自分の波動が上がったはずなのに、嫌な現実が起こる時

f0128026_14345064.jpeg

例えば、ヒーリングなどを受けて、とっても気分が上がったり、講座を受けて気分が良くなっていい波動に整えたと思って、『私はなりたい自分になれるんだ!』ってワクワクしている時に限って、現実に引き戻される事が起こる事があると思います。


『ああ、私って、こんなにもお金稼げるくらいの私なんだ~!!!』とか、『理想どうりの彼氏ができる私なんだ~!!!』ってワクワクしているのにもかかわらず、

突然、忘れていた、高額な請求書が届く~とか、自分の素敵だと思っていた人が誰かと結婚するって情報入ってくるとか、、ね、そんな、引き戻されるようなことが起こるのです。


これってなんでそれが起こると思いますか?


現実に引き戻される、せっかく進もうとしていた方向があったのに、振り戻しにあうような、『THE 現実』を目の当たりにする。


その時に、「ああ、やっぱり、高望みした私が違うんだ。あなたの現実はこれでしょって、釘を刺されたわ、、、」って、『自分が望んだことは大それているぞ!』ってことが宇宙からのメッセージだと思ってしまう人って多いと思いますが、それって、大大大大勘違いです!!!。


現実はあなたがいい気分でい始める前から、そこにあって、あなたの周波数がその現実があったところからヒーリングなどを受けて、『いい気分』の周波数に変わっただけなのです。


その周波数を持って現実を見たら、そこには自分の周波数と合わなくなった周波数が作った現実が存在しているのは当たり前なんですね。


逆に、その目の当たりにしてる『THE 現実』に、今ははっきり、『引き戻しに合う』という感覚を持ったけれども、前は、それが『当たり前』な感覚だったでしょう?

『あなた』の周波数が目の前の現実とずれて、求める世界の周波数にあってることの証拠です。


で、その時に、THE現実』の周波数を受けて、『やっぱり私なんか、、、』と、悪い気分の周波数に、この脈々と続いてきた周波数に合わせ直すと、さあ、どうでしょう、せっかく求める世界の周波数にあったのに、また、もう欲しくない現実の方に合わせ直しちゃって、結局、次やってくる現実も、その今まで通りの脈々と続いてきた現実を受け継いだ現実になってきます。


だからね、自分の波動が上がって、いい気分でいる時に、悪い現実が押し寄せてきた時にはその現実に引っ張られて嫌な気持ちになる必要なんか、ないのです。というか、それをするから、揺り戻しを受け入れて、悪いサイクルから抜けられないのです。


セッションの後には、『前向きな気分』『いい気分』『なんか、スッキリした気分』そんな気分になります。それは、あなたの波動がセッション前に発していた波動から、求める世界の波動にシフトしたから。

そう、あなたは目の前の現実が動くより先にシフトしているんです。


目の前の現実という鏡の中の世界が変わるのは今後です。今、シフトしたあなたが、シフトした状態で行動を起こすと、その状態が鏡に映りますよね。それであなたは、現実が変わったと認識し始めるんです。


だから、最初はね、すぐに現実が変わらない、やっぱり私って、、、って目の前の現実に引っ張られることなく、自分が手に入れた波動を維持することに徹してください。


そんな、徹してください、って言っても、何も難しことをする必要はなくって、

あなたがするべきことは


それはただ、ただ、『いい気分でいること』

疲れたら寝て、目の前の嫌だなっと思うことがあったら、どうやったら、楽しいかな?って想像して、自分を責めるサイクルを手放して、ただ、ただ、いい気分でいることを、今、選択するんです。


『無意味なことをするのは意味がない』ってジャッジを持っていると、自分がホッとしたいと思っても、休憩することに罪悪感が湧くし、そして、それが自分を『いい気持ち』とは反対の『嫌な気分』にさせるのです。


いい気分でいることを選択しようとすればすするほど、自分の『信じ込み』『観念』が、それを邪魔しているということに気がついてくる。

だから、その信じ込み、観念を解き放つことを、IHセッションではやっている、ということなのですね。

一つ一つの観念が外れていくと、激変してきます。

本当の魂レベルでの自分、宇宙と繋がっている自分、内なる存在としての最高最善の自分、言いかたは何でもいいけど、その自分が求めている世界って、頭で『自分なんてこれくらい』と思っている自分よりも、もっと、最高で、もっと、頭で考えると、顎が外れるような、そんなレベルの自分だったりします。笑


セッションを続けていると、それが見える瞬間に立ち会うのですね。

自分ってこんなすごいの!ってそこに行くのが恐ろしい気もするけど、でも、それはすごくワクワクする、っていうか、それが私が求めることなんだ~~~って、自分がそれを求めているってことを、『自分で分かる』んです。


この過程は本当に見ていて美しいし、感動です。


セッションで求める方向の自分に波動を調整したら、その自分の波動を維持していください。


あ、それと、ここも勘違いが起こりやすいところなのですが、『いい気分でいる』っていうのは、エネルギー的にいい気分でいるということなんですね。

ここがちょっと、難しいから、悪い気分になるからあれやっちゃダメ、これやっちゃダメって自分を縛りがちになって、それが、逆に自分の波動を落とす結果になってたりするんだけど、


例えば、すごく極端な例としては、とても悲しいことが起こった、例えば、大切な人が亡くなったとか、そういうことが起こった時に、『いい気分』ではいられないですよね。

悲しいし、その人がこの現実世界にいなくなったことが寂しい、その気持ちに浸ることは、一切ネガティブなことじゃないのです。なんなら、それは浸りきるのがその時にできる最大のことなのかもしれません。その悲しみに浸っている時、エネルギー的には『いい気分』なのです。『いい気分』と書くと、何か語弊がありそうだけど、エネルギー的に『悪い方へ自分を引っ張るエネルギーではない』のです。


ではこんな例はどうでしょう?

上司に怒られて、友達からも嫌なことを言われて、落ち込んでいる、そんな時に、『ああ、いい気分でいなきゃいけないのに』『気分あげよう、気分あげよう!!ああ、でも、ああ言われたな、こう言われたな、、、気分上がらない、、、ああ、でも、嫌なことは考えない、よし、いいこと考えよう』って焦る。

無理やり気分を上げようとすること、見たくないことに蓋をして、気分いいを装うこと、それは、エネルギー的には『いい気分』ではないです。

それをやってしまおうとするのは、『落ち込んでいてはダメだ』って信じ込みがあるから。

落ち込んでいいのです、どっぷり、どっぷり、自分はどう感じたのか、感じ切ること、自分の感情に蓋をしないこと、それをしている時のエネルギーは負に傾くことにはならないのです。


本当の自分を受け止めたり、表現してあげていないことはエネルギー的に「いい気分』ではありません。


悲しい最中にいる時、落ち込みの最中にいる時、そんな時は、自分に寄り添うことがエネルギーを上げていくコツです。

そして、エネルギーが上がってきたら、「どうやったらもっといい気分になれるかな?」ってもっといい気分を探せるようになってきます。


そろそろ、年の瀬、今年も大詰めという感じで、色々起こったりしていますね。

来年も大躍進の年にしていきましょうね~~。


年始の8800円セッションはあと3人いけます~。もう、その破格で募集することはないと思いますので、ご興味のある方は、ぜひ
keiko@purefoodpurebody.com



[PR]
by pineheath | 2017-12-22 14:38 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/28929729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 今年もたくさんのありがとう!!!!! 『男なんてどうせ~』 >>