<   2012年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

IHセッションの感想3

今週頭にセッションをさせていただいたMさんから感想を寄せていただけたので,ご紹介したいと思います。Mさん、事例を紹介しても良いと許可してくださったので、少し紹介したいと思います。Mさん、本当にありがとうございます〜。

Mさんの今回のご相談は、「ダイエットと健康」という事でした。本当は、ヘルスセッションにご興味があると言う事だったのですが、チャット形式でしかMさんと通信が出来ない状態なため、ヘルスセッションの方はどうしても会話が直接出来ないと難しいので、「ダイエットと健康」をテーマにしたIHセッションで行くと言う事に。でも、今から思っても今回は、IHで行って正解だったと思います。
「ダイエットしたいのに夜遅くに食べてしまう。
運動しようと思っているのにやる気が起きないー。」
それらの原因を探っていくと、精神的に不安定になっている事が多いと言う事が分かりました。なので、そのストレスについてもっと探る事に。。。。
そうやって、どんどん掘り下げていって、真の目標は何なのかを探って行きました。
IHのセッションで、私がすごいと思うのは、この目標設定の時に、プラクティショナーとクライアントさんが行き詰まる時には、必ず導いてくれる言葉を引かせてくれる事が多い所。
(時には、本人から言葉が出るまで、待つようにと言葉を引かせてくれない時もありますが。。。)今回は、目標設定までに言葉を2回引かせてもらいました。
この言葉は、抽象的な事を言って、何かをさしている事もあるし、ドンピシャでその事を言い当てている時もあり、それは、その時のセッションで違います。
でも、その出て来た言葉は、潜在意識からの大切なメッセージです。
そこからさらに奥に進んでいきます。
メッセージからさらに年齢退行で傷ついた年齢を見ると30〜と出て、その頃の話をお聞きした所、その頃に受けた傷をそれとは気付かずそのまま今も引きずっていて、その傷ついた心の色眼鏡を通して今物事を見たり受け止めたりしてしまっていると言う事が分かりました。
潜在意識が求めているのは、「その傷を解き放ち愛の中に居ることを許す事」でした。

目標設定が終わり、修正として選ばれたのがオーラフックアップ、
そして、サポートにはヒーリングストーンのローズクオーツとクイントエッセンスのサナトクマラとレディーヴィーナスクマラ。

ローズクオーツは
「無条件の愛、優しさ」を意味し、
スピリチュアルな意味は「自己愛」。
自分を大切にすること、人を大切にすること、
ローズクォーツは、そんなことを教えてくれる大切な石ですね。

淡いピンク色の、やわらかな愛のエネルギーに満ちた石で、
ハートチャクラにとって最も重要なパワーストーンのようです、愛の本質を教えてくれる石。
そして、持つ人の心を浄化し、内面的な癒しと、「自己愛」をもたらす石。

また、ローズクォーツには癒しの効果があり、トラウマや予期せぬ感情、
心の痛を開放し、内面化された心の苦しみ、痛みを和らげてくれるようです。
本当に、今のMさんには必要な石です。これをカラダのどこにあてたらいいのか聞いて、その場所にヒーリングのエネルギーを入れました。

このサナトクマラとレディーヴィーナスクマラのクイントエッセンスは

「過去に感謝し手放す」だそうです。

感情的な問題(ショックやトラウマ)を手放す事を助けて、毎日の生活や些細な物事の中に、愛情や許しの気持ちをもたらします。
また、自信を取り戻すこと、情緒を豊かにする事をサポートしてくれます。
そして、高次元の愛をもたらすよう導いてくれます。
自分自身の内側にある、女性性と男性性のバランスをとることをサポートしてくれます。
隠されているものごとの深みまでみたい時にオススメのエッセンスのようです。

本当に、そのまんま必要なエッセンスだなーと感心します。私とMさんは離れていますが、セッション中は同じホログラフィックに居るとIHでは考えています。なので、Mさんに直接エッセンスの匂いをかいでいただけなくても、そのエネルギーは私を通してMさんのホログラフィックに入ると考えられています。


以下がセッション後に頂いた感想です〜。

セッションをしていただいて、センション中は自問自答を心の中で繰り返している感じでした。日常生活での自問自答とは違い、恵子さんのやりとりの中で、導いていただく事によって素直に人に気を使う事もなく自分自身の心の中に入っていく感じでした。
自分自身の事でも自分でもなぜ悩んでいるのか、なぜ腹が立ってしまうのか、なぜ怒りが出てくるのか、負の感情を持ってしまう事が自分自身の心を重くし、自分自身を苦しめていることに改めて気付きました。
心の中で様々な負の感情やマイナス思考が複雑に絡みあってしまい、一人で黙々と考えてもネガティブになるだけでした。しかし、恵子さんのセッションで導いてもらうことによって、心の中の凝り固まっていた負の感情が、ほぐれていくのを感じました。
  センション後は、気持ち良くお風呂に入って、お風呂から出たあとの爽快感以上の、スッキリ感を感じました。
僕自身はまだセッションを受けたのが2回ですが、肩凝りと同じで1度ほぐれても、また心も凝り固まってしまう可能性があるので、定期的にセッションを受けさせていただければと思っています。
心の悩みは様々な過去の出来事や嫌な思いをした経験が重なりあって心を重くしていると思います。それから、なぜその出来事を嫌と感じてしまうのか原因がわかるだけで気持ちが楽になり、気持ちが楽になる考え方に少しずつ変わっていくのをセンションを受けて感じました。
まだまだ僕自身、心の中で様々凝り固まっている部分、負の感情があると思うので、また一つ一つ、セッションをしていただければと思います。
一つの悩みが解決したり軽くなるだけで他の悩みも気にならなくなる事があるので、心が重くなり過ぎる前に、相談させていただきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。


そして、その後、このようなメールも頂きました。
ご本人の許可のもと掲載させていただいています。

今日、数ヶ月に1度の会議が仙台であり、ものすごく嫌悪感のある上司と接する機会があったのですが、恵子さんからアドバイスを受けたように、この上司もいろいろ頑張っているんだと思い、接しました。 それから、ここ数ヶ月売上を落としてしまい、会社の社長も来る会議だったので、ものすごく叱咤されること、ペナルティーを受けることを恐れていましたが、社長も会社のトップだし、社長も頑張っているのだし、売上が落ちて一番困るのは社長だから仕方がないと割りきって会議に出席しました。
恵子さんからアドバイスを受けた通り、考えるようにして望んだ所、自分が恐れていた結果にはならず、むしろ東北は震災の影響が経済的に響いていて辛い状況だと思うけど、よろしく頼むと気持ち良く励まされました。嫌悪感があった上司にも、あまり嫌な感情を持たず接する事ができました。
これも恵子さをのセッションのおかげたと感謝しています。
やはり過去のトラウマや嫌な経験に囚われず、気持ちを常に軽くしておくことが大切だと思いました。 また過去と同じような嫌な経験をしたとしても、柔軟に考え、受け入れるくらいの気持ちの余裕が必要だと思いました。
恵子さんのセッションを受けて、今日は自分にも節目の日であったので、スムーズに1日を終われることができた事に驚いています。
Sさんにも心配されていた事だったのでいつも支えてくれているSさんと、丁寧にセッションをしていただいた恵子さんには本当に感謝しています。
今日1日は自分の中でも、何か良い方向に気持ちが変化した日なのですが、恵子さんのセッションが無ければ、同じような展開にはならなかったと思います。
自分の気持ちの中から怒りを消して接する事が改めて大切だと痛感しました。
恥ずかしながら、33歳になっても、まだまだ心が幼稚なのだと思います。
もし、このことも恵子さんが事例を紹介する上で参考になれば、役立ててください。
恵子さんにセッションしていただいた事は心から感謝しています。


こちらこそ、感謝、感謝です。
こういう風に、歯車が上を向いて回りだすのを見させていただく事が,私も、もう一歩前に進める原動力になります。あ、あと、Mさんは職場を管理する責任ある立場でいらっしゃるのが、メールを通して良く伝わってきました。しっかりした考え方の男気のある方だなーと感じました。(消して幼稚などではありません。念のため。。。)
今回、このように快く事例を紹介するのを許可くださり、本当に感謝しています。


それでは、明日はヘルシーキッズデイのイベント参加です。やっと、配るチラシや、クキングクラスの様子を表す写真を沢山張ったボードやら用意が少しは整いました。(ッて、もう夜中1時。。。)明日早起きして、フードサンプルつくって楽しんできます〜。そして、夜はAちゃんMちゃんがダンスリサイタルで踊ります。それはそれはかわいい創作ダンスです。そして、その翌日からNYです。行ってきます〜!!
[PR]
by pineheath | 2012-04-28 14:28 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHセッション、同じようなテーマが選ばれる場合

今日のIHセッションではクイントエッセンスがサポートで2回立て続けに出てきました。今日はそのセッションのレポートです〜。ご本人の了解を得て載せさせていただいています。

今回がセッションを受けるのが2回目のAさんが考えてくださっていたテーマは6個ありました。で、筋反射で選ばれた内容は、1回目の相談内容と本当に似た内容の事でした。なんで、そんなことが起こるんでしょう?IHで調整した事って、もう一回で完結しているんじゃないの?って思いますよね。

IHのセッションでは、悩みと言うのは表面上に出て来た症状の一つと考えます。IHの生みの親であるマチルダが言ってた例がとても分かりやすいのでここでも使わせてもらいたいと思います〜。

シャツを指でつまむと何本も皺がよりますよね。その皺先が私たちが認識する悩みで、問題の原因がつまんでいる指と言う事になるのです。1回のセッションでするする事はでつまんでいる指を離すようなこと。つままれている所が無くなったので皺が無くなり悩みが改善すると言うイメージです。でも、問題は、そのさらに下にもっと大きな指でつままれた部分があったりすること。そうすると、時間が経つと共に当初抱えていた悩みで一回目のセッションで良くなったかに思える事が再び悩みとして感じられるようになってくるのです。そうなると、テーマは一回目に選ばれたのと同じような事になる訳です。テーマと言うのは原因を探る為の入り口でしかないので、そこからどこのコアの部分に繋がるかが違って来ると言う訳です。

さて、今回のセッションで選ばれたテーマ(悩み)は
「職場の特定の人に対して仕事をとられるのではないかと言う不信感,不安感がある」というもの。その事に対して、目標となる事を探っていきました。
今回は言葉を引く暇もなくクルクルと目標までたどり着いた感覚でした。
それには、Aさんの潜在意識がもう準備オッケイ! と待っていた感じがしました。
私の中でスルスルと行く場合は目の前に行くべき道が見える感じです(もちろん、それは私のエゴからの言葉かもしれないので、いつも筋反射をとって言うべき言葉か確認しながら言っています。)
今回は荒削りの目標から潜在意識がぴったりと来る目標にするのにもう少し言葉を足す必要がありました。
でも、そうやって出来上がった目標になった言葉を見てみると、最初に6個出してくださっていたテーマすべてとも繋がる事がわかります。
やはり、一見関係しあわない悩みに思えても、根元にある物を見ると繋がっているんだなーと分かります。
そして、修正で年齢退行が出てきました。27歳での出来事をお聞きしたら、職場で公私ともに親しくしていた人から自分の頑張りに対しての正当な評価を得られなかった出来事があった事が分かりました。
その後、それまで仲良しだったその人とは疎遠になってしまったようです。
そして、今回この事が出て来たのは、どうも、その方の事を許す必要があるということのようです。それと共に出て来たメッセージと共に読み解いてみると、そのような過去の出来事を許して、もっとバランスの取れたネガティブだとか、ポジティブだとか決めつけないメッセージを受け取り、さらに発信できるようにオープンにならないと行けないと言う事のようです。

そして、サポートで選ばれたのは、最初に書いたようにエッセンス。
最初のはクイントエッセンスのホーリーグレイル&ソーラーロゴスで、「内なる受容性と直感」を基本テーマとしたオーラソーマ・クイントエッセンス。
精神的次元においては、受容性とオープンさを促進させるよう、コミュニケーションが私たちを通って流れることを許すことができるよう意図されています。
私たちの内なる受容性、創造的な女性的な直感の広がりとの関連において、あらゆる方法で変容をもたらす助けとなり、探しているすべてのものは内にあるということを思い出させてくれるのに役立つエッセンスです。
先ほどのメッセージとも繋がりますね♪本当、ここら辺がIHは興味深いです。
そして、もう一度エッセンスが選ばれました。
それは、レディナダのクイントエッセンス。これは使用者を守護し、ディヴァイン ホーリー マザーの変容力にアクセスして、攻撃者になりそうな人の態度を変えるというもの。
このエッセンスは天使たちの言葉、色、そして音への扉を開いてくれるようです。
レディナダは、妨げられていたコミュニケーションやこれから阻害される危険性のあるコミュニケーションをうまく取ることを可能にしてくれるエッセンスだそうです。
いやあ、これも本当に今のAさんに必要なエッセンスです!いつも筋反射でエッセンスを選ぶ時に、エッセンスの色を見て私のエゴが働いてしまうのを避ける為に、蓋の白い部分だけを覗かせてそこを指差して必要なエッセンスを選んでいるのですが、そして、オーラソーマのスペシャリストでもない私はそのボトルが意味する事もほとんど覚えれていなくて選ばれたエッセンスの意味を後からひいてお伝えしている次第なのですが、意味を知って初めて、毎回毎回本当に必要な物がドンピシャで出て来ている事に気がつき、驚きます(って、いつまでやってても、例え10年やってても、こうやって驚くんだろうなーと思います。潜在意識からのメッセージをこういう形で表現してくれるIHキネシの神秘さが、やっぱりすごいと思うのですよね。)

セッションが終わった後のAさんは何だか温泉にでも入って来たかのようにほぐれた感じになってて、スカイプ通じてみていてこちらも嬉しくなりました。
Aさんが言ってくださった言葉「IHセッションが一度に1000人ずつ位出来たら、世の中もっと平和になるのに。」。。。本当に、私も、そう思います〜。

さて、明日はヘルスセッション、明後日はヘルシーキッズデイのイベントにブースを出してきます。そして、その翌日の日曜日から1週間IHのプラクティショナーコースの再受講にNYに行ってきます〜。再受講は義務ではないけど、今回は自分がさせていただいているIHの再確認と、マチルダが出す大きな癒しを浴びるのが目的です♥今回は私の最初のキネシの先生でもある癒しのスペシャリストである雪乃さんも講習会にヘルプで入ってらっしゃると言う事で、ますます楽しみです〜。IHパワーアップしてきます。
5月のセッション空き状況は、NYから帰ってからアップさせていただきますねー。
[PR]
by pineheath | 2012-04-27 11:37 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

インテグレートヒーリング(IH)セッションの流れ

f0128026_10335860.jpeg
IH セッションがどのような流れで行われるのか、まとめてみました。

IH(インテグレートヒーリング)のセッションは、筋反射を使ってクライアント様の潜在意識と対話しながら、プロトコールに沿って進んでいくヒーリング法です。

私が行わせていただいているセッションは目標設定までに時間をかけています。本当の問題に気付き、そこから本当の目標を設定する事で、ヒーリングは50%起こっているとも言われています。目標は、とても大切なものなのです。

表層ではない深い魂の目標を見つけるお手伝いをします。
目標を見つけて行くにあたり、カウンセリングでの限界がある場合があります。その時は、潜在意識に了解を取って、筋反射で、言葉を引いて行く事もあります。潜在意識から選ばれた言葉によって、魂が求める真の目標にたどりつきます。

対面でやる場合と、遠隔の場合はスカイプなどを使ってやる場合があります。
完全に遠隔で代理でやる場合もあります。でも、その場合はヒーリングを遠隔で受けられる方の承認が無いと出来ません。

IHセッションの流れですー。

テーマ設定:
今悩んでいる事、今回のセッションで調整したい事についてお聞きします。いくつかある場合は、あげていただいた物の中から、イエスの反応が取れる物をテーマとします。
時々、考えて来ていただいた事で筋反射がイエスの反応が取れない場合があります。その場合は、キーワードの中から筋反射でクライアント様の潜在意識が求める言葉を引かせていただき、その言葉について話し、そこからテーマを決めていきます。

目標設定:
今回のテーマに関してカウンセリングとキネシオロジーによって掘り下げていき、クライアント様がどうなりたいのか、本当の目標を見つけていきます。

カウンセリングを進めると表層の目標からかけ離れたような深い所からの目標が浮き上がってきます。どこまで深い目標が設定されるかは、クライアント様の潜在意識が準備が出来ている所まで。潜在意識が望んでいない方向にはセッションは進みませんのでご安心ください。この行程は、すんなり行く場合と、紆余曲折して進んでいく場合と両方あります。筋反射でオッケイが取れれば言葉を引いていく事もあります。

修正:
スキャンリストの中から、クライアント様が今一番必要とされているヒーリングを選んでいきます。
これは潜在意識に従って選ばれて行きます。

IHで、選ばれるヒーリング法がなぜ効果的なのかというと、ひとつにはこのヒーリングがクライアントの方を木と見なした時に、木だけにかけているヒーリングではなく、その木が存在している森全体にかかっているヒーリングだからです。

トラウマ、潜在意識のブロックなどで、理想の状態の波動を出せていない事が私たちの潜在意識の深い部分は分っていて、それを魂が求める最高最善の状態に戻すためのヒーリングが選ばれてくるのです。ホログラフィックの中で、共鳴が起こり、乱れていた波動があるべき波動に戻るという事で、深いヒーリングが起こり、現実的な変化が起こります。


サポート:
修正によって、起こったヒーリングをサポートするためのヒーリングを選んでいきます。


ヒーリングをソウルスターチャクラに統合する:
行ったヒーリングを第11のチャクラであるソウルスターチャクラに統合します。

クロージング:
ヒーリングを終了します。

それぞれ、宣言していただいたり、一緒にやっていただく事があります。

準備していただく事;
セッション前後の飲酒は控えていただいています。セッション中はお水を補給していただく事がありますので、お水の用意をお願いします。後は、リラックスして、セッションをうけてください。

セッションノート:
セッションの記録のために、こちらではセッションノートを記録していますが、一度終わったセッションに関しては、ヒーリングは起こっているので、そこにエネルギーを残す事がよくないため、クライアントさんにセッションノートとしてお出しする事は今現在していません。ただ、セッション中に作ったゴール、また、出て来たカードなど、もしご希望があれば後ほどメールでお伝えできますので、ご希望の方はその旨お伝えください。
[PR]
by pineheath | 2012-04-27 04:57 | IHセッションの流れ | Trackback | Comments(0)

カラダの声を聞く

今日はダイエットについて〜。

ヘルスカウンセリング期間は6ヶ月が一応の目安期間なのだけど、その期間を通して出来るようになって行ってもらえるようにしている事の第一番目に来るともいえるのが、「カラダの声を聞く」そして「本当の自分を理解する」ってことだと思います。

私たちは、色んな情報に踊らされて、頭でっかちになってます。これは食べた方が良い、これは良くないと、頭で考えて食べている人もどんなに多いことでしょう。
かくいう私も、以前は何かのダイエット理論に乗っ取って、これが正しい食べ方だと『頭』で考えて食べていました。
人間が分かっている事なんて、この栄養学の分野でもまだまだ発展途上で、10年前に良いと言われていた事が、今では悪の根源のように扱われている事だってある位です。(マーガリンなんか、その良い例では?子供の頃っていうかつい最近まで、バターよりもマーガリンが良いって信じていました。日本ではまだまだ、マーガリン使っている家庭も多いかもしれません、マーガリン使うならバターを使いましょう〜)
数えきれないほどのダイエット本があって、一つ一つが、読んでみるとまるでそれこそ正しいかのように書いてあります。
それって、どうしてなの?と思いますよね。
でも、それは、ある意味正しいのです。その著者にとって、そのとき、そのダイエットは合っていたのだから。
でも、それが今の私に合うかどうかは別問題なのです。
もしかしたら、その本を書いた著者の方にとっても1年後にそれで調子よく行けるかは分かりません。それは、その方法が間違っていたという訳ではなくて、私たちはそれくらい多様なのだと受け止めています。運動レベルも違うし、遺伝背景も違うし、育ってきた中でよく食べて来た物も違うし、考え方も違うし、生活スタイルも違うし、血液型も違うし、、、違う事がいっぱいあります。
もちろん伝統的な方法で基本的に体にいいであろうという方法というのが王道としてはあります。
でも、ローフード、マクロビオティック、ゾーン、朝抜き、夜抜き、炭水化物抜き、炭水化物少なめ、、、などなど、「よし!この方法でいこう!」って、結構頭で考えて決めていたりしませんか?

最初は食事時間だから食べて、でも、何か調子悪くって、何が調子悪くさせているのかも分からなくって、、、でも、また食べて、、、ってカラダの声なんか訳け分かんない!!って所からスタートする方でも、食べる事の交通整理をしていくと、いつ食欲がわいて、いつ、何を食べるのが調子がよくって、何を食べたら、こんな感じがして、、、と自分のカラダが求める事に驚くほど、どんどん敏感になってきます。

そういう状態にまでなって来たらしめたもの。自分のカラダからのメッセージをきちんと受け取れている状態に活き活きし始めます。

でも、悲しい事に、人間、頭で動く動物。ストレスがある時のみならず、楽しいパーティーでもちょっと飲み食いしすぎた後の日なんかに野生動物だったらナーンも考えずにただ単に胃腸を休めるはずの日に、複雑怪奇な人間は
「ああ、昨日は食べ過ぎたーっ」て言うストレスから、
もしくは単なるカラダの(食べ過ぎによる)不快感から、
または、昨日の嬉しい気持ちを思いだしたくって、
または、昨日食べた物が消化されて吸収されるにあたっていつも食べないその食べ物がまた欲しくなる(inside out の状態)で
また食べ過ぎる。。。

なんて事になって来て、今まで調子良くやって来ていたのがすぐに調子を崩して、元の木阿弥のような気持ちになってしまいます。もう、カラダの声なんか分かんない。
もう、最悪。。。。そう思いますよね。

でも、大丈夫。

それだって、元の木阿弥ではないのです。1歩ずつ1歩ずつやっと3歩進んだのに2歩下がってしまったような気持ちになったとしても、そんな時があったって良い、大きく流れを見た時に、全体的に少しずつ前進していけていればいいことなのです。

クライアントさんの中で、プログラムを始められて、張り切って色々頑張りすぎる方がいらっしゃいます。それは、とても素晴らしいです。でも、そういう方は、3回目のセッションくらいでガタッと2歩下がるを経験されるようです。それには、急激な変化に慣れない潜在意識がストップかけるというのもあるとおもいます。でも、そうなる事が分かっていてもその流れに任せています。それはそれで大きな学びです。だって、ずっとに2重丸の食生活何て急に送れるようになる物ではないし、それが出来なかったときの自分の気持ちをどう受け止めるか、それを学ぶ事、それによって次のアクションが大きく違ってくるのですから。

と、まあ、話がずれてしまったけど、そんなこんなをしている内に(それプラス良い事を足していく方法もとっていきますが。)頭で考えて、食べるべきだから食べるではなくて、頭が食べたいものとカラダが欲しているものとが一致して来て、食べたくて食べて、食べてみたらカラダも、心もハッピーな状態になるというのをますます多く経験していくようになります。調子を崩す事があっても以前ほど大きく崩さないし、またいい調子に戻す術が分かってきます。

理論に対して頭でっかちにならず、自分のカラダと向き合うこと、食べる事に罪悪感を感じない事がそこに行くための遠回りにならない方法だと感じています。
[PR]
by pineheath | 2012-04-22 05:48 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

春休みです

今週は子供が春休みのバケーションウィーク。1週間学校休みです。私は、月にIHセッション、火曜日にヘルスセッション、水曜日にkids cooking class、金曜日にヘルスセッションと仕事が入っていた&いるのだけど、そして、Tくんは休みの週といえども結構忙しくあちこち行かなきゃ行けないのだけど、私としては、このごろちょっと、仕事とライフのバランスをとるのが上手になってきたなと感じています。

ちょっと前までは、かじりついてやれるだけ仕事(&自己実現)やってて、遊びいっさい抜きで、子供が遊んで〜って言って来ても、ちょっと待って。。。これやってから、、、これが終わってから。。。と、先延ばし、先延ばし。そんな状態だから、自分のセルフケアーなんてとても時間が取れず、やっても終わらない仕事の山に、いつも頭はいっぱい状態でした。

そもそも、そのスタイルが私のがんばるスタイルだったのです。
受験の時も、自分が勉強せずにゆっくりしている事が許せず、食事時間にも暗記プリントを手にもって食卓に座ったり、とにかくかじり付いてがんばる事しか頑張るスタイルを知らないタイプだったのです。
もちろん、受験の最後の方にはノイローゼ寸前って感じでした。
父親がセンター試験の結果と志望校に入れる見込みを計算してくれて、センター試験を英語で失敗していた私は、第一志望校をこのまま受験すると、2次試験でかなり高得点をとらないと合格出来ないという事が分かりました。
そして、落ちても浪人する覚悟があるなら、第一志望校で行っても良いぞ、自分で決めなさい。
といってくれた父に、この受験地獄をあと1年続けるなんて絶対出来無い事が分かっていた私は、第2希望の大学を受験する事にしたのでした。
そして、後期試験はセンターの結果だけで合格出来る大学にし、とにかくこの勉強しかしない生活から抜け出す事を決めたのをいま思いだします。とにかく、要領が悪いので、かじり付かないといけないと言う強迫観念のような物があの頃からあったのだと思います。

もともとそんな性格なので、2010年秋から、IINという米国最大のホリスティック栄養学校に入学し、英語で講義&テスト&クラスメートとのスタディーグループそして、ついには英語でクライアントさんにセッションする事が始まり、ヘルシークッキングクラスを初め、その後、クライアントさんが健康になるためには彼らの心の問題を解決しないと進まないという事を実感してIHキネシの事を学び始め、そのセッションもし始め、、、と、本当に突っ走ってきました。寝る間も惜しんでやって来た感じです。
そんな状態で1年以上過ごしていたので、本当にパパと子供達はよくやってくれたなー、支えてくれたなーと本当に感謝なのだけど、それが1年以上続いて、このままで良いのだろうかと言う漠然とした意味不明の物を抱えていました。そして、自分にIHセッションして、でて来たメッセージではたと気付いたのです。というか、薄々気付いていたのかもしれない。それが表面まで上がって来た感じでした。そのメッセージはインナーチャイルドからのもので「遊んで欲しい」と言っているというような物でした。
このまま張りつめているままでは、いったいいつ”私”はリラクッスして、ただただ居ることを楽しむのだろう。生産的であることだけやる状態で遊びが無い状態の自分を初めて客観的に見る事が出来ました。

もちろん、ヘルスセッションの度にクライアントさんが改善していくのを見るのは大きな喜びだし、IHセッションでクライアントの方が考えもしなかった心の奥底に眠っていた事に気付かれた瞬間を一緒に体験出来る喜びはとても大きな物です。
クッキングクラスに来てくれる人が喜んでくれ、どんどん輪が広がっていくのも、コミュニティーに支えられているなあと感謝でいっぱいになります。
だからこそ、この事を長く長ーく続けていくためには、うまく息抜きしないといけないのだという事にやっと気付いたのです。
いや、どこかでは気付いていたのだとは思うけど、出来ていなかった。それが、なんか、このごろ少しうまく出来るようになって来た実感があります。 

今週は、セッションの後、仕事の合間に子供とプールに行ったり、庭で遊んだり、、、夜はなるだけパパとNetflix 鑑賞時間が持てるようにし、、、、仕事もするけど、遊びもする、って方向に切り替えています。
そうすると、面白い事に、変なprocrastinate(やんなきゃ行けない事があるのにグズグズすること)が無くなりました!
そして、子供もままにしっかり遊んでもらった感じがあるので、ますますいい子達です!
セッション中は別室で邪魔せずにいてくれます。
Aちゃんは気付いたら洗濯たたんでくれてたり、食器洗ってくれたり!!!
何か作ってると、手伝う〜!何したら良い?とやって来て、今ではお米研いでくれるし、スクランブルエッグだって焼けるようになりました。
もちろん、Mちゃんはお姉ちゃんに負けじと私も!私も!と一緒に手伝ってくれます。
ある日は、ママ、こっち見ないでーと、自分一人でテーブルセッティングしてくれたり(届かないお皿は、カウンターに乗っかって一生懸命上のお皿も取ったりして!)
こうやって、ますます良い循環になるように、良い風通していきたいと思います〜。
[PR]
by pineheath | 2012-04-18 08:01 | 子供のこと | Trackback | Comments(0)

☆Kids cooking class☆2回目&クッキングクラス23回目

今週は火曜日大人のクッキングクラスで水曜日が子供のクッキングクラスでした。

大人のクラスは前回の記事で変化させないと行けない時〜って言うのを書いたのだけど、そう、そしてあの記事はクッキングクラスの前日に書いた記事だったのだけど、書いた後、もう一回エッセンスをキネシで引いたりして、気持ちを整理して、あの日はまた眠りにつきました。

それで、クラス当日。
何か、すっきり!
気持ちと体がなぜか壮快。そして見えて来たのが私の中でのマンネリ化。

大人用のクラスをし始めて1年が経ちます。最初の頃は2人に教えたりしたこともあって、亀のような歩みで進んで来たクラス。
でも、ここに来て、私の中で大人クラスの流れが決まってしまっていて、その流れをこなすだけのようになっている部分があったのです。もちろん、毎回小さな発見があって、喜びがあって、来てくれた人は喜んでくれて。
でも、そのすべてが、当たり前のようになっている部分がありました。
そして、すこしでも人数が少ないと、がっかりしてみたり。ドタキャン入ると、その人に不信感持ってしまったり。
でも、もちろん、いろんな事があるのが当たり前なのです。良い事もあるけど、ちょっとがっかりする(ように思える)事もあるのです。それが自分で何かをやるという事。
根本にマンネリ化がはびこり始めると、仕事を流れ作業的にこなすだけになって来て、そしたら、いかに楽にこなせて、大きく返ってくる物を得られるかみたいな、そんな安易な事を期待する方に流れていってー。
だから、帰って来た物が小さいように見えたり、流れ作業が思うようにはかどらないと、しんどい〜って気持ちになる。私は、まさにその方向に足を踏み入れようとしていました。

よく考えると、この大人用クッキングクラスだって、私はやりたくてやっている事なのです。
ここまで歩んで来れて、ジャズサイズに行くと(ジャズサイズの仲間からスタートしたクッキングクラスなので)必ず誰かがクッキングクラスの事で話しかけて来てくれる位、一部の人たちの間では広まって来て、来た人が周りにポジティブコメントを広めてくれて、途切れる事なくそれなりに人が集まってくれて、継続しているクラス。
根本的に私の感謝も,マンネリ化が始まると共に、薄れて来てたことに気がつきました。

という訳で、自分がわくわく出来るように、方向性を考えていく、と考える事で「クッキングクラスが憂鬱」という気持ちが無くなり前向きな所で落ち着くことができました。

チャレンジングな課題を自分に出すというのも良い事かもしれません。

そういう意味では、23回目の大人クッキングクラスはちょっとチャレンジングな内容。

フライ物を初めてやりましたー。

アメリカ人って、フライ物はアンヘルシーって言って、家ではしないくせに、外食なんか行くと決まってフレンチフライのみならず何かのフライ物を注文したりする人が結構いるのだけど、そんな事をするくらいなら、トランスファットの入っていない新鮮で良質の油で美味しく揚げ物する事を知っておいた方が健康的なのでは、と日頃思っていたので、揚げ物かーと思いながらもする事にしたクラスです。
油の事、オメガ6、オメガ3の事、揚げ物をする頻度、そんな事も話しながら、外で食べるくらいなら、家で食べよう〜!程々にねっ!というコンセプトでした。
それ以外には、
スタッフトカボチャオーブン焼き
青梗菜と絹ごし豆腐のみそ汁
シンプルグリーンサラダ
がメニューでした。

今回は大きく失敗した事が逆に皆の為になったってことがありました。カボチャを蒸したのだけど、蒸しすぎてしまい、なんと、半分崩れかけてしまったのです〜。それを見て生徒の皆がすっごく焦って。。。
でも、私は焦らなかったのです。
料理していると、思ったように行かなかったけど〜〜になったって事結構あると思うのですが、そこに皆慣れていないみたい。一カ所失敗したらもうパニック!みたいな。

そこで、「じゃあ、くりぬく事が出来ないから全部をキャセロールみたいにこうやって、こうやろう〜」となんとか、リベンジでやったら、
「あ〜よかった〜、どうなるかと思ったわー。いや〜、実は、この方法の方が簡単そうね〜私は自分で作る時も、この方法でやるわ〜!」と言う流れになったのです。着飾ったクラスでは無く”生の台所”を見せるというコンセプトだと皆、料理に対してもっと安心感が生まれるのではないかなーなんて、考えました。
このスタフドカボチャには豆腐マヨネーズをのせてパン粉のせて焼いたのだけど、味も申し分無く、大好評でした。そして、作るの忘れてて、食べ始めてから急いで作りに走った位シンプルサラダ。レッドリーフレタスにレモンと海塩とオリーブオイルと、少しのメープルシロップかけただけのサラダが、大好評でした。みんな、作るの見なかった物だから何入れたの?このサラダ!?とシンプルなのに美味しい〜と喜んでくれました。

f0128026_158512.jpg

f0128026_1592350.jpg




さて、そして、子供クラス☆
新しいお友達もひとり加わって、賑やかなクラスでした♪

第2回目の
今回のおやつは 人参チップス、ポンセン、ブルーベリーソース&ピーナツバタ

レクチャーは、Root vegetable(根菜)についてと、その実験☆

クッキングは、ポテトピザ♪

ポテトピザはピザというより、野菜の重ね焼き(?)なのだけど、ジューシーでとっても美味しいです。ちょっと上にチーズと型抜きハムを散らして、子供も大喜びなメニューに。

皆、真剣なのだけど、歌いながら笑いながらクッキング進めて何とも忙しいクラスでした。
今回は時間配分も上手く行って、最後の片付けタイムもきちんと取れました。クリーンアップリーダーがきちんと皆をリードしてほぼ教室始まる状態にまで片付けてくれました。
Aちゃんが「習っている習い事の中で一番好きなクラスがクッキングクラス!!」と言ってくれているので、とっても嬉しいです〜♪
f0128026_212323.jpg

f0128026_2131747.jpg

f0128026_213505.jpg

f0128026_2143342.jpg

f0128026_2152570.jpg

[PR]
by pineheath | 2012-04-14 02:19 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

何か、元気が出ないー。

何か、元気が出ないー
っていうときありません?

精力的にクッキングクラスの試作つくって、子どもクラスの資料つくって、IHセッションさせてもらって、次の予定のヘルスセッションの準備してー、ご飯つくって、子どもと遊んで、子どもの送り迎えして〜
時間に追われているけど、時間を持て余していた頃に比べたら、何て幸せな事だろうと、感謝でいっぱいです。なのに、なのに、何か、このごろ元気が出ないー。

この状態はいかんと、昨日の夜はtubakiさんが送ってくれたエンジェルカードをキネシで引いてみました。
ほほほう〜。ずきり。

「Whenever I am feeling bad, I am Attracting that which is unwanted.」
(「良い気がしていない時というのはいつだって、望んでいない事をやってしまっているときです。」)

ああ、まさに、まさにそうなのかもしれませんー。

これは、大人用のクッキングクラスの事を言っているのだと分かりました。

何か、形を変える時なのだという気がしているのですが、それに踏み出せていないのです。そして、今までの形のまま、膨大なエネルギーかけてやり続けているのです。それがこの頃、憂鬱だったりするのです。ああああ、やっぱり何でもお見通しなのねー。

本当に、お見通しなのかなーと、実は、何のカード引いても、「そうそう、分かるーっ」て言うのが出てくるんじゃないのか?カードってそう出来ているんじゃないかなんて、(何て失礼な!)
IHプラクティショナーとは思えぬ疑いの気持ちが出て、(セッション中はそんな事はありませんので、ご安心ください!)じつは、もう一枚今度はキネシせずに適当に引いてみたのです。

出たカードは
「By changing my story, I can change my point of attraction」
(「自分の話を変える事により、自分がとらわれているポイントを変える事が出来る」)

うーん。これはこれで良い言葉ですが、やっぱり今の私にはぴったり来ません。

やはり、先ほどの言葉が私の潜在意識からの言葉だと納得し(当然!)、ああ、本当にクッキングクラスをどんな形かに変えていくときだ〜という認識を持ち始めました。

もう、寝る前だったのでIHセッションする時間もなかったので、今私に必要なクリスタルを選んでみました。そしたら4つ選ばれて、クオーツのクリスタルと共に、グリーンアヴェンチュリン、オレンジカルサイト、アメジスト。
いやあ、今の私にさすがにぴったりのばかりが選ばれました。(といっても、私は石にあまり詳しくないので、選ばれた石の意味を後から引く感じなので、後で納得することばかりなのですが。)
グリーンアベンチュリンなんかは本当に今の私のためにあるヒーリングストーンという感じで、

「洞察力を高める石」として崇められ、仏像の目をこの石で飾ったといわれています。先入観や固定観念に惑わされることなく、真実を見極め、本当に自分にとって必要な物は何か、不要な物は何かがクリアになると伝えられています。物事を大げさに悩まず、あるがままに捉える強さを持ち、積極性や柔軟な思考を促してくれるので、人間関係やビジネス面においても良い結果をもたらしてくれるでしょう。

という石のようです。
その他の石も意味を読んだら、ああ〜、納得。
最後にオーラソーマのクイントエッセンスの中から私に必要なエッセンス選び、「マハコハン」という「感じた事をハートから語る事」の助けになる、クリスタルとワークする時に特に役に立つと言われているエッセンスが選ばれました。

選ばれた石は全部をくっつけてみると反応が取れなくなったので、枕元にすこしずつ間隔をあけておいたら良いかと聞いてみたらオッケイだったので、そのようにして眠りにつきました。
大人向けクッキングクラスの形をかえる〜。蓋していた課題ですが向き合う時が来たようですー。
次は自分に時間見つけて、この課題についてセッションしてみます。

------------------------------------------------------------
☆☆お知らせ☆☆
4月のIHのセッション空き状況です〜。


アメリカ時間20日21時=日本時間21日(土曜日)10時

アメリカ時間26日9時=日本時間26日(木曜日)22時

アメリカ時間27日21時=日本時間28日(土曜日)10時

6月末までのお申し込み(実際のセッションは7月以降でもかまいません)は、オープニング価格として60ドルとなっています。
IHセッションを通じてひとりでも多くの方の心、体が楽になりますように。

詳しくはPure Food Pure Bodyのホームページへ
[PR]
by pineheath | 2012-04-10 03:07 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

本当のボトムの目標

ネットも開通して、立て続けにIHセッションを遠隔でさせていただきました。

今日はセッションの要である目標を設定する事についてちょっと書いてみます。

最初考えてもらっていたテーマでオッケイが出る場合とでない場合があるのですが、そこですんなりオッケイが出たとしても、じゃんじゃんプロトコール通りに進めない場合もあります。
テーマが決まって、その問題を掘り下げて、じゃあ実際その問題に対する目標は何かと考えて行くのですが、そこでまた立ち止まらないといけないセッションが多々あります。
立ち止まらないといけないと言うのは、実際クライアントさんがあげてくれた目標では筋反射が取れないという事なのですが、その場合、目標設定をもっと掘り下げて行く事になります。(というか、そういうセッションがほとんどです)
面白いのは、人って、問題には集中して問題の渦中にはいるけど、じゃあどうなりたいかっていう目標を掘り下げてかんがえるという事に時間をかけていない事が多いようです。
IHのプロトコールはそのどの段階も素晴らしい物だけど、この、目標設定って所はとっても要になっていると感じます。目標がきちっと掘り下げられた所で設定出来たら、その時点でクライアントさんのトーンが変わってくるし、その後のプロトコールにそったヒーリングがとんとん進む感じがします。
話だけのカウンセリングでどんどん掘り下げられて行き、ボトムの所を見てそこから本当の意味での目標を設定できるセッションと、話だけでは、堂々巡りで、いっこうにボトムに行き着かないように感じるセッションと、その両方がある訳ですが、クライアントさんが行き詰まっていると、言葉を引いていいか筋反射で尋ねます。
そこでオッケイが出ると、どの本から引いたら良いのかすべて筋反射でとって行きます。
そこで最後に出て来た言葉はいつもそのボトムに行く階段を一気に駆け下りさせるものだなーと感じます。
こんな言葉が出ましたけど、何かこれを読んで思う事がありますか?と聞くと、その方の意識がここぞとばかりにその方の潜在意識と繋がって、「それを聞いて、〜〜のことを思いだしました。。。」などと、プラクティショナー側が分かるはずも無い事が出てきます。
そこから話はさらに深く進む訳ですが、そのごボトムに行き着き、その時点まで来ると、どうなりたいかという目標はあっさり決まってしまいます。

でも、どの場合でも、言葉を引かせてもらえるとは限りません。
最近やったセッションでは立て続けに言葉を引く事にオッケイがでなかったりして、話のカウンセリングでクライアントさんが自ら気付いていかれるようにもっていく事を求められたり。話だけのカウンセリングで奥まで進めそうなのか、言葉の助けがいるのか、そういう所まで潜在意識はお見通しなのだなーと感心してしまいます。
それと、クライアントの方のホログラフィックの中に私も入っているので、私の方が、普段の私だと思いつかないような事がふっと浮かぶ事があります。
それがセッション中に口に出してお伝えしていい事なのか、それとも私のエゴから浮かんで来た言葉だから口にすべき事ではないのか、それも筋反射で確認しています。そんなこんなでクライアントの方が行き着く、本当の意味での目標は、その方の潜在意識の声そのものと言えるもので、何だか、そこに行き着くと、とてもしっくりとしてて、ほっとした感覚になります。
そして、最初にあげてくれた、浅い所でしか考えていなかった目標からいかにかけ離れた目標になった事かと、驚きます。
思うのは、人はみんな実はそこに行き着ける能力を持っているのだろうなという事。でも、忙しかったり、ストレスがあったり、違う事が頭を占めていたり、そんなこんなしているうちに本来分かっていたはずの目標を見失い、どんどんそれが分からなくなり、私はこうなりたい、って思う事は一見目標なのだけど、真の目標とは大きくかけ離れてしまっていたりーって言う事が起こってくるのかもしれません。

----------------------------------------------------------------------------------------------

☆☆お知らせ☆☆
4月のIHのセッション空き状況です〜。


アメリカ時間13日21時=日本時間14(土曜日)10時

アメリカ時間20日21時=日本時間21日(土曜日)10時

アメリカ時間23日9時=日本時間23日(月曜日)22時

アメリカ時間26日9時=日本時間26日(木曜日)22時

アメリカ時間27日21時=日本時間28日(土曜日)10時

6月末までのお申し込み(実際のセッションは7月以降でもかまいません)は、オープニング価格として60ドルとなっています。是非、この機会にインテグレイティッドヒーリングの力を借りて、ご自分に向き合われてみては如何でしょうか。

詳しくはPure Food Pure Bodyのホームページへ
[PR]
by pineheath | 2012-04-08 08:14 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

Kids cooking class一回目報告☆

おとといは、はじめてのkids cooking classでした。
フェイスブックでお知らせしたのと大人クラスでお知らせしただけだったので、第一回目は参加者2人(Aちゃんの仲良し)+うちの娘達Aちゃん、Mちゃん2人の計4人のクラス。いきなり定員の6人とか集まったらちょっと収集つかなくなるかもしれなかったので、少ないけど第一回目にしたらちょうどいい人数で良かったです。
Aちゃんは相当楽しみにしていたクラスで、
「あ~待てない~」なんて言ってくれていたので、娘にがっかりされないようなクラスになるようにと母はちょっとドキドキ張り切りました。

子どもたちがスクールバスで学校からうちまで来れるように、バスドライバーのおじちゃんとも打ち合わせばっちり。子ども達が帰ってくる前にレクチャーの資料も準備して。
f0128026_533378.jpg

おやつも準備して
f0128026_5335531.jpg


子どもクラスは

おやつ
今日のレクチャー
今日のクッキング
片付け

って言う具合に進める事に。

第一回目の今回のおやつは、フモス(ひよこ豆のディップ)とベジタブルスティック、玄米せんべい。

レクチャーは、whole grain(全粒穀物)についてと、その実験☆

クッキングは、おにぎり&デコレーション

今の所集まっているのが小学3年生だったので、その子たちがどうやったら楽しめるか、とにかくお母さんの料理を手伝う事が少ない(かもしれない)子どもたちが、何となく食材になれて、料理する事が日常にあるように持って行く事を先ずは目指しています。料理は楽しい!をモットーに。

レクチャーの時はさすがに興味がある、なしがはっきり分かれていましたが、まあそれもよし。
子どもたちに配ったプリントに子どもたちが習った事を書き込めるようにしておいたのだけど、やっぱリ,この年齢の子たちはそういうの好きですね。
皆、一生懸命書いてくれていました。
f0128026_651646.jpg

2時間のクラスなので結構忙しく、
「さあさあ、みんな、書くのはそこら辺にして,作り始めるよ~」
と呼びかけないといけないほど。
さてさて、今月のタイムキーパーとクリーニングリーダーを決めてからおにぎり作りに入りました。
先ずはお米を計る事,お米を洗う事,そして炊くこと。その間にデコレーション用の食材を型で抜いてもらって、作っておいた玄米から先に作ってもらって、と。。。
もう、子ども達の集中ぶりがかわいくてしょうがなかったです。
個性もあって、大きなのを作る子、小さく細かく作る子、色々で,それもまた面白かったです。
そして,おにぎり?型抜き?さんざん満足するまでやった子達は,またノートに向かって、材料、作り方を書き込んでー。「ごま」って綴りどう書くの?何て聞きながら。実験では色んな全粒の穀物から芽が出るか観察。準備だけやって日々の観察は宿題です。

びっくりするくらい予定どうリに進んだクラスで、良かったー。
Aちゃんが皆が帰った後に言う事には、
「あーママ~、よかったよー。クラスよかったー。最初今日のメニュー見た時に,ゲーッと思ったんだよ。Rice ball (おにぎり)って書いてあるから、そんなんじゃお友達が楽しくないかと思って、すごく心配だったけど、良いじゃん、よかったじゃん!!」

何よりも、娘からオーケーサインが出たのが嬉しくって。
やってよかったーと思えるクラスになりました。
作った物はお父さんお母さんとシェアーして食べるために皆大事そうに持って帰りました♪

そして、もっぱら宣伝棟になってくれているこの仲良し3人組。
学校で、その話をしているようで、それを聞きつけた友達が興味もってくれると言う循環が起こっているようで、今日その同級生から次回からのクッキングクラスへの参加の申し込みが入りました。ありがたい☆すこしずつ大きくなって行きそうです。
f0128026_536545.jpg

f0128026_5365230.jpg

f0128026_5374849.jpg

f0128026_5425848.jpg

[PR]
by pineheath | 2012-04-07 05:46 | ヘルス・ウェルネス | Trackback | Comments(2)

ネットが通じた〜☆

前回の記事で電話線と、ネットの回線が接続されなくてーって記事を書いたのですが、いよいよ。やとこさ、昨日無事接続されました〜〜〜!
わらっちゃうくらいいくつかの良い偶然が重なって無事昨日接続されたのです。その偶然の一つでも逃していたら、接続が完了するのはまだ先の事だった事を思うと、とにかく何かに感謝したい気持ちでいっぱいになりました。

事のはじめは、、、

娘を迎えに行く予定時刻頃ふと表を見ると家の前の電柱の所に電話業者の人が何かしているのを発見。もう,娘迎えに出る時なのだけど、待ちに待った配線工事、どんな感じなのか,話聞いといた方が良いのでは,という想いがして、その電柱の所まで走りよって行きました。
業者のお兄さんに、「どんな感じですか?」と聞くと、「えー?何が?僕はあっちの家、ナンバー10の家の配線に来ているだけで,この家の配線じゃないよー」と言うではありませんか。。。
「い、いえ,いえ、いえ、いえ、お兄さん,ナンバー10はこの家です!!ここが10番ですって〜!!」と言うと、「え,そうなの?ここに7の番号がくっついてるから7番地かと思ってたよー」(この7番は土地番号で,紛らわしいから外さないとって言ってた矢先の事でした。。)
「じゃあ、ここやるのいつの事になるの?」
「まあ,そういう事なら今から配線始めるよー」
「あーよかった、じゃあ、いつ配線完了するの?」
そう聞くと、それは家とのコネクションの所見てみなきゃね,何とも言えないから見ていよう、と。一緒に家の所まで行ってみると、
「アーダメだね、普通は家の外壁にケーブル用のワイヤーが出ているんだけどここの家は中に埋まったままだ。僕が穴をあけてそれを通しても良いけど,それじゃあ、時間あたり120ドル請求する事になるよ。この家の業者に連絡しなきゃー」と。。。
ちょっと、まって〜。ここまで来て、また家の業者が来るのを待ってその後,この電話会社のお兄さんが帰ってくるの待ってってしてたら,ああああ,いったいいつまでまたかかる事やら。。。
お兄さんにちょっと待ってて,今すぐ家の業者に確認してくるから、どこにも行かないで!と言い残し,先ずは娘がバスで帰ってくるように学校に電話し、その後家の業者に電話。事情を聞くと、「えっと、契約書には電話ジャック込みだったっけ?」
何て事聞くのです。「込みだよ込み込み。ちゃんと電話ジャックの絵が書いてあるから!!」
何て応えていたら、じゃあ,地下に行って電気配線ボックスの上の黒いコードを見つけてみて。
それがケーブル線だから,それに繋いでもらいなー」だと。
「いやー、、、だって,電話会社の人はこの線が外に出ているのが普通って言ってるんですがねー。。。そこの工事してもらうと時間あたり120ドルかかるって言うのだけど、それって,私たち持ちなのですかねー。。?」
「そういう事だよ」
そんなやり取りが行われ、ここで戦うより、一刻も早くネットが通じた方が良いと戦う事を諦め、じゃあ分かったーと言って電話を切って、お兄さんの所へその事を伝えに走りました。
「どうやら、そこは私たちが持たないと行けないって言うんだよねー,だから、工事そのままやってもらっていい?」と言うと、
「ふーん。普通は、家の業者がそこまでやっているんだけどね〜。僕が君なら、『今すぐ来て穴をあけろと』強く出るけどね〜.押しが弱いんだよ,もっと押し強くなんなきゃー。」
まあ,そういわれても、この家の業者のジェフとは今まで色々話し合ったけど、結構しぶとい人なので,私はここで渋って後何日もネット使えない状況が続くより、今日のチャンスをとった訳です。そんな、異国で家を買う事の苦労を言ってもしょうもないけど、いやあ,日本人は押しが弱いのだよー何て話を何の関係もない業者のお兄さんにして、
じゃあ分かった,って事でお兄さん引き続き工事をしてくれる事に。

やれやれと家の中で待機してると、どんどんとドアをたたく音。そのお兄さんが
「ごめん、ドリルある?僕のドリル電池切れで,動かないみたい。これが無いと,今日の事にならなくなるなー」だって〜。。。
ちょっと待って、今日じゃなくなるってそしたらいつになるの?
と聞くと、いやあ,僕は普段ここら辺の担当じゃないから,今日は遠くから派遣されて来ただけだからー。
もう,ちょっと待ってよーーー。そこでパパに電話し、もちろんうちには電気ドリルなんて代物はない事を一応確認しようと電話。そしたら取り次ぎの人が出た後なぜか電話が切れてしまいました。

あーこんなに急いでいる時になんで電話切れるかなーと思っていたら,電話がかかって来て、それに出たら,それはプリヤで、「あーKEIKO~あのさー。。」と話が始まりそうだったので、
「ちょっと,すぐかけ直すけどそれで良い?」と聞いて,電話を切り、でも、その時にハタとプリヤのうちならドリル持ってるかな?って事が頭をよぎりました。
パパに電話し直して聞いたらやはりうちにはドリルなんて無くって、分かったート言ってプリヤに電話をかけ直し、「ドリルある?電気ドリルある?」と聞くと「あると思うよ〜」と!!

うちから彼女の家までは車で5分くらいの距離。業者のお兄ちゃん、大通りとの配線を先にしとこうと電気梯子で電柱の上に上がって作業していたけど、そのお兄さんに向かって、5分の距離の友達から借りてくるから、帰っちゃわないでね!!」と大声で言い残し、気持ち猛ダッシュでプリヤの家へ。プリヤが電話して来た用事は後で話そうと言い残し、ドリルだけ借りて帰ったのです.

お兄さんにこれ!!!と見せると、思いっきりOKサイン。あああーよかった〜〜〜。

その後は、そのプリアのドリルを使って、無事配線が完了したのです。

ここ最近2ヶ月くらいネットが日常には無い生活をしていて,それはそれで気付きがあってよかったし,いかに自分が何かと言うとネットに頼る生活を送っていたか見直すきっかけになったのだけど、でも、やはり子どもの宿題までもがネット使わないと出来ないこの時代、インターネット無しの生活は、仕事にも、予定管理にも,学校からの連絡にも、子どもの習い事関係にも、友達とのやり取りにも、すべてにおいて生活に影響してて、正直思った以上にしんどかったです。
これって、10年前は無いのが当たり前だったのに、どういう事でしょ。すべての事がネット無いせいで遅れがちではかどらず、ど〜し〜よ〜。。。。という状態でした。
明日から始まる☆Kids cooking class☆の連絡も、今月末からのNYでのIHプラクティショナー養成の再受講もネット無いと話にならない事ばかり。

ああ,それにしても、今回も天使達が助けてくれたのかなーなんて気がしています。
こんなに接続にかかると分かっていなかった時に予定を入れさせていただいていたIHセッションの予約がこっち時間の明日入っています。それまでに配線が行かなかったら、パパのラボに夜入れてもらって、そこからセッションをやるしか無いと考えていたのですが、その必要は無くなりました。

業者のお兄ちゃん、帰り際に、「今回は僕のドリルが働かなかった事があるから、時間120ドルって言ってたのは無料で良いからー」と。そして、「Enjoy the connection with outside of the world!!」と言い残して帰って行きました。私は,お兄さんにハグしたいくらいの気持ちをなんとか押さえ、ちょうど帰って来たAちゃんにビッグハグしたのは言うまでもありません〜。

さて,そんな訳でIHセッション再開させていただきます。お待ちいただいている方から順番に日にちを埋めていき、またブログでも空き日にちをお知らせさせていただきますね。スカイプで繋がれるって幸せです。ブログ書けるって幸せです。
[PR]
by pineheath | 2012-04-04 05:20 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)