<   2012年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

IHセッションの感想6-不要な誓いを解く

セッションは一つ一つが興味深い物で、セッションごとにクライアントさんの学びが私の学びとなり、感動するのですが、そんな中でも、ずっとに印象に残るのだろうなーと思えたセッションがありました。
許可を頂けたので事例と感想をシェアーしたいと思います♪(Mさん、どうもありがとうございます!)
Mさんは、セッションを受けるにあたって、3つくらいのテーマを考えてくださっていました。でも、それでは、筋反射が取れず、じゃあ、なんでしょうと言う事でキーワードをひく事が出来ました。
一つ目:Mother-earth (母なる地球と言う感じでしょうか)
うーん、あれの事かな、これの事かなーと言ってくれたけど、いまいちピンと来ません。
そこで
2つ目:I am healthy.(私は健康です)
これにも、色々出してくれたけど、ピンとこない。。。
そして、
3つ目;I safely release all guilt held in my heart.(私は、ハートに抱えている
すべての罪悪感を安全に解き放ちます。)

ここまで来て、Mさんが話してくれた事には、
「以前、2人のサイキックの方から別々に同じ事を指摘された事があります。胸の所にネガティブな物を抱えていて、そのせいでうまくグラウンディング出来ていないと言う事なのですけど。。。」と。
あーMother-earthってグラウンディングの事じゃないかな?と気付き、
なぜか健康、幸せになる事に制限をかけるご自分がいる事に気がつかれました。

3つもキーワードをひく事も今までなかった為、このセッションどうなっていくのだろう〜、どこにも行き着かないなんて事あるのかしら?と私は少しドキドキしてもいたのですが、どうなってもその過程を信じようとセッションをさせていただいているので、このSさんのサイキックの方から言われた話が出て来た時には半分鳥肌が立つ想いでした。

その事で、筋反射を取ってみると、ばっちり。その事が今回のテーマだと体(潜在意識)が言っています。

罪悪感を抱えた人生ではなく、幸せになりたいという想いから
出来上がった目標は
「幸せになっていいと自分自身に許可を与えて、無限の愛のエネルギーを受け入れあう自分になって本来の自分に戻ります。」というものでした。

そしてですねー、出て来たプロトコールが、なんと

Vows-不要な誓いを解く

というもの。

なんでも、過去生で人の役に立つスピリチュアル性の高い魔女(良い魔女)だったが、それに目を付けた悪い人に動かされて、沢山の人が亡くなってしまう結果になってしまった。(サイキックカウンセラーからの話)そのような事を何回かくりかえしたようです。
スピリチュアルには興味があるが、クリスタル、アロマオイルは興味が無かったり、受け付けなかったりするのは過去からの流れだと言う事をサイキックのカウンセラーから言われた事があると。

筋反射で調べてみると、その悲劇があった時に、自分はもう、幸せにならないなどの誓いを自分自身に立てた、と言う事のようです。

なので、過去の自分に立てた誓いを解くことをしていきました。
そして、アッセンブリッジポイントも出て来て、それも最適な位置に戻しました。

アッセンブリッジポイントは本当に良く出てきますね。マチルダも何か調子が悪いと言う人に、一番始めにチェックする事の一つとして言っていたし、ずれてしまっている人はものすごくいるのじゃないかと思います。

サポートでは、理想のご自分のエネルギー状態に入るようイメージしてもらい、最後に年齢退行も出ました。この時は特定の年齢ではなく10歳までという枠で出て来て、それをお聞きしたら、「楽しかった想い出がない」と言う事を第一声に言われて、でも、虐待とか、いじめとか、大きな障害があった訳ではないのに、無理をして幸せな振りをしてみなと合わせていた自分がいた事を思いだされました。この情報も、ヒーリングに必要な事だったようです。

で、ですね。。。
このセッションは、スカイプで行ったセッションだったのですが、話していると、また、宣言してもらっていると、雑音が入りだし、会話不可能になる状態に何度となくなったのでした。
その度に、ヒーリングレーザーなどでエネルギークレンジングするんだけど、もう一回スカイプ接続し直して、じゃあ、もう一度ここから。。。みたいにやって行くしかなくって。
きちんと筋反射は取れて、進んでいけるけど、外からの妨害が〜って、、、かなりドキドキしながらセッションを進めました。
沢山のスカイプセッションをさせていただいているけど、本当にこんな事は初めてで、内容が内容だった為に、そうなんだろうなーと,どこかで納得していましたが、それでもドキドキしながらのセッションでした。
そして、思ったのが、何より、Mさんの潜在意識は色んなテーマを顕在意識が考えていたにもかかわらず、今回のテーマでヒーリングをしたかったんだなあということ。不要な誓いを手放すと決めていたのですよね。妨害にも負けずにセッションを終わる事が出来たのは、そのお陰だとおもいます。そして、このヒーリングはDivine protectionをうけて行うヒーリングなので(最初にその事を宣言してオッケイか筋反射を取ります)、私にとっては、その事がとても心強かったのでした。

以下はMさんから頂いた感想です。

ーーーーーーーーー
恵子さん
 
こんにちは。
先日はどうもありがとうございました。
 
セッションをしていただいた日の夜から、オイルを塗っています。
前回のように、発熱や体調不良、感情の落ち込みは起きていません(笑)
 
凄く不思議だったことが、昨日(セッションの翌日)のお昼にありました。
 
それまでお天気だったのが、突然、嵐のようなお天気になったんです。
いきなり空が暗くなりだし、大雨が降りだし・・・しかも、ヒョウ!
しばらくたって雨に変わりましたが、その後は雷と風も激しく。
でも、30分ほどしたら嵐のようなお天気だったのがウソだったかのように
すぐに晴れ、青空が広がりました。
 
その時にピン!と思ったのが、私の心の中で凝り固まっていたものが
氷という形で心から零れ落ち、水になって流れていったのかな?と。
そして、青空が広がったのかなあ?と。
 
潜在意識・心がクリーニングされた様子が天気となって現れて
お知らせされたのかな?なんて感じて、嬉しく思っています。


その後,頂いたメールです。
 
今朝の金環日食、輪っかになった途端に涙が出てきて、輪っかになっている数分間の間は泣きながら見ていました。
太陽と月が一つになっているように感じて、そして、その周りを光が包んでいるような感じもして。
思わず「どうもありがとう」と言葉が出てしまったくらいです。
きっと、心の声が自然に出たのかなあと思いました。
 
恵子さんからこのように2回のセッションを受けたり、他の方からもセッションを受けたり、本を読んだりサイトを見たり・・・といったことによって、色々な気付きをすることが出来て、そして幸せになって。
 
幸せになる私・幸せを感じる私は、私1人ではなくて他の人からの愛を感じるからこそ幸せになれる。
そして私が幸せになることによって、この幸せや愛が周りにも広がってゆくのだなあ・・と思ったら、その途端に涙が出てきてしまい、15分くらい号泣し続けていました(笑)
1人ではないのだなあ、みんな一つに繋がっているのだなあ・・って、そんな事を思ったら、凄く嬉しくなって感激して。
 
それほど、本来の私は幸せになりたかったし、幸せになることを望んでいたのだなあ・・・と、感じています。
 
恵子さん、本当に心から感謝しています。
どうもありがとうございます。
 
今、心が清々しくて「統合された~!!」という感覚になっています。
 

そして、その後のメールです♪

ずっとずっと、愛を感じたかったのかもしれません。
そしてやっと、愛を感じることが出来る私になれるのが嬉しくて嬉しくて!
宇宙全体が応援してくれているのは、有り難いです。
有り難く喜んで、それを受け入れます(*^_^*)
 
私の話でよければ、どうぞブログに載せてください!!
 
セッションノート、どうもありがとうございました。
妨害にも負けずにセッションを終えることが出来たのは、恵子さんのおかげです。
本当にどうもありがとうございました。
 
それにしても、潜在意識が「これ!」と感じている事と向き合うことが出来たのが、我ながら凄いなあ・・と思います(笑)
だって、最初のテーマでは筋反射は反応せず、でも、その後にちゃんと出てくるんですものね。
恵子さんのナビゲートが大きいという事は分かっているのですが、セッションって本当にパワフルですね。
そしてそれは恵子さんの仰るとおり、潜在意識では「やる」と決めていたからこそ、きちんと向き合うことが出来た・・ということなんですね。
 
本当に嬉しいです。
何度もお礼を言いたくなってしまいます~(*^_^*)
どうもありがとうございます。
今のところ、とっても順調です!
なんとなくですが、強張っていた身体が柔らかくなっている感じがします。
首や肩の周りが凄くラクに感じていて。
心だけではなく、身体の緊張も解けているのかなあって、嬉しく感じています。
 
この調子で、幸せにまっしぐら!します~(笑)
 
また何かあったら、ご報告させてくださいね!
 
どうもありがとうございます(*^_^*)

ーーーーーーー
Mさんには2回セッションさせていただいたけど、この変化は本当に感動するものでした。1回目のセッションの後には、上の問題がヒーリングされて、下の問題が沢山出て来たような状況で、次のテーマは,これか、あれか、それか、、、と言うようにおっしゃってて、じゃあ、どれなのでしょう?と言う所で始めたセッションでした。結果的には、挙げていただいた物ではなく、タマネギの中心に近いような問題がごっそり出た感じになったのですが。これは、Mさんの潜在意識にその準備が出来ていないとそうはならないので、そういう意味でも感動でした。
このような機会を与えてくださってありがとうございます。
[PR]
by pineheath | 2012-05-27 09:42 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

ビリーフを変えてみる

ここメイン州はこの時期ブラックフライと言う名前の大きさはショウジョウバエほどなのだけど、人に噛みつくハエが出てきます。
ここに来た数年は噛まれてもそこまで症状がひどくなかったのだけど、2−3年後から噛まれたら腫れると言う症状がひどくなって来て、去年の状態では、噛まれた所が腫れだし、2−3日後には足だったら、大げさでも何でもなく2倍の大きさの足になる位,大きく腫れて、熱を持ち〜みたいになり、マックスに腫れ上がった所から汁が出て来て、かさぶたになり、それでも痒くって〜って状態までなるのが恒例の事になってきていました。
そうなってくると、いっぺんに数カ所噛まれると命の危険があるのじゃないかと思う位,免疫系が反応し始めているのがリアルに分かり、体中から変な感覚がし始めるのです。
一昨年、家族で山登りした時、ちょうど、湿地があってブラックフライが大群で生息してて、なぜか私だけ何カ所か噛まれ、体中がおかしな感じになって来て、山を駆け下りて、アレルギー止めの薬を買いに走ったのを覚えています。
そんななので、この5月6月、ブラックフライが出てくる季節は美しい季節なのに恐い季節でもあったのです。

で、ですね。このごろ、エナジーワークのヒーリングをさせていただいていて、今年、ふと思ったのですよね。このブラックフライに噛まれたら大変な事になるって、私の思い込みが影響しているのではないかって。
Mちゃんが公園にいこう〜!!って言ってる時だったから、ああーこんな美しい外なのに、ブラックフライのせいで楽しめないなんて、なんて,もったいない事なのだろう。。。と言う気もしていました。
なので、「私にとって、ブラックフライは何てことない、」と言う思いになれるよう私の中のブラックフライに対する思い込みをニュートラルに戻してみる事にしました。これは、自分でIHのセッションやった訳でもなく(Aちゃんもう靴はいて、いく準備万端だしーそんな時間なかったので)ただ、やった事は自分の心に向き合って、ブラックフライを恐れている私の気持ちがあるから私はブラックフライを恐れているのだという事を認識した感じ。もっと、自分を外から見て、ブラックフライいても全然平気な人のエネルギーをもらった感じ?

ーなんか、単なる思い込みだったような気がして、ブラックフライ大丈夫な気がしてきました。

そして、公園まで、歩いていく最中、結構沢山飛んでて、あああー飛んでるなーなんて思ったけど、深呼吸して、さっきの感覚思いだして、とりあえず公園に到着。

公園でも結構飛んでて、あああーと思っては、大丈夫な感覚思いだして。。。見たいな事でやり過ごし、走り回るMちゃん追いかけたり、知り合いの人とちょっと話したり〜
そして、噛まれました。手の甲にしっかり噛み付いてて、てでぱっとはたいた時にはもう遅くって。しっかり噛まれていました。(噛み付くので気がつきます)
ー噛まれちゃったなーなんて思ったけど、そこでまた深呼吸、ま、大丈夫だろう、っていうか、どうなるのかちょっと楽しみかも。ビリーフが違ったらどうなるのかな。。。なんて,とっさに思いました。
噛まれてすぐにはやっぱり蚊にさされたくらいにプクッとふくれ、家に帰って、家にいたパパに、今年はじめてブラックフライにさされたよー。なんて言ってて、パパも「あーやっちゃったか〜」なんていってて(どれだけひどくなるかよく知ってるので)
確かに、その日とか、翌日は少し痒かったのです。でも、でもですねーそのご、ぷくっとなってたのは、ひき始めて、ちょっとした赤い跡を残してかゆみもなくなってしまいました!!!
さされたら1−2ヶ月は腫れとカユミとぐじぐじと〜で煩い、その後そのさされたアザは一年くらいかけないと消えないような感じなのにー、3日めでこういう終息見せるって!
すべてはそう思っているだけーと言う事をちょっと感覚として学ぶ事が出来た出来事でした。
今朝、私のてをみたパパが、「え、それってブラックフライの跡?なんで腫れてないの?」と聞くので、「うーん、ちょっとビリーフ(思い込み)を変えてみたんだよね〜」と何となく応えると、「何だそれー!!何か、よく分かんないけど、すごい事になって来てるな〜!?」と感激してくれたので、ブログでシェアーしてみようかと思いました。
皆さんも、身近な日常の些細な思い込みから、自分を解除してみてください〜。
[PR]
by pineheath | 2012-05-26 00:25 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

IHセッションの感想5

セッションの感想を頂いていたのを紹介したいと思います〜。(Sさん、掲載許可ありがとうございます。)
Sさんが考えてくれていたこのセッションのテーマは、肩こりでした。
体の症状も多くの場合、精神的な物が関係している事がほとんどだと言う事も聞いた事があるけど、今回のケースはまさにその通りでした。肩こりを治したいというテーマだった為、
じゃあ、どうなりたいですか?
と目標を聞いた所、肩こりが無くなり、頭痛がなくなりたいと言う事で、
「体が柔らかく、軽くなる。心が楽になる事」
と言う言葉をSさんは挙げてくれました。でも、これでは筋反射が取れませんでした。
そこから、もっとボトムに潜んでいる目標とすべき事を探っていったのですが、この回では、途中、詰まる時に言葉を引いていいか聞いたのだけど、筋反射でオッケイが出なくって、話で詰めていくようにと出ました。話をしていく中で、どんどん掘り下がっていって、最終的に筋反射が取れた本当の体の肩こりに対する目標は
「会う人や起こる出来事を受け入れて、安心していて大丈夫だと考え、良くなり、幸せになるために会わせてもらっていると信じる事が出来、呼吸も乱れず体も柔らかく保つ事が出来る。」
と言う物になりました。Sさんも、この言葉に最後行き着いて、とてもしっくりしている様子。
そして、修正で出たのは、頭蓋骨の修正。
人が肉体的、感情的なトラウマを経験したり、ストレスにさらされていたり、あるいは感情的/霊的なブロックをもっていたりすると、頭蓋(頭蓋骨は、縫合と呼ばれ、密集した繊維質の結合組織の薄い層で結びあわされています。縫合は縁が不規則なジグザグ状にかみ合っており
その亀裂はそれぞれの頭蓋骨が特定のリズミカルなパターンで動けるようにしており、それが脳脊髄液を動かしています)の亀裂は「くっついたり」、「ロックしたり」「固く」なってしまうことがあります。自由な動きを可能にする弾力を失うと、自己治癒力の自然な力が制限される事にもなりかねません。頭蓋骨のバランス調整によって、その人を、より望ましい、肉体的、精神的、感情的、霊的なアラインメント(配置)にする事が出来るとかんがえられています。

ではでは、
以下がセッション後にSさんが寄せてくださった感想です〜。

今回のテーマの肩こりについては、恵子さんが前に本好きの方の話を載せていたのを読んで、私もどうにかなるといいなと思いお願いすることにしました。
軽い気持ちでセッションを受けましたが、また、思ってもみない原因?引っ掛かり?が出てきて驚きました。人と会うことや話すこと(電話とか)にいつも緊張していて、それには恐れもあって。
そのせいで私は慣れていない方と連絡をとったりすることを、すごく負担に感じで疲れてしまったり、自分の行動を制限してしまうことが多くありました。

セッションの後は、初めから全く緊張しないわけではないですが、緊張しそうな時がわかるようになり、自分に大丈夫だよと言う間ができ、落ち着いていられるようになりました。
今までは知らない方の中にはなるべく入りたくないという気持ちが強くありました。それもだいぶ軽くなり、入ってみようかと思えるようになりました。
肩こりも自分でストレッチすれば楽になる程度になりました。
肩こりが良くなればいいなと思って受けたセッションでしたが、結果はそれ以上にとても大きく、私が良い方向に進むための障害物を取り外してくれたように思います。
本当に恵子さんに感謝です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
この次のセッションの時にSさんが
「私は、生きるのがそんなに辛くってしょうがないと言うタイプではなく、それなりに幸せに生きていたつもりだったけど、この数回のセッションで、障害物が外れていって、どんどん生きるのが楽になっていくのを感じ、こんなに楽に生きれるんだったんだ〜と感じている」
とおっしゃってくれた事がとても印象的です。すばらしいですよね。本当は私たちは自分の存在そのもので幸せに満ちている状態なはずなのに、色んな、ネガティブな出来事、トラウマ、ストレス等々によってSさんが言うように障害物をいっぱい抱え込んでしまっていて、元々の愛の状態を見失っているのでしょうね。IHのセッションで障害物が取り除かれていくなんて、とても素晴らしい事だと思います。
Sさんブログの掲載許可、本当にありがとうございます♪
[PR]
by pineheath | 2012-05-25 12:55 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IIN奨学金情報 5/23/12まで

私の卒業したホリスティック栄養学校が大規模な奨学金を出します。
いつものごとく、募集期限は短いですが,もしご興味が在る方がいたらこれはあんまりないチャンスなので、かなりお得です。
一人につき$1000の奨学金が私の紹介から2人まで適用されるそうです。
申し込み期限は、今日から、アメリカ時間の5/23/12夕方5時までです。ご興味がある方は、詳細を送りますので、
keiko♥purefoodpurebody.com (♥を@に変えて)まで『IIN奨学金』としてメールしてください。
[PR]
by pineheath | 2012-05-23 02:29 | IIN 奨学金情報 | Trackback | Comments(0)

IHセッションの感想4

IH セッションの感想を頂きました。ブログ掲載を許可してくださったので(ありがとうございます!)、シェアーしたいと思います。

Mさんの悩みは仕事に対するご自身の気持ちの事。「やりたい事なのにさまよっている感じ、どのような方向で行けば良いのか定まらない感じ」がすると言う事で筋反射が取れました。色々掘り下げていく時点で言葉を引きました。
「自分の結婚に対する情熱を取り戻す為の時間をみつけます」と言う言葉でした。
Mさんがご結婚されているかも知らなかったのですが、ご結婚されていると言う事で、確かに結婚後16年経ち、ご主人はMさんの仕事への理解もあまり無い状態で、結婚そのものに対する情熱は薄れてしまっているとのこと。
でも、この言葉は抽象的な表現として出てくる事もあります。今回の場合は筋反射で詰めて聞いてみると、第二の結婚に値する『仕事』と言う意味で、結婚と言う言葉が出て来ていた事が分かり、「仕事への情熱はやりはじめの頃に比べて変化しましたか?」とお聞きしました。
「確かに、最初は楽しくてしょうがなくてやっていたのに、今は、仕事、集客、お金にならないと行けないという思いになって来てしまっている。」と。
そこから、さらに深く進みまた言葉を引く事に
I safely remove all fear, anger and guilt held in my lung.
(私は肺に抱えているすべての恐れ、怒り、罪悪感を安全に解き放ちます。)
Mさんの話では、他のヒーリングセッションでも胸に恐れ、怒りが溜まっていると言われる事がよくあるそう。「でも、それが何なのか分からないのです、他ではそのうち自分で分かりますって言われて来て。。。。」とおっしゃるMさん。そこで胸に抱えているネガティブな感情を調べてみる事に。
年齢退行で38歳と出て、その年であった出来事をお聞きしたら、お父様に関係する事が出てきました。(ご本人はその事に対してとても淡々とされていて、もう、私は気にしていませんからとおっしゃいます。)それ以外の話もシェアーしてくださったけど、胸にたまっている感情としては、お父様の事が強く反応しました。顕在意識では私たちって本当に悲しい事を,もう平気です、と言えちゃうんですよね。潜在意識のレベルではずっとつっかえていた事だったのに。
そんな中からご本人が気付かれた事は、
「お金お金の人である父のようになりたくないと言う想いがあったのに、今はお金になってしまっている自分が居る事。お金に対する汚さ、がつがつしているイメージを払拭させる事,それには父の生き方を認める事が私には必要な事だった」と言う事でした。
そこからはすんなり目標設定に行き着けました。
出たコレクションは、胸の辺りのオーラのヒーリング。エモーショナルの層(体から20センチくらい離れた所)にヒーリングが必要とでました。この層にあるブロックは、多くの場合、胎児から7歳くらいまでの間に、身近な家族や愛してくれる人たちから受けるスリ込みから生じ、さらに似たような体験をする事で強化されていきます。時には、もっと後になって新しいブロックがこの層に刷り込まれる事もあります。こうしたブロックは無意識レベルの物であり、思いだされる物ではありません。
この第2の層であるエモーショナルの層は体の細胞と生理機能に関係しています。このオーラの層に長年続くブロックが存在する場合は、関連する体の組織に機能上の問題があるかもしれません。これはおそらく、細胞の健康を左右するエモーショナル レイヤーが、その部分の細胞や組織に適切なインプットを送れていない事が原因であるようです。
サポートとしてはサナトクマラとレディーヴィーナスクマラのエッセンスが選ばれました。これは最も深いレベルの依存、共依存、報われない愛の課題に役立つものです。体は分かってますね。

以下はその後頂いた感想です。

恵子さんの誘導によって、思いがけないところまで掘り下げることが出来ました。
本当は、父やお金に対して向き合わなくてはいけないということも、どこかでは分かっていたような気がしますけれど。。。
やっと向き合うことが出来て良かったです。
どうもありがとうございました。
 
今、統合に向けての浄化の真っ只中にいるような気がします。
恵子さんにセッションをしていただき、その後、マヤ暦の軽いセッションを受け、リンパドレナージュのマッサージを受け・・・。
昨夜、大爆発して発熱(かなりの高熱)しました。
久し振りの高熱、実は今もフラフラしています(^_^;)
 
リンパドレナージュは2週間前にも受けたのですが、昨日受けた際に、「前回、背骨部分に緊張して固くなっている何かがあったけれど、それが少しずつ抜けてきている。今日も更に抜けた。背中の肩甲骨の辺りも。」と言われました。
 
これも、IHキネシオロジーヒーリングを受けたからなのかな?と思うのですが・・どうでしょうね(笑)


Mさんの不調が長めだったため(熱はすぐにひいたようですが)、マチルダにも相談しました。そしたら、IHセッションのあとに立て続けに他のセッションを受けられた事も原因だろうと言う事でした。IHはセッションをして、ヒーリングがその方の魂に統合されるまでに2時間から2−3週間くらいかかると言われています。なので、出来るだけその間は、他のヒーリングなども受けられないでいる事をマチルダは勧めるそうです。
ゴルフのプロにスイングの方法を教えてもらって、良いフォームでたまをうつ事が出来るようになって来ている所に、まったく違うプロが違うやり方のたまの打ち方を指導して来たような物だとマチルダは言ってました。潜在意識も混乱してしまうと言う事でした。

Mさんはその後、大浄化もようやく治まって、今まで下に潜んでいた問題が表層に出て来たようです。新たなご自分の深い所の気持ちに気付かれて,それに対して取り組もうとされています。
 
[PR]
by pineheath | 2012-05-13 03:15 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IH セッション事例

昨日のセッションも興味深かったです。日本語のブログに事例紹介していいかと聞いたら、快くオッケイを出してくれたので紹介したいと思います。

ヘルスカウンセリングのクライアントさんに今日は普通のカウンセリングではなく、IHのセッションをしましょうと言ってしたセッションでした。ヘルスセッションは彼女に取って有意義だけど、どうも、根底の所で解消しきれていない事がたまっている様子で、それを解消しないと(言葉での)ヘルスカウンセリングも、表面的な物になってしまっている感覚があったためです。
今、一番心を占めている悩みってなんですか?と聞くと、息子との関係ということでした。でも、それがテーマでは筋反射がうまく取れません。なので、他の事で、今心を占めている事ある?と聞くと、体重の事が悩みだと言う彼女。
そしたら、それではオッケイが出たので,そこからヒーリングをスタートする事に。
最初のセットアップの所でクライアントのブラウチャクラをタップする事によって脳下垂体にアクセスします。「第3の目」としても知られるこの脳下垂体から私たちは洞察、知恵、直感や内的ビジョンを得ています。彼女の場合は、ここに時間がかかりました。理詰めでガチガチに考えがちで、内からの声を聞くことを忘れてしまっている状態だと,そこにつなげるのに時間がかかるようです。

話を聞いていると、今の状態から逃げ出したいがために、夜に食べてしまう、と。
今の状態から逃げ出したい事の第一番の理由は、息子との関係だと。
じゃあ、ヒーリングの目標は?と言う所で、「息子に対して平和な感覚を持ち、愛を感じる事が出来る事。」
でも、これでは言葉が足りないと出ます。
そこでオッケイが出たので言葉を引きました。
出た言葉は「私の神経系は私の全細胞をヒーリングする為のすべてのメッセージを運びます」と言うもの。
これを聞いて何を思いますか?という問いに対して、「息子の事よりも先ずは自分の心を癒さないと行けないように思った。すべての事は、先ずは自分の事から始まっているのだから。」と。その言葉でしっかり筋反射が取れたため、
それでは、そう考えると何を目標として付け加えると良いと思いますか?と聞きいたところ「自分自身を愛する事」と言う返事でした。そういう訳で、最終的には
「自分を愛する事、そして息子に対して平和な感覚を持ち、愛を感じる事が出来る事。」という目標が出来上がりました。
面白いです。息子の事は関わっているのだけど、あくまで彼女自身への愛を中心に持ってきたいのだと彼女の潜在意識の意思が伝わってくるようでした。
だから、最初の入り口にあたるテーマは「息子との関係」では無く「体重(彼女自身のこと)」だったのですね。ストレスローディング(IHでは目を使ってこのヒーリングに必要な情報にアクセスします)では、目をぐるっとゆっくり回してもらうのですが、これは肉体的な辛さだけではなく、感情的な辛さが伴う事が多々あります。今回も、彼女は、見えない、痛い、痛いと言い目は大きいのにすぐそばに私の手をかざさないと行けない状態で、すごく変な感じだ変な感じだと言っていました。涙も出たし、最後の方には、吐き気がすると言い出しました。
(これは、個人差があり,すべての人がそうなる訳ではないです。深い所の情報にアクセスする場合、目がその方向を見るのを拒否したり、変な感覚を感じる場合もあります。)
ディーププロトコールにたどり着きました。ホログラムのリファレンスとオブジェクトの修正。他のプロトコールはどこにヒーリングが行くかイメージがつきやすいのだけど、これに関しては、体中のあらゆる所から選ばれてきます。それも、どうしてそれなのだろうと思う所とかも出てきます。(ここら辺は、ホログラフィックでヒーリングが起こっていて、そのヒーリングに必要な事を体が指示してくるという事だけなので、私のちっちゃい頭で考えていても、分かる事の範囲を超えた所の事なのです)。
彼女の場合はオブジェクト(対象)として、シナプス液(神経細胞間の液体)が選ばれ、リファレンス(関連)として心臓が選ばれました。
後から思ったのが、言葉でも神経系と出たし、神経系のことの不調があるのかもしれないなーと。今度会った時に確認してみます。(これも、小さな頭で考えても、その事を越えた所で起こっている事なのかもしれませんが。)
所々で,筋反射が取れなくなり、その度にインフォメーションやらなんやらしました。でも、年齢退行とかが出る訳でなくて、グラウンディング(足からエネルギーを地に下ろします)とか、ちょっと時間ちょうだいのサイン(Time Integration)
だったり。体は急いで進めない、時間ちょうだいって感じだったようです。
コレクションとしては、チャクラのヒーリング。クラウンチャクラのヒーリングが必要でした。クラウンチャクラはユニバーサルエナジーを吸収して体に取り込む働きをしている所であり、また,タイジーポールにエネルギーを与えている所です。
ちなみにタイジーポールとは頭の頂点(クラウンチャクラの中心)から任脈1に向かって伸びている、体の中心の白く脈動している光の芯のイメージの線です。この白い芯の周囲には端から端まで螺旋状の金色の光が巻き付いているそうです。中国伝統医学のプラクティショナーはタイジーポールを神聖な場所であると見なしているそうです。エゴや仮面や防御反応を取り去った、私たちの真の自己がそこに宿っていると考えます。
そして、サポートは最初にエッセンスがでて,次にヒーリングストーン。
エッセンスはマコハンと言うマインドとスピリットの間をつなぐコミュニケーションを生み出すのに役立つエッセンスが選ばれました。
そして、面白かったのが、ヒーリングストーンはDalmation Jasper この石は家族の尊厳、団結,絆の強さに働くもの。
今までやった中で初めてこの石が出て来て、へえ、何の意味があるのだろうと思ったら、またまたドンピシャに必要な石だったので驚きでした。
そして、じゃあ、この石をどうしたらいい?と聞くと、
どこかに乗せてヒーリングするとかでは最初反応しなくって、
「買って持っておく」と言うのでイエスと出ました。
その事を彼女に伝えて、その上で、今やるヒーリングがあるかと聞くと今度はあると出て、それは子宮の上の辺りにこの石を当てるというものでした。
エッセンスなども、それを買った方が良いですか?と言う質問をよく受けますが、潜在意識はそれを要求しない時も多いです。

バランス調整が終わった途端、彼女は「わおー。なんか、なにこれ?」と。
初めて経験する感覚だったそうです。
2時間かかったので、
「Keikoは相当疲れたに違いないわー大丈夫なの?」と言ってくれたけど、IHセッションでは良いエネルギーが上から私の体を通してクライアントさんに伝わるというイメージなので疲れたと言う感覚はあまりないのです。
かなり興味深かったようで他のテーマでもワークし続けたいという彼女です。かなり泣いたためと、元から風邪をひいていたのもあって、頭痛がするワーと言いながら,それでも、幸せな顔になって帰っていきました。
[PR]
by pineheath | 2012-05-12 00:27 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

NY 出会い編

今回のニューヨーク行きにはスピリチュアル的な出会いだなーと思う事がいくつかありました。
先ずは、行きのバス。家から一時間先のバス停から3時間バスに乗って飛行場まで行くと言う行程をいつも取っているのですが。。。

その出発の前日は3時間睡眠の朝4時起きで、午前中にヘルシーキッズのイベントにブースを出すこと(大盛況だったので良かった〜)、午後には友人の誕生日ケーキ作り(旦那さんに頼まれて)、夜には子供のダンス発表会、ダンスを教えてくれてたMARYに差し入れの物作ることーと目が回るような日。それも、イベント準備の為に睡眠不足だったためふらふらでした。夜の発表会が終わって家に帰ってご飯食べさせて子供をベットに送ったのがもう11時近くって、そこからNYに一週間家を空けて出かける準備をし始めたのです。自分の荷造りはたいした事無くって、それ以外の母不在の時にどのこの送り迎えを誰に頼むかとか、パパに気に留めておいて欲しい事とか、そう言うリスト作りとか、おまけに家事が滞ってて、それもある程度落ち着かせてなんてしているとどんどん時間が過ぎてーまたもや3時間睡眠の夜になり出発の日を迎えたのでした。

そんなだったから、バス停までの一時間、家族皆に送ってもらっている間は、一週間の別れを惜しむ子供達とおしゃべり楽しんで、パパとおしゃべりしながらだったけど、バス停についた時には、私の気持ちとしては、さあ〜バスの中では3時間寝るぞー!!!と、寝る気満々。睡眠不足を解消する気満々。

空間が広い一番先頭の席に座って、寝床を整えている(?)時に「お隣良いですか?」とにこやかな60代の女性が座ってきました。どうぞ、どうぞーと言っていたら、その方が何かしら話しかけて来られて、何となくその話に応えてーって事をやっていると、話の流れは『信じる事』みたいな流れに。そして、「あなたは何か宗教に入っているの?」と彼女。
「あああ、やだなー宗教系かー。寝てたいのに〜めんどくさいなー」と言うのがその時の私の正直な感想だったので、あんまり気持ちを逆なでしない程度に、でも突っ込まれないで済むように、「日本人は結構,色々なんですよー仏教徒になる時もあれば、神社なんかいってお祈りする時もあって〜」なんて応えてました。
でも、彼女の話を聞いていると、単なるガチガチのクリスチャンの方だというのではなく、本当に信じる事、祈る事を実践されて、その事で人々を癒す活動をされている方だと言う事が分かってきました。何でも、集団で祈る事で、ガンが消えたり、眼鏡が要らなくなったりー。(実際彼女はいくつかの病気を祈りで克服して来られてて,克服される前にその映像が見えるそうです)その祈りの会みたいなのを開いているのだと。
へええ〜。そんな話なら、俄然興味がわいてきました。それって、IHとも通ずるところで、IHではその手段としてIHのプロトコールを使うけど、これもそもそもマチルダが夜な夜な啓示を受けて出来上がった物だし、サムシンググレートとコミュニケーションする手段として、祈りとIHって元々は同じ事だと思うのです。
私のやっている事も話して、私もそれがなんなのか分からないけど、サムシンググレートの存在は信じていると話して、(もちろん彼女はクリスチャンなので、それが神よ!とこだわっていましたが)私の転機になったサムシンググレーと対話した時のことについて話して、私も話してて涙が出て。。。なんて、不思議な流れになっていきました。
彼女は今はケープコットとメイン州を行ったり来たりしてて、夢のヒーリングセンター立ち上げの構想を練っている所だそうで、啓示としてそれが見えてはいるけど、そのジグソーパズルのピースがどうやったら揃うのかはまだ分からないのよ。なんて話していました。もしかして、あなたもそのヒーリングセンターの一員になるのかもねーなんて言っていました。そんな風に話しているうちにあっという間に3時間は過ぎ私の降りるバス停につきました。何だか、一気に打ち解け、友情が芽生え連絡先交換して、機会を見つけてまた会おうと約束し、お別れしました。眠気なんて完全に吹き飛んでいました。出会うべくしてであった人のような気がしました。

そして、その2、講習会にて、Kyoさんとの出会い、Nちゃんとのつながり。

前回の記事でKyoさんと言う方が「恵子さん、やりましょう」と誘ってくれたと言う事を書いたけど、その翌日、Kyoさんが「いやあ、昨日のセッションは本当に良かったのよ。なんかね,よかったのよ。」と言ってくれてて、「恵子さんのその目を見ると、何だかとっても懐かしい感じがするのよねーなんなのかしら。。。」と。
私は、霊感とかそういうのは強くないので、なんなのでしょうね〜?なんて応えてて、他の事から、同じ福岡出身だと言う事が分かり、だからですかねーなんて話していたのです。
その夜、何かしらの流れから、Kyoさんとご飯に行きましょうと言う事になりました。どちらが持ちかけたかも分からないし、なぜ行く事にしたのかも覚えてないけど。講習会場から出ると、このIHには参加しなかったNちゃんが居るではありませんか!そこにいあわせたAさんも誘って、そのメンバーでご飯にいく事に。NちゃんとはNYいる間に一緒にご飯したいねと話していたけど、その日は今から連絡してもなーなんて思っていたのであえて連絡していなかったのです。
Aさんは、美味しいレストランに案内してくれた後、少ししたら、ダーリンとのアニバーサリーの為にお先にーと帰って行ってしまいました。そんな訳でNちゃん、Kyoさん,私の3人になったのです。

Kyoさんと私は昨日今日会った仲で、NちゃんとKyoさんはこの前の数日間の講習会で一緒だったらしいけど話す機会が無かったとの事、ほとんど初めて話す仲。
なのに、なのにこのメンバーで話は大いに盛り上がり、時間も忘れて、デザートまで注文して食べて話して。最高に楽しい時間を過ごして帰りました。
f0128026_2231916.jpg


そしてなんとも不思議な事に、この日の数日後に、予定した訳でもないのに、またもやこの3人で食事に行く事になったのですー。(ここら辺はNちゃんが詳しく書いてくれてます。)
Nちゃんが断りのメッセージ入れて来ていた事を私は宿のコンピューターが機能せず見れなかったため、知る由もなく、何度も、確認の為に電話を入れていた状態だったのです。そして、普段だったら、仕事終わっても留守電チェックなんかせずに帰るNちゃんだけど、ちょうどバックもって帰ろうとして静かな場所にいる時に電話が鳴って、私から連絡がはいった事を知ったそうです。
まあ、とにかく、企画した訳でもないのに(A音ちゃんが言い出しっぺで、でも、その本人は来れなくなって)なぜかまた一緒に食べにいってる3人組。
あんまりにも色んな偶然が重なりすぎるってことで、この3人は何かあるんじゃないかーと言い出すNちゃん、Kyoさん。Kyoさんはアーティストでとてもそういう感覚が優れていらっしゃって、このメンバーでいる時には,数日の仲と思えないくらいのリラックスした感覚があるのよーと言い張る始末。
じゃあ、ちょっとキネシで調べてみてよーとNちゃんに言われるがまま、この3人が前世で繋がってかを調べる事に。

そしたら、なんと、面白い結果になりましたー。

この3人は一緒の時代に生きていた事があるーYes
それは、100年前から今までの間ーNO
それは、100年前から200年前のあいだーYes
それは、ヨーロッパーYes
それは、ドイツーNo
それは、スイスーNO
それは,イギリスーYes

おおおー!!
この時点で、Nちゃんが言い出した事は、ねえねえ、それって、Jさんと私とAさんが繋がってた過去生の時代と同じ辺りだよねー、それって150−200年前のイギリスって事だったけど。。。。
えーそうなんだっけ??
じゃあ、と言う事で。

この3人が生きていた時にJさんAさんも生きていたーYes

おおおおおー!!!
細かく調べてみると、どうやら私は過去生でKyoさんのお母さんだったと言う事で、Kyoさんは男性でありながら女性的であったと言う事らしい。
と言う事は、と、、、Nちゃんと私は男性でありながら女性的であった息子を持つ母親同士という関係だったと言う事になります。
ここら辺は前にJさんがブログに書いています。
(注:IHセッションでは、年齢退行で過去生に行く事もあるけど、基本的に突っ込んだ質問はしない事になっています。今回こうやって調べたのは単なる筋反射の技術を使っただけで、IHのホログラフィックの中でワークしている事ではありません。)

そんなこんな、嘘みたいな本当みたいな話で大いに盛り上がり、コレアンタウンのカフェで筋反射とって騒いでいたのでした。
面白いですよね。考えてみたら、Kyoさんが私に声をかけて来てくれたのはインナーチャイルドの癒しの時。現世でのインナーチャイルドの癒しを過去生の母親であった私に求めたってことになりますよね。
もちろん、過去生なんてーと思う人には眉唾物な話だと思うけど、「生きがいの創造」を読んで以来、私は、そんなのも本当にあるのかなーと思うようになりました。そして,今は、今を変えると過去生の状態も変わるのでは無いかとパラレルワールド的な考えも無きにしもあらず、、、です。

そして、その3、3Kコンビ。
最終日の朝。荷物をまとめて重たいスーツケースを講習会場の地下鉄の駅から地上へとよっこらよっこら持って上がっていたら、はたと目が合ったのが、Kちゃん。宿がどうにも暗いマンション型ルームなので、長くいたくなくて、早めに出発して来た事もあり、時間がまだありました。お茶飲んでいこうと言う事になり、スタバに入りました。帰りは今日の夜10時40分の飛行機なんだーなんてKちゃんに話して,それなら、こうやって空港まで向かったら良いよーとアドバイスなんか受けていました。

講習が終わる頃、Kちゃんが、恵子ちゃん、遅くのフライトだから時間つぶさないと行けないんじゃない?つきあうよー。と言ってくれました。本当〜嬉しい♥なんて言ってたら、目の前にKyoさんがいて、Kyoさんは今夜どうするんですか?と何気に聞くと「え?食べて帰ります?」とKyoさん。
そんなこんなで、KちゃんKyoさん私の3Kコンビで食べにいく事に。
これも、必然だったと思うのだけど、この3人福岡出身なのですー。(ちなみにKちゃんと私は同じ高校出身。こんな所で、同じ高校出身者と出会うなんて。そして、タロットでのソウルカードとパーソナルカードがまったく同じ!踊りが好きで(彼女は元ダンサー)料理が好きで。。。共通点があり過ぎです。)
後もう少しでNYから福岡に拠点を移すKyoさんが福岡でのIH立ち上げの話をし始めるは当然と言う感じで、私も仕事で日本に帰れる日が来るのが夢と思っているので、ぜひとも福岡でIHのセッションイベントかなにかが出来たら良いね〜!!!と話は盛り上がりー。すっかりIHの打ち上げ(ビール付き)+仕事ミーティングみたいな流れに。
f0128026_224394.jpg

最後は飛行機までの時間がヤバいヤバいと急いでタクシーひろって空港に向かうことになりました。タクシーに私を乗せてくれたKちゃんは、タクシーの運転手のお兄ちゃんに「ボラずに、ちゃんと連れて行ってよ!!頼んだよ!!」みたいな事を言い残し、急いでハグして別れたのでした。

タクシーのお兄ちゃんもかなり良い人で、空港までの40分くらい、喋りッ通しで、かなり楽しいドライブでマンハッタンを後にしました。

ま、最後のタクシーのお兄ちゃんとの出会いはスピリチュアルでも無いかもしれないけど、楽しく旅を終わらせてくれたので書いてみましたが、それ以外の登場人物はかなり、流れるべくして流れている感じで、後から思い返しても面白すぎです。

あの時もし〜〜しなかったら、もし、こうしていたら、こうはなってなかったってこと、偶然やったことが必然に繋がり、それこそが流れなのだと言う事をかいま見た感じがしています。
[PR]
by pineheath | 2012-05-10 22:12 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

IHプラクティショナー養成講座 再受講の報告

f0128026_131106.jpg


NYから帰ってきました。

今回はIHのクラスの再受講。もっと深く学ぶ為と、今、セッションをさせて頂いている事に間違いは無いのかを確認する意味もあって気合いを入れて行って来た一週間でした。マチルダの温かさ、チャーミングさは顕在で、今回は突っ込んで質問したい事が色々あったので、マチルダ、マチルダ~とついて回っていたのだけど、それ一つ一つに丁寧に応えて,余さず教えてくれるマチルダは本当に最高のヒーラであり先生です。NY在住の友人よりも恵子ちゃんとしょっちゅう会ってる気がするよーとNYに住んでいるIH同回生の友人に言われる位、ちょうど1年前キネシの講習会に出た時から結構頻繁にニューヨークに行き、吸収,実践を繰り返して来た一年でした。今回は雪乃さんのサポートもついていて、私にとって、抱えて来てた、疑問、質問がどんどん解消される講習会になりました。

さて、今回も、講習中にはヒーリングが沢山起こり、またまた感動の嵐でした。その様子をちょっとシェアーしたいと思います。
f0128026_1321239.jpg



クラス中は、沢山のヒーリングテクニックやプロトコールを学ぶため、時間にどうしても制限があり、きちんとした最初から最後までのセッションはしません。でも、今回は,オーガナイザーであるI-healingの亜沙美さんがマチルダにお願いして、恐怖症の本当のセッションをマチルダがデモでやる事に。クラスの中で誰かなにかの恐怖症がある人居る?とあさみさんが聞いた所,ありが恐くてしょうがないとTさんが名乗り出てくれました。でも、恐怖症を取り除くセッションでは、実際その物と対面する事になるため、なかなか、セッションを受ける勇気が出ず、Tさん、どうしようーどうしようーと悩み、結局、当日までに考えておくと言う事で話は落ち着きました。
恐怖症のヒーリングの授業予定の前の日、じゃあ、今日するからね、どう、やれる?と聞かれたTさん、次の日だと思っていたので心の準備も何も出来てなくて、そわそわそわそわ。。。。。。
「どうする?セッション受ける?それともやっぱりやめたい?無理強いは出来ないからねー」
とマチルダに聞かれて、
あああああ、どうしようーーーーと思いなやむTさん。
私は、青虫が嫌いだけど、そりゃそうだよねー、青虫と対面しなくちゃ行けないと思うと、青虫克服の為といえども、セッション受ける自信,揺らぐよねー、と自分ごとに置き換えてTさんの様子を見守っていました。
Tさんは、普段は落ち着いていて、とてもチャーミングな方なのに、完全に落ち着きが無くなって、どうしよう、どうしようーって教室中を右往左往、右へ左へ、、、
どうしよう、私やった方がいいかな?
というTさんに教室の皆はうん、がんばってー、でも、自分が決めなきゃね、と。
そんなこんなしているうちに、Tさん、ようやく覚悟を決めて、やります、と。

マチルダは、教室のドアーを大きく開け放して、そっち側にTさん立たせて、いつだって走って逃げれるんだからね、嫌だったら、いつだって逃げれるからね!
と、Tさんが安全だと言う事を示して、半泣きのTさんをなだめ、セッションスタート。
セッションはとてもすんなり進み、途中、宣言する所も、100%で言っているとカラダは反応してて、マチルダは「ふーん、意外と簡単なのねー。本当に100%なの??」何て言いながら、セッション終了。
あさみさんが捕まえて来ていたアリとTさんが対面すると。。。。
どうにか、こうにか、手に乗せる事は出来ました。でも、2−3秒経つと「ちょっと、どけて、どけてください!!」とパニックに陥る様子。
うーん、やっぱりフォビア(恐怖症)って,そんな簡単には治らないんじゃない??
治るって言ってもこんなもん?なんて、思いながらそのやり取りを見ていました。
マチルダは、「手に乗ってても、冷静に『あら、ありだわ、ちょっとどけましょ』と言えて、優しく振り払えるくらいにはなるはずよ、普通は、セッションの後、ランチとかして、休憩入れてから統合の時間待ってから対面するから、彼女の場合も時間がかかっているのかもしれない。もう少し後からもう一度見て見ましょう〜。」と。
そして、他の内容の講義に入っていきました。それから1−2時間してから、なんだか、Tさん調子が悪そうー。
マチルダもAさんの様子に気付いてどうした?と声をかけてみると、
「うーん、何か、胸の辺りにすごく違和感がー今のセッションでアッセンブリッジポイント(ショックな事によってずれる事がよくあります)がずれる何て事あるのかしらー」と。
「ちょっともう一回でておいで〜」とマチルダ。
マチルダが軽いセッション(先ほど最初から最後までのフルセッションをしたので、彼女には簡単なセッションしか出来ません)をやり始めました。その途端、彼女の目からも涙が。。。
どこに異変があるのか、さっと調べると、「感情」と恐れを溜め込む「Kidney」で反応。話を聞くと、あり恐怖症になったのには,大きな理由があったそう。
でも、クラスの中でその事をシェアーする気持ちにはなれず、その事を、さっきのセッションではヒーリングしないと行けない事として、彼女の顕在意識が出す事をブロックしていたため、一応フォビア(恐怖症)のセッションは終わったけど、根底にある恐怖症になったきっかけである出来事が癒されていなかったと言う訳。それで、マチルダは「言葉で話さなくてもいいから、最後に一度だけその出来事の事を考えてみてー」とTさんに言いTさんは感情も抑えきれなくなってウワーって泣き崩れていました。この過程はIHの流れの上でとても大切です。彼女の、その感情、それが起こった時のその状況、それをヒーリングしないと行けない事として、インプットする(サーキットに入れる)事が大切なのです。
その後は、すんなり一つのコレクションが選ばれて、さっさとセッションが終了しました。
そして、終わった後の彼女の顔!!!
さっきのフォビアのセッションが終わった後の比にならない、壮快な顔!!
マチルダがありを連れて来てみると、何ともなしに手に取ってじーっと見つめる彼女。
恐怖症はすっかり、すーっかり,消え去っていました。
マチルダは「Tさんは私の記録(フォビアを一回のセッションで100%治せる)を破ったわー。」なんて冗談で言ってたけど、今回のは結構特殊な状況だったと思う。クラスの皆に内容をシェアーしたくないという顕在意識が働いていた事が、一回では完全に100%にならなかった最大の原因だったと思う。(例え、カラダが100%と言った所で、そこにも、その人の顕在意識が入り込んでいた可能性があるし)なので、これは普通のプライベートなセッションでは起こるはずは無い事よーと言ってました。

次は、私が練習セッションとして教室でやってて面白かった事。

先ずは参加初日。わたしはAちゃんとMちゃんのダンスの発表会があったため講習会の基礎の部分は参加出来ませんでした。なので講習4日目からの参加。初日から参加している皆さんに、「こんにちはー初めましてー」と挨拶はしたけど、とてもじゃないけど、初めてお会いする人たちの顔と名前が全然分かってない状態でした。
そんな状態の日の最後のプロトコールで「インナーチャイルド」をやる事に。レクチャーの後、実習タイム。慣れた再受講の人と組もうかなーと見回してると,すかさず
「恵子さん、やりましょう!!」と新しい方が名前を呼んでくださりました。
「あー初めまして宜しくお願いします〜恵子です」「よろしくーkyoです」
何て言ってセッションを始めたのですが、講習では時間の関係で短いバージョンで練習している為、インナーチャイルドのプロトコールでやると決めてそれ以外に目標とかは設定しない事になってたので、私もそのやり方でやろうとしていたんだけど、Kyoさんのクラウンチャクラがうまく開きません。
なんでだろうーと言ってると、
「あーインナーチャイルドだったらこの事やろうと考えてたからかな?」
なんておっしゃるので、
「じゃあ、そのテーマでやりましょうー」と考えてこられてた事をお聞きしました。
「〜〜のテーマでインナーチャイルドでやります」、と宣言したら、今度はうまくチャクラが開きました。このチャクラを開けながらやっている事によって潜在意識の希望に添った方法かどうかを確かめながらIHセッションは進めていくのだけど、こうやってちょっとした事(いや、潜在意識にとっては全然ちょっとした事ではないため)でチャクラは頑として開かなかったりします。面白いですよね。
インナーチャイルドではスキャンリストから言葉を色々引いていき、その方のインナーチャイルドが訴えたかった事を読み取っていくのだけど、このときも、まさにまさにの言葉だとKyoさんは納得していました。
セッションが終わって、「恵子さん〜良かったわー。本当にすごく良かった〜。筋反射の取り方も良かったし、その人のホログラフィックに一緒に入ってやるという感覚がやっと分かったわ」と感激して言ってくれて、その感動が伝わって私はとても嬉しくなりました。
このkyoさんとの話はまた次回に続くのですが、後から考えると、インナーチャイルドの癒しでkyoさんが私を指名して来たのにも意味があるなーと思っています。
その事は、セッション事例とはちょっと離れた事になるので次の記事で!

さて、その他には。。。
砂糖をとりすぎている為に、砂糖をやめたいと訴えるEさん。色々質問して見えて来たのは楽しい気持ちになる為に砂糖を食べたくなるという心理。じゃあ、本当にすっごく楽しい事があった日は砂糖を食べたくなるかな?と聞くと、「あーならないかも。。。」と言う答え。そんなこんなで、その辺りの事が目標に設定されました。で、セッションそのものは結構シンプルな流れだったのだけど、コレクションで、Integrated Touch というカラダの中でそのストレスが存在していると感じる所にてを当ててヒーリングすると言う物があるのだけど、それが選ばれました。カラダのどこが変な感じがする?と聞くと片方の足の大腿部だと言う事で、そこにヒーリングしました。しばらくして、それが動いたと言うので動いた先にヒーリング。そして、また動いたと言う事で、動いた先にヒーリング。その後、なぜか筋反射がうまく取れなくなって、あれー何かなーと思いながら、色々見てても分からず、そしたら、(ヒーリング用の)レーザー当てたら良いみたいと分かり、全体的にレーザーを当てました。そしたら、すんなり筋反射が取れるようになり、ヒーリングは進み,無事最後まで行き着く事が出来ました。
終わった後にEさんが言う事には、手を当ててヒーリングした所は、このごろずっと痛みがあった所らしく、しばらく手を当てられていると、それが動くのが分かったとの事。ヘー面白いねーなんて言って、終わりました。
そして、翌日、Eさんが話しかけて来てくれました。
「ずっと患っていた足の痛みがあれ以来無いんです!やっぱり砂糖だったんですね〜!!あの時、実は最後足先に違和感が移動したのだけど、レーザーを当てられた瞬間それがすーっと消えてなくなったのです。なんであの時レーザー当てたんですか?」なんでと言われても、色々他の理由見ても反応がなくって、あーレーザー当てたら良いかもって思って、レーザーで見たらオッケイが出たんだったと思う。と言って、でも、本当にすごいねーなんて言って喜びました。
大変な思いしたセッションでもなかったし、教室でやる事セッションはフルセッションではないから、どうしても簡易バージョンになってしまう為、ヒーリング効果はどんなもんかと思っていたけど、ちゃんと効いてる事が分かりとても嬉しくなりました。

私がやってもらったセッションでは、
マチルダがデモをやるのに足の内側の筋肉の弱さを手の筋肉を調整する事によって(足には指一本触れずに)調整する事を示すのに呼んでくれました。なぜ、そんな事が出来るかというと、それこそがホログラフィックに働きかけているから。その人を木に例えると、その木が存在している森全体に働きかけて、その人の弱い部分を全体からヒーリングすると言う方法がホログラフィックに働きかけるやり方で、それこそがこのIHヒーリングのすごい所でもあります。
で、先ずは、「はい、足を45度斜めに挙げて〜」と言われて、挙げた足をマチルダがいとも簡単に押して足は45度をホールド出来ずにすぐさま下がってしまいました。
そして、手の筋肉で調整した後。。。「もう一度足挙げて〜」、マチルダから押されてもびくともしない足になっていたのです!効くのは分かっているけど、こうやって実感するとやっぱりすごいですよね。筋肉が強くなったのを体感として実感する訳ですから。
ホログラフィックに働きかけるっていう意味は分からなくても、これがそうなんだって、実感として分かると言う訳です。
ちなみに、他の人を使って、ホログラフィックでやらなかった場合をデモしてくれくれました。
そうすると、やっぱり、足はいつまでたっても強くはなりませんー。手に行うヒーリングで手は強くなるけど、足には行かないと言う訳です。
私たちは、目に見えない物をこうやって見えて初めて信じ始める事が出来るけども、世の中実はこんな事(目には見えないけど起こっている事)ばかりなんだろうな〜なんて思ったのでした。

ああ、他にも色々ありました〜。いっぱいのヒーリングの涙を見させてもらったし、沢山の良い経験をさせていただけました。

そうやってミニセッションと言えども、ホログラフィックで深い所を触るため、簡単な不調を経験する人も沢山いました。ヒーリングクライシスでは無く,統合が起こっている時の不調と言う感じなのですが、私も頭蓋の調整をしてもらっている途中から頭が痛くなり、終わった後も、しばらくは頭がいたかった事とかありました。
NYから帰って来てすぐの一日は完全に色んなヒーリングの統合期間だったようで、ここまで?と言う位、なんにもやる気が起きなかったし。(とは言っても、たまってた洗濯物、主婦不在の家の散らかりようをどうにかしないと行けなかったのだけど。)学校から帰って来た子供達と湖に散歩しにいったりして、リラックスを心がけた日を過ごしました。
でも、丸一日過ぎた後は、むくむくやる気がわいて来て、さらにパワーアップした感覚になっています。ちなみにこの統合期間は2時間とも2−3週間とも言われています。人によって違うと思うし、セッション内容によっても違うと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------------
さて、今月のセッションの空き日程です〜。
以下は日本在住の方向けの時間(朝か晩)を出していますが、アメリカ、カナダ在住で、日中の時間が都合がよいと言う方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。対応出来る時もあると思います〜。

アメリカメイン州12日9時=日本12日22時
アメリカメイン州12日21時=日本13日10時
アメリカメイン州14日9時=日本14日22時
アメリカメイン州16日21時=日本17日10時
アメリカメイン州18日9時=日本18日22時
アメリカメイン州21日9時=日本21日22時
アメリカメイン州22日9時=日本22日22時
アメリカメイン州22日21時=日本23日10時
アメリカメイン州25日21時=日本26日10時
アメリカメイン州26日21時=日本27日10時
アメリカメイン州28日21時=日本29日10時
アメリカメイン州29日21時=日本30日10時
アメリカメイン州30日21時=日本31日10時
アメリカメイン州31日9時=日本31日22時
アメリカメイン州31日21時=日本6月1日10時

☆☆お知らせ☆☆

6月末までのお申し込み(実際のセッションは7月以降でもかまいません)は、オープニング価格として60ドルとなっています。是非、この機会にインテグレイティッドヒーリングの力を借りて、ご自分に向き合われてみては如何でしょうか。遠方の方にはスカイプを使ってセッションしています。
keiko@purefoodpurebody.comまでお気軽にご連絡ください。

詳しくはPure Food Pure Bodyのホームページへ
(下の方が日本語になっています)
[PR]
by pineheath | 2012-05-10 01:27 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)