<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

多面体な自分

38歳の女性とは、こうあるべき。
40歳を超えたら、こうあるべき。
お母さんだったら、こうするべき。
奥さんだったら、こうするべき。

その、こうあるべき、こうするべきって、誰が決めたこうするべきなんでしょう?

もちろん、それも素晴らしい。その、あるべきであろう事を実現させている自分にも、満足がいく。
でも、その真裏にいる自分も、これもまた自分。お母さんだけど、だらだらしたい時だってある。子供以上にわがまま言いたい時だってある。泣いてしまいたい時だってある。
ばか騒ぎして、踊りたい時だってある。 詩を熱唱したい時だってある。

そんな自分を否定して、それがない物としていたら、それはそれで、本当の自分を表現できてはいないのだなーっておもいます。

もちろん、『こうあるべき』の反対側の自分を表現する事で、自分の事を、変に思ったり、離れていったりする人もでてくると思う。

で、それだったら、しないでおくの?しないで、『こうあるべき』に留まっておくの?
そして、多面体の光のあたる所じゃない自分は、ない事にしちゃうの?

ない事にして、「いやいや、わたしは、幸せだから」って自分をなだめて、沸き起こる幸せよりも、「幸せなはず」と、頭で考えた幸せのなかで、なんとか人生をやり過ごすの?。

人って、本当に多面体だなと思います。
尊い所もあるし、しょうもない所もあるし、どこまでも慈悲深い所もあるし、がめつい部分もある。
で、それで良いのじゃないかな?って思うのです。そんな中で向上していこうとしている。
だって、それがわたしなんだもん、そんなオリジナルなあるがままの自分であるから、届く事が出来るひとがいるのだって。

自分は、こうありたいを出してしまった方が、相手だってわかりやすいと思う。こちらが共鳴するはずの光を出さなければ、向こうは共鳴しようがないのです。

自分を丸ごと認めて、これがわたしです!って共鳴の光を発したい。同じ共鳴の光を持っている人の目につきやすいように。そこには、もちろん何の確約はないのだけど。でも、こう思われた方が良いからこの自分を表すってやり方よりも、私は、こう言う人間ですって、表も裏も、かっこいいも、かっこわるいも全部含めて私ですって、そういえるようになったら、ずっと楽になるし、あ、実は、皆そうだったんだねってわかるのだと思います。

ちょっと前に、多面体である自分を、最後の一歩、認められていないという問題に行き着いたセッションをしたので、ありのままで良いんだよな~!!って、また確認したのでした♪
[PR]
by pineheath | 2013-03-30 05:41 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

やるっ!!って決める

なんか、うまく行かないな~、うまく行くと良いのに、、、。ってうだうだしちゃっている人も、多いと思います。ああなりたいなー、こう言う感じになったら良いのに~、っておもいながらも、うだうだうだ、、、
そして、ちょっと合間にちょっとだけやってみる。
あ、失敗した、、、そして、やっぱりうまく行かないよな、、、って、うだうだうだ、、、
これじゃあ、上手くいくものも、ぜーーーったい上手くなんか行かない。
物事がうまく行く時って、うまく行くことだけしか考えていないし、その為に降ってくることは全部こなす、もう、全部やってやる~!!くらいの勢いがあるのだと思うのです。

それ位、やりたいことなのか、なぜそれをやりたいのか、そして、それをやってどうしたいのか。

前にも書いたような気がするけど、今の現実から逃げる為に、こうだったら良いなって思うのっていうのは、魂からの目標ではないので、やりたいと思っている『だけ』だったりします。本当にやりたいって思うことは障害があってもやりたいって思えること。

もちろん、潜在意識に、大きな怖れをかかえていて、それがためにずんずん前進するのが怖いっていう人も多いと思う。でも、やりたいことって、怖れがあるけど、でもやりたいって思うこと。

一歩踏み出すのはすごく怖いけど、踏み出してみたら、全然景色が違ってて、ああ、こんな景色が見えるなら、もう一歩先に行ってみたい!!って思えるかということ。

ここに居続けて、なんか、少しの不平と、ほどほどの満足と、生温さと、それが頑張らなくてよくってイゴゴチが良いのかもしれない。
だったら、私は、その環境を最高にイゴゴチが良い物に変える方に頑張るのも素晴らしいことだと思います。何も、大きなことをしなきゃ幸せじゃないっていう幻想も抱く必要はないのだと思います。

何となく不平、不満があって、何となく今の生活が最高に幸せじゃなくて、「自分がクリエイトした人生」って感覚が無くって、心のどっかにすきま風が吹いている、、、
もし、そういう状態なら、どっちに本当は行きたいのかって聞いてみて欲しい。このままが良いの?どっちかに向かいたいの?って。
このままが良い、変わりたくないっていう自分と、なんか、変わらなければ、どうにかしなければっていう自分のせめぎ合いにもなると思う。でも、それをしながら自分を見つめていくことが、それが生きていることかなって思います。

大きく一歩出るのは誰だって怖いものです。それを怖くないんだったら、もはやそれはチャレンジなことでも何でもないし、そこには成長だってないんだろうなって思います。
怖いなって思いながら、怖いって思うのが当然だなって思いながら、一歩出ることは決めている。

ただ、ただ、「やるっ!!」って決めるって事だけなような気がします。

そして、怖いなって思うんなら、怖さがなくなる位一生懸命それに向き合う。全力を尽くして、それで失敗したら、それはそれで可なのですから。そこからいくら何が転げようと、命を取られることはないのですから。
人生は冒険だなって思います。
っというか、人生という冒険を私は進みたいんだなって思います。

来る日も、来る日もカウチポテト(ソファーに座ってごろごろテレビ見ること)しかすることのなかった日々がありました。
私って生きているの?死んでいるの?って思う日々がありました。
その頃に比べて、今は、怖さとか、ドキドキさとか、始めてやってみることとか、どうしようもなく疲れ果てることとか、無謀な計画とか、神がかりな出来事とか、深い感動とか、色んな、経験を感じるようになりました。この経験することが生きることの目的ならば間違いなく私は今、生きているなって思います。そして、こうやっていかされている事を心から感謝します。

今日の朝のクライアントさんに出たメッセージで、
『思考が私たちを決定づけているように思われますが、本当はそうではありません。実は私たち自身が瞬間瞬間考えることを選んでいるのです。私たちの思考はどんな時にも影響を及ぼします。中庸を行く思考というものは存在しません。あなたが考える1/2秒前に思考はすでに存在し、そう考えようとあなたが決めるのです。ですから訓練によって、思考を監視し選択する事ができるようになります。それによってあなた自身が人生というハンドルを握る事ができるようになるのです。
あなたは集中力が無いと思いこんでいるのかも知れませんが、完全無欠な神の心は、あなた自身の心の中に住んでいます。』


というのが出ました。

どっち方向に進みたいかで、どんな思考を持つかを私たちは決めれば良いのですよね。
連鎖的に、思考って流れていって、自分の癖で悪循環にハマったりしてしまうけど、その思考を、癖だって見極めて、じゃあどんな思考を持とうって自分で自分が持つ思考を選択する事で、そのような現実をクリエイトしていく事ができるのです♪

かく言う私も、数日前に、うううんんんん。。。ってな気持ちになった事があって、早速、一人キネシでカードを引いたら、「昔の親から受けた考えのパターン」っていうのが出てきて、「あ、そうだ、この現実に着色して、うううんんん、、、ってなっているのは私だ。何が起こった訳でもないのに。。」って事に気付きました。
そしたら、そのグレー色に着色するのをやめようって決めれば良いだけの事。
私は、過去のパターンの中には生きたくないので、自分が思う事を素直に述べ、そしたら、ものの見事にスッキリと解決したのでした~。私って、まだ、そういうの持っているのねーって気がつく良いきっかけになったし、解決できて、なお嬉しい状態になりました。

さて、なにをやるっ!!って決めましょう?

f0128026_38294.jpg

NY帰りのバスの中より〜、燃えるような夕日でした♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お知らせです〜。
IHセッションの料金が4月から変わります。
3月末までのお申し込みは4月以降のセッションでも構いません。
もし、近いうちに受けてみようかなと思う方がいたら、この機会にお申し込みくださいね♪
(スカイプの環境が必要です、よろしくお願いします。)
お申し込みは ホームページ
または keiko♡purefoodpurebody.com (♡を@に変えて下さいね)

お知らせその2です♪
日本での自分メンテ講座の問い合わせを頂いています〜。
あと数日で、きちんとお知らせさせていただけると思いますー。
よろしくお願いします!!

[PR]
by pineheath | 2013-03-29 03:11 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

天城流湯治法養成講座の再受講報告♪

さて、NY からの帰りのバス中で書いています。今の長距離バスは、インターネットさえ完備されているのですね。自宅から1時間先のバス停から、NYまで乗り継いで10時間なのだけど、こうしてインターネットがつかえたり、時には、映画を流してくれるバスがあったり、快適なように出来ています♪
おまけに、10時間x2の往復でも$107って、こんなんでバス会社やっていけるのかなって、心配になります。今まで、行きは飛行機ってパターンが多かったけど、バスの時間はどうせ他の事が出来ないので、考え事したりするのに結構良いなって思いました。

さてさて、今回は、天城流湯治法の養成の再受講だったので、その報告です。
やはり、何でもそうですが、自分で理解したと思っていた事でも、もう一回受講してみる事によって、確実に知識が深く定着するのがわかります。一回目は内容の膨大さに何がなんだかわからないようになって、終わった時点では、どこがどこのポイントか、頭に入ってもなかったけど、今回は、自分が分らない所って言うのが自分でわかってて、そこをしつこく質問したり(レンドウさんには「お前には、これを6回説明したぞ~!!」と怒られたけど、理解できない物は理解できないので、しつこくわかるまで何度も聞いていましたー。でも、そのおかげでスッキリ♪)

多分前回も説明されたのだろうけど、もっと頭の中で整理された感じで、やはり受けてよかった~!と思いました。
自分や周りの為にもだけど、クライアントさんにどのように使えるかという事を考えていたけど、ああ、あの方には、これをお伝えしようーって、ひとつひとつ思いながら、受講していました。

噛む事は、散々私もニュースレターでもお伝えしている事だけど、また、話を聞くと、ちゃんと噛まなきゃーって気になりますね。

ちょうど、デモ用にいらっしゃった、実際のクライアントさんが偏頭痛、生理痛をかかえているケースで、習った事がきれいに当てはまるケースでとても面白かったです。
「ここがい痛いはずだよね?」と、クライアントさんのポイントを触ると、
「いたい、いたい、いたいですうー!!!」
「そして、ここが硬いはず」
皆で触って、「ああ、本当に硬い!!」
そういう時は、ここをほぐす(と言ってほぐし始める)
「痛いいたい、痛いです~~~!!!」
(天城流は、そんなに痛い療法では決してないのだけど、滞りがあるので傷みを感じてしまうのです)
そして、
「さあ、どうかな?どんな感じですか?」
「あれー?すっきりしている!あれー!?」
と流れるのです。
子宮は右の不調、このクライアントさんの偏頭痛も右側。彼女は、よく噛んでいない為に、右側の小腸が硬くなり、下がり、筋肉が骨と癒着している状態でした。

ここでも、よく噛んでいない事が根本の根本原因でした。
そのクライアントさんは、マッサージポイントを伝授してもらって、帰って行きました。

f0128026_982262.jpg


結局、バスからは画像がアップできなかったので、自宅に帰ってきてからのアップになりました〜。
[PR]
by pineheath | 2013-03-27 09:13 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

天城流湯治法 ステップアップ講座

天城流湯治法のステップアップ講座を受けたので、そのレポです♪
レンドウさん、セドナとかバリとか色々まわっていらっしゃってて、FBで、色々死にそうになっている体験談を読んでいたのだけど、昨日お会いしたら、いやはや元気♪
話聞くと、3日前には、風邪かと思って飲んだ薬の副作用で死にかけてセドナで救急車で運ばれて、大量の食塩水点滴されてって、すごい事になってたらしいけど、そんな面影はまったく感じさせませんでした。

実は、わたし、講習申し込みしていたのだけど、なぜか、名簿から漏れてて、待てど、暮らせど、講習場所とか時間とか、細かい情報が流れてこないなーって思っていたんです。でも、ま、わたし参加って言ってあるしーと思ってのんきに構えてて、ほとんど、その連絡が来てない事さえ忘れてました。で、出発の前日の夜に、前の養成で一緒だったNさんが、「Nちゃんから、恵子さんも参加するって聞いたよーよろしくねー」と、メッセージが入り、「ああ、わたし場所とかわかってないや~」とはたと気づき、Nさんに急遽教えてもらったという流れだったのです。いつも、そうなのだけど、Nちゃんは、なぜか後ろからわたしがやりたい事がうまく行くようにサポートする役回りをやってくれている存在なのです。今回も、彼女の行いがあったからこそ、Nさん、わたしにメッセージしてきてくれた訳だし。
そんなけで、転送してもらった、講座の詳細には、「レンドウさんの体調が戻りましたので、予定どうり行う事になりました」って書いてある!えええ?中止になるかもしれなかったの~!?ほーんと、NYに10時間バスで行ったは良いけど、中止だったってギャグな事にもなりかねなかったんだなーなんて、思っていました。
なので,レンドウさん、どんなお具合なのかと思いきや! 入院後、1日で復活、ステップアップ講習はばりばりレンドウ流の辛口&ギャグも飛ばしながら率いていらっしゃいました。
こう言う復活力の早さも、天城流の骨と筋肉をはがされている状態の流れのいい身体だと、あり得る訳ですね♪

で、前置き長すぎだけど、ステップアップ講座ー養成受けた人の、更なる技術向上のための講座なのだけど、自分で使ってたり、人に教えたりしながら、少し曖昧だった点が、クリアーになりとても良かったです。
面白かったのが、講習始まってすぐに、参加者のTさんが「わたし、3日目から病気なんです~!!」と。話によると、メニエル病だと診断されたばかりだ、という事でした。とにかく目が回る、一週間この状態だったら、耳鼻科に行きます~って。
そこで、レンドウさん「バカもん!!耳鼻科行って治るかー!!メニエルはな~~」とメニエルのポイントになる所のレクチャーしはじめました。
メニエールの大きな原因中の原因は、咀嚼不足だそうです。咀嚼不足の為に主に右側の喉の所に滞りが出来て血流が悪くなっています。首の滞りを取る為には、手首なのだけど、そこをほぐしていきます。
面白いですよね~、IHヒーリングをやってても思うのですが、セッション前に、この事やって欲しいと、身体が症状を出してきたり、久しぶりに感じるこの感覚っていうのを経験してきたりするクライアントさんが結構います。今回のTさんの事も、まさにそうだなーと思いました。潜在的にその問題を抱えてて、でも、レンドウさんのに行く前にこの事どうにかしてよねって身体がわかりやす形で症状を出してきたんですね。

それと、足のアキレス腱あたりのポイントについて習っていたとき、ペアーを組んでやるんだけど、私、涙目になる位痛くって、痛くって、、、なんで?皆ここ痛くないの??と不思議になるくらいでした。
そこは、腰に繋がるポイントで、実は、私ねーこのごろコンピューターワークが多いので、腰が、なーんか、痛いナーーって何となく、思っていたのです、。。自宅ヨガはこまめにやっているけど、アメリカ朝時間に日本よる時間でセッションが入っているので、ここ何ヶ月かはヨガに通えていないし、、、
グキッとかやった訳ではないし、本当に、何となく重い痛いって感覚は徐々に大きくなってくるから、軽い状態を忘れがちになります。いや、忘れてしまっていました。
腰に繋がるポイントがことごとく痛い事から、私の腰は結構危なかった事がわかりました。ほっとくとヘルニアか、ぎっくり腰かわからないけど、何かに繋がっていたかもー。今回ステップアップに参加して、救われましたー。

それにしても、ペアー組んでお互い習った事ポイントを揉むのだけど、そんな長時間揉む訳じゃないのに、(天城流では、長時間は揉む必要がありません)スッキリ元気になるから本当に不思議です。
繋がっているのねー流れたのねーって実感します♪
ちなみに腰に繋がるポイントでわたしが涙目になったのは、足の内側のくるぶしの斜め下(かかと方向)あたりです。このポイント、皆さんいかがですか?

f0128026_21515240.jpg

[PR]
by pineheath | 2013-03-23 21:54 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

やっぱりみんな、自分のヒーラーだ!

旅先なので、短めですが、嬉しかったので投稿します♪
今日は、NYのお隣コネチカット州まで行って自分メンテ講座をしてきました。
イエール大学、とても歴史があって、美しい大学なのですね。とても美しい日で、気持ちよかったです♪
自分メンテの初級では、一人キネシを使って、自分の潜在意識からメッセージを引くというのをやってもらうのですが、とっても面白いです。
今日の受講者のお一人は、心のモヤモヤに対して、メッセージを引いてもらったら、それはsoul mate、彼女が引いたお題は、縁のある男性との事。おまけに、その男性の事を相談したサイキックヒーラーさんは「ソウルメイトだから」と表現したそうです。(それも数日前)
その男性の事を避けたいって思っていながら、どうしよう~って悩んでいて、それで一人キネシで引いたカードが「soul mate」もう、どんぴしゃすぎて笑ってました。

他の方が引いたカードは「Archangel Michael」、、、「わたし、今、思い出したけど、2ヶ月前くらいに、癒しフェアーみたいなので、サイキックの人に見てもらったら、『あら、Michaelがいるわよ』って言われたのを今思い出しました、、、」って。

しっかり、まだMichaelがついてくれているようですね。そして、モヤモヤする事に対する答えも、ちゃんと得られたようです。「あたり過ぎて怖い~」っておっしゃってました。

こうやって、誰でも、つかえるようになるんですよねー。一人筋反射。こつさえつかめば、怖いくらいにドンピシャで出てきてくれるようになるのです。それが潜在意識と、コミュニケーションできている状態。

自分が自分のヒーラーになる♪そして、小さなモヤモヤは自分で解決できる状態。素晴らしいですね♪ 私も教えられてすぐにドンピシャなカードを引く事ができる皆さんを見て嬉しくなってしまいました。ああ、やっぱり皆自分のヒーラだな♡って。

f0128026_20583284.jpg


f0128026_2101023.jpg


f0128026_2115111.jpg

[PR]
by pineheath | 2013-03-23 21:11 | 自分メンテ講座 | Trackback | Comments(0)

旅先で体調を崩さない為に☆

ただいまNYです。今回は、天城流湯治法のステップアップ講座を受ける為と、養成の再受講、そして、NYのお隣のコネチカットで個人グループに自分メンテ講座をさせていただくためです。
こうやって、NYにたびたび来るのですが、来る時は日本人経営のドミトリーにお世話になります。
わたしが利用しているのは

Space 46
または
Empireroof

という所。Space46は、ドミトリー部屋で各自少しのしきり壁があって、少しのプライバシーが守られています。ドミトリー部屋は女性専用です。
違う階に共同キッチンがあって、一通りの調味料などもそろっています。
ここがとれたら、ここは新しくはないけど、きれいに掃除が行き届いているので、お勧めです。
一泊40ドル。

で、そこが、とれなかった場合は、Empirefroofに泊まります。こちらも、不足はないのですが、管理人さんがあまり立ち入らないので、掃除が行き届いていないです(時に、まあまあオッケイな位掃除がされている時と、どうしてここまで汚いの?と言うくらいの時と両方あります。)

で、旅先で、一番困るのが食事ですよね。
5日とか、1週間とかいる時には、初日に食材を買っておいて、ランチを作る事が多いです。冷蔵庫冷凍庫もそろっています。
どちらの宿も鍋もあるので、家から3カップくらいの玄米を持ってくれば、旅先でも玄米を食べる事が出来ます。(もちろん、薄い鍋で炊くので、味は自宅のより落ちるけど、それでも、旅先というのも手伝って、結構美味しく頂けます♪)
なのでランチはだいたい、生野菜サラダの上に、玄米がのってて、それプラス卵だったり、フモス(豆のディップ)だったり、、とそんな感じ。
そうそう、それと、朝一は自宅では Vita-mix と言う、超強力なブレンダーでグリーンスムージーを作って飲むのですが、旅先では、小さいけど、結構オッケイな働きをしてくれるmagic bullet という小型ブレンダーを持っていっています。ケール(という青汁の元にもなる緑の濃い野菜)と、バナナと、イチゴなど、宿の近くでそろう物でグリーンスムージーを作ります。その後に、パンと紅茶またはコーヒーというのもありです。

そして、夕食は、NY の友人や講座に一緒に参加する仲間と外食するという形が多いです。

でも、こうやって朝、昼、自分が手をかける物を食べていると、1週間毎日夕飯外食でも、体調を崩すという事はありません。

前回は、3日間NY だった為、朝のGSのためのMagic bulletも持ってきていなかったし、昼の玄米御飯サラダも作らずに、朝 Nakedというオーガニックのスムージー(パッケージのもの:美味しいし、健康志向はの人には人気商品だけど、結構甘い) 遅い朝に、紅茶とクロワッサン。
昼は近くのサンドイッチ屋さんで、外食、夜も外食という生活だったら、「あああーもう、家の物がたべたーーいいい。」という感覚になりました。
その後、フロリダで、ひろみちゃんところで、マンナカフェというカフェで超野菜たっぷりのを食べ、その後も、ひろみちゃん宅でずっと一緒に作って食べてたから、身体が、あああー野菜が満たされたーって感じに戻ってほっとしたけど、やっぱ自炊に限るな〜、って言うのが教訓でもあります。

なので、今回は5 泊 NYなのだけど、朝、昼自炊で行こうと張り切っています♪
それと、今までWHOLE FOODSとか行かないと、良い食材そろわないのかなと思っていたら、宿の前のDELIにだって、良い食材置いてある事がわかったし♪ 今日は昼からの講座なので、朝にたっぷりフルーツとか、野菜とか買いだめしてきました☆
という事で、旅先で身体を壊さない為に〜でした♪ 
[PR]
by pineheath | 2013-03-22 01:07 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

自分メンテ講座@フロリダ 初級、中級編のお知らせと日本での日程♪

3月に大好評だった自分メンテ講座@フロリダですが、5月頭にまた開きますよ〜♪

natural rhythm のひろみちゃんとコラボです♪

次は前回と同じ内容の初級と、レベルアップを目指す中級です♪♪(それぞれ独立した内容なので、単発で受けていただけます。
初級も、中級も、それぞれ盛りだくさんな内容になっています。
人数制限がありますので、これは!!と思う方はお早めにお申し込みくださいね♪

そして、日本へも行きますよ〜☆今のところ決まっている日にちをお伝えします〜。


それぞれ、オーガナイザーの方のご協力で話が進んで行っています♪

5月1日(昼:初級)、2日(昼:中級)
  4日(昼:初級)、5日(昼:中級)   自分メンテ講座@フロリダ

5月14日(夜:初級)、16日(昼:中級) 自分メンテ講座@名古屋

5月17日(10時、13時、16時)   IH対面セッション@名古屋

5月20日(昼:初級)、21日(昼:中級) 自分メンテ講座@京都

5月23日(夜:初級)、25日(昼:中級) 自分メンテ講座@和歌山

5月24日 (10時、13時、16時)  IH対面セッション@和歌山

5月30日 (10時、13時、16時)  IH対面セッション@東京

5月31日(夜:初級)、6月2日(昼:中級) 自分メンテ講座@東京

    未定:               自分メンテ講座@福岡

                      IH対面セッション@福岡




そして、そして、自分メンテ講座を呼びませんか?
以前 その事をブログでも書いたので、早速個人グループの方がお申し込みをして下さっています♪
5人以上集まって下さったら、自分メンテ講座を開きに行きます。
その場合は、お申し込みを頂いた方のリビングなどを使わせていただいての講座になります。お友達同士でわいわい講座を受けるのも楽しいですよね。

ではでは、自分メンテ講座@フロリダの詳細です♪♪

自分メンテ講座@フロリダ

日時:5/1/13(初級)、5/2/13(中級)、
   5/4/13(初級)、5/5/13(中級)
場所:フロリダ、ジャクソンビル
参加費:初級65ドル、中級120ドル

お問い合わせ:keiko@@purefoodpurebody.com  (Keiko )
hhn91@@hotmail.com       (Hiromi)
(@をひとつ抜いてくださいね)



自分メンテ講座~これからの時代、自分が自分のヒーラーに!

自分の事は自分でメンテナンス
自分の心と体のビューティー度アップ講座


心と体に効く、聞くメンテナンスキネシ&天城流湯治法マッサージ、直感を使って食べる事に対するお話。



自分=心があって、体がある。
今までは体の事に注目してみたり、はたまたスピリチュアル系で心の事だけに注目してみたり。

でも、ずーっとに言われているように、心と体は繋がっている。心だけが大事なんじゃない、体だけが大事なんじゃない。両方から自分にアプローチしていく事で、
最も効率的に自分をメンテナンスできる。
今日から自分が自分のヒーラーに、家族のヒーラーになりましょう♪




講座内容:

初級(10:30~2:00)

第一部:ココロの部

Ⅰ、潜在意識の話/キネシオロジーとは 
2、食物検査 
3、一人キネシ 

4、心の問題ー体の問題
5、心がもやもやするときー潜在意識からのメッセージを引く技術(オラクルカード、エッセンス)




第二部:カラダの部

6、体がもやもやするときー原因を探る
7、食べ過ぎる、やめられない事

8、健康&スッキリしている自分への大前提!!かむこと
9、足マッサージで万病予防!! 天城流湯治法
10、顔やせ!! 天城流湯治法マッサージ
11、お腹の脂肪落とし!! 天城流湯治法マッサージ
12、体を使う事は脳を使う事。脳を使う事は可能性の入りぐち。


講座内容:

中級(10:00~4:00)

第一部:心と体のための筋反射
1、キネシとは、潜在意識の話 2、IH (インテグレイトヒーリング)について 3、筋反射とは−実際の筋反射
4、筋反射を日常的に使うー強く押さない筋反射  5、筋反射がうまく取れるために
6、筋反射 A, 心のストレスを見る  B, 潜在意識と会話する  7、さらに練習、筋反射!!



第二部:心と体が元気でいるために
8、自己実現の秘訣−問題と目標は背中合わせ 9、健康な体のために:ダイエット無しで痩せるための、直感を使って食べる方法  10、健康的でいる事とスピリチュアル
第三部:体のケア:天城流湯治法のマッサージ
11、お尻やせ 12、足やせ 13、背中すっきり 
14、腕のほっそり 15、肩のこり



少しでも沢山の方とお会いできるのを心より楽しみにしています!

youtube で講座風景をアップしました⇒こちらです




f0128026_5121652.png

f0128026_413968.jpg

f0128026_42159.jpg

[PR]
by pineheath | 2013-03-19 05:20 | 自分メンテ講座 | Trackback | Comments(0)

IH 事例&感想ー外側に自分の価値を求める

珍しいプロトコールが出たので、シェアーの許可を頂きました。

セッションのお題そのものは、人間関係にコミットメントできないという事でした。
自分が本気になったら、その人は離れてしまうという信念があって、それに基づいて行動してしまう。と。
Kさんは、セッションの回数が進むに連れて、どんどんご自身の感覚が研ぎすまされてきてて、このセッションの前にも、食生活が究極にシンプルになっているって驚いていらっしゃったのだけど、

I now allow my Spiritual Being to know simplicity.
(自分の中のスピリチュアルな存在がシンプルさを知るのを許します。)


という言葉が出て、食べ物に関しては気軽に決断できるけど、付き合いに関しては自分の感覚がわからない=complicated 複雑だと。
友達交際だと、気分で、その人にあわせすぎる事も無く、適当な調子を取れて、決められるのだけども、真剣なおつきあいになると、自分の感覚がわからなくなるという事でした。

そして、
I am open to hear information from my guides.
(わたしは、自分のガイドから情報をきく事に対してオープンです。)

これに対しては、拒否する気持ちはないのに、それなのに、受け入れたくない気持ちがあって、感じようとしても、コミットする所にしっかり入りたくないというお話。なぜか怖さがあると。

年齢退行で出たのは、
24、5歳
その時は留学はなしが中断になって、暗い感情をかかえて過ごしたときだそうです。
自分が、感覚で行動しなくては?と思っていたけど、拒否される事が怖くて、全身で動く事にコミットできず、そんな中で進めていたから、実現という形にまでこぎ着けなかった、その事で、ものすごく後悔した時のようでした。

I now no longer create hypothetical situations that may never arise.
(起こってもいない、仮説の状況を作り出す事をもう止めにする)

という言葉に対しては
⇨あなたは、そんな価値が無いと断言されるのが怖い
=そんな事いわれたら、自分は崩壊する、って思いがずっとあったようです。
そこから、思いっきり行動するなど、状況にコミットメントできないでいた。

なので、外側からの裏付け無しで、自分が自分である事に確信を持つという事が必要だという事がわかってきました。

でね、興味深かったのですが、
Integrated touchという身体のストレスがある部分からのメッセージを拾うというのが出たのだけど、Kさんは頭にストレスを感じてて
そこのストレスを聞いていたら、
自分の身体に居たくない感覚があるという事がわかってきました。

年齢退行がもう一回
3歳
これは、Kさん幼い頃に難病にかかったのだけど、それが再発した年
だという事でした。

で、出てきたのが
甲状腺ーTHP(甲状腺、視床下部、脳下垂体)の機能をシンクロさせるというプロトコール

これは、本当に出る事のほとんどないプロトコールなので、とても興味深かったのです。
どうも、その幼少期の病気の事から、このプロトコールが選ばれる必要があったようです。

この機能がシンクロすることは、肉体的、感情的な幸福の双方に絶大な影響を与えるのに必要なのです。
どうも、幼いころのお病気で肉体的な事も精神的な事もあり、この身体に居たくないって思いがKさんの中には沸き起こり、そこを快適にしない事には
本来の目標である
外側からの裏付け無しで、自分が自分である事に確信を持つ
という所には繋がらない、という流れ
のようです。

それ以外にも、色々出て、クレニアルの修正も出て、
無事セッションは終わりました♪

その後、頂いた感想です。

セッションの翌日はすごくだるかったですが、そのあとすぐ菜食の関連からお腹の中が気になりだしました。
それで、昨晩は以前に買ってあったお腹の寄生虫に効くフラワーエッセンスを飲んで寝たところ、変わった夢をみました。
夢の内容は以前に少し気になっていた人の面影がある誰かと結婚することになっており、彼の故郷へ行くという夢でした。
その場面のなかで、今までだったら前回セッションで取り上げてもらったような恐怖感がすごくて、相手に当たってしまったり暗くなるのですが、
自分の心の動きがもっと上の自分から観察できていて、なおかつお腹のあたりがどっしりしていて安心感があって、「これが求めていた感覚で生きてるかんじなのか!」というのと、
お腹にある寄生虫とか悪玉菌のような感情とハートの感情がはっきり識別されたという実感めいた直観を感じたところで目が覚めました。
そしていつも目が覚める時はもっと苦痛なのですが、今朝はありえないくらいスッキリしていました。
セッションでいろんなところが調整されて、調整がさらに調整をよんでいるみたいです。
お腹についてはまず自力で食べ物とハーブ系でやってみようと思っていますが、また何かが浮上してセッションをお願いするときは、どうぞよろしくお願いいたします


そして、その後に

この前の調整のあと、こめかみの重い感じがとれて、鏡でみると顔も少し変わったみたいでした。
内面だけでなく、外見にも変化がでるって面白いですね!
このままもっと小顔になれたらいいな~なんて思っているところです。


今回のKさんはお病気の事もあって、自分が自分である事に違和感を感じていた所があったから、このプロトコールだったんだろうけど、
それ以外の場合でも、
自分が自分でいる事に、安心感を持っていないと、私たちは、外にそれを確認したくなってきます。

でも、いくら外に確認した所で、それは内側を表している世界でしかないから、私たちが安心するものは外にはないのです。だって、内側が安心してないんだもん。鏡の中の自分(外側の世界)はわたしが先に笑わないと笑ってはくれないのです。

なので、本当は、外がどうあろうと、自分が自分であって、そこに居心地の良さを持てていたら、それがものすごく楽な事であり、もはや、その時には、外への確認がいらなくなるのですよね。

結局、自分が自分である事に心地よさを持てていなかったら、それを確認するように、外で起こる出来事も自分の内側を表してしまいますから。

外からの、「あなたは大丈夫よ」っていう情報は、私たちが、そうであると受け取れるようには入ってこない。だって、その現実を私たちが引き寄せているのですから。

なので,何はともあれ、内側からわたしはわたしであることに絶対的な安心感と、喜びを持つ事が必要不可欠になってくる訳です。

そうすると、自ずと外側からも、あなたはそれでパーフェクトよ♪という情報が私たちに伝わるのです。そして、その時には、あ、やっぱりそう?ま、そう思っていたけどね。って確認の意味で受け取るだけで、その外側からの情報に執着する感じでは無くなるのだと思います。

Kさん、肉体的、精神的に変化してきているようですね♪これからもとても楽しみです。
シェアーありがとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、ここからはセッション費変更のお知らせです。


     <2013年3月末までのお申し込み>   <4月1日以降のお申し込み>
1セッション    $ 95        →     $130
5セッション   $ 465       →     $600
10セッション  $ 900       →     $1100


3月末までのお申し込みで、実際のセッションは4月以降でも構いません。
是非、この機会にご検討ください。
繋がれる事を心から楽しみにしています。

お問い合わせ、お申し込みは
keiko♡purefoodpurebody.com (♡を@にかえてください。)
Pure Food Pure Body のホームページはこちらです♪
[PR]
by pineheath | 2013-03-18 00:38 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

自分が被害者と思っていたら、そこからは何も生まれない

IH のセッションで、目標を作って行くのだけど、その時に、他人目標というのばかりを出してくる方というのがいます。どうなりたいですか?って質問に対して、
「〜〜が、こうしてくれたら、、、」と。

その根底には、自分が被害者だって思いがどうしてもあって、この現実は、わたしのせいではなく、あの人のせいってなっている。

人生の変化って、全て、すべーて、起こったことを自分が責任をとるって事からしか、前に進めない。どんなに、自分が不幸で、ついてなくて、〜〜がこうしなければ、自分はこんな不幸の中にいないっ!!!って思ったとしても、それさえもが、自分が引き寄せたんだって、自分が責任を取るという、ある意味、覚悟が必要とされるのだろうと。

セッションでは、過去生というのがどうしても出てきて、今世だけの課題で、今の状況があるとは思えないって方もいらっしゃって、そういう意味で、納得いかない!って思う事もあるかもしれない。

でも、

それでも、

それを引き受ける所からしか、私たちは前進する事が出来ない。

それは、酷なようだけども、

でも、実は、すごく希望にあふれている事だって思うんです。

だって、わたしが変われば、引き寄せるものは変わるんだから。

自分の幸せの行方を他人に任せている必要はないんだから。



わたしは、スピリチュアル的なこう言う真理を学んだとき、ある意味、すごくほっとした事を覚えています。
それなら、わたしにもチャンスがある。わたしさえ変われば、現実は変わるんなら、それならわたしにもチャンスはある。って希望を持てた。

だって、人を変えるって、どんなよ?
人を変えるって事ほど出来ない事にチャレンジする事はないです。そして、変わらない事に、しんどさを感じる事もない。

例え、自分のおかげで人が変わったって思ったとしても、それは、単に、その人のアクションをみる、受け取るあなたが変わったというだけの事。

いや、もしかしたら、その人は変わったのかもしれないけど、それはわたしがその人をかえたのではなくて、その人は、その人自身で変わっただけのこと。

変わるのは、いつも内側からなんですよね。外からの何かからは変わらない。
内側から変わる為に、外からの刺激が与えられ続けるのは、そうだけど。

外からの刺激は小さなマッチの火のようなもの。
その火で内側に火がつくかどうか。
でも、私たちは、他人に対して、マッチの火を渡す事は出来るけど、その人の内側に火がつくかどうかは、その人がつけるかどうか、にかかってて、そこは、私たちのコントロール外のことなのですよね。
だって、その人は、その人の道を行っているんだもの。

そして、それが、その人の今の最善なのだろうから。

だから、私たちが、内側に実際火をつけて、実際その人を変えるという事は、この世界では出来ない事になっているのだと思います。

私たちは、絶妙なタイミングで出会い、絶妙なタイミングで、お互い関わって、マッチの火を渡し合って、時にその火が内側について、成長に繋がる。

出会う人、関わる人は、自分にマッチの火を渡してくれているだけなんだ、って、自分の内側に火をつけて、自分が変わる原動力になるきっかけを作ってくれているんだって、そうして、自分は自分のありたい人生をますますクリエイトできる自分に成長して行っているんだって、ただ、それだけの事。

だからね、集中すべきは、今ある自分の責任を自分が取るという事。

相手が変わらないなら、きっと、わたしが渡すマッチの火は、相手に影響力がないというだけの事。
もっと良いマッチの火を渡せるようになるには、もっと自分が成長するしかないって事。

相手から帰ってきている、「そのマッチの火じゃ効果がないです」っていうマッチの火で、私たちは、自分の内側に火をつけて、燃えちゃえば良いんです。

相手は、そのタイミングじゃないのだろうし、それはその人の道だから、どうしようもない。

ただ、ただ、自分の成長に、集中する事。

その為には、〜〜のせいで、わたしは、、、と言う、被害者意識なんて、もういらないのですよね。
[PR]
by pineheath | 2013-03-17 22:58 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

漠然とした不安の正体

このごろは、沸き起こるモヤモヤが少しでもあると、それを如何にスッキリするかがチャレンジのテーマになっています。
モヤモヤを感じては、なんでそうなのかなって、とことん内面へ問いかけたり、キネシで見たりして、ああ、ここの所に引っかかっているんだなーって、自分の事がまたひとつ分る。それを繰り返したら、どこに行くのだろうって、それがちょっと楽しみだったりしています。

息子がmath competitionに出るのに、早朝にバスでのお迎えがあるって事で、土曜日だけど早起きだった日がありました。

算数が得意な子達が、学校内でまずcompetition やって、その中のスコアーが良かった子達が、地区大会に行ったのです。
Tくんは、いつも夜更かしになりがちなのに、前日の夜は、さっさとベッドに行き、ちょっと気合いを入れている様子でした。
当日の朝御飯を食べている時に、「ああ、ここの所が少しモヤモヤするなー。」って言うので、「えええ?なんで?風邪?」って聞いたら、「いや、ナーバスな時は、そんな風になるじゃん」って。
あ、やっぱり少しナーバスなんだ、と分って、「ナーバスってさ〜、、、」と話しました。

チャレンジして生きていると、ナーバスにならないといけない時ってありますよね。いや、ナーバスなのかな、ドキドキする感じ?です。
それをナーバスと感じるか、ドキドキ、ワクワクと感じるかは人によって大きく違うと思うけど、ナーバスって感じてしまうと、せっかくのチャンスが、ナーバスに押し殺されて、楽しい事としてとらえられなかったりします。でも、せっかくの事を楽しい事として捉えられないって、すごくもったいない。
でも、そのナーバスになる事、多くの人にとっては、人前でプレゼンしたりとか、Tくんのように、皆の中で算数の問題を解かないといけない状況とか、そういうのって、なんか、漠然とした モヤモヤモヤーっと、なんとなく恐ろしい物がそこにあるような気がしているから、その不安感は募ってしまって、楽しむって所まで到底行かなかったりするのですよね。

もちろん、人によっては、潜在意識にそこら辺の大きなトラウマを抱えているせいで、サバイバルプログラムが出て来ちゃうって人とかもいるかもですが、(そういうのはIHで扱うとして)

そこまで大きなトラウマが無いけど、何かって言う時にナーバス、不安になるって言うのって、その正体をはっきり見ていなかったりするからだなーと思うのです。

具体的に、その時にどんな状況で、何が起こるのかって事をリアルに想像してみたりしたら、意外と、「あ、それなら出来そう、楽しそう♪」と思える事も多かったりします。

そして、「もし、例え、最悪の事が起こったとしても、、、」と考えるのもかなり有効です。

人前で話す事とかでナーバスになってたとして、「最悪、声が上手く出なくて、ドキドキして、スムーズに話が出来なくって、、、」と、最悪な事を想像して、「ま、でも、どんなに失敗したとしても命が取られる訳じゃないか〜♪」と。
とーっても最悪な事が起こったとしても、その程度なんだ、そして、私は、ここにいるんだ、」って自分のセンターを自分の中に確認する事が出来たら、後は大丈夫。

そして、その最悪を確認したら、後は、そこからどこまで楽しくなるかを想像して、楽しみになる所まで持っていく。

Tくんの算数の大会では、きっと皆の前で問題といてそれを答えるって言う所に対してナーバスなんだなと思ったので、
実際にその状況を想像してごらん、T くんはただ、問題を集中して解いて、そして、答えているってだけだよー。周りはT くんを見ている、でも、Tくんは、T くんの中にいるんだよー。椅子に座って、問題といて、問題に答えて、ってしているTくんを想像させました。

「大丈夫、死にはしないさ」って、ちょっと極端だけど、でも、私たちの怖れって、要は、そこと結びついちゃうからだと思うのですよね。

ストレスを感じているときには、脳がサバイバルモードになってしまうのだけど、それって、何かって言うと、突き詰めると、もともと野生動物が持っていた「敵から逃げるか、戦うか」の心理。
これは、なぜ「逃げるか、戦うか」なのかって言うと『死にたくない』からなのですよね。

最悪が起こるとしても、『死なない』って事が分ると、私たちは潜在意識的にすごく安心するんだと思います。
そして、「なーーんだ、じゃ、たのしも♪」って、思える。

人前に出ることの不安とか、よく分らない妄想って言うのは、なんか、しっかり見ないとどんどん大きなものになっていってしまうから、そうやってしっかり見てみるというのが、とても大切。
そして、死にはしない、私は、ココにちゃんといるって分るって事が大切。

クライアントさんでも、親同士の付き合いの中で、仲間はずれにされていて、でも、学校行事に行かなきゃ行けなくて、その時にものすごくストレスを感じるって方がいて、その方は、IHでも自分に自信を持つってお題もやった事もあり、学校パーティーに行く事がストレスじゃなくなった人がいます。
無視されるかな?って思ったけど、「Hello」って自分から話しかけたって。そして、私は、ここには所属していないんだわ。って自分の中にセンターを感じて、それで、全然平気だったと。

私たちは、不安になったり、怖かったりするけど、でも、いつだって、私は私の中にいる。そして、自分の中が安全な場所として分っていれば、『じゃあ、いっちょ外では冒険してみるか〜』って気にもなれるのだと思います♪

あ、そうそう、T くん 楽しんだようでした♪ 地区大会2位で、州大会に進むそうです〜。
[PR]
by pineheath | 2013-03-08 00:59 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)