タグ:IHキネシオロジー ( 118 ) タグの人気記事

2017年ラストスパート、今年中にスッキリさせたいキャンペーン❤︎

さて、2017年も、気がつけば、10月後半!

ボヤボヤしてると、あと11月、12月で、今年が終わっちゃいますね。


今年は、爆進した一年だったなあってつくづく思うのですが、それも、これも、IHのお陰だなあ~、と感謝ばかりです。本当に、私の人生は、IHとの出会いで、こんなにも進化した。数年前の写真がフェイスブックで流れてくるけども、これって、たった1年前?!もう、何十年も前のことのようだーー!!って自分のことながらにびっくりします。


·数年引きずっている問題をクリアーにしたい!


·これが私!という軸を持って、2017年を終えたい!


·もう少し私いけるはず!エスカレーター式に登ってしまいたい!


·枠のない自由な自分になりたい!


·私母親だし、とか、私妻だし、とか、もう自分に必要のない縛りで、自分の枠を縮めたくない


·どこまでも羽ばたける自分になりたい!


~~終わりよければすべてよし、ぐちゃぐちゃしていることを、紐解いて、自分が魂から求めている自分になっていくために、ぜひIHセッションで爆進してくて欲しい


そう思って、開催することにした


2017年ラストスパート、今年中にスッキリさせたいキャンペーン❤︎


です♪♪


さて、今回のキャンペーンのお申し込み情報配信はLine@先行です!


line@ スタートして、たくさんの方が登録してくれて、本当に嬉しいです!


登録していただき、個別にやり取りさせていただいていますが、こちらから、全体に送ることは今までなかったのです。


そこで、このキャンペーンのお知らせを第一弾として、line@に登録してくれた方に送りたいと思っています。


キャンペーン情報の配信は10月25日の水曜日です


もしご興味がある方は、今からでも、LIne@の登録をしてみてくださいその際、スタンプ一つでも送ってくれると、私Keikoは超喜びます❤︎


もう登録してくださっているあなた楽しみに待っていてくださいね!!

人数限定のキャンペーンになります。line@でのキャンペーン情報配信し、申し込み受付した後、ブログでも告知させていただきます~。

Line@の登録はこちら


P.S.

あ、それと、石川県でIHファウンデーション、自分メンテのクラスにご興味がある方いらっしゃいますか?石川県に来てえ〜のラブコール頂いているのです。他にもご要望があったら、石川県にクラスしに行きます~。こちらからご連絡ください!(件名:石川県!笑)






[PR]
by pineheath | 2017-10-18 17:45 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

IHセッション事例:『人前で話す時に真っ白になる』~インナーチャイルドを癒す

昨日のIHセッションのシェアです昨日はクライアントさんが、ブログに書いてくださいと言ってくださいました!私、いつもドキドキしながら『ブログに書いてもいいですか?』ってお尋ねしているので、書いてって言ってくれると、とても嬉しいです!Kさんありがとうございます!!


さて、セッションの最初に、K さんはインナーチャイルドが癒されていないような気がするんです、、ということをお話ししてくれました。

具体的な出来事をテーマにしてセッションに入るように、と、筋反射が出てたので、具体的には何があるのか、お聞きしていたら、

『自分に自信がない、誰かと組んだりする時に、自分が相手じゃ申し訳ないと思ったり、人前で話す時に、緊張して上手く話せない』という話ができきました。


ちゃんとできるように準備していくんだけど、いざ、人前で話をする時に頭が真っ白になって、結局うまくできなかったんじゃないか、って後で落ち込むんです。その時は、カーッと血の気が上がる感じにもなります。


ということも言われてました。


この、頭が真っ白になって、自分が自分じゃないような感じになってしまうっていうのが、癒されていないインナーチャイルドが出す典型的な症状だったりします。


癒されていないインナーチャイルドは、いざって時に、大人である私たちの代わりに、人生という車のドライバーシートに勝手に座っちゃって、車を運転しようとしてしまうのです。


そんな時には、自分の頭は真っ白になった気がしてしまったり、自分が勝手に操られている気がしてしまったりします。

ちょっと前に、コミュニティー内での相談内容で、「パーティーとかにいくと、周りを盛り上げなきゃって、自分が乗っ取られているような感じで、勝手に盛り上げようとしちゃって、後でどっと疲れる』という相談があったりしました。


人によって、シチュエーションは様々だけど、インナーチャイルドが勝手にドライバーシートに座って運転してしまうケースですね。


さて、今回のKさんも、ご自身で分かっていたように、インナーチャイルドが癒されてなくって、そんな行動を取ってしまっていました。


年齢遡行が出ました。

7-8歳で反応があったので、その頃のことをお聞きしました。

「小学、2年生とかの頃、それまでは、人前で、本を読むのは得意だったのに、読むのが苦手になりました。上手に読めないかも、って思うようになってしまって。」というお話。


『自分の肉体は有害なプログラムから自由になります』という言葉が出ました。


この頃から、彼女は、『自我が芽生えたから』と表現されていたけども、

有害なプログラムがスタートしたようでした。


後からの話でわかることだけど、彼女は、それまでもガンバっている状態の自分がいたのだけど、それは、『本当の自分じゃない』と、『頑張っている自分』というふうにレッテルしていて、頑張らない自分が元々の自分だけど、それじゃあ価値がないから頑張らないといけないと、信じてしまったのですね。

これって、本当は、頑張っている自分であっても、頑張っていない自分であっても、どっちでも、Kさんであって、どっちでもいいのだけど、彼女の中で、素の自分=ダメ、頑張る自分=本当の自分じゃないけど、周りからはオッケイになる、価値がある

と設定されてしまっているんですね。


『どんな新しい環境にも素早く慣れることができます』という言葉が出てきました。

これについては

新しい環境に慣れるのには頑張らないといけない。と思っていて、

素の自分よりもテンション上げてなじまないといけないと思っています、と。

この、『テンションを上げる』というところで、強い筋反射。


なので、テンションあげることについて聞くと、

テンションを上げるのは、長続きしなくって、テンション下がってくると、周りは、どうしたの??ってなって、自分としても、そういう反応になるよね、、でも、もうこれ以上テンション高く保てないから、ごめんねーって思ってしまうのです。と。

このパターンは何度も、起こっていることです。という話でした。


『胸骨の7番が適切な並びになっている』という言葉も出てきました、

すぐにこの言葉が意味することが出てこなかったので、『胸骨って、K さんにとって、どういうものですか?』とお聞きしました。

すると、『心臓を守っているものな気がします』と。

では、その心臓守っているものが適切な並びになっていない、ってどういう感じですか?とお聞きしたら、

『すごく不安な感じ、守られていない感じです』と。そこで筋反射。


なので、彼女が抱えている『守られていない感じ』についてもう少し、お話を聞きました。


『いざとなったら、自分は自分を守らないといけない』と感じていて、

『自分は頑張ったら、自分を守ることができる』と。


自分が頑張らなかったら、今の生活レベルを保てないし、苦しみながら生きることになるんだろうな、と思っています。と。


つまり、彼女にとって、

ありのままの自分じゃダメで、頑張らないといけないと思い込んでいるんだけど、もう、頑張ることはしんどくて、でも、頑張らないと、苦しみが待っていると思ってしまっているのですね。


頑張り続けるのはしんどい、

でも、頑張らなかったら、苦しみが待っている、と。両方とも、苦しい状態です。


本当はどうなりたいのですか?とお聞きしました。


ありのままの自分を認めれる→どうだったら?→

自分に価値があることを信じれたら

→どうだったら、価値があると信じれる?


でね、この『ありのままの自分に価値がない気がしている』っていうのって、分解していくと、勘違いだったということがわかってきます。


Kさんの場合は、

ありのままの自分(BEING)に


頑張る(DOING)


今の生活レベル(HAVING)


を足して、価値がある自分でいようとしていたのだけど、Kさんの本当の価値はどこでしょう?


とお聞きしました。

そしたら、ありのままの自分(BEING)の部分ですよね。。。って。


この、『(価値)ない気がする』というのって、本当に厄介です。

愛されてない気がする、とかも含めて、ないことを証明するのって不可能なので、底なし沼にはまってしまった気になるんですね。


だって、人から認められなかったから=価値がない


すぐにLINEで返事くれなかったから=愛されてない


これって、自分が勝手にイコールで結んでしまっているけども、本当は全くもってイコールではないことを、これこれこうだから、愛されてない、価値がないなどと、証明した気になっています。大いなる勘違いを自分の信じこみを元にやり続けている状態なのですね。


そうなると、鶏が先か卵が先かの話になるんだけど、価値がないってことが勘違いだった、ってことがわかったらどうなるだろう?って目標になっていきます。


Kさんの場合は、『人前でつくろわないと、うまく気に入ってもらえない』と思い込んでいました。


それって、本当の自分(価値ある自分)を歪めて、表現して、それが自分にとって不快だけど、そのことをして、目の前の相手に気に入ってもらおうとしていたってこと。


それをしている自分の時、自分は自分の味方ですか?という質問にしたいして、『いいえ』という返事でした。


相手に気に入ってもらうために、一番味方でいてほしい、自分を裏切っている行為なのですよね。


そんなK さんの目標は

『自分にはそもそも価値があることを知り、自分を大事にしつつ、楽な自分になることで、自分を表現することです。』


という目標に。


そして、インナーチャイルドのプロトコールにちゃんと繋がってくれました~!


Kさんのインナーチャイルドは『どうせ、意味がない、無視される』って感じていて、

『あなたは、本当は頑張り屋さんだね』って認めてもらいたかったと言っていました。


そう、小学校2年生以前の上手く本読みできていたKさんだって、ありのままの素の状態のKさんだって、頑張る(DOING)のKさんであっても、全てが元々の価値あるKさんがベースになっているのですね、どれがいいとか、悪いとかなくって、どんな自分も好きでいることなのですよね。頑張る、頑張らないというところに、いい、悪いの線引きさえいらない、って感じでした。

だから、やりたい方をやりたいように選べばいいのだなあと。


頑張るをDOINGするのか

頑張らないをDOINGするのか、どちらにしても、私たちは、DOINGして生きているんですよね。


好きにしたらいいじゃん、って感じなんだな、と。だって、既に 存在そのものは価値があるんだから、って。


インナーチャイルドからのメッセージとしては、

『受け入れたい人だけ受け入れて、他の人は拒絶したっていいんだよ』


と。笑


なんか、これは、Kさんにドンピシャなメッセージだったようです。さすが、インナーチャイルド。Kさんに出たカードは、

『Detach from Drama』(ドラマからの分離)

ドラマの中に引きづり込まれるな、ってメッセージと、みんなを幸せにしようと頑張りすぎないで、ってメッセージが印象的でした。


これ、自分がドラマの中にひきづり込まれているって現象、私も以前はあったなあ、なんて思いながら、読ませていただきました。

ドラマから抜け出せる癖がつくと、関わりたくないドラマが眼の前で起こっていると、「ドラマやってんなあ~」と、離れた視点で見れるようになってきます。

いつだって、目の前のドラマに、自分は参加するのか、とか、どういう立ち位置でいるのか、とか、自分が選ぶことができるのですよね。


全体的に、ちゃんとご自身の内側と繋がることができているKさんだったので、スムーズに階段を降りて目標に向かうことができたし、スムーズなセッションでした

Kさんのインナーチャイルドは癒されること、心待ちにしていたのでしょうね


これからは、K さん、どんどん、自分らしく輝き、表現をされていくんだろうなーと、楽しみです


伴奏させてくださってありがとうございました!




今日の記事面白いと思ったら、こちらをワンクリックお願いします❤︎


http://clap.mag2.com/voupewoust?ihjirei1








[PR]
by pineheath | 2017-10-18 11:22 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

交換キネシセッションでの事例ー私悩みがないです

今日は、東京でのIH ファウンデーションクラスで参加者同士でやってもらった交換セッションの時の事例をシェアします。


YさんとKさんのセッションでした。

Kさんがプラクティショナー側でYさんのセッションをするのでしたが、Y さん、「私、何も悩みがないのです」と。「問題がないときはどうしたらいいのですか?」と質問されていました。


痛みもないし、ストレスもないということで、スキャンリストから扱うべきネガティブな感情を釣り上げてからセッションしてもらうことに。


Kさんが引っ張りあげてきたYさんが抱える感情は『抑圧されている』というもの。


「『抑圧されている』って出てるけど、それについてはどうですか?」という質問に対し、Yさんは


「抑圧なんか、全然されてません。仕事も好きにさせてもらっているし、行きたいところには行かせてもらっているし、、、」と。


でも、何回きん反射とっても、やはり

『抑圧されている』と。


そこで、誰から、抑圧されているということなのか?ということで、Yさんの思いつく人をあげてもらいました。


『子供』で反応。

「え~子供?! 上の子? 下の子?」

『下のこ』で反応。


「え~~、下の子は8歳なのですが、私と同じで、人付き合いが苦手で、、、」

その話の『人付き合いが苦手』というところできん反射。


「そこに関して、そのままでやっていけるのかな、とか、周りに合わせすぎて大変そう、、、などと、少しの心配はあるけど、私は、別にそのことで悩んでいません!!」


私は、ちょっとスペースをとって、お二人を見守っていたのですが、『悩みがない』と言い張るYさんは、セッションベットに仰向けに横になってて上を向いているつま先がぎゅっとこわばって力んでいる状態なのに気がついていました。


Yさんは、前日には参加されていなかったので、ちょっと緊張しているのかなあ、って私はクラスの最初から思っていたのです。なぜなら、彼女の肩は普通の状態とは思えないくらいにずっと上がっていたから。

その日は朝から何度となく、「緊張しているみたいなので、肩の力を抜いて、きん反射とってみてくださいね~」と声かけしていたくらいでした。



で、セッション中、そうやって、極度にこわばったつま先。


彼女の頑なな『私には悩みがないんです!』という言葉も、誰かを寄せ付けないようするために発しているように聞こえていました。


それはそれで、潜在意識の抵抗が起こっているケースですね。


セッションを進めてくれていたKさんの横に行って、Yさんに少しお話をしました。

「もちろん、悩みというほど、大げさなものではないのかもしれません。ただ、お子さんに関して『そのままでやっていけるのかな』、とか、『周りに合わせすぎて大変そう』って感じているという言葉は、Yさんがおっしゃった言葉ですよね。それは、ポジティブな感じではなくて、ほんの些細な心配かもしれないけども、どちらかといったら、心配な感覚ですよね。」


「だとしたら、どうなりたいのだと思いますか?『そのままでやっていけるのかな』、とか、『周りに合わせすぎて大変そう』と感じ続けるのではなく、どうなれたら嬉しいのだと思いますか?」


そこで、Yさんが考え始めました。でも、どうなったらいいのか、どうしたいのか、すぐには出てきません。


Kさんがきん反射で見てみると『子供に話をして気持ちを聞く』と出てる!と。


ここで、プラクティショナー側のKさんにお伝えしたのですが、キネシオロジーは潜在意識の情報を取ることができるのだけど、セッションで大切にしてほしいことは、潜在意識の情報をクライアントさんの顕在意識がキャッチできるように持っていくこと。


セッションでは、キネシで情報全部読み取って、『あなたの潜在意識はこういってます』と『答え』を伝えるのではなく、そのクライアントさんが自ら潜在意識に持っている自分の答えに行きつけるようにサポートすることなのですね。


もちろん、クライアントさんは潜在意識に全く繋がれなくて、こちらからどんどん情報を出す時もあるけども、少なくとも繋がれるようにサポートして時間をとってあげることが大切です。


「『子供に話をして気持ちを聞く』って、子供がまだ8歳だから、それには早過ぎる年齢かな、と思っています。いってきたら話はもちろん聞くし、気持ちは聞いているのですけど!」

と、やはり、Yさんは抵抗している感じでした。


そこで、Yさんが抵抗しているので、進めなくって、サポートになることがあるか聞いてみると、『オラクルカード』できん反射が取れました。

Kさんがカードを選んで引いてくれました。


そして、出たカードをYさんが読んだのです。


そのカードを読みながら、Yさんは


「え?そういうこと、そういうこと、、、?」


とつぶやき始め、

目から大粒の涙が溢れ出しました。彼女の中で全てが繋がった瞬間でした。


出たカードは、Life Review『人生を顧みる』という大天使ジェレミエルが載っているものでした。

f0128026_14384888.jpg

f0128026_14384153.jpg
そのメッセージの中で、Yさんに大きな意味があるセンテンスがありました。


それは大天使ジェレミエルの特徴についてなのだけど、


『最近天国へ帰った魂のために人生を振り返る手伝いをする』のがこの大天使の役割だということが書いてあったのです。


Y さん

「私の幼稚園からの幼馴染で、仲良しだった子が一週間前に亡くなったのです。。。、その子も私や私の下の子のように人見知りで、私はずっと彼女のことが心配だったのです。今気がついたのですが、彼女がうちの下の子の年くらいから私は彼女のことを心配していたんでした。。。」


『話をして気持ちを聞く』という目標は幼馴染のことを思っても、Yさんにとって意味のある目標だったのでした。


その後、すんなりヒーリングを入れることができて、セッションはそこからはスムースに流れました。


そして、びっくりしたのが、Yさんの足!!

直角に硬直している状態にこわばっていたのが、見てみると、ゆっくりリラックスしているのです。

本当にハートが開いた瞬間だったと思います。その瞬間は本当に美しかった。


あんなに頑なだったYさんは、『そうだったんだー』と言って、泣いて、キネシの恩恵に感動して、その場に立ち会うことができた、Kさんも私も、一緒に心があったかくなって、みんなでハグしてセッションを終わりました。


これが、カウンセリングで頭からあなたは〇〇ですよ、あなたは△△ですよ、と言われることと、キネシのセッションで潜在意識からのメッセージを引くことの違いかな、と思います。


自分の内側からの言葉なので、どストレートに自分のハートに届いたりします。


もうね、勝手にヒーリングが起こっている感じです


そして、その様子は本当に美しいです。


セッションが終わって、YさんがK さんのセッションをし始めようとして言うことには「あれ!私、きん反射、すごく取りやすくなってる!!!」と。


それはそうでしょう~、さっきまで、あんなにいかり肩できん反射とっていたんだもん。笑。


本当に体は正直ですね。


IHのセッションのお申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


または、line@を始めました❤︎ メールよりも簡単にやり取りができるので、気に入っています♪クライアントさんたちと距離が近くなりますね〜〜。

line@ お申し込みの方に 、お得な割引情報など流していきたいと思いますので、ぜひご登録ください★

登録してくださった方、ありがとうございます!


あと、  自分メンテ講座でお話ししているところなのですが、『悩み』から→→→→ 『どうなりたいか?』を掘り下げる時にわからなくなる方はご相談ください。答えれる範囲で一緒に掘り下げるお手伝いをしたいと思います(いつまでできるかわかりませんが、ただいま無料サービスです♪)

『悩み』の中にぐるぐるしているのか、『目標』に向かうのか?は自分が決めれるのです♪目標が決まって、突き抜ければ、問題が問題ではなくなります〜


次の予定されている講座は〜〜

10月10日 自分メンテ講座@京都和束


11月2日 自分メンテ講座@東京(定員8名)


11月3日 キネシセッション特訓ワンデー@東京(定員6名)










[PR]
by pineheath | 2017-10-05 14:53 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

東京での自分メンテ講座&IHファウンデーションクラス終わりました♪

さて、東京出張が終わり、昨日は子供も保育園お休みして一緒にゆっくりデーを過ごしました


今回の東京は二日連続のクラスだったので、出したエネルギーも帰ってきたエネルギーも大きなもので、いつもに増して、こちらもエネルギーにグワングワンしながら、興奮とエネルギーとで「いつ京都を出発したんだっけ?」なんて思いながら帰路についた東京出張でした。(前日の始発で東京行ってるので、たった一泊空けただけなんですがねー)


1日目が自分メンテ講座、二日目がIHファウンデーションクラスという、この二つはそれぞれが独立したクラスだったのですが、この二つが連続していたことで、

自分メンテで筋反射に対して、『あーこれかも?!、、、』と、分かって、二日目のIHファウンデーションで1日目の復習で筋反射についてもっと自信がついて、さらにそこからセッションできるところもまで持っていくという流れが出来上がりました。


1日目は10名の参加者でちょっと会場のスペース的にギッチリだったのですが、いつもお世話になっているセッションルームの方がいい感じに会場セッティングしてくれていたので、講座はやりやすかったです。


クラスではバイオフィードバックで筋反射を取れるようになってもらうために、いろんな方向から筋反射の練習をしていくので楽しいし、そもそも、キネシって何?情報どこから取ってるの?などの、基礎的な話も含めて話していくし、その中にはセッションやっていく上で興味深かった事例も交えて話をしていくので、かなり興味深く受けていただくことができたと思います。


そして、後半の部では、自分のライフバランスを12の側面に分けて見てもらい、自分のどこに力を阻止だら、もっと幸せ度が上がるのか?考えてもらったり、天城流湯治法のマッサージで体のコリ、と痩せるためのマッサージポイントについてお伝えし、マッサージしてもらい、直感を食べるためのワークなどしていきます。


そして、最後には、ご自身の問題から目標を作り上げてもらいます。


最後の所は、本当は1日でもかかるくらいの内容だったりもするので、その導入部分だけになる場合もあるのですが、目標の考え方を知るヒントになったら嬉しいです。


そんな感じに、前半は心からのアプローチ、後半はもう少し、体からのアプローチで自分をメンテする技を習得してもらうという自分メンテ講座ですが、かなりご好評をいただいていて、嬉しいです♪ 
キネシに慣れたら、次はミニセッションができるようになる講座(IH ファウンデーションかキネシセッション特訓ワンデーにご参加ください♪)

参加者の感想は最後に載せさせていただきます〜。


さてさて、2日目のIHファウンデーションは1日目に参加してくださっていたうちの5名が参加してくれて、さらに、新たな方をお一人交えての6人のクラスでした。


この頃、クラスで行うでもセッションが深いセッションになるパターンが本当に多いのですが、今回のデモセッションも深いセッションでした。


私としては、参加者同士でやってもらう交換セッションによりたくさん時間が取れた方がいいと思うので、デモはサクサク終わった方がいいかな、なんて思ったりもするのだけど、デモで出てくれるクライアントさんの出してくるお題がそんな簡単には終われないものだったりするのです~。


でもね、結果的に、リアルなヘビーなセッションを見ることができたことで、

『これがセッションなんですね!!!』と参加者の方たちが感想を言ってくれたりするので、キネシオロジーの凄さをまざまざ見る機会になったということで、参加者にとっては貴重な体験になるようでした。

感想でも、『コースの中で最も価値のある、または、楽しんだのはなんですか?』という質問に対して、皆さんが『デモセッション』と答えてくださっていました。


参加者の学びになるようにベストなことが起こると信じていますが、今回もそうだったと思います。

さて、そんなデモセッションの事例シェアしたいと思います。(許可をいただいています)


『痛み』に対するキネシミニセッションをしましょうということで、どなたか痛みがある人いますか~と参加者の方に聞いたところ、Hさんだけが手を上げてくれました。「頭痛がするんです~」とのこと。

キネシで見ると、そのことについて、でもセッションやっていいと筋反射で言っているし、H さんにデモに出ていただくことにしました。


Hさんの悩みは『頭痛』

その頭痛を感じてもらったり、痛いところを触ってもらったりして、その情報をサーキットに入れました。それ以外に、頭痛について考えた時に何かありますか?と聞いて見ると、「うーん、いつから痛いのか、ちょっとわからないのですよね。。」とのこと。

「ランチの時にはもう痛かったような、、、」という話の『ランチ』というキーワードできん反射が取れたので、ランチについて話しを深めていきました。

ランチでは子供のこと、母親のことを話ししていたHさん。そこらへんから、『親離れ子離れ』というキーワードに行き着きました。

そのうちの『親離れ』の方で、強いきん反射。

Hさんはご主人と近い将来に海外に移住しようかという話になっていて、今現在母親のところにしょっちゅう遊びに行っている状態から離れ離れになってしまうということを感じているという話でした。

自分は親離れできていないけど、『親離れ』することで母親を見捨ててしまう感じがある。と。


Hさんは普段から、ヨガをされている方で自分と繋がれている方なので、内側とつながることができる方なのですが、(魂の部分は手放すと決めているけど)潜在意識が手放したくないギリギリな話題になっていたため、すごく微妙な筋反射しか取れない感じになりながら、セッションが進んでいました。

感情的には五行でいう『水』のエネルギーの『不安』で反応していました。

最終的に、

『世界が広がることを信じ、自分が大丈夫と知ることで安心することです』

という目標になって、きん反射でイェスの反応。


なのですが、大変なのは、そこからでした、、、



キネシのミニセッションでは、IH セッションとは違って、ここから直接、体が要求するヒーリングを入れていきます。

H さんの体は『チャクラ』の修正を求めてきたので、どこのチャクラカナート探ると、胃のところ『ソーラープレクサス』でした。

胃のチャクラへのヒーリングでは、どの高さからヒーリングするかを見ていくので、高さを見ていこうと、胃のところに手をかざしてだんだん体から遠ざけていくと、、、、


普通なら、体が求める高さに来ると、筋反射が取れるのですが、この時は、体から10センチ離すか、離さないかの所で手が離れなくなりました。。。


手が離れないって、ものすごく不思議な感覚です。


体から離れないのです。

上に動かない。

ぎゅーっと引っ張られるような感覚があり、上にあげようとしても、その引っ張られている感覚で上がらないのです。


え?え?って私も困り


その場所でヒーリングをしていいのか、筋反射取ろうとするけど、きん反射取ろうと触れさせてもらっている手はover Facilitated(戦う) の状態。もう、ガッチガッチです。


で、私はえ?え?って思っているんですが、Hさんは、「苦しい~~~苦しい~~~」と言い出しました。


こういう風に実際手が動かなくなる状態は私は初めて経験したので、とても興味深かったのですが、これが『キネシセッション特訓ワンデー』のクラスでもお伝えしている『潜在意識からのものすごい抵抗』が起こっているパターン。


目標が決まった後に、まだ、ヒーリングを入れる前に、潜在意識が『そんなのできない~~~』って抵抗を示すパターンです。


こういう時は、もちろん一筋縄にはいかなかったりするけども、でも、ちゃんとそのセッションで問題を手放すと魂は決めているので、潜在意識からの動揺が起こっていたとしても、最終的には大丈夫なんだということは、私は経験からわかっているのですが、


この時は、何回ブロッキングしている手にヒーリングしてESR のポイントにヒーリングしても、胃のチャクラの高さを見ようとすると、またガチッと腕が動かなくなり、高さを見ている手もものすごい引力で引き寄せられる感じで、動かなくなる、ということを繰り返しました。


そんな時に、参加者でセッションを見ていた方が


「私、レメディー持ってて、胃のチャクラ用のレメディー持ってます」と。


『レメディー』で筋反射取れたので、そのレメディーセットを出してもらいました。

「これが胃のチャクラ用です」と言ってくれて出してくれたのには、反応せず、それ以外のレメディのボトルに反応するので、そちらを含んでもらいました。


そして、さらに、Hさんが『親離れ、子離れ』というキーワードを持つきっかけになったのは、ヒーリングストーンを知り合いからもらった時に、そのキーワードの石が入っていたからだった、という話が出て、でも、その石そのものは悩んだ末に家に置いてきていて、それ以外の石をその日持ってきているという話をしてくれて、その持って来た石を出してくれました。


それらのうち、きん反射が取れる石が一つあって、それをハートに乗せるということだったので、そうしてもらい、レメディーが口の中で溶けるのを待ちました。


後から、その筋反射が取れたレメディーを見ると『アーセニカム』というヒ素のレメディーでした。

なんでも、アーセニカムタイプの人のテーマは 『破壊への恐れということのようです。


『家族や家、お金、価値のあるものへの欲求が強く、必死に守ろうとする』

と書いてありました。

そして、その時、レメディーを持っていた参加者の方が言っていたのは『甘えたいけど抵抗する』という性質もあるということでした。

そして、H さんが以前受けたセッションで彼女と母親の過去生のことが出て来たと話してくれました。

なんでも過去生では、お母さんと、H さんは恋人同士で、でも、二人は別れなければならなかったと、で、今世は離れ離れにならなくていいように、お母さんと子供という形を選んで来たのだと。

その話をしてくれながら、H さんは泣きじゃくる子供のように泣いていました。

アーセニカムをとりながら、ヒーリングストーンを当てて、潜在意識が落ち着いてくれるようにお話を少しして、そうすると、やっとの事で、胃のチャクラのヒーリングの高さを示してくれるようになり、やっとの事でチャクラへのヒーリングを入れることができました。


それ以降は、スムースにセッションを終わることができました。


セッション後には最初感じていた頭痛の痛みは認識している上では10のうち6だったのが3のレベルに、潜在意識上では8だったのが2に下がっていました。


セッションが終わって、H さんはかなり深いセッションになったため、すぐには交換セッションができない状態で、少グラウンディングするために外を歩いて来ます、と、外に出て行かれました。


Hさんが出て言って間も無く、参加者のお一人(レメディー出してくれた方)が号泣し出しました。


彼女の中の問題にこのセッションが影響したので、彼女も感情を抑えることができなくなっていました。

私たちは潜在意識で他の人と繋がっているので、他の方の問題であっても、セッションを見ていると、自分の問題のように受け取ってしまう方もいます。エンパスな方は特にその傾向があるのですね。


そのときは、窓をそれから皆で開けたりして、ちょっと教室内のエネルギーを変えつつ、やっと交換セッションに移っていってもらうことができました。


キネシのセッション でここまで深いなら、IHではどんなことになるんでしょう?と参加者の方がよくおっしゃいます。本当に、キネシオロジーという叡智で潜在意識の情報を顕在意識上に上げることができるので、セッションはIHはもちろんのこと、IH ではなく単なるキネシのセッションであっても、ものすごく深いものになる可能性があります。

参加者が持って来ている修正道具まで持ち出してのセッションになるケースもIHではよくあるケースだけど、キネシセッションでも起こるときは起こるんだなあと学びになったケースでした。


Hさん、『私、デモでこんなに癒してもらって、何やってんだろ~~』なんて、笑ってらっしゃったので、可笑しかったです。魂はそれをしてもらうと決めて来ているのです


次の記事では、そのあとの参加者同士の交換セッションの事例を紹介したいと思います。

それも鳥肌が立つ、素晴らしいセッションになったのでした。


次は

10月10日 自分メンテ講座@京都和束


11月2日 自分メンテ講座@東京(定員8名)


11月3日 キネシセッション特訓ワンデー@東京(定員6名)


です。

お会い出来るのを楽しみにしています

お申し込み、お問い合わせはkeiko@purefoodpurebody.com


講座の感想です〜〜♪

f0128026_17170665.jpg
f0128026_17164343.jpg
f0128026_17151355.jpg
f0128026_17150372.jpg
f0128026_17145498.jpg
f0128026_17144896.jpg
f0128026_17143801.jpg
f0128026_17143263.jpg
f0128026_17142736.jpg

IHファウンデーションクラスの感想♪

f0128026_17171196.jpg




















[PR]
by pineheath | 2017-10-04 17:18 | 自分メンテ講座 | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス@東京開催のお知らせ

ご要望があり、調整が完了したので、IHファウンデーションクラスを東京で開催することが決定しました~!!


この、調整っていうのは、今回の場合は『THE 断乳』でした。笑


え~、人生で(たぶん)最後の授乳が終わりましたー。嬉&寂


断乳決行して二日目の夜までは泣いたけど、今日の朝はもう「パイパイ~~」って泣くこともなく、6時からモリモリ朝ごはん食べていた唯ちゃん。


断乳山場は意外とあっさり超えたのかもなって思います。


まあ、いつも思うのですが、子供はこっちがちゃんと決めれば、もちろん大泣きするけど分かるんですよね。そして、その決定についてきてくれる。


唯ちゃんも、昨日の夜なんかは、おっぱいなしで寝入りの仕方がわからないので、泣くんだけど、みこちゃんからも「もう歯が生えたし、たくさんご飯たべれるから、おっぱい終わりやでー」と言われると「はい~~」と言いながら、「ぶえ~~ん」って泣いてました。笑


いろんな言葉も話せるようになって、会話が成り立つようになってきた唯ちゃんなので、ちょっと前から「もう終わりにしようね」って話していたことも、『なんとなく』、ではなく、ちゃんと理解してくれていたんだと思います。


私は、断乳って嬉しくもあり、そして、やっぱり寂しさもあり、いつも、この時は複雑な心境になります。

でもね、これからは、パパと過ごすことも、おじいちゃんおばあちゃんと過ごすことも増える唯ちゃんだろうから、ママからしか供給されないおっぱいは、彼女にとって、ママが留守の時にママ以上に狂おしく求めるものになるから、断乳しておいた方が、彼女のハッピーにつながるな、と意を決めて断乳したわけです。


で、東京出張も、日帰りではなく、一泊してくることが可能になったわけです。


え~、会場の広さから、8名の定員にさせていただきます。

とは言っても、そのうち4名がもう埋まってしまっているので、あと4名の募集です。


お会いできる方、楽しみにしています!どんなクラスになるのかな♪♪


IHファウンデーション@東京


日時:10月2日(月)


時間:9:30~18:00 (途中お昼休憩はさみます~)


場所:東京 文京区(詳細はお申し込みの方に直接お知らせいたします


定員:8名 (4名)ブログ告知前に、ご興味がある方で埋まってしまってしまってます。ご興味がある方は是非お早めにお申し込みください。


講座費:20000円


クラスの内容については、こちらをご参照ください。


★また、自分メンテ講座と、IHファウンデーションクラスの違いについて、

この頃質問がくるので、説明させていただきますね。

二つとも、筋反射の基礎的なものは教えるので、かぶるところが少しはあります。

IHファウンデーションは最後にミニセッションまでできるようになってもらうので、筋反射だけを練習する時間は自分メンテ講座に比べ少ないです。 ヒーリング法は3種類教えます。
ミニセッションの流れも教えます。
それらを使って、最後、実際にミニセッションをやっていきます。

それに比べて、自分メンテ講座は最終目的が人にミニセッションをすることではなくて、自分で自分&周りをメンテするために筋反射を使えるようになることです。
自分と周りの人に筋反射を使って、今必要なメッセージを引いてあげたり、今自分に合う食べ物を見つけて行ったりする、日常に使えることを目標にしています。
ファウンデーションでは特に扱わない、一人キネシ(自分で自分の筋反射を取るやり方)も教えるし、練習します。
ファウンデーションでは、オラクルカードは使わないのですが、自分メンテでは、オラクルカードを筋反射で引いていきます。
後半は、キネシ以外のことも含まれてきます。
目標設定は意外とセッションするようになったら、大切なところですが、人生においても大切なことなので、自分メンテ講座で少し触れています。(IHファウンデーションでは、ほんの軽くしか触れません〜)

筋反射をどのように活用したいか?によって選択していただけたらなあと思いますが、筋反射が取れなさそう〜〜という方は、自分メンテで筋反射の練習積んでから、IHファウンデーションクラスをとり、筋反射の基礎をリピートしつつ、ミニセッションについても学んでいく、という流れも、吸収しやすいかな、と思います。
IHの本コース(パスウェイ、コンセプト、マインド、ボディー、マスター1、2、3)に上がっていくためには、IHファウンデーションが必須になります。
どんな流れで、筋反射習得&活用していきたいか?によって、選択していただければと思います!


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生、一応、募集締め切りしました。

本当は8月末で募集締め切りだったのですが、

1ヶ月遅れで始めるかも?という方がいらっしゃるため、一応募集締め切り、という形にさせていただいてます。

 

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!
東京でのクラスの開催も定期的(目指せ月1回)にしていく予定です♪

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 増席1満席 ありがとうございます!)


9月16日 自分メンテ講座@京都和束


10月1日 自分メンテ講座@東京 (10人満席 ありがとうございます!)


10月2日IHファウンデーションクラス@東京(8人4人)


★セッション費のお知らせ

先月の割引期間終了をもちまして、IHのセッション費は1セッション20000円にさせていただいています。

IHのセッションでは自分自身で自分の心に向き合っても解決しなかったこと、自分の頭ではわかっていなかったことが潜在意識から掘り起こされてきます、(もちろん、それを望んでいるのは、あなたの魂なのですが)そして、『あ〜〜それ、あります、、、』と頭で気がつく、、、って流れになります。なので、1回のセッションで人生格段に進むのですね。




お問い合わせ&お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。



[PR]
by pineheath | 2017-09-07 17:47 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

「おおお~」のIHファウンデーションクラス♪ミニセッション事例『膝の痛み』

f0128026_13551017.png
           デモセッションの様子↑Yさん写真ありがとうございます!


昨日は、IHファウンデーションクラスでした。

昨日は、蓋を開けてみれば、公務員経験者(&現在公務員)という一見お堅いイメージ(?)の職業経験者の方達の集まりだったにもかかわらず、ものすごい感性の方ばかりで、出て来る質問が深い~。

みなさん初めてキネシオロジーを習う方なのに、その先のこと、そしてある意味、根底にあることについてズバッと質問できるってすごすぎる!!って、私自身クラスをやっていて密かに大感動していたクラスになりました。


クラスは前半キネシオロジーの基礎について学んで、後半は実際のヒーリングを学び、最終的にミニセッションをするという流れなのだけど、昨日のミニセッションは参加者に見せたでもセッションも実際参加者同士にしてもらった交換セッションも、『おおおお~~』って感動につながるセッションでした。


そのセッション内容、許可をいただいたので、シェアしてみたいと思います!


参加者同士の交換セッション。元公務員で、今は、写真家&シンガー&ファッションコーディネーター(!!!)というYさんのセッションでした。その驚きの経歴も、『流れで、そういうことになっていた』って、笑。ちゃーんと流れに乗る能力をお持ちで、彼女はもうちゃんと宇宙と繋がれている方、ちなみに、お昼のランチの時に、私は彼女からとってもスペシャルなアドバイスをいただいたわけですが、そのアドバイス、そこの蓋開けるかあ~というアドバイスでした(!)。そのことはまた別の記事にでもできたらなあと思います。笑


ところで、

そんなY さんは原因不明の『膝の痛み』をずっと抱えていました。参加者Sさんが習いたての筋反射使ってキネシセッションやっていきます。


ちなみに、私のデモセッションも含め、こういうみんなの前でするセッションの場合、オーディエンスもヒーリングのサーキットの中に入っている感じなので、感度のいいオーディエンスには、クライアントの潜在意識からの情報が上がって来ることがあります。

なので、オーディエンスから何か情報をもらうこともあったりします。

私もこのセッションではオーディエンス(傍観者)で参加していたので、私の方に上がって来ることがあって、それを途中でプラクティショナー側のSさんにきいてもらったりしました。


で、今回のYさんの『膝の痛み』に関するセッション。


リラックスしている状態から力を入れて立ち上がる時とか、ちょっと曲げた状態で膝に圧がかかる時にとても痛むとのこと。

彼女はその膝の痛みに関して、医者に行くけど、原因不明で、膝といってもそんなに膝の上側が痛いというのは聞いたことない、と言われていました。


『医者にわかってもらえない』 というところで筋反射

そこについてもっと聞いて行くと、彼女は子どもの頃斜視で、そのことについて、ありとあらゆる医者に連れて行かれていたそうです。医者や他の専門家のアドバイスも斜視には効果がなく、結局手術でとりあえずの斜視は治すことにした彼女。

でも、彼女はその経験からも、人知では限界がある、そのことで相手を責めてもしょうがない、面子を潰しちゃいけないと、相手の先を読んで、相手が傷つかないようにした。との話。


その『相手の先を読む』というところで筋反射。


そのことについてさらに話が進みます。

「そういえば、いつだって、相手の先を読んでいた。相手の先を読んで、自分が下手にでて、相手を気遣ってきた。」

そこで大きな筋反射。


「お母さんが幸せでいられるように、お母さんの気持ちをいつも読んで、お母さんのナイトでいたあげないといけないって思っていました。」


そこに潜む感情を見てみると、

不安と、恐怖

不安とは?で出てきた話は

お母さんとお父さんは離婚してしまう、という不安

恐怖は?というのでは『お母さんは死んでしまう』という恐怖

それ以外にも恐怖がありそうだったので、もっと聞いて行くと、

いろいろ出てきた後に


『人を持ち上げてあげないと、その人たちは置いてきぼりになってしまう、という恐怖がある』、と。

そこで、大きな筋反射。


スピリチュアル的にも、人生の波乗りがものすごくうまくいっているYさんですが、自分だけスイスイ行ってしまうことに対して、他の人が置いてきぼりになる、という恐怖があるというのです。


『だーかーらーか~~!!!」そこで、かなり、納得しました。

彼女はエネルギー的に人のことを一生懸命持ち上げようとしていたのですね。

だから、その負荷が膝に行っていたのですね~~~!!!

膝、痛くなるわ!!!


そんなYさんの目標は

『人を信頼し、自分のペースで、自分の高さで飛んで行くことです』

というものに。

バッチリの筋反射になる目標になりました。


背も高く、足も長いスタイルのいい彼女なのですが、

「実は私猫背でもあるのです。昔からいつも低くいようとしてきたんです。でも、人も自分で登れるんだって信じてあげることで、私は私のペースで人を気にせず自分の高さでスイスイ進むことができます!!」と、目を輝かせていました。


チャクラのヒーリングが出て、その修正をして無事セッションが終わりました。


セッションが終わった時は、輝くYさんの顔!そして、そのセッションを伴奏したSさん!

皆で『いえ~い!!!』って、深かったセッションを喜びました。



「キネシのセッションだけでもこんなに深いのに、IHまで進んだら、どんなことになるんだろう~~~」と、感想を言ってくれて、感動冷めやらぬまま延長気味のクラスは終了しないといけなくなったのですが、本当に、深いです。はい〜。


キネシを最初に習った時に、本当にそんなことまでわかるの?!!!って感動したことから、私はどんどんキネシオロジーの世界にはまっていった訳ですが、今、ここで、こうやって、その感動を伝えることができて、本当に幸せだなあって思います。


クラスが終わるか終わらないうちに娘たちのお迎えに行き、娘たちに揉みくちゃにされながら笑、クラスの興奮に浸っていた夜でした


そんなYさんがクラスの感想を帰りの電車から送ってくれたのですが、

感想からも、Yさんの興奮が伝わってきて、うれしかったです❤︎ (魔法を習った気分って♪わかる〜〜)

f0128026_13301599.jpg



さて、さて、

9月14日のクラス、定員5人のはずが6名お申し込みで満席です。


そして、10月1日のクラス(定員8名)満席になりました~。

お申し込みの方、お会いできるの楽しみです❤︎


またまた、どんなクラスになるか、楽しみです!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生、一応、募集締め切りしました。

本当は8月末で募集締め切りだったのですが、

1ヶ月遅れで始めるかも?という方がいらっしゃるため、一応募集締め切り、という形にさせていただいてます。

 

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!
東京でのクラスの開催も定期的(目指せ月1回)にしていく予定です♪

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 増席1満席 ありがとうございます!)


9月16日 自分メンテ講座@京都和束


10月1日 自分メンテ講座@東京 (満席 ありがとうございます!)


★セッション費のお知らせ

先月の割引期間終了をもちまして、IHのセッション費は1セッション20000円にさせていただいています。

IHのセッションでは自分自身で自分の心に向き合っても解決しなかったこと、自分の頭ではわかっていなかったことが潜在意識から掘り起こされてきます、(もちろん、それを望んでいるのは、あなたの魂なのですが)そして、『あ〜〜それ、あります、、、』と頭で気がつく、、、って流れになります。なので、1回のセッションで人生格段に進むのですね。




お問い合わせ&お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いいたします。


















[PR]
by pineheath | 2017-09-03 13:59 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHセッション事例ー『首が回らない』

昨日は、鬱っぽくて、首の痛みを抱えているクライアントRさんのご主人の代理セッションをしました。


自己犠牲の上で『愛する』行いを誰かにすることは、恐れからスタートしてるから本当の『愛』なんかじゃなくて、依存関係しか生まないんだなあって思ったセッションでした。


高学歴で、高収入なご主人ですが、義母(ご主人のお母さん)のためにはありとあらゆることをして、喜ばせようとしていました。つい最近も海外旅行に連れて行き、ご主人は「これで自由に買い物していいから」とクレジットカードを渡しました。お母さんは、これでもか、という位バンバンと買い物していったそうです。そのことをRさんがご主人にいうと、「お母さんは何を買ったらいいかわからないから、たくさん買うんだよ。買わせたあげようよ。」とご主人は言ったそうです。


でも、ご主人、いくら高給取りであっても、今現在はお金にものすごく困っている状況。でも、母親にはそんなことも言えず、この海外旅行では、夏のボーナスでは到底支払いきれないお金を使い、明細を見せるのも恐ろしいと言っていたそうです。


そのご主人は、今現在かなり体調が悪く、首が痛くて回らない状況だということでした。


まずでてきた言葉は

My Digestive system uses water effectively and efficiently.

(私の消化器系は水を効果的に、効率的に使うことができる)

というもの。


これについて聞くと、

「そうそう、そうなんです!」とRさん。なんでも、ご主人は、ずーっと、下痢をしているということでした。それは、もう、いつから?というのが分からないくらい。


I let go of all suppression inhibiting my electrolyte function.

(私は自分の電解機能を抑えてしまっている自分が抱える抑圧を取り除きます)


このelectrolyte function(電解機能)って私は知らなかったので、セッション後に調べてみました。

日本語で調べても、なかなか分からなかったので、英語で調べたら、すぐに出てきました。


以下のサイトから。


https://www.symptomfind.com/nutrition-supplements/role-of-electrolytes-in-the-body/

より。

The Role Of Electrolytes In The Body


Electrolytes are minerals found in bodily fluids that carry an electric charge and are essential to keeping the heart, nerves and muscles functioning properly. As such, it is important to maintain a precise and constant balance of electrolytes to stay healthy. The kidneys play an important role in ensuring that electrolyte levels remain invariant despite any changes the body may undergo. Having an excess or an insufficiency of electrolytes in the body can be dangerous and in some cases fatal.


Electrolyte Function

One of the major roles of electrolytes is to ensure that fluid levels inside and outside the cell are balanced. The cell can adjust its fluid levels by changing the concentration of electrolytes. For example, an increase in electrolytes within the cell draws more fluid in whereas a decrease in electrolytes promotes an efflux of fluids. Sustaining this type of osmotic gradient is essential for nerve and muscle function, hydration, and maintaining blood pH levels. Additionally, electrolytes carry electrical impulses across the cell and to neighboring cells in order to promote muscle contractions and nerve impulses.

The most common electrolytes found in the body are calcium, sodium, potassium, phosphate, chloride and magnesium.


Electrolyte Imbalance

An electrolyte imbalance can develop as a result of either having excess or a deficiency of electrolytes in the body. An electrolyte imbalance may be caused by:

  • Loss of body fluids: may be caused by prolonged vomiting, diarrhea, sweating or high fever
  • Poor diet
  • Malabsorption: the body may be unable to absorb electrolytes due to a variety of stomach disorders
  • Hormonal or endocrine disorders
  • Kidney disease
  • Certain medications: chemotherapy drugs, diuretics, antibiotics, and corticosteroids

A majority of the electrolyte related health problems occur when levels of sodium, potassium or calcium are unbalanced. Hypernatremia (having an excess of sodium) is the most common type of electrolyte imbalance.


~~~~~~

訳:


電解質が体で果たす役割


電解質は体の水分の中にあるミネラルで電気的チャージを持っていて、心臓、神経系、筋肉の機能が適切に働くように維持しているものです。

なので、健康でいるためには、体の電解質を精密に維持することがとても重要です。腎臓は体が変化していく中で、電解質レベルが変わらず維持されるように働く重要な役割をしています。体の中の電解質が多すぎたり、または足りない場合は危険で死に至るケースもあります。


電解機能

電解質の重要な役割の一つに細胞の中と外の水分バランスの調整です。細胞は電解質の濃度を変えることで、水分量を調整しています。例えば、細胞内に電解質が多いと水分を引っ張ってくるし、反対に電解質が少ないと水分を流出させます。この浸透勾配は、神経、筋肉、水分調整、血液PHレベルにとって、必用不可欠のものになります。さらに、電解質は電荷を帯びていて、筋収縮や神経伝達を促進するために、隣接する細胞間で電化刺激を与え合うのです。

体の中の電解質で、一般的なものは、カルシウム、ナトリウム、カリウム、リン酸、塩素イオン、マグネシウム、


電解質のバランスが崩れたら


電解質が体に多すぎる、少なすぎるということの結果、電解質バランスが崩れます。

以下のことから、電解質バランスが崩れることが引き起こされる可能性があります。

継続的嘔吐、下痢、発汗、発熱などで、体の水分が失われた時

不健康な食事

吸収不良:胃の不調から体が電解質を吸収できない

 ホルモン、内分泌障害

 腎臓病

 ある種の薬:化学療法、利尿薬、抗生剤、コルチソステロイド


電解質が関係する大部分の健康問題はナトリウム、カリウム、カルシウムのバランスが崩れた時に起こります。高ナトリウム血症といわれるものが最もメジャーな電解質のバランスを崩した症状です。


他のサイト

https://draxe.com/electrolyte-imbalance/より


Signs and Symptoms of an Electrolyte Imbalance

Because electrolytes have so many different roles within the body, an imbalance normally causes noticeable changes in how you feel pretty quickly. Depending on the type of electrolyte imbalance you experience, a number of symptoms can occur including:

  • Muscle aches, spasms, twitches and weakness
  • Restlessness
  • Anxiety
  • Frequent headaches
  • Feely very thirsty
  • Insomnia
  • Fever
  • Heart palpitations or irregular heartbeats
  • Digestive issues like cramps, constipation or diarrhea
  • Confusion and trouble concentrating
  • Bone disorders
  • Joint pain
  • Blood pressure changes
  • Changes in appetite or body weight
  • Fatigue (including chronic fatigue syndrome)
  • Numbness and pain in joints
  • Dizziness, especially when standing up suddenly


電解質のバランスが崩れている時の症状

電解質は体の中で、多様な役割を担っているので、通常バランスが崩れたらすぐに感じ方が変化します。電解質のアンバランスのタイプによって、様々な症状が現れます。

筋肉痛、痙攣、弱る

落ち着きのなさ

不安症

頻回な頭痛

のどの渇き感

不眠症

発熱

動悸、不整脈

消化系の問題:お腹の張り、便秘、下痢

混乱、集中力の欠如

骨障害

関節の痛み

血圧の変化

食欲の変化、体重変化

疲れやすさ(慢性疲労症候群を含む)

関節の痺れ、または痛み

急に立った時の立ちくらみ



訳終わり

~~~~~~~~~~~~~`

下痢をし続けているというお話だったので、やはり電解質のアンバランスがある状態なのでしょうね。

その電解機能が働くのを抑えてしまっているご主人が抱える『抑圧』についてお聞きましたした。


「家族を支えなきゃ」って思いが強いと思います。と、Rさん。


その言葉のうち、『支えなきゃ』では反応しているのだけど、家族のところでは弱かったので、他の言葉を出してもらうと、

『お母さん』で反応。

ご主人は『お母さんを支えなきゃ』と自分を抑圧していることがわかりました。


ご主人は、本当は、会社を辞めて起業して自由にやりたいと思うことをやりたいと思っているけども、それに対して、奥さんである Rさんは「やりなよー!!せめて、週末起業からでも初めてみなよー!」と応援しているのだけど、それをお母さんは、大反対しているとのことでした。


お母さんにとって、ご主人はずっと自慢の息子で、息子が高学歴なこと、顔がいいこと、優しいこと、高給取りなこと、東京に家を構えていること、それらはお母さんにとっての日々の自慢だということで、ご主人は、『母親の思いに応える』ために自分を抑圧し続けているようでした。


そんなご主人には世代間の信じ込みの

『愛は長続きしないものだ』という信じ込みがあることが出てきました。

これは、ご主人のお母さんからご主人に伝わっている信じ込みで、

お母さんも、ご主人も『愛は長続きしない』って思い込んでいるから、絶えず、絶えず、愛しているということを表す行いをしなければ、そして、してもらえなければ気が済まないということになっていました。


その信じ込みを持っていたからこそ、お母さんはお母さんの旦那(R さんの義父)から浮気をされたことがあり、またRさんのご主人もR さんから別れを切り出されたことがあります。(R さんとご主人は別居の経験があります)


人は信じ込んでいるように現実を引き寄せてしまいます。

ご主人にとって、『愛』は長続きしないから、エネルギーを消耗してでも愛していることを示していかなければいけないって強迫観念があったのですね。

だから、愛したいから愛する(行動をする)というよりも、どんどんエネルギーを消耗しながら『長続きしないこと』に逆らう気持ちを感じながら『愛する』という行為をしていたようです。要は恐れがあるから『愛する』ことを表す行為をする。。。でも、それって本当は『愛』ではないなあ、と思いました。

自己愛が確立した時には、誰かを自己犠牲で愛することも辞めれるんだと思います。だって、自分が自分を愛して自立することを信じてあげれたら、誰かの魂もその人自身を愛して自立することを信じれるから。


色々なヒーリングが出たのだけど、最後にオーラソーマのポマンダーのエッセンスの『コーラル』というものが出ました。

これは、自立のために私たちの存在そのものを保護して、相互依存のために必要な洞察を与えるのに役立つエッセンスだと書いてあり、まさにだなあ、と思いました。


私の魂は自分で自分に愛を与えて自立できるように、お母さんの魂も自分で自分に愛を与えて自立できると信じること、それが、依存関係を断ち切れるパワーになるんだろうな、と思います。


本当の意味で人を愛するためにはまずは自分から愛せていないといけないのだなあ、とまた改めて思うセッションでした。


首が回らないご主人、もちろん、お金のことも関係あると思うけど、見てる方向が違うんじゃないの、凝り固まっているんじゃないの?のサインかもしれませんね。


Rさんセッションの事例のシェアを許可してくださりありがとうございました。



[PR]
by pineheath | 2017-08-30 11:13 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

ミニセッション事例ー『足の痛みの原因』@IHファウンデーションクラス

昨日はIHファウンデーションクラスでした。


クラスでは、後半、キネシのミニセッションのデモ&交換セッションをします。

痛みに関するセッション、ストレスに関するセッション、感情に関するセッションをするのですが、痛みといっても、痛みそのものが問題そのものである場合と、痛みの奥にある感情が問題そのもののケースがあります。


昨日は、痛みのセッションで、その奥にある感情にまで話が行きました。やっぱり、キネシのミニセッションだと言っても、侮れないですね。興味深かったです。

シェア許可をいただいたので、紹介したいと思います~。


Yさんのテーマは、左足の痛みでした。

その痛みは1ヶ月くらい続いているっておっしゃったんだけど、それではきん反射取れなくて、見ていくと2ヶ月から3ヶ月くらい前からって体が言ってました。

で、それをお伝えして、なんか、その頃の記憶に残ることってありますか?って聞くと、

「あーそれだったら、5月終わりあたり。。。あ、〇〇のアドバンスコースに参加した時だ~!」

それで筋反射。そのクラスは何かしら関係あるようでした。

で、お話を聞いていくと、そのクラスのために東京へ行くのに、夜行バスで行ったと。

そこでまたきん反射。

「夜行バス?どんなでした?」

うーん、疲れました。。本当は新幹線で行けるくらいに稼げるようになりたい、って思いました。

(そこで、微妙な筋反射)


そこから、感情を引くと、『後悔』って感情で反応してました。

そのアドバンスクラスに関して、お昼休憩の時に、参加して本当に良かった!ってお話しされていたので、なんで『後悔』って出るんだろう?って疑問に思いながら聞いていました。


「アドバンスクラスで、後悔したことって何ですか?」

そう聞くと、

「あ、お金を使いすぎたって思ったことです。」

そこでバッチリのきん反射。

「あ、それですねー。」


彼女は、そのアドバンスクラスに進むにあたって、そのシリーズのクラスを受けていて、それら諸々でお金をたくさん使ってしまったことに、後悔していたんですね。

で、『夜行バス』っていうのは、『お金を節約する』つまり、『お金をたくさん使うことに対する罪悪感』を表すキーワードだったわけです。


あ、これは、すべての夜行バスを利用する人がそこに対して何かしら持っているというわけではありません。彼女の場合は、そういう設定だったのです。


そのお金に対する後悔が彼女の足の痛みにつながっているということだったのですね。体って本当に面白いですよね。


そんな彼女に、じゃあ、どうなったら、お金に対して後悔がなくなると思いますか?ってお聞きしました。

そして、彼女の答えはちゃんと習ったものを活かせたら、後悔がなくなると思います。今は、そこまで活かせていないって気持ちがあって、、、

ーyes(筋反射)


そして、彼女の目標は

『アドバンスのマッサージをいかして輝くこと』

になりました。


ファウンデーション内でお伝えしているヒーリング法のうち2種類が出て、そのハンズオンヒーリングをして終わって、


「さて、足の痛み、どんな感じですか?!」

と聞くと、彼女はセッションの最初に動かして痛みが出るポジションをしてくれたのですが、そのポジションをもう一回してみて、


「え、あれー!さっきはこうしただけで痛かったのに!わー減ってる!!!気にならなくなってる!」

意識の上で、最初は10がマックスだとしたら4-5の痛みを持っていたのが、2の痛みになり、

潜在意識上でも最初は8の痛みを持っていたのが、2の痛みに下がりました。


Yさんは、「足の痛みって、ヨガで痛めたかなあって思っていたけど、そこにつながっていたんですね~、知らなかった~~」


と、驚きを隠せない様子でした。確かに、「なんか足痛いの治らないなあ」、って思っても、そこに精神的な要因が絡まっているとは想像しなかったりします。

でも、私たちの体って、ちゃんと治ろうとするんです。それが、なぜか治らないのは、その治ろうとするエネルギーを何かがブロックしているからだったりします。

そのブロックしている物を取り除くことで、体は自然と良くなるのですよね。


前に進むための足、Yさんが求める方向に踏み出す決意をしたら、痛みが治る方向に行ったのは興味深かったです。


さて、IHファウンデーーションクラス、筋反射を習得しつつ、3つのヒーリングを習いつつ、最後はミニセッションができるところに持っていきます。

結構大忙しのクラスなのですが、皆さん、それぞれ抱えている課題をミニセッションでテーマにして、たどり着いていく魂の目的に衝撃を受けたりしつつ(笑)

学びと癒しを得て1日を終えていきます。


クラスに出て、さらにセッションの進め方を深めたいなあ、という方は今度9月14日に開催するキネシセッション特訓ワンデー(残席2)をお勧めします。


一家に一人キネシできる人がいて、体の不調、心の不調に関して見過ごすことなく、ちゃっちゃっとミニセッションしてくれるような、そんな風になったらいいなあ、と妄想しています★


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★ご要望のキネシクラスありますか?

こんなクラスがあったらいいな、などのご要望がありましたら、ご相談ください。



★自分メンテ講座、IHファウンデーションクラスを呼びませんか?

関西圏以外で自分メンテ講座またはIHファウンデーションクラスの開催をご希望の方は、

人数が5名以上揃う場合は交通費無料(場所代、要相談)で伺わせていただきます。

5名以下の場合は交通費をご負担いただくことになりますが、伺わせていただきます。


多くの方と繋がれますように♪


★自分メンテインストラクター養成 1期生募集締め切り 8月31日です〜。

こちらは1年間みっちり自分と向き合っていただき、最終的に私が開催している『自分メンテ講座』を一緒に開いてくださる方を養成する講座です!今、プログラムの詳細もつめていっているところです。どんなことになるのか、楽しみです!

詳細はこちらです。さらにQ&Aはこちらです。


★もうすぐ開催クラス〜

9月2日 IHファウンデーションクラス 

9月14日 キネシセッション特訓ワンデー 

9月16日 自分メンテ講座









[PR]
by pineheath | 2017-08-26 10:20 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHファウンデーションクラス·IHの素晴らしいところ

f0128026_11440088.jpg

ファウンデーションクラス、今回は、娘のお熱もなく、無事終了しました!


今回は、参加者3名だったので、ペアワークには、私も入り、ミニセッションをしました。

デモセッションも2回見せれたので、参加者全員に一度ずつはミニセッションした形になり、それはとってもよかったな、と思いました。

たくさん話したいことがある~と思うため、どうしても時間が足りない苦しみがあるのですが、これから、IH の道に進むかた、そうではなく、ただ、キネシを使っていきたい方どちらにとっても、有意義なクラスになっていたら嬉しいなと思っています。


普段、クライアントさんにはIHのフルセッションしかやらないので、ミニセッションって、やらないのだけど、いやいや、ミニセッション、あなどれないなーって、自分で久々にやりながら、そして、やってもらいながら思いました。


自分の思考って、癖つけられていて、ぐるぐる同じところを回っていたりします。

なんで、こうなんだろう、なんで、なんで?って本当は向き合うところじゃない所を一生懸命考えている。

でも、セッションで、「あなたが抱えている感情は、これって出ましたけど?」なんて、プラクティショナー側から言われると、「ああ、そうそう、私は、そう感じているよな~、その感情、私の根底にあるよなー」ってことに気がつきます。


その引かれてきた言葉って、自分の潜在意識にある言葉なので、あ、それ!って、腑に落ちるんですね。


キネシオロジーって、そうやって、体に聞いて、クライアント側の潜在意識にあることを引っ張ってくるので、プラクティショナー側が、頭で考えて『あなたの問題は〇〇です』って診断するのとは全然違うのですね。


心理学って、ものすごく役に立つし、私も大好きなのですが、心理学では超えられない壁を越えることができるのが、キネシオロジー&IHなのだと思っています。


というか、もちろん、心理学でも、いつかは、その目的地に到達するんだろうけど、時間がかかる。

だって、プラクティショナー側が、気がついたこと、知っていること、をクライアント側に伝えたところで、クライアントが気がつく、腑に落ちるという経験をしないことには、『変化する』に行かないんだなって思うのです。


土曜日のファウンデーションクラスのお昼休憩の時、お茶屋さんにお昼を食べに行きました。

その時、参加者のお一人が、会社での人間関係の悩みについてシェアしてくれました。


そこで、もちろん話を聞いて、心理学的にその悩みが行き着くその方の『お題』はこれこれかもねー、なんて、話するわけです。

はい、頭で聞いて、考えるから、その返答になる。


で、その方は、そうですよね~~、って返事。


そんなことは、本にも書いてあって、わかってる、でも、でも、そのストレスは減らないんです~~~。って悩みを持っているわけです。


そういうことってありますよね?


頭では、自分のここがダメなんだろうな、自分がこの執着なくせば、楽になるんだろうな、ってわかっているけど、でもできない、、、、、、、って。


そこまで話していて、私も、あ、頭でアドバイスしていたな、って気がついて、ちょっと意識を広げて見たんですね。そしたら、あ、エネルギーコードの問題だわ、ってわかったのです。


で、その時私がやっていたのは、私の体で筋反射をとること、あ、こっちが根底にあるなってわかったので、実際手を貸してもらって、触って筋反射見させてもらって、やっぱりエネルギーコード繋いじゃってるね、って話したのですが、


そういう物が根底にある場合は、心理学的な手法で、相手はあなたの投影だから、あなたが抑圧している自分のその部分を解放したら、相手のことが気にならなくなるよ、って言ったところで、それをやっても、やっても、やっぱり気になる、、、少しは楽になったかもしれないけど、でも、劇的には変わらない、、、って感じになるんですね。


だって、既にエネルギーコード繋いでしまっているから、(このケースでは)

そういう場合は、エネルギーコードを切ってあげると、一気に楽になったりします。

逆にエネルギーコード繋いでしまっているから、自分のその課題から自分は抜けられないってサイクルになっていたりもします。


私が、参加者のYさんからしてもらったミニセッション。

Yさんは、キネシオロジー初めて!IHのセッションも受けたことないって方で、筋反射にも自信がないって言っていたけども、

Yさんが出してくれた、私の感情の問題は

『先取りされた』

というものでした。

Yさんは、一生懸命、何度も確認しながら、丁寧にとってくれました。

そう、『先取りされた』感、無いものとして蓋しちゃってる所あるけど、あるあるある~~~~です。

私、小さな子供がいて、やりたいことをやれる時間っていうのが限られていて、それはそれで、幸せな時間が子供と一緒の時にはあるので幸せなのだけど、こと仕事に関して、やりたいってことが十分やれていない感、だから、先に進んでどんどんやれている人を見ると、先取りされている、取り残されているって感じることがあります。


そういや、長らく、その感情は、私の根底にあるかも、、、って思いました。

自分の筋反射に自信ない」って言っていたYさんだけど、ちゃんと私に必要な言葉を引っ張ってくれて、そこを癒してくれました。(Yさんありがとう~❤︎


何度もキネシを教えるクラスをしているけども、本人の「自信がない」っていうのと、筋反射が取れていないっていうのは、イコールではないと感じています。

筋反射取れていても自信がない人は自信がない。それは、筋反射どうのこうのの問題ではないのですね。

自分を信じること、筋反射を含めた、そういう目に見えないけど、感覚として、あるものを信じること、それが簡単にできる人と、そこにブロックがある人、の違いかなって思います。



次回のファウンデーションクラスは、


8月19日(土曜)


8月25日(金曜)


9月2日(土曜)


です♪(平日ご希望の方がいるので、土曜日開催だけではなく、平日開催を入れました。)


それ以外のクラスも入れたいな~という気持ちはあるので、自分メンテ講座のご要望などありましたら、お問い合わせいただければと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

7月4日から8月10日までのセッションお申し込み割引のお知らせ❤︎


また、7月4日から8月10日までは、セッション&クラス基本的にお休みさせて頂くのですが、

でも、私にとって、とってもスペシャルな時間になるので、

これね



7月4日から8月10日までのセッションお申し込みの方は

(実際にセッションをするのは、8月10日以降になります〜)


割引にさせていただきます。

(なんだ、かんだ、嬉しい時には、セッション割引を入れているので、気がついたら、結構な頻度で割引しているかもですが。笑)


IHセッションを


1セッション 15000円→13000円

5セッション 70000円→60000円

10セッション130000円→110000円

にて、


ホリスティックヘルスセッションを


3ヶ月コース 50000円→45000円

6ヶ月コース 90000円→80000円


にて、提供させていただきます。


IHは一度だけもそのパワフルさに驚く方が多いです。自分の根底にある信じ込みをクリアーにしていくと、さらに、下から、クリアーにすべき問題が表面化していくのですが、自分の作ってきた役に立たない信じこみをクリアーにしていくと現実が大きく変わり始めます。
5回セッション、10回セッションをお申し込みのクライアントさんは、ご自身の次の問題が表層に出てきたときに、セッションのご予約を入れるということで、どんどんクリアーになって、どんどん前進されています。

ぜひこの機会にお申し込みください

(8月10日以降はセッション費改定になります。)


keiko@purefoodpurebody.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、

8月10日以降~のお申し込みに関して

セッション費改定のお知らせ


今まで据え置きで、IHセッションさせていただいていましたが、8月10日以降のお申し込みに関して、セッション費を値上げさせていただくことにしました。


私のIHセッションは時間制限があるわけではありません。


大体の目安として、1時間半から2時間と言っていますが、その方の潜在意識と対話して進みますので、もっと大幅に時間がかかる場合もありますことをご了承ください。

また、魂が本当の自分で生きる!と決めた時点でセッションになるのですが、(魂が決めきれていないときは、何らかの理由でセッションが成立になりません。。)

ギリギリのところで、潜在意識からの抵抗が起こることもあります。その場合、いろいろ調整しながらセッションしていくことになるので、余計時間がかかる時もあります。


2017年8月10日以降のお申し込み


1セッション 20000円

5セッション 90000円

10セッション160000円 


になります。

よろしくお願いします。










[PR]
by pineheath | 2017-06-26 11:45 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

IHセッション事例/死ぬまで会社を辞められない

男の人は、会社と、家族(奥さんを中心に)の板挟みになっていて、どこにも逃げ場がない苦しみを抱えている時があります。

パートナーが「死ぬまで会社を辞められない」という言葉を検索していることを知ったら、あなたならどうしますか?

男の人って、強くあらねば!っていうのがあるから、なかなか苦しいって事が身内にも言えなかったりします。
今日の事例は、ご主人の苦しみを知った奥さんが、ご主人の代理となって、セッションをしたものです。

ご主人は、会社員で、結構な高給取り、ただ、家族のことで色々出費があり、借金も抱えている状態。でも、家族の要望を叶えることで、良いであろうと思うことをしてきた結果のことでした。

言葉としては、『筋肉系が菌やウイルスなどに侵されている』というものが出ました。

男性の強さの象徴が『筋肉』という言葉で、表現されていて、今現在、ご主人は、その男性の象徴の『強さ』が侵されている状態にあるということがわかりました。

仕事で正しい評価をもらえない、
妻にわかってもらえない
子供の塾代
単身赴任
良かれてお思っていることが、どんどん裏目に出て、自分の首を絞めていて、男としての自信を失っている状態になっていることがわかりました。
『諦め』という言葉で強い反応が取れました。

そんなご主人のセッションででたプロトコールは『自己破壊』というものが出ました。
奥さんの愛情を得るために、義務感からやっていることが自己破壊行動であるということがわかりました。
年齢遡行で26、7歳と出て、その時に、ご主人は、一度、大きな失恋を経験していて、「好きだったけど、見捨てらえれる」ということが潜在意識に刻み込まれていました。それゆえ、見捨てられないために、自分がやりたくないことでも、義務でやり続けてしまうのです。

ご主人の場合は、ネガティブエンティティーという、ちょっと憑依に近いものまでついていたので、精神的に、相当弱っている時だったように思います。
このセッションは、ある意味、ご主人を追い詰める側だった、奥さんが代理となって、ご主人のセッションをしたことで、奥さんも、ご主人の辛さを感覚としてわかってくださるところがありました。

IHセッションでは、そのヒーリングのサーキットにいる人は、潜在意識からの情報を感覚としてキャッチできるように思います。もちろんそれは個人差がありますが、頭で、夫はこう思っていると理解しているのと、感覚で、夫が感じていることを感じるのとでは、これからの奥さんのご主人への対応は大きく変わってくるのですね。

セッション後には、ご主人も、リラックスして過ごす事ができるようになっているそうです。

セッションのシェアを了解してくださり、ありがとうございます。

さて、今月のIHファウンデーションクラス17日、24日、開催決定しています!まだ、お席がありますので、ご興味がある方はこの機会にお申し込みください♪http://purefoodpurebody.liveeditaurora.com/pages/ihfoundation

7月は、開催しませんが、8月はまた開催予定です。

ご連絡、ご質問はkeiko@purefoodpurebody.comまでお願いします!

[PR]
by pineheath | 2017-06-14 16:10 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)