ジュース断食

このごろ遊びが重なって、調子に乗って食べすぎていて、肌の調子がよくないです。これはもう、確実な体からのサイン~。いい加減にしなよーと。

体の臓器が日常的にデトックスしているのだけど、それが追いついていないと最終的にこうやって肌から解毒するのです。
このごろは、子供の夏休み中で、運動もいけていないですしねー。

ぷつぷつできる原因を何かの食材があわないのかも?なんて、食べ物アレルギーの線を疑っていたりもしたのですが、それで、ナッツ類を避けたりもしたのだけど、いやはや、そんなことではなさそう。やっぱり’解毒追いついてません’のサインだったようです。

あーわかっちゃ居るけど、健康的なもの食べているしー、、、、と、先延ばししていた感があったのですが、
Setsuさんとのセッションも気持ちを引き締めるいいきっかけになって、久々の断食です。断食しようと思いついたら、ああ、やりたいやりたい!!って思えました。

そんな断食なんかしなくても、食べる量を減らしてーって、思いますよね?でも、意外とゆるゆるやるって難しいんですよね。こうやって一度断食してリセットするとその後ずーっと楽に小食になれたりします。甘いものへの要求も激減するし。

決断して、決行する段になったら意外と断食は楽しいです。
って、私の断食はいつも何かしらのカタチで糖分を補うので頭で考えるほど苦しくないのですが。

専門家の意見の中には、完全な水断食を勧めないものもありますし、(デトックスが急激過ぎるし、栄養をまったく取れていないため)私のような意志の弱い人間は、(1日だけの水断食もやったことあるけど)断食中のピークの苦しさがトラウマになりそうで断食嫌いになりそうなので
もっぱら何かの形で糖分、または塩分を補う断食がやりやすくて好きです。

f0128026_4151217.jpg


今回は、キッチャリクレンズよりもちょっと厳しいのかなー、ジュース断食です。

基本的に、朝、昼、夜に野菜とフルーツから自宅で絞ったジュースを飲み、それ以外のの時に血糖値が下がるのは少しメープルを入れたハーブティーか、ウォームレモンウォーターとかコンブチャとかで乗り切ります。

結果的に究極に血糖値が下がることはないので、一日中空腹に悩まされるということはなく、意外と日常生活送れています。
1日目の昨日は家の掃除もしたし子供と図書館行ったり、町を歩いて散策したり。食事も家族には普通通り、(いやちょっと手抜き気味かな)作って、ママは断食中なのよーと断ってあります。
ポイントとしては、食事時間より前に自分のジュースを作って飲んで、満足したところで食事つくりをし、家族が食べる時には、この断食中だけは入浴タイムにさせてもらっているところかな。
さすがに、断食中にできたてのご飯を目の前に子供とにこやかに食卓につけるほどの器の大きさはまだ身についていません。。

昨日は軽く頭痛がしていたのですが、今日はそれもなくなり、日常酷使している私の臓器たちも少しは休むことができていることでしょう。

今回のジュース断食は2-3日と思っているのだけど、ここでの日本人の友人ご夫妻はご主人がピアニストなのだけど、週1回の一日ジュース断食を習慣にされていて、常々見習わないとーって思っています。

NYでデトックスのNYDetoxさんも(同じホリスティック学校の生徒同士というご縁なのですが)月一または週一のファスティングに励まれているし、皆さんすばらしいですねー。

私も、もうちょっと自分に厳しく背筋伸ばして生きたいなーなんて、考えました。 こういう断食は道場!!ってほどの厳しさは全然ないけど、自分を振り返ったり、考えがクリアーになったり、感覚がクリアーになったり、家もきれいになったり、やっぱり昔の方々もやっていたことには意味があるんでしょうねー。

もうひとつ、大切なことは、断食中の気持ちよさに焦点を当てるもの。おなかがすっきりして気持ちいとか、空気がとても新鮮に感じれて気持ちいいとか、すっきりした肌の状態とか、踊りたくなる体の軽さとか。感覚を体に焼き付けること、その感覚を味わって、味わって、あー断食っていいなーって体で覚えることも大事かなーって思います。

脱線したら、またここに帰ってこようと思います。

f0128026_4212873.jpg

断食中の私にお構い無しにグリーンサラダをほおばる娘。めちゃおいしそう~!

f0128026_4172733.jpg

図書館にてTくん

f0128026_418496.jpg

Mちゃんも読書中
[PR]
by pineheath | 2011-08-04 04:24 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/16368821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< IIN(栄養学校)への奨学金 Setsuさんとのセッション 2 >>