<   2018年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

掴んでしまった問題の手放し方

今日2記事目♪

色々うまくいっている~♪って状態の時にも、ふっと何かが気になりだして、心がざわざわし出す時ってあります。


ある方向から見たら、充分幸せなはずなのに、何か問題がある気がしてくるんです。

その気になり出す『何か』は、フェイスブックでの友達の投稿内容だったり、パートナーの何気ない一言だったり、、、

そうすると、自分の中で、モヤモヤが膨らんで、それまでは幸せなはずだったのに、一気に不満、悩みの中に入ることになります~~。

『友達の方が人生楽しんでいるように見える~』、『自分には足りない気がしてくる~』


これって、なんだと思います?

なんで人って問題を取りに行くんだと思いますか?


人は、目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになってしまって、問題を掴みに行きます~~。


これ、大事なので、もう一回言います!


目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになるので、問題を掴みに行きます!!!


これ、『目標』ってたいそうな言葉を使うと、大きな目標が必要になる気がしてくるかもしれないけども、小さなことでもいいのです。

こうありたいと思うこと、

こうだったら、ほっこり幸せだな、と思うこと、

それに向かおうとする気持ち。。。

そんな、軽いエネルギーになること、それそのものが目標になりえます。


私たちって、成長したいんだと思います。

この地球に生まれてきて、何をしたいのかって、成長したいんだと思う。それで、その『成長』って何?っていうと、「『自分』という存在がわかっていくこと」なのだと思うのです。


『自分』が何者かわからない~って状態から始まり、自分を取り戻していく。


それが成長なのだと思っています。


成長するための手段として、何かに対して、これが問題だ!と思ってその『問題』に対処する形で進む方法と、ほっこり幸せって思うことに向かおうとする気持ち『目標』に焦点を当てて進む方法があるのだと思います。


ついつい、育った環境や、受けた教育から、自分が何者かわかっていなかった私たちは『問題』からスタートすることが当たり前で、それに慣らされていたのだけど、もう、『自分』がわかってきた今、『問題』に焦点を当てて成長するってパターンを捨ててもいい時期だよね、って思います。


『足りない』って気持ちを満たすために、やり続ける戦い、もう、それをする必要はないんです。


そんな苦しい戦いの中で成長しなくっても、私たちは光の中で成長できるんです~~。


IHのセッションではクライアントさんは『問題』と思えるところを抱えてセッションを受けにくるのだけど、セッション途中でその人の『目標』に光が当たった瞬間、パーっとエネルギーが明るくなります。

そして、問題に囚われていたところから、目標に意識がいって、自分はそこに行けるんだという安心感に包まれます。


これって、面白くって、この流れ(つまり、目標に意識がいって安心感に入るという流れ)の逆パターンをとることで、問題を捉えて離さない自分の手を問題から離すことができるなって思っています。

これは、いつでも、どこにいてもできるので、本当にオススメです。


つまり、問題が発生して、それに囚われそうになった時に、

まずは安心感に包まれることを選択して、目標をつかめる自分に持っていく!というやり方。


安心感に包まれること、ってなんでもよくって、五感が喜ぶ何かに集中するんです。

美味しい、とか、気持ちい、とか、いい匂い、とか、この音色好き、とか、です。

本当に、これは目の前にある、自分が触れている何かで心地いいもの、に集中すればいいのです。

その心地よさに集中すると、自然と意識が『問題』から離れてくれるので、その隙にこういうのが好きなんだなーこうなったら嬉しいんだなーっていう、自分の目標に目を向けていくのです。


問題を掴んでしまいそうになったら、または掴んで離せない感じになったら、目標になんて意識がいかない、って思うなら、まずは目の前の安心感に集中する。


ああ、心地いい~

ああ、いい匂い~

ああ、美味しい~

ああ、太陽があったかい~

ああ、コーヒー淹れよ♪

ああ、お気に入りのカフェいこ♪

ああ、あのDVD 観よ♪

ああ、みーちゃん(猫)フッワフワ♪

ああ、エマちゃん(赤ちゃん)いい匂い♪


なーんでもいいので、ちょっとフワってすることに気持ちを持って行って、それに数分間浸ると、問題だと思っていたこと(掴んで離さない状態のこと)がちょっと手から離れているのです。そこまで問題じゃない気がしてくる。

その状態になったら、問題を問題だと受け取る視点以外の視点で物事を見れないか、意識を広げてみるのです。

すでに自分には幸せなことがこんなにあるんだってことに気がつくタイミングです。


問題を掴んでしまう癖が治るまで、このやり方はかなり有効です♪
自分の成長のために、『問題』はいらない。

『こうなりたいな!』『これやりたいな!』『こんな感じが幸せだな!』のエネルギーだけでいいのです♡


IHセッションのお問い合わせ、ありがとうございます♪
11月後半からセッションなど入れていこうかと思っています〜〜よろしくお願いいたします!



[PR]
by pineheath | 2018-10-25 15:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

夫婦で家事のゴール地点を共有する

夫と話していて、ほんとそうだなーと思ったことがありました。

家事のゴール地点(理想としている状態)が夫婦で共有できていると、とにかくそのゴールに向かえばいいので、家事の協力がしやすい、と言うのです。


一般的に主婦って、最初から家事については総責任者的な役割になっているので、そのゴールが感覚的にわかってるのです。


洗濯物まわすこと、洗濯物干すこと

布団畳むこと、子供のおもちゃ片付けること、掃除機すること、食器下げること、食器洗うこと、etc,etc,etc,,,

それらの項目がどの状態になっていたら完成かってとっても感覚的なことだったりします。


でも、これがゴールってはっきりと言葉に出して意識したことってなかったりします。


夫側が家事の総責任者だったことが無い状態だと、そもそもどこを目指して家事をしたらいいのかがわかっていないのが普通です。


サポートする役割のマインドでしかないから、「何手伝ったらいい?」と、指示待ちになってしまうんですよね。


妻側は、その質問に対して、家事なんて、毎日のことだから、

「聞かなくちゃわかんないの?!!」

って呆れる気分になるし、本気でわかんないの?!と疑問さえ感じちゃうんだけど、妻は妻で家事を明言化したことがないと、一つのことが終わって、なんとなく次のことって感覚的に進めているだけでは、うまく指示ができなかったりするのですね。

どれが終わり?っていうのも明言化されてないしね。


人を使ったことがない店長みたいな。。。


家事、育児を夫婦で協力してやっていくのに、必要不可欠になってくることだと思うのが、


妻側の人を使う店長のマインド、

もしくは、

夫が店長になれるくらいの総責任者マインドを持ってもらうこと、なのかと思っていて、


要は、「何手伝ったらいい?」の問いに、妻が順序立てて指示できる状態になっているか、

もしくは

夫が「何手伝ったらいい?」という問いをする以前に、何をすればいいのか察して自分で考えて動ける状態になっているか

なのかな、と。


で、どっちを達成するのが楽か?というと、女性が『指示するマインド』(要は物事をロジックにして、人に示すマインド)を持つのは女性の中の男性性を発揮させることだったりして、不得意な人は不得意だろうし、そもそも、家事って状況によって完成度が変化しうる仕事だと思うから、指示するのが難しいことだったりします。


男性が総責任者マインドを持つことは男性の中の男性性を発揮させることなので、

私は男性に総責任者マインドを獲得してもらうことの方が楽な気がしています。


総責任者マインドを獲得してもらっている、つまり、家事のゴール地点が共有できている状態なのですね。


うちは、以前、3ヶ月間私が赤ちゃんだったゆいちゃん連れてアメリカに行った時に、みこちゃんとパパが二人で生活したことがあって、その時に、夫は家事、育児を全部一人でやるという経験をしました。


そして、その後にも家事、育児の責任者を交代にする、というシステムにしてみたこともありました(その時のブログ記事はコレ)(今はこのシステムではやってないです~)


夫は、その時のワンオペ育児経験から、とにかく手を動かさないと家事は進まないってこととか、育児では自分のペースではことが何も運ばないってことを経験したのですねー。。だから、「家事とは」、「育児とは」、を自らの経験を持って語れるようにまでなってくれています(感謝)



先日、10時に人が来るって時に、9時過ぎてるのに家はまだぐちゃぐちゃって状態の時がありました。

私は、「あーもうこんな時間!!!」って焦りながら家事を進めていたんだけど、このままじゃあ、どう頑張っても10時までにはやらなきゃいけないことが終わらなそう。。。
夫は9時半近くに出発しなきゃいけなかったのだけど、その出発ちょっと前に「10時までには終わんないよー、涙」と伝えたところ、一瞬で家事総責任者マインドスイッチが押されたようでした。


何をしなきゃいけないのか、を察してくれて、そこからものすごい勢いで家事が進み、そこからものの10分以内でやんなきゃいけないことが、次々に終わっていったのでした。


この時に、改めて、あーほんと、家事のゴール地点が共有できているのといないのとでは、お互いにかかるストレスが大きく違うなって思ったのでした。



あの時、「おわんないよー涙」と訴えたところで、「え?何すればいいんだっけ?」と言われていたら、ただでさえ焦りいっぱいな状態なのに、「もういい!本当に何もわかってないんだから!」ってなってたと思うし、夫がわも「なんだよ!手伝おうとしてるだろ!!」ってなってたと思う。こんなことから夫婦のイザコザって簡単に生まれていたんだと思う。


あの時は、夫の『家事総責任者マインド』が発動し始めただけで、私からは「あれして、これして」って何一つ言うことなしに、お互い無言で着々と家事を進めていけて、完成形に近づけることができたのでした。



家事なんて当たり前すぎて、言わんでもわかるでしょ!!!!


って思いがちなんだけど、夫側は家事という仕事の総責任者になったことがなければ、それが本当にわかってないのです。


主婦は感覚的に家事を進めるから、明言化して家事にはこれがあり、これがあり、これがある、、って理解してないかもだけど、男性の脳には箇条書きされてやることリストが入っているように思います。

そして、一度そのリストが脳に書き込まれたら、普段は発動させていなくても、スイッチを押したら発動される、みたいになるんだと思います。


今現在は、普段の生活では、私が家事、育児の総責任者でやってて(私が基本家にいるし)夫は家にいる時には最大限手伝うっていうシステムで家事、育児を回しているけども、その夫の協力がバイト生のマインドなのか、総責任者のマインドなのかってところで本当に、大きく、大きく違うのですよねー。


夫婦のストレスを大きく減らすために、家事の明言化、夫にも家事の総責任者マインドを持ってもらうことの大切さ♪



[PR]
by pineheath | 2018-10-25 15:12 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

問題の本質に気が付いたら、問題と思っていたものははどうでもよくなる

夫婦間で意見が一致しない事っていうか、揉め事になることって、それぞれの夫婦とか、パートナーとかで色々だと思うのですが、うちの場合は、私の冷蔵庫の中身に関して。


夫の気に入らない点は、私が『いつも買い込みすぎてて冷蔵庫がパンパン』ってところでした。


うちは基本的には、私が料理してるけど、夫も時間がある時は台所に立ってくれるし、朝なんかは残り物などを適当にアレンジして朝食作ってくれるのですが、冷蔵庫がすっきりほとんど何も入っていない状態が好きな夫にとって、いつもぎっしり状態の私管理の冷蔵庫はプチ(いや、かなりの?)ストレスなのですね~。

で、一言私に言いたくなるのです。


産後1ヶ月外出していなかったので、買い物に出なかった私、生協で対応していたので、生協が届く直前には冷蔵庫がかつてないくらいスカスカになりました。

その冷蔵庫を見て、夫が嬉しそうに「この状態だよ!こんなに空な冷蔵庫、久しぶりに見た!」と喜んで発言しています。


そして「すぐそばに商店はある訳だし、その日必要なものを、その日に買ってくればいいし、その方が新鮮だし、冷蔵庫も、いっぱいいっぱいに入っているよりもよく働けると思うんだよー。」と、冷蔵庫が空な方がいいという正当な意見を言ってました。

その意見はごもっとも、本当にその通りだと思うんだけど、それを聞く私はモヤモヤ、モヤモヤ~~。

それでも、なんとか冷静に「うん、でも、毎日買い物に行くのは面倒だし行ったらついでに買っておきたいっていう気持ちになるし、冷蔵庫に入っていたら、作りたいときにすぐに作れるし~~」と、私側の弁明をしていた訳です。


でも、この時点で、私は結構モヤモヤしていた訳。


で、夫が冷蔵庫の中身見ながら「あー、でもけっこう空っぽだけど、それでもまだ食材入ってるね、あと数日は買い物せずにも行けそうだね~♪」と、こっちのモヤモヤに気がつかずさらなる追い討ち。笑


その時点で、私は平静さを失って、「文句あるんだったら、その役割してくれてもいいんだけど!」と、怒りを込めて冷たく言い放ってました。。。。


この私の発言を聞いて、夫は言い過ぎた、って気がついて、私に謝ってさえくれたのだけど、私の気持ちはすぐにおさまらず、笑、『なんで、そんなこと言われなきゃいけないんだ、私はこんなに一生懸命やってるのに!!』とか、『産後なのに、結構食事作りも頑張ってる私に、今、こんなダメ出しする訳!?』みたいな思考が次々出てくる訳です。

悪い思考でさらに感情が波立ち、私は、さらに嫌な気分に~~。


はい、これ、ありがちなパターンですよね~~。笑笑


でね、この記事は、別に夫の悪口を言いたかったわけではなくって、、、


こうやって、『相手』のせいで私は嫌な気分なの!と、相手が問題だとしているうちは、なんの解決も生まれない、ってことを伝えたかったから記事にしてみたのです。


私はこの時、散々「なんで『相手』はそう言うんだろ!どうしてこうしてくれないんだろ!」と、『相手』が問題だって思考を頭の中で繰り返し、笑


その思考に疲れたころ


『いや、そもそも、私ってなんでそんなに腹が立ってるんだ?』って冷静になることができました。笑(やっと笑)


なんか、自分の気持ちを押し殺してるところがあるのかな、ってところを振り返ります。

そもそも、わたしが思考していること

『産後、一生懸命頑張ってご飯作ってるのに!』って、私にとってほんとにほんと?本当にそう思ってる??


私って我慢して、頑張ってご飯作りやってる?ってこと?私本当にそう思ってる?

 NO! イヤイヤ、私やりたくてそうやっていることやん!楽しんでることやん!それ、頑張ってるって思ってないやん!!


私たちの思考って、自分にとっての真実じゃないことであっても、もっともらしくぐるぐる回ってしまう時ってあります。だから、思考し続けてることがあったら、それって本当?って自分に聞いてみるのは、自分の本音をのぞかせるのに、有効だなって思います。


例えば、彼氏が約束の時間に来てくれなかった、とかって時に、『どうせ愛してないんだわ、私のことなんて、どうでもいいんだわ!いつだってそうなんだから!!』って思考して、涙が出て来たりします。

でも、条件反射的に出てくる思考に対して、『それって本当?』って自分にもう一回確かめてみたほうがいいです。

私たちは一回の出来事とかを引っ張り上げて、どうせいつもとか、どうせみんなとかって全部をそうであるかのように脚色しちゃうんだけど、よくよく考えたら、一回~3回しか、そのこと起こってなかったりするのです。

よーく冷静になってみると、他の時には、ちゃんと愛されているってわかる出来事もたくさんあったりするんです。。。


話を戻して、、笑


『頑張っている私に、もっと頑張れってダメ出しされた!』ってことでモヤモヤしていたわけじゃないことに気がついた私。(そもそも、夫はダメ出ししたつもりも何にもないのだけどね~~)


じゃあ、何が嫌だったんだろう???本当は何にモヤモヤしたんだろう??

って、自分のモヤモヤポイントを突き詰めるのです。


そんな時、ちょうど見ていたドラマの中に冷蔵庫を食材でいっぱいにしてしまう主人公が出てきました。(『Nのために』ってタイトルかな。HULUで見れました)


ドラマの中の彼女は、母親がお金を使ってしまうので、使われてしまう前に食材を買い込んで料理にしてしまうのです。でも、その料理は食べきれる量ではなく、結局、友人たちにも作り置きのお惣菜をシェアしてあげたりしてました。

その彼女が作り置きの料理をしている姿は、なんかもう必死って感じで、楽しんでやってるって言うのとは違って、そうしないといられないって感じ。


そのドラマを見ていて、『ああ~~~!!!」って気がつきました。

『ああ、私って、ここまで病的ではないけど、この要素があって、だから食材を買い込むんだ!」って気がついたのです。


私にとって、『食材が冷蔵庫にしっかり入っていること』=『安心』

だと気がついたのです。


だから、夫が「冷蔵庫は空っぽがいい」「買い足さなくていい」発言をすると、私の安心が奪われる気持ちがして感情がざわついたのです。


私にとって、買うこと、そのことが好きというより、入っている状態が保たれていることを求めている感覚です。なんなら、使わなくていいなら、入れたまま置いときたいくらい。笑

貴重な食材をやっと手に入れたら、夫はパーっと使っちゃうけど、私は使わず置いておきたいくらい感覚になります。なくなっちゃったら、また買わなきゃいけないじゃん、みたいな。。



そこまで気がついたので、じゃあ、なんで食材が入っていたら安心なのか、どこからその信じ込みがきたのか?ってことを考えていきます。


これは、まだ自分でIHやれてないから、思考の顕在意識でしかわかってないから、潜在意識にはまだ他の要因も眠っているかもですが、

いまのところ気がつけているのは、


1、アメリカ生活が長く、食材は車で30~40分走らないと買いに行けない距離だったり、日本食材が簡単に手に入らない環境だったから


2、母親も同じように冷蔵庫をパンパンにしておく癖があり、父との喧嘩の元になっているのだけど、母親から受け継いでいる『世代間の信じ込み』が私に入っているから。


なんか、この二つのうち、2の可能性が大きいなあ~~って思っています。


ああ、そうだったのかあ~~って、本当に自分の中で腑に落ち、冷蔵庫をパンパンにする自分を客観視することができ始めました。


すると、あんなに夫に対して腹が立っていたのに、それ、なんの話?って感覚になり、笑

問題の本質はいつもいつも自分の中にあるんだなあってことに改めて納得しています。


そこまで行き着いて、穏やかな気分になっていたら

夫が不機嫌な妻をなんとかしようと、子供を迎えた足でお花を買ってきてくれました。笑


家に子供達が先に入ってきて

「まま、パパがごめんなさいって~許してあげや~~」

「ほら、パパ謝って~~!」だって。

いやはや、パパが悪いんじゃなく、自分の問題でした~~


その後、日常に戻った時に夫が『で、あの時は、何が一体嫌だったの。。。?』と。笑

訳も分からず、とにかく妻を怒らせてしまったらしい、ということでの花だったらしい。。


f0128026_16332806.jpg

f0128026_16332367.jpg

                          今日は、茶畑を見下ろせる家でのランチタイム〜










[PR]
by pineheath | 2018-10-22 16:36 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

体が求めるものを食べる~母乳にあずき?!

私はヘルスセッションで直感に従って食べたいものを食べる、というお話をしています。

体は頭よりもずっとなんでもよくわかっているので、頭で『これがいい』と考えて食べるよりも、体が求めるものを食べることが、健康への近道だと考えています。

もちろん、そのためには、自分の体との信頼関係が築けていて初めて、求めるものが素直に分かっていくので、セッションでは、自分の体との信頼関係を取り戻すことをやっていきます。


今日は、やっぱり体が求めるものには理由があるんだなあ~~と改めて思ったという話。


今回の産後、無性に食べたくなった食べ物、それは小豆でした~。


産後1ヶ月少し経つのですが、この1ヶ月ちょっとの間に小豆を何回炊いたことか。笑

最初は、少し甘い方がいいかな、と思って、炊いた後に、麹と発酵させて少し甘くして食べていたのだけど、いやいや、まてよ、あんこの甘さが欲しいわけじゃなくて、小豆そのものが欲しいんだわ、と、気がついて、それ以降はただただ炊いては、少し塩を振って食べたり、そのまま食べたり~。

小腹が空くと、小豆があるとそれ食べる、みたいになって、ただ、ただ食べ続けています。


ふと、なんでこんなに小豆が食べたいんだろう?と思って、改めて小豆について調べたら、まあ、まあ、かなり栄養価の高い食材なんですね~小豆って!

このサイトがあずきの栄養についてよくまとめてくれてました!

http://www.azuki.tokyo/archives/1160.html

そこのサイトにも書いてあるけど、タンパク質も、鉄分も多い!今回の産後は、動物性のタンパク質だけではなく、植物性のタンパク質も体が欲していると感じます〜。


そして、『母乳の出をよくするために、あずきを食べました!』と言っている方もいたりして、母乳の出が良くなる食べ物として、知っている方もいるみたい。


私は、ずーっと前にマクロビを信仰していた時に、笑、小豆かぼちゃであずき食べたりしていたけど、そんな昔のこと、本当に忘れてて、あずきは正月に餅に添えて食べるか、お団子屋さんで買ってきた饅頭に入っているか、くらいで、私があずきを炊くということはここ数年していなかったのです。


体って、本当に天才です。

産むまでは一切考えなかった小豆なのに、産んだ途端、小豆が食べたいなあって普通に感覚として上がってきて、あずきを炊いて食べるんですからね~~。


あずきのお陰か、母乳は相変わらず良く出ます♪


今日は、目先を変えてベーコンと一緒に煮ました。

f0128026_15332119.jpg


アメリカにいた頃に、黒豆のソースを作っていたのだけど、(レシピが過去のブログにありましたhttps://pineheath.exblog.jp/16892981/
そのアレンジバージョンといった感じです。もうね、病みつきになる美味しさです♪

あ、このリンク先では、豆を圧力鍋で炊いてるけど、この頃は、あずきはホットクックで炊いてます~。ほっといたらいいので、授乳の合間に仕掛けて忘れておいても大丈夫なので助かってます♪

f0128026_15331614.jpg

つぶあんモードしかないので、これでセットしたら、1時間したら止めます。庫内で少し放置しておいたら、いい加減な柔らかさになります〜。





[PR]
by pineheath | 2018-10-20 15:46 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)

[CS60] CS60の紹介ビデオ撮影秘話♪~youtubeにアップされています

8月にここ和束のPure Food Pure BodyのセッションルームにCS60の西村先生ご一行が来てくださって、この辺りに住む方を対象とした施術体験会をしてくださいました。

ここにいらっしゃる前に、岐阜の高山市でも施術体験会をされていて、そちらとここでの様子をプロカメラマンの中村祥一さんが撮影、編集されて、プロモーションビデオとして完成されてます。



前半の歌うおばあちゃんのパートが高山でのもので、後半の映像はここでのものになります♪


作成途中のビデオの映像を見せてもらっている時点では、完成形のイメージがついていなかったのですが、出来上がったものを見せてもらうと、ピースとピースが綺麗につながり、感動!そして、その描写の美しさに、なんだかうっとりと見とれてしまいました~。

さすが、高城剛さんの紹介でこのCS60のショートムービーを作ることになった中村さん、持っていらっしゃる感性の素晴らしさに、さすが、さすが!!です。


施術会の後の食事会の時にお話を聞いていたのですが、西村先生がこのプロモーションビデオについて口出しをしようとしていたら、おかみさんから「先生!高城剛さんから、どんなビデオにして欲しいとか、一切口出しせず、中村さんに任せることが一番いい方法ですからね!と言われたじゃないですか!」と釘を刺されていました。笑。


このプロモーションビデオ、本当に、素晴らしいものに仕上がっていて、現場にいた私としては感無量です!!英語のキャプチャーが入っているので、外国の人にも紹介できるものになっています。


CS60を受けてくださって、杖無しじゃ歩けなかった方が歩けるようになったり、上がらない足が上がるようになったり、聞こえない耳が聞こえるようになったり、と、現場は感動の嵐だったのですが、その場面が表情から感じ取っていただけるのではないかな、って思います。


さて、その撮影が行われた施術体験会の日の様子をこちらでも少しシェアさせていただきますね。(8月のことだったので、あっという間に2ヶ月経ってしまいましたね~~)


f0128026_16123083.jpg


その日は、皆さんに10時頃から集まっていただき、最初は西村先生からお話をしていただきました。すでに私が数回施術したことのある方もいらっしゃったのですが、CS60は全く初めて!という方も数名いらっしゃっていました。皆さん、真剣に西村先生のお話を聴いてくださってました。先生も、ここだから言える、、というような施術してきてのびっくり話もしてくださってて、お話はとっても興味深いものでした。


f0128026_16131528.jpg


その後は、先生ひたすら施術~~。

f0128026_16143227.jpg
f0128026_16140029.jpg

お昼休憩を挟んで、また、施術~~。

f0128026_16151950.jpg


私が数回施術している癌を患っている方も先生から施術を受けたのですが、先生は施術し始めてすぐに「おーいい体ですよ!」と。

その方は、CS60受け始めて癌のマーカーは下がったのですが、こちらのサロンにいらっしゃる度に、「でも、腰が痛いの」「でも、足が痛いの」と、次なる不調を訴えられていたので、先生の「いい体だよ」という発言に、私としては???だったのですが、夜の食事の時に先生に「あの方は癌を患っていたのに、先生はいい体だっておっしゃっていたのは、どういう意味ですか?」とお聞きしたら、「ああ、もう、滞りがない状態で、いい状態になっていたからねえ」と。

それで、「それはCS60をすでに5回施術しているから、いい状態いなったということですかね?」とお聞きしたら、「それしかないだろうねー」というお返事でした。


私も、この方に関して、施術の効果は出ているな、と、回を重ねることに感じていたのだけど、クライアントさん側は『よくなっている箇所』よりも『悪いところ』に焦点を当てるタイプなので、なかなかお話では改善しているとおっしゃらない場合もあって、そうすると、こちらは『よくなってる気がするのだけど、そんなことないのかなあ』って不安になったりしていましたが、これもIH(インテグレートヒーリングのセッション)と同じなんだなあ、と思いました。

確実に変化は起こせているけど、それをクライアント側が体感として感じ切れる場合とそうでない場合があるのだな、と。

実際細かく聞いていくと、変化しているにもかかわらず、その人の思考の癖でついついよくなっている、変化している部分ではなく、悪いところを探す癖がある場合だと、よくなったところ、変化したところは見えなくなる人もいるんだな、ということを改めて学びました。


この経験から、やっぱり、私ができることは、1施術1施術細胞が元気になることをイメージして精一杯施術すること、それをブラさないことだなあ、と思った次第です。


CS60ってとても不思議なエネルギーがあるものです。

あるクライアントさんが「7次元の施術だと聞いてきました!」とこちらにきたのですが、西村先生のご著書には5次元の施術道具だと書いてあるけど、7次元とは書いてないので??だったのですが、某有名大学の物理学の教授がCS60を見てその発言をしたということらしいですね。。その方は、どなたか著名な方の後援会でその話を聞いたとかでしたが。。


と、何はともあれ、この地球上の3次元では『想い』って時間をかけなきゃ乗っかっていかないな、って思っているのですが、上の次元になればなるほど、『想い』が瞬時に乗りやすいんじゃないのかな、って私は思っていて、だから、CS60は施術者がどういう『想い』でやっているか、が本当に大事なんじゃないだろうか、と感じています。もちろん、受ける方がどういう『想い』でいるか?も同じように超大切です。

だから、CS60を受けにいらっしゃる方は、CS60が効くんだと信じて受けて欲しいと思います。

西村先生の施術を見ていて、私と違うところがあるとすれば、CS60への絶大な信頼があるがゆえに、ここぞというところでは、クライアントさんの『痛い!!!!!』という訴えにビクともしない貫き通す力なのかな、と思います。

私は、CS60は効くということはわかっているのだけど、ついつい、クライアントさんが『痛い!!!!!』というと、少しお手柔らかにしてしまうのです。

でも、西村先生は1回の施術で大きな効果を上げるために、『ここ!』というところでは、一切の手加減をしません~~。

私の施術を受けてくださっている方で、西村先生の施術を受けてくださった方はお腹の施術を受けた後、「わー。。本当に失神するかと思ったわ~」とおっしゃってました。


f0128026_16190053.jpg


お昼ご飯はここ和束で商店を営んでいるきんごさんが差し入れてくれた特製本格カレー♪

きんごさんもCS60の絶大なファンになってくれているので、この時は人集めからお昼ご飯まで尽力いただいて、大感謝です♪カレーも大好評でした!


f0128026_16193866.jpg


そして、夜はスタッフと先生、おかみさんとで食事♪

本当に、いろんな話を聞けました。

(すごい話すぎて、ブログでは書けないことが残念です。シェアして良さそうな内容があったら、こちらにも書いていきます〜〜)

この機会だから、と、とても大切な話もしてくださって、

西村先生とおかみさんのCS60への想いも改めて確認することができたし、こんな機会をもたせてもらえたことが本当に感謝の夜になりました。


CS60に出会った時は、ここまで深い関わりになるとは思っていませんでしたが、このような本物に出会えて、本物な先生とのご縁ができて、夫もなぜかいつの間にか施術者として、私の代わりに施術受け持ってくれている状態になってて、この流れ、すごいなあ、と思ってます♪


※ただいま、産休中のため、夫が私の代わりにCS60の施術を担当しています。基本水曜日に施術させていただいています。

keiko@purefoodpurebody.com







[PR]
by pineheath | 2018-10-18 16:29 | CS60 | Trackback | Comments(0)

産後の体にCS60

f0128026_19532991.jpg

さてさて、昨日は1ヶ月検診でした♪


愛茉(えま)ちゃんも順調に成長してくれています!母体も順調に回復しました!


今回お世話になった産院は前回のゆいちゃんの時にもお世話になった産院で、私が6人目の経産婦ってことで要注意人物だったこともあり、先生&スタッフもよく覚えてくれてて、皆さん、よくしてくれました。


1ヶ月検診終わって、先生が「もうこれで来ることはないのだけど、がん検診とかにも、また来てくださいね。あ、それか次があるのかな?」と笑っておっしゃってて、「いや、もう勘弁してください!!」と笑って診察室を出たのでした。

ああ、なんか、卒業~って感じで涙が出そうでした♪



なんだかんだ、高齢だし、多産婦だし、って気負っていたところがあったのかな~、無事1ヶ月検診で、母子ともに合格判定もらえたことに、ホッとしました。


出産にまつわることで大変なのって、つわりの時期、臨月、そして産後1~2ヶ月って私は思っているのですが、産後の1ヶ月が終わったことで、大変なのは、あとは産後2ヶ月目を残すのみに🖤



生まれてすぐの赤ちゃんって、おっぱい飲んで、ねんねして、ウンチして、おしっこして、おっぱい飲んで、ねんねして~~の繰り返しで、母親はそれにただただおつきあいするんだけど、2ヶ月もすると、赤ちゃんは随分反応良くなってきて、表情が出てくるので、毎日赤ちゃんに向き合っていても、ママとしての楽しみが増えてくるんですよね。


私は、生まれるまで、散々動いていたから、生まれたら、引きこもり生活(?)になることを楽しみにしていた部分もあって、観たいなって思っていたアメリカのドラマシリーズやなんかを散々見てるんだけど、そろそろ、それも飽きてきたかな、、、という今日この頃です。笑


愛茉ちゃんは、えらくいい子で、ゴクゴク飲んだら、よく寝てくれるし、沐浴も気持ちよさそうに入ってくれるし、おっぱい欲しくて夜中に目が覚めても、最初はごにょごにょ言ってるだけで、全然本泣きにならないし、で、ほとんど泣かないベビちゃんです。


昨日、1ヶ月検診に産院に行って、他の赤ちゃんがギャン泣きしているのを聞いて、あー赤ちゃんって、こう泣くんだったね~~四六時中、この鳴き声がいつ上がってくるか、と、ハラハラビクビクしていたこともあったな~~、なんて思ったのでした。


愛茉ちゃん、ほんと、泣かないわ。というより、泣くところまでが長い。笑。相当ほっといたら、泣くとは思うけど、それまでごにょごにょ言ってる。笑


だから、私は、家事が終わっていたら、おっぱい飲み終わって、寝ちゃってる愛茉ちゃんの横でなんかやっていることが多いです。愛茉ちゃんの寝顔観察したり、見ようとためていたDVD見たり、ドラマ見たり、また愛茉ちゃんの匂いかいだり(笑)そんなことばっかりしている。ほんとに、癒しの1ヶ月でした~。


夜中もしっかり3~4時間寝てくれるから、私は極度の寝不足にはなってないのだけど、やはり産後特有のなんとなく眠い~っていうのはありました。


でも、なぜか日中には、寝れなかったりしていたのです。寝だめしておこうっていう気持ちはあるのに、寝落ちることができない。。


でも、面白いことに気がつきました。

夜にCS60を全身当ててもらったりすると、その翌日は日中も眠くて眠くて、がっつり寝れちゃう。。それも、深くて質の良い睡眠をとれるんです。


CS60を受けられた方が「普段は睡眠薬がないと寝れなかったのに、CS60受けた後には、夕方6時から朝の6時まで睡眠薬もなしに、12時間ぶっとうしで寝ました!こんなこと、初めてです!!」っておっしゃってたのだけど、CS60を当てると、体の細胞が活性化するんですね~、ものすごい活動をするので、自分は全然動いたつもりじゃなくても、マラソンした後に、体が疲れるのと同じように、全身の細胞が働いてくれて、疲労して眠たくなるようです。あまりにも細胞が普段から動いていない方の場合は、だるさが数日続くってことにもなるようです。


そして、CS60受けて、細胞が活性化して、眠~くなって、寝た後、私の場合は体がいつもに増してかなり爽快になっています。


CS60を施術するだけではなくて、近くに施術者がいる(=夫が施術者)ということで、しっかり自分も施術が受けれる、というのは、ものすごい学びにつながっているなと思います。


施術しているだけでは、得られない情報を施術を受けることで、体感として得られることができることがかなりありがたいです。


例えば、強めに施術する場合と、弱めに施術する場合の体が受ける感覚の違い、効くところの違いなどは、受けて見て初めて感じることができることだなって思います。


弱めの施術は、表面が流れていいのだけど、やはり奥にある凝りに届きにくいと感じてます。相当時間をかければ、緩めの施術でも奥に届き始めるのかもだけど、30分とか重点的に、肩のコリをほぐすのに緩めに肩だけに施術しても、深部のコリが解消されません。で、通常は、1時間で全身をやるので、肩だけに30分とかかけてられないのが普通です。

でも、ここだ、というポイントをCS60で強く押し込んで、一度奥に届く道がひらけた感じになると、あとは緩めの施術でも奥から悪いものが引っ張り出されるんだな、と思います。弱いのがいい、とか、強いのがいい、とかいうのではなくて、やはりその使い分けなんだろうな、と。


でも、CS60の施術をこうやって受けてて初めて、自分の奥にある凝りなのか、表層のものなのか、が体感としてわかってきたので、初めてCS60を受ける方がそこまで体感覚で判別するのは難しいかな、と思います。

CS60を何度か受けるうちに、表面の鎧が取れてくる』という表現をよくするのだけど、その鎧というのは、表面の凝りともまた違っていて、麻痺しているというか、しびれている部分というか、そんな感じです。


ほんと、西村先生がおっしゃる、ペンキで分厚く塗られているみたいなものだ、と、そんな感じ。

それがあると、感じにくいのだと思います。


で、通常は私たちの体は、その鎧(ペンキ)をつけている状態なので、感度が低いのですね。

でも、CS60を当てることで、その鎧が取れて、感度が良くなり、表面が凝っている状態なのか、深部にコリが溜まっている状態なのか、が感じれるようになる、って流れなのかな、と思います。


そうそう、CS60施術し始めた当初の頃は、クライアントさんの悪いところにCS60 当てても、手にビリビリ来ることは感じれなかったけど、それも、いつの頃からか、手にビリビリ感じるようになったなあ、って思います。それも、私自身の表面の鎧がなくなったからだろうなって思っています。


さて、産後1ヶ月終わったので、こうやって、ぼちぼち、ブログも書き始めていこう、脳みそを作動させていこう~~と思っています!


主人のCS60の施術はなるべく水曜日に集中させていただいています~。

私も、体力的には、施術できる体力が戻ってきました~。変われる時には交代で施術させていただこうと思っています!


IHセッションの方は、産後2ヶ月たったくらいから、ぼちぼち再開していきます〜〜

お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com




[PR]
by pineheath | 2018-10-13 19:58 | CS60 | Trackback | Comments(0)

出産報告♪無事うまれました🖤

こちらでの報告が遅くなってしまいました。


9月14日、正期産に入ったその日に無事女の子を出産しました。

f0128026_15214757.jpg

f0128026_14322979.jpg


名前は『愛茉(えま)』と名付けました。



産後3週間近くが経とうとしていますが、母子ともに順調にいっています💕




毎回お産って予測がつかないなって思います。それでも、赤ちゃんがベストな時を自分で決めて生まれてくるって思っています。

今回も仕組まれていたんだなあ、って思うお産でした。


今回は、まさかのパパ不在の中でのお産でした。


パパはヨーロッパへのお茶普及の遠征中~あと3日程で帰ってくるから、正期産に入っていても、さすがにパパが帰って来るまでは生まれてこないだろうって思っていた節があったのですが、

どうやら、今回、赤ちゃんはパパのことは待てなかったらしい。。。


14日の朝に生まれたのだけど、12日、13日あたりからオリモノが変化してきてて、あれ~~って思っていたのです。(出産が近くなると、妊娠中のオリモノが変化すると言われています)


で、13日には、延び延びになっていた、ここの辺りのママ友とのランチ。

計画しては、子供の病気とかで延び延びになってしまっていた会でした。

仲良しのママ友達Mちゃん、Aちゃんに「オリモノが変化してるんだよねー、夜中に何かあったらどうしようって、目が覚めてた時に思うんだよ、パパが帰ってくるまであと数日なんだけど、やっっぱりちょっと不安でね~~夜中に目が覚めた時に、こんな夜中に陣痛起こったら、誰が私からの電話取ってくれるのかな、って。。。」なんて話していたわけです。


妊婦は眠りが浅いので、夜中にトイレとかお腹の張りで目が覚めます。そんな時に、今陣痛起こったら、どうするんだろう~。。って思っては、まあ、なるようになるしかないから、流れに任せよう、、、と、気持ちをしずめていたのです。。


で、そんな話をシェアしたら、Mちゃんが「じゃあ、今日からパパさん帰って来るまで、夜寝る時には携帯を枕元に持っていっておくよ!!夜中に連絡きても、ちゃんと電話取れるようにしておくからね!」と言ってくれたのです。


14日の3時45分にジョ、ジョ、っていう尿もれのような、破水のようなものを感じ、目が覚めました。さっきトイレに起きたばかりだから、こんな尿もれってないよね。。。え。てことは、まさか破水???!!!始まっちゃった?!!!


ちょっと信じられない気分に。まだ、パパはヨーロッパだよ~~~涙。。と。。


そして、時刻は、真夜中。。。この尿もれとも間違えそうなくらいの破水にもかかわらず、病院にこの時間に駆けつけるべきか、、、陣痛起こってないし、朝まで待つべきか、、、


パパがいるなら、間違いなく病院に連れて言ってもらうのだけど、誰かに電話して、起こして、病院に連れて言ってもらうって、ハードルがかなり高い気がしたのです。

それに、じっとしていると、尿もれ位の破水は止まっているし、、、これ、本当に尿もれだったら、今、皆を起こして病院に駆けつけたら、大迷惑だよなあ~~


もうね、いろんな考えが駆け巡るわけです。笑


で、とりあえず、落ち着いて、まずは夫に「うー。。破水」とだけメッセージを送り、産院に電話。


状況を話してみると「話を聞く限りでは、破水だと思うわ。そして、陣痛始まったら、もう、あなたの場合は動けなくなると思うから、今のうちに、すぐに産院に来て!」との指示。


「確かに、間違っていたら、恥ずかしい、とか言ってる場合じゃないな、、、」と思い直しました。

そして、とにかく産院に連れて行ってくれる人を見つけなきゃ、子供達もどうするのか考えなきゃ、ってことで、電話し始めました。


義弟君に電話~


ここから何時間もかかるところに行ってて、すぐに駆けつけるのは難しい、とのこと。チーン。


義父母に電話~


誰も出てくれない。。チーン。


主人の会社の社員さん(いざとなったら頼むかもと言っていた人)に電話~


誰も電話に出てくれない。チーン。


タクシーに電話~


こんな夜中に和束町には行けません、とのこと。チーン。


そして、最終手段として、昼間に会っていたMちゃんに電話~~


そしたら!!なんと、なんと、ワンコールで電話取ってくれたのです~~!!!


そして、他には誰も捕まえれていないことも話したら、「なんとかするから、大丈夫だから!」と言ってくれて、なんと、ご夫婦で、うちに駆けつけてくれました!!!嬉涙


Mちゃんがみこゆいと朝まで一緒に眠っててくれることになり、Mちゃんご主人が私を産院に連れて行ってくれることに。


そんなこんなで、無事に産院にたどり着くことができたのが朝5時、検査してもらったら確かに破水しているから、入院確定です~~って判定もらって、ある意味、ほっとしました。「間違いじゃなかった~~」ってね。笑


Mちゃんご主人は、無事任務を終えて、「あ、じゃあ、僕は帰っていいのかな」と。

まだ、私も陣痛が始まってなかったから、冷静なもんで、「本当にありがとう~~」と冷静にお見送り。

なんか、予想していた流れとぜんぜん違うことに戸惑いつつも、この流れに任せようと思いました。



モニターつけながら、助産婦さんに、今からもしすぐに陣痛起きなかったとして、破水しているから、最終陣痛促進剤使うのっていつですか?と聞いていました。

夫が今すぐスペインを出発したらお産に間に合うのか?が知りたかったのです。

でも、24時間後には陣痛促進剤を使い、陣痛を始まらせるっていうことで、その時は、関空が台風の影響でクローズになってたので、羽田経由で帰ってくることになってたので、どう頑張っても、おさんには間に合わなさそう、、、と諦めました。


でも、後から聞いた話では、そのモニターつけ始めた時点で、実は10分間隔で陣痛は来ていたっぽい。


部屋でモニターしながら、私は、このまま入院だから、この後のセッションはキャンセルいれなきゃ~~と、クライアントさんにメールしまくってました。笑


そして、前回のゆいちゃんの時には、アメリカの弁護士との契約の日に破水したので、破水してから、弁護士さんに契約のためのスカイプミーティングを延期してほしいってメールしたんだったなあって思い返したりしてました。


あの時に比べたら、なんて、平和なんだろう~~ってね。


もう一回大きくばつんと音がして、今度は大量に破水しだしました。

痛めな陣痛になって来たので、助産婦さんを呼んで、陣痛の合間に分娩室に歩いて移動。6時6分でした。

陣痛の合間に夫とフェイスタイムで話して。夫は現地でのイベントが終わって、会の主催者たちとスペインの酒場におりました~~。笑笑


そこからは、アレヨあれよと言う間にお産が進み、次から、次に来る陣痛に耐え、握る手もないので布団の端っこを握りしめていました。

フリースタイルのお産ができる産院なので、畳の上に布団敷いて、その上での出産だったのだけど、みこちゃん、ゆいちゃんの時みたいに、後ろから抱っこして支えてくれる夫がいない状態で、今回は横向きに寝そべった状態でした。

なんだか、態勢が悪いなあ~こんな格好で産んだことないし、大丈夫かなあなんて思いながらも、痛みで体を動かすことができず、陣痛の合間に、助産婦さんに、「この態勢で産めますかねえ?」と聞いたり、「下に来てる足をもっと曲げたいですけど、、」と注文したり、色々うるさい妊婦だったかもです。笑

でも、体勢とか関係なく、お産はどんどん進み、


7時10分無事出産~~。


3番目のMちゃんを産んだ時も、3回いきんだら出て来た、楽なおさんだった~~って覚えがあるんだけど、今回は、「いきみたくなったらいきんで!!」って言われてから一回大きくいきんだら赤ちゃんは出て来てくれて、本当に楽なおさんでした。


普通は、頭が出そうで引っ込むみたいなのを繰り返す時があるはずなんだけど、笑、『あれ、もう出る?』って思ったほどでした。


なんかね、予想より早く生まれて来たことや、スピード出産っぷりに自分自身ついていけていない感じでしたね~~。


パパに「うまれた」と報告入れたら、

「すげ〜。

一瞬やったね。」

との返事。

本当に、一瞬の出来事のようでした。


でもね、生まれてから、あ、そうかあ、って思ったのです。


前回のゆいちゃんのお産は『旋回異常』(赤ちゃんが逆回りする)だったのだけど、私が経産婦だから、「この人は自力で産める」っていう助産婦さんの判断で、とにかく息んで息んで、力の限りいきんで産むことになったお産でした。


あの時のお産の最中には「産めないかもしれない」って恐怖が一瞬沸き起こったのでした。それくらい時間は短くとも力を使い果たしたお産でした。


その記憶があったから、「ちゃんと正しい方向に回って生まれておいでよ~~」ってことはすごく思ってて、楽なお産になってほしいっていうWISHは根底にすごくあったなあ、って思い出したのです。


今回、赤ちゃんは37週だけど、2994gという大きすぎず、でも小さすぎない体重で生まれてくれました。

これが予定日とかにまでなっていたら、きっと、大きくなりすぎて、こんなに簡単には生まれてくれなかったなって思います。私の一番楽になるように、そして、いろんな手配も整う時に生まれてくれたんだなあってことがわかります。


パパが留守でも、パパが帰国するその日までの数日間は、義母の仕事がちょうどお休みで、みこゆいの面倒をバッチリ見てくれることができたり、全部が綱渡り状態だったけど、結果的にすべてがうまくいったのです♪


f0128026_14381862.jpg


お産が軽かったこともあり、産後は、私は意外と元気でびっくりです。

あ、産後の子宮が収縮する痛み(後産)が23日はものすごく痛かったのですが(経産婦になればなるほど、後産は痛いらしい)、面白いことに、イタタタ~~って収縮痛が起きた時にCS60を当てると、痛みがスーーと引いていくのがよくわかりました。

入院中に子宮の戻りをチェックするのだけど、「あーもうカチコチだね、よく戻ってるわ!!」と。


子宮の戻りもよく、悪露も過去最高に早くおさまって、なんか、すごいなあ~~私の体、若返ってる??笑。って思っています。笑

そして今は念願だった、CS60 でお腹ゴリゴリをやってます!(CS60に出会った時にはすでに妊娠初期だったから、お腹ゴリゴリは自分のお腹にはできなかったのです~~)


そして、今回の産後、おっぱいの重さ&頻回授乳&搾乳による極度の肩こりも、CS60で乗り切れています~。


ボクサーがラウンドとラウンドの合間にリングのコーナーで体のメンテをしてもらうように、夜中の授乳が終わった時などに夫が凝っている部分にCS60を当ててくれることで、めちゃリフレッシュしてます。(夫も施術者になっててよかった~~~)


そんなわけで、退院直後から結構食事作りとか普通にできちゃってたりします。その気力と、体力があるところがすごいなって思っています。(家事をAI化しておいたので、随分楽なところも)

愛茉ちゃんの体重も順調に増えて、だんだんとおっぱいも軌道に乗り出したここ数日です!


(私のIHセッション、CS60施術はただいまお休みさせていただいていますが、CS60の施術に関しては夫が対応しております。よろしくお願いいたします♪)

f0128026_14351114.jpg
  作ったベイビーラップも大活躍してます♪


自分の人生でお産という感動の体験を6回も経験させてもらえたこと、これは、本当に私にとってかけがえのないギフト。
6人もの子供達が生まれて来てくれるなんて、思ってもいなかった。
(10月10日の妊娠期間を6回も繰り返したということは5年間妊婦だったということね、と気がついて、かなりびっくりしたし、よくやったな、と思ったけど。笑)

生まれた時は、こんなにちっちゃくて、何にもできない存在で、おっぱい飲んでるだけなのに、

2年で唯ちゃんみたいにおしゃべり上手になって、自分の主張を始めて、

4歳でみこちゃんみたいに色々社会性出てきて、お友達と自分や家族の中での自分について感じ始め、

11歳でMちゃんみたいに自分で色々考えて試行錯誤し始めるようになって、

15歳でAちゃんみたいに世の中への問題意識とか、自分とは何か?を考え始めて、

18歳でTくんみたいに自分はどう生きたいか?社会と自分について考え始める〜〜

そうやって、どんどん大人になっていくんだよね〜

今、私は44歳だけど、意外と自分のことって年相応な気がしていないというか、考え方とか、感じていることって、そう歳をとらないっていうか、どの年齢だった自分も今の自分とともにあるって感じがするのです。

0歳だった私も、2歳だった私も、4歳、11歳、15歳、18歳の私も、44歳の私の中にいるんだろうなって思うのです。

だから、子供達には、その時、その時、精一杯自分を生きて、たくさんの『自分』がしっかり詰まった大人になっていってほしいな〜なんて思います。

これから先、私には、どれ位この子達の人生のサポートがさせてもらえるのかなー♪ 

私の元に来てくれてありがとう🖤たくさんの愛をありがとう🖤


[PR]
by pineheath | 2018-10-03 15:23 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)