無価値観はDNAレベル

今日、朝からハッピーちゃんがバシャールに質問して確認した内容だ、というyoutubeを見てて、とても、興味深いことを言っていたので、ぜひみて観てほしいなと思い、こちらでシェアします。



ハッピーちゃんが読んだという本『アルクトゥルス人より地球人へ』私も、早速アマゾンで注文してみました。
また、読んでの私なりの感想など、こちらでも紹介したいと思います。

この頃、セッションで、宇宙人というキーワードも度々出てくるので、私はそこまで宇宙人に興味持っているわたわけではなかったけど、自分の中で興味がどんどん湧いてきているなって思っていたところでした。

『無価値観』って拭っても拭っても、いくら成功しても、それでも、それを拭いきれなくて、人は何かをやり続けようとしてしまうのかもなあ、なんてことを感じていたので、この無価値観のルーツの話はとても興味深かったです。

あ、一応、このyoutube観る時間がない人のために、内容をざっと書いておくと、
二ビル星のアヌンナキという宇宙人たちが地球に降り立った初めての宇宙存在だったらしいのだけど、
その人たちの目的は地球の「金」を発掘するためだったらしく、(彼らの星にその成分が必要だったから)
で、その金発掘のためにその時地球にいた生命体(霊長類?)とアヌンナキのDNA を掛け合わせて、今の私たちの祖先ホモ・サピエンスを作ったと。
ホモ・サピエンスは要は金採掘の労働者として生まれてきてて、その労働者が反逆をしたらいけないということで、そのDNAを操作して、自分たちが『神である』という絶対自己受容みたいな DNA のところがOFFになるようにコードされてしまったそうです。
これは宇宙犯罪にあたることらしくて、今は、アヌンナキは心を失うという罰(?)を受けているらしいのだけど、、、

そんなDNAに操作を入れられている私たちは、DNAレベルで『自分は無価値』って思ってしまう。ということらしいのですね。
そして、アヌンナキを神様として崇める事をさせ始めたらしいのです。

そこから始まり、何か、何か自分より偉大な何か、を(スピリチュアルな世界では、神とか、サムシンググレートとかでさえも)『自分より偉大な何か』を崇めるのが普通になっている、って話でした。

確かに〜〜、と思いましたね。サムシンググレートを上に見ること、ってもう、自分の中で当たり前すぎて、気がつかなかったことだったので、私にとっては、おおおおお〜〜〜!!!!
という、大きな気づきになりました。

親とか、先生とか、社長とか、そういう社会的に上の人を崇めることには、もう違和感を感じるようにはなっていたけども、サムシンググレートとか、宇宙人(エイブラハム)とか、に対して上に崇める気持ちって普通にあったなあ、普通にありすぎて、気づいてなかったなあって思ったのです。

私たちがこの情報を得れるのは、そろそろ、この操作の影響が切れていく頃だかららしいです。
『私は自分の世界を創造できる存在だった』って気がつく時がきているって♪

アルクトゥルス人(宇宙人)がアヌンナキのやってしまった事を暴露してくれている本らしいのだけど、そのDNAがオンになったら私たちにすごいことが起こる、ってことが書いてあるようです♪

つい最近も、とても大きな決断を迫られる出来事があったのだけど(これについてはまたシェアできる時がきたら書きたいと思います。)
その決断をするにあたって、ハッピーちゃんがこの話の中で言っているような、ハイヤーマインドの自分として、自分の出来事を見て、決断を下すということができたって思って、そんな自分をブラボーって思ってます。(→決断をした後で、うえーんって泣いたりもしたけどね。笑)

その決断を夫が聞いて「けいちゃん、やっぱりすごいな」と言ってました。

私たちは、自分が力を持っている存在だって本当に思う。
何か出来事が起こった時に、その高貴な存在としての自分はどう判断するのか、その一瞬一瞬が自分の人生をクリエイトしていくんだなあって思います♪






[PR]
by pineheath | 2018-02-08 11:30 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/29516716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 初♡IH パミラカン島に来ています~ >>