タグ:ヘルシーレシピ ( 36 ) タグの人気記事

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

もしご興味がありましたら、ニュースレターからお申し込みください。


過去の日本語ニュースレターです♪

ニュースレター2011年9月

ニュースレター2011年11月

ニュースレター2012年9月

ニュースレター2013年3月

ニュースレター2013年4月

ニュースレター2013年7月

ニュースレター2013年10月

ニュースレター 2016年2月

また、ニュースレターの解除は ニュースレター内の 解除/Unsubscribe 購読をやめる からお願いいたします。
[PR]
by pineheath | 2017-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

〜〜の元、を避ける生活

今ではお肉も頂く生活ですが、やっぱりこれだけは譲れないなーと思っている事があります。それは『〜〜のもと』を使わないってこと。

今日はカレーを作ったけど、それも、その一つ。

カレーって、私にとっては、食べたいな〜って思っては作るものの一つだし、冷蔵庫整理のために作る料理の一つだし、頭を使わなくても作れる料理の一つです♪

でも、市販のルーは、一切使いません。その、『〜〜のもと』的な物が好きではないし、添加物バリバリだし、市販ルーは、よほどこだわったものを購入しないと、酸化した油の固まりのようなものになってしまってて、それで作ったカレーを食べると、私の場合テキメンに胸焼けをするから。

第一、せっかく料理を作るのに、〜〜のもとを使うと、ちゃんと作った気がしないのが私にとっては一番嫌な事なのかもしれません。せっかく家で作るのに、そんなの、もったいないっ!!って思ってしまう。

そういう訳で、カレーはいつも、カレー粉で作るのですが、幾つかポイントを押さえれば、簡単に作れます♪

私のカレー作りのポイントとしては、

1、タマネギを沢山入れる、しっかり炒める
2、トマト系の物を入れる
3、カレー粉と、香辛料のクミンと、コリアンダーを混ぜて使う。
4、だしになるものを入れる。(動物性の物を入れない時は、沢山のキノコ、昆布、干し椎茸など、、)
5、甘さを出してくれる物を入れる。
6、野菜を沢山入れる

カレー粉のみで作ると、どうしてもからくなりすぎるので、私は、クミンと、コリアンダーを混ぜて作るようにしています。(これは、誰か料理家の方が以前おっしゃっていたアイデアで、活用させて頂いています〜。)
今は、甘みも、リンゴの季節だから、リンゴをすり下ろしていれたりしています。バナナを入れるって人も居るみたいですね。そして、自分の好きなとろみを最後に小麦粉を水でといていれたら、出来上がりです♪

f0128026_14533038.jpg

[PR]
by pineheath | 2013-10-15 14:57 | Trackback | Comments(0)

ヘルスカウンセリング 1:1クッキング

今日は、ヘルスカウンセリングのクライアントさんと、スーパで待ち合わせして、一緒に買い物をして、彼女の家に行って一緒にご飯を作りました。
それは、彼女にとって、自分にご飯を作るという事が、何ともおっくうな事で、いつも、野菜と言えば先週はブロッコリーを食べたわーとか、そんな感じで、ドかーんとキャセロール(生クリーム、チーズいっぱい)系のものは作るけど、それにしたって、沢山作りすぎて、3日目には見るのも嫌になって、捨ててしまうとか。
とにかく彼女にとって、自分にヘルシーなものを作る事って言うのが、相当なネックになっていました。いくら、卓上で説明しても、シンプルでもいいから、沢山野菜食べようよ、といっても、作る気にならないのです。作っても楽しめない、ってかんじでした。
この心理をもっと読み解いてみると、彼女は誰かのために作るのなら、結構楽しめて作れるのだけど、自分のために作るという所になるとやる気がなくなって、沢山作りすぎたものを、見るのも嫌になるという事らしい。
料理は、愛情です。
彼女の場合は、自分に対する愛情が持てない事がずっとに奥底のテーマとしてあるのだけど、その事は、ありとあらゆる彼女の生活に影響してて、料理などは、その大きな事で、自分に対して愛情を表現する事=自分への料理が楽しめないのです。
それにくわえて、2つ以上の野菜があった時に、どのように扱ったらいいのか分からない。というのも、実際的な所でハードルでした。
自己愛については、結局IHで扱うしかないなーと思ってて、それは数回あとのセッションでIHをやりましょうと言ってあるけど、今日は、野菜があったら、なんか、ざーっと作れる感覚を感じてもらいたくて行った1:1レクチャーでした。

スーパーで待ち合わせして、一緒に店の中を回りました。一人暮らしの一週間くらいの材料を買うという事で、買ったものは
ケール(巨大な束)
人参
ブロッコリー
赤ピーマン
アボガド
マッシュルーム
サラダミックス
タマネギ
カリフラワー
ニンニク、ショウガ
バナナ
レモン
メープルシロップ
チキン(骨付き)

家から差し入れで、玄米、カレー&スパイスミックス、味噌、わかめを持って行っていました。


時間節約のために、圧力鍋は持って行ってたけど、あとのものは基本的に彼女のを使うことにしてたのだけど、まず、ナイフがフルーツカット用の小さいナイフしかなくって、野菜をカットするが自宅で料理する時よりおおいに大変でした。
彼女も、その事は感じたようで、「これは充分エクササイズねー。」なんて言ってました。「もう今日はジムに行かないわ、もう充分エクササイズしたから!!」なんて言って笑いながら、料理したけど、
思うのは、料理に関しては、やはり、道具は道具です。小さいナイフじゃなくて大きなナイフがあればその分仕事は楽になる。
フードプロセッサーはそれだけの価値があるし、ハンドブレンダーだって、あったらその分楽になって行く。圧力鍋だってそうですよね。
毎日、シンプルに作るのには、たいして道具はいらないけども、時にはポタージュだって食べたいし、コロッケだって食べたいし、と、それなりにバラエティーをつけて、毎日、忙しい生活ながらも、おいしく健康的なものを家庭で食べようと思っていたら、ある程度の道具がないと、フットワーク軽く作れないと思うのです。
それは私が料理は1時間以内で作りたい、それでもおいしいものを食べたい、と思うせいなのかも知れませんが。
昔は、料理に何時間もかけていました。でも、今は、いかに時間に料理をしてもらうか(要は、つけ込んでおいたり、発酵させたり、仕込みだけしといたら、おいしくなる方法)
そして、実際キッチンにたっている時間がいかに少なくて済むか、って事が、わたしには必要になっています。それは、ライフスタイルによって大きく違う事だと思うので、それぞれの選択だと思うけど、野菜どんどん切れる包丁はあってもいいかもしれませんねー。
さてさて、
今日は、大きな圧力鍋を利用して、大量に野菜の入ったチキンスープを作り、それを、3つの鍋に分けて、一つはシンプルに、一つはトマト、ショウガも入れてとろみもつけてカレーに、一つはワカメも入れてみそ汁に、と3種類のスープ系の料理に。
あとはケールのニンニクソテー、(ケールは硬いけども、ソテーしたあと、少しの水を足して蓋をして蒸す事ですごく柔らかくておいしくなります。)
ブロッコリー、芋と、人参とタマネギの甘い温野菜サラダ、
玄米
を一緒に作りました。
色々説明しながらやったにしても、ほぼ1時間で作れたのでオッケイだったでしょう。クライアントさんは、横から味見して、うん、おいしい〜!と言ってくれてたので、味の方にも満足したようです。
一人で生きている彼女、精神的にキツい事だっていっぱいあるでしょう、帰り際に、「Keiko」と呼び止める彼女が言った事は、「時々、泣きたい時があるの、そんな時は電話して泣いてもいいかしら」と。
「今、泣きたい気持ち?」と聞くと、「今は、そんな気分じゃないわ〜!!」と作ったカレー&玄米をランチ用に手に持って、笑顔で仕事に出かけて行きました。

ヘルスカウンセラーとして、出来る事って、クライアントさんの今この時点をよりよい次元にシフトさせる事なのかな、と思います。そのより良い次元をこの瞬間に感じる事が出来たら、それを維持したいと思う想いを強く持ち、そのために次の一歩は自分が行動する事が必要だったりします。
今日の彼女も、次の一歩は自分が踏み出さないと行けません。どっち方向に踏み出すのも自分次第ですね。時に間違った方向に足が向いてもそれでもいいから、なるだけ嬉しい気持ちになる自分の方向に足が向いてくれたらいいなーと、心から思います。
[PR]
by pineheath | 2012-10-18 03:25 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

かぼちゃプディングと黒豆ソース

今日は久々にレシピでもー。

f0128026_063817.jpg

まずは先日クッキングクラスでやったかぼちゃプディング。これは、カノウユミコさんの菜菜スイーツを参考に作りました。このレシピの面白いところはコーンスターチや小麦粉などのとろみをつけるものと、溶かして冷やしたら固まる性質の寒天を両方入れる事で、適度な食感に仕上がるところです。カノウユミコさん、素晴らしいです。

私のはちょっと変更したバージョンです。
では、レシピです♪

かぼちゃプディング

1カップ やわらかく火を通したかぼちゃ(皮も入れちゃいます。でも、色もそれなりにオッケイです。)
2カップ 豆乳 
大匙3 小麦粉
小さじ2 寒天粉
大匙4 オリーブオイル
大匙1-2 ラム酒
大匙3 メープルシロップ


作り方:
1、かぼちゃに火を通します。ふたが出来る浅めのなべに水をしたから2センチ分くらい入れて、適度な大きさに切ったかぼちゃをいれ塩を一つまみぱらぱら全体に振り(甘みを引き出す)ふたをしてかぼちゃが柔らかくなるまで火を通します。

2、かぼちゃが柔らかくなったら、そこから1カップ分取り、それ以外の材料と共にハンドブレンダーでがーっと混ぜ(またはフードプロセッサーでも可)、それを耐熱パイ皿に入れて、予熱しておいたオーブンで30分焼きます。

3、ぐつぐつしている状態で表面がうっすら色ついていたらオッケイ。このとき、まだ、どろどろ状態ですがそれでオッケイ。

4、オーブンから出して、室温で冷やし、しっかり冷めたら冷蔵庫に入れてさらに冷やして出来上がりです。
写真は、ブルーベリーソースをかけてデコレーションしているけど、そのままでも、おいしいです~。
お試しください。



さあ、そして、もうひとつのレシピー

f0128026_0213816.jpg

この前、パーティーに行ったときに、友人トニーが作ってくれた黒豆のソース。どこの料理って言ったか忘れましたー。多分南米の料理。でも、去年も、食べさせてもらって、おいしくって、でも、レシピききそびれて残念だったのだけど、今年は、彼女が手書きでレシピ説明しながら書いてくれて、作り方もばっちり押さえる事が出来ました。Tくんが早速作ってというので、作りましたよー。なんとも、癖になるおいしさです。シンプルなんですけどねー。

黒豆のソース

500g 黒豆 (彼女が使ったのは南米原産の小さい黒豆。基本的に何の豆でも出来ると思いますが、
         まめに火を通す方法が違ってくると思います)
1個    たまねぎーみじん切り
3-4こ  にんにく
1/2カップ オリーブオイル
小さじ1/2  チリパウダー
小さじ1/2 ドライオレガノ(ハーブ)
小さじ1/4 クミン
小さじ 1  赤ワインビネガー または小さじ1/2 バルサミコビネガー
小さじ2  海塩

作り方:
1、小さな黒豆を数分ゆでてそのゆで汁を一度全部捨てる。新しい水を入れて(豆がかぶるくらい)、圧力なべで15-30分豆が柔らかくなるまで煮る。(私の活力なべでは高圧で15分やりました)
2、豆を煮ている間に、分量のうち少しのオリーブオイルをなべに入れ、そこにたまねぎをいれ、しばらく炒め、そこににんにくを足してさらに香りがたつまで炒め、さらにそこにハーブ&スパイスを入れる(ビネガーと塩以外)
3、スパイスの香りがよくしてきたら、最後に赤ワインビネガーを入れる。
4、圧が下がった豆と3を混ぜ、オリーブオイルも足して、ちょっと煮て、最後に海塩を入れて出来上がり。少し煮ていたらどんどんトロッとしてきます。
5、にんにくライスにかけて、ソテーしたケールを添えて、またはサラダを添えて、食べるとおいしいです♪
ちなみに最初のレシピでは、塩がもっと多いです。減らした分量を書いてますが、お好みで加減してください。
あと、オリーブピルの量が結構多いけど、まだ減らした量ではやってみた事無いので減らしたら味の方が分かりませんー。またやってみたらアップしたいと思います。
エンジョーイ!!

[PR]
by pineheath | 2011-12-01 00:46 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(0)

11月 Pure Food Pure Body ニュースレター

11月号のニュースレターを発行したのですが、それがホームページから見れるように、リンクしました。こちらからです。
今回のテーマは、「砂糖好きですか?」です。
砂糖の罠にはまってませんかー。はまった時の抜け出し方です〜。
[PR]
by pineheath | 2011-11-23 14:28 | ヘルス・ウェルネス | Trackback | Comments(0)

クッキングクラス14回目

今日は気持ちがいい日でしたねー。朝、Mちゃんが「春が来たよー」と言っていました(笑)
クッキングクラスの日はこういう気持ちがいい日が多い気がします。

英語版のニュースレターを一昨日発行したのだけど(日本語版は作成中です、数日後に発行予定です)、それをジャズサイズに来ているキャレンが読んでくれたようで、朝、ジャズサイズが終わったときに、
「Keiko- ニュースレター届いたわ!!私は砂糖が問題って分かってるのよ!で、昨日から砂糖抜き始めたわ!苦しくなったなったんだけど、フルーツ食べるようにって書いてあったから、りんご食べたのよ、そしたら楽になったわー、ほんとありがとう!来月からクッキングクラスも参加するからね!」
と勢いよく話しかけてきてくれました。
本当に、この会話だけで、きゃー!うれしー!!ニュースレター書いた甲斐があった~。と舞い上がる事が出来ました。(単純)
あーでも、ほんとに人って言うのはちょっとでも認めてもらえると嬉しいものですね。
私もきちんと言葉で感謝なり、すごいね!なり賞賛なりを伝えたいと思います。そこから元気になる人がいるかもしれませんからねー。

さて、今日のクッキングクラスはドタキャンが3人出て、直前申し込みが1人入って、結局6人でしたー。
作ったものは

Bibinba
Salad with crispy soba
Kimuchi

ビビンバのタレ、豆腐味噌タレが受けがよかったです。私もこのタレは好きで、ご飯とこれだけでおいしいです。
というわけで、そのレシピを。

ビビンバ用スパイシー豆腐味噌タレ

味噌 大匙5
絹ごし豆腐 1/2+1/4カップ
たまねぎ1/4 摩り下ろし
ねぎ 6本くらいみじん切り
にんにく 2かけ 摩り下ろし
水1/2カップ
韓国唐辛子粉 大匙1

以上の材料すべてを小なべに入れてぐつぐつ弱火で少しにて出来上がりです。


f0128026_13521212.jpg

f0128026_13525752.jpg


クラス中に「ここで食べるのはおいしくて好きだけど、問題は家で野菜を何品もそろえて料理する気がしないのよねー。」と。
ほかには「ここで食べるのはおいしいんだけど、家でやってみるとどうも同じようにおいしく出来ない。」と。。。
うーん。これは今後の課題ですねー。

やる気がしないんじゃ、家で作ってもらえないし、でも材料3個とかで出来る料理なら、わざわざ料理教室で作らなくてもレシピ見ればいいでしょーって感じだし。

家でやってみると同じようにおいしく出来ない、というのは、どこに原因があるのかまだ分かりませんー。
詰め込みすぎの料理教室で消化不良になっているのかなー。なんて思ったり。

今日は、そばをカリカリにするのに少量のココナツオイルで揚げるのだけど、出来上がりも持っていってたけど、一応と思ってデモを見せたら、それは皆の食いつきが良く、見せなきゃいけなかった事だったみたい。
まだ、そこら辺の感覚が分かってませんねー。何を知ってて、何を知らないのかー。何ならやる気になって、何はやる気が起きないのか。

まあ、でもこれも人によるところは大きいです。早速作った、もう、前回のクラスから2回作ったわーなんていってくれる人もいるし。やはり皆があとで自宅で作ってくれることを期待するというのは、期待過剰なのでしょうね~。

f0128026_14163447.jpg

お料理届けたコニーがお礼にお花をくれました。かけて飾れる花瓶に入ってます。かわいい~。
[PR]
by pineheath | 2011-11-09 14:20 | 自己実現 | Trackback | Comments(3)

息を深く吸っていますか


息を深く吸っていますか?

酸素は実は一番重要な栄養なんですよね。
なぜって?

なぜなら、私たちって、食べ物がなくても数週間は生きていられるし、水がなくても数日は生きていかれるけど、もし酸素がなかったら。。。。
酸素がなかったら、たったの数分しか生きてはいられないのですよね。

でも、いったい酸素って私たちの体でどんな役割があるのでしょう?酸素の役割は、息をする事、成長、維持、デトックスのためのエネルギー源となる事なのです。
昔の空気の酸素含有率は30パーセントあったのだけど、今は21パーセントしかなくって、6パーセントだと人間は危篤に陥るのだそうです。
以下は「Slow Down Diet」の著者であるMarc Davidさんが息を深く吸う事の重要性を書いているのでその本を参照させてもらって書いています。

もし、私たちが意識してしっかりと呼吸すると、何が起こるかというと。。。

1、もっとリラックスできる!
体がストレス状況下にある時って、どういう呼吸をしているか気がついていますか?会社で上司から怒られているとき、恋人と喧嘩になっている時、子供にイライラして叱りつけているとき、あなたはどういう呼吸をしているでしょう?それは、浅くって早い呼吸だと思いませんか?事故に遭いそうになった時なんか、呼吸をするのをやめて、息を一瞬止めてしまいますよね。
じゃあ、逆に体がリラックスしているときにはどうでしょう?鮮やかな緑の中をそよ風が吹いていて、そこを気持ちよく散歩しているとき、リラックスできる相手と、お茶を飲んでいるとき、バスタブにゆっくりつかって、一日の疲れを癒しているとき、あなたの呼吸はどうでしょう?ゆっくり、深い呼吸ではありませんか?
あなたがゆっくりとリズムを持った深い呼吸をする事で、あなたの脳はあなたがどんな状況におかれていても、あなたはリラックスしていると考えるようです。
あなたの脳は、「あれー、ストレスいっぱいいっぱいだと思っていたけど、こんなゆっくり、深い呼吸して、私ってリラックスしてる人のように呼吸しているなあ、じゃあ、リラックスしよう!!」と言って、リラックスするように指令を出し始めます。このあと体の中で化学反応が起こって、あなたは実際にストレス下で消化力もない状況だったのからリラックスした消化力のある状況へとなるのです。

2、カロリーをもっと燃やす事が出来る!

よく、カロリー燃やさなきゃ〜って、話の中に出てくるけど、このカロリーっていうのは、燃やしたときにどれ位の熱が放出されるかという測定値に他なりません。科学者が特別な装置の中でかりかりになるまで燃やしてどれ位の熱量が放出されたかを測定するようです。そんな訳だから、何だって、カロリーがあるんです。クッキーは30カロリーだけど、紙一枚だって60カロリーくらいあるし、椅子一つとれば10万カロリーくらいあるのです。そして、そのカロリーというのは燃やすために酸素を必要としているのです!
もし、体の代謝をよくしたい、マックスにしたいと思っているなら、息をするっていうそんな単純な事が効果的な方法だなんて、思った事ありましたか?
酸素を吸えば吸うほど、あなたの代謝活動である「燃やす力」が高くなるのです!

酸素はカロリーを燃やす。
多くの酸素を吸い込むほどにもっと食べたものを燃やす事が出来るってすごくないですか!

私たちの消化システムは酸素に飢えています。胃壁のある部分は体の中のどの他の組織よりも酸素を使うそうです。腸の柔毛(栄養を吸収する所)は食べた食事を分解しているときに大量の酸素を血液から取っています。もしも、血中に柔毛がひろえるほどの十分な酸素がなかったら、吸収力が落ちます。
食べれば食べるほど、体は自然と呼吸量が増えます。食後に副交感神経系が呼吸、血流、酸素を飲み込む量を同時にかえるのです。
たくさん食べたら、たくさん息をするって言うのはたくさん食べたらたくさん運動するというのと同じなのです。

3、脂肪を燃やせる!

まだ、酸素話は続きます!
体に入ってくる酸素の量を増やすという事は食べ物を燃やす助けになるだけではなくって、体が既に持っている燃料ー脂肪を燃やすのにも必要なのです!運動したら何が良いのって、

一つには、体がもっと酸素を吸うのに役立っているから良いんだって言う事と、

二つには、あなたの体が、運動する事でどう酸素をつかうことがより良いのかを学習するという事。
酸素を効果的に使うことが脂肪を燃料減として使うことだと体は理解する訳です。
ただ、座って食べているときに、ゆっくりしっかり深く息を吸う事を心がければ少なからずの有酸素運動の効果があるなんて驚きですよね。さらには、一日中ゆっくりしっかり息をしてたら、あなたの体の脂肪燃焼装置はさらに働く事になるようです。
息をする事ってもう、脂肪燃焼エクササイズそのものなんですね。



息を吸うエクササイズ

食べる前と食べてる時に効果的に息をしよう

まず、まさに今から食事という時に、自分に聞いてみてください。
「私は今ストレスを感じているか、それとも幸せに満ちているか?」
そして、そのこたえがストレスを感じているというものだったら、次の事をやってみてください。

背中をまっすぐにして座ります。
肺の許容量のうち2/3位まで息をゆーっくり鼻から吸い込みます。
そして、3秒から5秒で良いですから息を止めて、それから鼻から(口からでも可)またゆっくり息を吐き出します

これを3回繰り返します。
こんな単純な事だけど、これをやった前とあとでは、視界のクリアーさ、気持ち、いろんな小さな変化が自分に起こっているのに気がつくと思います。これをやるのに私なんかは35秒しかかかりません。ぜーったいおすすめです♪

次に、食事中、ストレスを感じながら食べる状況の時、言い争いをしながら食べているとき、仕事しながらイライラして食べているとき、それとも、たんなる癖で早食いの時、自分にこう聞いてみてください。

「私はゆっくり息しているのか?」

そして、意識して、息を深くするようにしてみてください。
お箸やフォークを一度おいてゆっくりしっかり深い息をしてまた一口食べるというのもいい方法です。
そんな暇ないよーという方は、噛みながらでもゆっくりした息は出来ます。

酸素が前菜か、サラダか、スープか、食事を充実させてくれるものの一つとしてとらえると、酸素という栄養が愛おしくなりますよね。
[PR]
by pineheath | 2011-09-12 11:24 | Trackback | Comments(2)

キムチのアボカドボート

f0128026_2131627.jpg

ほかのヘルスカウンセラーの方が紹介していたレシピで、ザワークラウトとアボカドの組み合わせがありました。

よく玄米ご飯にアボカドにキムチにって組み合わせで海苔に巻いて食べたりするけど、玄米、海苔なしで食べるのって思い付かなかった。玄米と巻くと結構おなかにどーんと来るから、もっと軽めのスナックにはこの組み合わせ良いかもです。ザワークラウトは今うちの冷蔵庫にはなく、代わりに同じ発酵食品であるキムチは常備してあるので、昨日のおやつにアボカドと組み合わせて食べました。アボカドのねっとり感と、キムチの酸味がいい組み合わせでおいしいですよ。

では、レシピというほどのものでもないけど。。。(キムチは以前の記事に飛びます)

f0128026_2261752.jpg

キムチのアボカドボート
種を取ったアボカドを半分を皮の中でさいの目に切り目を入れる。
そこにキムチ(またはザワークラウト)をどかっと乗せる。
出来上がり~!

[PR]
by pineheath | 2011-08-30 02:28 | ローフード; RAW | Trackback | Comments(0)

ローストペッパー&冷やし中華のタレ

このごろのサラダにトッピングする食材として気に入っているのが、ローストペッパーです!

結構冷蔵庫で日持ちするので、結構な量を一度にローストします。カラフルだし、一気に味気なく見えるサラダがおいしそうになる。

ヒジキもしょっちゅう作ってますねー。冷たくても食べれる煮物なので、今の季節にも食べやすい。

そんなわけで、ローストペッパーとヒジキは、何かとトッピングに使っています。

昨日は、暑くてー暑くてー冷やし中華風おそばにしました。子供には豚肉で肉味噌も作ってそれもトッピング、食が進みました♪ 

面白いですよねー。真冬の大雪の真っ只中にはぜーったいこのメニューは思いつかない、食欲ってうまくできていますね。

ではでは、超簡単ですが一応レシピです♪

f0128026_2391825.jpg


ローストペッパー

材料
赤、黄色、オレンジなどの好みのカラーピーマン(スイートペッパー)
オリーブオイル

作り方
カラーピーマン(スイートペッパー)を良く洗い、丸ごとオーブンに並べ180度で焼く。途中表面のこげ具合を確認して、ひっくり返しながら焼く。
全体に焦げ目がついて焼けたらオーブンから取り出して、そのまま冷ましておく。
冷めたら、保存容器を用意して、ピーマンの皮をむきながら(手で結構簡単に向けます)中身の汁を保存容器に出しながら、種だけはなるべく入らないようにしながら容器に入れていく。
全部入れたら表面にオリーブオイルを垂らして出来上がり。

f0128026_2395964.jpg

ローストし終わったところ



冷やし中華のタレ


材料
水100cc
しょうゆ 150cc
玄米酢 90cc
黒砂糖、(メープルシロップ、甜菜糖などでも) 大匙5
ごま油 大匙1

作り方
以上の材料を混ぜて出来上がりです。


このレシピはマクロビオティック羅針盤のサイトを参考にさせてもらいました。

f0128026_256219.jpg

冷たいおそばを召し上がれ~。
[PR]
by pineheath | 2011-07-24 03:03 | そのほか;レシピ | Trackback | Comments(1)

レンティル豆のサラダ

レンティル豆は豆類の中でも栄養価が特に高い豆です。
炭水化物も、たんぱく質も、食物繊維も、含んでいるので満足感があって、いろんなミネラルも含んでいるんで栄養価が高いとされています。鉄分、葉酸が豊富なのがうれしいですね。
レンティル豆のサラダはスペインでは日常茶飯事に食べられている食事なんだって。サラダにすることで、いいオイルを足してあげて、そうすると、ますます満足感の増す一品になります。

f0128026_2294533.jpg


Sally FallonのNourish Traditionの本を参考に、豆をゆでてみました。

ちなみに。。。

彼女の主張することは、マクロビを続けていたころの私にとっては、衝撃だったけど、それゆえに惹かれたんだけど、このごろ思うのは、動物の脂(Saturate fat:飽和脂肪酸)を取るのが本当は必要なんだって主張も一理はあるんだと思うけど、それもまた、その人のライフスタイルによるところがかなりあることだとおもう。
確かに彼女の主張する説の元になっているセオリーは、閉ざされている村社会の人たちで、健康に長生きしているコミュニティーを調べての結論なのだけど、今の現代社会、まず、動いている量がその時代の人々の様には行かないし、だから、いかに牧草で育った家畜の脂でビタミンAとDが取れるとしても、元の強靭さ、日常に要求される体を使う仕事量が同じではないのだから、そして、もっと精神的なストレスがかかっている現代人なのだから、昔のとおりをコピーして、動物性の脂ウェルカム!にするやり方はそれまた賢くないのかなーという風に思えています。
ということで、私も、マクロビーとかベジー一辺倒ではなくなったのだけど、だからといって、Sally Fallon のセオリーを完全に鵜呑みすることもできない、自分の適量を知るようにしています。なので、ラードも良質なもの(牧草で育った健康な家畜)なら少量使ったりします。

とにかく、そんな感じの距離感になっているので、

レンティル豆を一晩水にかしておいて、翌日水を替えて豆を煮るんですが、そのときに、皮をむいた丸ごとのたまねぎと月桂樹の葉と、本当にごく少量の牧草で育った豚さんの脂、ラードを入れました。
こうすることで、味わい深いこくのある豆が茹で上がります。
サラダにするときは
その後、豆が煮えたら煮汁を切って、冷まし、適当な野菜、ハーブとねぎとたまねぎとをオリーブオイルとも加えて、レモン汁と塩とマスタードで和えるだけです。
豆料理って、本当に時間はかかります。でも、手間はそうかからないと思う。水にかしとくだけ、煮続けるだけー。時間が料理してくれるので気に入っています。

豆を食べるとガスが溜まるーという人は、水にかす事をちゃんとやるようにして、煮あがる最後にごく少量の酢を入れるのもいいです。
[PR]
by pineheath | 2011-07-20 02:52 | マクロビオティック;レシピ | Trackback | Comments(0)