タグ:子供のこと ( 54 ) タグの人気記事

行ってきます!

わーい!やっと、ここまでたどり着いた♪

後少しで子供たちのお迎えをして、福岡に向かいます〜!

子供お迎えまでの残り10分、やっと、準備も整って、机にホッと座ることができています。

今回の旅は福岡→LAバケーション&IHマスターコース4受講→福岡&九州バケーションって感じで、こちらには12月の頭に帰ってきます。
チビさん達2人を引き連れての電車、新幹線、飛行機〜〜って、どんなことになるのか、チャレンジでもありますが、でも、随分としっかりしてきた(笑)3歳と1歳なので、一緒に楽しんできたいと思います♪

そう、そして、今回は、私の両親も一緒にアメリカに行くということで、ちょっと親孝行になればいいなあって思っています。

アメリカの3人の子供達と、みこちゃん、唯ちゃん全員が揃うのは初めて♡

5人の子供と一緒に写真を撮りたい♡♡♡

そして、

今回のLAでのIHマスター4の受講では、今まで解禁されていなかったプロトコールを習ってきます。

帰国後のセッションはさらに深いものになると思うので、是非楽しみにしていてください。

セッションルームも新しくなったし、色々と、次の幕開けだなあ〜〜。感無量のひと時です。

明日、16日の20時にキャンペーン情報を配信します。LINE@の登録がまだの方は、是非登録してくださいね。
12月にセッション入れたい方は、登録オススメです。
LINE@登録はこちら


ではでは!!行ってきます〜〜♡
f0128026_12254727.jpg



[PR]
by pineheath | 2017-11-15 12:29 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

スピリチュアルと現実と

スピリチュアル大好きだけど、現実世界との兼ね合いがうまくいかないって悩みを持っている人、多いですね。


私は、スピリチュアルって、『私、スピです!!!』って、宣言するとか、区分けするとか、そういう類のものではなくて、普通、皆スピリチュアルな存在だよね、って、それが全ての人のベースにあるって思っているので、スピリチュアルだから、現実が、、、とか、スピリチュアルだから、お金儲けには抵抗があるとか、ちょっと意味がわからないって思うのです。


スピリチュアルって、自分が意識していようが、意識していなかろうが、みんなスピリチュアルな存在だから~!って、本当に思います。


考え方がスピリチュアル思考な人、現実派思考な人、っていうのはいると思います。


そして、そのスピリチュアル思考が自分にとって、助けになるなら、その思考法を取ればいいと思うし、それでうまくいかないところがあるなら、物の見方を変えてみる(思考を変えてみる)ことをオススメします。


私は、自分が離婚という道を選択して、アメリカに3人の子供達が住んでいるという状況があって、数年間子供達に会えない状況になっていたので、現実を動かして、変えていかなければ、子供達といつまでたっても会えないということに直面しました。


スピ的流れで行くと、心の底から信じてさえいれば、いつかは、、、って、そう思う自分もいながら、でも、それでいいのかな、、って、ずーっとぐだぐだ考えて、行動を起こせずいた自分がいました。

最終的に、これは行動起こさなければいけないでしょ!って事態になって、


最終的に、アメリカで裁判を起こすという最もハードルが高い選択をして、その裁判の結果、元夫とも和解を果たし、子供の親権を共同親権という形で持つことができました。(これが、今年の1月)


さらっと書いてみてるけど、このことって、その道に詳しい人を見つけるのがまずありえないくらい難しくって、相談できる人を見つけれたとしても、その道は険しすぎて不可能だってアドバイスされるって現実でした。


でも、自分の軸が定まった時、人からのアドバイスで右往左往する自分ではなく、「誰がどう言おうと、私はこうする!!」って思えるようになりました。


そして、私の事例に協力してくれるアメリカで弁護士している日本人弁護士が見つかり、さらに、子供達が住んでいる地域が所轄であるアメリカ人弁護士が見つかりました。



アメリカの弁護士たちと契約を交わしたのは、5番目の唯ちゃんが生まれる時だった。www


明日契約って日の前の晩、思いっきり破水して、産院に入らないといけなくなった時に、バスタオル股に挟んで、笑、アメリカの弁護士に、『今から子供産んでくるから、契約交わすのは、産んだ後ね!』ってメールしたのでした。笑。


『スピリチュアル思考』だった私は、そうやって裁判という戦いを起こすことが良いことなのか、がずっとわからなかった。


そこにかかるお金、労力、どれくらい途方も無いことなのか、そのことをやり遂げれるのかの自信もなかった。


でも、自信がないとか言っている場合でもなくて、とにかくやり遂げるしかなかった。

そして、裁判を起こすということ、戦いにするということ、について、宇宙というか、何者かに問い続けていたら、私の中にストンと答えが落ちて来た。

それで、私は、何の迷いもなく、裁判という形をとることを決めれたのでした。


結果的に、あの時、裁判を起こしたことで、子供達とは繋がり始め、元夫とも和解することができたので、本当にあの時の死に物狂いの日々はこの上ない大きな意味があったと思っています。


2016年11月から3ヶ月間という長い間、アメリカの友人宅に滞在させてもらって、実際の裁判をやっていたのだけど、その友人のところは4人家族で、その家族の中に私と唯ちゃんがお世話になっていた状態でした。


その友人の彼女と私はアメリカに住み始めた当初からの友人なので、14年くらいの親友だけど、その3ヶ月間は裁判抱えながらも、一緒にたくさん笑って、泣いて、言い合って、ワイン飲んで、酔っ払って、雪道を散歩して、ご飯作って、自家製ビール飲んで、ゲームして、映画見て、なんともありえない位のあったかい時間を過ごしてました。


裁判でアメリカに行って1ヶ月した頃に、私は唯ちゃん抱っこしたまま転んでしまうというアクシデントを起こしてしまいました。

唯ちゃんのことをカバーするのに左の手首の骨を二本とも骨折したので、そこからのアメリカ滞在は赤ちゃんだけではなく、なんと自分の世話さえもできなくなって。笑。笑。笑。


その骨折時点では、元夫との和解はもとより、アメリカに住む子供たちとの面会もままならない状態が続いていたので、


もう、人生でここまでどん底になることはないな、って、あの時は泣くだけでは足りず、笑えてくるほどでした。


でね、だから、最悪だった、という結論にもできるんだけど、私の中では、この経験はやはり最高だったなって思います。



もう一人の親友であるサンディエゴに住むIHプラクティショナーのIzumiちゃんは、私がぶれそうになっていたら、遠隔でIH してくれて、私が私を持ち続けることができるように、全面的にサポートしてくれました。


私は、真の友人に恵まれていることを心から感謝したし、あんなにどん底だと思ったけど、大丈夫だった、という経験になりました。


そして、なんとかやり遂げた、って大いなる自信につながりました。


なんとかなったって思います。



救急病院に連れて行ってくれる友人がいて、私と唯ちゃんの身の回りのお世話をしてくれる友人たちがいて、IHやってくれる友人がいて、

そして、きっと、元夫も、手首まで折って、なんてかわいそうな、、、と少しは同情してくれたのではないのかな、笑、最終的な和解のためにも一役買ってくれた骨折事件だったようにも思います。


そして、

その3ヶ月のアメリカから帰国するときは、メイン州が大雪で飛行場にアクセスできるか?!って感じだったのですが、なんと、なんと、和解果たせた元夫が子供達と一緒に私を空港まで送って行ってくれたのでした。


その夜の感動は私は一生覚えていると思います。


大雪の夜空に1月なのに大きな花火が上がって、後部座席の真ん中に私が座っていて、両隣には娘たちが私の手を握って座っていて、元夫が車の運転をしてくれている。

そして、大きな大きな花火が空に上がってる。


あーこの感動のために、私はここまで来たのかもしれない、って思ったくらいでした。


スピリチュアルな感覚を大切にするということと、現実を動かすということは、ぶつかり合うことでもなんでもなくて、私の場合は、スピリチュアルな感覚を大切にして居るからこそ、ここまでこれたんだなって思っています。


どこか、何かからのサインをちゃんと大切にする、自分の中で沸き起こることを大切にする、そして、どこに進みたいのか、自分の行きたいと思える目標を見続ける、

そのために、自分の中の純度を上げて、ちょっとの違和感、モヤモヤを大切にする、見逃さない、ということをやって来たように思います。

それをしていると、次の一歩がちゃんと見える。だから、そこにちゃんと動く。それが現実を進めていくのに大切なところです。


あー今日の記事は回想になっちゃったけど、笑。


もうそろそろ、スピだから、と、スピリチュアルを現実進めない言い訳にするのを終わりにして、どんどん現実に落とし込んで行こうよ!と思っての記事でした


[PR]
by pineheath | 2017-10-06 14:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス@東京開催のお知らせ

ご要望があり、調整が完了したので、IHファウンデーションクラスを東京で開催することが決定しました~!!


この、調整っていうのは、今回の場合は『THE 断乳』でした。笑


え~、人生で(たぶん)最後の授乳が終わりましたー。嬉&寂


断乳決行して二日目の夜までは泣いたけど、今日の朝はもう「パイパイ~~」って泣くこともなく、6時からモリモリ朝ごはん食べていた唯ちゃん。


断乳山場は意外とあっさり超えたのかもなって思います。


まあ、いつも思うのですが、子供はこっちがちゃんと決めれば、もちろん大泣きするけど分かるんですよね。そして、その決定についてきてくれる。


唯ちゃんも、昨日の夜なんかは、おっぱいなしで寝入りの仕方がわからないので、泣くんだけど、みこちゃんからも「もう歯が生えたし、たくさんご飯たべれるから、おっぱい終わりやでー」と言われると「はい~~」と言いながら、「ぶえ~~ん」って泣いてました。笑


いろんな言葉も話せるようになって、会話が成り立つようになってきた唯ちゃんなので、ちょっと前から「もう終わりにしようね」って話していたことも、『なんとなく』、ではなく、ちゃんと理解してくれていたんだと思います。


私は、断乳って嬉しくもあり、そして、やっぱり寂しさもあり、いつも、この時は複雑な心境になります。

でもね、これからは、パパと過ごすことも、おじいちゃんおばあちゃんと過ごすことも増える唯ちゃんだろうから、ママからしか供給されないおっぱいは、彼女にとって、ママが留守の時にママ以上に狂おしく求めるものになるから、断乳しておいた方が、彼女のハッピーにつながるな、と意を決めて断乳したわけです。


で、東京出張も、日帰りではなく、一泊してくることが可能になったわけです。


え~、会場の広さから、8名の定員にさせていただきます。

とは言っても、そのうち4名がもう埋まってしまっているので、あと4名の募集です。


お会いできる方、楽しみにしています!どんなクラスになるのかな♪♪


IHファウンデーション@東京


日時:10月2日(月)


時間:9:30~18:00 (途中お昼休憩はさみます~)


場所:東京 文京区(詳細はお申し込みの方に直接お知らせいたします


定員:8名 (4名)ブログ告知前に、ご興味がある方で埋まってしまってしまってます。ご興味がある方は是非お早めにお申し込みください。


講座費:20000円


クラスの内容については、こちらをご参照ください。


★また、自分メンテ講座と、IHファウンデーションクラスの違いについて、

この頃質問がくるので、説明させていただきますね。

二つとも、筋反射の基礎的なものは教えるので、かぶるところが少しはあります。

IHファウンデーションは最後にミニセッションまでできるようになってもらうので、筋反射だけを練習する時間は自分メンテ講座に比べ少ないです。 ヒーリング法は3種類教えます。
ミニセッションの流れも教えます。
それらを使って、最後、実際にミニセッションをやっていきます。

それに比べて、自分メンテ講座は最終目的が人にミニセッションをすることではなくて、自分で自分&周りをメンテするために筋反射を使えるようになることです。
自分と周りの人に筋反射を使って、今必要なメッセージを引いてあげたり、今自分に合う食べ物を見つけて行ったりする、日常に使えることを目標にしています。
ファウンデーションでは特に扱わない、一人キネシ(自分で自分の筋反射を取るやり方)も教えるし、練習します。
ファウンデーションでは、オラクルカードは使わないのですが、自分メンテでは、オラクルカードを筋反射で引いていきます。
後半は、キネシ以外のことも含まれてきます。
目標設定は意外とセッションするようになったら、大切なところですが、人生においても大切なことなので、自分メンテ講座で少し触れています。(IHファウンデーションでは、ほんの軽くしか触れません〜)

筋反射をどのように活用したいか?によって選択していただけたらなあと思いますが、筋反射が取れなさそう〜〜という方は、自分メンテで筋反射の練習積んでから、IHファウンデーションクラスをとり、筋反射の基礎をリピートしつつ、ミニセッションについても学んでいく、という流れも、吸収しやすいかな、と思います。
IHの本コース(パスウェイ、コンセプト、マインド、ボディー、マスター1、2、3)に上がっていくためには、IHファウンデーションが必須になります。
どんな流れで、筋反射習得&活用していきたいか?によって、選択していただければと思います!


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生、一応、募集締め切りしました。

本当は8月末で募集締め切りだったのですが、

1ヶ月遅れで始めるかも?という方がいらっしゃるため、一応募集締め切り、という形にさせていただいてます。

 

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!
東京でのクラスの開催も定期的(目指せ月1回)にしていく予定です♪

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 増席1満席 ありがとうございます!)


9月16日 自分メンテ講座@京都和束


10月1日 自分メンテ講座@東京 (10人満席 ありがとうございます!)


10月2日IHファウンデーションクラス@東京(8人4人)


★セッション費のお知らせ

先月の割引期間終了をもちまして、IHのセッション費は1セッション20000円にさせていただいています。

IHのセッションでは自分自身で自分の心に向き合っても解決しなかったこと、自分の頭ではわかっていなかったことが潜在意識から掘り起こされてきます、(もちろん、それを望んでいるのは、あなたの魂なのですが)そして、『あ〜〜それ、あります、、、』と頭で気がつく、、、って流れになります。なので、1回のセッションで人生格段に進むのですね。




お問い合わせ&お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。



[PR]
by pineheath | 2017-09-07 17:47 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

あなたが『やりたいこと』に最大のエネルギーを!

わー!ドキドキする~!

突然、どうしよっかなあ、って寝かしていた案件2つが繋がって、解決になる&ワクワクするアイデアが出てきてます!!。


やりたい!って思うことをいろんな制約のせいで、『しない選択』をするのは、本当に最後の手段にしたほうがいいと思います。


高いしな、

遠いしな、

頼まないといけなくなるしな、

そこまで何も得られないかもしれないし、

反対されるかもしれないし、


自分のワクワクを打ち消すように、思考はあなたを思いとどまらせようとします。


で、いつだって、やるかどうか?は最後はその勇気があるかどうか?なだけかもしれません。


自分の『やりたい』って感覚を信じて、行動に移してあげれるかどうか、なだけ。


私がワクワクしていることは、LAでのマスター4の受講!


それに当たって、アメリカのメイン州に住む3人の子供達もLAに呼び寄せ、airbnbで家を一棟借りて、私&子供5人で過ごしちゃおう!ということ。


つまり、子(みこ3歳&ゆい1歳)を連れてアメリカに乗り込み、講座を受講し、アメリカの3人の子供たちとも一緒に過ごす!って計画です❤︎


はい~、お金かかります。(でも、人生をより豊かに味わうためにお金ってあるんだと思う。)

はい~体力使います。

(まじで、体力的に、やりきれるのか、私、、、ってところも。43歳体力の限界を時折感じます。。でも、LAならやれそう!って思います)

はい~そんな、たった1週間のために!です。


IHのマスター4が今回、創始者マチルダからリリースされるのですが、それは『リレーションシップ』に関するプロトコール。


もちろん、詳しい内容はまだ習ってないので、わからないけども、

自分とのリレーションシップ、自分の大切な人とのリレーションシップ、

人間関係の悩みなんて、本当に最終それに尽きるんじゃないか?って思うくらい、リレーションシップって重要な位置を占めています。根幹ですよね。


実は、2年前にLAにマスター3まで受けに行った時に、マチルダと話をしていたら、マチルダがマスター4が出来上がりそうで、それはリレーションシップについてなんだ、という話を個人的にしてくれたのでした。

その後、IHの創始者の一人であり、マチルダの最愛のご主人ニックが亡くなり、マチルダ自身マスター4をリリースする気力が湧かなかったため、そこから2年という時が経ってしまったわけです。

マチルダから話を聞いた、2年前のその時から、受けたい!!!!って思っていた『リレーションシップ』のクラスです!!


今回リリースされることを聞いた時から、いつかは、日本に上陸するかもしれないけども、それを待てず、今回、受けたい!受けたい!受けたい!って気持ちがありました。

『これを今回受けたら絶対必要なクライアントさんに届くに違いない!』って、理由づけになることも思考するんだけど、でもね、根底は、私がクラス受けたい!なんですよね。


『これがビジネスに役立つに違いない』とか『これが人の役に立つに違いない』とか『これはとっといたらプラスに働く資格だ』とかは、全部思考の部分です。


それって、自分を動かすモチベーションにはならないのです。


だって、自分の魂が感じていることではないから。


そこについて、考えすぎると、何を感じていたか?を見失うことになります。


『本当に、役立つのか?』とか、『本当に、高すぎないか?』とか、ね。


考えていることに対しては、思考でやらなくていい理由を探し始めます。

『どうせ、習っても使えないかもしれないし』とか、『どうせ大変な思いするかもしれないし』とかね。


ワクワクする!行きたい!LAでマチルダに会いたい!って、そこには理由なんていらないんです。


そして、子供達に会いたい!っていう強烈な思いも私の中にあって、子供たちに会うには、メイン州に行かなきゃ会えない~って思っていたのですが、『あ、そうだ!!LAに来てもらえばいいやん!』って閃いたのです❤︎


子供の学校カレンダーを見ると、ちょうど、一週間のサンクスギビングバケーションだし!!!

タイミング合う~!!!!!


もう、そうなると、興奮状態ですよ。


その直後に出張中の夫からスカイプが入り、私の脳内興奮を伝えたら、驚いていたけど、賛成してくれました!


二人のチビ連れで、関西空港から東海岸側のメイン州にまで行くのは、本当に不可能に近いけど、LAなら関空から10時間乗り換えなし!だし!


次に、アメリカの子供達に早速その案をどう思うか聞いてみたら、子供達、目を輝かせて『エ~~~!!!LA? いいの~!そんな、楽しみに決まってるよ~~え~~~すごい~~!!!』と大喜び❤︎


いつもは、スカイプかけても3人のうち誰かがつかまるかどうか、だったりするのに、なぜかその日は3人揃ってて、3人を画面越しにみながら話することが出来ました。


ま、今は、元夫の了解を取っているところなのですがね。

でも、一週間ずべては無理だとしても、たとえ数日でも、実現したら、なんて楽しいんだろう!!!ってワクワクが止まりません。


でね、さらに後日談があって、超面白いんですけど、


オーガナイザーのいずみちゃんと、そのLAで開催されるIHマスター4のクラスについてやりとりしてる最中、私としては、元夫の許可待ちなので、ちょっと待て状態なので、気持ち沈めるために、いつもの天満宮にみこ&ゆいと散歩がてらお参りに行ってきた昨日の出来事。


お参りから帰ってきたら、主人の会社のインターン生(アメリカ人)が「ハロー」って焼きたてのマフィン焼いたの持って顔だしてきてくれました。

「もう、今月でインターン終わりで帰るのさみしいね~」なんて話してて、「で、アメリカのどこからきてるんだっけ?」ってなんとなく、聞いたのですが、


彼女、「LosAngelsです」って。


「え?LAのどこ?」って聞くと、


「あー、Torranceってところなんです」って!!!!!!!


まじ!!!!!!


このTorrannceっていうのが、IHマスター4が開催される場所なのです!!!!!


すげえ~!!!


こうやって宇宙は、『大丈夫』のサインをしっかり送ってくれるんですよね。


でね、このLA行きに関して、クラス1日だけなんだけど、その時のみこ&ゆいのベビーシッターさんどうしよっかなあって保留案件だったのだけど、なんと、彼女は大の子供好きで、いつも、私たちの顔見ると、みこちゃん~って寄ってきてくれる子なので、


私がみこ&ゆい連れてクラスの受講にLA行こうかと思っている話伝えて、


「ねえ、ねえ、もしかして、その時、タイミングが合ったら、ベビーシッターしてくれたりする?」って聞いてみたら、


「あーお役に立てることなら、なんでもしますよ!私が忙しくても、私の家族5人いますから、誰か空いてると思います!」だって~!!!


もう、宇宙大好きありがとう❤︎





[PR]
by pineheath | 2017-09-04 14:27 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

甘えたい、頼りたい

誰だって、人に頼りたい、甘えたいって気持ちってあると思います。


それなのに、人には甘えるべきじゃない、頼るべきじゃないっていう制限は、それは、『~べき』という自分の制限だったりします。


だから、甘えていいし、頼っていい、のだと思います。


でも、頼った時に、甘えた時に、それを受けた相手が『ノー』と言えるスペースを残してあげているか?

『ノー」って言われても、自分は傷つかないか?って所が実はすごく大切な所だったなって思います。


要は


『ノー』と言われたくないから、自分で頑張っちゃう。

相手は、『ノー』って言いたいのに、『ノー』って言えないかもしれないと勘ぐって、自分で頑張っちゃう。

そして、限界まで頑張って、頼るしかなくなった時に、頼るってことをやるので、その時の相手からの『ノー』には、ひどく傷つく。。。



もっと、軽いノリで、頼ればいいし、甘えればいいのだと思います。


そして、自分も、嫌な時は、ちゃんとノーと言える。


自分でできないことじゃなくても、自分でできることであっても、頼りたい、甘えたいって思うなら、甘えてみる。


相手は、それに対して、イエスかもしれないし、ノーかもしれない。




3歳の娘は、本当に、そこらへん相手を勘ぐるって思考の動きをしないので、見てて勉強になります。


2階から、1階に降りる時に、自分で降りることはできるけど、「抱っこして!」って甘えてくる。

それが、こちらもできる時と、できない時があるわけだけど、


「ママ、唯ちゃん抱っこして降りないといけないから、自分で降りて~」って私が返事したら、


「え~でも、みこちゃん、抱っこしてほしいもん!」と言い張る。


そしたら、


「じゃあ、ママ、最初唯ちゃん下に連れて行ってから、もう一回みこちゃんお迎えに2階にくるからさあ、それでいい?」と代替案を出す、母。


「うん!それでいいよ!」とご機嫌みこちゃん。


もちろん、彼女の甘えたいに叶えてあげれないタイミングももちろんあって、例えば、私が疲れているとかも含めて。笑。そんな時は、「もうやだ~疲れてるもん、ママ。」って伝えます。


「え~だって、抱っこしてほしいもん!」と言い張る娘に「ママだって抱っこしてほしい!」って伝えます。


そんな時に、私が甘えさせれない理由であることを伝えます。

「もうお姉ちゃんなんだから、自分で階段降りれるはずでしょ?!」なんて言葉は絶対言いません。それは、真実じゃないから。


彼女は、自分が甘えたいことにまっすぐです。

で、甘えさせてあげたい、と私が思っていることも理解していて、それに私が向き合おうとしていることで、彼女の甘えたい気持ちは満足するようです。


そうやって、私の気持ちを勘ぐってこないで、まっすぐ伝えてくれるみこちゃんには、もちろん私も、私をまっすぐ伝えることができる、相手を勘ぐらずに、そのやりとりって、なんて、ストレートで、そのまんまで、わかりやすいんだろうって思います。


暗に何かを言いたいけど、この表現で伝えて、相手を暗に攻める、みたいなこととか、空気読んで、今はこうするべきって思って、伝えたいこと、感じることを押し込めて過ごす、とか、本当に、自分をこじらせるだけだなって思います。


私は、自分自身甘えることがすごく苦手。それは、甘え下手な母親から育っているから。

スキンシップも下手な母親から育っているので、かつての私は、スキンシップが苦手だったなーって思います。


3歳のみこちゃんは、ヨシヨシして欲しい時は「ヨシヨシして~ヨシヨシして欲しい~。」っていう。そして、触ってほしくない時は、「やめて!触らんとって!」という。笑。笑。笑。


もうね、彼女の単純さ、学ぶところ大デス。


f0128026_12075467.jpg
                くまのプーさんお熱らしい、看病中


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月4日から8月10日までのセッションお申し込み割引のお知らせ❤︎


また、7月4日から8月10日までは、セッション&クラス基本的にお休みさせて頂くのですが、

でも、私にとって、とってもスペシャルな時間になるので、

これね



7月4日から8月10日までのセッションお申し込みの方は

(実際にセッションをするのは、8月10日以降になります〜)


割引にさせていただきます。

(なんだ、かんだ、嬉しい時には、セッション割引を入れているので、気がついたら、結構な頻度で割引しているかもですが。笑)


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。


IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化していくのですが、自分の作ってきた役に立たない信じこみをクリアーにしていくと現実が大きく変わり始めます。
5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください

(8月10日以降はセッション費改定になります。)


keiko@purefoodpurebody.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、

8月10日以降~のお申し込みに関して

セッション費改定のお知らせ


今まで据え置きで、IHセッションさせていただいていましたが、8月10日以降のお申し込みに関して、セッション費を値上げさせていただくことにしました。


私のIHセッションは時間制限があるわけではありません。


大体の目安として、1時間半から2時間と言っていますが、その方の潜在意識と対話して進みますので、もっと大幅に時間がかかる場合もありますことをご了承ください。

また、魂が本当の自分で生きる!と決めた時点でセッションになるのですが、(魂が決めきれていないときは、何らかの理由でセッションが成立になりません。。)

ギリギリのところで、潜在意識からの抵抗が起こることもあります。その場合、いろいろ調整しながらセッションしていくことになるので、余計時間がかかる時もあります。


2017年8月10日以降のお申し込み


1セッション 20000円

5セッション 90000円

10セッション160000円 


になります。

よろしくお願いします。



[PR]
by pineheath | 2017-06-28 11:54 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

お母さんって、どうして心理ブロックの原因なの?

みんな、色んなことで苦しんでいる、乗り越えたいけど、乗り越えれない何かに苦しんでいるんですが、その根底のところで、お母さんとの関係(たまにお父さん。笑)が出てくることは、本当に多いです。


という私は、5人の子供たちの母親で、そのうち3人の子供は私が元夫と離婚したために、私と暮らすこともなく、アメリカに、父親と住んでいます。(父親とのアメリカ生活楽しんでいます)


あんなに、子供は母親からつけられる傷で、人生に大きな障害になるトラウマを持つってわかっていたのに、というか、わかっていたからこそ、というか、私は、私が良いと思うことをやるしかなく、今、こういう結果になっています。



(あのときは)幸せとは思えなかった(結婚)状態で、そのまま(子供のために)進むべきだったのか、

それとも、

こうして離婚して、幸せにはなったけど、子供と別れて暮らす結果になったのが良かったのか?


その答えは、どっちにでも、転ぶと思います。


どっちにでも、転ぶことができると思うのです。



だから、私は、これからの『結果』のところで、


母親は、「子供がいるから、子供のために離婚はしない」という選択ではなく、「自分の人生は、自分で幸せに切り開くことができるんだよ」ってところを見せるために、笑顔でいられないなら、離婚という選択も時には、あるんだよ、離婚したって、パパはパパだし、ママはママだし、あなたたちには、あなたたちを愛するパパとママがいるんだよ、一緒に暮らさなくなって、実際、生活は、大変になったかもしれないけども、一緒にはいないけども、変わらず愛しているよ。そして、変わらず愛してるよ、ってことを伝えたいと思っています。






それでも、トラウマになっていることは沢山あるでしょう。


離婚せずにいた方が、トラウマにならなかったかもしれません、でも、離婚製図にいた方が、(幸せではない母親を見ることで)子供達が苦しんだかもしれません。


今となっては、わかりません。そして、それも、どちらにもなり得たこと。


起こしたことは起こしたこと、起こったことは起こったこと、だからこそ、前を向いてこれからの結果を作っていきたいと思っています。


さて、子供の立場だったらどうでしょう?


ほとんどの親は、良かれと思って、いろんなことをしているんです。

それが、正しかったか、正しくなかったか?なんて、わかることもあれば、わからないこともあります。

でも、その時、その状況で、未熟な母親は一生懸命考えて結論を出して、


時には、


あれするな、これするな、

これ危ない、〇〇には気をつけて!


って、子供を守ることもする場合もある。


そうやって、子供の自由をどんどん奪っていく場合もあります。

なぜ、って、

心配だから、


誰が?、って母親が、


子供が大丈夫か、心配だから。


もちろん、そうやって育てられた子供は、


親の事情なんてわかんないから、


その呪縛の中で、自分に制限つけていきてしまうこともある。





私の母親は、まさに、あれ危ない、これ危ない、っていうタイプでしたね。笑


スイスに一年間、23歳の時に農業研修生として農家で一緒に住んだ時に、


「keikoチェーンソーで、庭の木を切ってきて」って頼まれて、


「え~~~~~~~??!!!!無理~!!

そんなこと、やったことないし、、、っていうか、そんなこと、してみていいのかな~~」




って、マジでビビって、


「私」というものは、「チェーンソーとか使ったことないものを使う人」ではなかったのですね。


だって、基本、『危ないことは、してはいけない』という信じこみの中にいたのでね。

→母親からの植え付け


そんなもの(チェーンソー)使うって、私の制限の完全に外側だったのです、

だけど、

「大丈夫よ、使い方は、使用人のペーターが指導してくれるからね❤︎」って軽く返事が返ってきて、


もう、本当にドキドキしながら、チェーンソーで枝を剪定するってことをやってみたんです。


そしたら、



え?普通にできた!


なんじゃん、簡単じゃん。


簡単じゃん!!


って、簡単だってことがわかったのでした。笑


そうやって、一つ一つ、母親の制限の外にでる、自分で世の中を見て、自分で判断するってことをし始めて、今、私42歳、母親には理解不能なくらい母親の制限の外側にいることと思います。


でも、母親の制限があったからこそ、母親の物の考え方をまるで自分の考え方のように信じていた時代があったからこそ、生きづらい自分を見つめ直して、スピリチュアルとか、ヒーリングとか、カウンセリングとか自己啓発とか、心理学とか、とにかくそんな勉強を一生懸命してきて、心の構造ってのがずいぶんわかるようになってきて、ずいぶん生きやす自分になったんだなって思います。


あ、母親とは、普通に仲良しです


この頃は、母親からの愚痴の電話も、「こうすればいいんだよ~って言っても、私、遠くにいるから、そんな簡単に言えてるだけだけどね!」なんて、笑い話になるようになったし、父親からは、「恵子の人生が羨ましくもある」と言われるようになったし。(→父、作家志望)


そう、で、何を言いたいかというと、


母が私のいろんな制限の根底にあったと思います。母親からつけられた植え付けは大きかったです。

でも、私は、乗り越えてきたし、これからも乗り越えていくと思う。


それと同じように、


私は、子供のトラウマになったかもしれない、と思います。


でも、私は、子供が私がつけてしまったトラウマを乗り越える力を持っているって信じています。






もし、これを読んでいる方が、


「私の母親が~~だったから、私は〇〇だ」


って母親を恨みに思っているなら、


私は、あなたのお母さんの代わりにあなたに御免なさい、って言いたいです。


お母さんは、その時必死だった、選択を誤ったかもしれないし、それしかなかったのかもしれない、でも、そんなところにとらわれることなく、乗り越えて欲しい、って言いたいです。


どうか、乗り越えて、お母さんの小さな頭で考えた、その時のベストは、本当はベストじゃなかったかもしれない、あなたを傷つけたかもしれない、でも、あなたは乗り越えられる。


そして、乗り越えたところから、あなたの本当に人生が始まるんですよ~。



この夏、アメリカの3人のうちの2人と3年ぶりに夏を過ごします。(長男はサマースチューデントで忙しい)

もうね、楽しみで、楽しみで。


[PR]
by pineheath | 2017-06-23 14:52 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

母親として、~~べきを手放す育児

f0128026_15593946.jpg
今日のセッションで、ちょっと昨日の我が家のことをシェアしたので、このブログでもシェアしてみます。


昨夜は、夫婦でスパークリングワインを開け、子供に泡風呂をして楽しみました。


そもそもの、泡風呂の動機は、『私が』ゆっくりスパークリングワイン飲みたいなあと思ってたのだけど、退屈そうな娘に、なんかないかなあ、と思って、思いついたのが、泡風呂で、『みこちゃん泡風呂にしてあげよっか?』と聞いたら、『うん!!やった~!!』というので、泡風呂スタートになった、という流れです。


夜8時頃から入浴し始めた3歳みこちゃんだったけど、元々、お風呂好きな彼女、泡風呂が楽しくて、楽しくて。

私も、ワイン飲みながら、娘が楽しんでいるのを見てリラックスすることができました。


夫が途中から参戦、途中といっても、その時点で1時間は経ってて、夫はもっと泡風呂で泡が立つ方法を見つけたようで、そこから、またさらに、盛り上がり~。


私はというと、1歳のゆいちゃんが眠眠になっていたので、お布団でおっぱいあげに、でも、『マ·マー見てみて~!!!』と、風呂場がからのみこちゃんの呼び声がかなり楽しそうなので、唯ちゃんおっぱいあげながら、見に行くことにしました。


で、お風呂のドアを開けると、、いつもと比べ物にならないくらいのすごい泡!


その泡の中に、みこちゃんも埋もれて、超楽しそうな様子でした。


あんまり、お姉ちゃんが楽しそうなので、眠眠だった唯ちゃんも、もう一度復活し、笑、もう一回お風呂はいると言い出して、お風呂で大騒ぎ。


さすがに限界になった唯ちゃんは途中で出て、寝ちゃったんだけど、みこっちゃんと、パパの泡風呂はさらに続き。。。夜10時半も過ぎて、やっと出てきました。


なんか、早く寝かせなきゃとか、思いがちだけど、これ位楽しいことをしているのに、早く寝るべきだから、お風呂早く出なさいとか、いらないな~と思い、好きなだけ、好きなことしてたらいいんじゃないかと思ったんですね~。


私も、余裕がないときには、~べき思考に陥りがちだけど、本当に、それって~~べきことなのか?って考えてみると、ほとんどのことは、~~べきことってそんなにないんですよね。


たとえ寝るのが少々遅くなっても、朝起きれなくって、保育園に遅れるくらいのこと。保育園に遅れたら、何がどうなることでもないのに、私たちは、ついつい、ちゃんと早く寝ること、ちゃんと早く起きること、ちゃんと保育園に行くこと、って、ちゃんと、ちゃんと、するべき~~にがんじがらめになっているなーって思うのです。


で、『どうしたい?とか、どうだったら楽しい?』という、本当の自分の気持ちはないがしろにして、正しくあるべきと、正しいことをやろうとしてしまうんですよね。

なんなら、正しいことやるのが、一番したいことと勘違いしてしまってるくらい、自分の感情が出てこない場合もありますね。


それは、なんでかな~、なんで、正しくあるべきって頑張っちゃうんだろう?って思ったんだけど、

その根本のところって、流れを信頼しているかどうか?ってところにあるのかなって思います。

流れが信頼できていないから、『自分が頑張って制御しないと!!』ってなちゃうんだなって思います。


自分がコントロールしないとうまくいかないって恐れは、どんどん自分に責任を課していることで、現実、自分がどんどん(取りたくもない)責任とらなきゃいけない状況に追い込まれるなって思います。

流れを信頼していると、『今もこれでうまくいっているし、どのみち上手く行く』って信頼しているので、今を疑心暗鬼で見ることがなくなってくるのですよね。


母親は、子供を見守るという大切な役割を(木、火、土、金、水の五行の)『土』(マザーアースですね~)の要素として、発揮するのだけど、その土が強くなりすぎるアンバランスを起こすと、いい感じでお世話して、見守るのではなくて、全部が心配ベースになって、こうしなきゃダメ、ああしなきゃ、ダメってなっちゃうんですよね。


だから、母親として、じぶんがどうにかしなきゃ、頑張ってコントロールしなきゃって頑張ることに偏りがちならば、まずは自分が緩んで、流れを信頼して、『なるようになるさ~』と思える自分になって行くと楽なのだと思います。


私も、自分を失いがちになると、この土のアンバランスを起こします。でも、そうすると、子供がてきめんに反応してくれて、なんか子供との関係がうまくいかない事が多くなるので、自分を振り返るきっかけをもらえます。




そんなこんなで、またもや大満足なみこちゃんでした。


夜寝るときは、「もう遅いから、お母さん眠いし、読む本1冊にしようか?」というと、「でも、2冊でもいい?」と聞いてきて、「まあ、じゃあ2冊ねー」というと、「じゃあ、3冊にするわー」と3冊持ってくるみこちゃん。その持って行きかたに笑え過ぎて、こっちも3冊読んじゃうのが面白いですね。


もう、したいことをしたいと伝え、したいように生きている娘だし、こっちも、それに巻き込まれて、でも楽しい状態です。



今朝は、やはり、ちょっと寝坊して、やはり、保育園に遅刻して、笑。でも、ご機嫌で行くことができました










[PR]
by pineheath | 2017-05-30 16:02 | プライベート | Trackback | Comments(0)

魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか?

この事って、私もそうだけど、勘違いしている人が多いんじゃないかなって思って、書いてみてます。

魂が成長したら、そんなに怒ったり、悲しんだりする事ってなくなるのか?って、どう思います?
私は、達観したら、どんな事にも、「いいよ、いいよ」って、笑える日がくるのだと思っていました。そして、そんな振りをしていた時期もあった。

でもね、今は、それは違うんだって思っています。

感情って、どんな感情でさえ、エネルギーで、良いとか、悪いとかって、無いのです。
もちろん、ネガティブな感情は出るとしんどいけど、それは必要だから出ている。
それが出たときは、その、感情を自分が「そんな事思わなくても、いつもはちゃんとやってくれてるし」とか、「お世話になってるし」とか、「申し訳ないし」とか「忙しそうだし」とか自分の中で、理由を付けて抑える事をして、「いえ、もう悲しくありません」とか、「いえ、もう怒っていません」とか、って無かった事にする必要なんてこれっぽっちも無いのです。

出る感情を、出るままに、ちゃんと、外に出してあげる事がとても必要な事だったのだと、今は思っています。

だって、ネガティブな感情は、その裏に、叶えたい事って言うのがあるのだから。

子供を育てているとよく分ります。
「うえーーん」って泣いている子供。 子供で、まだ、内側の自分、外側の自分が分離していない段階では、そうやって泣くのって、純粋な感情のままに泣いていたりするんだけど、その時に「悲しかったね、寂しかったね、泣きたいよね」って言ってもらえると、子供は、本当に緩んで、落ち着いて行くのです。
でも、「それは泣いてもしょうがない事だから、泣かないで!」とか、「こっちだって一生懸命やっているんだから、泣かないで!」とか言っても、子供はますます泣くか、泣けば良い方だけど、泣き止めるなら、泣くのを我慢している、そして、その悲しみを蓄積していくのです。

喜怒哀楽を純粋にぶつけて来る内側(=子供)の自分に対して、大人ぶった外側の自分が正論ぶつけて抑える事は、何の解決にもなりません。
ちゃんと、内側の自分の感情を表現してあげるって事が外側の自分のやってあげる事。
そして、この外側の自分がちゃんと内側の自分の感情を出して伝えてあげる事で、内側の自分は、自ら泣き止みます。
ある意味、自分が持つ、その感情を伝えた相手が、その事に対してどう対処しようと、それはあまり問題ではないのです。

親の顔色を見て育った人は、この内側の自分の感情を外側の自分がちゃんと外に発信してあげるという所に、大きな壁を作ってしまっています。
でも、それが出来ない事には、実は、自分はウソだらけの自分になっていく。そうなると、ますます、魂の成長とかいうどころの話しよりも、自分の基本的な欲求を満たす事がなされていないので、思考としては、ネガティブなものが根底の所ではグルグル回る事になる。

でも、そうやって、内側の感情を外側の自分がちゃんと外に届ける事が当たり前に出来るようになって来ると、自分が統合されてくるので、感情をはっきり表すけども、愛に溢れる事が出来る段階になる。
もちろん、不必要に感情的になるって言うのは、さらに、その下に、不必要な信じ込みがありそうだから、それから見て行かなきゃ行けないわけで、そう言う場合は、感情は癒されていない事のバロメーターだって言うのだけど。
そこら辺が、ちゃんと統合されて、癒されている状態であっても、感情はちゃんとあるし、あっていいのだと思います。だって、ネガティブな感情が出る時には、さっきも書いたように、起こる出来事に対して、それ違う!私が求める方向はこっち!って自分を位置を指し示す事だから。

ちょっと、話しはずれるかもだけど、小さな子供は、お母さんを代弁して泣いてくれていることって多いです。
お母さんが抑えて泣かないから、こうやってなくんだよ!って教えるために、泣いてくれていたりします。やっぱり、お母さんの腹から出て来た子供なので、お母さんの頭以上に腹で思っている事に繋がっててくれます。
ここ数日、寝てすぐに泣きじゃくるみこ姫。最初はみこちゃんが泣いているってしか受け止めていなかったのだけど、「あ、泣きたいのは私だった。」とやっと気がついて、一緒に泣くことが出来ました。

自分の為に泣いてくれているという事が分ると、子供が泣いている事の意味が変わってきます。
「泣いて良いよ、泣きたいよね、泣いて良いよ。」って心から言えるようになります。だって、子供が私の気持ちを分ってくれているんだから。
[PR]
by pineheath | 2016-10-27 01:41 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

IHセッション事例 魂が求める方向へ抜ける

今日もセッションが終わって、クライアントさんの変化に嬉しくなってます。その勢いで、書きかけだった記事を仕上げてアップします〜。

IHのセッションによって、どんどん魂の求める方向に加速できるようになるなと思います。

Tさんの事例についてちょっとシェアーしたいと思います。
T さんは、最初にお会いしていた時に比べて、もうビックリする位、このごろは、もうどこまでも魂のまま生きている感じになりました☆ 
お話し聞くと、こっちからも笑いが止まらない感じになる位、そのイケイケぶりにはビックリです。

誰でも生きて行く間に変化、進化をして行くと思うのです。でも、IHのセッションって、それをかなりスピードアップさせるんじゃないかと、伴奏してて思います。だって、スタックするはずのブロックを取り除いて行く訳ですからね、当然と言えば、当然なのかも。

セッションにおいてブロックが大きい人は、魂が求めるところに抜け出て、すいすい進みだすのに、タマネギの皮を剥くような作業が必要になってくる場合もあって、そこに抜き出る前に横たわっているブロックに繋がる色んな方向からのアプローチがいくつかのセッションを通して出て来たりします。

IHは一回一回が完結のセッションなので、もちろん、1回ずつに変化はおこしているんだけど、それでも、かたくななブロックをずっと持ち続けて生きて来た方などは、そこに向かうための、つまり結局テーマが同じ所に行き着くような、そんなセッションを繰り返したりします。
私たちはだれもが生まれた環境とか、育った環境とか、もっとさかのぼれば前世とかもでるけど、そこから何かしら今の私たちが超えるための何か宿題を持って来てて、それを超える事が出来た時に、人生のステージが一つまた上がるって感じなんだなって思うのです。

宿題を超えるときに、ある意味人は大きなチャレンジをするのかもしれません。その準備ができて、超えるのだけど、その準備というのが、ブロックを外して行く作業ってことなのかな、と。

それに当たって、その原因解明、つまり、こんな家に生まれたからだ〜とか、親からこういわれたからだ〜とか、前世、こうだったからだ〜〜って、今の自分がブロックを持ってしまった原因を事細かに解明する必要って本当はあんまりなくて、どのような状態になりたいかって事のほうがひたすら大切だったりします。だから、なりたいイメージが明確だと、それはかなり現実化しやすい事だなって思います。

でも、このなりたいイメージというのも、また違うブロックがあるとうまく出てこなかったりするのです。
どうなりたいか分からない、やりたい事が分からない、なんていうのも、魂にやりたい事が無いのではなく、やりたい事があるのに、その上に乗っかってしまっているブロックでそれが出せない状態になっているというだけなのですよね。

そのブロックは、やりたい事が分かってしまったら、やれない自分に失望してしまうんではないか、という恐れだったり、失敗してしまう事に対する恐怖だったり、誰かを傷つけてしまう結果になる事経の恐怖と結びついてたり、それにコミットしなきゃならなくなるけど、コミットしたくないってこととか、そもそもやりたい事を持つ事は悪い結果になると思い込んでいたり、本当に人それぞれに色々なのだけど、それがある限り、何がやりたいかさえ分からなかったりします。

っと、脱線しましたが、、、

T さんは、もともとあまりブロックが大きい方ではなかったので、そんなタマネギをむく作業のようなセッションはあまり必要ではなく、さくさくと2回のセッションですっかりイケイケの状態に抜け出た感じでした。
でも、いくらブロックがもともとあまり無かったと言っても、社会の常識とか、色んなものに縛られていたりします。
Tさんのセッションでは、『もう、雲の上に抜け出たいのに、その下の所をやらなければ行けない、、、』という事にとらわれている事が分かりました。

そんなTさんの目標は
『自分で抱えているものを安心して手放し、会社を循環させ、皆を楽しませる事です。』
というものになりました。つながりの深かったお父様との事が、しっかりセッションでは出て来て、ネガティブなエネルギーコードを切る事が選ばれました。
そのセッションは、本当にその時のTさんに取って必要なものだったのだろうなと思います。

Tさんは自分メンテ講座も受けてくださったし、ご自身の会社にも呼んでくださって、オラクルカードを会社に常備してくださるようになって、ご自身でもキネシで自分のあり方を確認されるようになったのも大きかったと思います。

その後、私も出産などでお会いできていなかったけど、しばらくたってお会いした時には、もう顔から笑みがこぼれて仕方ない〜〜って位、いろんな事がうまく行ってて、お話聞いているこちらも、もらい笑いしてしまう位になっていました。
海外への仕事の展開も大成功に向かってまっしぐらという感じでした。人のエネルギーってこうも変わるのね〜って、これまた再確認できた感じがしました。

そんなTさんが ちょっと前にIHのセッションを受けての感想をかいてくださったのがあったので、ここでシェアーさせていただきます♪

IHのセッションを受けさせていただく前、
私自身としてはやりたいと思っていることが、
他の人との関係において、少し妥協せざるをえない
状況が続いて、もんもんとしていました。

セッションを受けて、やりたいことが、
「本能的に求めていること」ということ、
また、そのためにすべきこともわかりました。

その日から、もんもんとしていたものがなくなり、
元々やりたいと思っていたこと、目指すところに向かって、
着実にステップアップできています。


もうすぐ本も出版されるという事で、私としてはとても楽しみです♪(←謝辞に私の事入れてくださいよ〜!なんて、冗談で言ってます♪♪)

ほんと、魂が求める方向へ進ませてくれるIHのセッションはやっぱりすばらしいです。

(↓仕事(?)&バケーションで空飛ぶTさん。笑)
f0128026_162436.jpg


〜〜セッション空き情報〜〜〜

1月はすべて埋まりましたが、2月はまだ空いています〜。
セッションは 京都府の木津川市加茂 (JR 加茂駅)のセッションルームでの対面またはスカイプになります。
Keiko@purefoodpurebody.com

2/2 10時〜
2/4 10時~
2/6 10時~
2/18 10時~
2/20 10時~
2/23 10時~
2/25 10時~
2/27 10時~
(土曜日や夜間で対応できる場合もありますので、その場合はご相談ください)

love, Keiko

(↓かごの中のもの全部出す!もマイブームのみこっちゃん)
f0128026_15534528.jpg

[PR]
by pineheath | 2015-01-09 15:56 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

かみさまとのやくそく〜ここに生まれてくれてありがとう

とても久しぶりのブログです。何と、気がつけば半年もブログ放置してしまっていました。

2月22日に人生4回目の出産。元気な女の子を出産しました。

命(みこと)となずけました。

生まれた後は、ただひたすら、おっぱいと、おむつかえとに追われてた毎日。昼も夜もなく、いつ寝て、いつ起きてたか分んなくなる日々。

4回目だからって、きっとベテランねーなんていわれるけど、やっぱり赤ちゃんは大変〜。
3ヶ月も過ぎて、このごろやっとセッションを入れる余裕が生まれてきました。

何から書けばいいのか分らないけど、ブログも書いてみようかと。。。


一年前、離婚が成立したのでした。

ああ、あれから一年なんだなー、なんて。
たった一年だけど、おっきな一年であり、色んな事があったし、考えた1年でした。

 何がどうなるとは分らず、でも、少しずつ大きくなるお腹でただ進むしかなかった1年。
離れて住む事になった3人の子ども達の事を思い出しては涙して、でも、生まれてくる命と、進もうとしている道に深呼吸して、そうして、気がついたら一年という月日が経っていました。

結果、『今』という現実に繋がったんだけど、みこちゃんの存在があったからこその今なんだって、思います。

それがなかったら、ここまでの事ができただろうか、と、今でも思います。

私にしても、彼にしても、自分たちの気持ちだけでは、押し通す事なんて到底できなかった。だから、私たちがちゃんと進めるように、みこっちゃんは来たんだなって思いました。

まだ、色んな事が途上にあるのだけども、その瞬間その瞬間精一杯生きた結果が今ここにある事だけは、自分で分っていようと思っています。

時に、離れて暮らす事になった子ども達に罪悪感の波が押し寄せて来て、息が苦しくなる事もあるし、今はものすごく幸せだけど、その幸せを感じれば、感じるだけ、そのぶん、何かもっと上手くできなかったかと、終わった過去を振り返って、グルグル考えたりしてしまう事もあるけど、

それでも、今は、

あの時、自分の精一杯で生きたんだって、思っています。

どちらが悪かったとか、だれのせいでこうなったという思考サイクルではなく、精一杯生きた結果が離婚に繋がり、そして、それが今に繋がるんだって、

そう思っています。

皆がただただ幸せであって欲しいと祈るばかりです。


 みことちゃんが宿ったタイミングといい、パーフェクトなことが起こり過ぎて、全ての流れから見ると、全ての状況を把握した上で、この子はここに来たのだなあって、その事は分りすぎるくらいに分っていました。

だからこそ、出産直前から上映されていて、見たかった映画「かみさまとのやくそく」は絶対見ようと思っていました。

そしてやっと観てきました。

気がつけば、離婚した日から一年経った日でした。



赤ちゃんの魂は生まれてくる前に、かみさまの前で、テレビのようなものの画面の中でどの人をお母さんにしようかと探すのだって。そして、この人のところに行きたいって決めてから、そのお腹に宿るのだそうです。

このお母さんのもとに行きたい。それを自分で決めるんだって。

そして、生まれてくる目的は、人の役に立つ為。そして、まずはお母さんを幸せにしてあげたい。
それが赤ちゃんが生まれて来て思っている事なのだとか。



今は、ただ、ただ伝えたいです。
私の、離ればなれに住んでいる3人の子ども達、私のもとに生まれて来てくれてありがとう。

3人の子ども達の方が、私よりずっと魂が成長してて、その愛に私はどれだけ癒されて来た事でしょう。

かけがえのない時間を一緒に過ごさせてくれて、ありがとう。

今はずっとには一緒に居られないから、一緒にすごして来た時間を精一杯思い出して、精一杯の愛を送っています。そして、会える時には、その分の愛を伝えていけたらと思っています。

今、離れて暮らしていても、彼らは私の幸せを願ってくれていて、精一杯、前を向いて生きている。
その姿がけなげすぎて、涙が出ます。ありがとう。

そして、それを支えてくれている人達にも、心から感謝です。


インド占星術のサイモンから、1年とちょっと前に、「君が君のダルマ(生きる使命)を追求するにあたり子ども達と一時期離ればなれに暮らす事になるよ。」といわれた時には、その言葉が耳に入らなかった位でした。

「私だけの幸せの為に、作って来た家族を犠牲にする事になるなんて、そんなのオカシイ!!それは、私の為だけであって、他の人の幸せには繋がらない事なの?!」
その事をしつこく、しつこくサイモンに尋ねました。

そしたら、彼がいったのは、「Keikoが自分のダルマを追求する事は、まわりまわって、彼らの幸せにもなるんだよ。でも、それを追求するのは、大変な事なんだ。」と。

サイモンとの会話をかわしたあの時に、今現在、こうしている事なんて、想像さえできなかった。
でも、あれ以来、流れは自分がどこに居るのかも分んなくなるくらい早く進み、瞬間瞬間に、自分の行く道を決めないと行けない出来事が連続して起こり、
そして、
今現在流れ着いている所は、ここなんだと思う。

今を精一杯生きる。相変わらず、それしかないように思っています。

Tくん、Aちゃん、Mちゃん、ママの元に生まれてくれてありがとう。

そして、みことちゃん、ここに生まれて来てくれてありがとう。私を強くしてくれてありがとう。

f0128026_13384667.jpg


f0128026_13532946.jpg

[PR]
by pineheath | 2014-06-24 14:03 | プライベート | Trackback | Comments(0)