<   2018年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

CS60レビュー♪『椎間板ヘルニア』

<

私が住む町でお世話になっている方の一人、Kさんがこの頃、腰の痛みに苦しんでいたので、CS60施術。Kさん『椎間板ヘルニア』と病院では診断されているようです。

施術時間は一時間くらい。足から順番に緩めていって、腰は重点的に施術する、という流れで施術。腰はヘルニアのところは、軟骨が何らかの原因で飛び出して、圧迫された神経が痛みの症状を引き起こしている、ということでした。

何で、そんなことが起こっているのか?ってことは『原因不明』と言われるらしい。

それって、いろんなところの癒着で、軟骨が押されて、その結果飛び出してるのだろうから、とにかく、癒着を剥がしていけばいいんでは?と思い、ひたすらCS60を当てて感じる癒着している部位を緩めるということをやりました。腰のヘルニアの患部そのものは逆に、緩やかにしか当てずにいました。Kさん結構、あちこち痛がっていました~。

立ち仕事も多いKさんなので、腰は要です。

1度直後は「あれ?軽い気がする。。おもろい~!」っていってるくらいだったのだけど、その夜


「なんだ?!!!軽い!!!」

ってメッセージが来て、笑、

その後、レビューを書いてくれました~。

そのやりとりがこちら


f0128026_07492134.png
f0128026_07495423.png
f0128026_07550418.png
Kさんはあまりにも痛いときは、鍼にも通ってて、そこで痛みは少し軽減されるけど、でも、このCS60ほどの軽減ぶりはなかったようです。

『自然療法3ヶ月分くらい良い方向に進んだ』って、わかる〜〜〜って感じです♪

そして、翌日、夫が茶摘みイベントで使うお弁当をKさんにオーダーしていたら、こんな美味しそうな『和束お茶つくし(ベジ)弁当』が出来上がったようです。夫には、CS60の背術のおかげで、弁当作り完了できたわ〜といってくれていたようで、嬉しい限り♪

そのめちゃ美味しそうな弁当、私も食べたかった〜〜〜。



f0128026_08024941.jpg



[PR]
by pineheath | 2018-04-30 08:09 | CS60 | Trackback | Comments(0)

母の日スペシャル♡ 『母』にまつわる特別セッション枠のお知らせ

毎日色々あって楽しいですその色々って、一見『ウゲー』嫌だ~~と思う出来事であっても、結果的に、『さらに良い』の循環に入るためだと知れるから、本当に、毎日色々あっても面白い!って思います。


さて、4月ももうおわる~!

ぼやぼやしていると5月ですね~。告知しようと思っていたことがあったので、急いであげます!


5月というと、母の日があります


今日は、『母』にまつわる特別セッション枠の募集です。


お母さんに対する解消されていない感情、怒り、悲しみ、etcのせいで、自分の人生を知らず知らずのうちに復習に当てていたりします。

自分では、その不幸の連鎖から逃れようと思っているのに、『こんなに不幸なのはあ母さんのせいだ!!!』って、心の底では言いたいから、復習のために自分を不幸にしているってパターンがあります。

でも、もう、そんな復習の人生やめにしませんか?

お母さんが、過去にどうであったとしても、お母さんはその時、それが精一杯だったというだけ、ただ、それだけなのです。

私の不幸の責任とって!!って自分が不幸でい続けることを選択し続けていくのって本当にもったいないです。


また、自分が母親として、子供に理想とは違う対応をしてしまう、なんで私の育児はこうなってしまうのだろう。。。って育児で苦しんでいませんか?

だって、子供がイライラさせるから、だって、子供が悪いことしたから、etc,etc,etc,,,言いたいことたくさんあるのはわかりますが、子供に反応しているのは、『自分』なのです。子供がどうであれ、それに反応している自分がいて、そのイライラ、ムカムカ、怒り、は湧いてきているのです。

自分の信じ込みとか、勝手にまわっちゃってるプログラミングを外すと、今まで、あんなに気になっていたことが気にならなくなります。

不必要に、子供の言動に反応して、叱ったり、イライラしたりしていると、せっかく『愛』のある関係性がギクシャクしてきます。そして、子供も、「お母さんはわかってくれない」っていうレッテルをお母さんにはってしまって、実際に反抗的な態度を取ってきます。

子供はお母さんを選んできてくれている、って、私はそうだと思っています。

そんな選んできてくれている子なのだから、子供から最初にこちらに向けられているのは『愛』なのですよね。

それをこじれさせてしまっているのは、自分側の問題だったりします。(→自分と、自分の母親との関係性とかね)


せっかく『母の日』が来るので、お母さんにまつわる、いろんなことが楽になったらいいなって思っています


f0128026_13382845.png

これは、

子供のゲームが気になって、気になって、、、というお母さんのセッションした後のメッセージ。


意識で、いろいろ考えて納得しようとしても、やはり気になってしょうがない。ってかなり苦しんだ後のセッションでした。

セッション内で見ていくと、それって、「自分が気にいる女の子を息子が彼女だと連れてきたら祝福できるけど、自分が納得できない、自分の価値観には合わない子を彼女だと連れてきたら、許せないって感じてどうしようもなくなる、、、」って感覚に近いことがわかりました。


その時に出てきたのは、『扁桃体の記憶』のプロトコール。

扁桃体って、私たちが胎児として心臓が動き始める頃から作られ始めて、そこからの記憶が蓄積されて、私たちが3歳頃になって海馬という部分が発達しだすまで、自分の感じたこと、母親が感じたことすべてを蓄積しているのです。でも、面白いことに、そこにある記憶のせいで、私たちは大人になっても影響を受けているのだけど、何が蓄積されているか、記憶として思い出すことができないのです。


このセッションでは、その『扁桃体のネガティブな記憶』のせいで、自分の枠を超えることに対して、コントロールしようとしていまう、っていうのが出ていて、扁桃体についてのセッションになりました。実際、扁桃体に蓄積されている記憶がどんなものだったか、については、特に出す必要もなかったので、セッション中にそこにはいかなかったです。

こんなことって、IHでもやんない限り、分かりっこないことですよね。そういうところ、IHってほんと面白いです。



『母』にまつわるセッションといっても、それがどこにつながるのかは、ケースバイケースです。

この機会に、お母さん問題クリアーにして、ますます本当の光り輝く自分として進んでいきましょう~お申し込みお待ちしています!



☆母の日スペシャル 『母』にまつわる特別セッション


お申し込み締め切り:5月13日


セッション日 5月~6月末まで(予定をメールで調整いたします)


募集人数:10名


セッション費:13000円


お申し込みお問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com

『母』にまつわる特別セッション申し込み という件名でお願いいたします







[PR]
by pineheath | 2018-04-28 13:42 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

CS60レビュー♪『膝の痛み』

朝、ママ友に保育園の駐車場であったら、

「右足が痛いの~~。水が溜まっているみたいで、もう動くのもしんどくて、、、」って言ってて、これは、CS60 の出番!とばかりに、その日の午後彼女のところに施術に行ってきました~。


彼女はCS60「興味ある~~」って言ってくれていたけど、なかなかタイミング合わず、だったのだけど、ああ、このタイミングのためだったのね~と納得です。その日の午後は私もセッションが入ってなかったので、本当にベストタイミングでした。


膝の痛みは、膝だけに集中して施術するより、足全体を緩めた方がいいってことはもうわかってたので、踵から施術を始め、全体的に緩めていきました。


で、痛い膝のポイントは重点的にCS60当てて、痛い角度にしてもらいながら当てて、ってのを丁寧にやっていきました。


ちょうど保育園お休みしている彼女の息子くんと、ベビちゃんもママが施術受ける横でいい子にしていてくれて、なんだ、かんだ一人遊びしてててくれました~


最後には、息子くんが外に出て遊びたい!!って言い出したので、施術は終わりになったのだけど、痛い膝を重点的に施術した感じで、最後には、凝っている肩もサッと施術できました

で、後からどんな感じになるか教えてね~~って伝えておいたら、彼女からきたメッセージ!

f0128026_12415367.png
f0128026_12431566.png
f0128026_12443045.png
f0128026_12455035.png
f0128026_12473088.png
ママにとって、キッチンに立つことってマストだったりするけど、膝が痛いと、それが一気にできなくなるよね〜。
それにしても、一回の(約一時間)くらいの施術で、そこまで改善するって、CS60 やっぱりすごい!です!!
あと、このママ友は若いからね〜〜、やはり若いと、CS60で施術した後の自然治癒力の発揮のされ方がさらにいいよねって思います♪
夫の膝の痛みはどんどん良くなってきてはいるけど、一夜にして良くなるってないもんな〜〜。

あと、彼女が書いている『右足に痣』についてですが、これは、施術中にできる痣ではなくて、施術後に脳が『ここ悪いんだなー修復しよう!!』って命令を下し始めて、修復が起こり続けるために老廃物が出されて体表に青く出てくるのです〜〜。
最初CS60受けた時は、後から出る青あざにびっくりすると思いますが、そこ悪かったから、脳からちゃんと指令が出たんだね〜〜って安心してください♪

いやあ、それにしても、CS60はすごい〜〜。そして、若いっていいな♪(どんな結論。笑)








[PR]
by pineheath | 2018-04-27 12:59 | CS60 | Trackback | Comments(0)

体の痛みは心の痛み? 右肩の痛みのセッション

f0128026_13172724.jpeg



おとといはIHファウンデーションクラスでした

泊まりがけで参加します!って方がいらっしゃったのですが、お迎えしたら、その方なんと鹿児島からいらっしゃってくださっていました。セッションルームの上に2泊泊まってくださって、クラスとセッションを受けて翌日帰路に~。そして午後は、スカイプセッション。そして、今日も午前中はスカイプセッション~~~

クライアントさんのセッションで毎日、一緒に泣いたり、笑ったり~本当にありがたいです。


この頃、本当に遠くから来てくださる方が増えて来ました。旅の一環として、京都に立ち寄り、ここまで足を伸ばしてくださる方や、わざわざ、ここを目指してくださる方、いろいろですが、ここまで来てくださる方たちに感謝ですそして、距離をかけて来てくださると、その距離のエネルギーがくわって、大きな変容のきっかけになるなっても思います。


今回鹿児島から来てくれたMさんにとっても、大きな癒しの旅になったようです。よかった~~


さて、ファウンデーションクラスのデモセッションの内容も面白かったです!

f0128026_13210871.jpg


IHファウンエーションクラスは朝9時半から6時まで、と、長いようだけど、お伝えする内容が盛りだくさんなので、もう毎回時間以内に終わることが難しいです。

って言っても、昼休憩はしっかり1時間取り、そこでもおしゃべりの花が咲くので(私についての色々をそのお昼に話すことが多いです。参加者の方たちは、なんか、勇気もらった!!!!!って元気になります。笑)私にとっては、めっちゃ喋る日になります。って、なんだかんだ、毎日よくしゃべってますね~~


時間いっぱいいっぱいだけど、あっという間に1日が終わり、昨日も、私も、参加者の方たちも満足なクラスになりました。


IHファウンデーションクラスの後半には、リアルデモでキネシセッションをお見せしています。


IHファウンデーションクラスでカバーするキネシセッションは『痛みの修正』『既にわかっている感情の問題の修正』『ネガティブな感情をクリアにする』『ストレスの修正』の4つ、そのうち、おとといは『痛みの修正』のデモ、『ネガティブな感情をクリアにする』のデモをしました。


『痛みの修正』のデモセッションで出てくれたのは、大阪からの参加者Nさん。お題は「右肩の痛み」


「無理がたたると痛み出して、先週の金曜日から特に痛いんです~」とおっしゃっていました。

痛みのレベルは8あ9くらいある、とのことでした。


でも、筋反射で見てみると、見なきゃいけないのはそれ以前から、と出る。そして、筋反射では36歳の時ってでてました。その頃のことを聞いたら、「あ!今の会社に入った時です!!」ってことでした。


実はNさん、この日はその会社を仮病で休んでファウンデーションクラスに参加しに来てくれていたのだけど、このセッションの前に、参加者同士での交換セッションしてもらっていた時に、会社についての話題が出ていたのです。

会社の社長との信頼関係があるのに、嘘をついてしまった自分についてモヤモヤする気持ちを抱えているってのがその時のお題だったのですがね。


「会社勤めは自分に向いているし、お給料も上げてもらったし、絶対やめる気は無いのです。でも、、、、どこかで、自分の時間の切り売りをしているって感覚があります。。」


この『自分の時間の切り売り』というところで強い筋反射


「本当にやりたいことやって生きていけるわけないし、息子が大学終わるまでは、私は今の安定した収入を手放すわけにはいかないのです。」


そこら辺の根底にあったのは、『私が守ってあげないといけない』私が犠牲になってでも、、、という母親の犠牲精神。


あるあるある~~ですよね。。。

その犠牲精神って、一見とても美しいような感じもするし、日本人としては美徳のようにも教えられて来ていることだけど、犠牲のエネルギーの上には、実は実るものも本当に少ないのですよね。。。


現にNさんの肩は36歳の時から痛みを出し始めているって体は言ってるのです。


そんな彼女は、私が守ってあげないければ、、、という一見美しい『愛』の形で、実は、相手(子供)の可能性をを信じてあげていなかった、ということがわかりました。


その彼女は、自分だけが羽ばたいたら、置いていってしまう、、、って恐れも入ってて、相手(子供)もちゃんと羽ばたける存在なんだって信じてあげることができていなかった。


彼女の目標の中には、『共に羽ばたくことです』というセンテンスが入りました。


『共に』って言葉は、他人目標って言われたりもしますが、彼女にとっては、『相手が自分でも羽ばたけるんだということを信じる』って意味で、共に、という言葉を入れる必要があったようです。


自分も羽ばたくし、相手も羽ばたける存在なんだと信じること。

それって、相手を手放す必要があるし、本当に怖いことだったりするけど、やはり、それが究極の『愛』なんだろうな、ってつくづく思います。


本当に大切な人だからこそ、守って、カゴの中に入れるのではなく、その人だって、自分に依存することなく、生きることができるんだと信じるってこと。手放すこと。


そこのところを彼女の右肩は訴えていました。


調整法も一個くらいしか出なくて、シンプルだったけど、


セッション後に「さて、肩の痛みはどうですか~~?」と聞いたら、「あれーえ?え?あんまり痛くない~~!!」と驚いているN さん。


さっきまで8か9の痛さがあったのに、なんと本人の感覚として1か2位に下がっていました


本当に、こういうのってすごいですよね。

体の痛みも心の問題と直結しているば場合は、その心の部分が解決に向かうと即体の状態に現れます。


体って、私たちが心を無視して、魂の求める方向とは違った方向に意固地に進もうとしている時に、『サイン』として、痛みを出してくれているだけなんだなあ、ってまた確認したようなセッションでした。


IHのセッションではなくて、キネシのセッションですが、ここまで深いところに行くんだなあ、ってファウンデーションクラスをやってていつも感動します。


キネシオロジーってすごい!!です。


さて、お昼休憩時間にこのブログはサクッと書き上げて、午後は、今からママ友達にCS60の施術に行ってきます~!初体験してもらっての感想聞くのが楽しみです


f0128026_13214121.jpg
f0128026_13215466.jpg
                        (鹿児島お土産を堪能するみこっちゃん♪)



次のIHファウンデーションクラスは5月25日です♪

お問い合わせ、お申し込みは


keiko@purefoodpurebody.com

までお願いします〜!



[PR]
by pineheath | 2018-04-26 13:25 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

IHファウンンデーションクラス@和束 キネシセッション特訓ワンデー@東京の日にち変更お知らせ

IHファウンンデーションクラス@和束 キネシセッション特訓ワンデー@東京の日にち変更お知らせ




いつもこんなギリギリになって!って感じですが、

来週、4月24日はIHファウンデーションの開催ですここ和束での開催です!






そして、先日、キネシセッション特訓ワンデーの日にちを5月18日とお伝えしたのですが、5月17日(木)に変更です。


なかなか東京でできる機会は少ないので、ぜひご参加ください





よろしくお願いします!!!



keiko@purefoodpurebody.com


[PR]
by pineheath | 2018-04-20 14:56 | IH キネシオロジー | Trackback | Comments(0)

CS60研修報告 1

f0128026_11194446.jpg
                     (西村先生から直々に膝の施術受ける夫)


さてさて、あげたい記事をどんどん書いていくぞ~~!!

今日は、CS60について


倭のタントラから、帰ったのが深夜だったのだけど、翌日は早朝出発でCS60の研修。愛知まで行ってきました。


CS60関連の記事は、このブログの中でもとても人気で、その反響に私自身びっりしているのだけど、でも、やっぱり「すごい~!!」って思うものって、まっすぐ人に伝わるんだなって思います。


最近、IHについても、キネシについても何にも知らない方が私のブログ一気にたくさん読んで、自分メンテの3ヶ月コースに入ることを決心し、プログラムをスタートさせました。


本当は、3月中のお申し込みが期限だったのだけど、その方の熱意とかタイミングとかで、4月に少し入ってしまったけども、ちょっと詰めてセッション入れるということで、受け入れることに。

そして、その流れでも思ったのだけど、本当に、それがどんななのか?って、実際に受けてみる前から、人には、それを察知する能力があるんだなってこと。


CS60に関しても、ブログ記事を読んで、フランチャイズになることを決めた!という方が3人いて、その中には、受ける前からもう決めている人も。

これいいに違いない!!!っていう直感って、本当に誰もが持っているんだなって思います。


これ!!って思った時に、「いや、でもお金が、、、」とか、「いや、でも子供が、、、」とか、いや、でも、反対されるかも、、、」とか、「いや、でも、私にはできないかもしれないから、、、」とか、とか、とか、とか、、、そういうのってぜーんぶ、潜在意識の抵抗から起こる『思考』ですからね。


私は、このCS60に関して、情報として知った時に、『これ!!!!』って直感で思い、そこからアクションを始め、さすがに一度は実際受けてみたい!って思って、3時間かけて受けに行って、で、フランチャイズ申し込んだって流れになります。


でも、開発者の西村先生は面白くって、こちらが一生懸命興味あるのです!!と伝えるのだけど、そっち(京都)に出張施術で行くかもしれない~とおっしゃって、その連絡を待つけども、連絡なんかなくって、、、って、ビジネス的な要素が全くない方です。笑


こちらがしびれを切らして、やっと、(通称)おかみさんと話が繋がってから、やっと話が進み出す、という具合の流れでした。とは言っても、その間1-2週間なのだけど、私としては、進めたい話が進まないもどかしさでいっぱいでした。笑


何を言いたいか、というと、西村先生は、開発者であり、CS60をこよなく愛する施術者なのだけど、ビジネスマンではない(爆)売り込みとか、一切ないですから~~。


だから、興味がある!っていう人は、自らが進んで先生やおかみさんに連絡とって、希望を伝えるのがいいのだと思います


さて、さて、そんな西村先生について研修を受けれる喜びはひとしおです。

研修といっても、先生の横で一緒に施術させてもらうのですが、

今回もとても興味深いことがたくさんありました!


今回は、夫も一緒に研修を受けに行ったので夫婦で参加。

夫は膝の痛みに相変わらず悩まされています。CS60を最初にした時は、あ、痛みがなくなった!!って思ったのだけど、またちょっとしたら出てきて、そして、CS60当てる度に、その時は楽になるのですが、なんか、余計痛みを感じるかも、、、って言い出すようになっていたのです。


そんな膝の悩みを抱えてる夫なので、今回の西村先生に直接指示をもらえることが楽しみだったようです。


先生に、「膝が痛いんです。。。CS60やって、もっと痛みが増したような、、、そんなことってあるんですか?」とお聞きしたました。

そしたら、先生がおっしゃるには、『体の悪いところ』っていうのは、その痛みを体が感じないように、ペンキで塗りたくられているようなもんなんだ、と。CS60を当てることで、そのペンキが剥がれるので、本来の痛みが出てくるんだ、と。

で、痛みの原因のところをCS60でしっかりとってやると、痛みそのものがなくなるよ、

とのことでした。

「では、なぜ、自宅でCS60当ててるのに、痛みが続いているんでしょう??」

「そりゃ、当て方が甘いからだよ!!」と先生。


確かに。。。夫は、痛みに弱いので、強めにやると、痛みとつながるトラウマが呼び戻されて、嫌な感情になるというので、強くやらないでほしい、と言います。だから、痛くない程度に施術していました。

「蛇の生殺し状態で痛みが続いているんだよ」とのことでした。


で、実際どれくらいの強さで施術したらいいのか?というデモのために、先生が夫を施術し始めました。

「痛い!!!!!!!!!!!!痛い~~~~~!!!!!!!☆※✖️☆△■!!!!!!!」もう、声にならないほどの痛さを訴える夫。


確かに、CS60は痛いところに当てると、本当に痛いです。でも、前の記事で書いたように、その痛みは痛気持ちいの痛みなのですね。でも、やはり、本当に悪いところには、その気持ちいを感じる余裕がないくらいに痛いので、もう、悶絶。。。


この人、痛さで気を失うんじゃないか?というくらい夫は痛がっていたけど、「ほら、どう、見てみて?」と冷静な西村先生。


なんとか、気を取り直して(笑)よろよろと立ち上がる夫。

「あ、、、中の痛みがなくなってる。。。。」


そして、「次は膝の外側のここの部分が痛い、、、」と違う部分の痛みを感じ始めました。


これは、西村先生曰く、体は、一番痛いところを「痛い」と感じるらしいのです。だから、夫にとって、さっきまで痛かった膝の中は一番痛いところじゃなくなったのです。


「はい、じゃあ、やってあげて!」と先生から言われ、先生の施術の強さを真似しながら、今度は、私が夫の痛がっている部分に施術。


自宅で生易しく当ててるのとは全く違う強さで施術して、夫も、「うううーーーーーーーっっっ。。。」って痛さに悶絶しながらも、これくらい強くすることで、悪いものが剥がれ落ちるんだということに納得できたようで、「弱めてくれ」とは言わなくなりました。


そして、夫が言うことには、初回一緒に受けた大阪での施術の時とは、比べ物にならないほどの強さの施術だと。


CS60は軽く当てるだけでも、気持ちがいいし、全体のサビが抜けるのだけど、本当に、部分的な治療的効果を発揮させるには、強く施術しなければ、いつまでも、その芯にあるサビは取れきれないんだってこと、それが今回の大きな学びでした。


「あまり痛いと、嫌われるから、どうしても優しくしちゃうんだけど、悪いところには、強くしないとね。。。」と先生。


これは、施術受けに来た方が、何を求めて来ているのか?をヒアリングしてから施術したほうがいいなって思いました。


それでも、その後から訪れるクライアントさんの中に、乳がんを患っている方がいらっしゃったのだけど、その方は、施術受けるの3回目(?)くらいで、先生はしこりのポイントをゴリゴリ施術されてて、その方、かなり痛そうでした。。私は足とか、お腹とかを施術させてもらったのだけど、全体的に堅いなーって言う印象でした。


施術終わって話聞くと、「今回は本当に私治った!!!って思うくらい痛くなかった!!!」って。

1度目の施術は、絶叫する痛みで本当に、あの時に比べたら全然痛くなくなった、とおっしゃってました。


しこりのあるところを実際直接触らせてもらったのですが、「ここです!」とおっしゃるところを手で触っても、明らかにこれだ、って言うのがわかんなかった。

CS60 って面白くって、手で施術者が触ってもわからないくらいの癒着とか、塊みたいなものをCS60で施術していると、あーここにある、、って感じるのです。


私の感覚としては、『悪いところ』の上に鎧みたいなのがかぶさっているので、その塊は最初CS60当てても、触れないのだけど、当ててるうちにその鎧が解けてきて、だんだん大きめの塊みたいなのが触れるようになるんです。そして、そこに重点的に当ててると(時には強く、時には叩いたりして)それが分解されていって、太い繊維状みたいな感触になってくる。そして、さらに、さらにCS60を当ててると、太い繊維みたいなのが細かな繊維みたいになって最後にはスムーズになっていく。


でも、先生曰く、最後までCS60で解してその繊維状のものをなくしてあげなくても、ある程度解して、痛みが出る状態にしてあげたら、脳がそこが悪いんだってことを再認識して自己治癒力が発動されると言うことでした。


確かに、私も、ずっと肩こりに悩まされていて、最初はCS60せっせと当ててたのだけど、気がついたら、当てなくても軽やか~な状態になってます!


でね、施術したところが青くなる現象。

それについてですが、その青色現象は押したことでの内出血とは違うなって思っていたのだけど、先生曰く、施術して『痛い~~~!!!』って言う合図が脳に送られて、施術が終わった後にも、脳がその部分を修復しようと働き続け、老廃物を表面に集めて出してくるから、なんだって。そして、その老廃物をCS60を当てたら、ごみ収集機みたいに吸い上げてくれてすぐに消えるのだけど、CS60当ててない状態だと、その青色がゆっくりしか流れていかないそうな。


興味深い~~~~です!!!

f0128026_11191322.jpg
                 (研修帰りの私の手♪私の手からは、いつまで青色現象が出るのだろう。)

CS60 関連記事はこちら



CS60の施術いつから受けれるの?って問い合わせいただいています♪


私が施術できるのは、5月後半からになります〜〜!その前にまたお知らせしたいと思います!

お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com






[PR]
by pineheath | 2018-04-20 11:27 | CS60 | Trackback | Comments(0)

倭のタントラ 京都合宿 終わりました!

f0128026_22404427.jpg
                         (Photo by Mayuさん)


3泊4日の倭のタントラ合宿が終わりました。私は、最終日は、どうしても抜けなきゃいけなくて(CS60の研修のため)、3日目の夜までのオーガナイザー役でした。


きっと、参加者の方達は、この3泊4日が終わり、今は日常の中で倭のタントラ効果をありありと感じていることでしょう。


私も、倭のタントラ効果をしっかり感じる出来事があって、その後、やっと、エネルギーが落ち着いてきて、今、ブログに向かうことができそうです。


今回私が特に感じたのは、倭のタントラの抑圧感情の解放の力の凄さ。

それはある意味有無を言わせない形で、解放してきます。笑


f0128026_22421690.jpg


なんなんだろうなーって思います。

Shinzoさんが伝授してくれる陰陽五行のそれぞれのエレメントを活性化する気功だったり、マッサージだったり、ワークだったり、また、あの場の雰囲気だったり、Asamiさんと、Shinzoさんの作る愛の場の雰囲気だったり、とにかく、どれが!!って言えないのだけど、それらの相乗効果で、早い人は、タントラ合宿中に、遅い人は、自宅に帰ってから、大解放が起こります。。。


合宿中の解放では、周りみんながサポーターになるので、泣いたり、叫んだりしても抱きしめてくれる人たちがいます。

もし、自宅に帰ってからの大解放が起こって、周りにサポーターがいない人は、自分が自分をしっかり抱きしめてあげてくださいね。


自分がこんなに感情を抑圧していたのかって、自分自身が怖くなる方もいるのかもしれない。

でも、この抑圧感情は、解放してあげることで、自分の人生が加速度的に進んでいくものだと信じています。だってね、抑圧していたものって、最も『陰』だと思っていること。そこに光をあてることで、それは『陽』と合わさり、そして、その人なりの最も美しい『虹』ができるのだと思います。


オーガナイザー4回目(?)を迎えても、まだ、この倭のタントラを一言で言い表すことができません。回数を重ねるごとに、感じることは違うし、もう、私には解放することはないって思っていても、なんかのきっかけがトリガーになって、この倭のタントラのタントラマジックが起こってしまうのですよね。


と、まあ、相変わらず抽象的なレビューになってしまうのだけど、今回の倭のタントラ、ほんとすごかったです。


そして、今回は、オーガナイザーとしての役割を過去最高に果たせたかなって思える会でした。

「以前と比べて、今回はこう感じる」、「あさみさんと、シンゾーさんならもっとこのエネルギーに持っていけると思う!」って、適宜感じたことをこまめに反省会しながら、ShinzoさんとAsamiさんにお伝えしていました。


お二人は、私と、もう一人のオーガナイザーの糸島でヒーリングサロンやっているまゆさんの二人の率直な、時に、厳しいレビューをしっかりと受け止めてくれて、リアルタイムで進行している会の流れがより良くなるように全力を捧げてくれていました。


なんかね、講師陣と、オーガナイザーのタッグがちゃんと信頼関係の上に成り立っていることを感じました。本音で伝える、そして、それが受け止めてもらえる、ってこと、それこそ、倭のタントラ精神だなって思った裏方の一面でした。


2日目の夜は、京都の合宿特典である、シンボルゲームのファシリテーターを務めさせてもらいました。とってもとっても面白かった~~!

シンボルゲームというのは、Asamiさんがマウイでヒーラー仲間から伝授してもらったゲームなのだけど、その人の内面、潜在意識がこれでもか、というくらい現れてくる、ゲームなのです。


その事例を紹介してもいいよと言ってくれたので、ちょっと書いてみたいと思います。


Nちゃんの悩みはセクシャルなことにオープンになれないということ。

その関係の中での登場人物として彼女が上げてくれたのは、自分、パートナーの彼、一般男性の3役者。それぞれを選んできてもらうと、自分がサンゴ、パートナーが庭から拾ってきた木、一般男性はメタルの仏像

で話を聞いていくと、「私はこうなんだよ!期待しないで!」って怒りを持っている彼女と、「ありのままでいいよ、そのままでいいよ」ってありのままを受け入れようとする彼女の2面があることがわかってきました。そこで、Nちゃんに聞きました。「この怒りを持っている部分は、あなたの外側?それとも内側?」そしたら彼女は「外側の自分だ」と言いました。「そしたら、ここにもう一人、内側の自分という登場人物が必要だと思うのだけど、そのシンボルを選んできてくれる?」


そこで、彼女が選んできたのは、クリスタルでした。


でね、そのシンボルたちを今の状態の配置においてもらったら、外側の自分(ひとで型のサンゴ)の横に、内側の自分(クリスタル)そして、それから斜め方向にパートナー(木)、反対斜め方向に一般男性(仏像)


お互いに伝えたいことを伝えてもらい、彼女の今見ている世界が表れてきました。


面白かったのはそこからでした。


あなたの本当の理想は、どんな状態?と、理想の状態に、シンボルたちを配置しなおしてもらった時、「なんか、足りないものがあったら、付け足してもいいよ」と声かけしたら、

彼女は、「あ!」と言って、シンボルたちが置いてあるテーブルからピンク色と黄色の貝殻を持ってきました。


そして、ひとで型のサンゴ(彼女の体)の上にクリスタル(彼女の心)が乗って、その上にカラフルな貝殻がかぶさったのです。


そして、彼女の全体は今まで円の端っこだったのに、舞台の真ん中に来て、パートナーと、一般男性の距離がぐっと近づく形でまん丸の形に収まりました。


「あーーーこれこれがパーフェクト~~

その時の出来上がった舞台の写真がこちら。

f0128026_22470608.jpg



彼女に取って、相手が受け入れてくれない、ということが問題だったのではないこと、相手を変えることが解決なのではなくて、彼女が、彼女の心と体をつなげること、そして、その上に彩りができることが彼女に取っての本質的な解決になるのだということが、腑に落ちたようでした。


この答えが彼女自身の内側から出た時、Nちゃんは「やっぱりあのマネキュア買わなきゃ。。。」とつぶやきました。

どうやら、このシンボルゲームする前に、フロントに置いてあったお土産物のマネキュアを手にとって見てたそうなのです、そして、「やっぱりこんなのいらない、どうせつけないもん」って陳列棚に戻したんだって。

f0128026_22460735.jpg


私たちって、解決をいつも外に向けがちです。

でも、解決は、いつだって、自分の中にある。外側はその自分の内側が現れた世界なだけなのですよね。


翌日、「Keikoさん見て~~」と彼女が見せてくれた彼女の足

彩りのある彼女になっていました♡♡♡

f0128026_22445898.jpg



このシンボルゲームは、内側の世界がシンボルに表されるので、本当に興味深いです。


キネシをやっていて思うけど、このシンボルゲームやっていても本当に思う。いつだって答えは自分の中にある。


倭のタントラ、京都合宿はまた来年の4月です♪

倭のタントラホームページ








[PR]
by pineheath | 2018-04-19 22:49 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

キネシセッション特訓ワンデー@東京のお知らせ♪

☑️筋反射は習ったけど、イマイチ自信がない、、、

☑️キネシセッションの流れにやっとついていけてるくらいで、なんか深みがない、、、

☑️目標設定と言われても、浅い感じになってしまう、、、

☑️なんか、私のセッション、これでいいの~~?

☑️浅いセッションにしかならない~~~


そんな悩みを解決したいとの要望で、『キネシセッション特訓ワンデー』というクラスを開催しているのですが、東京での開催決定です!

キネシの基礎の部分は習っている前提のクラスですので、基礎クラス(IHファウンデーション、自分メンテクラス、また、それに準ずるもの)を一度も取ったことがない方はご参加いただけません。

IHプラクティショナーになりたての人、または、これからIHプラクティショナーになる予定でIHファウンデーションなどの基礎クラスは受けたことがある人、もしくは、キネシを習って、セッションをやろうとしている人に向けた、クラスになります。


筋反射のコツを習得すること&キネシセッションがクライアントの求める深いところにちゃんと触れることができるようなセッションになるための、セッションの進め方、プラクティショナーのあり方を習得することを目的としています。

IH のプロトコールは使いません)


このクラスはそもそもご要望があって、構築したクラスなのですが、テキスト作り始めて、あれも、お伝えしなきゃ、これもお伝えしなきゃ~、って、熱くなって、めちゃ濃いものに出来上がったクラスです。

私がセッションでやっていることを解剖して解説するクラスで、参加者の方からは、ご好評いただいています。

いただいた感想はこちらに載せています。



IHプラクティショナーではない方も参加できるように、キネシのミニセッションを扱っていきますが、セッションをやる人が一番難しいと思う、目標設定は、IH であろうとキネシセッションであろうと、変わらないところなので、セッションやっていきたいけど、目標設定が難しいと思うプラクティショナーにとっては有意義な講座になると信じています。




★キネシセッション特訓ワンデー★


 実際のクラス内容:


筋反射の説明の部分はさらっと流す程度の復習で、実際に筋反射をとってもらいながら、個人個人にアドバイスしていきます。筋反射の練習は行なっていきます。

(クラス内ではバイオフィードバックで筋反射を取っていきます)

また、キネシのミニセッションをデモでやるところを見ていただき、また、交換セッションをしているところを見せていただき、クライアント側の求める深いところに触れることができるようなプラクティショナー自身の感覚の捉え方や、セッションを深めるためのプラクティショナーの立ち位置についてお話ししていきます。

目標設定をするときの、コツについて感覚的な話も含めてお伝えします。


<筋肉反射 復習>

<キネシセッションがクライアントさんの魂の求めるところに進むために>

<目標設定のポイント>

<目標設定における、プラクティショナーが大切にする感覚>

<セッション中にプラクティショナー側に沸き起こる感覚について>

<頭でごちゃごちゃ考えがちなクライアント>

<病気を理由に「病気だからやりたくてもやれない」というクライアント>

<目標設定後に『そんなことできない!!』と動揺するクライアント>

<クライアントが潜在意識と繋がりにくくて筋反射が取れるキーワードが出ない場合>

<筋反射との信頼関係>

<キネシミニセッションについて>

<スキャンチャートを利用した抱えている感情のスキャンの仕方>

<テーマとして扱う問題をスキャンする>

<セッションデモ>

<交換セッション>


場所:東京 文京区

詳しい場所は、参加者に直接お知らせいたします。


日時:2018年5月18日 5月17日(木)に変更です!!!!!

   11:00ー18:00(途中お昼休憩を挟みます)



定員:5名→3名


講座費:20000円


こちらは、自分メンテ講座インストラクターは参加自由のクラスになります!


お申し込み、お問い合わせは、keiko@purefoodpurebody.com


[PR]
by pineheath | 2018-04-08 16:37 | イベント!! | Trackback | Comments(0)

CS60 西村先生と施術練習 



 


さて、なんか、私の熱意が伝わって、笑 CS60話は反響がいいです


今朝はひどく二日酔いの夫(朝にもお酒臭い~~)が背中の腎臓ポイントをマッサージしてほしいというので、子供達の保育園準備が終わってから、せっせと夫にマッサージ


私のマッサージは強いようで(私が強くマッサージされる方が効いている~~と思って好きだから)

彼には、いつも痛すぎるようで、笑、また朝から悶えていました。

「お願いしますから、、もう少し優しめにお願いしますーーーー。涙」と、懇願され、笑、かなり緩めにマッサージ。


痛いポイントは CS60を当てておくだけでもグエーーーって感じになるので、動かすと痛すぎる場合は、少し圧をかけてCS60を当てます。

腎臓辺りと足のふくらはぎのところを重点的にトータル30分したら、夫は、「あ~~~楽になった~~~!!!」と回復してました

本当に、調子悪い~~って時には、効果がかなりわかりやすいです。


夫が施術中に「痛い、痛い~~」と叫んでいるので、朝の準備終わったみこちゃんが

「そんなに痛いなら、病院行きなさいっ!!!」って叱ってた。笑


それに対して、パパも、すかさず「ごめんなさい~~」って言ってました。


子供達4歳ともう直ぐ2歳には、CS60はくすぐったいか、気持ちいいかなようです。

夫を施術していると、私もやって~~って来るんだけど、やってあげると、みこちゃんはケラケラ笑って施術にならない~~。

ゆいちゃんは「気持ちー、気持ちー」を連発します。


って我が家のCS60状況はこれくらいにして、笑、前回の記事の続きです~~

前回の記事はこちら


その前に、CS60ってなに?って方はこちら





さて、続き、西村先生について施術練習させてもらった時のレポです~。


一緒にクライアントさんの施術させてもらえて、とっても興味深かった!!すごかった!!!です!!


午後の最初にいらっしゃったのは、年配の女性でした。なんでも耳がほとんど聞こえないからご主人を付き添いに連れてきたと。

名前書いてもらったりしている時に、紹介者は?ってことを記入するのですが、その方は、船井幸雄さんのホームページで見たっておっしゃってて、「じゃあ、そう書いてくださいね~」と係りの人が大きな声で伝えるけれども、「船井幸雄さんはお友達でもなんでもないから、ホームページ見ただけですから、、、」と。それで、「それでもいいのですよ~、どの流れでご存知になったか知りたいだけですから~」とまた大きな声で伝えるも、伝わらなくて「ここには何も書く必要ないわよねー」とおっしゃってる状況。。。

付き添いのご主人が「いいから、いいから、船井幸雄と書いておけばいいから!!!」とジェスチャー混じりで伝えて、なんとか、船井幸雄さんのお名前を書くところまで行きました。


そんな感じで、簡単なコミュニケーションがスムースにいかないくらいの難聴になっているようでした。

さて、その女性の施術。

先生はざっと足から流していって、先生が終わったところから私も先生がやったように施術させていただくことをやりながら先生の施術を観察していました。

とっても痛いCS60の施術なのに、この女性はシーンとされてて、痛がってない様子。

「全く痛くないんですねーこの方は、、」と先生に聞いてみると、

「悪いところがまだ出きらなくて、痛さが上がってきていないだけだよー」とおっしゃっていました。

そして、先生はいよいよ頭部の施術へ。

耳のポイントに CS60当てるけど、反応なし。女性は静かなもんです。

先生も「出てこないなー」って呟いています。「痛いですかー?」って聞いても、それには返答なし。

それで、先生はもう少し強めに施術することにしたようです。しばらく施術していると、「あ~~~なんか、歯の奥の方に変な感覚が伝わってきます~~~」と女性。

「あーいいねー出てきた出てきた」と先生。

もう少し、集中的に施術を続ける先生。

そして、「どうですか?痛いですか?」と結構な小声で女性に問いかけました。

すると、「ええ、ええ、痛いです~~~」と女性は普通に答えてる!!!!


先生はニコリとされて、「そうですか~いいですね~出てきてるよ~~」と。

その施術を見守っているスタッフは目を見合わせて、「ちゃんと聞こえてる~!」って驚いていました。

もうね、こんな不思議なことが目の前で起こると、すごいと思っていたCS60に対して、ますます、『ものすごいものを手に入れてしまった~!!!』って魔法を手に入れた気分になりましたねー。


先生との会話が成り立つもんだから、女性は施術してもらいながら、どんどん饒舌になっていきました。

「先生~私ね、実は鼻炎というか、鼻水がちゃんと鼻の方に出て来なくって喉の方に流れるんですー後鼻漏っていうんですけど、、、」とか、

「便も、もう、自力では10年以上だめで、ずっと下剤を飲んでるんですけど、この頃はそれでも調子悪くってー」とか。。。


先生は、「あーそうですかー、では、そこもやってみますかー?」と施術箇所を変えていってました。

会話が成り立たないと、どうしてもしたい話をしないで飲み込むってことをしてしまうんですよね。その女性は、耳が施術中に聞こえるようになったから、訴えたいことを次々訴えることができるようになったのです。これまでの人生、言いたいこと、どれだけ我慢してきたんだろうなー、耳が聞こえて人とコミュニケーションができることって、どんなに大切なことなんだろうって、その女性を見てて思いました。


施術が終わって、その女性は、かなりボーッとされてはいたけど、でも、かなり饒舌になられて、ちょっと触らせてーと私のCS60を持ってみたりしてました。で、施術してもらった耳をご自身で触って、あら、ここが膨れているわーって、おっしゃいました。

さっき先生が強く刺激した耳のポイントのところが膨れていました。

女性と私が話ししていた時だったので、先生に、そのこと伝えたら、じゃあCS60をちょっと当ててあげてみて、と言われるので、言われた通りにしてみると、腫れているのがすんなりおさまりました。

でね、ベッドで足をマッサージしていた時には、全く痛みが出ていなかったのに、そのおしゃべりの時に、少し足をしてあげたら、「痛い!!なにこれ~!」って!

一度CS60をかけて、その後もう一度すると、痛みが上がってきやすくなるってことがやっぱりそうなんだなーってわかりました。

その女性は、あまりの効果に、「2週間は待てないんですけど、どうしたらいいのでしょう~~」ってなんどもおっしゃってました。(先生は愛知に2週間に一度出張されてるので)

ほんと、1度でその効果があったら、続けたい!!って思う気持ち、すごくよくわかる~~。

早く研修終えて、施術ができるようになりたいです


私のクライアントさんへの施術開始可能日は5月21日辺りからになる予定です~!!これはまたはっきりしたらおしらせします!

お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com







[PR]
by pineheath | 2018-04-06 16:15 | Trackback | Comments(0)

CS60 授与式♪早速の青色変色現象!

CS60 授与式


f0128026_16122472.jpg

待ちに待ったCS60が今週の月曜日に出来上がり、西村先生が愛知にいらっしゃるので、そこで授与式をしていただきました

授与式をしていただき、施術をまた受け、そして、午後には実際に先生に習って施術一緒に練習させてもらうという貴重な体験をしたので、その様子をレポしたいと思います♪もう、感動の日でした~!!


まずは、出来上がったCS60!!!

ずっしり~~~!!!感動~~!!!

f0128026_16125412.jpg

私用の番号がふってあります。


そして、先生から施術のコツみたいなのを私の体を使って少しレクチャーしてもらっていたら(すでに痛い!!)次のクライアントさんがいらっしゃったので、私はそこの開催者の神谷さんから施術を受けることに。

人生で2度目のCS60の施術体験でした。

1度目のレポを見てくださった方が、かなりCS60に興味持ってくれたようで、私の方にもたくさんお問い合わせいただきました。

そちらまだの方は、

この記事と、

これ

これです!!


さて、今回2回目!!わーい!!!!待ちに待ったCS60の施術

楽しみにしてるのもつかの間、、、、、、


2回目は、1度目の比じゃないくらい痛かった~~~~


全身が痛いわけではないのだけど、痛いポイントが前よりも浮き出てきたって感じです。


これは、なんでも鎧のような表面を覆っていたものが取れて、奥から痛みの根源みたいなのが出てくる感じ。もちろん、体の中には、そこまで出切らない箇所もある感じでしたが、その2回目の施術の時には、足のふくらはぎの外側部分の骨のそばが焼けつくように痛かった。で、神谷さん、あ、ここですね~って探し当てたようで、そこから、その痛みの中心みたいなのに、グリグリと押し当て(本当はそこまで強くないのだけど、されている方は超絶強く感じる)その時は、ナイフで突き刺されたような痛さ!!!!!


でもね、面白いのが、痛みって種類があるんだな、って思うこと。私も、出産とか、いろんな痛みを経験しているけど、笑、このCS60で突き刺さる時の痛みは、癒着が剥がれる痛みって感じです。


癒着が剥がれるときって、イタ気持ちいって感じなのだけど、それが強烈すぎて、

痛い~~~!!!!!ってなるって感じ。

悶絶する痛みです。じっとしていられない痛み。


でも、イタ気持ちいの激しい痛みなので、なんか我慢できるというか、体は悶絶しながらなのだけど、でも、もっとやって欲しい感じです。(どんなだ?笑)

私の施術してもらっていたベットの横で、西村先生が16歳の柔道部のキャプテンやってるガタイの大きな男の子を施術していたのですが、彼なんか、私の比じゃないくらい叫んでた。笑。


途中には「今世紀最大の痛みだ~~~~やばい、やばい、ちょ、これ、ちょーやばい~~~~~」って叫んでて、隣で私も痛がっているのだけど、そんな彼には笑えてきました。


でね、その刺されるような熱い痛みを我慢していると、その痛みが抜けてくるときがくるんです!!!!

それには、感動でした。

まず、痛いところを続けて、痛みが抜けるまでやるか、さらった流すだけにするか?って施術してくれている神谷さんは聞いてくれて、私は「続けてください!!!」って言ったのですが、

「痛みの種類が変わってきたら教えてね」って言われるんだけど、本当に変わってくるのですー。


緩くなる瞬間が来て、あれ、さっきほど痛くない~~って感覚になります。

で、家に帰ってびっくりしたのだけど、そこまでやった箇所は、内側から青紫の色が出て来てました!!!

これは、打ち身のせいであざになるのではなく、内側の悪いものが出てくると変色が起こるみたい。

f0128026_16131306.jpg


内側からの悪いものがでると、青い色に変色することがよくわかる写真はこれ。

f0128026_16130788.jpg


これは、私が、その日の午後、数セッション先生と一緒に施術させてもらった後の私の手です。

先生から、最初は、自分の体からもどんどん出るので、変な色になるよ。ってさらっと言われていたのだけど、そんなにすぐに起こるとは!!びっくりでした。


その青色変色現象は翌日には引いていたのだけど、また夜に夫に1時間以上施術したらまた青くなった。

しばらく、私の体からの排出は続きそうです。

なんでも、CS60の球体のクライアント側に当てるほうは、クライアントの、そして、私が手に握るほうは私の不純物を引っ張ってくれるらしい。


あと、青色変色現象で面白かったのは、

家に張り切ってCS60を持ち帰り、自分でも自分のことをよくやってるのですが、特に顔をするのが気持ちよくて、そして、ほうれい線などが薄くなるなって感じてるので、笑、せっせと痛いポイントをマッサージしているのだけど、今日の朝、子供の朝の用意も終わったしと思って、ソファーで一人、CS60美顔タイムを楽しんでいたら、私を見た夫が「ちょっと、、、鏡見たほうがいいよ、ちょっとすごいことになってる、、鏡、鏡今すぐ見たほうがいい!!」とかなり固まって言うので、???と思って、鏡を見に行くと、

一生懸命CS60当ててたところが青く変色してる~!!!ちょっと焦って、笑、軽く手でこすったら、青色は引きました。

本当に今、私の体からは、どんどん錆が出てくれる状態になっているようです。笑。

青色がすぐに引くのなら、と、またCS60をそこに軽く当てると、ボワーーンと青色が浮き出てくる!!!さすると、それがなくなる、、を繰り返して、これは面白い~~と思って、夫に、見て見て、これ当てた瞬間に青色が出てくるよーと伝えると、「もう今はやめときなよ!!やばいよ~色が残ったら!!」と注意されて、遊ぶのはやめました。それにしても、本当になんか出してくるんだな、って目に見えてすごい。


と言うところで、ちょっと時間切れになったので、また続き書きます!






[PR]
by pineheath | 2018-04-05 16:15 | ヘルス・ウェルネス | Trackback | Comments(0)