとっては、サラダが快適です。楽しんで食べれて、穏やかに血糖値をあげて、活動的にがんばれて、その後穏やかに血糖値を下げて、その時に何かを食べればいい。

また、秋になったら変わるとも思います。でも、それで良いんです。

あなたに合った朝食はなんですか?
[PR]
by pineheath | 2011-07-22 02:44 | ホリスティックヘルス | Trackback(1) | Comments(2)

レンティル豆のサラダ

レンティル豆は豆類の中でも栄養価が特に高い豆です。
炭水化物も、たんぱく質も、食物繊維も、含んでいるので満足感があって、いろんなミネラルも含んでいるんで栄養価が高いとされています。鉄分、葉酸が豊富なのがうれしいですね。
レンティル豆のサラダはスペインでは日常茶飯事に食べられている食事なんだって。サラダにすることで、いいオイルを足してあげて、そうすると、ますます満足感の増す一品になります。

f0128026_2294533.jpg


Sally FallonのNourish Traditionの本を参考に、豆をゆでてみました。

ちなみに。。。

彼女の主張することは、マクロビを続けていたころの私にとっては、衝撃だったけど、それゆえに惹かれたんだけど、このごろ思うのは、動物の脂(Saturate fat:飽和脂肪酸)を取るのが本当は必要なんだって主張も一理はあるんだと思うけど、それもまた、その人のライフスタイルによるところがかなりあることだとおもう。
確かに彼女の主張する説の元になっているセオリーは、閉ざされている村社会の人たちで、健康に長生きしているコミュニティーを調べての結論なのだけど、今の現代社会、まず、動いている量がその時代の人々の様には行かないし、だから、いかに牧草で育った家畜の脂でビタミンAとDが取れるとしても、元の強靭さ、日常に要求される体を使う仕事量が同じではないのだから、そして、もっと精神的なストレスがかかっている現代人なのだから、昔のとおりをコピーして、動物性の脂ウェルカム!にするやり方はそれまた賢くないのかなーという風に思えています。
ということで、私も、マクロビーとかベジー一辺倒ではなくなったのだけど、だからといって、Sally Fallon のセオリーを完全に鵜呑みすることもできない、自分の適量を知るようにしています。なので、ラードも良質なもの(牧草で育った健康な家畜)なら少量使ったりします。

とにかく、そんな感じの距離感になっているので、

レンティル豆を一晩水にかしておいて、翌日水を替えて豆を煮るんですが、そのときに、皮をむいた丸ごとのたまねぎと月桂樹の葉と、本当にごく少量の牧草で育った豚さんの脂、ラードを入れました。
こうすることで、味わい深いこくのある豆が茹で上がります。
サラダにするときは
その後、豆が煮えたら煮汁を切って、冷まし、適当な野菜、ハーブとねぎとたまねぎとをオリーブオイルとも加えて、レモン汁と塩とマスタードで和えるだけです。
豆料理って、本当に時間はかかります。でも、手間はそうかからないと思う。水にかしとくだけ、煮続けるだけー。時間が料理してくれるので気に入っています。

豆を食べるとガスが溜まるーという人は、水にかす事をちゃんとやるようにして、煮あがる最後にごく少量の酢を入れるのもいいです。
[PR]
by pineheath | 2011-07-20 02:52 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)

カシューナッツのランチドレッシング

Ranch dressing (ランチドレッシング)って、アメリカ人の一番大好きなドレッシングだとか。要はクリーミードレッシングですね。

カシューナッツで作っても、変わらずおいしいのでこってり濃厚なのがほしいときにはいいです♪ 昨日はたっぷりのグリーンの上にスモークサーモンと、ヒヨコマメを乗せてこのドレッシングをかけて食べました。
パパがクッキングクラスでやったほうがいいよー、これ、アメリカ人好きだよー!!と絶賛していたので、クッキングクラスで紹介する前にブログで紹介します。
ポイントはドライのオニオンパウダーとガーリックパウダーを入れるところ。これのおかげで、ランチドレッシングっぽい味になります。
では、レシピです♪

f0128026_13392128.jpg


カシューナッツのランチドレッシング(クリーミードレッシング)
材料( 注意:米1カップ=240cc)
生カシューナッツ 1 と 1/2 米カップ 2時間くらい水につける
水          3/4 ~1米カップ
レモンジュース 大匙3
アップルサイダービネガー1/3米カップ
エキストラバージンオリーブオイル1/3米カップ
デーツ 3個
にんにく 2個
ガーリックパウダー小さじ1
オニオンパウダー 小さじ3
海塩 大匙1
ディル 小さじ1
バジルの葉 2-3枚

作り方
浸水しておいた生カシューナッツの水を切り、ディルとバジル以外の材料すべてと一緒にブレンダーでがーっと混ぜる。
クリーミーになったら、ある程度刻んでおいたディルとバジルを入れてさらに少し攪拌し(混ぜすぎない)出来上がりです。

今日は、塩茹でブロッコリーと一緒に食卓に出したら、Mちゃんがめちゃ食べてました。
[PR]
by pineheath | 2011-07-16 13:42 | ローフード; RAW | Trackback | Comments(2)

今日はどこへ!

夏休み、子供をエンターテインしています♪立て続けにGhemaと遊びました。
f0128026_1239511.jpg

先週は、天然酵母パンでサンドイッチ作って、コンブチャとオーガニックビールともって近くのビーチへ繰り出し、子供はカニ取り、大人はお互いの近況報告話に花が咲いたのですが、
今日は、Ghemaの提案で、この夏は、お互いやりたいことを進めるために週一回彼女の家に集まり、子供たちを遊ばせている間、私はIINの勉強、Ghemaは家のこと(家を修繕しているため)に集中できるようにしようと言うことで、第一回目チャレンジ。
コンピューターやら、i-pod やら、いろんな読めてない本やらをわんさか持っていったのだけど、結局、Ghemaの庭のバラを摘むのを手伝って(バラのジャムを作るんだって)、
f0128026_12401343.jpg

花びらのピンク色の部分だけを集めているところ

庭でランチ食べて、
f0128026_12414069.jpg

f0128026_12421327.jpg

ヒジキ煮物、レンティル豆のビネガレッテサラダ、ロースト赤ピーマン、たこ&ツナ、エルダーフラワーの自家製ワイン

また海に行って、最後は湖で泳いで結局夕方6時、帰路に着きました~。結局遊んでばっかり(?)。
でも、ひとつの進歩は今日からはGhemaにもヘルスカウンセリングをはじめました。海で子供を遊ばせている間、初回に行う健康調査。ほとんどの彼女の健康上の悩みとか、食生活とか知っているんだけど、改めて聞いていくことで見えてきたことも。自家製酵母でパンは作るし、コンブチャだって作って飲んでるし、ジャムだって、アイスクリームだってとにかくぜーんぶ手つくりで作る彼女。ジャンクなんて一切買わないし、甘いものへの執着だってないし、と、かなり優秀な彼女をどこまでさらに健康にできるのか、ちょっとどきどき、楽しみでもあります。
f0128026_1243639.jpg

カニがいっぱい取れました~!パエリヤにしようっていってたのに、子供たちが、この後逃がしてやりました。
[PR]
by pineheath | 2011-07-16 12:55 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

「1からわかる!キネシオロジー」の本

私はニューヨークでキネシオロジーの基礎の講習を受けたのですが、(そのときの記事はこちらです)そのときの講師であったIHキネシオロジーで有名な斉藤啓太さんの御著書「1からわかる!キネシオロジー」が出版されました!!
アマゾンからも買えます。世界一わかりやすいキネシオロジー入門書で、啓太さんが練りに練って行われているクラス、「1からはじめるキネシオロジー」で使っているテキストが元になっています。
私はテキストバージョンしか、まだ持っていないのですが、もちろん本も購入する予定です。
キネシオロジーは、便利な、便利なツールで、キネシオロジーには限界がないのでは?と思えるくらいなのですが、家庭用の便利なツールとしてキネシオロジーができたらすばらしいですよね。その第一歩として、この本はお勧めです。(って、テキストバージョンしかもっていませんが、テキストはすばらしいです。)
[PR]
by pineheath | 2011-07-15 05:42 | Trackback | Comments(0)

独立記念日

昨日は4th of July アメリカの独立記念日。この町でもパレードが行われて、今年は見る側ではなく初の参加する側でした。Jazzcizeの仲間でパレードに出ることに。AちゃんとMちゃんはJazzcizeグループを率いるトラックに乗って、沿道の人たちにキャンディーを配る役。
当日は結構暑くって、狭いといっても町一周を踊って回るのって、すんごい、ハードワークアウトでした。
f0128026_9254022.jpg

昔チアリーダーをやっていた時の覚えで観客の前では笑わなきゃーって言うのがあったんだけど、滝のような汗でさらに日焼け止めが目にしみて、笑えていてのか、ちょっと心配。というか、確実に引きつった笑いだったと思う。主人に言わせると、動きがあったグループは私たちだけだったようで、インパクトはあったそう。やった価値はあったようです。
友達のコニーはもうすぐ70になるのだけど、肺炎が完治していないにもかかわらず、参加してて、大丈夫だったかな、とかなり心配していました。今日会ったときに、大丈夫だった~?と聞いたら、本当はきつくってしょうがなかったそう、でも、やり遂げげた自分を誇りに思うわーって。
今回、そこまで疲れた理由は、水分補給ができなかったこと。途中でさすがに厳しくって、みなで一口ずつ回し飲みしたけど、そんなんじゃあ当然足りてるはずなく、それは、本当は危なかったと思う。私は、その後かなりの頭痛に襲われて大変でした。もちろん大量に水をその後飲んだけど。
暑い季節、水分補給ですねー。
出会いもありました。この町では珍しい日本人家族を見かけ、主人が話したところ、コネチカットからいらっしゃっている研究者やってるご主人のご家族。
f0128026_9454057.jpg

話してみると、日本で住んでいたところの公務員官舎の隣の棟がご実家だとか、あれや、これやと共通項があり、一気に意気投合しました。何かのご縁でしょうねー。
一緒に夜の花火も楽しみました。お隣さんが場所取りしていてくれたところに合流して、お隣のマディーがだい好きなMちゃんはとってもご機嫌でした。
f0128026_9462826.jpg


さて、さて、毎日子供たちと遊んでいます。コンピューターで何かしていると、〇〇行こうよー!と言ってくるので、じゃあ行こうかーということになり、あっちの湖、こっちの湖に泳ぎに行ってます。
f0128026_9402716.jpg

今年は、勉強したいからという理由のために日本帰省を見送ったのだけど、やっぱり、子供とべったりの夏には勉強がはかどりそうにありません。。。でも、それもまたライフかなー。楽しんでいくことにします。
f0128026_942258.jpg

[PR]
by pineheath | 2011-07-06 09:53 | イベント!! | Trackback | Comments(0)