CS60初体験!!

f0128026_10440896.jpg

CS60って聞いたことありますか?


正式名称はCell Smooth 60trillionであり、Cはセル(細胞)、Sはスムーズ

(滑らか)、6060トリリオン(60兆)を表しています。


これは、今、知る人ぞ知る、、、って段階にある、未来器具(私が勝手にそう呼んでいるだけです)。

私が最初これのことを聞いたのは、主人から。

主人が、日曜日の朝、「これどう?」とCS60のホームページを見せてくれました。

そのホームページには、半身まひで車いす生活を送っていた人が施術を受けて歩ける

ようになったり、医者もさじを投げた膝の痛みが嘘のようになくなったり、言語

機能に障害があるのに、話せるようになったという体験談が山のように寄せられ

ていてびっくり。

体験者の中には、バレーボールの金メダリストの名も連なっていたり、これはすごい、っていう口コミで、難病の方のコミュニティーでこれの存在が広まったり、という現象が起きているみたいです。


とはいっても、

普通の常識的な感覚からすれば「そんなうまい話があるだろうか」「疑わしい」と感じてもおかしくないと思います。



で、私は、ホームページを見てすぐに、半信半疑ながらも、なにこれ~!!すごそう~!!と思ったので、主人がどこからこの情報を知ったのかを聞いて見ました。そしたら高城剛さんの有料メルマガだってことで、高城さんの記事を見せてくれました。


そこには、CS60の開発者の西村さんと高城剛さんの対談が載っていて、その話の内容から、私の中の「CS60やっぱり凄そう~~!!!!本当のものかも!!」の熱は、さらに高まったのでした。


その内容の中で、私的に、一番グッときたのは、このCS60の開発にあたって、どうやってイメージが出来上がったのか?って話の時に、

西村先生が『夢を見るんですよ』と言ったこと。


なんでも夢の中で具体的なイメージが出てきて、それを眠気まなこにメモ取りながら、開発を進めてきたそうです。で、その夢は、完成するまで見続けることができるって。

その話が聞ける高城剛さんのpodcastはこちら前編、こちら後編→めちゃ面白いから聞いて見て!!


これって、、、、私が愛してやまないIHの創始者マチルダと同じ!!!


マチルダは、IHは自分が作ったものではなくて、宇宙からダウンロードされたものって言っていますが、それはIHに携わる人はもうそうだろうな~~って感じること。これは人間業じゃないなって思うのです。


で、このCS60は、同じような過程で作られていると!!

なんだ〜宇宙からダウンロードして作った未来器具なんだ〜〜!!と。
そして、確かにホームページ読み漁っていたら、
シャーマンの話が出てきて、

以下抜粋

ネイティブアメリカンのシャーマンの情報

CS60の保持者になる前のある女性の話(現在はCS60保持者)ネイティブアメリカン・シャーマンから招待されて訪れた時にシャーマンが語った中に「天より地上に近未来の健康になる器具を下した」と語ったそうで内容がどうもCS60に似ているのでCS60の写真を見せたところ、「それだ!私が導き天から下した」と語ったそうです。

モンゴルのシャーマンの情報

モンゴルでは何年か前にシャーマンのお告げで天が開き先祖が下りシャーマンが増えたそうです。その為に自分たちの成果を確認するためにロシア製のオーラ計測器を使ってお祈りの確認をするそうです。

現地のシャーマンにCS60の施術をして、計測器で見ると施術前はオーラが全体的にぼやけていたのが施術後はオーラの輪郭がハッキリとしていて施術前後のオーラが明らかに違っていたそうです。

CS60が少しずつ世界に広がっている感じですね。来年はアメリカからアフリカ、フランスへCS60が進行して行きます。

と書いてありました〜。

やっぱり、宇宙からのものなのね〜〜と妙に納得。



この、西村先生が、また謙虚でとっても面白い方なのですが、どうやら発明家のようです。


昭和62年に設備工事自動化計画(CADCAM)の開発に携わり、平成2年溶接ロボッ

ト、切断ロボットを製造。

業界では「絶対に不可能」と言われていたロボットを開発したということで、平成9年には

建設業界で産業整備基盤より表彰を受けて、平成10年クローズアップ現代にも出演しているそうです。


周りみんな専門家が、そんなのできない!と言い張るので、「できるな!」とおもった、っておっしゃってて、笑えました。


それくらい偉業を成し遂げているけど、健康とかの方に興味を持ち始めて、アトピーに対するジェルを開発、そのときに、このCS60に向かうアイデアも出てきたそうです。


で、CS60って、テニスボールくらいの球体で、さらに丸い突起が出ていて、そこを患部にこすって施術するのですが、一体中身がどうなっているのか?って疑問が湧くのです。

でも、西村先生は、ブラックホールをイメージすればいいんです。だって~~。笑笑笑(もう訳がわからない!!)


ホームページには『身体の中に潜む酸化物質や老廃物を

真空掃除機のように身体の内部から吸い出すことで

細胞を活性させ、人々が持っている自然治癒力や免疫力を

最大限に引き出す施術器具


と書いてあるのですが、どうも、老化の鍵を握るミトコンドリアに作用するようです。


右手人差指の関節が動かない俗に言うバネ指(発条指)の施術で起きることが書いてあるのですが、


CS60」で施術するとミトコンドリアに異変が起きます。


CS60」の強力な磁界による吸引力で細胞内のプラス電位(細胞が固まる作用)を引き抜いてしまう。


活性酸素のせいで元気をなくして生命維持だけの発電しかしていなかったミトコンドリアが大慌てでクルクルとATP回転を始めマイナス電位-180mvの発電をしようとするが、プラス電位(活性酸素)で細胞が酸化し硬化しているので、ミトコンドリアはスムーズにATP回転できず施術箇所に痛みが生じる。


暫らく施術すると、マイナス電位の発生により細胞の軟化、消炎、鎮痛効果によりATP回転がスムーズになり痛みが和らぎ自己治癒力により人差指が施術直後に動く様になる~という流れ。


すごそうなのはわかったから、体験して見たい!!と思い、大阪の方で施主してくれるところに電話。最初お電話したら、接骨院の普通の予約と思ったようで、最後に、CS60の施術をして欲しいのですが、、、というと、あ、それなら担当の者に直接電話してください~!と、そして、なんと、その日で予約が取れた


で、直接西村先生にもお話を聞いて見たくて、お電話して先生ともお話しして見ました。

先生は、とっても気さくな方で、お電話で色々話をしてくださいました。


「今、ちょうど、毎週9年間通い続けているお宅へ施術に向かっているところなんだよー。」と。

そのクライアントさんは9年前は横断歩道も青信号のうちに渡りきらない位ヨチヨチ歩きしかできなかったけど、これに出会って、今では、颯爽と歩いている元気な方になったんだ~もう9年毎週行き続けているよ~」と。


その方はなんておっしゃってますか?と聞くと、「もう一生離しません!!」と言ってるよー、だそうです。

9年でものすごく若返ったよー、ッて、凄いです。


先生のところには、飛び込みでかなり遠方の方からも施術受けたくていらっしゃる方がいるようです。

「ホームページには書けないようなもっと凄いことも起こっているんだけど、さすがに書けないからなあ」、っておっしゃってました。医者からも、常識じゃあ考えられない、と言われていると。。。


さて、次の記事では、そのCS60を実際に体験したレポを書きたいと思います♪



f0128026_10435603.jpg






[PR]
by pineheath | 2018-02-27 10:51 | ヘルス・ウェルネス | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/29616543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< CS60体験レポ 『あなたは足りない』の呪い >>