<   2015年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『倭のタントラ』京都合宿 第2弾 開催のお知らせ

倭のタントラ 京都合宿 第2弾  開催します

さて、LA行きの前から決まってて、facebookの、倭のタントラのメンバーページでは、軽く日にちだけ告知し始めていたのですが、申込みが、すでに入ってます!!!

ということで、正式に詳細の方、お知らせさせて頂きます⭐︎

マウイからAsamiさん、Shinzo さんをお呼びしての『倭のタントラ』 京都合宿 第2弾の開催のお知らせです!!

前回、第1弾での茶源郷合宿では、講習に参加してくださった皆さんが、日に日に打ち解けていって、最後には、オーガナイザーの私の声なんか聞いちゃいないってくらい(笑)大盛り上がりになったこと、また、大きな気付きを得て講座後には次の段階に進んでいる方がいらっしゃる話を伺うと、サポートさせて頂いて良かったなーって思いました。

私は、パートナーと一緒にオーガナイズさせていただいたのですが、講座以来、習ったマッサージをしてもらえるようになりましたっ⭐︎
これまでも、二人のリレーションシップもスキンシップも決して悪くなかった、いや、平均よりきっとずっと良い方だったのだけど、それでも持ち帰った物は多かったです。

ゴリゴリではない、タントラ的マッサージしてもらえるおかげで、リンパの流れも良くなるのか、体の調子、循環が良くなった気がします。
もちろん、私も10回に1回くらいはマッサージしてあげます。笑(いや、やっぱり女性は陽ではなく陰なので、受ける側って事で☆)

習ったマッサージ法は、こっちも、無理に力を入れる必要がなくって、女性が男性にすることも出来ます。
そして、不思議なことに、しているこっちも心地良いです。きっと、ゴリゴリ揉むマッサージとは違うからなのでしょうね。二人の間でエネルギーが循環する感じです。

実家に帰ると、体が凝って仕方ない母が父に良く、「ちょっとーもんで頂戴!」って言ってるんですが、その声が上がると父は、仕方ないか〜って感じに、頑張ってマッサージしてあげているんですが、その、本当は嫌だけど、、、って感じ、伝わりますよね。。
「もう、全然気持ちがこもってない!!」なんて、母が言ってたりして。。。
こういうのって、お互いに気持ちが良いって、大事なんだなーって思いました。
やってもらいたくっても相手の負担になるだけの事だったら、頼みにくいし、してもらってても、本当の意味でリラックスできないです。
きっと、それはエネルギーが循環してないからなんでしょうね。
このマッサージしてもらっている間は、深いエネルギー循環が起こってるなと思います。

カップルとして、コミニケーション深めたい方、オススメです。
もちろん、どんな大切な人にもしてあげれるマッサージ法です。

そうそう、そして、この講座の副題は 『引き寄せのマジック』なのですが、その説明を聞いて納得していたのですが、クライアントさんで参加してくださった方は、講座後に8歳年下の男の子からの急接近があり、かわいいといわれたりして、「これも、タントラ効果かも?!」なんておっしゃってました。


私自身も、後で気がついたことだったけど、大きなものを引き寄せたことがわかりました。
これは、ちょっとプライベートなことなので、また、講座でお会いできた方に、個人的にお話しできたらと思います。

そう、そして、今回は、合宿ならではな企画として、
夜の部 『倭のタントラセクシャルトーク』を企画しています!

講座内容以外の、さらにディープなお話を、Asamiさん、shinzoさんから聞けるチャンスです!お楽しみに!!(とは言っても、前回も、日をおうごとに質問がディープになって行ってましたけどね〜。)

お宿は、5代続く隠れ家的なこじんまりとした旅館ですので、収容人数に限りがあります。(限定30名マックスです) 
大ホールで講座うけて、上の階の掘りごたつのあるお座敷で食事とって、大広間&個室で宿泊できる、さらに貸し切りの可能性大なので、集まった仲間で気兼ねなく楽しめること間違いなしです。
人と合宿なんてうまくやっていけるか自信ない〜って方も、講座内容と、その場の雰囲気で気がついたら打ち解けていたって思うこと間違いなしです。
ご興味がある方は早めにお申込みください。

では、では、講座の詳細です!!!


日時: 2016年 4月 15日、16日、17日 (二泊三日の合宿です)

場所 : 京都府笠置町 にある 山の上のお宿
           (アクセスはJR笠置駅からになります。駅までの送迎付きです。
              場所の詳細などは、参加者お申込み後に直接お知らせいたします。)

講座&合宿費:

    《講座費》
.....................................................................................................................

倭のタントラ level1(早割価格) ¥27,400 (通常)¥32,400
(*5000円引き)

倭のタントラ level 1( 再受講価格 ) ¥16,200
(通常料金の半額)
......................................................................................................................
倭のタントラ level 2 (早割価格) ¥54800 (通常)¥64800
(*1万円引き)
倭のタントラ level 2 (再受講価格) ¥32,400
(通常料金の半額)
......................................................................................................................

倭のタントラ level 1 & 2 同時お申し込み(早割価格) ¥70,200 (通常)¥77200
(*同時お申し込みで2万円引き さらに早割で7000円引き)
倭のタントラ level 1 & 2 同時お申し込み(再受講価格)¥38,600
(通常の同時申し込み料金の半額) 

…………………………………………………………………

   《合宿費》

宿泊  5500円( 大部屋)
食事 朝500円、昼1000円、夜3000円
トータルが21000円(2泊+朝食2回+昼食3回+夕食2回)

*個室ご希望の方〜
カップルでご参加の方、またお友達同士、お一人でも、個室がご希望の方は、個室が4部屋あります。一泊につき一部屋(2名マックス) 5000円アップで、2泊で1万円アップです。
限りがありますので、ご希望の方は早めにお申込みお願いします。

持ち物: 
・着替え(汗をかいても着替えられるよう、多めにお持ちになることをおすすめします。)
・歯ブラシ・タオル・石鹸など(アメニティグッズは、ございませんので、各自ご用意ください。)
・ドライヤーなどが必要な方はご持参ください。
・保険証の写し

◎基本的な集合時間 と大まかなスケジュール
4/15(金)
10時半JR笠置駅 集合
お宿までの送迎があります。
お車の方は直接お宿にお越しいただけます、お宿の住所を、お申込み時にお知らせいたします。
11時 講座スタート
13時 昼食
19時 夕食
 
4/16(土)
       朝食
8時 講座スタート
12時 昼食
16時 風呂 などの自由時間
18時 夕食
19時半 夜の部:倭のタントラ 夜のセクシャルトーク

4/17(日)
     朝食
7時 講座スタート
12時 昼食
15時 講座終了
笠置駅までの送迎


お申込み、お問い合わせは、keiko@purefoodpurebody.com まで。

Asamiさん側の申込みページはただいま作成中です。そちらも整い次第、こちらにリンク貼らせていただきます⭐︎

↓写真は会場のお宿です

f0128026_13231266.jpg
f0128026_1323168.jpg
f0128026_13224752.jpg

[PR]
by pineheath | 2015-11-10 13:25 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

IH マスターコース in LA 報告♪


成田空港に着いたのでアップしますーー長いです♪

LAから帰ってくる飛行機で、書いています。行きの飛行機ではくおちゃんのこと、子供達の事を抱えて記事を書いていた事が、遠い出来事のような気がしています。そして、それだけの色々を抱えていたからこそ、このLA行きが、私にとってものすごく必要なものだったのだと、すべてが必然で起こるんだということを、終わってみた今、また改めて気づかされました。

今回はLAのIHマスタークラス1,2,3 の受講がメインだったんですが、その前の2日間のマインドのクラスはサポーターとして、クラスに入らせてもらったことも、大きなギフトだったな、と思います。
IHのコースを、初日から受けている受講者の中に途中から入るのは、高い波動の集団に、色々ひきづっている波動のまま入る事になるので、自分の波動が落ちている事をありありと感じます。普段はそれとは気がつかずにいることでも、10日間、すでに、ヒーリングの海の中にいる状態の人たちに混じった時には、自分の状態がわかるものです。

そんなわたしの状態を、すぐに察知してくれたいずみちゃんが、最初の交換セッションのパートナーになってくれて、セッションをしてくれました。
調整として、背中にヒーリングのエネルギーを送るのがあるのですが、それが選ばれて、やってくれて、その時に、溜め込んでいた重さがやっとの事で抜けていくのを感じました。抜けていくのも、すっごく重かったのですが。
マインドのクラスは、レクチャーが多くて、実技はあまりしないので、その最初の実技でやってくれて、本当に助かった。そして、その日は講習の後、数人での食事会に誘われていたのだけど、ヒーリングの後のグラグラ感で、ちょっと私には休息が必要だと思って、宿に帰る事を選択しました。
宿で、買ってあったサラダ系の食事をとってる端から、急速に眠さが押し寄せて、うたた寝し、その後、目が覚めて、急いでシャワーして、また、いつの間にか寝てる感じになってました。

トントンって、ドア叩く音がして目が覚めました。
マチルダへのセッションが終わったいずみちゃんがわざわざ私のホテルまで様子を見にきてくれたのでした。

最初はいずみちゃんの話聞いていたんだけど、何故だか、途中から私の話してて、彼女の言った質問のキーワードに、途中から、どうしようもなく涙が溢れて、こんだけまだ私はこの件に関して泣いてしまうんだ、、、って、ある意味自分ではびっくりするくらい泣いていました。確かに、この件に関して、ちゃんとセッションで取り組んだことはなく、日本に帰ってからの毎日の中で、この抱えていた事は、ずーっと奥に押し込んできていたんだなーって、解消されずに、こうして残っていたんだと、感じました。
それで、私の涙がやっとおさまった所で、いずみちゃんが、あ、あれがいいかもと、彼女オリジナルな技の中から、私にやってくれた事があって、もう、それが痛いのなんの(笑)、、、宣言しないといけなかったのだけど、何度も、何度も宣言して、また涙が溢れて。
私のステートメント(宣言)が通るまで(潜在意識でも、それを思っている状態に成るまで)その調整は続き、最後には、しっかりとしたon状態になって。やっと終われました。

そんな、パワフルなミニセッションが終わった後に、一緒にホテルを取っていた同室のキワちゃんが、「あれーいずみちゃん、来てんじゃん!」って、のんきに帰ってきて、もう、あとは、大笑いの夜に。

翌朝には、自分のエネルギーが戻っているのを感じました。クラスでも、今回はじめてIHを習っている人たちのサポートができる状態に戻っていました。

今回が3回目になる、マインドのクラスですが、毎回気づきがあります。マインドの2日目からは、結構マチルダに質問していました。

そして、さらにエネルギーが上がって、いよいよマスターコース。
マスター1では、procedureとしては「矛盾している信念体系をクリアーにする」「個人的なホログラムポイントを見つける」「変化」「Negative entities 憑依」の4つと、プロトコールとしては「放射能の影響を体からキレイにする」もの。全部、レクチャー受けて、交換セッションで実技を練習するのです。
「個人的なホログラムポイントを見つける」のprocedure 以外は
procedure であろうと、プロトコールであろうと、どれもかなり深いものを扱うので、クラスルームでの交換セッションといえども、かなりの感情の解放が起こります。

憑依のprocedure に関しては、リアルセッションをマチルダがデモでやってくれました。とは言っても、憑依はいつだって誰にでも起こってるわけではないので、戦争状態にある国についている憑依に関していずみちゃんを代理に立てて。
もう、これが、見てるだけでもしんどかった。教室の空気が重くなって、どうしようもなくって、簡単にはnegative entitiesはどいてはくれなくって。
私は、そのセッションがはじまって、見てるとき、どうしようもなくしんどくなってて、なんか、おかしいなーって思いながら見ていたんだけど、デモで、最後negative entities がクリーンになってクラウンがクローズできた後にも、なんか、私自身のおかしい感じが抜けず、「さあ、お昼休憩よ」と声がかけられてるけど、なんか、おかしくて。。
そういえば、さっき、このnegative entitiesのセッションの前に、習った分を交換で練習したとき、私のセッションしてもらうのに、最後時間が足りなくって、途中で終わらなければならなかったのです。で、サクッとクラウン閉じる動きはしてくれたけど、筋反射で閉じたことを確認してくれない事に気が付きました。そのときのパートナーに、さっきのちゃんとクローズしてるか見てくれる?って聞いてみてもらったら、実はなんと閉じていなかったのです。。。(感覚としては、やっぱり、、、だったのだけど、、) という事で、私はホログラフィックにアクセスしたまま、憑依のセッションに立ち会ってしまっていたのです。。。

自分で、私にネガティブなものが付いているか確認したら、yes 。

それが、単なるnegative energies じゃなくて、negative entities かを確認したらyes....

ああ、どうしよう、、、

自分でのテストだとエゴが入ってるかもしれないので、いずみちゃんに、事情話して、テストしてもらったら、yes.

という事で、何かしらの憑依が私に起こってる状態になってしまったので、私からそれを取ってもらうセッションをしてもらうことに。

憑依の感覚って、何とも凄いです。自分だけ暗い世界にいるような、安定してなくって、熱でうなされているような焦点が定まらない感じで。

セッションが終わったときに、真剣に、パーッと明るくなったので、部屋の電気をつけたのかと思いました。
やってもらっているときに、マチルダがそばに来て、何やってるのあなたたち?って聞くので、いずみちゃんが説明したら、「Keiko, ダメじゃない、もっとそれぐらい入ってこないようにあなたならプロテクトできるはずよ〜!」と言われ、はい、ごめんなさい。。って反省。ホント、憑依とかって自分が入れないようにプロテクトできていたら、ちゃんと、防御できるんだと思います。油断があった。
でも、これ書いてて思ったのは、それはそれで経験だったなって思います。クローズできていない状態の不安定さに関しても、知れてよかったし、憑依のセッションこれからクライアントさんへのセッションで出てくるにも、それがどんな感じなのか、自分で経験しているかどうかで全然違ってくるので。

で、やっと、自分を取り戻して、先に食べている皆にジョインする事が出来ました。外ランチしたのだけど、その時に太陽を浴びてさらに浄化されている感じが進んで、エネルギーが上がってくるのがわかりました。太陽って、やっぱり素晴らしい。これも、改めて体験できて、よかったです。

あ、そうそう、その、ネガティブなエネルギーはちょっとまだ教室内をさまよってて、エネルギーに敏感な生徒は、このクラスの空気が重すぎて、部屋に入れない、、、、って入り口で泣きそうになりながらウロウロ。それでも、何とか入って午後のクラスが始まって、そしたら天井についている監視カメラ(?)がカチッ、カチッ、カッチッ、、、、となりだして。 しばらくヒーリングレーザーをいずみちゃんが当ててたら止まったのだけど。
そこのクラスの空間がピュアーな状態になっているからこそ、こうやって空気の変化を大きく感じるんだなーって、この経験でもまた思いました。



そして、マスター2。
マスター2で習ったprocedureは指圧ポイントをエネルギー的に刺激する方法、内分泌系にバランスをとる方法、迷走神経を活性化し、バランスをとる方法、そして、プロトコールとして、世代間プログラム。
プロトコール以外は、肉体的なものだし、深い精神的なことが出てくるようには思えていなかったのだけど、どれも、精神的な深い問題にも繋がってて、すっごく興味深かったです。面白かったのは、
私は内分泌系のセッションをある子と組んだんだけど、彼女は前日までの浄化がすごくて、もう、これ以上グワーっと来ることはないだろうと、なめてかかっていたそうです。でも、かのじょにとって、この内分泌のバランスをとるっていう、一見肉体的な調整が、その日までに根こそぎ取ってきたnegativeな感情のあとをキレイに耕して、栄養を与え、魂が求める本来の自分を大きく花開かせるためのセッションになったのでした。伴奏させてもらってて、調整で出てきた順番も振り返ってみると本当に興味深いです。最初にインテグレートタッチでまだ残っているストレスを浄化するのがでてきて、そのあと、エンジェルカードで、これから彼女がどれだけ大きく花開くかってメッセージが来て、さいごに、オーラフックアップという、オーラ全体に栄養を与えるprocedure が出てきたのでした。しばらくオーラフックアップをしてもらっても、体が、まだだって言い続け、もう一度してもらい、それでも、体が、まだって言ってて、どんだけ、栄養ない状態でがんばってきたんだろうって泣けてきました。彼女の方も、奥から、奥からやっとここまで来たって感動が沸き起こり、号泣なのだけどそれはそれは美しい涙でした。そして、やっと少しづつ満たされてきて、そして、やっと、やっと、その彼女の魂が求める美しいところに行き着いた彼女の喜びが本当に美しかったし嬉しかった。

さて、そして、
世代間プログラムは、私は、念願のひろちゃんという子と組むことができました。

彼女には今回初めて会ったのだけど、今までIH をLAで取った子たちから何度もひろちゃんっていう子が居て、恵子ちゃんと似てるんだよーって、聞いていたのです。
ひろちゃんはひろちゃんで同じ事言われているもんだから、お互いに、今回やっと会えたって感じで。中々二人で組むチャンスが無かったのだけど、最後の日の最後のプロトコールを彼女とできて、本当にありがたかった。
この頃、「あー私、こういう所があるからこの状況でいつもしんどくなるんだなー。。。」って自分を分析できているんだけど、どうしても「分かっているけど、できないの!!!」って思う事があったのです。
それは、ほっとかないでほしい、って思っていそうな人を目の前にしたら、自分が本来したい事、しないといけない事を差し置いて、その人が納得すると私が思えるように、その人のためにエネルギーを使ってしまうのです。
アドラー心理学の本『嫌われる勇気」とか読んで、そうだ、私が、相手の要求を満たす必要はない、私が、したい事をして、相手がどう思うかは全く相手の問題なのだ、って、そう頭で理解しても、でも、目の前に、その状況が来ると、やっぱり、だめなのです。
で、その事は、子供の頃から、そうだったって気がついてたのです。
単身赴任が長い父だったので、家の事は母がきりもみしてて、でも母も仕事してて、毎日疲れ果てて帰ってきてそこから夕食をつくってくれるんだけど、手抜きをしない母なので毎晩2時間くらいかけて作るのです。
その事に対して、何かしら直接言われるわけではないのだけど、いつも、その母の食事作る背中が何だかとても悲しくて、母が帰ってくる前には、食事作りが少しでも楽になるように、兄弟が食べ散らかした物を洗ったり、洗濯物取り込んで畳んだり、お米研いだりしていたのです。いまでも、実家に帰ると、親からは甘えているように見えるのかもだけど、気を使いすぎてしまう自分を感じていました。
セッションをしてもらって、私は「孤独」ってキーワードにものすごく反応している事がわかりました。その孤独って言葉を出してくれた時に、そうだった、私は、あの、母の背中から、すごく孤独を感じて、それが耐えられなかったんだって、今もどんな相手であれ、相手が孤独を感じてそうな雰囲気だと、いてもたってもいられなくなるんだってわかったのです。
それは、いろんなシチュエーションで私のエネルギーを奪うものでした。
そして、自分自身「孤独」を感じるのがそれだけ怖いんだなーって。

世代間で伝わってしまっているネガティブな信じ込みとして出てきた言葉は
「If You success people will not like you.(成功したら、嫌われる)」
というものでした。
色々見ていくと、私は、この信じ込みをさらにツイストして、成功したら人が離れてしまう ってことを潜在意識の中で勝手に信じ込んでて(それが世代で伝わっている信じ込みだから)
それを自分が一番怖い孤独と結びつけていて、成功していく怖さを持っていたのです。

それを、ヒロちゃんがうまくリフレームするのをリードしてくれました。
そして、気がついた事は、成功しても、私が離れなければいいんだってこと。
それは、相手が主導ではなく、私が決めることなんだってこと。
そして、出来上がったリフレームは「私は成功しても大好きな人と一緒にいます」と言う、私にとってはとってもパワフルなものになったのです。
なんかねーこの頃抱えていた2つの私のビックな事が一気に解決した気分です。

私がヒロちゃんにやったセッションも、プラクティショナー側として、とてもいいものだったなって思います。ネガティブな信じ込みがポジティブな魂の求めるものに変わる時の美しさには、感動します。

そう、この世代間の信じ込みを解き放つプロトコールは自分だけではなく、自分の前の世代、自分から続く後の世代にも癒しが及ぶので、余計感動が大きいのかも知れません。

このプロトコールを宇宙からダウンロードしたマチルダに、そして、これを提供した宇宙に、本当に、感謝が湧いてきました。これで、どれだけの人がずっとに抱えていたことから解放されるんだろうって思いました。

さてさて、そして、マスター3
マスター1・2は、私が今まで受けるチャンスがなくて受けれずにいたのだけど、もう、世界にリリースされているものでした。でも、このマスター3に関しては今回が初めて行われる授業。と言うことで、さらに世界中のあちこちからプラクティショナーが集まって、定員オーバーになって、クラスに入れない人も出てしまったくらい申し込みが殺到したクラスでした。

やった内容は、procedure としてはneuro-immuno-lymphatic-psychological system (神経-免疫-リンパ-精神系 という、マチルダがダウンロードしたのが2014年で2015年に科学雑誌で新発見が発表された最新の科学で裏付けが取れたprocedure。そして、バイブレーションを上げるpurocedure、オーラのスピリチャルレイヤーを活性化するprocedure。プロトコールとしては、感情の青あざを解き放つというものと、さらにもうひとつ、毒素を解き放つというもの。

「感情の青あざ」のプロトコールを、この頃お金の講座で大活躍して、世界中飛び回っているひとみちゃんと組んでやることに。
その日の朝、時間があったので、カフェでひとみちゃんとゆっくり喋る時間があったのだけど、その流れで、私が彼女を癒すのが、ここでの役割なのかなーなんて思っていたのに、私がセッションしてもらって大泣きすることに。

そのプロトコールが入っているってことはクラス前に聞いていたので、ああ、きっと私はあの事が感情の青アザに成ってると思うから、それについてのセッションになるのかなって考えていた事がありました。

でも、思っていたのとはちょっと違っていました。
その青アザを自分につけた人は、思っていた人であっていたけど、青アザとして残っている出来事と言うのが、思っていたのとは違ったのです。

青アザにつながった原因に関するキーワードをひとみちゃんが引いてくれて、その言葉を言われた時に、自分の中で何のことなのかが、はっきりわかりました。
その時の光景の中に一瞬に戻りました。そのことに関しては今でも悪夢で見て、苦しさで夜中に目が覚めたりしていました。
でも、それが、感情についてしまった青アザだったとは!!
そのプロトコールでは、その青アザをつけた人を許しますって宣言し、それが100パーセントオッケイにならないといけないのだけど、宣言しても100パーで取れず、許す事がどうしてもできなくって、できなくって、、、、
大泣きしている私のそばにマチルダがやって来てくれて、なきじゃくる私をしばらくハグし続けていてくれました。
許しについて話してくれて、やっとの事で「許します」が言えました。
自分が、抱えてきてしまった許せないというネガティヴなエネルギーから解放された時の、あの、楽さ。
許せないっていうネガティブさの爆弾って、自分をどんどん侵してしまっているのですよね。

マスター3に入ってる内容は、どれもこれもシンプルだけど、超超パワフルで、体感として、自分のエネルギーがどんどん上がるのを感じるものばかりでした。

マチルダと個人的に話しをした時に、いいセッションしてるわね、あなたの姿勢で、そのスピリットを広めなさい。って言ってもらったことも大きな力になりました。

何度も言ってるし、書いてるのかもだけど、これらを与えてくれた宇宙に感謝。
マチルダが放つ愛の波動の素晴らしさに感謝。
この講習に参加できたことに感謝。
彼女のエネルギーと、時間を最大に使って、癒してくれたいずみちゃんに感謝。
一緒の部屋でケラケラ笑いあえて、ホテル滞在に最高の癒しをくれたキワちゃんに感謝。
講習で会った皆に感謝。
そして、わたしがLA行けるように協力体制整えてくれた義父母に感謝。

そして、深いところでは、母親と一緒に住まなくても、気丈に頑張ってくれているであろうアメリカにいる子供達に感謝。
そして、その、子供達を一生懸命育ててくれている元夫に感謝。あああ、やっとここまでこれた。

そして、夫に。
色んなことをお互い抱えてシェアして乗り越えて、こうして一緒に生きることができていること、そして、色んなことを分かってくれて、一年で1番忙しい時なのに、1歳7ヶ月 の娘を1週間見ることを引き受け、私の事を快く送り出してくれたことに、大感謝です。

さて、あと3時間で日本です⭐︎教科書復習して、この記事書いてたら、あっという間だったな。最後は映画でも見るとします〜

さあ、パワーアップしたぞー!
早くお家に帰るぞー!
f0128026_1784983.jpg

f0128026_1781941.jpg

[PR]
by pineheath | 2015-11-04 17:12 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)