産後の体にCS60

f0128026_19532991.jpg

さてさて、昨日は1ヶ月検診でした♪


愛茉(えま)ちゃんも順調に成長してくれています!母体も順調に回復しました!


今回お世話になった産院は前回のゆいちゃんの時にもお世話になった産院で、私が6人目の経産婦ってことで要注意人物だったこともあり、先生&スタッフもよく覚えてくれてて、皆さん、よくしてくれました。


1ヶ月検診終わって、先生が「もうこれで来ることはないのだけど、がん検診とかにも、また来てくださいね。あ、それか次があるのかな?」と笑っておっしゃってて、「いや、もう勘弁してください!!」と笑って診察室を出たのでした。

ああ、なんか、卒業~って感じで涙が出そうでした♪



なんだかんだ、高齢だし、多産婦だし、って気負っていたところがあったのかな~、無事1ヶ月検診で、母子ともに合格判定もらえたことに、ホッとしました。


出産にまつわることで大変なのって、つわりの時期、臨月、そして産後1~2ヶ月って私は思っているのですが、産後の1ヶ月が終わったことで、大変なのは、あとは産後2ヶ月目を残すのみに🖤



生まれてすぐの赤ちゃんって、おっぱい飲んで、ねんねして、ウンチして、おしっこして、おっぱい飲んで、ねんねして~~の繰り返しで、母親はそれにただただおつきあいするんだけど、2ヶ月もすると、赤ちゃんは随分反応良くなってきて、表情が出てくるので、毎日赤ちゃんに向き合っていても、ママとしての楽しみが増えてくるんですよね。


私は、生まれるまで、散々動いていたから、生まれたら、引きこもり生活(?)になることを楽しみにしていた部分もあって、観たいなって思っていたアメリカのドラマシリーズやなんかを散々見てるんだけど、そろそろ、それも飽きてきたかな、、、という今日この頃です。笑


愛茉ちゃんは、えらくいい子で、ゴクゴク飲んだら、よく寝てくれるし、沐浴も気持ちよさそうに入ってくれるし、おっぱい欲しくて夜中に目が覚めても、最初はごにょごにょ言ってるだけで、全然本泣きにならないし、で、ほとんど泣かないベビちゃんです。


昨日、1ヶ月検診に産院に行って、他の赤ちゃんがギャン泣きしているのを聞いて、あー赤ちゃんって、こう泣くんだったね~~四六時中、この鳴き声がいつ上がってくるか、と、ハラハラビクビクしていたこともあったな~~、なんて思ったのでした。


愛茉ちゃん、ほんと、泣かないわ。というより、泣くところまでが長い。笑。相当ほっといたら、泣くとは思うけど、それまでごにょごにょ言ってる。笑


だから、私は、家事が終わっていたら、おっぱい飲み終わって、寝ちゃってる愛茉ちゃんの横でなんかやっていることが多いです。愛茉ちゃんの寝顔観察したり、見ようとためていたDVD見たり、ドラマ見たり、また愛茉ちゃんの匂いかいだり(笑)そんなことばっかりしている。ほんとに、癒しの1ヶ月でした~。


夜中もしっかり3~4時間寝てくれるから、私は極度の寝不足にはなってないのだけど、やはり産後特有のなんとなく眠い~っていうのはありました。


でも、なぜか日中には、寝れなかったりしていたのです。寝だめしておこうっていう気持ちはあるのに、寝落ちることができない。。


でも、面白いことに気がつきました。

夜にCS60を全身当ててもらったりすると、その翌日は日中も眠くて眠くて、がっつり寝れちゃう。。それも、深くて質の良い睡眠をとれるんです。


CS60を受けられた方が「普段は睡眠薬がないと寝れなかったのに、CS60受けた後には、夕方6時から朝の6時まで睡眠薬もなしに、12時間ぶっとうしで寝ました!こんなこと、初めてです!!」っておっしゃってたのだけど、CS60を当てると、体の細胞が活性化するんですね~、ものすごい活動をするので、自分は全然動いたつもりじゃなくても、マラソンした後に、体が疲れるのと同じように、全身の細胞が働いてくれて、疲労して眠たくなるようです。あまりにも細胞が普段から動いていない方の場合は、だるさが数日続くってことにもなるようです。


そして、CS60受けて、細胞が活性化して、眠~くなって、寝た後、私の場合は体がいつもに増してかなり爽快になっています。


CS60を施術するだけではなくて、近くに施術者がいる(=夫が施術者)ということで、しっかり自分も施術が受けれる、というのは、ものすごい学びにつながっているなと思います。


施術しているだけでは、得られない情報を施術を受けることで、体感として得られることができることがかなりありがたいです。


例えば、強めに施術する場合と、弱めに施術する場合の体が受ける感覚の違い、効くところの違いなどは、受けて見て初めて感じることができることだなって思います。


弱めの施術は、表面が流れていいのだけど、やはり奥にある凝りに届きにくいと感じてます。相当時間をかければ、緩めの施術でも奥に届き始めるのかもだけど、30分とか重点的に、肩のコリをほぐすのに緩めに肩だけに施術しても、深部のコリが解消されません。で、通常は、1時間で全身をやるので、肩だけに30分とかかけてられないのが普通です。

でも、ここだ、というポイントをCS60で強く押し込んで、一度奥に届く道がひらけた感じになると、あとは緩めの施術でも奥から悪いものが引っ張り出されるんだな、と思います。弱いのがいい、とか、強いのがいい、とかいうのではなくて、やはりその使い分けなんだろうな、と。


でも、CS60の施術をこうやって受けてて初めて、自分の奥にある凝りなのか、表層のものなのか、が体感としてわかってきたので、初めてCS60を受ける方がそこまで体感覚で判別するのは難しいかな、と思います。

CS60を何度か受けるうちに、表面の鎧が取れてくる』という表現をよくするのだけど、その鎧というのは、表面の凝りともまた違っていて、麻痺しているというか、しびれている部分というか、そんな感じです。


ほんと、西村先生がおっしゃる、ペンキで分厚く塗られているみたいなものだ、と、そんな感じ。

それがあると、感じにくいのだと思います。


で、通常は私たちの体は、その鎧(ペンキ)をつけている状態なので、感度が低いのですね。

でも、CS60を当てることで、その鎧が取れて、感度が良くなり、表面が凝っている状態なのか、深部にコリが溜まっている状態なのか、が感じれるようになる、って流れなのかな、と思います。


そうそう、CS60施術し始めた当初の頃は、クライアントさんの悪いところにCS60 当てても、手にビリビリ来ることは感じれなかったけど、それも、いつの頃からか、手にビリビリ感じるようになったなあ、って思います。それも、私自身の表面の鎧がなくなったからだろうなって思っています。


さて、産後1ヶ月終わったので、こうやって、ぼちぼち、ブログも書き始めていこう、脳みそを作動させていこう~~と思っています!


主人のCS60の施術はなるべく水曜日に集中させていただいています~。

私も、体力的には、施術できる体力が戻ってきました~。変われる時には交代で施術させていただこうと思っています!


IHセッションの方は、産後2ヶ月たったくらいから、ぼちぼち再開していきます〜〜

お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com




[PR]
by pineheath | 2018-10-13 19:58 | CS60 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://pineheath.exblog.jp/tb/30103077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< [CS60] CS60の紹介ビ... 出産報告♪無事うまれました&#... >>