<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タロットとTGと その2

前の続きです~。

タロットは、そんな風に頭マックスになりながら、でもしっかりアドバイザーをつける事が出来て終わりました。(前回の記事参照)

そして、1日中休みー。
当初の予定では、この前の日、タロット講習が終わってから、ボストンへ向かい親を日本行きの飛行機に乗せて、とんぼ返りでNYに戻ってくるというのが計画でした。
でも、ありがたかったことに、タロット最終日の前日の夜、父が気を利かしてくれて「恵子ー、もう、ボストンへは送っていかなくていいよー。お父さんと、お母さんで行けるから。恵子はTくんと中休みの日を楽しみなさい」と言ってくれたのです~!!
これは、本当にありがたい言葉でした。
T君の体力も結構限界になっていたし、後半3日間は、経営の講座に付き合うことになっていたので、中休みの日には何か思い出に残る事をやってあげときたかった。親をボストンまで送ってきて(往復バスで10時間)さらに楽しむというのはかなり難しい事のように思えていたから。
でも、当初の予定では、ボストンまで連れて行ってほしいと言われていたし、私の方からは、自分たちだけで行ってちょうだいって言うのはなかなかいえないもの。
私と、T君の状態を察してくれて、そう進言してくれた父に感謝です。

もう、そこからは、ホテルの取り直し、ボストンまでの行程の説明(だって、父とは母は英語がかなりまだまだです。。。)に明け暮れ、何とかすべての事が丸く収まりー、ほっと一安心。

結局、翌日の昼にTくんを講習会場につれてきてくれて、そこでバイバイになったのだけど、
その日の前日の夜は、父と母にタロットをしてあげました。父は、最初は半信半疑っぽかったけど、一つの相談事に対するカードが並び、それを読み解いたら、目の色がかわってきて、「じゃあ、次のお題はこれだ!」と、次のお題、そして、次のお題と、立て続けに見ることになりました。カードを混ぜてもらう時に、「お父さん~、じゃあ、その事考えながらしっかり混ぜてねー」なんていうと、目をこれでもかって言うくらいグーっと閉じて想いを込めてカードを混ぜている父の姿は、なんだか父の素直さが現れていて、思わず微笑んでしまいました。色々ぶつかり合ったりしたけど、それも、時間が経ったらいい思い出になるのかな~。

バイバイの日の朝は、母の調子が少し悪く、私も出発の準備でばたばたしていたけど、最後に出発の前10-20分だけ母の背中をさすったり、揉んだりしながらちょっと話をしました。なんか、親が帰るときになって、あーもっとこんなただただゆっくりした時間とればよかった。。なんて。
ばたばた過ごしてしまった1ヶ月を反省して、「お母さんはまだまだ、身がしっかりしているから、ダイジョブだよ~。」「恵子のマッサージはよく効くねえー」なんて、たわいも無い言葉を交わして、出発時間になってしまったのでした。でも、このたわいも無い言葉、たわいも無い時間が必要でした。なんか、母のオーラも、私のオーラもあの時に柔らかくなったと思います。

さてさて、そのT君とのデートの一日。
朝は本屋の中のカフェでブランチを食べ(Tくん大喜び!本に囲まれて食べるって幸せだねーって満面の笑み)
タイムズスクエアーに繰り出して、AちゃんMちゃんへのお土産かって、TKTS(ミュージカルなどのディスカウント売り場)に寒空のなかほとんど一番乗りで並び、念願のブルーマングループのチケットをゲットし、その後は国連のツアーに参加し、ツアーガイドさんお勧めのお蕎麦屋さんでTくん大好きな天ぷらそばを堪能し、ブルーマンのショーを観に行ったのでした~。大いに遊んだ、T君大満足な一日になりました。

f0128026_9171593.jpg



そして、後半TG経営の勉強~。
お金と言うものにアレルギー反応がある私としては、克服しないといけないと思って取った講座だけど、厳しかった~(特に最初は)
キネシでお金に対するストレスも計ったけど、本当にストレス有りまくりで、たとえ1セントにでも、ストレスを感じると言う事がわかって、かなり問題は深刻だと覚悟を決めましたー。
でも、何事も自分を知る事から。私がお金にストレスがあると言う事を認識してからじゃないと手放すことだって出来ないのでねー。

そういうもろもろなお金と自分、自分のお金に対する信じ込みを一通りキネシで確認してから、いよいよTGのゲームへー。
これ、ゲームだって侮ってはいけませんでした。
いやあ、わたしは初級を受けただけなので、ほんのひよっこのことしか解ってないとは思うのだけど、TGの奥に隠れている経営の本質なるものが少し見え隠れし、自分のやり方、自分のあり方が、そのまんまゲームの上に現れ、でも、どうする事も出来ない感覚に陥り、倒産を経験し(いや、ゲーム上でです。あくまで)どーんと気持ちが重くなる事を経験させてもらいました。1年間の会社の流れが1時間やそこらで見えるのですから、現実の経営ではスローすぎて見えないものが見えてくるのです。
私はラッキーな事に、倒産した後、もう一回ペアーを変えてゲームに参加した時に、亜沙美さんが経営コンサルタントとして付いて、アドバイスしてくれて、今まではどうしようもなく下がり調子にしかならなかった状態から上向きの状態に抜け出す事が出来たのです。その時の学びは大きかったー。まさにスピリチュアル経営って感じでした(こういうことを言葉で書くとなんのこっちゃという感じですが、経営は本に書かれた言葉どうりのものではなく生きているものだと言うような感覚。。うーん、ますます、なんのこっちゃですね~。。。)
とにかく、うわーっすごい~って頭のどこかで分かった感覚と、エーなんで??ぜんぜんわかんないーって感覚とがごっちゃに混ざった感覚で、でも興奮冷めやらぬ状態で3日間のTGは終わったのでした。
もっともっと分かりたいー。そんな感じです。

後半のこの3日間はT君も講習会場内に出たり入ったりしてて、私の横で一緒にゲームに参加し、私のよきアドバイザーをやってくれていました。私よりよく見えていて、私がやらかすポカミスを、「ママ、次はこうしなきゃだめだよ~!」なんて言ってくれて、周りからも、恵子ちゃんは自分の判断ではなくて、T君のアドバイスを聞いてやった方がいいね~なんていわれてたほど。T君、頑張ってくれたし、少しは楽しんだようでした。

講習が終わって、夜11時前の飛行機でメイン州に帰ってきて、飛行場にはパパとAちゃんMちゃんが迎えに来てくれてて、3時間ドライブして家に帰り着いたのは明け方3時半。学びの10日間、皆の協力で無事終えることが出来ました~。本当に感謝感謝感謝です。
[PR]
by pineheath | 2012-01-28 09:18 | 自己実現 | Trackback | Comments(2)

タロットとTGと

ニューヨークへ両親と長男T君を連れて行ってきました。Girls達はパパと10日間のお留守番をしてくれて!(ありがとう〜、AちゃんMちゃん、そしてパパ!)
目的は、私はさらなる講習参加、両親とT君はニューヨーク観光。

最初は、絶対行ける分けないと思っていたのです。10月に行ったばかりだし、親が来ている時だし。
でも、IH友人のロスのいず美ちゃんと話していた時に、「なんで参加せんの〜?けいこちゃん、絶対必要やん〜!」と一押しされ、ぐぐっと来て、でも、無理だろうなーなんて思っていたら、すごい事に、親が日本に旅立つ日にちが講習会のなかびでぴったり合って居る事が分かりました。
中日の日にニューヨークからボストンの空港に送って行けば良いんじゃない?って思い始めて、もしかして、この講習に参加出来るかも?!と。。。
親に「日本に帰る前にニューヨーク観光してみたい?」と誘ってみたら、「それもいいな〜」という返事で、そして、T君の学校の先生に「10日ばかりニューヨークに行くのだけど、T君連れて行っても良いですか?」と聞いたら、「是非、そうしたら良い、こんなチャンスはないのだから!遅れはどうにでもなるから!」と言う返事で、とんとんと、行ける事になったのでした。
そんな訳なので、この講習の日程は、私が参加出来るように神様の計らいが合ったに違いない!なんて思って大張りきりで参加するに至ったのです。


内容は、IHプラクティショナーでもあり10年以上の経歴を持つタロットリーダーでもあるキネシオロジストYukinoさんによる、キネシオロジーを使ったタロットリーディング。

え〜〜〜、タロットですか〜。って、ドン引きな感じ、する人も居るかもしれませんよね。でも、IHヒーリングをやるようになって、私のタロットカードに対する考えはどんどんかわって来ていたのです。IH ヒーリングのツールとして、いろいろなカード、メッセージをキネシオロジーを使ってひろって行ことがあるのだけど、それが、本当に、その時、その人に必要な言葉だったりする訳です。タロット、特に私の習って来たカモワンタロットは、ただ単に、「あなたの運命は逆向きの凶です。」とか言うものではなく、ある問題に関する過去、現在、未来の状態を的確にカードに表してくれて、そして、それに対する解決策を提示してくれると言うもの。いぜん、Yukinoさんにタロットで見ていただいてから、その内容の的確さにがぜん興味を持っていたのでした。
誰だって、自分で決断つかない事ってありますよね。そんな時、誰かに相談したくなりますよね。そして、その人が自分の状況分かってくれてて、的確にアドバイスくれたらどんなに良いかって、思う事ってありますよね。カモワンタロットでは、22枚のカードを中心に読み解いて行くのだけど、それぞれカードがメッセージを持っていて、その組み合わせによって、読む場所が違ってくるのですが、行く通りにもなる読み方をキネしオロジーで確認しながら読み進む事で、私たちの潜在意識が言いたい事が、手に取るように分かるのです。一通り、読み取った後も、これで読み残しはないのかキネシオロジーで聞くのです。

5日間にわたるタフな講習でしたが、Yukinoさんの講習は素晴らしく、笑いあり、感動あり、暗記あり(!)最後には人生の強力なアドバイザーが付いてくれたような、そんな感覚で講習会を終える事が出来ました。
タロットで出来る事は、自分、または誰かの状況を知る事。何かをしたら、どんな状況になるのかを見る事。何かをするのにベストな日にち、方角を選ぶ事、誰かと誰かの人間関係を見る事。etc ...結構何でも見れるのです。
でも、私がやりたいのは何から何までタロットにおまかせ、、って感じの使い方ではなく、自分のこれだと思う感覚を大切にしつつ、決められない事、自分だけの要因ではない事、(例えばビジネスの何時、幾らで、何人に。。。見たいな事って、自分の状況、ビジネス環境、能力すべてを判断してくれた人じゃないと良いアドバイスしてもらえないと思うのですよね。)そんな事に、タロットは大いに役立ってくれそうなのです。っていうか、もう既に多いに役立ち始めています。
もちろんこれからは、ヒーリング道具として、IHヒーリングの中にタロットも組み込んで行くのだけど、タロットは単独でも強力な、非常に強力なツールです。主催のI-healingの亜沙美さんがこれからはタロットのおどろおどろしいイメージを払拭するように世の中に働きかけたいと思います。と言ってたけど、まさにその通り〜。って思ったのでした。
そうそう、亜沙美さんはこの講習日の開催日はタロットで決めたそうです!
早速私もいろいろとタロットで見ているのですが、どうしても決められなかったクッキングクラスの値段、最終的にタロットと相談して値上げさせてもらう事に決めました〜。
そして、今日早速クッキングクラスだったのですが、その値段をすんなりクラスの皆さんに伝える事が出来、皆さんの反応は、オッケーってな感じで、ここしばらく悩みの種だった事があっさり片付いてしまいました。

そして、IH仲間のじゅん子さんとのIH交換セッション, T君との1日完全デート、そして後半3日間はTGという経営の勉強。これについてはまた明日以降〜。
f0128026_3554295.jpg

[PR]
by pineheath | 2012-01-25 13:58 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)