カテゴリ:自己実現( 88 )

☆自己実現 して来た経緯☆

わたしが自己実現 して来た経緯について、書いているものを集めてみました。
振り返ると、よくここまで来たなーって思います。。

•違うパラレルワールドに移ってきました♪ 

•魂が成長したら、感情の起伏がなくなるのか? 

•自分に集中する 

•あなたの周りのサポーター達 

•倭のタントラ@京都合宿を終えて♡ 

•愛する人々に囲まれて 

•[何か色々すごい!嬉しいびっくり♡リュウ博士がブログ紹介してくれてた!] 

•天河神社へ呼ばれました 

•秋分を超えて 

•子宮と宇宙と人間のお話上映会&シェア会@京都和束 のお知らせ♡ 

•すべての事は究極パートナーシップに行き着くのかも 

•自分の中の『心地悪い』を表現する 

•やりたい時にやりたい事をやりたいようにやればよかった 

•空気読まずに自分の話しをべらべらする人 

•倭のタントラ@京都リトリート 合宿のお知らせ 

•ハートに繋がる育児法 ママ♡ティーサロン開催のお知らせ 

•14筋ワンデークラスのお知らせ 

•雪乃さんからの特訓daysでした♪ 

•自分のドラマが好きですか? 

•KAORU(from NY) なでしこサロン♡@京都和束 のお知らせ♪ 

•自分メンテキネシ講座@京都和束 のお知らせ♪  

•自分メンテ講座@京都和束のお知らせ♡ 

•自分メンテ@東京とマスター2と大収穫 

•インナーチャイルドと恋愛と 

•自分メンテ講座 @東京 のお知らせ♡ 

•IH マスターコース in LA 報告♪ 

•クオちゃんの死と。 

•何からの妨害? 

•やりたい事が見つからない 

•なんか疲れた−って思うとき。 

•愛のある言葉で伝えていますか? 

•私は私が生きたいように生きている♪ 

•毎日が成長の為の課題 

•問題は距離?お金? 

•「愛」とか「好き」とか「性」とか 

•モヤモヤ大掃除〜IHセッション7月割引のお知らせ♡ 

•やっぱりヘルスセッションって好き♪ 

•何に焦点を当てて生きるかによって未来は全然違っているーその2 

•何に焦点を当てて生きるかによって未来は全然違っている 

•コミットメント/決めること 

•何があっても前をむいて生きる 

•完璧なんかじゃない! 

•大事なのは、今から未来へ続くベクトル 

•「やりたいっ!!」って思う事は魂が求める事 

•百聞は一見にしかず〜コーラに助けられ♪ 

•IHセッション−同じテーマでも深さが違うセッション 

•答えはいつも『そこ』にある 

•かみさまとのやくそく〜ここに生まれてくれてありがとう 

•現実化☆やれることは全部やって、手放す 

•東京でのセッション進行中です♪ 5次元の感覚で3次元に生きる 

•学びも大切だけど、実践、実践♪ 

•どんどん流れる現実♪ 

•幸せに向かって進む 

•感情は向き合ってから流す 

•流れに乗って進み中〜♪ 

•想いを現実に♪ 

•流れをかえるとき。 

•向き合うココロ 

•IHセッション事例&感想ー好きな人に対してセンサーが働かない 

•キネシのすごさ 

•直感力を鍛えていく 

•自分メンテ講座 進んでいます~♪ 

•心にまっすぐ生きるのはタフですか? 

•100パーセントで生きる 

•変化し続けていい 

•自分メンテ講座の感想♪ ソウルメイト♡編 

•向き合ってたら、ひとつずつ。 

•多面体な自分 

•やるっ!!って決める 

•自分が被害者と思っていたら、そこからは何も生まれない 

•漠然とした不安の正体 

•人生は、遊びである 

•IH セッション事例と感想−人の価値じゃなく、自分の価値を信じる。 

•「あなたはこうした方が言い」を受け入れる 

•動く原動力 

•IH セッション事例ー前進を止めるもの 

•NY 友達編 ♡ 

•押し付けないあげっぱなしの愛情 

•被害者意識を手放す 

•循環を止めない 

•伝わらない、でも伝えた。 

•本当はなんでもあり 

•思いっきり生きるという事 

•IHセッションー12.12.12 

•噛むことって大事!! 

•天城流湯治法 指導者育成/基礎過程コース 

•IH セッション事例ーいまの問題は過去からの投影 

•NYでのイベント&講習会報告 

•浄化の旅、In NY  

•支えあう事 

•クッキングクラス30回目 

•クッキングクラス29回目 

•NY 出会い編 

•IHプラクティショナー養成講座 再受講の報告 

•春休みです 

•☆Kids cooking class☆2回目&クッキングクラス23回目 

•Kids cooking class一回目報告☆ 

•クッキングクラス19、20、21、22回目 

•タロットとTGと その2 

•IH (integrated Healing) 感想 

•ホリスティック ヘルス カウンセラー 

•IHってすごい、キネシってすごい! 

•クッキングクラス17回目&ヘルスセッション 

•クッキングクラス16回目 

•クッキングクラス15回目 

•IH キネシオロジーの日々 

•クッキングクラス14回目 

•新月への祈りの勧め 

•ハロウィーン衣装&料理のお届け 

•天使の村からの贈り物 

•クッキングクラス13回目 

•クッキングクラス12回目 

•こころから信じる事 

•クッキングクラス11回目 

•アメリカ生活*子供の習い事*このごろ 

•夏休み明けのクッキングクラス&ヘルスカウンセリング 

•前進させてくれる一言 

•Setsuさんとのデート 

•Setsuさんとのセッション 2 

•Setsuさんとのセッション 

•今日はどこへ! 

•クッキングクラス9回目/ヘルスカウンセリングセッション 

•クッキングクラス8回目 

•クッキングクラス6、7回目 

•出会い、受け取るべきメッセージ。 

•1からはじめるキネシオロジー 凄かった!! 

•父 in アメリカ 

•クッキングクラス5回目 

•EFT( エモーショナル フリーダム テクニック) 

•クッキングクラス4回目 

•ビジネストーク 

•私の弱点 

•嬉しい報告! 

•クッキングクラス 2回目 

•初めてのクッキングクラス!! 

•IIN栄養学校、いよいよモジュールスタート! 

•2010年もあと数時間 

•ヘルスカウンセリング 

•タイムマネージメント! 

•事務仕事~ 

•Skypeセッション 


[PR]
by pineheath | 2018-12-21 16:37 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自己責任と幼児性

f0128026_04191550.jpg

今日は、午前中のカウンセリングセッションでも午後のIHセッションでも自己責任とか、コミットすることに関する話が出てきたり、私の中でもそこにまつわる出来事があったりたので、ちょっとそこら辺について書いてみたいと思います。


自分が関わることに対して、自分が責任を持つと言うコミットをしていない状態のまま、なんとなく関わり、なんとなくやり過ごして、


その時に、何か問題が起こったとして、


そういう流れで進んでいた場合、人は、「その責任を自分が請け負います!!!」という能動的な気持ちになるよりも、


「誰か、何かのせいでそうなった!」と外側に責任を押し付けようとしてしまいます。


これって、誰かのせいで~とか、何々のせいで~~と外側に文句を言っている限り、自分に向き合う必要はないので、楽なのです。


で、それをやってしまうの事の発端を突き詰めて行くと、それは、自分がそのことに責任を持つってコミットしていないのに、それに関わっている、要は、自分が自分の内側に軸を持たない状態で、それをしてしまっていることに行き着くのですよね。


何かをする、と決めたのなら、それを自分が自分の責任でやるって決めていること、そうすると、能動的に物事に対処して、自分の頭を働かせることになるのです。


最初は、母親との関係が発端だったりするけど、自分が幸せではないことを誰かのせいにして生きる癖がついてしまうと、

自分の幸せのためには絶対必要になってくる、『自分で自分の幸せの責任を取る』ってことを、誰かに預けてしまうことになる。

で、それによって、ますます幸せの循環とは、反対方向に回路を回しているもんだから、こんなはずじゃない、って人生が続いて、それを、誰かのせいにする、外側のせいにするという『逃げの思考』から抜けられないまま、ますます、上手くいかないことへの怒りを外側に募らせることになって行く。


もちろん、無力な子供の自分をコントロールして、自主性を奪ってしまったのは、そもそも母親を中心とする人だったりするんだけど、それに対して、復讐するために自分がさらに不幸せな循環を回し続ける、復讐の人生になる、というのは、本当にもったいないことだと思います。


最初、何があったとしても、どんなに辛い子供時代だったとしても、その時のせいで、私は~~と言い続ける人生にするのか、

今、大人になった自分として、自分の人生の幸せの責任を自分が取ると決めるのか(過去から受け持ったお荷物を持ったままであっても)


その選択権は、いつだって自分が持っているんです。


私には5人の子供がいるのだけど、子育てで大事だなって思っていることって、『どうしたい?』ってその子の自主性を尊重してあげることだなって思っています。

その本人の意思で選択したことが、失敗と思えることに終わっても、そんなことは関係ない。だって、道の過程で、失敗はつきものだし、そんな中からしか、人は学べないから。

で、その時に、失敗した悲しみは一緒に受け止めてあげるけども、解決をしていくには?って所を模索させることが大事かなって思っています。

模索して解決していくってところは、考え方の部分が大きいので、ネガティブになりそうだったら、励まし、学びは何なのか?ってポジティブな側面に焦点を当てるサポートをしていく。


自分でやってみて、失敗しながらでも、進んでいく、その自己責任で物事をやる練習ができていると、『失敗しても、また立ち上がれる』というところに自信がついてくるので、力強くなってきます。


自己責任で物事がやれるかどうかって自己信頼とつながってくるし、それには自分の幼児性と対峙できていないといけないのかなって思っています。


幼児性が強いと、自分で決定せずに誰かの責任の元で生きようとする。そして、その時の不具合を相手にぶつける思考になってしまうのですね。自分の幸せの責任を自分が取らない思考になるのです。

それはある意味楽、だって、誰かのせいにしておけばいいのだから、でも、本当の意味での幸せにはなれないのです。

だって、まず、自由ではないから、誰かに頼ることで生きるって構図が潜在意識的に生まれているので、どうしても枠が狭くなる、自分が枠を取っ払って、本当に自由にできるのだったら、どうしたい?って思考を元に生きることをしなくって、まず、頼るべき誰かの存在の枠の中で自分のまあまあの幸せを獲得しようとしてしまうのですね。

そして、『頼って当たり前』の思考がどこかにあるので、自分の尻拭いを誰かにさせることに対して、違和感を感じないのですね。


今日の午前中のセッションは、自分メンテ養成の一コマのカウンセリングセッションだったのだけど、その中で「自分にとって嫌だと思うことはなんですか?」という質問をしていて、その時に、彼女が「自己責任が取れていないやり方をする人だ」って言っていました。

彼女はとても自立している、素敵な方で、自分が精神的に自立すれば自立するほど、上に書いた幼児性の高い人に対して、それ違うでしょ!って違和感を感じるようになるのですよね。


あ、で、ここでちょっとお話ししていたことの中に、それってジャッジに当たるのか?って話をしたのですが、『自分とはどんな存在でありたいのか』という、自分のこうありたいという姿、自分の美学に反したことに対することとして、違和感を感じたり、嫌悪感を生じる、ということは、自分の中に、その要素があったら、自分が嫌だと思うことなので、ちゃんと、ノーをいう必要があることなのですね。

「何かをジャッジするのは良くない」って言葉があったりするけど、それっていうのは、自分の成長を妨げるような、不必要な信じ込みから来る批判のことなのです。

だから、何かに対して、モヤっとした感情が湧いたからといって、それは、自分が不必要な信じ込みを持っていることの証拠とは限らないのだよーって話をしていました。両方あるってことなんですね。

不必要な信じ込みを手放すタイミングに来ていて、何かに対して、モヤモヤするのか、それとも、自分の美学に反しているからそういうのは嫌だ!って反応をしているのか、結構見極めが難しいと思うけど、前者の場合は、モヤモヤしつつもなんか気になる、、、って感じがする傾向があるかなって思います。そして、後者の場合は、そこに嫌悪感に近い感情がわくなって思います。


さてさて、話を戻すと、


自分の幼児性と対峙して、自立して、それによって何より大切な自己信頼が生まれてきて、自己責任で物事に対して向き合えるようになる、

だから、自分がやると決めることは=自分がやりたいことだと、自己責任を取る覚悟がつくことなので、自分がそれをやるんだ!って自分を軸に言うことができる、って流れなのかな、それか、それらは同時に成長することなのかなって思います〜。


今では、自分の幸せの責任を自分で取ることを決めて生きている私ですが、こんな過去もあったなあ(今では、過去生のように感じる話ですが


こんな記事も書いたなあ。(今ではまたシステム変更があったので、このシステムで回してはいないのですがね♪)





[PR]
by pineheath | 2018-02-18 04:24 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

無価値観はDNAレベル

今日、朝からハッピーちゃんがバシャールに質問して確認した内容だ、というyoutubeを見てて、とても、興味深いことを言っていたので、ぜひみて観てほしいなと思い、こちらでシェアします。



ハッピーちゃんが読んだという本『アルクトゥルス人より地球人へ』私も、早速アマゾンで注文してみました。
また、読んでの私なりの感想など、こちらでも紹介したいと思います。

この頃、セッションで、宇宙人というキーワードも度々出てくるので、私はそこまで宇宙人に興味持っているわたわけではなかったけど、自分の中で興味がどんどん湧いてきているなって思っていたところでした。

『無価値観』って拭っても拭っても、いくら成功しても、それでも、それを拭いきれなくて、人は何かをやり続けようとしてしまうのかもなあ、なんてことを感じていたので、この無価値観のルーツの話はとても興味深かったです。

あ、一応、このyoutube観る時間がない人のために、内容をざっと書いておくと、
二ビル星のアヌンナキという宇宙人たちが地球に降り立った初めての宇宙存在だったらしいのだけど、
その人たちの目的は地球の「金」を発掘するためだったらしく、(彼らの星にその成分が必要だったから)
で、その金発掘のためにその時地球にいた生命体(霊長類?)とアヌンナキのDNA を掛け合わせて、今の私たちの祖先ホモ・サピエンスを作ったと。
ホモ・サピエンスは要は金採掘の労働者として生まれてきてて、その労働者が反逆をしたらいけないということで、そのDNAを操作して、自分たちが『神である』という絶対自己受容みたいな DNA のところがOFFになるようにコードされてしまったそうです。
これは宇宙犯罪にあたることらしくて、今は、アヌンナキは心を失うという罰(?)を受けているらしいのだけど、、、

そんなDNAに操作を入れられている私たちは、DNAレベルで『自分は無価値』って思ってしまう。ということらしいのですね。
そして、アヌンナキを神様として崇める事をさせ始めたらしいのです。

そこから始まり、何か、何か自分より偉大な何か、を(スピリチュアルな世界では、神とか、サムシンググレートとかでさえも)『自分より偉大な何か』を崇めるのが普通になっている、って話でした。

確かに〜〜、と思いましたね。サムシンググレートを上に見ること、ってもう、自分の中で当たり前すぎて、気がつかなかったことだったので、私にとっては、おおおおお〜〜〜!!!!
という、大きな気づきになりました。

親とか、先生とか、社長とか、そういう社会的に上の人を崇めることには、もう違和感を感じるようにはなっていたけども、サムシンググレートとか、宇宙人(エイブラハム)とか、に対して上に崇める気持ちって普通にあったなあ、普通にありすぎて、気づいてなかったなあって思ったのです。

私たちがこの情報を得れるのは、そろそろ、この操作の影響が切れていく頃だかららしいです。
『私は自分の世界を創造できる存在だった』って気がつく時がきているって♪

アルクトゥルス人(宇宙人)がアヌンナキのやってしまった事を暴露してくれている本らしいのだけど、そのDNAがオンになったら私たちにすごいことが起こる、ってことが書いてあるようです♪

つい最近も、とても大きな決断を迫られる出来事があったのだけど(これについてはまたシェアできる時がきたら書きたいと思います。)
その決断をするにあたって、ハッピーちゃんがこの話の中で言っているような、ハイヤーマインドの自分として、自分の出来事を見て、決断を下すということができたって思って、そんな自分をブラボーって思ってます。(→決断をした後で、うえーんって泣いたりもしたけどね。笑)

その決断を夫が聞いて「けいちゃん、やっぱりすごいな」と言ってました。

私たちは、自分が力を持っている存在だって本当に思う。
何か出来事が起こった時に、その高貴な存在としての自分はどう判断するのか、その一瞬一瞬が自分の人生をクリエイトしていくんだなあって思います♪






[PR]
by pineheath | 2018-02-08 11:30 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

パミラカン島に来ています~

f0128026_22410857.jpg

土曜日午前中に対面のIHセッションを終え(もう、感動のセッションでした~♪)、その後、1時間ちょっとで用意を済ませ、いざフィリピン、パミラカン島へのバケーションに出発しました

雪がちらつく、めちゃ寒い京都から、インド綿のワンピースでも、汗ばむくらいの常夏の地へ~。文明の恩恵、飛行機ってほんとうにすごいですね。ありがたい。


今回は、マニラに深夜についたのだけど、友人の計らいで、なんとpoliceバッジつけた人が、迎えに来てくれてて(!)、入国審査も長蛇の列の横をスルスルと通り抜けて、一切待たずに通過でき、至れり尽くせりの旅の始まりでした。

子供たちは深夜なので、二人揃って大爆睡だったため、ものすごく助かった~。


その夜と、次の夜は友人が、所有のホテルの部屋に案内してくれて(ホテルの部屋を持ってるって、って、これもまたびっくりですが、笑)、美味しいフィリピン料理の店に散々連れて行ってもらい、そして、マニラからタクビララン空港に飛ぶのに、マニラ空港までふたたび連れて来てもらってのボホール島への移動。

あ、ちなみに、目的地のパミラカンへはボホール島のタクビララン空港から車で30分くらいのバクライオンという町の港まで移動し、そこからパミラカン島へ船で移動、という行程になります。


タクビララン空港までは、パミラカン島でお世話になるコテージのオーナーがJuniorがお抱えのタクシーでおむかえに来てたので、なんともスムース。


今回は、前回友好を深めることができたので、エージェント通してではなく、宿のオーナーJuniorとNemesiaと直接やりとりして、滞在予定を決めたので、私たちの飛行機が到着する時間に合わせて迎えてくれたのでした。


船着き場には、Juniorの船が、若い男の子たちと待っていてくれて、寝てる唯ちゃんを抱っこしている私を皆で抱っこして船に乗せてくれて、(小さな船だから、飛び乗らないといけない感じで)大変な行程なのにもかかわらず、すべてスムースに進み、夢のパミラカン島へ到着しました~~~!!


あ!笑、一つアクシデントがあったといえば、あった、あった!

マニラ空港からタクビララン空港に行くときに、両替をしておかなきゃね、って話していたのにもかかわらず、あまりに唯ちゃんがギャンスか言ってて、気がついたら、搭乗口にまで来てしまってて、「しまった、お金両替していない!」ってことに。あと30分で出発だけど、まだ、搭乗始まってないってことで、チェックインのところに戻って、両替してくる!と、夫。彼のパスポートと、チケット持って、両替しに行ったのです。

でも、待っても帰って来なくって、いよいよやばいかなあ、って思って、私は搭乗口まで進んで(もう皆登場し終わってる)どうしよっかなあ、、って呑気に子供二人と待ってたら、なんと、血相変えて夫が搭乗口からこちらに入って来ました。

なんと、両替はとっくに終わってて、でも、待合場所に私たちの姿が見えなかったとかで、飛行機に先に乗ってしまったのかと思ったらしく、彼も飛行機に乗ったけど、席についても、誰もいない!!!ってことで、超焦って戻って来たらしい。

結局、全員で揃って飛行機に乗れたって結末だったのだけど、その時は、超~~焦った夫だったと思うけど、後では、笑い話で、なんだか、人生って本当にそういうことなのかもなーなんて思ったのでした。


その時は、もちろん超必死なのだけど、いつも、なんとかなるし、後から振り返ると、その超必死だったことも含めてめちゃくちゃいい思い出になっている、って。思うんですよね~


きっと、VIP待遇なことよりも、そうやって超必死になったこととかの方がいい思い出になってたりしてねー。笑


夫とは、「一人でパミラカン行ってどうするんだって思った~?」なんて言って大笑いでした。


パミラカン島では、ひたすらのんびり~~~♪に過ごしています。

とは言っても、子供のペースもあるから、それに合わせつつだけどね

f0128026_22410318.jpg


目の前には海が広がってて、砂浜はサラサラで、木陰に入ると適度に涼しくて、3食ご飯作ってもらって、ビール飲んで、ココナツジュースを木からココナツの実を落としてもらって、穴開けてもらって飲んで、ひたすら幸せな時間を過ごしております。


子供たちが海に飽きたら、島の中に歩き回ってるニワトリとか、猫とか、犬とか、牛とかを見に散歩して見たり。

木陰の砂浜に敷物引いて、持ってきておいた、バービー人形砂に埋めて遊んだり。笑。子供たちも、ここののんびりペースに適応して、のんびり遊んでいます。

遊んでいたら、島の子供たちがよって来て、ちょっと一緒に遊んだり、その時にお母さんと少し話したり、島の人は、とてもフレンドリーです。




お昼寝も、部屋のポーチ部分にハンモックを吊るしてもらって、そこで寝るのが気持ちがいいとわかったようで、めでたしめでたしです。お昼寝だけではなく、夜も寝かしつけはハンモックになりました。


そして、私の楽園ポイントその2としては、マッサージ~~1時間が350ペソという日本に比べたら破格のお値段で、丁寧なマッサージが受けれます。350ペソにチップを50ペソ入れても、日本円で800円くらい。

来てから毎日誰かにマッサージしてもらってて、みんな、スウェーデン式マッサージなんだけど、人によって、ちょっと技術は違ってて、でも、3日目の夜、とっても上手な60歳位のおばちゃんに出会いました。ということで、そこからは、そのおばちゃんにお願いすることに。

なんかねー、そのおばちゃん、懐かしい感じがするんですよね。なんかあるのかしら?とか思いつつ、マッサージを受けてます。


今日は、朝、ドルフィンウオッチングに行き、たっくさんのイルカたちが泳ぐのを見て、夕方には保護区域に案内してもらって、そこをシュノーケリングして楽しみ、その後、島を一周しながら、ジンベイザメを探しに行ったのだけど、夕日とともに出て来たのは、ジンベイザメではなく、なんとマンタでした!!


なんとも幻想的で、ゴージャスな時間でした。

そうそう、シュノーケリングの時は、Nemesiaと彼女の4歳の娘のジェンが船に同行してくれてて、みこちゃん、唯ちゃんと船の上で遊んでいてくれたので、ゆっくりシュノーケリング楽しめたのも、良かった♪みこちゃんはジェンとすっかり仲良しになって、言葉の壁を超えて遊んでて可愛かった~


結局、2日連続、夕方のシュノーケリングとジンベエ鮫探しは行って、2日目はシュノーケリングの時に大量のアジの群れに遭遇したり、感動的でした。


こういう旅は、子供の機嫌が良ければ、本当に楽しいなって思います。

今回は、みなさんの協力のもと、3歳と1歳連れの旅にしては、本当に色々楽しめてて、大満足な旅になってます~。ありがたいです。

f0128026_22405786.jpg



ボーッとしていると、空中に浮いている何かが見えてくるから面白い。プラーナも見えるのだけど、それとは違って、小さな小さな丸いもの、それなんていうものなんだろう?


メールなどは、1日1回はチェックしているのですが、直感を使って食べるメールレクチャーの感想が寄せられてて、嬉しです♪メールレクチャーから何か気づきがあり、次を楽しみにしてくれているという感想を聞くにつけ、これを作って良かった!って思います。

食べ物とニュートラルな関係を築いて、食事を楽しむことは楽しんで、あとは、生活の中の楽しいことに気持ちとエネルギーがむくって大切なことです。

こういう普段慣れ親しんだ食べ物ばかりが食べれないところでも、郷に入れば郷に従えで、満足するだけ(そして、満腹すぎる様態ではないくらいの)食事を楽しみ、食事が済んだら、楽しむことに意識がいって、食事のことを忘れていられる状態って、意識が活動にちゃんといってて、100パーセントその活動に向き合える感じがやっぱりいいなって思ったのでした。


こうやって、バケーションの時にも、メールシステムで、メールがお届けできることとか、今、ここに、こうやっていることって、どれだけの恩恵の上に成り立っていることだろうって思います!


『直感を使って食べる』無料のメールレクチャーはこちらです。


さて、パミラカン島の滞在もあと1泊~だいぶ、日常を忘れております、、、大丈夫かな。。笑

日頃、走り続けている感があるので、こうやって日常から離れて、ボーッと過ごすことって本当に大切な時間でした。


でも、そろそろ、日常に戻ることにワクワクして来ました!そして、なんか恋しいのが、和束にある銭湯。笑

多分こちらでは、毎日、潮風、海水にまみれて、水が少ないところなので、雨のため水で体を流して終わりなので、熱いお風呂に浸かりたいのかな~♪

日本は寒いのかなあ~~。


 








[PR]
by pineheath | 2018-02-02 22:55 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自分の波動が上がったはずなのに、嫌な現実が起こる時

f0128026_14345064.jpeg

例えば、ヒーリングなどを受けて、とっても気分が上がったり、講座を受けて気分が良くなっていい波動に整えたと思って、『私はなりたい自分になれるんだ!』ってワクワクしている時に限って、現実に引き戻される事が起こる事があると思います。


『ああ、私って、こんなにもお金稼げるくらいの私なんだ~!!!』とか、『理想どうりの彼氏ができる私なんだ~!!!』ってワクワクしているのにもかかわらず、

突然、忘れていた、高額な請求書が届く~とか、自分の素敵だと思っていた人が誰かと結婚するって情報入ってくるとか、、ね、そんな、引き戻されるようなことが起こるのです。


これってなんでそれが起こると思いますか?


現実に引き戻される、せっかく進もうとしていた方向があったのに、振り戻しにあうような、『THE 現実』を目の当たりにする。


その時に、「ああ、やっぱり、高望みした私が違うんだ。あなたの現実はこれでしょって、釘を刺されたわ、、、」って、『自分が望んだことは大それているぞ!』ってことが宇宙からのメッセージだと思ってしまう人って多いと思いますが、それって、大大大大勘違いです!!!。


現実はあなたがいい気分でい始める前から、そこにあって、あなたの周波数がその現実があったところからヒーリングなどを受けて、『いい気分』の周波数に変わっただけなのです。


その周波数を持って現実を見たら、そこには自分の周波数と合わなくなった周波数が作った現実が存在しているのは当たり前なんですね。


逆に、その目の当たりにしてる『THE 現実』に、今ははっきり、『引き戻しに合う』という感覚を持ったけれども、前は、それが『当たり前』な感覚だったでしょう?

『あなた』の周波数が目の前の現実とずれて、求める世界の周波数にあってることの証拠です。


で、その時に、THE現実』の周波数を受けて、『やっぱり私なんか、、、』と、悪い気分の周波数に、この脈々と続いてきた周波数に合わせ直すと、さあ、どうでしょう、せっかく求める世界の周波数にあったのに、また、もう欲しくない現実の方に合わせ直しちゃって、結局、次やってくる現実も、その今まで通りの脈々と続いてきた現実を受け継いだ現実になってきます。


だからね、自分の波動が上がって、いい気分でいる時に、悪い現実が押し寄せてきた時にはその現実に引っ張られて嫌な気持ちになる必要なんか、ないのです。というか、それをするから、揺り戻しを受け入れて、悪いサイクルから抜けられないのです。


セッションの後には、『前向きな気分』『いい気分』『なんか、スッキリした気分』そんな気分になります。それは、あなたの波動がセッション前に発していた波動から、求める世界の波動にシフトしたから。

そう、あなたは目の前の現実が動くより先にシフトしているんです。


目の前の現実という鏡の中の世界が変わるのは今後です。今、シフトしたあなたが、シフトした状態で行動を起こすと、その状態が鏡に映りますよね。それであなたは、現実が変わったと認識し始めるんです。


だから、最初はね、すぐに現実が変わらない、やっぱり私って、、、って目の前の現実に引っ張られることなく、自分が手に入れた波動を維持することに徹してください。


そんな、徹してください、って言っても、何も難しことをする必要はなくって、

あなたがするべきことは


それはただ、ただ、『いい気分でいること』

疲れたら寝て、目の前の嫌だなっと思うことがあったら、どうやったら、楽しいかな?って想像して、自分を責めるサイクルを手放して、ただ、ただ、いい気分でいることを、今、選択するんです。


『無意味なことをするのは意味がない』ってジャッジを持っていると、自分がホッとしたいと思っても、休憩することに罪悪感が湧くし、そして、それが自分を『いい気持ち』とは反対の『嫌な気分』にさせるのです。


いい気分でいることを選択しようとすればすするほど、自分の『信じ込み』『観念』が、それを邪魔しているということに気がついてくる。

だから、その信じ込み、観念を解き放つことを、IHセッションではやっている、ということなのですね。

一つ一つの観念が外れていくと、激変してきます。

本当の魂レベルでの自分、宇宙と繋がっている自分、内なる存在としての最高最善の自分、言いかたは何でもいいけど、その自分が求めている世界って、頭で『自分なんてこれくらい』と思っている自分よりも、もっと、最高で、もっと、頭で考えると、顎が外れるような、そんなレベルの自分だったりします。笑


セッションを続けていると、それが見える瞬間に立ち会うのですね。

自分ってこんなすごいの!ってそこに行くのが恐ろしい気もするけど、でも、それはすごくワクワクする、っていうか、それが私が求めることなんだ~~~って、自分がそれを求めているってことを、『自分で分かる』んです。


この過程は本当に見ていて美しいし、感動です。


セッションで求める方向の自分に波動を調整したら、その自分の波動を維持していください。


あ、それと、ここも勘違いが起こりやすいところなのですが、『いい気分でいる』っていうのは、エネルギー的にいい気分でいるということなんですね。

ここがちょっと、難しいから、悪い気分になるからあれやっちゃダメ、これやっちゃダメって自分を縛りがちになって、それが、逆に自分の波動を落とす結果になってたりするんだけど、


例えば、すごく極端な例としては、とても悲しいことが起こった、例えば、大切な人が亡くなったとか、そういうことが起こった時に、『いい気分』ではいられないですよね。

悲しいし、その人がこの現実世界にいなくなったことが寂しい、その気持ちに浸ることは、一切ネガティブなことじゃないのです。なんなら、それは浸りきるのがその時にできる最大のことなのかもしれません。その悲しみに浸っている時、エネルギー的には『いい気分』なのです。『いい気分』と書くと、何か語弊がありそうだけど、エネルギー的に『悪い方へ自分を引っ張るエネルギーではない』のです。


ではこんな例はどうでしょう?

上司に怒られて、友達からも嫌なことを言われて、落ち込んでいる、そんな時に、『ああ、いい気分でいなきゃいけないのに』『気分あげよう、気分あげよう!!ああ、でも、ああ言われたな、こう言われたな、、、気分上がらない、、、ああ、でも、嫌なことは考えない、よし、いいこと考えよう』って焦る。

無理やり気分を上げようとすること、見たくないことに蓋をして、気分いいを装うこと、それは、エネルギー的には『いい気分』ではないです。

それをやってしまおうとするのは、『落ち込んでいてはダメだ』って信じ込みがあるから。

落ち込んでいいのです、どっぷり、どっぷり、自分はどう感じたのか、感じ切ること、自分の感情に蓋をしないこと、それをしている時のエネルギーは負に傾くことにはならないのです。


本当の自分を受け止めたり、表現してあげていないことはエネルギー的に「いい気分』ではありません。


悲しい最中にいる時、落ち込みの最中にいる時、そんな時は、自分に寄り添うことがエネルギーを上げていくコツです。

そして、エネルギーが上がってきたら、「どうやったらもっといい気分になれるかな?」ってもっといい気分を探せるようになってきます。


そろそろ、年の瀬、今年も大詰めという感じで、色々起こったりしていますね。

来年も大躍進の年にしていきましょうね~~。


年始の8800円セッションはあと3人いけます~。もう、その破格で募集することはないと思いますので、ご興味のある方は、ぜひ
keiko@purefoodpurebody.com



[PR]
by pineheath | 2017-12-22 14:38 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

人生なんてクソだとしか思えない時


頑張っている自分


努力している自分


達成していっている自分


ちゃんとしている自分


ちゃんと料理する自分


ちゃんとお肌のケアする自分


ちゃんとヨガする自分


ちゃんと家を整えている自分


丁寧に生きる自分


人に優しい自分


子供に優しい自分


Etc, etc, etc…


そんなことがどうでもよくなる時がある。


そして、


頑張んなくてもいい


努力しなくてもいい


達成できなくてもいい


ちゃんとしなくていい


ちゃんと料理しなくていい


ちゃんと肌のケアしなくていい


ちゃんとヨガしなくていい


家なんて整えなくていい


丁寧なんてクソ喰らえ


人になんか優しくしたくない


子供にだって優しくしたくない

Etc, etc, etc,,,



としか思えない時ってありますよね。



でね、どっちの自分だって、それで大丈夫なんです。


上のように、『より良く生きる❤️私頑張る!』ばっかりなんて、できるわけない。


それには揺り戻しが必ずあるのです。


『より良く生きる❤️私頑張る!』の自分しか認めれていないと、『人生なんてクソだ!!!』と思えてしまう自分を『自分』が許せなくなる。


ここで、自分と自分が仲違いしてしまうんですね。


それで、いい状態の自分にはオッケイ出せるけど、落ちてると感じてしまう自分はオッケイ出せない、否定してしまうことになる。

つまり、自分が『丸っと自分』を受け入れていないってことになる。


それって、『褒められるために頑張る』『認められるために頑張る』をやってきた子供の頃と、全然変わらない。自分に褒めてもらえるために、自分に認めてもらうために、『頑張る私』をし続けるのは、何か見たくない自分の部分から目を背けるために、無理して頑張っているのと同じなんですね。


『人生は意味があるものだ』って、思いたいのだけど、その『意味』をつけるのは自分でしかない。


『素晴らしいことやってなんぼ』

『人のためになれてなんぼ』

『努力してなんぼ』

『成功してなんぼ』

『怠け者は良くない』

『お金稼げないといけない』


自分が持っている、知らず知らずの信じ込みが、『自分がただただ幸せで生きる』ことを邪魔している。


人生で感じることができるのは『今』だけで、その『今』を感じる、五感を使って味わうことに、素晴らしいこと、も、素晴らしくないこと、も、存在なんてしないんですよね。


大勢の人前で、感銘を与えるようなスピーチをしている瞬間も、その高揚感が素晴らしいだろうけれども、

あったかい布団にくるまって、ぬくぬくしているその瞬間も、その肌触りと、温度と、心が緩くなる感じを感じきる、そこに浸れる、かけがえのない素晴らしい時間。


だって、きっと、冬の戦場で、命を落とした戦士たちは、そのあったかい感覚を渇望して亡くなっていったと思うから。その戦士たちは、人に感銘を与えるスピーチをしている自分の感覚を渇望しては死んで行かないんだろうな、って思うから。


私たちは、それを味わえる、十分幸せな環境に生きていると思う。


だから、自分にとっての、もういらない信じ込みを手放すこと、そして、今あるこの幸せを感じきること、それが幸せってことなんじゃないのかな、って思います。


『どんな自分でもオッケイ』

どんな自分でもオッケイだと、自分を自由にしてあげた時に、あなたはじゃあ、今、何したい?

自分が選択できる範囲の中で、自分の最高の幸せを選択していってください


いきなり、お金もないのに、『世界一周旅行』とか言わないで。笑。


それって、よくありがちなことなんだけど、大切なのは、『今の自分の選択できる範囲』での最高最善を選ぶこと。


そして、それを選べることのありがたさを感じてみてください。


世界一周できないことを嘆くのではなく、


ぬくぬくの布団で寝れることを、


あったかい服に包まれることができることを、


手をつなぐ子供がいることを、


食べ物がすぐに手に入ることを、


今ある、自分の既に持っている選択肢に感謝をするんです、そして、それを五感を使って感じきり、最高にいい気持ちでいること。


そこから善循環が始まります


うん、来年の末には、世界一周しているのかもね♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


⭐️明日くらいには(→アバウト。笑)LINE@ でお楽しみ企画配信するよ〜。登録しておくと、楽しことあるよ!乞うご期待っ!

Line@の登録は


@rlo4165i


また次のQRコードで検索お願いします♪

f0128026_11361971.png


⭐️『今年もありがとう割引』申し込み受付中です♪


お申し込み期限:12月13日(水)まで


❤️IHセッション


       1セッション20,000円→18,000円

       3セッション60,000円→54,000円

       5セッション100,000円→80,000円

       10セッション200,000円→150,000円


❤️ホリスティックヘルスセッション


 ホリスティックでエナジーアップ (1回のトライアルセッション)3000円→2000円

 3ヶ月コース(60分のセッションX6※うち1回をIHに変更可)60000円→54000円

6ヶ月コース(60分のセッションX12※うち2回をIHに変更可)120000円→96000円


❤️クラスやセッションに使えるクーポン

30000円ぶん→25000円


セッションやクラスでお会いできることを心から楽しみにしています。


お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

までお願いします。









[PR]
by pineheath | 2017-12-08 11:01 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

行ってきます!

わーい!やっと、ここまでたどり着いた♪

後少しで子供たちのお迎えをして、福岡に向かいます〜!

子供お迎えまでの残り10分、やっと、準備も整って、机にホッと座ることができています。

今回の旅は福岡→LAバケーション&IHマスターコース4受講→福岡&九州バケーションって感じで、こちらには12月の頭に帰ってきます。
チビさん達2人を引き連れての電車、新幹線、飛行機〜〜って、どんなことになるのか、チャレンジでもありますが、でも、随分としっかりしてきた(笑)3歳と1歳なので、一緒に楽しんできたいと思います♪

そう、そして、今回は、私の両親も一緒にアメリカに行くということで、ちょっと親孝行になればいいなあって思っています。

アメリカの3人の子供達と、みこちゃん、唯ちゃん全員が揃うのは初めて♡

5人の子供と一緒に写真を撮りたい♡♡♡

そして、

今回のLAでのIHマスター4の受講では、今まで解禁されていなかったプロトコールを習ってきます。

帰国後のセッションはさらに深いものになると思うので、是非楽しみにしていてください。

セッションルームも新しくなったし、色々と、次の幕開けだなあ〜〜。感無量のひと時です。

明日、16日の20時にキャンペーン情報を配信します。LINE@の登録がまだの方は、是非登録してくださいね。
12月にセッション入れたい方は、登録オススメです。
LINE@登録はこちら


ではでは!!行ってきます〜〜♡
f0128026_12254727.jpg



[PR]
by pineheath | 2017-11-15 12:29 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自分はこんなもん、って思うのをやめよう♪

人生って自分オリジナルのステージ(段階)があって、次のステージに行く時は、チャレンジがいつも待ち受けているって思っています。


そのチャレンジを超えて、次に行くのを選択するのも自分、チャレンジせずに、今のままでいるのも自分。


次の段階に進む時って、前の段階のことを手放す瞬間が生まれるから、その瞬間には何も掴んでない状態の心もとない感じになるので、『え?私、本当に大丈夫、、、?』ってえらい不安に思うんだけど、ちゃんと信じていれば次の段階に入って行って、次に受け取るものが落ちてくるんです。


次に行くサインですよ~~ってどこかで分かっているけど、それに対して見て見ぬ振りなんかしていると、そのチャレンジは逃げれない形で、せざるを得ない形でやってきたりして、強制的にことが起きたりします。笑。


私たちの魂は、どっちみち、行きたいように進んでいるんだと思います。ただ、どのスピードでそれをやっているか、やることにするか、は、その人のブロックがどれくらい無いかにかかっているなと思います。


別にスピリチュアルに限った話ではなくて、スピリチュアルという世界に全く興味ない人でも、スピリチュアルなんて、嫌っている人でも、笑、潜在意識のブロックが少ないと、人生サクサク幸せな方、幸せな方に進んでいきます。


幸せって表現って、すごく曖昧なので、この頃は『快適な方、快適な方に進む』という表現も使ったりするんだけど、幸せかどうか、って快感かどうかを自分に聞いてみたらわかりやすかったりします。


快の感覚を持っていることなのか、不快な感覚を持っていることなのか、で、今自分がやっていることを見直してみると、自分の24時間のうちどれくらいが、快を感じている時間で埋められているのか、見ることができます。


どうしても、思っている現実が引き寄せられないという人は、24時間のうち不快を感じている時間の方が多いのだと思います。


もうね、これはパーセンテージ。

でね、私たちは、何か、自分が向き合わないといけない問題から逃げている時、蓋をしているときは、快適だーって、心からは感じることができないです。だって、当然だよね、その蓋している、見ないようにしているところから悪臭漂ってきているんだから。臭いけど快適、ってありえない。生ゴミの横で快適ってありえない。


逃げたいこと、見ないようにしたい気持ちってすごくわかる。

本当に、見たくないよね、なんなら、なかったことにしときたいよね。

でも、それはあなたの人生にすでにある。


すでにある、その見たくないこと、それに向き合うってチャレンジがあなたを次のステージに進めてくれることになるんです。



向き合わないで、ないことにしたふりしておくんじゃなくて、その悪臭放っていることに対して、自分はどうしたいか?って自分なりの結論を出すんです。


うん、おえーってくらいしんどい作業。『THE 自分に向き合う』なのでね。


それが、すっごくしんどい作業だってことは、私は、もう本当に、いやってくらいわかってます。だって、やってきたからね。


でも、それが、しんどい作業なのに、お勧めするのには理由があって、それをすると、確実にあなたの視界が晴れるから。そして、ちゃんと、快、不快をクリアーに感じることができる自分になるからです。


それが自分の中での純度を上げるってこと。


純度を上げるためには、『自分は、どうせこんなもん』って諦めてるところをもっと、大切にしてあげるってこと。


自分は、一番大切な存在って、自分が大切にしてあげるのです。


でね、思いっきり大切にする時期を経て、そうすると、自分を大切にってことよりも、自分がやりたいことをどんどんやっていきたい、たとえ疲れても!って段階に入っていくんだと思うのです。


『もう、自分大切にっての、いいから~』って感じ。


でも、それができるのって、自分のエネルギーがちゃんとチャージされているからできるわけで、エネルギーの切り売りして自分の魂の切り売りしてきた人(つまり、楽しくないけど、~~べきで動いてきた人)は、まずは自分のエネルギー貯めようね、って思います。


そして、そのためには、快、不快に正直になろうね、ってことで、その、快、不快に正直になるためには、まずは蓋しているところを開けなきゃいけないよね、って話なのです。


大丈夫、あなたは大丈夫。蓋あけたって、大丈夫。


あなたの人生は、こんなもんじゃないでしょう!







[PR]
by pineheath | 2017-10-13 10:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

自己価値のありか

私、自己価値が低いのかもしれない。


そう思ったことがある人ってどれ位いるでしょうか。


つい先日、夫と話ししていて、


夫:「今度、福島に仕事で行くけど、一緒に来る?」

私:「え~!行っていいの!うわーちょっと待って私の予定は、、、」


というやりとりがあったのです。


でも、夫にとって、私に一緒に来る?って持ちかけた時の私のリアクションが不思議でならなったと、後から言うんです。


私が夫から誘われて初めて、そこに一緒に行く許可を与えられたって感じていること、そして、ソワソワと、喜んで予定を確認していること。

夫の気持ちとしては、私はいつだって、行きたきゃついて来ればいいし、そうしないのは、したくないからなんだろうと思っていたわけだけど、そうではなくて、『私が許可が与えられていないことを、できるとは思ってもいない』ってことに違和感があったそうなのです。


でね、私、言われてみて気がついたけど、そう言うところ、あるんですよねー。

私の役割を先に考えてしまって、私がどうしたいか、と言うのは、二の次になっちゃう。


許可が与えられていないことをやれるとは思ってもいない、みたいな。


夫が福島に行くってことは前から知っていたけど、それに私がついて行っていくというチョイスははなから私の中に存在していなかったのです。


で、このことって、自分の人生の舵取りを自分がしていない事に繋がります。

舵取りを人に任せておいて、『私は許可が下りないからできない』って文句を言う羽目になったりします。


『そもそも、これやりたいって言ってないでしょ、あんた!』って感じですよねー。笑


で、この信じこみって私の場合は母親から来ているのは考えたらすぐ明らかな事。

いや、もしかしたら、日本の女性は、『主婦とは~、母とは~』って形で、知らず知らずに植え込まれている信じこみなのかもしれません。だからね、母もある意味、その被害者。


でね、『そんな風に思ってしまう私は、自己価値がないんだなあ~』と、思いそうになって、


私:「やっぱり、夫くんは自己価値が高いから、普通にそう思えるんだよ。私は、ここまで自己価値あげて来たけど、やっぱり元々の自己価値が低いところからスタートしてて、それがまだ残って居るのかもしれない。それは、私は育った時、お母さんいつもしんどそうに子育てしてたし、私、居るだけで価値があるって思えんかったもん。」


みたいな話するわけです。


で、私がそれを言った時に、夫くんのびっくりする顔。


「いや、間違いなく、けいちゃんの方が、自己価値は高いよ。だから、その説明はちょっと納得できない」って言うんですね。


そこで、もう一回『自己価値』って何?って考えてみました。


でね、わかったのは、自己価値って、潜在意識の個人的無意識層の部分ではなくて、魂とかの部分にある、すでに誰もが持っている絶対的なもの。


だから、『自己価値低い』なんて言葉って、本当は存在するはずないのです。


自己価値低かったら、この地球上に出現してないでしょ、そもそも、って話になっちゃいます


でも、なんで、私たちが、自己価値低いって、思っちゃうのかっていうと、そのさっきの『個人的無意識層』のところに、『私は価値ないよ』って、思い込んじゃう出来事が蓄積してしまっているから。


それが、ほとんどの人はまずは、お母さんが、自分を育てた時に、幸せそうじゃなかった、苦しそうだったって事だったり、

または、誰かから、いじめられた、ってことがあったり、

または、アクシデント的に、街で不機嫌な人に絡まれた、とか。たまたま、先生が意地悪な人だった、とか、そういうの。


でもね、その部分って、本質的な自己価値(=魂の部分)の上に乗っかかってるだけなのですよね~。


まるで、存在価値ないよって、『勘違いさせる』『出来事』が記憶の奥底に残っているだけ


それは決して、『存在価値ない』『自己価値ない』とはイコールではないのです。


その、個人的な無意識層にへばりついている『自己価値低い感』って、元々は、出来事とかが先にある『経験』が先にあることだから、顕在意識でそう認識して、そう受け取って、それが潜在意識に落とし込まれたってことだから、何度でも認識し直す作業って有効だったりします。


元々の生まれたての赤ちゃんだった時は、自己価値10000パーセントだったのだから


そこから、いろんなヘドロをつけて今、ある状態が自分だって勘違いしている。



自分が自己価値低い的な判断とか、行動とか、を無意識にしそうになってたら、


『あれ、私、今、自己価値低い動きしようとしてない?』って気づいてあげるのです。


そんで、


あなた、本当に、その自己価値具合でイイワケ?って自分に聞くのです。


『嫌だ!私はもっと価値ある存在だ!!』って声を確認して、

(そう主張してくれない場合はIHセッションへお越しください~自己破壊プログラムとかが回ってるかもです。。)


じゃあ、自己価値高めな私だったら、どういう行動するの?って自分で聞いてあげるんです。


自己価値低い人って、誰かが、自分に怒ったりした時にも、『私が怒らせたのが悪い』になるし、

誰かが不機嫌だと、『私がなんか悪いことした気がする』になったり、『自分が相手の機嫌を良くしてあげないといけない気がする』になるし、とにかく、相手の問題で、あなたの問題じゃないよね?ってことを、自分の問題のように、引き受けてしまうのですよね。


まず、機嫌悪い人はほっとこう


自分のご機嫌は、自分でとろうね、にこっ


の精神でいけるようになるだけでも、ずいぶん楽に生きれるようになります。


で、私の場合は、

『許可されてないことでも、やりたいことはやっていい』という経験がなかった(少なかった)だけ。

要は経験不足なだけなのですね。


だって、『主婦とは~』、とか、『母親とは~』とか、『女性とは~』とか、の信じこみで、『許可されたことの中で、好きにやっていい』、って制限付きの自由しか経験したことがなかったから。


なんだよー、制限付きの自由な中で私は自由とかって思ってたけど、それってすでに、自由なのかわからんじゃん、ってことがわかった次第です。笑


そう、まだまだ、信じこみだらけですね~~。もっと、もっと、自分には必要ない信じこみを取り除いて、大きく羽ばたきたいなあって思った出来事でした


あなたの信じこみはなんですか?

Line@始めたので、今日の記事の気づきをシェアしてくれたら嬉しいです❤︎

なんかねー私がこうして活動しているのはなんでかなあ、って思ったら、やっぱり誰かとつながるためなんだなあって思ったんですよね。


Line@の登録は


@rlo4165i


また次のQRコードで検索お願いします♪



  Pure Food Pure Body Line@

f0128026_11361971.png


[PR]
by pineheath | 2017-10-12 12:11 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

もう一つのプロジェクト

さて、さて、ちょっと前の記事で、いくつかのプロジェクトで楽しいって書いたのだけど、もう一つのプロジェクトっていうのは、Pure Food Pure Bodyのセッションルーム&イベント施設を自宅と分けようとしてること。


セッションルーム、イベント施設が自宅と兼ねているのはとってもありがたかったのだけど、その頻度が上がってくると、やはりいろいろ支障が出て行きました。


それと、クライアントさんで、遠方から来てくださる方も多くって、その方たちは宿泊先を奈良にとったりしながら来てくださったりするのですが、その方達に、ビジネスホテルに泊まるよりも、かなりリーズナブルに泊まっていただける場所を作れないか、と思っていたのです。


そこのところを実現化させようとして居るのが、このプロジェクト

アメリカに住む仲良しのスペイン人の子がいるんだけど、その彼女は、古い家を買っては、リフォームして、売るってことを、夫婦でやってて、私は、彼女の家がどんどん綺麗になっていくことをいつも楽しみにしていました。

そう言うのを思い出しても、そもそも、そう言うDIYに憧れを持っていたんだな~って思います。


憧れていたから、現実になったのか、どうなのか、今の自宅兼ヒーリング、イベントスペースは、元は剣道場だったところを、私たち夫婦+赤ちゃんでキャンプ生活しながら、今の形に作り上げて行くことになり、半年間はもう、それ一色って位家のことばかりやってた時期があったのですが、その過程は、本当に大変なこともたくさんあったけども、終わってみると、全てが良い思い出になってます。

やはり、自分たちで作り上げた家は、どんなにいびつな所があっても、それが味と思える暖かさに囲まれるなって思っています。


その経験を通して、私たち夫婦は家を改築するってところに対して、そこまでの気負いがなくなり、ああ、できそう!って思えるフットワークが身につきました。


で、今回の私のセッションルームを自宅と分けると言う流れに行くにあたって、主人が管理していたスペースがあったのですが、そこが、ちゃんと生かされていないということがあって、主人としては、なんとかそこをもっと有効に使えないか?と思っていたのだけど、その話と、私のニーズがマッチしたって感じで話が進みました


私と、夫は、全然別の仕事をしているのだけど、彼は、なぜか、いつも、私が抱えているチャンレンジに対するキーパーソンだったりします。


前の記事で、アメリカの子供達としばらく会えないでいた時期があった、ってことを書いたと思うけど、その、会えないで、悶々と過ごしていたある日、夫が仕事から帰ってきて


「すごいことが起こったよ!これ見て!」


って私にある名刺を渡したんですね、


その名刺は、なんと、私のアメリカの子供達が住む町のアドレスが記してあったのです!


なんと、彼の会社のお客さんとして、その町でお茶屋さんを営む女性が訪ねてきたのでした。


その女性は、ここ和束と、その後、九州のお茶産地を巡ることになってて、主人もその一行に同行することになってたので、私もそれに便乗し、彼女とゆっくり話す時間が作れたのです。


そうやって、主人を通して何かのサインがやってくるってことが、大なり小なりあったりします。笑。


でね、私はついつい『自分でできるもん!!』って頑張ろうとしてしまう、そのパターンをまだ持ってしまっているのだけど、そんな、主人の私に及ぼす力を使いこなせるためには、私は頼るポイントでちゃんと頼れないといけないんだなーって思うわけですー。

でも、頼るって、本当に難しくって、おんぶにだっこを求めるのとは違ってて、自分の軸を持ちつつ、でも、相手が私のために何かしてくれようとすることを、受け取る準備ができているって状態なのかな、と、この頃は思っています。


私は、いろんなことを手際よくやれるタイプの人間ではなくて、好きなことには没頭できるけども、苦手なことは本当に興味を持てないタイプです。


苦手なことの第一位は、社会科の勉強に入るようなこと。笑。これは本当に本当に本当に苦手で、学生時代も興味持てないけど、テストのために勉強してなんとか一夜漬けでごまかすってことをやっていた教科でしたね。


なので、ニュースとか、社会情勢とか、本当に、興味ないのです。ごめんなさい~~って感じ。もう、どう逆立ちしても、興味持てないのです~~て感じ。


で、そんな自分はダメなんかと思っていた時代もあったのですが、私は、人の心に興味があるし、なんで、そう感じるのか、とか、感じるとは何か、そういうことを小さい頃から考えていました。


で、結局は、その得意なこと、好きなことが今は仕事になっているし、相変わらず、ニュースは見てないし(テレビもない家)好きなもので、私の世界は構成されているなって感じです


で、不得意なことも、チャレンジしなければいけないタイミングもあったりもするけど、でも、得意なことを伸ばして、それでよし❤︎って思っていると、不得意なことは助けになってくれる人が出現すしてくれたりするんですよね。


でも、できる限りはやってみようとする、そして、これがわからない、ってことを探ろうとする、というアクションは起こしていくもんだなって思っています。


不安があってやりたくないのか、ただ、本当に好きじゃなくて、やりたくないのか、そのどちらかで、やったほうがいいことなのか、やらなくてもいいことなのか、は全然違ってくるんですよね。


不安があってやりたくない、っていうのは、単に逃げているだけだから、不安に向き合うためにも、やったほうがいい。


でも、好きじゃないからやりたくないことは、やってくれる人、見つけたほうがいい。


さて、その新しいPure Food Pure Body の事務所作りプロジェクトですが、掃除はほぼ終わり、今は、壁をどんどん白に塗っていっている段階です

このペンキ塗りの作業って、本当に楽しいっ!!


この作業が終わったら、床が今はコンクリート状態なので、その上に天然木の床をはって行こうと思っています もうね、そこらへんは、やったことあるので、何の材料揃えれば良いか、とか、なんとなくわかってます


結構、今は、急ピッチで(→とはいっても、私が)進めているので、今月中とかに、良い形に仕上がってくれないかなあ、なんて、期待しているのです


セッションの合間には、そちらのスペースに行って色ぬりしている毎日です


場所はね、一応和束の中心街(!?)近くです。徒歩圏内に100円で入れる銭湯もあるし、ローソンあるし、新しくできた、おしゃれなカフェあるし、お好み焼き屋さんあるし、ヒーリング受けて、茶源郷と言われる和束をゆっくり楽しむのには、なかなか便利な場所だなって思っています。


また、こちらでも、進捗お知らせしたいと思います♪ぜひ、完成したら、遊びに来てね~~~❤︎

f0128026_11270254.jpg








[PR]
by pineheath | 2017-10-12 11:28 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)