Setsuさんとのセッション 2

前の記事の続きでサイキックのSetsuさんとのセッションのことです。

Setsuさんは家が持つエネルギーとかそういうのを読むのも得意とされていることを知っていたので、私自身のリーディング以外に、今候補になっている家の写真を3枚お見せしました。
2枚は町の中の中古の家で1枚は町の外で土地を買って家を建てるというプラン。

いやはや、驚きでしたー。Setsuさんが言ってくれたことを思い返すと、確かにかすかにその感覚がわかる気がするんですよね。この第6感(?)なるものが、家を見る上で大事なんだなーって勉強になりました。

具体的には。。

町の中の中古の家その1は、小さな家に大きな増築をしてあって、その増築が途中やめになってて4-5年たってしまってて、でも破格の値段で譲ってくださるという話。子供たちの参加するアクティビティーが行われる施設のすぐそば出し、きれいに直したら、かなり広いいえだしーと言った感じの家。
まだ持ち主とは直接交渉していないのだけど、間に入ってくれている友達が言うには、ちょっとクレイジーな方かも、ということでした。話が来た後、家を見たいというと、まだ見せる準備ができていないということで、今は待った状態の家です。その家の横をちょくちょく通ってみると、このごろはどしゃーって、工事の残骸みたいなのが出してあったり、壊れた棚出してあったりして、家を見せる準備をしているようではあるのですが。。。

その家に関して、Setsuさんがおっしゃるのは、もともとすごくいい家だった、でも、いろんな悲しいことが重なって、持ち主の方もバランスが取れなくなってしまっている。その家に住むには、かなり掃除というクレンジングも必要だけど、エネルギーのクレンジングも必要。ただ、ひとつ問題があって、その家の立っている場所が問題なようで、子供の姿が何度も出てくるので、子供のためにはその場所にすまないほうがいいのではないかと思う。という話。

これ、思い当たる節があるんです。。。この家が建っているのは、あまり治安がよくないといわれている通りなのです。私が住んでいるのは本当に平和な田舎町なのだけど、この町で唯一治安が悪い通りがあるとすれば、そのストリートだって話を聞いたんです。
あーやっぱり、子供にはよくないんですねーと、未練なくこの家はパス!と思えるようになりました。

町の中の中古2件目。
今は空き家になってて、すごく町の中でもゆったり建ってる一角で、周りのお宅も素敵なのが多くって、でもなぜかこの家だけはちょっと古ぼけてて外側にもかなりの修繕がいりそうな家です。
Sestuさんが第一声目に言ったことは、「あーこの家は住んでいらっしゃいますねー」だと。何でもお化けの家族が住んでいるそうです。中に入って見るのもいやな感じがするそうです。この家に住むことになったら、どこかで物音がしたり、子供がなんか見たり。。。って言うのがおきるようになるそうです。そんなわけで、この家には長くは人がすまないのだそうです。
実はこの家、Setsuさんとのセッションがなかったら翌日に見学に入る予定の家で不動産屋さんにはもう連絡とってあったのです。見学するのだけでもだめですかねー?と聞いたら、あー絶対やめてくださいだって。Setsuさんとのセッションがあってよかったー。不動産屋さんが公に出している写真には家の中の写真がなくって、連絡取ったことで不動産屋さんがまわしてくれた写真にこの家の内装が出ていて、この話を聞いた私はその写真も見なかったけど、パパが写真見たそうで、「おどろおどろしかったー、確かに絶対見に行かないほうがいい」と言ってました。

町の外の土地に家を建てるという案。
土地の写真を見てもらったけど、なかなかいい所のようです。何も問題になるようなことが出てきませんでした。
面白いなーと思うのは、この土地に建てるという案を見つけてきてくれた友人は、なんだか感覚的に生きている人で、その友人が、この土地はいい感じだといっていたのですよねー。その友人は何かと家の件についてヘルプしてくれているので、そして家を建てた経験があるので、私たちも相談に乗ってもらってばかりいるのですが、
何かしら偶然(必然)に家のことを話さないといけないときに限って、彼女にばったり会うんです。確かに小さな町なのでニューヨークの大都会で遭遇するよりももちろん確率は高いのですが、Setsuさんとのセッションした日にはなんと隣町の文房具屋さんでばったり会ったのです!!

Setsuさんが言っていたことで印象に残っているのですが、いいことも、悪いことも自分に帰ってくるスパンがものすごい速さになっていると。それと関係して、誰かのことを思ったりすると、その人から電話があったり、そんなことも起こりやすくなっている地球になってきていると。

その隣町の文房具屋さんは、Tくんが行きたがっていたのでその日行ったのですが、そこでもうひとつの必然が。
私へのSetsuさんからのアドバイスの中に、クライアントさんとのセッションの前後にはお香を焚いて自分を清めるようにといわれていたのですが、買い物リストに書くのをすっかり忘れていたのです。ナチュラルストアーに寄ったけど、探すのすっかり忘れていたし。。でも、その文房具屋さんに入って、ふらっと見ていたら、目の前にお香が売っている~!!お香を探していたわけでもなかったのに。よく考えたら、次の日はクライアントさんがうちに来ることになっていたので、その日にお香を買っといたほうがよかったわけです。なんか、不思議な流れにありがたさを感じました。
お香を焚くっていい感じですねー。その後はセッションがある無しにかかわらず、お香焚いて清めるのが習慣になりました。

実はその後パパもSetsuさんのセッションを受けたいと言い出し、受けたのでした。それはそれはすばらしいセッションになったようです。実はパパはこんなことを聞こうとメモを用意していたのですが、セッションが終わってパパが言うことには、こちらから聞くまでもなく聞きたいこと全部に答えてくれてた~!だそうです。
本当に一回のセッションで、受けるメッセージの多さというか、濃さというか、すごいと思います。
そして、今まではSetsuさんのブログの存在も知らなかったパパですが、早速毎晩読み進めているようです。

この出会いに本当に感謝です。

Setsuさんの連絡先は  onenessinlove#hotmail.com (#を@に変えてください)
メイン州の恵子のブログで知りましたというと話は早いと思います。
[PR]
by pineheath | 2011-08-03 03:41 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/16364181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ジュース断食 Setsuさんとのセッション >>