<   2012年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012年 ありがとう!

今年ももう、残す所あと数日ですね。今年も感謝したい事が一杯です。
今年は友人たちとの繋がりに加えて IH キネシを通して、沢山の方と繋がれた事をとても、とーっても嬉しく思います。ブログを発信している中で、実際にご連絡してきて下さり、セッションさせていただける縁をとても有り難く思います。
セッション中にメモ書きしていく私のセッションノートがあるのですが、それも12/21/12アセンションと言われた日からちょうど3冊めがスタートになりました♪ なんか、何となく一歩前進♪って感じで嬉しかったです。

21日、みなさんはどんな日になりましたか?
この日は2件セッションが入っていたので、新しいノートが進むのがとても嬉しかったです。
その日、こちらは大嵐で、夜の一件のセッションは停電で危うく中止になる所でしたが、セッション開始時刻少し過ぎて電気が回復して、無事にセッションをする事が出来ました。 セッションをしている分には平気だったのですが、それ以外の時間はなんか、その日は体の節々がだるくって、お昼寝をしたくらいでした。それと、ハートチャクラの所が開く必要があったのか、胃の調子が悪かったです。食生活変えたわけでもないのに。面白いですよね〜〜、そんな不調も、それから数日経った時にはあれはなんだったんだろうって、思う位。
私の場合、アセンションに向けての動き的な物は11月の頭のハリケーンサンディーにNYで遭遇した頃から起こっていて、そう言うわけで、11月、12月はものすごく精神的動きのある月だったのだけど、そう言う物がここに来てやっと静かになった感じです。

さてさて、セッションの話に戻って。。
ノートに刻まれた言葉を見返す事はないのですが、(っというのも次のセッションの時に変な先入観が入らないようにわざと見返さないのですが)
一つ一つの心の旅は一つ一つ感動的な物です。その旅にIHプラクティショナーとして、伴走させていただく事が出来た事を心から感謝します。
一人のクライアントさんから、「自分は誰かのためにって言う事をやっていない、恵子さんはやっている。」というような事を仰っていただいた事があると思うのだけど、私は、この事を自分がワクワクするからやっているだけなのです。誰かのためにやっている、って思ってないです。
IHセッションによって、その方が表層の意識では繋がらなかった所に、繋がる事が出来る時の感動を一緒に味わう事が出来て、私はいつもワクワクするんです。
時に、しずーかにセッションを終えられるクライアントさんが居て、そんな時は、一体セッションどう感じられたんだろう。。。と不安になったりもしていましたが、今では、そんなクライアントさんでも、みなさん、外に出す表現の仕方に違いがあるだけだという事が分かっているので、私にはこの出た言葉の意味が分からないけど、クライアントさんには何か意味のある事なんだろうなー、と、静かに受け止めています。だから、静かに終わったセッションでも、あとから、あの言葉が響きました、とメッセージを頂けた時には、ああーやっぱりそうだったんだなーって、思います。
あんまり目に見える変化は感じられないって言う方も中にはいらっしゃいます。でも、そんな方も、長期的に見ると、かなり前進していたり。そう言うのを見るとやっぱりIHは素晴らしいなと増々思います。

Pure Food Pure Body の今年の仕事納めは29日に入っている朝、晩のセッションです♪
年明けは1月4日からスカイプのセッションを入れていきます。どうぞよろしくお願いします♪
2013年も、増々多くの方と繋がれる事を心より感謝します☆☆

また、以前にも書いたのですが、年明けから セッション料金が75ドル→95ドルになります。
もし、年明け以降にセッションを受ける事を予定されている方がいらっしゃいましたら、年内中にお申し込み、お支払いください。

私たちは沢山の事を抱えて生きています。IHのセッションは私たちが溜めてしまって気付いていない心のゴミを取り除いてくれる素晴らしい方法だと信じてやみません。少しでも、多くの方と繋がれますように。

それと、スカイプでのセッションで、お顔を見せたくないという方はそれでも、大丈夫です。私の画面見ていただけた方が、一緒にやっていただいた方がより効果的な事がありますので、見ていただく事が多いですが、私がクライアントさんのお顔を見ないでセッションさせていただくケースは結構あります。

セッションで度の深さの問題が出てくるかは、その時のその方次第です。10回セッション申し込まれた方でも、最初にどーんと大きいのが釣れて、あとは少しずつ、少しずつ 小さめの物が釣れていく方と、最初は小さめな物が釣れて、そのうちにどーんと深い物が釣れてって方と、居ます。どれがいいとか、悪いとかの問題ではなく、それが、その方のベストなのだと思います。なので,その過程を信じましょう。

さてさて、今日あった出来事♪
大雪が昨日から降り積もり、新居に引っ越ししてはじめてな冬なので、除雪の車も頼んでいなかったのです。
昨日の夜からパパが雪かき、雪かき、今朝も雪かき、雪かき、、、
でも、そんなに広いドライブウェイではないのだけど、雪は一向に無くならない。
私は、レイジーなので、そんな無謀な雪かきをするよりも、雪かきしてくれる除雪車を探した方が早いと思い、お隣のチェスターの所に、誰に雪かき頼んでいるか聞きにいきました。チェスターは今はもう、自分で小さな機械使ってやっていると。
でも、以前頼んでいた事があるという、サンディーという近所の人を紹介してくれて、その人の電話番号をくれました。チェスターの家から自分の家に戻る時に、車道を何台かの除雪車が通りかかって、「あっっっ、、ちょっと!!」って止めようとしたら、一瞬遅れてその車は行っちゃったりして、うまく捕まえられず、その車道で次の除雪車が来るのを待とうかと思って、キネシで見てみたら、待つ必要なしと出るしー。なんなんだろうー、これ。。
で、家に戻って電話するも、電話繋がらず。チェスターも、彼は昼間家に居ないって言ってたし。。。
パパは、子供たちと相変わらず雪かき、雪かき。
友人の所に電話して、友人が頼んでいる人を聞こうと思っても、友人も留守。
それで、私も仕方なく、雪かきを手伝う事に(やっと!)
パパがほとんど終わらせていたので、あと最後のひと踏ん張りって所を少し手伝うだけで、どうにか自家用車が敷地から出れて、パパは仕事に向かう事が出来ました。そこで、残りの雪かきを任された私だけど、どうにも、この大量の終わりない雪かきをするって言うのは気が進まず、、、そこでふと見ると、うちから斜め遠くに見えている家の駐車場を除雪出来るトラックがきれいにしている所でした!!
道を回って、その家に走っていって、「あのー!!!除雪してくれる車探しているんです!!!うちのもやってもらえませんか?!!」ってもう、躊躇無しに聞いていました。
「どこに住んでるの〜??」「あの、後ろに無える青い家です!!」「ア〜〜、あの家ね、いいよ、やったげるよ、ここ終わったら5分くらいで行くからー、それともこの車に一緒に乗っていく?」「あ、大丈夫です!!家の所で待っているので、ありがとう〜〜〜!!!」って、もう、それは考える隙もなく流れる感じ。
そこから家に戻る時に、さっき聞きにいってたチェスターが、「Keiko, その人がさっき自分が電話番号あげたサンディーだよ!!」って。

結局、ほんとに5分くらいでその除雪車のおじちゃんサンディーは来てくれて、本当にあっという間にガーガーガーってきれいに除雪してくれて、おまけに20ドルだって。
あの労力考えたら、20ドルってあり得ない値段でした。

いつも、こういう時の流れで思う事があって、それは、流れる時って、頭で何〜も考えていないって事。ここでこうやったらこうなるかも知れないとかって、全然考えていない。とにかくチャンス(チャンスとかって事さえ考えていない)に飛び込んで、ただ流れる!!!みたいな。その前に、努力が居るのかどうなのかって事は、よくわからない。私の思い込みでは、”流れる前には努力が居る”っていうのがあったのだけど、この子供が冬休みに入って、色々時間が出来た時を利用して読んだ本『「ザ マネーゲーム」から脱出する方法』によると、そのことさえも思い込みなんだなって思うようになりました。この本は、だいぶ前に買っていたのに、今読んだって事にも意味があるなって思います。(また、この本の事は書きたくなったら書いてみます♪)
サンディーはこれからも雪の除雪に来てくれる事になって、一件落着なのでした♪
2013年は増々流れのままを信じていく年にしたいです☆☆

f0128026_8113436.jpg

[PR]
by pineheath | 2012-12-29 08:17 | アメリカ生活 | Trackback | Comments(0)

直感を使って食べる

みなさんはintuitive eating=直感をつかって食べること、出来ているでしょうか。
これが良い、あれが良い、これ食べなきゃ、いや、それでは駄目だ。。。って、どのセオリーかに従おうとする食べ方、ああ、食べすぎかもしれない、12時だから食べなきゃ、、、、などなど、私たちってどれだけ食べる事に”頭”を使っているのでしょう。
どれだけ、自分の直感を信じて食べれているのでしょう。私たちがもともと出来てたはずのことをどうしていつの間にか出来なくなってしまったのでしょう。
intuitive eating=直感をつかって食べる というのは、このごろの私の中でかなりのキーワードです。

まず、私たちが直感で食べれなくなったことに大きな、大きな功罪となったのはダイエット信仰。
ダイエットしているつもりなくっても、食べ物をwatchしている人多いのではないでしょうか。
頭で考えて、食べるという癖がついてしまっているから、私たちは、自分の感覚がどんどん分からなくなって行っています。お腹がすいたら食べるという方法は素晴らしいのだけど、それに固執して、究極にお腹がすくまで食べない人がいます。そんなにお腹がすいた状態で食べ始めると、もちろん早食いになったり、適度な量でやめるって事が出来なく、過食になります。
クライアントさんの中で、夜、6時以降から寝るまで(9時半)とにかく食べ過ぎてしまうという方がいます。
夕食が5時だと5時以降食べ始め、眠りにつく少し前まで食べないと気が済まないのです。

彼女は意思が弱いと思いますか?

一日に食べる食事内容を聞くと、朝、6時前に起きて、ちょっとしてからバナナ1本とコーヒーを食べ、仕事に行って、12時ごろにサンドイッチを食べ、出来る時は3時頃に少しだけナッツをつまみ、そして、帰宅してから夕飯なのだそう。
朝バナナっていうのって流行ったけど、それも、本当に自分の体と対話してから進めてほしいと思います。まず、バナナなどのフルーツで一日を始めるというのは基本的に良い事とされています。でも、夜に過食に走る行動を押さえるには、その原因になっている事を見つけなければ行けません。
彼女の場合は、圧倒的に一日の活動時間に取ってる栄養が少なすぎる。だから、体は夕飯までの時間に飢餓状態で、夕飯が始まったら、一日分の栄養を取り戻そうと食べてしまう。注意して欲しいのは、彼女の場合はという事です。日中このパターンでも、夜過食に走らない場合は、問題視する必要は無いのだけど、彼女の場合は問題になっているようです。彼女が夜に食べ過ぎてしまうのはbiological drive=生体的衝動。意思が弱いとか関係ないのです。
もちろん、emotional eating (ストレスがあると無性に食べてしまう行動)があるというのもあります。でも、emotional eaterも、普段、ダイエットをしていなかったら、ストレスを感じた時に食べてしまうという行動に繋がりにくくなっていきます。


常にダイエットを気にしている体は、概して、飢餓状態を感じてしまっています。その人は、決して、飢えているようには見かけは見えないのだけど、症状は飢えている人の症状になってしまうのです。体は、すぐそこにコンビにがあって、食べたい物はすぐ食べれるという安心感を持ってはいないのです。体にとって、ダイエット中というのは飢饉のとき。なんとかその時をやり過ごさないと行けません。

第2次世界大戦の時にDr.Ancel Keys によってなされた、古い実験だけど、面白い物があります。
飢餓感についての実験です。
肉体も、精神も頑強な32人の男性が被験者として選ばれました。
3ヶ月間、その男性たちは好きなように食べてもらいます。平均して一人当たり一日3492カロリーを摂取していました。そして、次の6ヶ月間、半飢餓状態を経験してもらいます。もともとの個人の生体組成によって19から28%の体重を減らしてもらうように要求されます。
摂取カロリーはだいたい半分に押さえられ平均して1日に1570カロリーの摂取でした。
この、半飢餓状態の影響は、驚くほどに慢性的なダイエットをしている人の症状と一致していたのです。
⁃ 代謝が40%落ちる
⁃ 食べ物に対して、過度な衝動を持つ。食べ物に対して無性に食べたくなる(クレービング)が高くなり、食べ物についてよく話をし、レシピを集める。
⁃ 食べ方が変化する。ー食べるという行為をがつがつと飲み込んで食べるやり方になる場合から食べるスピードが遅くなる事へと変化
⁃ ある人は、2時間もかかりながら食べ物をあそび食いしていたそうです。
⁃ 数人の被験者は、このダイエットに従う事が出来ず、過食に走ってしまいました。ある人は、完全に”意思の力”を失い、クッキー数枚、ポップコーン、2本のバナナを一気に食べてしまったと。
⁃ また、他の被験者は大幅にダイエットルールを破ってしまい、アイスクリームサンデーを食べて、甘くしたミルクを飲んで、キャンディーを食べたと。
⁃ ある人はものすごい量の運動をし、食べていい食事カロリーを増やそうとしたと。
⁃性格が変わった。多くの場合、攻撃的であったり、無関心になったり,短気になったり、気持ちが浮き沈みしやすくなったり、落ち込んだり。
という事を報告しています。

そして、そのダイエット期間に続く再び好きなだけ食べ始めていい期間になると、
空腹感が押さえられなくなりました。
被験者たちは、食べ止めるという事がものすごく難しいと感じます。
週末には8000カロリーから10000カロリーをも取ってしまいます。
平均して、元の食行動に戻るのに5ヶ月がかかりました。

この実験は、今の時代のように雑誌による痩せていなければ行けないというプレッシャーなどの無い状態で、純粋に食べ物だけの影響でどこまで食行動が変わるかという実験です。
じゃあ、単なる食べ物だけの飢餓感に現代のような痩せなきゃ行けないというプレッシャー、ストレスが加わったら、どうなるんでしょう。。。恐ろしくなりますよね。


今日のクッキングクラスで、一人の方が巻き寿司一本できあがったのを見て、「Keiko, これってone servingサイズなの?」って聞きました。つまり、一回の食事量サイズかってこと。でもね、私は、one serving sizeなんて、本当に自分の感覚を無視した上で出来上がる概念だと思っています。
私たちは忘れてしまっているだけ。ちゃんと耳を澄まして、感覚を研ぎすませば、何が自分の今日の今の食事の適量かって、体がちゃんと答えてくれる。私はそう思います。
そんな話をしていたら、私のヘルスプログラムを終えたクライアントさんがクラスに参加していたのだけど、私のかわりにちゃーんと説明してくれていました♪嬉しかったです。

ダイエットの事をずっと意識していないと!!って思っている人、どれだけ居るのでしょう。
ダイエットという概念から自由になって、自分に何が本当においしいか、どれだけ食べたら快適かって事を感じてみて下さい。そうそう、良ーく噛んで♪♪♪
[PR]
by pineheath | 2012-12-19 05:04 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)

思いっきり生きるという事


何か違うっていう想いが沸き起こった時に、それをどうするのかは自分次第ですよね。本当に自分次第。それに蓋して生きるのも自分だし、この想いはなんだろうって突き詰めるのも自分。
長ーく、長ーく、この何かが違うっていう想いを抱えてきてて、それに対して、一生懸命自分を精進させてきました。すぐに腹が立つ自分が嫌で、腹が立たない自分になるように、色んな本を読みあさり、実践。きっと、夢中になれる事に向き合えれば良いんじゃないかと、やりがいになる事を見つけて精進し。その結果、変に腹が立たない自分になれた、(10年くらい前の事を思い出すと、どうしてそんな事で腹が立っていたのだろうと思う。まだ片言しかしゃべれない息子に、なんで家を片付けないと行けないのか、厳しく話して聞かせてたりしたもんな。。。猛烈に反省。)

ちょっと前にこんな事がありました、周りの母友達が腹を立てる状況でも、私は腹が立たない、っていうか、何も反応しないようになっていたのです。
それは、息子が学校のサッカーチームに選ばれなかったという事。ふたを開けてみれば、日頃から、プライベートのサッカーチームに属していたりして、サッカーが比較的上手な子供たちが学校のサッカーチームから外されていた事が分かった。新しく学校のチームの監督になったある父兄が要は出来ない子にチャンスをあげよう的な考えで、何の理由も説明されずに、息子といつもサッカー一緒にやってきていた子数人が省かれたのです。
でも、その父兄の方の未熟さが分かっただけに、腹を立ててもしょうがなくって、我が家では「ま、じゃあ、そう言う事なんだねー。」と一言息子と話して、その件はおしまいになってただけだったのだけど、そして、息子も自分が劣っている訳ではないと分かっているのか、それ以降気にもしていなかったのだけど、実は、この事って、周りの省かれた保護者たちにとっては大問題だったようで、一人の母友達は家で掃除機をかけながら、その事を考えてて、怒りで震えが収まらなかった、というし、他の母友達は(弁護士なのだけど)学校に訴え状を出す所まで。
確かに、学校側、と言うか、その新しいコーチが未熟なんだけど、それでも、腹は立つ必要がないのだと思ったのでした。

と話がズレたけど、そう言う感じで、色んな事に対して、心が以前より大きくなれた自分がいることも感じていた。
それと同時に、ずいぶん自己実現(?)(という言葉も実は今ではあんまり好きではないのだけど、)1年半とか前に比べたらずいぶんできているのかなという状態にもなれ、今年は、一体何回NYに行っただろうと、思う位。
自宅でのクッキングクラスもやるようになり、クライアントさんにも囲まれ、ヘルスカウンセリングに、IHキネシのセッションにと、自分がやりたい事が形になっていっているのを感じる。

でもね、それと同時に、なぜか居続ける何かが違う、っていう想い。自分の悩みをグーグルでタイプして検索してみても、そこに表れるどこかの誰かの質問に対する誰かの答えは、「あなたは、なんて、自分勝手なのですか?年をワキマエなさい。」とか、「感謝がたりません。」とか。
。。。。感謝はしている、だけど、どうにも沸き起こる何かが違うって言う感情。一般的に言うと、これって我が侭で、幼い感情で、感謝が足りなくて、ってそう言われる事なんだな。。。

自分で自分にIHをするのには限界があり(自分のマインドが邪魔するので)、このどうしようもない感情をはっきりさせるために、インド占星術のサイモンにセッションを申し込みました。
最近彼の事は友人から立て続けに聞いていて、でも、私は、まだだ、っていう想いがあったのだけど、怒濤のように流れる流れから、今だ!!!って言う瞬間が訪れ、連絡をとったのでした。
でも、自分の道を全部セッション頼りにしたくなかったので、自分なりの答えを最初に出しました。それを確認する意味でのセッションをでした。
サイモンは、優秀なジョーティッシュであり、アーユルベーダでは知らない人はいないと言われるDr.ラドの所で働くドクターであり、本、DVDなどでのジョーティッシュのレクチャーもしている方です。LAのIZUMIちゃんのニュースレターが最後の決め手になって、申し込みを済ませました。何回かセッション前にメールのやり取りで、彼の方に必要な私のインフォメーションを言いました。
セッション当日。
「最初に何が聞きたい?」と優しげに聞かれました。
ビデオでも、かなりまじめに話している様子が映ってたし、いずみちゃんの話では、止めどなく、ダーって話してくる事を想像してたから、なんか、拍子抜けして、ちょっと緊張が解けました。声はとても穏やかで、優しい感じだし。
「あ、じゃあ、えっと~。。。ダルマ(自分が生きる使命)の事から。。。」
そこから、彼の口からでてきた私のダルマについての話は、まさに、私のスーパー理想な私像。今までは、「私の夢は。。。」と、サイモンが言ってくれた事の100分のⅠ位小さな事を、それでも大きな夢として人前で言っていたくらいだったのだけど、いや、そんなもんじゃなかったのね、私って、そこまで出来るポテンシャルが在るのね(!!)
そして、話は勝手にどんどん進んで行って、ありとあらゆる私の事について読み解いて行かれます。
顔も見ずにお互いしゃべっているので、サイモンには私の顔は見えないのだけど、どんな顔なのかも分かるみたい。そして、どんな魂しているかとかも。
おかしいのが、私が何かを言おうとすると、ちょっとまだ言わないで!チャートから先に読むから!!と。凄く正直な方です。

もうね、OH MY GOODNESSな話でした。

自分がこうなんじゃないか、と思っていた事が予想を遥かに超えて、その通りで、私は、このきっかけでサイモンのセッションを受けないと行けなかったのだと思った。(彼も、そう言ってたし。)
ずっと抱えていたモヤモヤしたものが、一気にクリアーになりました。
あたってるとか、あたってないとかの次元じゃないです。それが私です。色んな欲とかエゴとかまやかしとか、そんな物がくっついた頭で捉えていない、ありのままの私の生きるみちを、サイモンが読み解いてくれ、それはもちろん私の事なので、私の心に深くしみ込むのです。
質問にはほぼ答えてくれるし、予想されるマイナスと一見見える事もきちんと教えてくれます。
でもね、これが私の道なんだ、って震えました。
自分の使命であるダルマと言われるものについてですが、人は、喜びとか、お金とか、人間関係とか、別々にそれらの物を求めようとするけど、私たちが自分のダルマに添った生き方を進めば、そこには自ずとそれがついてくるのです。その、ダルマをサイモンは読み解いてくれます。
簡単なテストはサイモンのウェブにものっているので、興味ある人はやってみるといいと思うけど、すべての事から読み解いたセッションそのものを勧めます。

自分に正直に生きる事って、しんどい事ももちろんあると思う。だから、それを強制はしないし、強制なんか出来ないし。だけど、どうしようもないモヤモヤモヤ~~~が沸き起こって押さえきれなくなった時は、何度も何度も自分に自問自答して、自分なりの回答を出してみて欲しいと思う。だって、それがそれをだすタイミングなのだから。
オーストラリアのひとみちゃんが「変化には絶対困難もあるけど、それは自分が変わって行ってる証拠でそれを通り越さないと、今までのとこのループを回っているだけか、下がって行っちゃう」
という言葉を言ってくれたのだけど(ひとみちゃんも、人から聞いたそうです。最初にその言葉を言った方、ありがとう)まさに、まさに、そうなんでしょうね。
私が持っていた悩みは、私が私のダルマに添った生き方をしていないから生じている事が嫌というほど分かりました。私は、感謝が足りないのでも、幼いのでも、我が侭なのでもない。そう感じるのが、それが私なのでした。

サイモンとのセッションの後、自分の頭がクリアーになったためか、クライアントさんにさせてもらうIHセッションに以前より時間がかからなくなりました。なんか、スムースに行くのです。それでいて、深いとこに行くのです。
ヒーリングに携わるプラクティショナーとして、増々自分の内面を見つめて生きたいと、そう思う今日この頃です。それには、困難もある、けれども私は自分にまっすぐでありたい。

サイモンのe-mail は:siddhadeva@yahoo.com
です。
[PR]
by pineheath | 2012-12-18 02:10 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

IHセッションー12.12.12

みなさん、今日、12、12、12、12って何していましたか?

私は、気がついたらIHセッション中でした。

とても深い内容だったので、許可をもらったのでシェアーさせていただきます。Hさん事例のシェアーを許可してくれてありがとうございます!

Hさんの出して下さったテーマは
最近、ご主人に些細な事でイライラする事
でも、これでは筋反射取れず、さらに考えてもらうと
家族の事ー NO
仕事の事ーYES
という訳で、仕事がテーマになりました。
Hさんは今まさに自分がされているピアノの先生とは別に仕事を立ち上げて、自分の能力をどんどん発揮されようとされている所なのだけど、なぜか、やればうまく行くよと分かっていても前に進めない状態。何か自分を止める物があるよう感じる、というお話でした。

最初に引いた言葉は
It is OK for me to save money.
この言葉を聞いてどう思いますか?とお聞きすると、
Hさん、お金に対して抵抗がずっとつきまとっているらしい。自分にお金が入る事に対してすごく抵抗があると言うお話です。
今すでにされているピアノの先生としてのレッスン代もものすごく安めに押さえてしまっているという事。
でも、なんか、この事だけではなさそうで

次は年齢退行が出てきました。
ヒットしたのは8歳頃
「これくらいの年に、何かありましたか?」
「それって、お金について、って事ですか?」
「という訳ではなく、どのように繋がってくるか分からないけど、何か印象に残っている事ってありますか?」
そんな会話のあとに、Hさんが言ってくれた話は
「その頃で印象に残っている事っていったら。。。私、誘拐された事があるんです。。。」と。
いつもと違う道を通ってしまって、友人たちと別れて一人歩いている時に、車に乗った男の人から声をかけられて、結局うまく騙されて車に乗せられて。。。」
その男はわいせつ行為目的で小学校2−3年生のHさんを連れ去ったという事で、Hさんはその話を淡々とされるけども、それは、聞くだけでも恐ろしい体験でした。このまま命が無くなってしまうとそのとき思ったそうです。

彼女が違う道を通った、と言った時に、筋反射がとれました。
彼女の潜在意識は、
違う道を通ってしまったから、自分が死んでしまうかと思うほどのひどい目にあってしまった」と記憶しているようです。

今、Hさんがやろうとしている事って、人とは違う道だったりしませんか?」
「。。。。そうです。。。。」

潜在意識は、Hさんを守りたいので、他の人とは違う道を歩ませる事が怖くて出来ないのです

また言葉を引きました
I work with my female side.
この言葉についても聞いてみたら、
「これって、最近よく思っていた事なんだけど、私はなぜか、女性的な格好だったり、そう言う事に憧れては居るの、女性的になる自分を止める自分が居るんです。。それがなぜだか分からないのです」とのこと。

今回のお題、
「自分の中に成功のイメージがあるのに、それを実現するのを止める何かがある事」

「女性的である憧れはあるのに、それを実現するのを止める自分がいること」ってとても相似形ですよね。。。
この事も、8歳の時のトラウマからスタートした事のようでした。

これらの事から、完全にしっくり来る目標が出来上がりました。

そして、でてきたのはインナーチャイルドのプロトコール
H さん、何回かIHをうけられているのだけど、やっとインナーチャイルドがでてきたと、喜んでいらっしゃいました。
過去の事件で傷を受けたまま、それがまるでたいした事じゃなかったかのように、Hさんは思おうとしてきてて、ずっと今まで生きて来た。
取り立ててその事を話もせず、深くその事について考える事はしないできたと。
でもね、傷ついたインナーチャイルド(私たちの純粋な部分)は傷ついてしまっているがために、暴走しだしてて、私たちがいざこうやって、自分の新たな可能性にチャレンジしていこうとするのを、止めてしまうのですよね。
Hさんの場合は特に人とは違った道を行く事、女性性を発揮する事って言うのは、インナーチャイルドにとって危険信号なりまくりの事だったようです。

インナーチャイルドが聞きたかったのに聞けなかったメッセージは
嘘をついてごめんね」と言うものでした。
嘘をつかれて、車に乗せられた幼い彼女はどれだけ、傷ついたことでしょう。

その後、ヒーリングが進んで、インナーチャイルドからHさんへのメッセージとして、素晴らしい物がでてきました。
失敗しても、笑い飛ばして、また進んでいけばいいんだよ。」
「自分自身で、選択する自由があるんだよ

と言うもの。
このふたつの言葉も、Hさんにとってはドンピシャに必要な言葉だったようです。
Hさん、失敗がとにかく怖くて、怖くて、怖くて。。。前に進めなかったと。
そして、自分で自分にlimitationをつけてしまって、選択する自由を自分に与えていない状態だと。

そして、オラクルカードからも引く事になりました。
でてきたのは
Freedom
自由に考え
愛という感情を表現できるように
エンジェルたちは導いてくれます。

あなたは今置かれている状況に行き詰まりを感じていませんか。このカードは、あなたは単なる牢屋の番人で、人生の表面にいつもでてくる訳ではないと言っています。
自分の持つ自由になれる力に気付きさえすれば、いつでも自由が待っています。あなたの人生に置けるすべての行動は、あなた自身の選択によるものです。ですから何度でも選択し直す事が出来ます。囚人でさえもどんな事を考えようとも自由なのですから、どんな状況に置かれても安らぎと幸せを感じる事が可能です。
今度「~~しなくてはならない」という言葉を口に出し始めたら、お願いですからやめて下さい。神とエンジェル達に別の言葉がないか聞いて欲しいのです。行き詰まりを感じることなく、愛を持ってするべき事をやり遂げる事が出来るか、もしくは本当にしたいことへとエンジェル達が導いてくれるでしょう。

このメッセージも、Hさんの心に深く届いたようです。

そして、最後にでたのは
ポマンダーエッセンスの「レッド
あとから、Hさんがすぐにメールしてきてくれた事には、その他の事でもレッドの石を勧められたり、何かとレッドが必要な時だった、と。
すべては繋がっていますね。

セッションが終わって、Hさんは興奮気味でした。今まで30年間くらい抱えていたものが解き放たれた感覚って、私には想像がつかない位すごいものなのだろうな、とHさんの話す姿を見てて思いました。

Hさん、感動的なセッションをどうもありがとうございます。Hさんの今後の活躍が楽しみです。
[PR]
by pineheath | 2012-12-13 06:50 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

噛むことって大事!!

噛むこと
噛む事って大事って、ずいぶんずいぶん言ってきたように思います。子供にもよく噛みなさいって毎日のように言うし。クライアントさんにも良く噛もうねってChewingのレクチャーの時には話します。だって、口から消化は始まってて、特にでんぷん系のものはアミラーゼという唾液に含まれる酵素が分解をし始める。しっかり噛まないと、他の臓器に負担がかかって、疲れの原因になっちゃうよーと。
じゃあ、本当に良く噛んでいますか?と聞かれて、耳が痛いのは私の方かもしれません。
全然ぜんぜん噛めていない~!!!
なぜ、噛めていなかったかというと、上の理由じゃあ、私にとって噛む理由になるくらいのものじゃなかった、ってところが正直な事なのかも。疲れるって言われても、うーん、あんまり疲れを感じてないし、、、みたいな。

みなさん、どれくらい噛めていますか?

今回の養成を受けて、新しい事をいっぱい習いました。でもね、知っていたけど、そこまで重要だと思ってなかったというのがこの噛むという事。噛んでいない事がどれだけもったいない事か、すべてを台無しにしている事か思い知りました。根本の所を理解できた。なぜ噛まないと行けないのか。
今までの話だとまあね~、で終わっていたのだけど、今はもう、絶対噛みます、噛ませて下さい!!って感じ。

様々な不調の原因って、噛めていないって事からスタートするといっても過言ではないくらい。
健康のためならず、引っ込んだお腹を手に入れるためにも、噛む事がめっちゃくっちゃ大事です。

私の母は急性難聴に始まり、様々な体の不調をかかえています。「昔からよく噛めないのよー。」と口癖のように言っていたことと私の母の不調を症状を考えていると、もう、当てはまりすぎている。噛めていない事からでてくる症状。その通りって感じです。
早速、噛む事から始めてもらうように電話しました。噛む事で不調を治し、実際会えた時には不調に聞くポイントを刺激してあげる事で、ずいぶん改善するはずです。

この現代社会、色々毎日忙しくて、食事を頂く事に対して、どんどんおざなりになってきました。
私も、時間がない事を理由に、~~しながら食べ物を食べるって事が、まるで許される事のようにやってきていた今日この頃。コンピューターで作業しながら食べている人、日本人の何%位居るんでしょうね。
そうなると、口の中に食べ物をとどめている時間が忙しくて、早く飲み込もうとしてしまう。
飲み込む端から次の食べ物を運ぼうとしている。
気がつくと、お皿が空っぽになっている。

今回の養成講習で背筋が伸びる思いがしました。

前に腸内洗浄を受けた話を書いたけど、その時に私の腸は下がりがちだという事を指摘されました。(この事を指摘される人は本当に多いとおもう)
今回のレンドウさんの説明を聞いて、私のこの腸の状態も、なぜそうなるのか、今思うと、しっかり噛めていないことに尽きるんじゃん!!と。
そしてね、その洗浄を受けたあとに、何となく始めたマッサージというか簡単にちょっとちょっと押してたポイントがあったのですね、で、なぜ私がなぜそのポイントを押すようになっていたのかも今回の養成でよくわかった。それは腸骨の端なのだけど、亜子さんにマッサージしてもらってから、その感覚を思い出すように、そのポイントだけは朝トイレに行ったあと、何となく押したくて押していたんです。なんかね、スッキリするんですよ、そこを押すと。心無しか、お腹の肉がスッキリしているなって最近思っていたのは、その効果があったみたい。知らず知らずだったのだけど、その理由がよくわかりました。お腹の肉をとるためのデモに立候補したのだけど、お腹を出して寝転がったら、「肉ないじゃないか~、駄目だ~!!」と却下されてしまった。肉がないと言われて嬉しいのだけど、え~私にやってください~(涙)私のイメージではもっと肉あったのだけど~、、、。
でも、それって、すでにここ1k月くらいお腹がすっきりするマッサージしていたからだと気がついた次第です。
ま、今回は更なるポイントも習ったので、増々肉をなくしていくぞ~ってかんじなのですがね。
実際お会いできる方にはどんどんお伝えしていきたいなーと思っています。
マッサージも大切だけど、その大前提になるのが噛むことって感じです。噛む事とマッサージを続けたら、どんな最強になるんだろうとちょっと楽しみです♪

ちゃんと噛もう、明日の健康のために。明日のきれいのために♪です!!
[PR]
by pineheath | 2012-12-12 03:01 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース

養成講座を無事終え、晴れて天城流湯治士補として認められました。
この養成講座、今後自分がやっていきたい事に絶対組み込めるんじゃないかと多いに期待して参加したのだけど、今まで噂に聞いているだけで実際体験した事のない天城流湯治法だったため、どんなもんなのかどきどきもしていました。
いやはや、目から鱗の養成講座でした。これは広めなきゃ~って思います。みんなが使えるようになって欲しい!

私は大きな不調がある訳でもないので、劇的に何かが治るというのはないのだけど、一緒に参加していた一人の方はナースの方だったのだけど、交通事故にあって以来、十何年も煩っていた首の痛みが瞬時にかなり軽減し、一瞬で視界が広がり、帰りがけには、ブロードウェイで幸せそうに歩いている人たちを見て、「この人たちよりきっと私が一番幸せだわ。」と、不調から解放された事と、今回の養成に参加できた事に涙が出たと、シェアーしてくれました。

この天城流湯治法ってどんな療法かというと、一言で言うと、体は痛みのある場所が原因で痛いのではないという理論。
この療法を創り上げ、精力的に指導者を育成されているのは杉本錬堂さん。様々なヒーリング系を押さえたあとに、精神の事がもちろんあるが私たちは体を持っているのだから、体に戻らないと行けないと思って、体の事をやり始めた時に気がつき始めた事が始まりでこの療法は始まったそう。
最初は、周りがなぜそれで治るのか教えてくれと言っていたのを口伝えで「だって、ここならここだろう~!!」とやっていたらしいのですが、それでは伝わらないと言う事が分かり、だんだんにメソッドとして確立していきました。レンドウさんは、痛みの場所がどこと繋がるのか感覚的に分かるという特殊能力を持っていらっしゃって、最初は、なぜ、そこがそこに繋がるのか??と言う状態だったみたいだけど、何年も煩っていたものが治るって言う事を周りの医者が不思議に思い、検証し始めて、いまではエビデンスもとっている療法になっています。単なるマッサージというようなのではなく、独特の方法、でも、こつさえつかめば誰でも出来る方法で痛みの元になる所をほぐします。
この痛みのある場所と、元になっている場所の関係って、IHでも同じだな、と思いました。私たちが感じている所じゃない所にその原因ってあるんですよね。

そのほぐし方というのがちょっと今まで考えた事なかったやり方で、私、マッサージって揉むって事かと思っていたんですよね。でも、違った。骨から筋肉をはがすんです。そんなやり方考えもしなかった!!でもね、これってやってもらうと分かるのだけど、筋肉をつぶして揉むやり方と、筋肉を骨からはがすやり方、気持ちよさが違うのです。そして、もちろん効果が違う。流れが悪くなってしまっている所をはがす事で流れるべきものが流れ出し、動かないものが動き出すという仕組みのようです。うっそー?!と思っても、足をやってみたのになんか体中が楽になるんですよね。本当に不思議。ペアーで足をもみ合った日には、本当に体が軽くなってました。

超楽しみだった脂肪を取る技術も伝授してもらいましたよ~☆☆面白いのは、脂肪がつくメカニズムと、痛みになるメカニズムは同じという事。
もうね~、デモでやってもらった人お腹の脂肪がつかめていた厚さがほんの少しのマッサージで薄くなるのを見るのは、目を疑いました、さすがに。
これは、皆の食いつきも、興奮度も違う!!

まずは施術前。どれくらいの脂肪があるのか見てみます。
f0128026_2142851.jpg


そして、これが施術後〜!!!思わず皆乗り出しました。レンドウさんがつまんだ後、信じられなくて、これは私がその方のお腹をつまんでみた所です。薄くなっている〜!!!!

f0128026_2152492.jpg



でもね、これはマジックでも何でもないのです。脂肪細胞って沢山の水を含んでいるのです。だから、きちんとポイントを知って、循環していない物を循環させて、その脂肪細胞から水を出してあげる事によってしゅるしゅると脂肪は縮むのです!!お腹はてきめんでしたね。ほんとうに、面白かったです。

最終日は、一般の方の不調を実際に治す所を見せてもらいました。
不眠症の男性、無理なやり方で体を痛めてしまったダンサー、間違いから手の神経を抜かれてしまった男の子。どの症例もものすごく興味深い物でした。
もちろん1回の15分くらいの施術で100%治る事はないのだけど、見て分かるほど改善が見られます。
不眠の男性は、うわー楽になった~!!と驚いていました。
f0128026_2245372.jpg

見て下さい、この男性、体にゆがみがありますよね。右が下がっている。この事からも不調のある場所が想像できます。
f0128026_227033.jpg

流れが滞るポイントを押していきます。たいがい、そのポイントはすごく痛いです。

ダンサーの子はいつもなら丹念に丹念に柔軟してから挑むポーズを直接やってのけ、本人もなんでこれがこんなに軽々出来るの?!って驚き、手の神経を抜かれた男の子の硬直した指先は、すっごく柔かくなりました。その子のお母さんも、その変わり様に感動していました。

私は、今回もNYではドミトリー部屋に泊まっていたのだけど、ちょうど、私のベッドのお向かいさんHさんと色々お話していたら、手術で鎖骨の上にある良性の物を取った後から腕が上がらなくなってしまったと仰っていました。そして、その手の親指人差し指、中指が今でもしびれているって。そして確かに、どちらに不調を抱えているのか体のバランスで分かりました。色々習った最終日の夜、Hさんに「私が習った事には。。。」と教本片手にマッサージポイントを押してあげて、色々やってたら、ヤッパリ少し前より上がるようになりました!Hさんもすぐにどのポイントか覚えて、翌朝には私が目が覚めた時には、ご自分でもうそのポイントをマッサージされていました。「今までは、動かないこっち側を触るのが何となく怖くって、なんにも自分の体を触っていなかったのだけど、やり方が分かって、ちょっとずつ良くなるような気がする。」って、仰っていました。そう言う方って多いのかなーと思いました。だって、こういう事、手術した病院では指導してくれませんもんね。
このワークを広める事の大切さを感じた朝でした。

今回は、基礎3日間だけども、盛りだくさんでした、最後にレンドウさんに質問してて、何回も説明して下さった事を何度も聞いたりしたもんだから、「ばかもん!!テキスト見て言え〜!!」と頭をたたかれました(笑)。レンドウさんはすごい才能をお持ちでありながら、どこまでも気さくで面白い事ばっかり言うし、講座中は笑いが絶えず、その技にお人柄に人が集まってくるのが分かります。今回、私もNY 養成の第1期生になれた事を光栄に思います。(全体では35期生になるそうです!!)
基本は押さえる事が出来たと思うので後は教本を開けては実践の日々がスタートです〜!!
[PR]
by pineheath | 2012-12-12 02:39 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

IH セッション事例ーいまの問題は過去からの投影

IH セッション事例ーいまの問題は過去からの投影
IHセッション、面白いです。なんかね、パズルがぴたっと合う瞬間がセッション中に来ると、クライアントさんとともに「おおおお〜」と唸ってしまいます。今日は、鳥肌が立ったセッションの事例と、その後の感想です。Mさん、掲載許可、ありがとうございます。
Mさんが考えて下さっていたテーマの中から筋反射が取れたのは「セラピストとして前に進ませない何か、足踏みさせる何か」でした。
話を聞いてみると、
セラピストとして進んでいくのなら、旦那さんの協力または許可が必要なのだけど、セラピストとして進んでいく事を旦那さんはよく思っていないのじゃないかと思ってしまう。というお話でした。
それは、
「プロにならなくても良いよ」とか、「働かなくても良いよ」と時々彼が言う事から、そう思ってしまうと。
Mさんはお仕事のお誘いが入ったりして、自分さえ足踏みしなければ、どんどん広がりそうなポテンシャルを持っているのに、自分が本格的にやり出したら、彼は寂しがるのではないか、彼が養ってやっていると思っている事で保っている自己価値を損ねてしまうのではないか、
そのような心配を持っていました。

言葉を引くと
I release ……'s energies. I am now free to form new relationship.
(私は……のエネルギーを手放します。 私はいま新しい関係性を自由に作る事が出来ます。)

この………に何が入るのか、筋反射でとると、それは「旦那さん」でした。

この言葉について聞いてみると、
「自らそう言う物を作り出している気もします。。。変化に対しての恐れがある。自分が忙しくなっていく事によって旦那さんの気持ちが減っていったら。。。
でも、その考えさえも自分が作り出しているのかも。。。。」

さらに情報を得るために
年齢退行をし、
14、5歳という年齢が出てきました。
「14、5歳って、何か覚えている事ありますか?」
「。。。。。うーん。。。全然覚えてないですねー。。。中3くらいですよね。。。妹が非行に走った頃かな、いや違うな。。。」

そこで、誰かとの関係性が関係あるのかと、引いていくと、「お父さん」で筋反射。
その事を聞くと、もうMさんのお父様は7歳の頃に出て行ったので、その頃にはいらっしゃらなかったと。
でも、
「あ!!父がいないという事で、高校進学をあきらめたんだった!」と。結局、一応受けるように周りから言われて、受けたら合格してしまって、高校に進学されたそうですが、本意ではなかったそうです。
「あの頃は父のせいで多くの事をあきらめた時ですね。」と。

私「それって、何かと似ている状況じゃありませんか?」

Rさん「あ!!!いまと同じです!!!」

   「私って、父をまだ許せていなかったのですね。。。。。」

父を許せていないー筋反射が取れました。

本当に、このパズルのピースがかちっとハマった時には、ぞわぞわーってします。M さんは、お父さんの事をまだ許せていないために、過去の問題が潜在意識の中に解決されないままあって、それが故に、いま、同じ状況(旦那さんのせいで夢を実現しない事)を自分で作ってしまっていたんですね。

Mさんの目標は:父を許して、自分のセラピストになる夢を叶えて、旦那さんと新しい関係を作る

そして、出てきたのがインナーチャイルドのプロトコールでした。
実は以前MさんがIH受けて下さった時には、深いセッションだったのだけど、インナーチャイルドが出そうで出なかったのです。
今回は、しっかり出ました。
そして、興味深かったのはインナーチャイルドが聞きたかったのに聞けなかったメッセージ。

「無視してごめんね」という言葉でした。

この言葉を聞いて、Mさんがシェアーしてくれたのは、学童に行っていた時に、かくれんぼをしていて、隠れていたら、皆が自分の事を忘れて家に帰ってしまったという事があったそうです。
そして、その日は、お母さんも、Mさんの事を迎えにくるのを忘れてしまったと。

インナーチャイルドから、素敵な言葉もありました。
それは
自分で自分の人生の舵をとって、他人の指図は受けなくてもいいんだよ。」というもの。
M さんのインナーチャイルドは心からMさんのセラピストとしての成功を応援しているようなメッセージだったので、感動しました。

それ以外にも色々出たのだけど、最後にサポートの所で、グラウンディングと言われる物が出て、これはエネルギーワークをした後に、エネルギーをちゃんと地におろす働きがあり、ネガティブ性を地に流す働きがあるエクササイズなのだけど、最初3回って出たので、3回やってもらって、次に進もうと思ったら、進めず、まだ何が必要なのかなと思ったらもう一回グラウンディングで、あと一回って。それで、あと1回だけやってもらっていいですか?と言って、やってもらったら、Mさんが「うわー、なんかエネルギーが流れました!」と仰っていました。
あと1回って出たのにも意味があるんですね。興味深かったです。

さて、セッション後に頂いたメールです♪
ーーーーーー
オリエンタルな恵子さんへ

この前はセッションありがとうございました(^^)
あの日旦那さんと大喧嘩してしまったのですが、おかげさまで
感情の開放が起こり、セラピストとしてやっていきたいことを
きちんと話すことが出来ました。
旦那さんは「いい事なんじゃない」と言ってくれました。

しかし、グランディングをもう1回やれというのは笑いましたし、
14,5歳の時に夢をあきらめたことを旦那さんに投影している
とは思ってもいませんでした。
そして、インナーチャイルドからのメッセージや小さい時に
「無視してごめんね」と言ってほしかった事などが出てきた時に
本当に鳥肌が立ちました。
私の中にいるインナーチャイルドのイメージって、おかっぱで
学生服を着ているんですが、顔が無くてうつむいていたんですよ。
それが、こないだのセッションでインナーチャイルドの顔を見る
ことができました。
抱きしめた時にわんわん泣いて、それから笑顔になったんですが、
それって私なんだなと実感しましたよ。
感動ですね。

上記の感想もブログなどに載せていただいて大丈夫です(^^)

ーーーーーーーー
今後、Mさんがどんどん活躍されるのは、もう目に見えている感じです。前回のMさんよりも今回のMさんはエネルギーがアップしている感じがありましたし。こうやって、クライアントさんの素晴らしい変化を見させていただけるのがとても嬉しいです。
M さん、シェアーを許可して下さって、ありがとうございます!!
[PR]
by pineheath | 2012-12-06 02:25 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHセッション感想ー自分のエネルギーが変わる、周りが変わる、起こる事が変わる

この前、ブログで事例を紹介させていただいたRさんからIHセッションのその後の報告を頂いたので、シェアーしたいと思います。
IHで自分のエネルギーが変わり、それを取り巻く周りの態度が変わる。起こる事が変わる。それが凄く表れているなーって、読んでいてとっても嬉しくなりました。Rさん、シェアーの許可ありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
恵子さん、
ブログ見ました☆
ありがとうございます。
あれから好転反応と思えるような感情の起伏もなく、ほんとーーーーーーーに落ち着いています。
なんだか今までもセッションを受けるたびに楽になってきてましたが、今回のは結構キーポイントだったのかな、って思うくらい綺麗に落ち着いた気がしました。
他のことは色々楽になってきてたけど、彼のこととか過去世のことが結構最後に気になってたことだったんでしょうね。
受けてよかったと思います。

誕生日に彼にメールをしたんです。 今までずっとメールなど無視されてきましたが、2日後くらいにお礼のメールが着ました。
そしてびっくりなことに昨日上司とディナーした後に、彼が前の同僚たちの行きつけのバーに行きたいと言ったのでついて行ったら、元彼がいました。
でも10分くらい存在に気づかなかったんです。
で、あ、いた、と思ったんですけど、今までみたいに落ち込んだり、気になって楽しめなくなったりすることもなく、他の人たちと楽しく喋れました♪

彼は始め意識してるのを結構出して遠くから見てる感じでしたが、最終的にみんなと一緒に座ってました。
会話らしい会話はしてないですが、みんなが残ってる中私が終電で帰ったので、全員にハグして帰った流れで彼にもして帰りました。
1ヶ月前でもちょっと難しかったんじゃないかな、って思うので、この自分の気持ちの楽さが本当にありがたかったです。

彼とはもう終わりって思い込もうとしたことが逆に私を縛り付けてたんだなって思いました。
こないだのセッションで最後のダメだしみたいに彼のことが出たことで、自分が執着してたり、しつこかったんじゃないんだって思えたら楽になりました。

戻る戻らないよりも、彼とも元同僚とも会うのが怖かったり、もう二度と普通に会えないんじゃないかと思ってたので、ありがたかったです。

今月中か来月くらいにもう一度受けれたらいいと思ってます。
またよろしくお願いします♪

ーーーーーーーーーー
このメールをくださった後、Rさんはまたセッションしたい、と思い立ってくれて、セッションをしたので、詳しくその時の状況を聞く事が出来ました♪こういう話って、聞くの楽しいですね。
Rさん、その元彼とはもう、1年以上顔を合わせていなかったそうです。
彼女の中でその彼に関する執着がとれ、そしたら、自然と会うチャンスがやってきて、自然な振る舞いが出来た、という事でした。
最初はその彼がいることさえ気付かずもと同僚たちに楽しくお話ししていたそう。
で、はっと気付いたら、目の前に自分をあんまり見ない人がいるなと思ったら、それがその元カレだった!!!という話でした。
自分は、本当に気にする事なく楽しく話をする事が出来た、その彼の方が動揺していた、という話でしたよ。

面白かったのが、Rさん次のテーマで出たのは、結婚でした♪
それも、ご本人から出たのではなく、スキャンリストから出た言葉で、出たテーマでした。
これには、私も、Rさんもびっくり♡
でも、Rさん、「そうだった!!私、これが出れば良いなって思っていたんだった〜!!」と。
元カレへの執着が無くなったRさん、前進あるのみって感じです♪
また、そのセッション事例も紹介できたら紹介させていただきます。
Rさん、感想のシェアーありがとうございます。
[PR]
by pineheath | 2012-12-05 05:38 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

アディクトって。。。

ヘルスカウンセリングの学校で、人は、アレルギーのある物にアディクトしがちだという事を習いました。だから、アレルギーを治したかったら、アディクトがある物をやめてみるようにって。その事について、今日、ふと思った事があります。

それは、正しいのです。その部分だけとると正しい。確かに人は、アレルギーのある物にアディクトしがち。でも、それって、まるで体が間違っているみたいじゃないですか?

思うのです。

体って、何の食べ物にアディクトさせる事で、何かを訴えようとしているのじゃないのかなって

私の場合ですが、自分らしさを発揮できている時には、チョコレートアディクトが起きません。普通に、チョコレートと良い関係でいられます。
だから、いつも、いつも、チョコレートが家にあったら問題になるわけではないのです。

例えば、パンを食べ過ぎてしまう、パンじゃなくても良いや、小麦ものを食べ過ぎてしまう。。。この人の体は小麦ものにアディクを示す事で、アディクト起こして、その人にアレルギーをはじめとした不調を感じさせる事で、何か、心にたまっている事、必要ない物、事を出させようとしているのではないのかなっておもいます。
そうじゃないと、おかしいと思うのです。こんなに、体って凄いのに、アレルギーのある物に対して、間違って、アディクトを示すって。体って、意味があって、アディクトさせて、何か伝えようとしているんだと思うんです。
体の問題って、本当に、心の問題に行き着きます。体の不調でいらっしゃる、IHのクライアントさんもセッションの中で、心の問題に行き着きます。
体はその人が持つ心の問題を、表面化させるために、悪習とか、アディクトとか使って、その人を嫌な気持ち、病気にしてしまうのではないのかなー。体は、言葉を発せないから、そう言う手段使ってしか、私たちとコミュニケートできないのだと思います。

いま、勉強している、Intuitive eating(=直感を使って食べる事)の概念があるのだけど、
emotional eating (=感情で食べてしまう)という問題を抱えている人がどれだけ沢山いることか。
これって、一つには、普段から、頭で、あれ、だめ、これ、だめ、と決めて、頭で食べているからなのだけど、もう一つ大きな理由になるのは、心の中にあるメッセージを無視しよう、または、気付かぬふりしよう、または、こわくて見たくない、そんな事があって、その代償行為として、食べるという快楽を得る事で、一瞬を紛らわしていると。
でも、じゃあ、なぜ体はそれをするかって事まで本には書いてないけど、私が思うのは、やはり体が求めている事は、私たちに気付いて欲しいってことだと思う。
「欲しくもないのに、クッキー一箱食べちゃった。。。」「気持ち悪くなるまで、食べちゃった。。。」
それを感じさせるように私たちを食べさせる私たちの体は、私たちに意地悪なのでもなんでもなくって、実は、体は私たちがどうすれば最高に幸せなのかしっかり知っていて、それと違う方向に進んでいる時に、わざと、自分の調子が悪くなるような事をさせて、問題を表面化したいんだなという事。

体って、本当に賢いです。絶対間違って、アディクトしたり、emoriona eatingしたり、って事はないと思う。
アディクト、エモーショナルイーティングの問題があったら、わたしの体は、心の中の何を表面化させたいのだろうって、考えてみたら良いと思う。
[PR]
by pineheath | 2012-12-05 04:40 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

タロットやっぱり面白い!!ータロットセッションのお知らせ

タロットパスワーキングのクラスをとってから以降、増々タロットとの関係が近づいたなーと感じています。
友人の事を見てあげたり、自分の事を見たりとしているのですが、その出てくるカードが私たちの潜在意識を表している事に本当に驚きます。
タロットカードでは、私たちの今の潜在意識の状態からカードが展開されます。そして、問題が出たとしても、解決カードとして、アドバイスが提示されるために、「逆位置ですね。。。」で話が終わりません。なぜなら、逆位置で今は出たかもしれないけど、そのカードが出たという事は、それが正位置ででるポテンシャルがあるけど、今はそのエネルギーがブロックされているために、過剰、または不足しているという事なので、問題解決を図ってあげて、そのエネルギーのブロックを取り除いてあげると良いのです。
出てきてみて、思うのが、確かに、これは私の潜在意識の中にある事だわ~、と。ただ、私たちって、色んな考えがぐるぐるしてて、クリアーじゃない事があるのだけど、その中の一つの流れがタロットで出てくる事で、ああ、ヤッパリそうなんだね~。と自分確認になったりします。何が大事かって、タロットで出た事によって、私たちがその事についてもう一度心の中を見つめ直すって作業が大切なのじゃないかと思うのです。
タロットのセッションも、やっぱり私たちが一歩前進するための大きな助けになる事だなーという感覚がさらに強くなったので、少しでもお助けになればという想いからタロットセッションを始めたいと思います。

2種類の方法があります。

1、メールでのタロットリーディング
AかBかCかDのどれかにしようと思っているけど、どれが良いのだろう。。。ビジネスをしていて決めないと行けない事がありますよね。料金、日にち、募集人数、etc..私はそのような、考えても分からない事はタロットで見て考える参考にしています。
それ以外にも、何かをやろうとしている時に、いくつかの候補があって、決められないとき、タロットは強力な相談役になってくれます。
メールにて受け付けています。(メールのやり取りのみです。2−3日中に返答)
1つのお題につき$15で承ります。

2、タロットーキネシ スカイプセッション
今の状態がどんな感じなのか、実際にお話を聞きながらタロットを展開します。
カードは時に色んな方向に読めるため、展開によって読み残している所があるか、キネシオロジーを使って確認します。
展開にもよりますが、1つのお題に付き、スカイプ時間は10-20分位を考えていただければとお思います。
セッション代=(申し込み料$10)+(1つのお題に付き$15)
(例:お題2つの場合、10+15+15=40)
お申し込み、お問い合わせは
keiko♡purefoodpurebody.com (♡を@に変えて下さい)
[PR]
by pineheath | 2012-12-02 09:10 | タロットセッション | Trackback | Comments(0)