出会い、受け取るべきメッセージ。

父が日本に帰って、数日たちます。日常に戻りつつあります。
今回の父の訪問は、母抜きという事で、本当はどうなることかと言う心配が無かったわけではありません。いつも、父と母との間では、母と中心に話すことが多くって、そんな中、父は、一言か二言しか話さないような記憶があります。日本に電話しても話すのは母だし、いやーどうするんだろう?って思っていました。
でも、意外と何かと良くしゃべった3週間でした。私の人生の中で父と話した時間密度は一番濃かったと思います。いろんなことが勉強になったし、私にとっては興味深かった3週間でした。
父に言わせると、食事つくりはさせられるし、子供の迎えにも行ったりと、日常体験型のアメリカだったため、ただひたすら忙しかったーといわれそうだけど。。
f0128026_7342538.jpg

孫たちから揉みくちゃにされる父。Mちゃんはスプレーで水をかけています!

やっと、ブログ更新とか、IINの勉強とか日常のルーティンに戻ってきたので、書きたいなぁと思っていたことを書いていきたいと思います。

まずはニューヨーク旅行記の続きです。
今回のニューヨーク行きの目的は前回の記事でも書いたキネシの講習会だったのだけど、ニューヨークに行くということで、泊まっていいよーといってくれたのはIIN(ホリスティック栄養学校)のKさん。
実は、彼女とは面と向かってあったことが無くって、スカイプとメールとでお互いの近況と、勉強の進み具合とを報告しあっていたので、泊まっていいよーと誘ってくれたときに、ずーずーしくその言葉に甘えていいものかどうか。。とも思ったのでした。でも、せっかく、誘ってくれたことだし、何よりしっかり会って見たいという気持ちが強かったために、お言葉に甘えることに。
滞在した3日間は、キネシの講習で朝から晩まで忙しく、細切れにしか、話をする機会は無かったのだけど、それでも、それでも、Kさんと会えてよかったー。
本当に不思議なことだけど、今回キネシのセッションで出てきていた、私のテーマともいえる事の答えが、彼女との話の中で彼女の口から出てきて、その言葉を聴いて、私はなんだか、いろんなことのつじつまがあって、私の考えるべき方向性とかも見えて、つかえていたものが、スーっと流れた気がしました。
ああ、このことを聞くために、今回Kさんと会わなければいけなかったのだな。って、思えたほど。
人と人の縁というか、受け取るべきときに受け取るべきメッセージというか、見えないんだけど確かに存在するようなエネルギーを感じました。
Kさんは、スカイプで感じでいたとおりの、透き通るような素敵な方で、最後の夜に一緒にローフードレストランに行ってディナーをしたんだけど(それは次の記事で)そのときのメイキャップした姿なんかは、どこから見てもニューヨーカーの大学生かOL(!?)子供が2人いるようには到底見えませんでした。
また、いつの日か会えることがあると祈って!

受け取ったメッセージをしっかり胸に、その後日常を送っています。

f0128026_7321099.jpg

[PR]
by pineheath | 2011-05-25 07:37 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/16024478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 5月も終わり! 1からはじめるキネシオロジー ... >>