<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

[CS60] CS60の集いに行ってきました!

CS60の集いに行ってきました!

f0128026_16264842.jpg


2ヶ月の愛茉ちゃんも連れて、家族全員で東京で開催されたCS60の会合に出席してきました。

第1回目なので、何としても参加せねば!と。



全国からフランチャイズ加盟している人たちのうち90人くらいが集まったようです。


広い会場がびっしりでした!

f0128026_16291017.jpg

もう少し子連れの方もいるかな~と思っていたけど、走り回る子供連れていたのは、うちだけで(汗)結局、先生のお話があっている間は夫が室外に出て子守に徹してくれました。



愛茉ちゃんは、ちょうどよくネンネさせれるスペースがあったりして、助かった~


f0128026_16313923.jpg

お話の時は静かにネンネしてくれたり、おっぱい飲んだりして、私は先生のお話を聞くことができました。



先生のお話のほとんどはオフレコな話で(またも!笑)ブログでシェアできることが少ないのですが、どの話も、驚きの内容でした。

CS60の今後の展開もきちんと考えられていて、今、どんどん広がってきているので、楽しみなところです♪


先生自身、このCS60を開発した当初は、これがここまでいろんな病気に対して効果があるとは分かっていなかったけども、導かれるようにいろんな治療の現場に連れて行かれて、実際施術してきて、変化する方を目の当たりにしてきた結果、今、自分はこのように言えるようになったんだ、とおっしゃっていました。

そこに出てくるお名前は、そうそうたるお名前で、凄すぎる~~。



さて、さて、

先生が呼んでくださっていた、ゲストの方が印象的だったので、ブログでもシェアしたいと思います。


その方、Tさんは紹介を受けて、颯爽と壇上へと上がっていらっしゃいました。




でも、このTさん、実は、心臓の疾患を患い、去年の10月頃にCS60の施術を受け始めた時には、外つけの人工心臓をつけて、心臓移植のドナー待ちの状態だったというのです。


どれくらい心臓が悪い状態だったかというと、EDという 左室収縮率 という心臓の機能を図るのがあるらしいのだけど、

健常者50パーセントくらいはあるのが、T さんは数パーセントしかなくって、短い距離を歩くのも息が絶え絶えになる状態。

その人工心臓は一昨年の年末からつけていて、

その、外つけの人工心臓の場合は24時間介助者が必要で、お風呂に入れなかったり、食事制限などがある状態だったそうです。


TさんはCS60に対しては、信頼していたというわけでもなく、疑心暗鬼のまま施術を受けていたと。


ただ、痛いだけで、目に見えた改善があるわけでもないので(心臓のことなので目に見えるわけでもなく)よくわからないけど、通い続けていたそうです。


で、結局、先月に人工心臓を外せるところまで心臓が回復したらしいのです!


外せる決定が下される診察の前の施術の時、西村先生はそれまで足の施術をしていた時に感じていた異常波動を感じなくなっていたそうです。


で、「あ、これは人工心臓外せるんじゃないのかな?」と心に思ったということでした。(それはもちろん思っただけで、口には出さなかったらしいのですが)

そして、なんと次の施術の時に、Tさんは身軽に施術を受けにきて、「外せました!」と嬉しそうに報告したそうです!!


壇上に立つTさんは顔色も良く、どこか体を悪くしていた人だとは思えないご様子でした。

Tさんは難病指定だったから直接個人が支払う医療費は月1~2万円だったらしいのだけど、そのぶん税金が医療費に使われてて、自分が今までに受けた医療費は1億円くらいに達しているでしょう、とおっしゃってました。


CS60が少しでも広まり、苦しんでいる方が少しでも楽になったら、どんなに素晴らしいことでしょう。


やはり、現実にお元気になられている方を目の前で見るのは、やっていることが間違い無いんだな、という自信になってすごく良かったです。




さて、質疑応答の時間に、私は『施術の強さ』について先生に質問させていただきました。

私は、感覚で、ここは強めに押し込んだ方がいいな、というところは、強めに圧を入れて押し込んだり、表面を流した方がいいな、というところは軽く流したりして施術するのですが、強く圧をかけて施術することの弊害があるかをお聞きしたかったのです。


先生の回答としては、先生もお腹などかなり強く圧をかけることがあるということでした。そして、それはなぜかというと、体に溜まっている電気を抜くのは軽く流す施術でもできるのだけど、体の老廃物というものがプラスとマイナスの電気でがっちりとくっついてしまっていて、それで固まっている状態になっているらしいのです。

プラスの電気を抜き取って、その、老廃物に圧をかけて刺激することでそのくっついている状態から外れてくる、それが外れる時に痛みが出るのだ、ということでした。


確かにこれって、施術しているとわかります。

クライアントさんが『ここが悪いんです~』とおっしゃるところには凝り固まっている物があって、そこに圧をかけて施術していると、その塊状のものはほぐれてくるんです。その大きな塊の時には、施術の痛みも大きいのだけど、ほぐれてくると、痛さが変わってくるのです。


優しい表面だけさするだけの施術でも、表面の電気を抜くことはできているらしいのですが、奥から奥から迷走電気は上がってくるので、奥の老廃物の塊を対処した方が、施術回数は少なくて済むということでした。


感覚的なことが、先生の説明で言語化されて、かなりスッキリしました!


さて、真面目な話の後は、交流会でした♪

f0128026_16405092.jpg
ビンゴ大会♪ みこちゃんが球を出す係り



私は子連れ、赤ちゃん連れで身動き取りにくかったのですが、

たくさんの方が私のテーブルに来てくださり、「京都の石井さんですよね?」と話しかけてくださったので、ありがたかったです!

CS60の横のつながり、大切にしていきたいですね。

私のブログを読んで、CS60のことを知って、フランチャイズ始めたんです!!とお礼を言ってくださる方もいて、あ~ブログやっててよかったなあ、って思いました。


そう、そう、そして、西村先生に個人的にお聞きしたのは、

私の虫歯のこと。

最近、神経をずーっと昔に抜いた奥歯が痛くて、我慢できずに歯医者に行ったら、抜いた神経の下側が炎症を起こしているのでしょう、ということでした。

それは、自分の免疫力が落ちたりした時に、そういうことになったりするらしのです。

全面的にもう一回掘り起こして消毒して、詰め替える~って治療になるらしいです。


その説明を受けて、私は『赤ちゃんいるし、歯医者に足しげく通うって今は難しいなあ、』と思いました。

そして、歯医者さん曰く、「炎症が収まるのは自分の体次第です。」とのことでした。

それなら、CS60じゃん、と思い、(笑)

せっせとCS60 をほっぺの外から歯ぐきに向けて当てていました。

かなり痛い箇所があったのですが、抜けてくる感じがしっかりあって、気がついたら、歯の痛みがなくなってました。


で、気がついたのですが、歯ぐきの内側がプクッと膨れて何かが内側から出てきてる、って状態になっているのです。

まだ、その部分は潰れていないのだけど、きっと中は膿のようなものが溜まっているのかしら?と思っているのです。

そして、先生への質問としては、CS60って引っ張ってくるものなのに、なぜほっぺ側じゃなくて、歯ぐき内側にプクって出てきたのか?ってところだったのです(もはや、痛みがなくなるのは、かなり想定の範囲内でした)


先生はちょっと考えてから、、、

「わからんな」という答え。笑

これには私もちょっと笑っちゃいましたが

先生はCS60がどうなっているのか、はもちろん分かっているけども、体がどうするのか?ってところは細胞が見えないから完全にはわからない、というようなことを高城さんとの対談でも言ってましたが、まさにそんな感じなのですね。


ということで、後から、自分でもう一度考えて、思ったのは。。


炎症起こすウイルスという体内の異物をCS60が排出する働きを助けてくれた、そして、ここ悪いよ!と脳に修復せよ、のメッセージを届けてくれて、よりスピーディーに炎症を納めるプロセスが進んだのかな、と。

つまりは白血球が総攻撃を仕掛けてくれて、たくさん膿も産生されて、その結果、全体的に腫れたのだと思うのだけど、ほっぺ側はCS60でどんどん吸い取っているから、腫れることなく収まって、反対側はCS60を直接当てることができていないので、ぷっくり膨れたままになっているのかな、と。(勝手な想像です)


風邪引いて、喉が唾飲むだけでも痛い、って時に、CS60をちょっと当ててたら、喉の痛みがほとんどなくなるって経験は何度もしていたのだけど、CS60ってウイルスに総攻撃を仕掛けてくれるように、脳に指令を出してくれるんじゃないかな、って思っています。

言ってみれば、ホメオパシーのような同種療法。今まで、体(というか、指令する脳が)感知していなかったことを、CS60当てて、痛みが出ることで、あ!ここ悪い!

なんとか修復せねば!!って脳が働いて、体がその部分の修復に向かうという流れですね。


実は、今回のCS60 の会合が終わった夜、ホテルに宿泊だったのだけど、私夜中に発熱したのです。夜中、全身筋肉が痛く、頭痛やら変な汗やら、まずいな、、って感じでした。

翌日東京で家族で遊ぶ予定だったから、これまずい~と思って、夜中に授乳の後、せっせとCS60自分で当てて、眠りにつきました。そしたら翌朝には、筋肉の痛みも、発熱もなくなり、まだ鼻水はちょっと出るけど、くらいに回復!

家族で予定通り遊んで帰ることができました~。

何かとCS60に助けられています♪

f0128026_16403869.jpg
大はしゃぎ〜!!

f0128026_16404310.jpg



CS60施術、IHセッション、ホリスティックヘルスセッションぼちぼち復帰してし始めています。

ただ、シッターさんに預けてになるため、今のところ週に2回くらいしか入れられず、かなりぼちぼちになっています〜。

よろしくお願いいたします。














by pineheath | 2018-11-20 16:50 | CS60 | Trackback | Comments(0)