タグ:ホリスティック ヘルス ( 223 ) タグの人気記事

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

もしご興味がありましたら、ニュースレターからお申し込みください。


過去の日本語ニュースレターです♪

ニュースレター2011年9月

ニュースレター2011年11月

ニュースレター2012年9月

ニュースレター2013年3月

ニュースレター2013年4月

ニュースレター2013年7月

ニュースレター2013年10月

ニュースレター 2016年2月

また、ニュースレターの解除は ニュースレター内の 解除/Unsubscribe 購読をやめる からお願いいたします。
[PR]
by pineheath | 2017-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

『肉を食べたら、体が酸性になる』 のうそ

今日は、久しぶりに、ヘルスカウンセラー的な記事を♪

『アルカリ性ダイエット』って、健康法に興味がある人は聞いたことあるかもしれません。


食べ物を酸性とアルカリ性に分類して、アルカリ性の食品をメインに食べるようにすると、体がアルカリ性になり、ダイエット効果はもちろんのこと、深刻な病気(がんなど)にも、効果があると言われている健康食事法です。


で、これは、ちょっと違うよね、、、って思うのですが、なかなかそういう情報、日本では見つけにくい感じがしたので、ちょっと今日は、そのことについて書いてみたいと思います。


というか、ヘルスセッションのクライアントさんからの質問があったので、ちょうどいいタイミングだと思って調べたこと記事にすることにしました。


まず、アルカリ性ダイエットとは、


食べた食べ物によって、体が酸性、アルカリ性に変化(PHから)するというアイデアから始まっていて、体をアルカリ性にする食べ物、体を酸性にする食べ物ということで食品が分けられています。


どのような仕組みでそれが働くかというと、、、

食べ物を代謝して食べ物からカロリーを摂取するとき、実際食べ物は体内で、燃やされているのです。ただ、ゆっくり、制御された方法で、”燃やされて”います。

食べ物が燃やされるとき、それらは、実際に灰残留を後に残します。(それはまるで、木をウッドストーブで燃やしたときみたいに)


そして、この灰が、酸性であるか、アルカリ性であるかもしくは中性であるかするわけです。そして、このアルカリ性ダイエットで言われていることには、この灰がダイレクトに体の酸性、アルカリ性に影響してしまうということなのです。


例えば、あなたが、酸性の灰残留物を残すものを食べたら、体が酸性に傾き、アルカリ性の灰残留物を残す食べ物を食べたら体がアルカリ性に傾くというわけ。そして、中性のものを食べたら中性ということですね。



酸性の灰残留物はあなたをもろくして、病気にかかりやすくし、アルカリ性の灰残留物はあなたを守る方向に働くと考えられています。そういうわけで、アルカリ性の食品を摂って、健康を増幅しましょう、というセオリーです。

酸性の灰残留物を残すと言われている食べ物は、たんぱく質、リン酸、硫黄、そして、アルカリ性の灰残留物を残す食べ物は、カルシウム、マグネシウム、カリウムです。

  • 酸性食品: 肉、鶏肉、魚、乳製品、卵、穀類、アルコール
  • 中性食品: 自然な油脂、でんぷん、砂糖
  • アルカリ性食品: 果物、ナッツ、豆類、野菜


つまり

アルカリ性ダイエットのセオリー:

灰残留物のアルカリ性、酸性が直接体のアルカリ性、酸性に影響する。


体のPHを制御しているものは?

って疑問がここで出てきます。


アルカリ性ダイエットに関して見ていく上で、体のPHについて理解していく必要があります。

PHというのは、0から14まであり、

0から7が 酸性

7が中性

7から14がアルカリ性

です。

このアルカリ性ダイエットで、体がアルカリ性になっているとか、酸性になっているというのは、尿のPHによって調べているのですが、

まず大事なことの一つとして、体の中で、PHバランスというのは、各場所で違うということがあります。ある場所は、酸性で、ある場所はアルカリ性であって、全部が同じ値ではないのです。

胃は塩酸で入っているため、PHは2から3.5と超酸性です。食事を分解するために、その必要があるからなのですね。

そして、血液は常に、少しだけアルカリ性なのです。PHでいうと、7.35から7.45位になります。

もし、この血液のPHバランスが、この範囲からずれてしまったら、非常に重篤な状態に陥ってしまうのです。このような状態はある病気の特定の状態の時に起こるのですが、血液のPHが正常値からずれるというのは、食べ物とは全く関係ないのです。

食べ物のPHは尿のPHには影響するが、血液のPHには影響しないのです。

血液のPHを一定に保っているということは、人間の体にとって非常に大切なことなのです。

もし、血中PH バランスが、正常値から外れてしまったら、あなたの細胞は動きを止めてしまい、すぐに死に向かってしまうのです。

それゆえ、体はいくつものメカニズムを駆使して、体のPHバランスを制御しているのです。

このことは、酸塩基恒常性と呼ばれています。


こういうわけで、幸運にも、私たちが食べる食べ物で、血液のPHバランスを変えるなんてことができるわけないのです。

つまりは、食べ物は、血液のPHを変えることができない、以上!って感じですね。


でも、食べものは尿のPHを変えることができます。

それは、逆に、血液のPHを一定に保つために、体の制御システムが働き、尿から、余計な酸性物質を出しているからなのですね。


大きなステーキを食べて、数時間後には、体は、酸性物質を体のシステムないから排除するために、いつもより多くの酸性物質を尿から出しているであろうと考えられます。


言われていることとしては、尿のPHというものは、体全体的なPHバランスや、健康度を図るのには、ほとんど、指標にならないということです。


尿のPHというのは、食べ物だけではなくて、非常にたくさんの要因で変化するものなのです。


酸性食品は骨粗鬆症を引き起こすのか?


また、酸性食品が骨粗鬆症を引き起こすっていうことも言われているようですが、そのことはどうなんでしょう?

骨粗鬆症とは、骨の中のミネラルが減ってしまっている症状ですね。


骨粗鬆症は、閉経を迎えた女性に多く、骨粗鬆症になると、骨折のリスクがものすごく高まると言われています。

アルカリ性ダイエットでは、血液のPHレベルを一定に保つために、あなたが食べた酸性食品を中和するために、体がアルカリミネラル(カルシウムなど)を骨から取ってしまうのだと言われています。

この説によると、典型的な西洋食などの酸性食品は骨のミネラル密度を減少させると言割れています。

この問題を考えるときに、腎臓の機能というものがすっかり忘れ去られていることに、注意しないといけないのです。

腎臓というのは、そもそもの主要な働きとして、酸性物質を取り除き、体のPHを制御しているのです。

腎臓は、炭酸水素鉄を生産していて、血中の酸性物質をちゅわしているのです。この工程によって、血中のPHというものが、完璧に制御されているのです。

私たちの呼吸器系というのも、血中PHを制御するのに関係しています。炭酸水素鉄が血中で酸性物質と結びついて二酸化炭素と、水が形成されるのです。二酸化炭素は吐き出され、水は尿として排出されます。

この工程に、骨は全く関与していないのです。

また、この説で問題なのは、骨粗鬆症の主要な原因が無視されていることです。それは、骨から、コラーゲンというたんぱく質が失われているということです。

皮肉にも、このコラーゲンの低下というのが、オルトケイ酸と、ビタミンCがダイエットに少ないことが強く関与しているわけです。

研究においては、食生活の酸性食品と骨の密度との関係は全く見つかっていないそうです。事実、尿のPHレベルと、骨の健康についても、全く関係性が見つかっていないのです。

間違った信じ込みに対することですが、高タンパクな食生活は骨の健康結びついているのです。

臨床において症例として出ているのは、酸性食品が体のカルシウムレベルに影響を与えないということでした。

というよりも、骨の健康に貢献するように働いているのです。カルシウム保持力が高まり、IGF-1ホルモンが活性化し、筋肉と、骨を修復する方向に働くのです。



酸性食品と、癌について。

ガンというのは、酸性環境で成長するから、アルカリ性ダイエットで治癒することができるとまで言っている人もいます。

そこについて、です。

まず、先にも述べたように、「食べ物は血液のPHを変えることはできない。」のです。

そして、がん細胞は、少しアルカリに傾いている環境(PH7.4)においても、成長するそうなのです。

そして、酸性の環境下で、ガンは早く成長するのですが、この酸性環境というのは、がん細胞そのものが作り出してしまうのです。酸性環境が、ガンを作り出すのではなく、癌が酸性環境を作り出すのです。


昔の人が食べていたものは?

アルカリ性ダイエット理論で言われているのは、農耕文化以前は87パーセントの人がアルカリ性リッチな食事を食べていたということですが、Weston A Priceという、私が支持している研究団体研究では、マサイ族やイヌイットは酸性食品をメインに食べていた民族で、健康に過ごしていたことで有名だったりするのです。


そして、最近の研究では、農耕文化が始まる前は、約半分の人がアルカリ性食品メインのダイエットをしていて、約半分の人が酸性食品をメインで食べていたというものも出てきているようです。


アルカリ性ダイエットは、添加物などを取らないように自然な食べ物を推奨するところは、間違っていないなと思います。


ただ、私は、動物性のたんぱく質が推奨されていないので、長期のダイエットにしたら、危険なのではないかな、と思っています。



[PR]
by pineheath | 2017-04-16 21:49 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

違うパラレルワールドに移ってきました♪

f0128026_16584197.jpg


さてさて、また、ずいぶん更新出来ずにいました。

実は11月後半からマックス3ヶ月間アメリカに行っていました。

2月半ばには日本に帰って来ていたのですが、ブログに向かうのに、ここまでかかってしまいました。

帰国してからは、3ヶ月間待ってもらていたクライアントさんにセッション入れたり、

自分の生活を整え直したりしながら、怒濤のような3ヶ月間を自分の中で消化していました。

このアメリカでの3ヶ月によって、ここ4年くらい心の奥底に抱えて来た事が一気に解決しました。

人生でこんなに泣いて、こんなに笑った事は無かったかもな、って思う位の本当に密度の濃い3ヶ月でした。

沢山の人に支えられて、沢山の愛を経験して、日本に帰って来て、日常に戻ったのだけど、

なんか、見る景色がずいぶん変わってた。

違うパラレルワールドに移って来たんだろうな〜って思っています。笑。

今は、ますます、なんて無い日常が、かけがえ無く幸せな事を感じています。
(とはいっても、相変わらずバタバタとしてますがね。)

クライアントさんとお話ししていて、よく思います。

みんな、色んな人生を経験していて、色んな苦しい事経験していて、でも、それは、何かそれを超えた時に、大きな喜びを経験するためなんだろうなって。

色んな人間関係の中にあるので、私が経験した事を、このブログで事細かく書く事は出来無い事が残念です。

でも、誰かとの関係において、修復出来ない苦しみがあった事も、大きな苦しみの中に居る事も、

それらが修復出来た時には、とてつもない大きな喜びになるという事、

そこには、最初から大きな愛があったんだなあって気がつく事、

そんな事を、また、機会があればセッションで伝えれたら良いなと思います。

日常に戻って来て、一番したの唯ちゃんが保育所に行き始めて、やりたい事にやりたい時間を使えるようになって来てます。

日常も楽しく、仕事も楽しく、夫は優しく、子ども達は素晴らしくかわいい。

なんて幸せなんだろう、って日々感謝しています。

沢山の大変な事を乗り越えて来て、今がある。だから、今、苦しみの中にいる方も、乗り越えれるよ!!!!って大きな声で応援したいです。

あ、もちろん、小さな課題はまだ沢山ありますよ♪

これからは、また、日常の事も含めながら、書いていきたいなって思います。

ではでは、これからも、どうぞよろしくお願いいたします☆
[PR]
by pineheath | 2017-03-23 16:59 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

[IHセッション事例ーセクハラ]


シェアの許可をいただけたので事例を載せたいと思います。
会社の元上司からセクハラを受けて、ストーカーまがいな事をされ続けたMさんは最終的に上層部に相談し、その元上司は部署を移動、接点を持たなくていいように解決してもらったのですが、Mさんは表面上は解決した事であっても、内面はとてもその事を引きずっている状態でした。
その元上司の事を思い出しては、胸のむかつきを覚えたり、食欲不振になったり。腸が煮え返るおもいが出て来る状態。その上司が持っていたしつこさ、執着心に、未だに気持ち悪さがよみがえったり。

感情としては、火の感情のうちの『憎しみ』で反応していました。
I safely release all Phisical Body curses.
(私は体に刻み込まれている呪いを安全に取り除きます)
このことばに対して、仕事が忙しくても、ムカムカがつきまとう感じで、確かに体に呪いが刻み込まれているようです。と。

My Ego is open to miracles.

これに対して、Mさんはもともと、直感でババばーっと動いて上手く行く事が多いタイプだったと。

My Spiritual Being is fit and healthy.
(スピリチュアルな存在としての私は自分にフィットしていて健康的です。)
これについては、
その言葉は憧れるけど、今は、その状態にはあてはらない、わたしの中では、この出来事が取り除けない事実として起こってしまっているから、、、と。

Mさんは、もともと、とてもエネルギー高い状態で毎日を生きる事が出来ていたのだけども、セクハラの一連の出来事からもともとの自分の居た次元よりも、低い次元に引きづられた感じになっている状態だという事が分りました。そして、そこから抜け出せず、その低い次元の自分が許せないセクハラ男に対して、恨みを握りしめている状態になっているのでした。
もちろん、セクハラをした、その男が悪いのですが、その男への恨みをずっと握りしめて離す事が出来ないのはMさん自身なのです。
その握りしめた恨みの感情は、まるで赤く焼けている石炭のようなもので、握りしめている人がやけどをするのです。

そんな話しから、Mさんの目標は
『高い次元に戻り、自分がやる事に集中して幸福な感覚で一日一日を燃焼する事です。』

と言うものに。

体がIntegrated Touch というストレスのある部分に手をあてて、そこにあるものを感じて欲しい、というヒーリングが選ばれました。
筋反射ではその場所は胸と出てたけども、Mさんご本人に聞くように出ていたので、M さんに体の中でこの事のストレスがたまっている所ってどこですか?とお聞きしたら、少し考えた後で「胸、、、かな、、、」と、おっしゃいました。

ちゃんと繋がれているなって、思いました。

そして、胸に手をあててもらって、これにはいつもよりもすごく時間がかかったのだけど、ゆっくりゆっくり胸にある固い塊は溶けて、上に上がって行き、一部がのどの所にとどまりました。
そこで、次はのどにも手をあててもらいました。
Mさん、途中、「あれ、、、これなんだろ、、、」と、感覚が変化して行く事がとても不思議だったのか、そんな事をつぶやかれていました。
最終的に、のどにつかえていた固い物も溶けました。

そして、出たのが
ネガティブなエネルギーコードの切断 というプロトコール
そう、その上司がMさんにネガティブなエネルギーコードを繋いでいました。
これって、自分が繋いでいる事もあるのだけど、知らず知らずのうちに相手から繋がれている事も沢山あります。
昨日のセッションでの過食のセッションではお母さんと、食べ物が同じ立ち位置となってて、そことネガティブなエネルギーコードを繋いでいるって出たりしていました。本当にこのプロトコールも興味深いです。

そして、音叉
オラクルカードはFollow Your Heart 心に従いなさい と言うものでした
アロマの『縁』というのも出ました。もう、必要ない縁をきれいさっぱり切って、必要な縁がやってくるサポートだったのかもしれません。
あと、最後に、ホメオパシーのレメディ ハイペリカム というのが選ばれました。私はホメオパスでは無いので、ホメオパシーの意味が分からず、筋反射で出たものが今必要な物という認識でしかないのですが、後から、意味を調べてみると、へえー!と興味深かったりします。
このハイペリカムというレメディーは 『事故や怪我以来の鬱』 に効果があるという記述を見つけました。


最後に:
同じような事故にあい、苦しんでいる人の助けになったら、という事で、シェアの許可をくださったMさん、ありがとうございます。
今回のセッションで、わたしは、これからもIHが必要な人に届いて欲しいなーって強く思いました。
このごろ良く思うのです。
クライアントさんはひとりひとり、自分では超えれないくらいに苦しんでいて、でも、その悩みって、どこに持って行けば良いのか分らない状態だったりするんだなって。
今回の場合はMさんの胸に詰まってしまっていたネガティブな物を浄化し、そして、元上司とのネガティブな繋がりを切断して、Mさんを元居たエネルギー状態に戻した訳だけど、こういう事って、一般的に考えたら精神科に行く話しなのだろうか?でも、精神科はどう対処出来るのだろう?って思うのです。抗鬱剤とか出して終わりなのかしら。

M さんの同僚の方が、思い悩むMさんからお話を聞き、今回私をご紹介くださり、M さんとのご縁が出来て、本当に良かったです。
最後に、ヒーリング後のイメージをM さんにお聞きした時に、「会社の雰囲気が澱んでいたのがなくなり、いい気が流れていて、自分や皆が活き活きして仕事している。会社が、本来の健全な日本らしい良い信頼関係を持って、活気を持って、お客様と、社員もいい状態で回っている」とおっしゃっていて、ほーんとに、IHがする事って、その方だけを癒すのではなく、その方を中心とした全体を癒すんだなっておもいました。

Mさんもとの輝きを取り戻して、そして、さらに輝いて、活き活きされて行く事でしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆11月 セッション可能日☆
ただいま、先月からお申し込みくださっている方から、先に予定を入れている時なので、お申し込みの時には、第3希望までお伝え頂けるとありがたいです♪


11/1(火曜日) 10:00 予約済み
          14:00 予約済み

11/7(月)  10:00
         14:00 予約済み

11/8(火)ママ♡ティーサロン

11/9(水) 8:30 予約済み
        14:00 予約済み

11/12(土)10:00
        14:00

11/14(月)10:00
        14:00

11/19(土)10:00
        14:00

11/21(月)10:00
        14:00

11/22(火)ママ♡ティーサロン

11/26(土)10:00
        14:00

対面、スカイプでセッションしています。
対面の場合、バスの時刻があるため、開始時間が少し前後します。
お申し込み、お問い合わせは
keiko@purefoodpurebody.com




ーーーーーー
[PR]
by pineheath | 2016-10-29 00:42 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか?

この事って、私もそうだけど、勘違いしている人が多いんじゃないかなって思って、書いてみてます。

魂が成長したら、そんなに怒ったり、悲しんだりする事ってなくなるのか?って、どう思います?
私は、達観したら、どんな事にも、「いいよ、いいよ」って、笑える日がくるのだと思っていました。そして、そんな振りをしていた時期もあった。

でもね、今は、それは違うんだって思っています。

感情って、どんな感情でさえ、エネルギーで、良いとか、悪いとかって、無いのです。
もちろん、ネガティブな感情は出るとしんどいけど、それは必要だから出ている。
それが出たときは、その、感情を自分が「そんな事思わなくても、いつもはちゃんとやってくれてるし」とか、「お世話になってるし」とか、「申し訳ないし」とか「忙しそうだし」とか自分の中で、理由を付けて抑える事をして、「いえ、もう悲しくありません」とか、「いえ、もう怒っていません」とか、って無かった事にする必要なんてこれっぽっちも無いのです。

出る感情を、出るままに、ちゃんと、外に出してあげる事がとても必要な事だったのだと、今は思っています。

だって、ネガティブな感情は、その裏に、叶えたい事って言うのがあるのだから。

子供を育てているとよく分ります。
「うえーーん」って泣いている子供。 子供で、まだ、内側の自分、外側の自分が分離していない段階では、そうやって泣くのって、純粋な感情のままに泣いていたりするんだけど、その時に「悲しかったね、寂しかったね、泣きたいよね」って言ってもらえると、子供は、本当に緩んで、落ち着いて行くのです。
でも、「それは泣いてもしょうがない事だから、泣かないで!」とか、「こっちだって一生懸命やっているんだから、泣かないで!」とか言っても、子供はますます泣くか、泣けば良い方だけど、泣き止めるなら、泣くのを我慢している、そして、その悲しみを蓄積していくのです。

喜怒哀楽を純粋にぶつけて来る内側(=子供)の自分に対して、大人ぶった外側の自分が正論ぶつけて抑える事は、何の解決にもなりません。
ちゃんと、内側の自分の感情を表現してあげるって事が外側の自分のやってあげる事。
そして、この外側の自分がちゃんと内側の自分の感情を出して伝えてあげる事で、内側の自分は、自ら泣き止みます。
ある意味、自分が持つ、その感情を伝えた相手が、その事に対してどう対処しようと、それはあまり問題ではないのです。

親の顔色を見て育った人は、この内側の自分の感情を外側の自分がちゃんと外に発信してあげるという所に、大きな壁を作ってしまっています。
でも、それが出来ない事には、実は、自分はウソだらけの自分になっていく。そうなると、ますます、魂の成長とかいうどころの話しよりも、自分の基本的な欲求を満たす事がなされていないので、思考としては、ネガティブなものが根底の所ではグルグル回る事になる。

でも、そうやって、内側の感情を外側の自分がちゃんと外に届ける事が当たり前に出来るようになって来ると、自分が統合されてくるので、感情をはっきり表すけども、愛に溢れる事が出来る段階になる。
もちろん、不必要に感情的になるって言うのは、さらに、その下に、不必要な信じ込みがありそうだから、それから見て行かなきゃ行けないわけで、そう言う場合は、感情は癒されていない事のバロメーターだって言うのだけど。
そこら辺が、ちゃんと統合されて、癒されている状態であっても、感情はちゃんとあるし、あっていいのだと思います。だって、ネガティブな感情が出る時には、さっきも書いたように、起こる出来事に対して、それ違う!私が求める方向はこっち!って自分を位置を指し示す事だから。

ちょっと、話しはずれるかもだけど、小さな子供は、お母さんを代弁して泣いてくれていることって多いです。
お母さんが抑えて泣かないから、こうやってなくんだよ!って教えるために、泣いてくれていたりします。やっぱり、お母さんの腹から出て来た子供なので、お母さんの頭以上に腹で思っている事に繋がっててくれます。
ここ数日、寝てすぐに泣きじゃくるみこ姫。最初はみこちゃんが泣いているってしか受け止めていなかったのだけど、「あ、泣きたいのは私だった。」とやっと気がついて、一緒に泣くことが出来ました。

自分の為に泣いてくれているという事が分ると、子供が泣いている事の意味が変わってきます。
「泣いて良いよ、泣きたいよね、泣いて良いよ。」って心から言えるようになります。だって、子供が私の気持ちを分ってくれているんだから。
[PR]
by pineheath | 2016-10-27 01:41 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

自分に集中する


外の出来事にイラっとくると、その出来事や、人に意識が持って行かれそうになるけど、そう言う時に一番必要な事って、『自分に集中する』って事。
たいがい、「もう!〇〇ってなんでそうなの?!!!」って怒りの矛先は外の事になるんだけど、その、「なんでそうなの?」の先には、「なんで、私を見てくれないの?」っていう、寂しさ、悲しさが隠れていて、それって、要は、自分が自分に集中していたら『見てもらえていない感』は吹っ飛ぶのです。
だって、想像してみて、自分ややりたい事でめっちゃイキイキしていて、やりたい事目白押しで、ワクワクしている途中、これやって、あれやって、あーあれもやって!!!って、思っている時って、外の出来事(人)が自分にどうであろうと、『関係ない』というか、『私の事、放っといて!ちょっと、私に好きな事させてっ!!!』になると思いませんか?

だからね、外の何かが気になる時って言うのは、自分に集中出来ていない事のバロメーターだと思っています。
洗濯物干すのだって、食器洗うのだって、ご飯作るのだって、主婦にとっては自分の外にあるけど自分をある意味縛り付ける可能性がある事な訳だけど、自分に集中出来ているときは、そんな、自分がした方が良い雑務でさえも、イライラする事無しに、ちょっとの隙間時間に、ちゃっちゃっとやれていたりするのです。(←時に洗った洗濯物が忘れられて干されずに洗濯機に入ったままになってたりしますが。笑)
自分に集中出来ていなくて、意識が外の世界に行き過ぎていて、どうせ私なんか〜って思いになってて、外の世界の出来事が自分を苦しめているように、寂しくさせているように感じるだけなのです。

手っ取り早い解決は、自分に集中して、「めちゃ楽しい♡」を自分の中から生み出し、「外の世界?あーいつの間にか夜になってた!」ってなっている事。「やばいやばい、お腹すいた!ご飯つくろっ♡」ってね。
[PR]
by pineheath | 2016-10-26 17:57 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

[IHセッション事例ー物忘れ]

IHセッション事例ー物忘れ

「物忘れ」がテーマって、一体根底に何があるんだろう?って思ったのですが、あるキーワードが出た時に体が「それ!」ってうなずきました。

それは、『リセット』でした。

今日は 許可をいただいていた、Rさんのセッション事例のシェアです。
最初は違うテーマをあげてくださっていたのだけど、「あ、それと、物忘れがひどくって!」とRさんが言った所で筋反射。
体は『物忘れ』をテーマにして!と言っているで、それをテーマとしてセッションがスタートしました。
その物忘れは、誰かと話していると、いつも分る当たり前の事でも、不意に出てこなくなるらしのです。いつも話している友だちの名前とか、自宅の住所の番地とか。以前、脳のスキャンを取ってもらっても異常は見つからなかったと。
で、その物忘れが起こった時には、深みにはまるような感じ、細い穴に落ちて行く感じがするという事でした。
言葉を引きました
I release all stress in my Inner Child blocking optimum hormone function.
I release all stress in my Emotional being.

たまっているストレスが、何かしらの誤作動を起こさせているんだという事が分って来ました。

最初は、ストレスがあるのかなー。。。って言ってたRさんでしたが、昔から、この感じがあるかもしれません。と。
子供の時に、勉強したのに出てこないと、めまいがして。。上手く出来ない、覚えられないとかって思うと、もう、すべて辞めたくなったりするんです。
最近ギターの練習しているけども、それも、どうしても上手く行かなかったりすると、もう、全部辞めたくなる。「私ダメだ」って思ってしまって、『リセットしたくなる』のです。

このお話をしてもらっている時に、『リセットしたい』という所で強く筋反射が取れました。体が「そうそう!!その方向に話しを進めて!このキーワードが関係あるから!」って言っているのです。
そこで、「今、深い部分で『リセットしたい』って思ってしまっている事ってありますか?」とお聞きしました。
Rさん「夫婦生活。。。」ー筋反射 Yes
そこで、その事についてお聞きしました。
「夫に対して恋愛感情がそもそも無くって、昔、好きな人が出来て、初めて、ああ、人を好きになるってこういう感情なのだと分ったのです。でも、しょうがない、今回の人生は他の事で幸せを埋めて行くしか無いって思っていました。
でも、親の事でも、自分の人生、あの親の元に生まれて来た事、自分で選んで生まれて来たって言われるから、沢山の事諦めて、我慢して来たのに、なんで、結婚に関して、本当に好きな人と結婚するって事を選ばなかったのか、、、ってリセットしたくなります。」

そうなのです。
その感情を抱えて、リセットしたいという想いをずっとに底の方に抱えている事から、リセットの誤作動として、『物忘れ』が起こっていたようです。体ってすごい。

で,どうしたい?という質問に対しては、
夫に恋愛感情を持てるようになりたい。。。
自分が感じる事を感じて良いってなりたい。。

そこでもう一度言葉を引きました
I release genetic beliefs blocking my guide connection.
(私は、自分のガイドとコネクションをブロックするような遺伝的な信じ込みを解き放ちます)と言うもの。

「私は、自分で全部責任もってしなければ行けないと背負ってしまっている。
ガイドの存在とかが信じれていないので、全部自分でやらなきゃ、でも、9割は上手く行かないって思い込んでいる。」と。


そんな中から、Rさんの目標は
私のガイドが自分を導いてくれている事を心から信頼し、きらきらとした人生をおくる事です。
と言うものになりました。

そして出て来た奥に潜む問題として、
扁桃体のネガティブな記憶というものが出てきました。
プロトコール:
扁桃体ーネガティブな扁桃体の記憶を除去する
このプロとコールについて。。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ふつうの単数形で「扁桃体('the' Amygdala)と呼ばれていますが、実際は2つで対になっており、アーモンドのような大きさをしています。厳密には、「神経核」に分類されます。扁桃体には、基底外側核と正中中心核と大脳皮質が含まれます。扁桃体は、視床下部のすぐ上に位置しており、大脳辺縁系の一部をなしています。大脳辺縁系は私たちの感情の中枢であり、扁桃体はそうした感情を調整する役割の一端を担っています。扁桃体にはいくつかの機能があります。皮質や海馬や視床からのインプットを受け取る並列プロセッサーでもあり、視床下部との間で双方向のコミュニケーションもおこなっています。扁桃体は視床下部から恐れの条件反応を形成し、それを保存する役割を果たしています。

扁桃体は生体における戦闘隊長です。危険に直面すると、扁桃体は体に対して、戦うべきか、逃げるべきかという指令を送ります。そしてまた、脳が、感情的な意味づけを知覚や経験と統合するための、重要な組織でもあります。海馬は、経験を事実として記録しますが、扁桃体は、そうした経験に感情的な意味づけを与えます。ですから、扁桃体は主に、怒り、回避、防御、憂鬱、心的外傷後ストレス症候群(PTSD)、不安、恐怖などのような、後天的に身につけた恐れの反応を司っています。

扁桃体は、心臓が最初に鼓動を始めた直後に形成されます。扁桃体には、私たちが子宮にいた期間の記憶がすべて蓄えられています。子宮の中にいる時に、胎盤や羊水、生命を維持する液体があり、それを失う恐怖があり、栄養を与えてもらったり、弾んだり、動いたりする喜びがある、というような記憶です。

扁桃体はまた、母親の人生、憂鬱や恐れや生活についても情報を蓄えています。こうした記憶の蓄積は3歳まで続きます。つまり、ここまでの私たちの人生すべてが扁桃体に記録されている、という事です。3歳を過ぎると海馬が発達します。ここは、私たちがアクセスできる、意識的な記憶が蓄えられる場所です。問題は、たとえこの時点から扁桃体と海馬が互いに交信したとしても(リカ. カーター、1998年)、扁桃体に蓄積されている人生最初の3年間の記憶には、アクセスが不可能だという事なのです。

では、扁桃体に蓄えられた、ネガティブな記憶はどうなるのでしょうか?それは、個人個人が抱く恐ろしい悪夢となり、あらゆる行動を支配する見えざる力、人生の盲点となり、自分でもなぜしているか分からないのに何かをしてしまう、その知られざる理由となります。

扁桃体は、私たちの名を騙って、独断で、私たちの知性や理性的なシステムや行動をみな回避してしまいます。このため、「自己破壊」や「サバイバルプログラム」に取り組むときに「私」と「私でないもの」が出てくるのです。私たちがどんなに素晴らしい意図を持っていても、「別の私」が存在し、支配権を握って目標の達成を邪魔してしまうように思われます。扁桃体による条件反射を引き起こす、ネガティブな記憶を除去する事が出来れば、大きな前進が可能になるのです。

無意識的な感情の記憶/潜在的な記憶にアクセスさせてくれる、キネシオロジーによって、扁桃体が人生に与える、ネガティブな影響を除去する事が出来ます。「無意識」に働きかけ、記憶バンクを捜索して扁桃体に蓄積された否定的な記憶を発見する機会をあたえ、こうした記憶を発見して、ネガティブな影響を除去できれば、私たちは条件づけを解除する事ができます。そして、意識して制御しているわけではなく、制御されてしまっているプログラムを削除する事が出来るのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー解説終わり
このプロトコールが出た時には、もちろん扁桃体の記憶を取り出す事は出来ないのだけど、お腹にいた頃のお母さんがどんな感じだったか、想像つきますか?とか、3歳までってどんな感じだったか、想像つきますか?とクライアントさんにお聞きしたら、何かしら、ネガティブな印象が帰って来る事が多いです。
Rさんの場合「誰にも守ってもらえない」「サポートが居ない」って感覚が沸き起こっていました。
根底にある、扁桃体のそのネガティブな記憶によって、彼女は自分を導くガイドに任せる感覚を持つ事無しに、自分が自分の力でなんとかしなければって全部背負ってやって来ていて、夫婦に関して失敗したのではないか、リセットしたいという想いにかられていたのです。

インテグレートタッチ:ハートの部分と、前頭葉に手を触れ、ヒーリングをしました。

オラクルカード
Emerging 出現
キラキラと輝き、力強く成功し才能溢れる本当の自分が表面に表れてきました。他人が見ても分るように本当の自分を発揮してください。そして、いっそう輝いて人々にインスピレーションを与えてください。
あなたは色々な部分で本当に素晴らしい側面を沢山持っています。それを信じてあなたの真実の姿をもっと素直に見せるようにしてください。自分の感情を他人に(自分にさえも)見せ手はいけないと思っていませんでしたか?でも今のあなたは真の自分を表に現す事がどれほど素晴らしい、生命力にあふれた事か分っているはずです。
あなたの感情をエンジェル達や、あなた自身、そして、周りの人に表に出すように導いています。エンジェル達は愛を持ってあなたの感情に語りかけるので、あなたが感情を素直に表現する事により、友人や愛する人との間の誤解は生じません。エンジェル達は、あなたや他人を傷つけるような導きは決してしません。あなたが真の自分を表に出すようになれば、あなたの人生は新しいレベルで内に安らぎを表す事ができるようになるのです。
ーーーーー
オラクルカードなどが最後に選ばれる事がよくあるのですが、いつも興味深いなあって思うのは、セッションでの目標に使っている言葉や、セッション中に何度もキーワードのように言っていた言葉が、オラクルカードの文面の中に入っている事が多いこと。
今回は、「キラキラと」って言うのが、これからの彼女の姿としてのキーワードなのでしょうね。

あとは、
オーラソーマ 『レディーポーシャ」も選ばれました。

最後に:Rさんのセッションは何度もしているのだけど、今までは彼女のお子さんの事ばかりでした。で、今回、初めて、そこを抜け、彼女自身の事のセッションになったのだけど、セッションを通して彼女の段階が進んだなんだなーって事がよく分りました。

その後、統合期間を経ての彼女からの感想です♪
〜〜〜
先週水曜日のセッション後から3日間くらいかけて、
運命の人が夫であったと実感し、
もうどうしようもないのだ、、、と落ち込んだりもしました。

しかし、また2日くらいかけて 徐々に幸せに変わっていったのです。

私の夫への「見かた」が変わったのかもしれません。

私は 深いところで 夫を毛嫌いし、
「誰も私を守ってくれはしない(←親や世界に対する感情)」と、心に蓋をしていて、夫を拒否していたのだと思います。

それかセッションにより、解放され
「私はなんて幸せだったんだ。私と出会ってくれてありがとう。散々 振り回してごめんなさい。今まで一緒に歩んでくれてありがとう。私を幸せに導いてくれてありがとう。私と子どもたちのために、多くの我慢をしてきてくれてありがとう。これからもよろしくお願いね。」と、感謝の気持ちが湧き上がりました。

私は今、愛し愛される夫と暮らせて幸せです。
以下略

〜〜〜
という報告をいただきました♡
このセッションの後に、Rさん、どのように流れるのかなーって思っていましたが、自分の心を解放したら、「嫌だと思っていた事が、嫌なんかじゃなかった。」という結論になったのですね。
ソウルメイトのセッションでも、昔はこの人は違うと思う出来事があって、別れたと思っていた人が、自分の理想の人なって自分の目の前にまた現われたというのも起こったりします。
自分の魂の相手は、癒されていなかったときはそう思えていなかっただけで、癒されると、目の前にいた人だった!という流れにもなるのです。
[PR]
by pineheath | 2016-10-26 17:15 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

あなたの周りのサポーター達

あなたの周りのサポーター達

さて、1日2セッションが続くと、脳のセッションに対応する所(?)が活性し続けてるなーって気がします。紹介したい事例がいっぱい。
IHセッションってやっぱり毎回感動があるので、これだけセッションやり続けていても飽きるという事がないなーというか、クライアントの方々が持つストーリーの深さに感動し、その魂が求める方向に感動し続けています。
5ヶ月の子を持っていて、これだけのセッションを入れる事が可能なのは、心からサポートしてくれる人達に囲まれているから。本当にありがたい事だなーって思います。
5ヶ月の唯チャンを見てくれるのは、主に、義母で、それ以外にも、夫、夫の所に来ているインターン生、ママ友だち、など、なんだ、かんだ、出産直前までセッション入れていたし、産後も2ヶ月からぼちぼちセッション入れ、クラスを開催し、今月なんかはシッターさん見つかる限り、フル稼働♡、、と、動けて来たのはすべて周りのサポートがあってのおかげです。

天使達は、いつも、いつも私たちを助けようとしているって聞いた事があるとおもいます。
助けて!ってこちらが助ける許可を与えてくれるのを待っているって。
でね、このごろ思うのです。
天使でさえも、現実化しているんだろうなーって。
どういう意味かというと、
周りにいる、自分をサポートしてくれている人達って、自分のサポーターとしてついている天使達の分身なんだろうなって。
そう考えると、天使には、お願い助けてください!心から頼って素直に言えるくせに、周りの人には、助けて欲しいって素直に頼れないって矛盾したことなんですよね。

それと、ある意味、自分の現実に存在するすべての人は、自分が成長するためのサポーターの役割なのだと思います。良い人であっても、一見悪役の人であっても。
そのサポーター達に助けられ、私たちは、感じ、考え、行動して、少しずつ成長していく事が出来ているわけで、それをする事こそが今生きている意味なのですよね。
要は自分を成長させる人は自分のサポーター。つまりは、ポジティブな位置づけの人も一見ネガティブな位置づけの人も。

赤ちゃんって、絶対的なポジティブな存在って思うでしょ?
そうなはずです。ぜったい私の為に私の所に来てくれている存在だと、信じる事って,母親なら簡単に出来ると思います。

でも、現実としては、赤ちゃんを迎えるって、赤ちゃんを育てるって、ポジティブと表現出来る出来事ばかりではないですよね。
お腹に宿したときから、女性の体は母親として変化を始めて、どんどん自分の身体が今までの感覚とは違って来ます。
???があったり、しんどいって思う事が沢山あったり、食事が食べれなかったり、何をやるにも、お腹の赤ちゃんの事を気遣ってて、、、
そうやって、どうにかこうにか毎日を無事に過ごしていく。
少し動くのも息が切れたりしながら、お腹の中で順調に大きくして、その時には自分の体重は10キロ近く増えてて、寝返り一つうつのも一苦労、しゃがんだり、歩き回るのも、しんどくなります。お腹は異常な位せり出して、妊娠線も出たり。
そんな日を10ヶ月過ごしてから、やっと出産をむかえるのです。そして、経験した事がない出産という山を介助も受けながらだけど、一人で超えないといけない。誰も、かわりにはやってくれない。

その、チャレンジを超えたと思いきや、生んだ瞬間から寝ずの育児が始まるのです。生まれたての赤ちゃんは昼夜逆転だったりするし、2-3時間おきにオッパイを飲むので、いつ自分が寝てるんだか、起きているんだかわからないような1ヶ月を過ごします。産後に体も回復しきってない状態で、産後の出血も続いている中、母乳が安定してないのでオッパイがかんかんになったり、乳首が切れたりしながら、睡眠が充分取れない生活に突入になるので、人によっては、気力、体力の極限を感じたりします。
この時に、産後クライシスと言われるその後の夫婦に影響する危機を向かえるのは十分すぎる位わかります。だって、大変なんだもん。ひたすら赤ちゃんって大変なんですもん。(→さすがに5人生むと、こんなもんだって予想がついてるんで、今回唯ちゃんの時なんかは、予想の範囲内でしたがね。)

さて、どうでしょう?

愛の塊と誰もが信じているし、ぜったい、確かにそうに決まっている赤ちゃんって存在であっても、こんなに一見ネガティブな事が起こるのです。もう、限界って母親を追い込む事が起こるのです。
でも、育児を通して確実に色々感じ、母親はめちゃくちゃ成長します。
何が言いたいかって言うと、一見どう見えるかって関係なくて、たがただすべては本当にサポーターでしか無いんだろうなって事。

その時には自分に取ってネガティブと見える存在の人でも、自分の何かしらの成長のための人なんだって、それを乗り越えれた時には、はっきりと分るんですよね。
その渦中には「もう、なんて大変なの!!!ムギー!!!」ってなるんですけど。

そんな事が分って来たので、何かが起こった時に、起こる事、起こした人に焦点が行くのではなく、私にとっての意味を見つめる事が多くなりました。
それって、本当に、自分がこの事を解決する力があるって信じる事が出来る力であり、自分のセルフエンパワーを持ち続ける事なのだけども、誰かのせい、何かのせいって言っている時には、自分が被害者で自分が事を改善する力が無いって信じているので、何も改善はしないのです。信じている事が実現しているだけなんだけど。

IHセッションでどんなネガティブに見える現実の渦中にいる人でも、その先に光を見つける瞬間があって、その瞬間に立ち会う事がプラクティショナーとして、とっても嬉しい瞬間です。

そこには、本当に色んな人生があって、色んな体験があって、苦しみがあるんだけども、絶対に光があるのです。魂はそこに行こうと一生懸命だったりするのですよね。

私の歩んで来た事もこのごろはシェアするチャンスがあったらお話しているんだけど、そして、今なお人に話したらかなりびっくりされると思う大きなチャレンジをしている所だけど、今の私は希望しか見えていないのです。

目の前に見えるポジティブな事、ネガティブな事、すべてを自分のサポートとして、さて、あなたの魂はどこに向かおうとしているのでしょう。

あなたの光を見失ってしまった時、「サポーターなんていないっ!」としか思えないときは、IHセッションを受けに来てください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆IHセッション空き状況☆

申し訳ございません。
10月はいっぱいになってしまいました。
11月の予定が数日後には出ると思います!!お申し込み頂いている方には予定が出ましたら順におうかがいして行きます〜。
お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.com まで。
[PR]
by pineheath | 2016-10-24 20:24 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

倭のタントラ@京都合宿を終えて♡

倭のタントラ@京都合宿終わり、セッションの毎日に再び入っています♪

早いうちに、倭のタントラへの、この想いをまとめなきゃって思って、唯チャン寝てる間に書いてみようとおもいます。

私が倭のタントラに前回参加したのは、唯チャンを妊娠する直前にここ和束にAsamiさんとShinzoさんを呼んでオーガナイザーとして、パートナーと参加させてもらった、去年の8月。
その時から、1年ちょっと経って、今回は、唯チャンと私の二人でサポーターという形で参加させてもらったのだけど、(赤ちゃん連れでサポートなんてほとんどできず、逆に甘えてばかりでしたが。皆さんありがとう〜〜)この1年ちょっとでの、倭のタントラのクラスの洗練ぶりったら!!って、そこにえらく感動しました。

確かに、前のときのも、良かったのです。
でも、でも、今回の倭のタントラは本当にパワーアップしていた!
それって、私が受けるのは2回目だったからかなあとも思ったけど、そうではなく、やはり、倭のタントラに愛を注ぎ続けているShinzoさんと、Asamiさんがここまで、このクラスを成長させたんだなあって思います。よく、ここまで成長させたねー!ブラボーって彼らに言いたい。

この倭のタントラって、何を学べるワークショップなのか、って一言で言うのは本当に難しいなって、いつも思います。
今回、会場に向かう時に、私の住む所の駅で仲よくさせてもらっている(アメリカ人の)ご主人が私たち一行と一緒になって、私がShinzoさんと、Asamiさんがクラスの先生なんだーと、彼に話すと、そのご主人は「何の先生なの?」ってShinzoさんに聞いていました。
shinzoさんはすかさず「I am a sex teacher!!」 って言うんだけど。笑

倭のタントラでは、もちろん性の話しは抜きにはならないけども、倭のタントラでしたい事って、つまりは、人と人の繋がり。
それは、別に男女とか、パートナーとかだけの話しではなくって、私たちが生きている上で、絶対必要になる、他者との関わり。そして、自分との関わり。
そのままの自分を『良い』とか、『悪い』とかのjudgement (批判)無しに受け取って、そして、ただ、ただ、自分をオッケイにする。そして、自分が完全にオッケイだから、相手の事も、オッケイになる。そして、ただ、お互いに、繋がる。onnessの境地を思い出すっていうか。
それを、色んなワークや、その場の作り出す愛で経験して行く。そんなワークショップです。

私には、このホリスティックな道(カウンセリングとかヒーリングとか)に入るきっかけになったことがありました。
ものすごく、どん底におちていた時に、「何のために生きるの!」って怒りを込めて、何かに問おたときに、
『愛を感じるためだよ』

って声がどこからか聞こえた時がありました。(⇨http://pineheath.exblog.jp/18344966/
本当に、それは、自分の頭には無かった答えで、一瞬にして、そのメッセージは私の中に光を与え、私を楽にしてくれたのだけど、そして、それが、今の私の活動の原点になっていて、わたしは、日々の生活とかセッションとか、ワークショップとかで、それを実現化させているんだけど、思ったのは、この『倭のタントラ』のワークショップは、3日間でその事を体感して腑に落ちる事を経験させてくれるワークショップなんだなーって思った事でした。

3日間を通して、初めて会う人達が色んなワークをして行くって、そうそう、大人になって経験する事ではないと思います。
でも、本当に3日間を通して、繋がりあって行くのですよねー。
ある夜にした、シンボルゲームという、素晴らしいゲームがあるのですが、その時、デモで出た彼女の事を皆が見守って、見ている私たちは彼女と一緒に泣いて、本当に素晴らしい癒しが皆の中にも起こった事を感じました。
IHでも思うんだけど、誰かが少し癒される度に、地球も少し癒される。これは本当にそうだなって思います。

倭のタントラを誰に勧めたいか?って聞かれたら、これは、みんなに!!って答えたい。
だって、繋がるってパートナーシップだけの事ではないなって思います。
誰かと繋がる事の大切さを改めて腑に落としてくれるクラス。誰だって、誰かと真の愛のある繋がりを求めて生きているのだから。
繋がるってなんなの?それってどんな感覚なの?って事を体感する事って誰にとってもとってもとっても大切な事なんだと思います。

次回の京都合宿は2017年4月30日からの3日間です。
私も、また、サポーターとして参加させていただく予定です。
是非、是非、あの、愛の場を共に作り上げましょう〜。
興味がある方はkeiko@purefoodpurebody.comまで



f0128026_12275068.jpg

   ↑
シンボルゲーム 
今の彼女の状態。
ちなみに プラスティックのボードは体、彼女自身はかろうじて体の中にいる。
でも、他のパーツは体の外。そして、パートナーの彼も全然外。

f0128026_12281824.jpg

   ↑
シンボルゲーム
理想の状態
体がプラスティックからフワフワの状態に
ハートが新たに選ばれて戻って来る。
それ以外のパーツも体の中に戻って来る
パートナーの彼が彼女の大切な物を包んでいる

最初、デモに出たい人!ってAsami さんが聞いた時に手をあげなかった彼女。
で、手をあげた人をキネシでデモに最適か見ても、デモに最適じゃない、それ以外の人って出て、えーじゃあ、誰か他にデモ出たい人いる?って聞いてはじめて、手をあげた彼女。
彼女のストーリーは、簡単にデモやります!って言えるようなものではなかったのです。
みんな、息をのんでセッションを見守りました。

そして、すごいね。これが彼女が内側から出して来た彼女の求める事。そこに行く過程は、本当に感動する流れでした。
参加者のお一人が、「こんなに出来過ぎた事ってあるの?!」っておっしゃっていたけど、私たちは自分の答えを知っているし、宇宙はそれをいつだってサポートしてくれているって事が目に見えた時だったような気がします。

f0128026_12501857.jpg


基本、こうやって丸くなってお話聞いたりしていました。

f0128026_12462058.jpg


土(earth)の要素が強い私のストーリーをシェアさせていただきました〜。

f0128026_12473926.jpg


講師お二人と
オーガナイザー、サポーターでの集合写真♪
[PR]
by pineheath | 2016-10-20 15:09 | Trackback | Comments(0)

秋分を超えて


さて、皆様どんな秋分の日をお過ごしだったでしょうか?
エネルギーがシフトしたって出来事ありましたか?

普通の日であり、特別な日であり。

秋分に向かうエネルギーはずっと前から起こっていたけど、(←かなりの体調不良になった人も多かったはず)
昨日から『そのもの』っていうエネルギーはすごくって、翌日の秋分の日に続くって感じだったのかなーと自分の体ではそう感じていたのですが、いかがでしたか?

秋分前日、わたしは、ある非公開のグループ内で大自己開示を行いました。なぜか、前日。
1000人の人数がいるグループで。
開示の文章を書くのに数時間かけて。

その数時間は、超集中して書いてるので、4ヶ月の唯ちゃんを抱っこバンドで抱っこしたまま。気がついたら、吐き気がする位、頭痛する位、肩が凝っていました。笑

もうね、開示にエネルギーを使うので、投稿した後はヘロヘロでした。

面白かったのは、わたしがそうやって文章で自己に向き合っていた時に、夫はリビングで会合してて、そこで、本音トークが炸裂してて、わーわー言ってて。笑

きっとあの時間、我が家はものすごいエネルギーが渦巻いていた事でしょう。

(本当は、自分のこのブログにも書きたいくらいの自己開示内容だけど、でも、それはまだタイミングじゃないのかな、と思い、書けないのですが、そのことはちょっと残念なのです。)

でもね、そうやって「自分」を開示するってエネルギーって出すとしっかり帰って来る。
そのわたしの嫌って位の超長文の投稿を読んでくださった方のうち5人の方が即セッションを申し込んでくれました。

このごろはね、以前よりも、さらに、覚悟って言うのがすっと決まる気がしています。
「これがわたしなんだ」って所をまっすぐ見せる事に対して、ぐちゃぐちゃ思わなくなっているように思います。
「これを言ったら、嫌われる。」
とか
「これが自分だと言ったら、なんて思われるんだろう。」

とかの

その思いがゼロになることなんて、きっと人間である限り無いんだと思うけど、

でも、
「わたしがわたしの味方でいる」
って事が中心で、自分が出す玉に自分が責任を持つ覚悟って事が大切なだけなんだなーって思うのです。

そして、自分があるがままの自分の味方でいる事を決めていると、
自分の目に映って来る現実は本当に優しいものになります。
だって、投稿して、すぐに5人の方がセッション申し込んでくれるんだよ〜。
世界はなんて優しいんだろうって、感動しました。

そして、そんな優しい世界しか見えていないわたしはやっぱりシフトしたのかもしれないっておもうのです。

今日は、そんな嵐を超えて、その高揚したエネルギーのままひっくり返ってた家を片付けました。(←あした、キネシお茶会なのでね♪)

そして、子ども達も寝て、夫も飲みに出かけてて、静かに向かえる23時21分でした。
さあ、新しい幕開けです〜

ーーーーーーーーー
9月♡唯ちゃん誕生♡セッション割引のお知らせ

唯ちゃん誕生の感謝を表したいなあって思っていたので、誕生して3ヶ月経ってしまったけども、セッションの割引をさせていただく事にしました。今日から9月末までのお申し込みの
IHセッションを
1セッション 15000円→13000円
5セッション 70000円→60000円
10セッション130000円→110000円
にて、
ホリスティックヘルスセッションを
3ヶ月コース 50000円→45000円
6ヶ月コース 90000円→80000円
にて提供させていただきます。

そして、セッションや講座に使える
Pure Food Pure Body クーポン 30000円分→20000円で発行させていただきます。(お一人、1クーポン限定です)
(これは、講師をお呼びしての講座にはお使い頂けませんが、私が講師として開催している、自分メンテクラスや、IHファウンデーションクラス、キネシベーシッククラスにはお使い頂けます♪)

お申し込み、お問い合わせは
keiko@purefoodpurebody.com
まで♪
[PR]
by pineheath | 2016-09-23 01:00 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)