<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

支えあう事

今日は、朝一に子供を送り出してからジャズサイズ。
クラスが始まるぎりぎり前に、仲のいい友達が参加しに来ました。

その友達は海外からアメリカに来ているのだけど、つい最近、国でお父様が急に心臓発作を起こして亡くなったばかり。急いで飛行機とって駆けつけたけど、ここから自国に帰るのには飛行機だけでも20時間以上かかり、間に合いませんでした。
その後、何週間か自国に滞在して、こっちに戻ってきました。

異国で生きる事、大勢の親戚、家族とはなれて、自分の核家族で生きる事に対して、英語は完全で問題なくても、いつだって、彼女の心には大きな寂しさがあって、それでも、そこに蓋をしながら、どうにかこうにか頑張って生きていました。
父さんの突然の死があって、その時に国に帰り、多くの親戚、家族とあった事が引き金となって、今まで押さえていた親族を恋しく思う想いが溢れ出してしまって、ここに戻ってきたけど、すぐに涙が出てしまう心理状態で過ごしていました。

今日の朝は、そうやってやっとジャズサイズのクラスに顔を出した彼女、前を向こうとしているんだなーと、見てて嬉しかった。でも、気持ちを押さえている所があるのも、見ていて感じました。

クラスが終わる頃、一言声をかけて帰ろうと、彼女を見ると、急いで荷物をまとめて立ち去って行く姿が見えました。他の友人に、「彼女、どうした?」と聞くと、泣いていた、と。
あとで、電話してみるよ。と言って帰路についたのだけど、どうにも、そばにいってあげたい気持ちが沸き起こり、それと同時にそんな、突然訪ねて行ったら、どう思う?という思いもしたけど、どう思ったっていいじゃない?とにかく、何の役にも立たないかもしれないけど、わたしは、彼女を思っているよーって、一人じゃないよーって、伝えたいって思いが強く沸き起こりました。

とにかく、彼女の家に行ってみる事に。

行ってみると、車がとまってて、車の中をよく見ると、運転席に座ったまま泣き崩れている彼女がいました。
ウインドウガラスをノックすると、彼女はかなりびっくりしたけど、そこから、彼女の想いの内を話しはじめました。
ひとしきり、外で話して、そうしているうちに彼女の涙も止まってきて、そして、
「Keiko,ついてきてくれて、ありがとう。。。」って。
「家に上がって、ちょっとだけでもお茶飲もうよー」
と誘ってくれた彼女はちょっと元気になり始めてて。
お茶を飲みながら、お互いの生活の事、ここの地に生きる事、子供の事をまた話して。
最後には笑い話にもなって、彼女の顔にも笑顔がでてきました。
あ、これでとりあえずは大丈夫だな。と思いました。

私たちって、時に、自分一人では上がって来れない時がありますよね。今日は、びっくりされるのを顧みず、彼女の所に行って本当に良かったと思いました。
上がれないとき、誰かが、大丈夫って言ってくれるだけで、自分では到達できなかった気持ちにすっとなれたりしますよね。
私たちは、そうやって支えあって生きているんだと思います。
支える事で、誰かに笑顔が戻ると、きっと全体意識というか、みんなの意識共有体みたいな所が元気になって、だから、それで、わたし自身もさらに元気になる事が出来るのだと思う。

地獄と天国の話をどこかで読んだ事があるけど、地獄も、天国も、実は同じで、みんな長ーい箸を持っているんだって。
地獄では、自分で自分の長い箸で物を食べようとしてて、箸が長過ぎて自分で口に入れられなくてみんな苦しんでいる、天国では、ほかの人の口に食べ物を入れてあげて、誰かが自分の口にも食べ物を入れてくれている、だから皆仲良くて、幸せだって。
食べ物を口に入れてほしい人が周りにいたら喜んでいれてあげたいなー。そんな事を思った午前中でした。


さて、今週水曜日からNYです。24日はマンハッタンのCRSでのイベントにミニセッションするプラクティショナーとして参加させて頂きます。こちらは、満席になったようです。
25日はi-healingの亜沙美さん主催(亜沙美さんのブログ「タロットは女の子の占いじゃないぞ」)のイベントでタロットリーダーとして参加します。
タロットは、決めたいけど決まらない事を決めるのにとても頼りになる相談相手です。数年前のわたしは、タロットなんて信じれるわけない〜!って思っていたけど、IHをやるようになって、一見目に見えない事が言葉として選ばれる事が当たり前になって、タロットはその延長線上の事でしかないって事が分かってくると、当然、タロットでは潜在意識の事が出てるに決まっているじゃん〜!!って思うようになりました。
IHのセッションでも、ヒーリングのリストの中にタロットがあるので、それが選ばれた時にはタロットをさせて頂いています。
サイキックの友達に「タロットって、すごいよねー!!」と興奮してはなしたら、「そんなの自分が見えてないと思っているだけで、私たちは無意識に何でも分かってて、そのカードを絵を見てなくてもそれだと無意識で分かって引いているんだから〜!!当然なんだよ!!」と言われました。
何かの問題に対して、過去とかドンピシャであたっているし、出てきたカードを見ると、たしかに納得だったりするんです。タロット、頼りになります。
以下はイベントについて亜沙美さんのホームページから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タロットリーディング&チャネリング・ナイト with キネシオロジー
@ Core Center NY #7
4:00 pm – 7:00 pm

お申し込みはこちら
 
2012年は大変化の年。今までと同じ生き方では到底追いつかない。
時代の流れにちゃんとついて行ってますか?
さて、来る10月25日(木)みなさんがスムーズに2013年に移行出来るように、i-healingのオフィスにてタロット&チャネリング・ナイトを開催します。
午後4時から午後7時の間、お好きな時間にお越し下さい。先着順に白木原雪乃氏による、『噂』のタロットチャネリングと、i-healingから昨年誕生したタロットリーダによる、カードリーディングを受け放題!(*当日の空き具合にもよりますが、最低チャネリング一回、リーディング20分は確保されます)
仕事のこと、人生のこと、家庭のこと、あるいは人間関係のこと。
今あなたが行き詰まってしまっていること、あるいは将来を決めかねていること。そんなモヤモヤを一度に解決してしまいませんか?
チャネリングは、今ある問題に対して、キネシオロジーにより、アドバイザー(タロットのカード)を選び、そのアドバイザーにチャネリングを行い、あなたの質問にはじから答えを出します。
また、その後、さらに念入りにリーディングを行うことにより、より深い考察やアドバイスを受けて帰ることが出来ます。
もしタロットがまだ『占い』だと思ってる方がいたら、このイベントであなたの常識が覆されます!
タロットは、自分の『意識』と『潜在意識』のギャップを知るのに最高のツールです。出たカードにより、『運命が定められる』といったたぐいのものではなく、そのカードから、自分の潜在意識が必要なメッセー
ジやヒントを受ける・・といった感じです。
そして、私たちの取り入れている技法は、白か黒、YESかNOではなく、問題に滞りがある場合、それをどのように解決出来るかを共に考えてゆく、コンサルティング・ツールとしてのタロットリーディングです。 最近男性にも好評ですよ。ぜひみなさまでお越し下さい!!
お申し込みはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イベントのあとは、タロットとのワークをもっと深めるための学び、そして、ミニキネシ講習会を開けるようになるための学びをしてきます。
我が家は母不在の10日間を過ごすための準備期間に入っています〜♪

11/6日以降、通常のセッションが出来る体制に戻ります。どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by pineheath | 2012-10-23 02:52 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

ウェイトウオッチャーを手放す

今日も ヘルスセッションでした。3ヶ月コースに申し込んでくれていたクライアントさんの最後のセッション。
とっても嬉しい話をしてくれました。
彼女は家をもっと快適にするために、模様替えしていたのだけど、そんな時に大事にしまい込んでいたweight watcher(ウエイトウオッチャー;アメリカで有名なダイエットプログラム。)の教材(?)一式が出てきたそう。彼女はこのプログラムで大幅にやせて、その後さらに大幅に増量した経験がありました。
今までは、いつかはまたこのプログラムに戻るかも、と思いながら、大事にとってあった教材だったようでした。でも、「Keiko, わたし、今回この教材を見つけて、『もう、これは私にはいらない。』と、手放す事が出来て、リサイクル用の袋に入れたのよ。」
たしかにダイエットに関する知識は大切でもあります。実際わたしのプログラムでもホリスティックな観点から栄養の話はして行きます。
でも、それで頭の中をがんじがらめに縛り付けられると、何を自分はおいしいと思っているのか、満足しているのかさえも分からなくなってきます。
ウェイトヲッチャーは知識としては正しいけども、それにがんじがらめになると、私たちが動物で、自分と繋がる事で必要なものを自分の感覚で分かるようになれる、という事をまったく信頼できなくなると思います。

わたしとの3ヶ月コース前には、彼女の中で悪い食べ物だった”ベーグル”だって、最近の彼女は適度な量を充分味わって、幸せに食べれるようになりました。
ベーグル売っているベーカリーで働いている彼女にとって、ほんとうは大好きだけど、悪と思ってしまっていたベーグルを毎日作る事、売る事、お客さんがおいしそうに食べるのを見る事は、どんなにしんどい事だっただろうと思います。
そして、食べたらいけないものだっただけに、一個食べてしまったら、もう罪悪感と、自分が嫌になる想いと、それでも、久々に食べて、またいつ食べれるか分からない(自分で自分に食べる事を禁止しているため)な複雑な思考が始まって、気がついたら、おなかがはち切れそうになるまで、その日中ベーグルを食べ続ける、という事が以前の常だった彼女。
今は、ベーカリーでのランチタイムに半分のベーグルを楽しんでスープと一緒に食べるそう。食べて満足して、食べ終わって満足して、仕事にすっきり戻ることが出来るという事です。

そうやって、自分としっかり繋がって、それ以外の宿題のワークを色々やってくれる事によって自分の価値を自分が見てあげる事で、彼女の中で自分へのconnectionが強まり、そして、おもしろい事には、少々のストレスに対して、どっぷりはまり込まなくて済む状態になれている事です。
少々のストレスとわたしは書いたけど、実際、「考えられないくらいのストレス」と彼女は表現していました。
でも、考えられないくらいのストレスを浴びていても、すっきりして、自分の中心はここにある感覚が今の彼女にはあると思う。

「life change」という言葉を彼女は使ってくれました。

誰かの人生をいい方向にシフトする手伝いが出来るのがこの上なく幸せです。でも、考えてみると、これって、実はどの仕事だってそうですよね。わたしのように、ヘルスセッション、IHセッション、クッキングクラスと直接的に人に関わっていると、その喜びを共有させて頂けるチャンスが多くて、わたしにはそれが向いていて、嬉しいのですが、どのお仕事も、その先端には人の笑顔があるのだと思います。
主人のように研究者だって何かの研究が最後には人に役立って命が助かったりする事があったりして、大きな喜びがそこには生まれたりしているのだし。家庭の主婦だって、身近な所から幸せを作って行く仕事だしね。
でも、幸せを作らなきゃ〜。って義務に思う必要は全然ないと思うのですよね。自分がワクワクする事を突き詰めたら、それはきっとどんな形でか人の役に立っているのではないのかなーと。だって、自分が幸せでないと、幸せの循環が起こる訳ないと思う。
っと、また話がズレたけど、イメージとしては自分もしっかりしあわせの和に入ってて、ワクワクを自分から発信していく感じでしょうかね。
それには、自分がきちんと自分とつながれてて信頼できていないとかなーと思います。
という事で、今日の彼女は、幸せの循環が出来る準備が整ってる感じでした♪

彼女は、これからは、ヘルスセッションとIHセッションを交互に1ヶ月に一回のペースで受けて行きたいという事でした。
すごくいい流れだと思います。
ヘルスセッション、IHセッション両方の良さを感じてくれていることもとても嬉しい事でした。
[PR]
by pineheath | 2012-10-19 00:44 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

ヘルスカウンセリング 1:1クッキング

今日は、ヘルスカウンセリングのクライアントさんと、スーパで待ち合わせして、一緒に買い物をして、彼女の家に行って一緒にご飯を作りました。
それは、彼女にとって、自分にご飯を作るという事が、何ともおっくうな事で、いつも、野菜と言えば先週はブロッコリーを食べたわーとか、そんな感じで、ドかーんとキャセロール(生クリーム、チーズいっぱい)系のものは作るけど、それにしたって、沢山作りすぎて、3日目には見るのも嫌になって、捨ててしまうとか。
とにかく彼女にとって、自分にヘルシーなものを作る事って言うのが、相当なネックになっていました。いくら、卓上で説明しても、シンプルでもいいから、沢山野菜食べようよ、といっても、作る気にならないのです。作っても楽しめない、ってかんじでした。
この心理をもっと読み解いてみると、彼女は誰かのために作るのなら、結構楽しめて作れるのだけど、自分のために作るという所になるとやる気がなくなって、沢山作りすぎたものを、見るのも嫌になるという事らしい。
料理は、愛情です。
彼女の場合は、自分に対する愛情が持てない事がずっとに奥底のテーマとしてあるのだけど、その事は、ありとあらゆる彼女の生活に影響してて、料理などは、その大きな事で、自分に対して愛情を表現する事=自分への料理が楽しめないのです。
それにくわえて、2つ以上の野菜があった時に、どのように扱ったらいいのか分からない。というのも、実際的な所でハードルでした。
自己愛については、結局IHで扱うしかないなーと思ってて、それは数回あとのセッションでIHをやりましょうと言ってあるけど、今日は、野菜があったら、なんか、ざーっと作れる感覚を感じてもらいたくて行った1:1レクチャーでした。

スーパーで待ち合わせして、一緒に店の中を回りました。一人暮らしの一週間くらいの材料を買うという事で、買ったものは
ケール(巨大な束)
人参
ブロッコリー
赤ピーマン
アボガド
マッシュルーム
サラダミックス
タマネギ
カリフラワー
ニンニク、ショウガ
バナナ
レモン
メープルシロップ
チキン(骨付き)

家から差し入れで、玄米、カレー&スパイスミックス、味噌、わかめを持って行っていました。


時間節約のために、圧力鍋は持って行ってたけど、あとのものは基本的に彼女のを使うことにしてたのだけど、まず、ナイフがフルーツカット用の小さいナイフしかなくって、野菜をカットするが自宅で料理する時よりおおいに大変でした。
彼女も、その事は感じたようで、「これは充分エクササイズねー。」なんて言ってました。「もう今日はジムに行かないわ、もう充分エクササイズしたから!!」なんて言って笑いながら、料理したけど、
思うのは、料理に関しては、やはり、道具は道具です。小さいナイフじゃなくて大きなナイフがあればその分仕事は楽になる。
フードプロセッサーはそれだけの価値があるし、ハンドブレンダーだって、あったらその分楽になって行く。圧力鍋だってそうですよね。
毎日、シンプルに作るのには、たいして道具はいらないけども、時にはポタージュだって食べたいし、コロッケだって食べたいし、と、それなりにバラエティーをつけて、毎日、忙しい生活ながらも、おいしく健康的なものを家庭で食べようと思っていたら、ある程度の道具がないと、フットワーク軽く作れないと思うのです。
それは私が料理は1時間以内で作りたい、それでもおいしいものを食べたい、と思うせいなのかも知れませんが。
昔は、料理に何時間もかけていました。でも、今は、いかに時間に料理をしてもらうか(要は、つけ込んでおいたり、発酵させたり、仕込みだけしといたら、おいしくなる方法)
そして、実際キッチンにたっている時間がいかに少なくて済むか、って事が、わたしには必要になっています。それは、ライフスタイルによって大きく違う事だと思うので、それぞれの選択だと思うけど、野菜どんどん切れる包丁はあってもいいかもしれませんねー。
さてさて、
今日は、大きな圧力鍋を利用して、大量に野菜の入ったチキンスープを作り、それを、3つの鍋に分けて、一つはシンプルに、一つはトマト、ショウガも入れてとろみもつけてカレーに、一つはワカメも入れてみそ汁に、と3種類のスープ系の料理に。
あとはケールのニンニクソテー、(ケールは硬いけども、ソテーしたあと、少しの水を足して蓋をして蒸す事ですごく柔らかくておいしくなります。)
ブロッコリー、芋と、人参とタマネギの甘い温野菜サラダ、
玄米
を一緒に作りました。
色々説明しながらやったにしても、ほぼ1時間で作れたのでオッケイだったでしょう。クライアントさんは、横から味見して、うん、おいしい〜!と言ってくれてたので、味の方にも満足したようです。
一人で生きている彼女、精神的にキツい事だっていっぱいあるでしょう、帰り際に、「Keiko」と呼び止める彼女が言った事は、「時々、泣きたい時があるの、そんな時は電話して泣いてもいいかしら」と。
「今、泣きたい気持ち?」と聞くと、「今は、そんな気分じゃないわ〜!!」と作ったカレー&玄米をランチ用に手に持って、笑顔で仕事に出かけて行きました。

ヘルスカウンセラーとして、出来る事って、クライアントさんの今この時点をよりよい次元にシフトさせる事なのかな、と思います。そのより良い次元をこの瞬間に感じる事が出来たら、それを維持したいと思う想いを強く持ち、そのために次の一歩は自分が行動する事が必要だったりします。
今日の彼女も、次の一歩は自分が踏み出さないと行けません。どっち方向に踏み出すのも自分次第ですね。時に間違った方向に足が向いてもそれでもいいから、なるだけ嬉しい気持ちになる自分の方向に足が向いてくれたらいいなーと、心から思います。
[PR]
by pineheath | 2012-10-18 03:25 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

IH セッション セッション事例 肌荒れの原因

とても興味深いセッションで、セッション事例の許可を頂けたので、事例とその後頂いた感想をシェアーしたいと思います。

皮膚の事で悩んでいらっしゃるRさんのセッションでした。
Rさんは、私からセッションを受けるのは2度目でした。

1度目の時にも皮膚の事はテーマにあがっていたのだけど、その時は選ばれず、今回は皮膚の事が選ばれました。吹き出物を気にしないと行けない生活にストレスを感じていて、お酒を飲むと熱を持って赤くなったりする状態。化粧品なども自然派の物で、食生活にも気をつけて、出来る事はやっているつもりだけど、改善しないという悩みをお持ちでした。
何か、食品であわない物があるのでしょうかー?と、おっしゃっていたのだけど、そう言うのも分かるかもしれませんね、とりあえず始めて行きましょうーと、セッションを進めて行きました。
最初に出てきた言葉が、
MY inhalation process works in freedom.
意訳すると、自由に息を吸える、というような事。この言葉について、どう思うか聞いてみると、
Rさんは、「私、呼吸が苦手なんですよ。。。」と。

なんでも、呼吸しないと行けないと言われると、しんどいなと思ってしまうそう。特に吸うというのが何とも苦手らしいのです。
でも、呼吸のワークなどに行って、強制的(?)に呼吸をしないと行けない状況だと、その後やはり肌の状態が良くなっている、という事があるそうです。前にも、呼吸する事が肌には大切だって言われた事があるという事でした。
「でも、なんで、呼吸が苦手なのか分からないんですよね。」というRさん。
そこで、また、言葉を引きました。

I release all sibling pressure around my body size.
私の兄弟からのbody sizeに関するプレッシャーを解き放ちます。
というもの。

この出てくる言葉というのは、時に抽象的で、この事から、何が読み取れるのかをクライアントさんに聞いて行きます。
ご兄弟は?と聞くとお兄さんがいるという事で、お兄さんからのプレシャーって何かありますか?とお聞きしたら、
「以前、違うプラクティショナーからのIHセッションで『不公平な愛』というので、兄の事が出てきた事があります。」とのこと。
なんでも、お母さんがお兄さんの方に優しく、なぜと思っていた記憶があるそうです。そして、お兄さんは今は、もういないものと自分の中で思っている状態だと。
my body sizeに関しては、Rさんは特には身体的なサイズの事でお悩みでは無いようで、このセッション中には、はっきり何を指しているか分からない状態でした。(もしかしたら、後に、あの事かな、というのがあったりするかもしれません)

そんな事を話していたら、Rさんがぽろっと、
「ぜんそく持ちの兄で、だから母が優しかったのだけど。。。」と。

「ぜんそくって、呼吸ですよね。。。?」

「あ、私も、今、ぜんそくって言って、あ、呼吸だーって、思いました。。。私、なんで、ぜんそくって言葉言ったのだろう、兄がぜんそくだったなんて、ここ10年考えた事もなかったのに。」

私たちがセッションに入っていると、ぽろっと、これかなと思う事が浮かんだりする事があります。これは、クライアントさんのサーキットに入ってその中でヒーリングを起こしているからで、IHのプラクティショナーはよくそう言うことを言います。
もちろん、私の方で、これかなーと思った事が出た時には、筋反射で確認して、合っていたら言葉にだしてクライアントさんに伝えるのですが、今回の場合は、Rさんの方に必要な情報がきちんと出てきた感じでした。

どうやら、調べてみると、Rさんは、お兄さんがぜんそくを持っているが故にお母さんから優しくされている事に対して、複雑な想いを持っていたようです。
そして、自分も、ぜんそくでもないのに息を吸うという事が難しくなってしまったみたいです。
年齢退行では16、7、8歳頃というのが出て、どうやら、その時に決定的にお兄さんの事が嫌いになった出来事もあったそうです。

My lungs are able to fill to maximum capacity.
私の肺はめいいっぱい空気を吸えます)という言葉も出てきて、空気を吸う事が必要なんですねーと話してて、
で、お兄さんの事が好きじゃないという方向で話されていたので、そうなんですねーと話を進めていたのですが、
次に引いた言葉が(今回は沢山引きました。)

I am totally supported and protected at all times.
(私は、いつだって完全に支えられていて、守られています。)

という言葉。これは、誰から?というので見てみると、どうやら、お兄さんから、Rさんは支えられていて、守られていると出るのです。
お兄さんの事を嫌いだという話だしな、、、と思いながら、
そこら辺を聞いてみると、
「実は、そうなのです。。。私の兄は今でも、私の事をすごく大切に思ってくれているのです。私が一方的に嫌っているんです。」と。
そして、

It is safe for me to let go of all trauma held in my Highest self.
私のハイヤーセルフにあるトラウマを手放す事は私にとって安全です)
という言葉。

Rさんが言う事には、「私、そう言えば、兄の事が大好きだったんだった。。。」と。

お兄さんの事が大好きだったが故に、お兄さんのぜんそくに対してお母さんが優しくてうらやましいという思いもあるけど、お兄さんがかわいそうって気持ちも合っただろうし、そこら辺から息をうまく吸えなくなって、そして、お兄さんが一時期冷たくRさんにあたってしまった事から、お兄さんの事を大好きだっただけに、余計ショックが大きくて大嫌いになってしまった事、そのもつれた気持ちから息はきちんと吸えないままになってしまっていたようでした。

毎回セッションは流れを予想なんて出来ないけど、今回もまたそうなんだー!と謎解きをしているようなセッションでした。

Rさんの目標は、お兄さんとの事、そして、呼吸の事、さらには皮膚の事が入った目標になりました。

プロトコールではブループリントが出ました。
潜在意識は、Rさんに、生まれてくる時にこんな人生にしようと計画していた「青写真」とズレてしまってますよ〜と言っているのです。それを元に戻す調整をしました。

修正ではTMJという顎関節の修正が出たりして、私はなんでかな?と思ったのだけど、それにもちゃんと理由があったようでした。
顎関節は大腰筋と関係してて、大腰筋は腎臓に関係しているのだけど、Rさんは、噛み合わせも悪く、腎臓が弱いという事でした。それも、あとから頂いたメールによると、腎臓を悪くしたのは、お兄さんがぜんそくで悪かった時だったそうです。

最後にサポートで出たのは、オレンジカルサイト。これを腎臓に当てるという事でした。
今回のセッションは、言葉も沢山引く事になったし、Rさんの潜在意識と会話しながら進んで行っている感かくが大きかったです。おもしろいようにすべてが繋がってて、興味深かったです。

以下は、セッション後に頂いたRさんからのメールです。Rさん、事例掲載の許可、感想をシェアーさせてくださってほんとうにありがとうございます!!
ーーーーーーーーーーーーーーー
恵子さん
 
丁寧~なセッションノートありがとうございます!!
本当に急な申し込みに関わらず快く受けてくださってありがとうございました。
ブログへの掲載もどうぞどうぞ~♪
 
毎回IHは面白いですが、今回は、全て思い当たることばかりで、でもまさかそこが原因、とか、それで解決?ってことばかりで、難しく考えがちだけど、一番シンプルなところに答えはあるのかな~と思いました・・。
 
私は昔から呼吸が苦手だったんですけど、苦手、と自覚しだしたのは最近で、どれだけスピリチュアルが好きで、ワークへ行ったり瞑想したりってことは全然負担に感じなくても、本とかに、深呼吸をする、とか出てくると、それは無理、と思って飛ばしてたんですよね。
 
喘息ってぽろって出たのも、あの時必要な情報だったからなんでしょうね。
私自身が兄が喘息だったって過去も忘れてましたし、別にそれで嫉妬したり、罪悪感を持ったりって覚えてなかったです。
でも今思い出してみると、兄が喘息で、母親がつきっきりになってたときに、私も体が弱くなりたい、と思ったのを思い出しました。
それで、腎臓で入院したんです。
もちろんわざとではないですけど、私の潜在意識は自分を病気にすれば母親を独り占めに出来ると思ったんだと思います。 
 
あれから、深呼吸苦手意識が減って、気づいたときには呼吸するようになりました!
そして、まだ生理がきてないにも関わらず、にきび跡は変わらないですが、他の場所がどんどん透明感出てきたんですよ!
びっくり~。
生理前に肌が好転するなんてそうそうないんですけど・・。
しかも人にも、2日続けて、褒められたんですよ。 
深呼吸あなどれませんね。 
 
後、顎調整も、歯のかみ合わせが昔から悪くて、何度か調整してもらってて、自分でも調整するコースを取って出来るようになったんです。
でもそれはそれで、やりすぎた気がしてかみ合わせがきつすぎる気がしてたんですよね。
だから、どうやってゆるめるんだろう?って気になってたので、出てきてくれて、やった~って思いましたw 
 
IHでは、毎回セッションで出たことが、次回のセッションで引き続き関係あることが出てくることが多いんです。
私の潜在意識はぶれないけど、元々一杯したら効果があるって思うほうなので、一個のテーマで何回も出てきちゃうのかな~とも思います。
 
でも前回恵子さんにセッションを申し込んだときにも、テーマ選びのときに、肌荒れか、恋愛パターンか、と話していたら、その時は恋愛パターンが選ばれて、肌荒れが出来なかったので、出来て嬉しかったですし、体のことがテーマに出来たってことは、感情は大分癒されてきたのかな、とも思いました。
 
とにかく楽しかったです。
また急に思い立って申し込むかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。
本当にありがとうございました! 



ーーーーーーーーーーー
Rさんがセッションが終わった時にもおっしゃっていたけど、「私の潜在意識はぶれないって事が分かりました」と。他のプラクティショナーのかたから受けたセッションと今回のセッションとで同じような事が出てきて、今回はその前回の続きみたいな形になっていたようです。
思い立って急遽申し込みをしてくれて、私もちょうど空いていて、セッションが出来たので良かったです。メールを頂いてから、1時間後にセッションスタートという流れでした。
Rさんと、お兄さんとの関係がこれからどんな感じになるかも楽しみです♪ 
[PR]
by pineheath | 2012-10-17 12:54 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IH セッション セッション回数

IHセッションを何回受ければいいのかというご質問があったりします。

その時には、ひとつひとつセッションでやったことはそれで完結であることをお伝えしています。例えば、持ってきてくださったテーマから目標を設定して、そこに向けてセッションが進むのですが、その中で、一番そのとき必要とされているヒーリングが選ばれてきます。セッションによってはディーププロとコールと言われるもの(インナーチャイルドを癒すこと、扁桃体のネガティブな記憶の除去、自己制限の信じ込みの解除、などなど)が選ばれて、最初にできた目標を達成するために、その下に隠れている問題が浮き彫りになってきて、そこへの目標を入れた上で、先ほどの目標を入れるという流れになります。
具体的な例としては、どうしても甘いものが止められないということがあって、そのことに悩んでいるとします。で、それを探って行くと寂しさがあると食べてしまうということが分かり、そのことに対してその方がしっくり来る目標を見つけます。
そして、ヒーリングを進めると、インナーチャイルドに行ったりして、子供時代に受けた傷が原因で寂しさを手放せないということが分かってきたりします。
で、このときの1回のセッションで完結できることは、子供時代に傷ついたインナーチャイルドを癒し、そこから来る寂しさを手放すということ。そこの根本の所を癒した結果、今までだったら甘いものに走ってしまうような場面でも食べずにいられるようになるという流れです。それと共に、そのインナーチャイルドが原因となっていた、甘いものへの執着と言う結果以外のことも改善したりします。それは、本人にとっては思いがけないことだったりする訳ですが。

これは、マチルダが例えで使っていたことだけど、
T-シャツをつまんで引っ張ると沢山ラインができますよね?そのラインの先が自分が感じている不調だったり、ストレスだったりする訳です。1回のIHですることは、そのつまんでいる手を離す作業のようなものです。それによって、ストレスとなっていた皺は消えます。

ただ、ですね。人はたった一つだけつまんでいる所がある訳ではないので、つまんでいる所のしたに、さらにつまんでいる所があり、さらにつまんでいる所があり。。。と複雑に色んなものにしがみ付いて生きて来ているので、一つのつまんでいる所を手放したことによって、改善はもちろんするけど、下につまんでいる所の影響で同じような所に、皺が寄るということがあります。
それはもちろん出てくるべき、ヒーリングすべき新たな課題があるからストレスや痛みなどの症状として出てくるのです。

なので,最初の質問、何回受ければいいのか、というのに答えはありません。それは、私は一体いくつのことを抱えているのでしょう?という質問と等しいのかもしれません。

セッションを受けられて、すごい勢いで下にあった感情があがってくる方もいるし、じわじわとあがってくる方もいます。
また、セッションそのものも、下の方にあったであろう物がごそっと最初に取れて、その後のセッションで細かいことがあがってくる場合もあります。

10回セッションに申し込んでくださっている方には、統合期間である3週間位を空けて次のセッションの予定を入れるようにしています。その頃に、どうですか?と連絡すると、ちょうどいいタイミングでしたーとおっしゃることが多いです。でも、これは3週間以上開けたら駄目だという訳でもなく、3週間は開けた方がいいということなので、もしそれ以上開けた方が良ければそれはそれで大丈夫です。セッションが必要だと思うことが出てきた時がセッション時なのです。

今日は、10回のセッション中、5回が終わったクライアントさんがくださったメールの紹介です。

回が進むに連れて、ご本人が、もう”解決”しているつもりだったことが出てくるようになりました。
私たちは、意外と顕在意識でもう、これはすんだこと!!と片付けていることでも、しっかり潜在意識では解決できていないことって多いのだなーと。
ブログでの掲載を許可してくださって、Tさん、心よりありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IHのほうも、自分がどう変わってきたのか、また一度振り返ってみたいなと思います。最初にIHをお願いしたときから、かなりやってみたいセッションの内容が変わってきたこと、また変わっていない部分など見つめ直してみようと思っています。多分、今までのセッションを通して一番大きな気づきは、マインドの重要さというか、いかにマインドが自分(その自分をマインド無しでどう定義していたのか定かではありませんが)にたいして大きな影響力を与えていたのか、思い込みが自分が考えていたより遙かに強力なものであるか、という事だと思います。今まで顕在意識が認知出来る範囲内で自分をかなり狭く定義していた気がするのですが、自分という存在もしくは自分という意識(?)はもっと広義・広範囲なものなのかなと思い始めています。まだまだ、これに関してははっきりとした自分の答えは出ていないのですが、それを踏まえた上で自分を客観的に見ようと意識できるようになったことは、自分の中で大きな進歩です:)

初めてセッションをして頂いたのが恵子さんで、すごくラッキーだったなと巡り合わせに感謝しています。どうぞ、これからもよろしくお願いします:)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その次のメールです。ヘルスカウンセリング(初回無料のホリスティックでエナジーアップ)を体験されたことが最初に書いてあることです☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今夜は、食事などに関するヘルスカウンセリングをして頂いてありがとうございました。自分だけでは、どこまでしっかりやらなくては効果が出ないのか、何が基本的に守るべきルールなのかが今いちよく分からず、いつも混乱していたのですが、恵子さんに色々と説明して頂いて、自分の出来る範囲ですこしずつやっていこうと思えました。

今日のセッションの前に、恵子さんに会う前のことを考えていて、心や生活のバランスが上手く取れなくて、堂々巡りだった日々を少し思い返していました。私の場合、こころの不調はいつも悪夢という形で現れるのですが、その感情がいつもリアルで起きたときにかなりその感情を引きずり、上手く切り替えが出来ないことが悩みでした(それに、あまりにも辛い感情の時は、夢に戻ってなんとか結末(?)を変えようとして、さらなる悪夢を見るという堂々巡りのときもありました)。他人から見れば「たかが夢」なのですが、だからこそ夢に振り回されてしまう自分や、眠れなくなったり・逆に眠りすぎてしまう自分が嫌で嫌で仕方ありませんでした。今は、そうしたサイクルにはまりそうになっても気持ちの切り替えがかなり上手くなってきましたし、引きずらなくなってきたと思います。その辛かった昔が今年の五月のことだというのは、全く実感が無くて、かなり昔のことのようです。こうした変化は恵子さんのセッションなしではあり得なかったですし、初回からかなり奇抜(だったと思うのですが、どうでしょうか?)なことを言っていた私をジャッジせず受け入れて下さって、嬉しかったです:)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どなたに対しても、奇抜だとか、思うことは決してありません〜。私たちは、それぞれユニークで、それでいて、同じ人間と言う存在なのだと思います。それぞれの人が抱えている痛みのポイントは違ったりしますが、それ一つ一つを取り除けて行けたら、同じ境地に立てるのかなーなどと思えています。

何だって、問題を手放せた後には、私たちは、私って、そんなことで悩んでいたんだっけ〜??と思えたりしますよね。あの時にはそのことに、苦しんでいたのに。。。心がそのことについてニュートラルに戻っているから、そんな中立な立場で見れるようになったのですよね。

これからも、Tさんの心の旅に伴走させて頂けることを心から感謝します♪
[PR]
by pineheath | 2012-10-06 01:39 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IIN (institute for integrative nutrition) 奨学金情報

私の卒業したホリスティック栄養学校が大規模な奨学金を出します。
いつものごとく、募集期限は短いですが,もしご興味が在る方がいたらこれはあんまりないチャンスなので、かなりお得です。
一人につき合計$1500の奨学金がでるそうです。
申し込み期限は、今日から、アメリカ時間の10/5/12 夕方5時までです。ご興味がある方は、詳細を送りますので、
keiko♥purefoodpurebody.com (♥を@に変えて)まで『IIN奨学金』としてメールしてください。

食事やライフスタイルによって40パーセントの癌患者が減るというニュースを British Journal of Cancerという雑誌に論文が出た事からCBS が取り上げてました。

要は4つの事

poor diet  食事
inactivity 運動不足
stress   ストレス
exposure to carcinogens like pollution and cigarette smoke 
汚染、タバコなどから発がん物質を受ける事

が大きく影響しているようです。今回のIINの奨学金も乳がん撲滅月間という事での貢献のようです。
今日より明日、少しでも自分に良い事取り入れていきましょう☆☆☆
[PR]
by pineheath | 2012-10-04 05:15 | IIN 奨学金情報 | Trackback | Comments(0)

開運女子会 in NY

イベントのお知らせです〜☆☆

Peacelinkの雪乃さんが主催でNYで開運女子会を開きます☆
これは、日本で数回行われていて、その好評ぶりから、NYでの開催が決まったもの♪
「生き方の指針を見つける」女子会ということで、今回は、“世の中を良くする魔法を使うような魔女”に変身するためのヒントを見つける、「魔女のお茶会」というハロウィーン前にふさわしい(?)テーマ。

特に、参加者一人一人に行ってくれる、ヒプノセラピストでもある雪乃さんのタロットチャネリングは素晴らしいそうです。NYでの開催なので、みなさん〜!とは行かないかもしれないけど、近辺の方はぜひぜひ!!

私も、ミニキネシオロジーセッションをさせて頂くプラクティショナーとして、当日参加させて頂きます♪

ヒーリング料理人のお茶とスイーツがついて、お土産にペンジュラムももらえて、タロットとキネシのだぶるセッションが受けられる、そんな魅力なイベントです!


では、以下は雪乃さんのホームページからのコピペですが、イベントの詳細です〜!

<<開運女子会in NY>>


~魔女のお茶会~

湯島食堂で好評だった「生き方の指針を見つける」女子会をNYで再現!
今回は、“世の中を良くする魔法を使うような魔女”に変身するためのヒントを見つける、「魔女のお茶会」がテーマです。タロットとキネシオロジーを使って、お一人さまずつにメッセージをお伝えします。


☆パワーストーンの振り子のお土産付き♪



日時:10月24日(水)*ご予約をお願いします。
予約制:申込締切 10月22日(月)
お申込み先:info@peacelink8.com
もしくは、アメブロ、FBから白木原雪乃へメッセージにて、お名前・ご連絡電話番号・メールアドレスをお送りください。

会場:CRS 
https://maps.google.co.jp/maps?oe=UTF-8&ie=UTF-8&q=123+4th+Ave,+2nd+FL++%09New+York,+NY++10003&fb=1&gl=jp&hq=123+4th+Ave,+2nd+FL%0D%0A%09New+York,+NY++10003&ei=dxVrUOLCMe7KmgW7mYCQCQ&ved=0CHYQtgM
住所:123 4th Ave, 2nd FL  New York, NY 10003

受付開始:13:13
女子会開始時間:13:33~15:33 
参加費:$60 *スィーツ&お茶 パワーストーン振り子お土産付き
支払方法:現地にて「現金払いのみ」にてお願いします。
(クレジットカードや小切手ではお支払いいただけませんのでご注意ください。) 
定員:先着13名 ご予約制







★この魔女会に参加すると・・・
その1:運気上昇開運デザート、浄化を促すデトックスティーつき

その2:パワーストーンのペンジュラム(振り子)をもれなくプレセント!
その3:タロットとキネシオロジーの両方のWセッションが受けられる
その4:世界に貢献できる人生を生きるヒントがもらえる




●タロットとキネシオロジーのWセッション!


*雪乃のタロットチャネリング:
あなたの能力や才能を生かして人生を生きるためのヒントをタロットの精霊とコンタクトをしてメッセージをお伝えします。
タロットカードの大アルカナの22枚のカード。そのカードにはそれぞれ主要なメッセンジャーが描かれています。今のあなたに必要なメッセンジャーを1枚選び、そのメッセンジャーとの会話を通してあなたに気づきをもたらします。普通のタロットカード占いではもたらされないパーソナルなメッセージがきっとあるはず。一人あたりの所要時間約5分



*キネシオロジーセッション:
キネシオロジーを使って、タロットで出てきたメッセージをさらに深めるためのアドバイスやそのためのパワーを十分にだすためのヒーリングなどキネシオロジーを使ってミニセッションをしていきます。Asami,、Keiko、Hiromiのいずれかのキネシオロジストが担当します。一人あたりの所要時間約10~15分
 


ヒーリング料理人、本道佳子さんのスイーツ&お茶を堪能

運気上昇開運デザート、丁寧に作られた無農薬の美味しいお茶で細胞の中から運気上昇。身体と心にやさしい開運デザート、浄化を促すデトックスティー付き



**あなたへのメッセージをお渡しするメンバーは以下の4名、そして
スイーツはヒーリング料理人の本道シェフの開運魔女スイーツです。
白木原雪乃(しらきはら ゆきの)
キネシオロジスト、インテグレイティッド・ヒーリング・インストラクター、ホメオパス、アロマセラピスト、ブルースモーエン死後探索公認トレーナー、ヒプノセラピスト、オーラソーマプラクティショナーetc…と様々な資格を持つマルチセラピスト
NYでも、タロットキネシオロジー、癒しのキネシオロジー、ジェントルタッチマスター筋反射、経営キネシオロジーなどを教えている。





Asami Mondrone
IHキネシオロジスト。タロットリーダー。
NYで「癒しのキネシオロジー」や「IH」の主催をしている。自分の本当にいいと思ったものしか人に勧めないという意識の持ち主。明快でわかりやすくスピリチュアル的なお話しを伝える達人で彼女のブログファンも多い。彼女の会社i-healingでは、さまざまなクラスやイベントを開催している。
HP:http://i-healing.com/



石村恵子(Keiko)
Pure Food Pure Boy
米国代替医療協会(AADP)認定ホリスティック・ヘルス・カウンセラー
Integrated Healing(IH) practitioner(インテグレイティッド ヒーリング プラクティショナー)

ホリスティックヘルスカウンセラーとして、クライアントの方々に向き合った時に、カウンセリングだけでは超えられない潜在意識のブロックがその方の健康、幸せに大きく影響している事に気付く。キネシオロジーで潜在意識の問題を読み取る事ができる事に感動し、その後IHキネシのプラクティショナー資格を取得。現在はホリスティックカウンセリングに合わせて、IHキネシオロジーのセッションを対面、スカイプで行っている。


ホームページ:Pure Food Pure Body 
       http://purefoodpurebody.com/
ブログ:緑の中の小さな家 http://pineheath.exblog.jp/  




Hiromi Niwa
Integrated Healing(IH) Practitioner (インテグレイティッド ヒーリング プラクティショナー)
タロットリーダー。全米ヨガアライエンス認定ヨガティーチャー。米国でシュタイナーとエミ・ピクラーの哲学を実践・教育するソフィアズハースファミリーセンターのプロフェッショナルコースを修了。 NYでシュタイナー教育を実践する学校で日本語の継承語教育に携わり、アメリカで育つ日本の子供たちに日本語・文化を教えている。
ブログ: http://www.facebook.com/l/6AQGmilv0AQEYNhONNAv5bNBTklT2cgR9WxoZOEe3tReoCw/hikarinohara.blog.fc2.com/blog-category-4.html
福井新聞Web版で育児コラムも執筆中: http://www.facebook.com/l/cAQHlSuy0AQFyw2R5Wm0CwtRXEFXVy_iZ7HlKfhnc4itPuw/goo.gl/ASzpi


料理人
本道佳子さん:ヒーリング料理人、ハリウッドの映画制作現場、来日アーティスト、アイリッシュダンス、トリニティーの専属ツアーシェフ、野口法蔵氏の料理人など他、国境なき料理団:湯島食堂にて運気上昇シェフとして活躍中。
HP:http://www.yushima-kitchen.com/



*ペンジュラムはくじ引きにて選択されます。
ご指定はできませんのでご了承くださいませ。
[PR]
by pineheath | 2012-10-04 00:57 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

夫婦喧嘩は乗り越える私の課題


夫婦喧嘩ネタ以前も書いたので、その2になりますね♪

最近、キネシが出来て、ほんとうに良かったと心から思えることがありました。

喧嘩。

お互い行き場が無くって、話し合いも同じ所を繰り返しててどうしようもなくって、それも、なんか、長年の積み重なってきた事へのお互いの不満みたいな、解決しない苦しさを抱えた喧嘩。普段は、それを表面にださずにやり過ごしているけど、大きな事にぶつかった時に、根こそぎその問題が浮上してくるみたいな、そんな喧嘩でした。
言い合っている時は、私も私で自分を正当化して、言ってしまっているのだけど、後で、一人になった時に、もやもやがどうにも収まらず、それでキネシで言葉を引いてみました。

そこに出てきた言葉は

”I make the commitment to release all built -up anger ."
 (私は、積み上げた怒りを解き放つ事を約束します。)

ズキンとしました。

なぜって、この言葉によって、私の行動の理由の説明がついたから。

結婚して13年くらいだけど、私たち夫婦は結婚当初ほんとうに喧嘩が多かったのです。
それは今思うと、私には”理想”の旦那さん像があって、その形にそぐわない彼の行動にいつも疑問、悲しみ、怒りを抱いてしまっていたから。
申し訳ない事に、そこからが、彼の苦行(?!)の始まりだったと思う。彼なりに快適だった生活パターンを必死に変えて私に合わせ、それでも、私から不満が出ては、その度に改善を心がけ精進してきてくれたのだとおもう。

そして、今では、考えてみれば夕食後の食器だって、ほぼ毎日洗ってくれるし、研究者で忙しいながらも、子供の送り迎えなど、できる限りの事はやろうとしてくれて、子供の事もよく考えてくれ、私が学びのためにNYに行って帰ってくる時には、3時間かかる飛行場まで夜中に迎えにきてくれる。何はともあれ、家族をとても愛してくれている。

それなのに、私は、なぜか、今でも、彼の少しのできていない事を「どうせ、できないと思ってた」とか、「やっぱり、できてない。ほらね」とか、嫌みに言ってしまっていたのです。
感謝していない訳でもないし、大切に思ってはいるのに、です。

なぜか、期待したちょっとの事ができていない時に、私の中に必要以上に怒りが沸き起こってしまうのです。
それで、復讐でもするみたいに嫌な言葉を言ってしまうー。
いや、実際、その言葉によって復讐していたのですよね。

さっきの言葉、「積み上げてきた怒りを解き放つ事を約束します。」というのが出た時に、結婚して苦しかったときの怒りを私は今なお抱え込んでしまっている事に気がつきました。

いやあ、その頃の話なんて、今となっては一応笑い話として、友人家族に話していたくらいなのだけど、もしかしたら、その話をしていた時にも、私の復讐心が出ていたのかもしれません。
だって、ほんとうに癒えていたら、そんな話、どうでも良い事になるはず。「今」まだそのエネルギーを持ってしまっているから、「今」の時点から振り返る結婚当初のことが話すべき事になってしまっている。(つまり、私にとって、特筆すべき事になっている、つまり「ちょっときいてきいて〜こんなに私って苦しかったの」って思っている)でも、もし、「今」その所が癒えていたらそんな時の事は心に引っかかる事でもなくて、あえて聞かれたら、ああ、そう言う感じだったかもね〜とは話すだろうけど、「ちょっと聞いて聞いて〜!」の乗りではないはず。)

そして、あの頃の私が未熟だったが故に、抱えてしまった苦しみであり、怒りであったのに、おまけに今はもう旦那さんの行動自体も私の”こうあってほしい”を沢山満たしているのに、今なお、私は癒えていない怒りのフィルターを通しているもんだから、できている事よりもできていない事を針小棒大してとらえてしまう。そこを言われ続けてきた旦那さんも、そこに関しては変なトラウマができたりして、言い合いになる。。。なんて悪循環。

これは、絶対よくない、絶対早くreleaseしなきゃと、深夜に自分にIHセッションセッションしました。
だいたいこちらの時間で夜9時から日本のクライアントさんで終わるのが11時とかそんな感じで、その後12時過ぎてから自分のセッションをしたからか、なぜか分からないけど、なんか、ぐわんぐわんして、気分も悪くなりました。
大きなプロトコールには行かなくて、ハンズオンヒーリングとかしかでなくって、えーこれだけ?なんて思ったけど、それと同時に、こんだけ体がシンドイから、なんか、効くのかも。。。という思いはありました。
やっとこさ、クラウンチャクラまで閉じて、あまりのからだのだるさに、ヨガして寝ようと、フロアーでいくつかのポーズをとりつつ、力つきて、そのままフロアーで寝てしまいました。(そんな事、普段の私ではかなりあり得ません。念のため)
夜中にいかんいかんとベッドに潜り込んで、でも、眠りが浅いのが自分でも分かってて〜〜〜それが、どの時点からか、深く眠りに入れて。。。

そして朝。

なんて壮快!!!!!

いつも目覚まし6時にセットしては、止めて、止めて、止めて最終的には6時半になってから、あー起きなきゃっ、とやっとおきだす事ができるのに、その朝は壮快壮快!!!いつもよりかなり遅くに寝て、さらに途中まで変な寝方だったり、浅い睡眠だったりしたのに、すっきり目が覚めました。
身も心も晴れやかで、朝一から仕事に身が入って嬉しさに満ちている状態でした。

気持ちも、落ち着いていました。昨日の日中にひどい言葉を言い合った事など無かったかのような、そんな感覚になってて、その後チャンスを見て旦那さんに私がキネシで言葉を引いて分かった事、その後IHを自分にしたことを愛を持って話す事ができました。

っとここまで書いて、以前の夫婦喧嘩についての記事を読み返してみると、私、あの時セッションまではしなかった事を思い出しました。。。。。ブログの中では、セッションしようと思いますって書いていたけど、問題があの時点でクリアーになった事に満足して、結局セッションしなかったんだー。。。。
今、こうして繰り返している事を見ると、問題がクリアーになった所で、それに対する目標がきちんと潜在意識に入ってないと、私たちって繰り返してしまうんだなーって。。。今回は、さすがにもうどうしようもなく、セッションしたから良かったー。

夫婦喧嘩だけじゃなく、誰かに対して自分の感情が動くって言うのは、何か自分が必要ない物を抱えてしまっているからなのですよね。
ひとつ気付いたら、癒して、ひとつ手放すって事を繰り返して、私たちはどんどん楽になって行けたらほんとうに素晴らしいですね。
だって、私たちってもともとは愛の存在だと思うから。
IHにキネシに感謝です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、10月ですね〜!!今月のセッション空き状況です♪今月末から、更なる学びのためNY行きがあるので、ちょっと期間が短いです。
以下は日本在住の方向けの時間(朝か晩)を出していますが、アメリカ、カナダ在住などで、日中の時間が都合がよいと言う方がいらっしゃいましたら、ご相談ください。対応出来る時もあると思います。

アメリカ時間 10/3 朝9時=日本時間 10/3 夜10時
アメリカ時間 10/3 夜9時=日本時間 10/4 朝10時
アメリカ時間 10/5 朝9時=日本時間 10/5 夜10時
アメリカ時間 10/6 夜9時=日本時間 10/7 朝10時
アメリカ時間 10/10夜9時=日本時間10/11朝10時
アメリカ時間 10/11夜9時=日本時間10/12朝10時
アメリカ時間 10/12朝9時=日本時間10/12夜10時
アメリカ時間10/12 夜9時=日本時間10/13朝10時
アメリカ時間10/13 夜9時=日本時間10/14朝10時
アメリカ時間10/16朝9時=日本時間10/16夜10時
アメリカ時間10/17 朝9時=日本時間10/17夜10時
アメリカ時間10/19朝9時=日本時間10/19夜10時
アメリカ時間10/19夜9時=日本時間10/20朝10時
アメリカ時間10/22朝9時=日本時間10/22夜10時

遠方の方にはスカイプを使ってセッションしています。
keiko@purefoodpurebody.comまでお気軽にご連絡ください。

詳しくはPure Food Pure Bodyのホームページへ
(下の方が日本語になっています)
[PR]
by pineheath | 2012-10-02 02:24 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)