キネシセッション特訓ワンデー@東京終わりました~!

まだ東京です♪

昨日は、キネシセッション特訓ワンデーでした。



昨日は、IHプラクティショナーの方も2人参加してて、キネシ習ったけど、筋反射に自信がまだ持てない、、、という参加者との兼ね合いがどんな感じになるかな~~?って思っていたけど、

結局は、バイオフィードバックを復習したら、みんなかなりすんなり取れるようになって、全体のエネルギーもとてもまとまった良いものになりました❤️


f0128026_11224886.jpg


クラスは11時から18時が予定だったのですが、最後の交換セッションを見せてもらいながら、参加者みんなでサポート入れながら、セッシィンの進め方を学ぶところで、ゆっくり時間かけたので、1時間半もオーバーしてしまった。。。


f0128026_11231606.jpg

でも、参加者の方たちは、学ぶところ多かったみたいで、皆さんの納得したお顔が嬉しかったです♪

やっぱり、話だけではなくて、実例を見せながら、リアル現場でのセッションを分解する形で見せるのはかなり意味があるなあって思います。

こうやって、交換セッションを皆で見ながら、目標設定に進めて行く方向性を見せて行く事ばかりをやるクラスなんかもとても学びが多いものになるに違いないな、って思いました。




私も、普段のセッションでは感覚でダーっと進めるところを言語化して説明し、セッション、特に、問題の核心を見つけていって、目標設定にまでつなげていくところは、IHのクラスでは学べないところなので、IHプラクティショナーの方にとって、セッションが深いものになるためにはかなり役立つものになったと思います。


もうセッションを始めているプラクティショナーの方も、「もう少し深くいけるんじゃないのか??」って何と無く思いながら、セッションを進めていたということがあったそうで、今回のクラスでは目標設定をどう進めていくかについて学びたい!ってご要望だったけど、クラス終わって、クライアントさんのさらなるベストをサポートすることがこれからできそうだ!ほんと、来てよかった!!と感想を言ってくれていました。


キネシのクラスをやっていて、本当にいつも思うことには、IHはもちろん(私の中で)ヒーリングの最高峰!って感じなのだけど、キネシのセッションも、かなり深いところに届くってこと。

今回も、最後の交換セッションでは、クライアント側として、IHのプラクティショナーの方が、プラクティショナーとしては、キネシ不慣れだといっていた方がすることになったのですが、なんの、なんの、深いセッションになりました。

クライアント側の方は、途中「なんか、わからないけど、涙が出る」って涙を流されたりして、深いヒーリングが起こっていることが見て取れました。


ヒーリングが起こる瞬間って、見ていると、本当に美しいエネルギーが発せられます。

なので、その場にいるみんなが見守っているセッションだと、皆で感動する感じになり、その場のエネルギーはとっても上がるんです。

こういう場を感じることができるのが、クラスをやっていての醍醐味だなあ~~って思います。


東京クラス、ご参加、ありがとうございました!!!!



昨日は、講座前に1セッションCS60体験施術、講座後に2セッションCS60体験施術を入れたので、夕飯食べて、お世話になっている広尾の社長さんところに帰り着いたのは、12時近くになってた~~


f0128026_11284960.jpg




体は疲れているけど、エネルギーが上がっている感じの、よく働いたけど、充実の1日でした!!!私妊婦だったっけ、と、宿について思い出した。笑


講座の感想を下に載せたいと思います!

みなさん、10段階評で10をつけてくれてる〜(嬉


キネシセッション特訓ワンデー、次は和束で5月30日です!!!


お申し込みはkeiko@purefoodpurebody.com


f0128026_11305044.jpg


f0128026_11305452.jpg


f0128026_11305945.jpg

f0128026_11310466.jpg


ではでは、行ってきます!


[PR]
by pineheath | 2018-05-18 11:34 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/29795368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< CS60 研修終了しました~~♪ CS60 研修レポ 木の霊の憑依 >>