タグ:ホリスティック ヘルス ( 324 ) タグの人気記事

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

Pure Food Pure Bodyでは通常の ニュースレターと、直感を使って食べるメールレクチャーを配信しています。

以下からお申し込みください。

by pineheath | 2019-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

今年も色々あった年だったなあ/キッズキッチン作り♪


さて、今年も残すところ、後少し~!!


2018年 色々あった年だったなあって振り返っています~


今日のは、結構個人的な回想録です〜〜お時間ある方お付き合いください♡



さて、もちろん、今年の一番の大きな出来事は、

愛茉ちゃんが生まれてきてくれたこと♡♡♡


f0128026_15065275.jpg


妊娠に気がついて、妊娠期間を経て出産したっていうのがこの一年の中で起こったことですね。


そんな中でまあ、よく色々チャレンジしてきたなーって思います♪


あー今年の初めには、セッションルームの2階を綺麗にやり直し、お客さんが泊まれるようにしましたねー。

ビフォア
f0128026_12300514.jpg
アフター

この部屋のおかげで遠方からのクライアントさんに快適に過ごしてもらえるようになりました♪
全く一人でやり遂げたので、達成感たっぷりでした!





1月末に家族でパミラカン島に行来ました。


f0128026_12243821.jpg
f0128026_12244385.jpg


そう、そして、この時に、あれー生理が来ない。。。って妊娠に気がついたのでした。笑


あの時は、仕事に燃えていたから、妊娠に気がついた時には、一瞬、純粋に喜べなかったな。
でも、結果的に、愛茉ちゃん妊娠は本当にギフトでしかなくって、今では、そのことがよーくわかります♡




そして、CS60に出会ったのも、なんと今年です♪

f0128026_16125786.jpg

知った瞬間から、これ、すごい!!って無我夢中になりました~
「妊婦ですが、CS60受けても大丈夫ですか?」って初めて西村先生にお電話したのが懐かしい。

大きなお腹して、東京へCS60の研修に行ったのも懐かしい~。


f0128026_11224886.jpg

研修の合間にキネシの講座を開いたり〜

f0128026_22522844.jpg
CS60の研修の修了証を手にして〜



f0128026_11284960.jpg

研修終わった翌日には、東京でクライアントさんに施術スタート

もうこの頃にはお腹が大きくなってきてたな〜


今では、CS60を触らない日はないですね。私の仕事と、日常と共にある物になりました!!



倭のタントラのオーガナイザーやったのは4月♪

f0128026_12544220.jpg

ヒーリングリップグロスの販売準備もこの頃始めたんだった!
f0128026_12580381.jpg
f0128026_12580685.jpg


そんな中、日曜日はワンサカ遊び♪
f0128026_13003638.jpg
お茶のシーズンには、夜の茶工場へ遊びに行ったり♪
f0128026_13070817.jpg
茶摘みに参加したり♪
f0128026_13085817.jpg
f0128026_13085366.jpg
みーちゃんがうちに来たのもこの頃♪
f0128026_13114697.jpg
f0128026_13115219.jpg
みーちゃんちっちゃ♡

そんなこんなしてるうちにお腹もどんどん大きくなって〜〜
f0128026_13145630.jpg

インターンの子たち連れて、滋賀県にお茶のレクチャーについて行ったり〜
f0128026_13221639.jpg
f0128026_13221929.jpg
f0128026_13222182.jpg

家族で日帰り東京で、リモートビューアーのレクチャーにも参加
f0128026_13264838.jpg
見ないでテーブルの上のものを的確に描写するのは驚きでした!!
やれるようになりたい!
f0128026_13265135.jpg
クタクタなみこちゃん♡















先日、「けいちゃん、これ好きだと思うよ!」って、夫が他の健康関連のもの見せてくれたんだけど、私の感覚は反応せず。。「まあ、いいとは思うけど、、、」って返事しました。

夫は逆にびっくりして、「その「これだ!」って思うものと、そうじゃないものって、その感覚はどこから来るんだ?」って不思議だったよう、

ほんと、その感覚はどこから来るんでしょうね。

っていうか、

私は、みんな、その感覚を使って生きているんだと思っています~。


もちろん、いろんな思考が邪魔してピンときたかどうかわからない、って思っちゃってる人もいるけど、でも、実は(頭で)わかろうと、わからなかろうと、ピンと来たことに従って生きているんだと思います。

自分が自分に課している制限をどんどん無くして行って、素直になり続けるってことをしていたら、好き、嫌い、ピンと来る、これだと思う、って感覚は頭にも登って来やすくなるなって思います。どんどん鋭く上がってきてくれるようになります。


逆に、そうなったら、違うって思うことをやった時のしっぺ返しが痛いってこともわかりだしますね。笑




さて、さて、そして夏にはアメリカの子供達が1ヶ月滞在。

f0128026_13390029.jpg



山へ、海へ、湖へ、街へ、と遊びまくりました。

エンターテインのプランを立てて、一緒に遊ぶ役と、食事、洗濯、掃除+みこゆいのことという仕事で目が回る忙しさで、妊婦なのに、痩せた1ヶ月でした~。

f0128026_13400422.jpg
f0128026_13400717.jpg
比叡山で座禅体験!
f0128026_13401265.jpg
雨でどこにも行けない日には、部屋のペンキ塗り!
f0128026_13401855.jpg
f0128026_13481151.jpg
おぶぶのお茶のイベントに参加〜
f0128026_13525249.jpg
たくさん食べて〜
f0128026_13524750.jpg
たくさん遊んで〜
f0128026_13530273.jpg
f0128026_13572002.jpg
そんな中また一つ歳をとり〜
f0128026_14002616.jpg
お腹も、もううまれるの?って言われるくらいにでかくなり。笑





そして、8月にはCS60の西村先生を和束にお招きしてのイベント!!!

f0128026_14111571.jpg
f0128026_14111294.jpg
f0128026_14112488.jpg





CS60 は、夫婦で関わっている事なので、一緒にイベントを作り上げることができて、とても嬉しかったですね~。

参加者の方たちの感動を見れたし、西村先生、おかみさんから本当にたくさんのお話を直接お聞きできた大満足な会でした。



ファウンデーションクラス、自分メンテクラス、キネシセッション特訓ワンデーなどのクラスもたくさんやったなあ。クラスにはぎゅーっとエネルギ詰め込むので、1日でも大きな変容が生まれるので、やりがいがありました。

f0128026_14141521.jpg




力を入れて来た自分メンテの3ヶ月集中プログラムに参加している方たちの変化にも驚くものがありました。どんどん素の状態の自分がOKになって、待望の赤ちゃんを妊娠してもう直ぐ赤ちゃん生まれるって方や、ずっと習っていたけど、できないって悩んでいたキネシがスラスラ出来るようになり、独立してセッションルームを構えて今では遠方からもクライアントさんが飛行機で来るくらい日々セッションに追われるくらいになった方、

焦りとか、私がダメだとかいう意識がどんどんなくなって、その上で『私がやりたいこと』を選択できるようになった結果だと思います。

f0128026_12470384.jpg


ホリスティックヘルスセッションのクライアントさん達もいい感じに食べることのとらわれから自由になって食べることを考えていた、膨大な時間が嘘のように、やりたいこと楽しいことを中心に思考が回るようになり生き生きとやりたいこと見つけてくれましたね~。


IHのクライアントさん、CS60のクライアントさん、ホリスティックセッションのクライアントさん、みんながどんどん笑顔になっていくことが喜びでした!


そして、生まれて来た愛茉(エマ)ちゃん♡

f0128026_14171920.jpg
f0128026_14203784.jpg
これから大きく育っていくんだよ〜〜

f0128026_14221261.jpg

赤ちゃんってすごいねー。1年でお腹の中に宿り、成長して、この世界に出てくるんだから。

その愛茉ちゃんも3ヶ月になりました♪

にっこり笑って、おしゃべりしてくれるその笑顔に母は癒されまくってます~~

f0128026_15063643.jpg


f0128026_14224213.jpg
みーちゃんもこんなに大きくなった、そして、なんかお腹がふっくら?。。。!


生まれて、結構すぐに茶源郷祭り〜
f0128026_14260368.jpg
f0128026_14263948.jpg
家族で東京〜CS60会合参加

f0128026_14321102.jpg
たった1泊だけど、新生児と2歳、4歳連れで大荷物。
おまけに子供達歩かないし!パパがんばれ〜〜


f0128026_14322790.jpg
みんな静かに西村先生の話聞く中、騒いでいるのはうちの子だけでした〜(謝)

f0128026_14323820.jpg
ヘトヘトに疲れて夜発熱www


そして、九州に帰省の11月〜

f0128026_14401825.jpg
船1等和室の個室取っておいたよ!との声に喜んでドア開けて見たら!
なんと、シングル洋室の取り間違い〜笑
どんなことでもなんとかなるもんだ

f0128026_14400968.jpg
貴重なベッドの上を占有して人形遊び

f0128026_14470143.jpg
素敵な民泊も体験
f0128026_14570011.jpg
念願の!?分子料理も



アメリカの子供達はそれぞれの生活を大いに楽しんでいるようです!悩みつつ、毎日頑張っている様子♡
f0128026_14524077.png
なにやら、なんか難しい顔で悩みを聞いているところ。笑

f0128026_14501082.png
Tくん、大学の寮生活!毎日充実




プライベートの方で、この年末に来て、また次なる動きがありそうな予感になって来て、あ~人生って色々あって面白いって思います♪

f0128026_14500139.jpg
我が家にやって来たナニーのキャシー♡彼女のおかげで私の家事ライフは大きく変わりました!





さて、この頃のこと♪
ナニーのヘルプもあり、ちょっと余裕が出たので、クリスマスに向けて、子供達にキッズキッチンを作りましたよ♡

f0128026_11250266.jpg

お友達にどうやって作ったらいいの?って聞いたら、カラーボックスを利用すると楽に作れるよ!とアドバイスをもらい

夫に「どこかにカラーボックス余ってない?」って聞いてみたら、ちょうどいいのを入手して来てくれた。笑


色々失敗もしつつ、それをカモフラージュしてリカバーしつつ、結構満足いく出来になりました♡

あーこういうのってほんと楽しいです!

本当は出来上がりまで見せずに、クリスマスにプレゼントしようかと思ったんだけど、そもそも、隠れてこんな大物作るわけにもいかないし、制作過程を見せるのもいいんじゃないかな、と思い直し、「パパとママからのクリスマスプレゼントだよ!」と伝えながら作っていたので、子供達は大喜びでした。

f0128026_11253702.jpg
本当は、この百円ショップのステンレスのボールを白ペンキで塗ってホウロウに見せるつもりだったのだけど、
「白く塗ろうと思っているよ〜」とみこちゃんに伝えたら、私のキッチン見に行って、
「ママのキッチンはシルバーだから、シルバーのままがいい!!」だって。
そんなわけで、塗らずにいくことに。
穴が大きく開きすぎたので、タイルでカモフラージュ。笑

f0128026_11254177.jpg
コンロはジャムの蓋でつまみを作りました!
百円ショップやら、家にあったものやら、総動員!




さてさて、振り返ると、本当に色々あったなあって思います!

仕事も遊びもよくやった!!って思います!
来年はどんな1年になるのでしょう〜〜

f0128026_12483936.jpg
すごい泡。。。


f0128026_12501043.jpg
どこまでもエスカレートする泡遊び〜〜


2018年お世話になりました!
2019年もどうぞよろしくお願いいたします!!!




by pineheath | 2018-12-30 15:06 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

[CS60]やっぱり救世主

さて、今月最後は、バタバタと施術、セッションが入ってて、1日1件だけセッションを入れるとか言いながら、3件入ってたり〜。(そうすると、かなりマックスなのでやっぱりそれはやりすぎ)

冬至も過ぎて、肉体的、感情的なものをクリアーにしたい人は多いですね。

でも、クライアントさんのセッション後の軽ーくなったエネルギーと、笑顔が励みになってます!

エマちゃんを大切に見守ってくれるシッターさんがいて、エマちゃんもニコニコしててくれ、助かります。

年末はあと1施術で仕事納めになります〜。(何だかんだ頑張ったなー!)

さてさて、私もちょっと産休だったこともあって、しばらく施術させていただいていなかったKさんが
久しぶりに施術を受けて、その後メッセージをくださいました。

f0128026_15294990.jpg

Kさん、2ヶ月間が空いてしまってたんだなあ〜〜。
でも、本当に、CS60の効果ってこうやって体が悲鳴をあげる人にはとてもよくわかりやすいです。
手術しか手はないのか、、手術したとしてもよくならないかもしれないのに、、、って人にとって、CS60はどれだけの救世主なことでしょう。

Kさんに、「2ヶ月やらなかったら、まーったくCS60をやっていなかった時に戻ってしまいましたか?」

ってお聞きしたら、「そんなことはないけど、今は、いつまたパキッと行くかわからない感じで恐る恐る動かなきゃいけなくなった。」ってお話でした。

確かにね、、
CS60を受けに来られる方が、「何回受けたらいいのか?」という質問される時があるのだけども、
CS60受けてて、不調なところが完全になくなった!って思っても、体は老化しているので、受けに来れるなら、メンテナンス的に受けることをオススメします。


そして、不調になった原因となる生活習慣を取り除かないと、もちろん、その不調はまたやってくると思うのです。当たり前ですけどね。
だから、私はヘルスカウンセラーとして、お話しさせていただけることがあれば、食について、考え方の話などもさせていただいています〜。

そういう情報って、ある意味『出会い』だと思うのです。だから、その情報を採用してほしい、ということではなくて、その情報と出会って、それを採用するのも、採用しないのも、ご本人が選択してくれればいいと思っています。

f0128026_15511052.jpg
1週間に1度通ってくださっているクライアントさんが、クリスマスに両手いっぱいにケーキを持ってきてくださいました♡
大人には、抹茶チーズケーキ!子供にはチョコショートケーキいちご付き♡
f0128026_15512568.jpg
f0128026_15513175.jpg
ロウソクもついてて、ジングルベルの歌を電気消してロウソクつけて歌いました。笑

f0128026_19475431.jpeg
そして、今日はフグ鍋が届いた〜❤️
なんだか美味しい物に囲まれています♪

年始は1月8日からセッション開始させていただいます。
よろしくお願いいたします!





by pineheath | 2018-12-28 15:57 | CS60 | Trackback | Comments(0)

食べることについて

最近、直感食べのメールレクチャーを読んで、衝撃を受けて、ホリスティックカウンセリングへお申し込みしてくださる方が増えています。


今日もヘルスカウンセリングに申し込んでくださった方のセッション1回目でした。



直感を使って食べるって概念、野生動物見てたら当たり前なことなのに、人間は何でこんなに複雑になってしまったんでしょうね。


今日の方も、何をどれだけ食べるか?ってどうやって決めてる?って質問に対して、

「ご飯の量計ってます!」と答えてくれました。

それを聞いた私は、「え~!!計ってるのですか?!」
って驚いたけど、そういうダイエット法がまだまだ世の中にはあるんですよね。。。


直感食べでは、食品を計って何をどれだけ食べるか決めることはしません。

いつも体に聞いてもらいます。体とつながって、どれだけ食べるのか、食べてるその瞬間に決めてもらいます。


食に対して、混乱するって、今の世の中、もちろんそうなるよねーって思います。


これを食べることが正しい、これを食べるのは間違っている、

そんな、健康情報ばかりが巷に溢れていますもんね。


私も、時々は自分の知識として、今言われている新しい栄養学情報を頭に入れています。科学的に証明された、とか、これでガンが治った、とか。。興味がある分野なので、学習は続けています♪


前はそういう情報に振り回されていました。


でも、今は直感を使って食べる事を実践しているので、

流れてくる情報が自分にとって絶対正しいという過信はしなくなりました。



知識に振り回されて、本来は全部わかっているはずの自分の体の声がますます聞けなくなっていく。

そして、自分は正しいのか、正しくないのか?って外の誰かに判断してもらいたい。誰かにオッケーを出してもらいたくなる。


そんな状態に陥っている人が本当に多いのは、そもそも、「あなたの体は何も知らない」っていう前提が植え込まれているからです。


その前提ってある意味恐怖ですよね。

「あなたは何もわかっていない」「だから、情報を必死に取り入れて、食べる事をコントロールしなければならない!」って教えは、どんだけ恐ろしい事なんだろう、と思います。


本当は、自分の体のことを一番わかっているのは、自分で、他の誰でもないのです。


もっというなら、自分の中でも頭(思考)はいろんな知識で武装しているから、その知識を持って正しく判断できているとは限らない、ってことになります。


だって、頭は『自分の体は何もわかっていない』『外の誰か権威のある人が言うことが正しい』ってことを前提に思考しているのだから。


誰かから言われた『体にいい食品』が自分にとって、いい食品になり、いくら本当は自分の体が「この食べ物もういらない!!」って言ってても、その体の声に耳を傾けることができなくなるのですから。


直感食べの基本は、『自分の体』との信頼関係です。


ホリスティックヘルスカウンセリングに申し込んでくださった方には、徹底的に自分の体につながってもらいます。


誰かから言われた『正しいこと』が、あまりに当たり前に『正しいことだ』と信じてしまっていて自分の感覚に繋がれないままでいる、って方は多いです。


今まで、自分の感覚で食べていたつもりでも、頭で食べていたって人もとても多いです。


「これ食べたい」と思っても、体からの本当の欲求なのか、違う欲求を満たすための代替の欲求なのか。


食べることに対して、混乱している人は、自分が純粋な食欲を押さえつけてきたばかりにこじれている部分が色々あって、「自分の感覚って何?そんな体の声なんて聞こえない!」って状態に陥ってたりします。


私は、IHを始め、キネシオロジーの筋反射をやっているので、体がどれだけ頭でわかっていないことをわかっているかと言うことに信頼を置いています。

そして、体は私たちにその情報を伝えようとしているんだとわかっています。


だから、人間なので、もちろん頭でも思考するのは避けられないのだけど、それと同時に「~なきがする」と言う『腹で感じる』感覚をとても大切にします。


私のIHのセッションで、「チャネリングをしながらセッションしているのですね~」と、チャネリングを学んだクライアントさんがおっしゃったことがあるのだけど、そのチャネリングされたと感じる情報を私は筋反射を通して読み取っているのです。


そこには、頭で『こうだろう、きっとこうに違いない』、と言うような知識では繋がらないことが上がってきたりします。


でも、セッションの終わりには、なぜそれが出てきたのか、辻褄があったりするのです。そう言うことだったんだね~とクライアントさん共々、腑に落ちる経験をします。


体は全て知っているんですよね。



さて、さて、あっという間にもう12月も前半が終わろうとしています!

愛茉ちゃんも3ヶ月になろうとしています!この頃よく笑うようになってくれて、可愛い♡

シッターさんが数人見つかり(感謝!)、仕事も1日1セッションの割合で入れることができ始めました♪

やっぱり仕事好きだなあ~♡


f0128026_16465790.jpg

今日のシッターあいちゃんがとってくれた愛茉ちゃんの写真♡

みんなから可愛がられてます♪











by pineheath | 2018-12-12 16:51 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)

低迷しているのは本来の自分じゃない

なんか、気持ちが低迷している朝、そういう時って、低迷した波長に取り込まれているだけだから、その波長を一掃してしまえば楽になったりします。


私たち本来の状態って、心地よく、快適な状態なんだけど、自分の調子が少し悪かったり、周りの調子が悪かったり、で、自分本来の波動から離れてしまうことが多々あります。


自分が確固たる状態でいい波動を保てる場合は、少々の揺さぶりにも自分の本来の場所を明け渡すことってないのだけど、疲れてるとか、睡眠不足とか、暴飲暴食とかで肉体的にもベースが保ててない場合は、揺さぶりに対して自分のいい状態を明け渡してしまいがち。


その落ちてしまってる状態って、気が付いたらそうなってた、って感じで、ほんと、いつの間にかその状態に陥ってるから、まるで、その状態が私だって認識になりがちなんだけど、


いえ、いえ、いえ、いえ!


本来のあなたはいい状態のあなたなのです。


いま、もし、いい状態じゃないなら、今は本来の状態の自分じゃないって事。


この、「こんなの、私じゃない!!」って、自分とその状態に陥ってる自分を分ける事が、そこから抜け出す第1歩です。


「どうせ、私なんか~」とか「だめなきがする」って思考は、「落ちてる自分=本来の自分」って思っちゃってる状態です。


そこからはどこにも抜けないから、そう思っちゃってる時は、このネガティブな思考がどんどん他のネガティブな思考を呼んでくる前に、思考をストップさせるために、何かに集中すると抜けやすくなります。


例えば、雑然としてる家を片ずけるとか、気持ちを上げてくれる誰かのスピーチを聴くとか、ただひたすらウォーキングするとか、、、


その内容は、その時の自分が出来そうな事で、やる気がする事をやるといいです。

そういう、自分にくっついてるネガティブな波動を削ぎとってくれる行動を無心でやってると、だんだんと気持ちが軽くなって来ます。


こうやって気持ちが上向き始めたら、後はこっちのもの♪♪

自分に丁寧にコーヒーでもいれてみる気分になってる事と思います


人生って、絶対いい時ばかりじゃないし、アップダウンって、どんな人にもある事だと思うのです。


だから、ダウンになる事が悪いんじゃない。

でも、ダウンな状態ってやっぱりしんどかったりします。(本来の自分と離れている状態だから、しんどいのは当たり前なんだと思う)


私は自分がダウンな時、それが駄目だーって意識には全くならないのだけど、早くそこから抜けるための事はやって、快適な状態が多い方がいいなって思ってます。


ただ、いつも思うのだけど、ダウンな時こそ、より考え、より気付きがもたらされるなーと。

だから、ダウンな時ってきっと絶対必要で、その時があるからこそアップの状態の自分を嬉しく思えるし、ダウンになっている人に対して優しくなれる。


この前の週末は九州へ4泊行ってきました。


2ヶ月のエマちゃん連れで、船で行きと帰りの2泊をし、九州で宿に一泊、実家に1泊。かなり忙しい旅だったこともあり、また、旅疲れもあって、旅から帰ってきたら私の咳をもらってエマちゃんが鼻水と咳になってしまいました。


咳と鼻水でよく夜ねれないエマちゃん。そうすると、それに付き合う私も寝不足。

そんなことがベースにあり、久しぶりに低迷な感じの朝になったことがありました。


大したことでもないことに、感情が波立つwww


とりあえず、色々嫌な思考が思考を呼んできそうだったので、目の前にあるものから片付けし始めました。

エマちゃんいるので、ウオーキング出かけるわけにもいかず、モチベーション上げるスピーチ聞く気にもならずだったのでね。


ひたすら片付け、片付け、この頃気になってたけど、放置していたところも片付け~。

そうすると、あら不思議!

さっきまでの低迷なエネルギーはどこかに行き始めていました♪


夜中よくねれず、その時間によく寝ているエマちゃんを横目にコーヒーをドリップで淹れて、ミルクを温め、あわ立てて、カフェラテにして、綺麗になったお家でコーヒー飲みながら調べ物したり~。


そうすると、待ってた石垣からのレモンが届いたり~!

やっぱり落ちそうになってる時は、掃除だな♪って思った次第です。





セッションぼちぼち入れ始めています!週2~3くらいしか入れられないため、少しお待ちいただいている状態ですが、お申し込み順に予定組んで入れさせていただいています!

シッター役をしてくれる友人も現れて、助かってます!!


f0128026_14130051.jpg

午前中の1施術で青色現象♪

〜これ見せると、心配する方がいらっしゃいますが、クライアントさんのをもらって私が青くなっているわけではなくて、クライアントさんから70パーセント、私から30パーセント引っ張るようにCS60は作られているので、70パーセントが大きいほど、30パーセントも大きくなるため、こうやって色が出たりします。私の体から出てる色です〜。でも、施術者によっては、あまり色が出ない方もいるらしいです〜。


CS60の施術、主人にもやってもらっていたのですが、主人と、私の施術を両方経験した方からは、私の施術の方が強いとか、ピンポイントに痛い、とのコメントをいただいています。


もちろん、力では、私の方が弱いと思うのですが、私は、『ココ!』ってポイントでCS60を押し込んで、あとは擦るという施術をするので、痛みが出やすいのかな、と思います。私としては老廃物が抜けやすくなるイメージです。

CS60 って、それそのものに威力があるので、施術者の技量はそこまで問わないのかもしれませんが、力の入れ具合、擦る加減など、個性はあると思います。
もし施術受けてみて、ピンとこないということがあったら、違う施術者から受けてみるというのもありだな、と思っています。

めちゃすごいものに出会っているのに、1度の施術で離れてしまうのは、本当にもったいないです!



f0128026_14130544.jpg
エマちゃん、みーちゃんとお昼寝♪


セッションぼちぼち入れ始めています!週2~3くらいしか入れられないため、少しお待ちいただいている状態ですが、お申し込み順に予定組んで入れさせていただいています!

シッター役をしてくれる友人も現れて、助かってます!!


お申し込み、お問い合わせはkeiko@purefoodpurebody.comまで♪



by pineheath | 2018-12-04 15:12 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

[CS60] CS60の集いに行ってきました!

CS60の集いに行ってきました!

f0128026_16264842.jpg


2ヶ月の愛茉ちゃんも連れて、家族全員で東京で開催されたCS60の会合に出席してきました。

第1回目なので、何としても参加せねば!と。



全国からフランチャイズ加盟している人たちのうち90人くらいが集まったようです。


広い会場がびっしりでした!

f0128026_16291017.jpg

もう少し子連れの方もいるかな~と思っていたけど、走り回る子供連れていたのは、うちだけで(汗)結局、先生のお話があっている間は夫が室外に出て子守に徹してくれました。



愛茉ちゃんは、ちょうどよくネンネさせれるスペースがあったりして、助かった~


f0128026_16313923.jpg

お話の時は静かにネンネしてくれたり、おっぱい飲んだりして、私は先生のお話を聞くことができました。



先生のお話のほとんどはオフレコな話で(またも!笑)ブログでシェアできることが少ないのですが、どの話も、驚きの内容でした。

CS60の今後の展開もきちんと考えられていて、今、どんどん広がってきているので、楽しみなところです♪


先生自身、このCS60を開発した当初は、これがここまでいろんな病気に対して効果があるとは分かっていなかったけども、導かれるようにいろんな治療の現場に連れて行かれて、実際施術してきて、変化する方を目の当たりにしてきた結果、今、自分はこのように言えるようになったんだ、とおっしゃっていました。

そこに出てくるお名前は、そうそうたるお名前で、凄すぎる~~。



さて、さて、

先生が呼んでくださっていた、ゲストの方が印象的だったので、ブログでもシェアしたいと思います。


その方、Tさんは紹介を受けて、颯爽と壇上へと上がっていらっしゃいました。




でも、このTさん、実は、心臓の疾患を患い、去年の10月頃にCS60の施術を受け始めた時には、外つけの人工心臓をつけて、心臓移植のドナー待ちの状態だったというのです。


どれくらい心臓が悪い状態だったかというと、EDという 左室収縮率 という心臓の機能を図るのがあるらしいのだけど、

健常者50パーセントくらいはあるのが、T さんは数パーセントしかなくって、短い距離を歩くのも息が絶え絶えになる状態。

その人工心臓は一昨年の年末からつけていて、

その、外つけの人工心臓の場合は24時間介助者が必要で、お風呂に入れなかったり、食事制限などがある状態だったそうです。


TさんはCS60に対しては、信頼していたというわけでもなく、疑心暗鬼のまま施術を受けていたと。


ただ、痛いだけで、目に見えた改善があるわけでもないので(心臓のことなので目に見えるわけでもなく)よくわからないけど、通い続けていたそうです。


で、結局、先月に人工心臓を外せるところまで心臓が回復したらしいのです!


外せる決定が下される診察の前の施術の時、西村先生はそれまで足の施術をしていた時に感じていた異常波動を感じなくなっていたそうです。


で、「あ、これは人工心臓外せるんじゃないのかな?」と心に思ったということでした。(それはもちろん思っただけで、口には出さなかったらしいのですが)

そして、なんと次の施術の時に、Tさんは身軽に施術を受けにきて、「外せました!」と嬉しそうに報告したそうです!!


壇上に立つTさんは顔色も良く、どこか体を悪くしていた人だとは思えないご様子でした。

Tさんは難病指定だったから直接個人が支払う医療費は月1~2万円だったらしいのだけど、そのぶん税金が医療費に使われてて、自分が今までに受けた医療費は1億円くらいに達しているでしょう、とおっしゃってました。


CS60が少しでも広まり、苦しんでいる方が少しでも楽になったら、どんなに素晴らしいことでしょう。


やはり、現実にお元気になられている方を目の前で見るのは、やっていることが間違い無いんだな、という自信になってすごく良かったです。




さて、質疑応答の時間に、私は『施術の強さ』について先生に質問させていただきました。

私は、感覚で、ここは強めに押し込んだ方がいいな、というところは、強めに圧を入れて押し込んだり、表面を流した方がいいな、というところは軽く流したりして施術するのですが、強く圧をかけて施術することの弊害があるかをお聞きしたかったのです。


先生の回答としては、先生もお腹などかなり強く圧をかけることがあるということでした。そして、それはなぜかというと、体に溜まっている電気を抜くのは軽く流す施術でもできるのだけど、体の老廃物というものがプラスとマイナスの電気でがっちりとくっついてしまっていて、それで固まっている状態になっているらしいのです。

プラスの電気を抜き取って、その、老廃物に圧をかけて刺激することでそのくっついている状態から外れてくる、それが外れる時に痛みが出るのだ、ということでした。


確かにこれって、施術しているとわかります。

クライアントさんが『ここが悪いんです~』とおっしゃるところには凝り固まっている物があって、そこに圧をかけて施術していると、その塊状のものはほぐれてくるんです。その大きな塊の時には、施術の痛みも大きいのだけど、ほぐれてくると、痛さが変わってくるのです。


優しい表面だけさするだけの施術でも、表面の電気を抜くことはできているらしいのですが、奥から奥から迷走電気は上がってくるので、奥の老廃物の塊を対処した方が、施術回数は少なくて済むということでした。


感覚的なことが、先生の説明で言語化されて、かなりスッキリしました!


さて、真面目な話の後は、交流会でした♪

f0128026_16405092.jpg
ビンゴ大会♪ みこちゃんが球を出す係り



私は子連れ、赤ちゃん連れで身動き取りにくかったのですが、

たくさんの方が私のテーブルに来てくださり、「京都の石井さんですよね?」と話しかけてくださったので、ありがたかったです!

CS60の横のつながり、大切にしていきたいですね。

私のブログを読んで、CS60のことを知って、フランチャイズ始めたんです!!とお礼を言ってくださる方もいて、あ~ブログやっててよかったなあ、って思いました。


そう、そう、そして、西村先生に個人的にお聞きしたのは、

私の虫歯のこと。

最近、神経をずーっと昔に抜いた奥歯が痛くて、我慢できずに歯医者に行ったら、抜いた神経の下側が炎症を起こしているのでしょう、ということでした。

それは、自分の免疫力が落ちたりした時に、そういうことになったりするらしのです。

全面的にもう一回掘り起こして消毒して、詰め替える~って治療になるらしいです。


その説明を受けて、私は『赤ちゃんいるし、歯医者に足しげく通うって今は難しいなあ、』と思いました。

そして、歯医者さん曰く、「炎症が収まるのは自分の体次第です。」とのことでした。

それなら、CS60じゃん、と思い、(笑)

せっせとCS60 をほっぺの外から歯ぐきに向けて当てていました。

かなり痛い箇所があったのですが、抜けてくる感じがしっかりあって、気がついたら、歯の痛みがなくなってました。


で、気がついたのですが、歯ぐきの内側がプクッと膨れて何かが内側から出てきてる、って状態になっているのです。

まだ、その部分は潰れていないのだけど、きっと中は膿のようなものが溜まっているのかしら?と思っているのです。

そして、先生への質問としては、CS60って引っ張ってくるものなのに、なぜほっぺ側じゃなくて、歯ぐき内側にプクって出てきたのか?ってところだったのです(もはや、痛みがなくなるのは、かなり想定の範囲内でした)


先生はちょっと考えてから、、、

「わからんな」という答え。笑

これには私もちょっと笑っちゃいましたが

先生はCS60がどうなっているのか、はもちろん分かっているけども、体がどうするのか?ってところは細胞が見えないから完全にはわからない、というようなことを高城さんとの対談でも言ってましたが、まさにそんな感じなのですね。


ということで、後から、自分でもう一度考えて、思ったのは。。


炎症起こすウイルスという体内の異物をCS60が排出する働きを助けてくれた、そして、ここ悪いよ!と脳に修復せよ、のメッセージを届けてくれて、よりスピーディーに炎症を納めるプロセスが進んだのかな、と。

つまりは白血球が総攻撃を仕掛けてくれて、たくさん膿も産生されて、その結果、全体的に腫れたのだと思うのだけど、ほっぺ側はCS60でどんどん吸い取っているから、腫れることなく収まって、反対側はCS60を直接当てることができていないので、ぷっくり膨れたままになっているのかな、と。(勝手な想像です)


風邪引いて、喉が唾飲むだけでも痛い、って時に、CS60をちょっと当ててたら、喉の痛みがほとんどなくなるって経験は何度もしていたのだけど、CS60ってウイルスに総攻撃を仕掛けてくれるように、脳に指令を出してくれるんじゃないかな、って思っています。

言ってみれば、ホメオパシーのような同種療法。今まで、体(というか、指令する脳が)感知していなかったことを、CS60当てて、痛みが出ることで、あ!ここ悪い!

なんとか修復せねば!!って脳が働いて、体がその部分の修復に向かうという流れですね。


実は、今回のCS60 の会合が終わった夜、ホテルに宿泊だったのだけど、私夜中に発熱したのです。夜中、全身筋肉が痛く、頭痛やら変な汗やら、まずいな、、って感じでした。

翌日東京で家族で遊ぶ予定だったから、これまずい~と思って、夜中に授乳の後、せっせとCS60自分で当てて、眠りにつきました。そしたら翌朝には、筋肉の痛みも、発熱もなくなり、まだ鼻水はちょっと出るけど、くらいに回復!

家族で予定通り遊んで帰ることができました~。

何かとCS60に助けられています♪

f0128026_16403869.jpg
大はしゃぎ〜!!

f0128026_16404310.jpg



CS60施術、IHセッション、ホリスティックヘルスセッションぼちぼち復帰してし始めています。

ただ、シッターさんに預けてになるため、今のところ週に2回くらいしか入れられず、かなりぼちぼちになっています〜。

よろしくお願いいたします。














by pineheath | 2018-11-20 16:50 | CS60 | Trackback | Comments(0)

掴んでしまった問題の手放し方

今日2記事目♪

色々うまくいっている~♪って状態の時にも、ふっと何かが気になりだして、心がざわざわし出す時ってあります。


ある方向から見たら、充分幸せなはずなのに、何か問題がある気がしてくるんです。

その気になり出す『何か』は、フェイスブックでの友達の投稿内容だったり、パートナーの何気ない一言だったり、、、

そうすると、自分の中で、モヤモヤが膨らんで、それまでは幸せなはずだったのに、一気に不満、悩みの中に入ることになります~~。

『友達の方が人生楽しんでいるように見える~』、『自分には足りない気がしてくる~』


これって、なんだと思います?

なんで人って問題を取りに行くんだと思いますか?


人は、目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになってしまって、問題を掴みに行きます~~。


これ、大事なので、もう一回言います!


目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになるので、問題を掴みに行きます!!!


これ、『目標』ってたいそうな言葉を使うと、大きな目標が必要になる気がしてくるかもしれないけども、小さなことでもいいのです。

こうありたいと思うこと、

こうだったら、ほっこり幸せだな、と思うこと、

それに向かおうとする気持ち。。。

そんな、軽いエネルギーになること、それそのものが目標になりえます。


私たちって、成長したいんだと思います。

この地球に生まれてきて、何をしたいのかって、成長したいんだと思う。それで、その『成長』って何?っていうと、「『自分』という存在がわかっていくこと」なのだと思うのです。


『自分』が何者かわからない~って状態から始まり、自分を取り戻していく。


それが成長なのだと思っています。


成長するための手段として、何かに対して、これが問題だ!と思ってその『問題』に対処する形で進む方法と、ほっこり幸せって思うことに向かおうとする気持ち『目標』に焦点を当てて進む方法があるのだと思います。


ついつい、育った環境や、受けた教育から、自分が何者かわかっていなかった私たちは『問題』からスタートすることが当たり前で、それに慣らされていたのだけど、もう、『自分』がわかってきた今、『問題』に焦点を当てて成長するってパターンを捨ててもいい時期だよね、って思います。


『足りない』って気持ちを満たすために、やり続ける戦い、もう、それをする必要はないんです。


そんな苦しい戦いの中で成長しなくっても、私たちは光の中で成長できるんです~~。


IHのセッションではクライアントさんは『問題』と思えるところを抱えてセッションを受けにくるのだけど、セッション途中でその人の『目標』に光が当たった瞬間、パーっとエネルギーが明るくなります。

そして、問題に囚われていたところから、目標に意識がいって、自分はそこに行けるんだという安心感に包まれます。


これって、面白くって、この流れ(つまり、目標に意識がいって安心感に入るという流れ)の逆パターンをとることで、問題を捉えて離さない自分の手を問題から離すことができるなって思っています。

これは、いつでも、どこにいてもできるので、本当にオススメです。


つまり、問題が発生して、それに囚われそうになった時に、

まずは安心感に包まれることを選択して、目標をつかめる自分に持っていく!というやり方。


安心感に包まれること、ってなんでもよくって、五感が喜ぶ何かに集中するんです。

美味しい、とか、気持ちい、とか、いい匂い、とか、この音色好き、とか、です。

本当に、これは目の前にある、自分が触れている何かで心地いいもの、に集中すればいいのです。

その心地よさに集中すると、自然と意識が『問題』から離れてくれるので、その隙にこういうのが好きなんだなーこうなったら嬉しいんだなーっていう、自分の目標に目を向けていくのです。


問題を掴んでしまいそうになったら、または掴んで離せない感じになったら、目標になんて意識がいかない、って思うなら、まずは目の前の安心感に集中する。


ああ、心地いい~

ああ、いい匂い~

ああ、美味しい~

ああ、太陽があったかい~

ああ、コーヒー淹れよ♪

ああ、お気に入りのカフェいこ♪

ああ、あのDVD 観よ♪

ああ、みーちゃん(猫)フッワフワ♪

ああ、エマちゃん(赤ちゃん)いい匂い♪


なーんでもいいので、ちょっとフワってすることに気持ちを持って行って、それに数分間浸ると、問題だと思っていたこと(掴んで離さない状態のこと)がちょっと手から離れているのです。そこまで問題じゃない気がしてくる。

その状態になったら、問題を問題だと受け取る視点以外の視点で物事を見れないか、意識を広げてみるのです。

すでに自分には幸せなことがこんなにあるんだってことに気がつくタイミングです。


問題を掴んでしまう癖が治るまで、このやり方はかなり有効です♪
自分の成長のために、『問題』はいらない。

『こうなりたいな!』『これやりたいな!』『こんな感じが幸せだな!』のエネルギーだけでいいのです♡


IHセッションのお問い合わせ、ありがとうございます♪
11月後半からセッションなど入れていこうかと思っています〜〜よろしくお願いいたします!



by pineheath | 2018-10-25 15:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

夫婦で家事のゴール地点を共有する

夫と話していて、ほんとそうだなーと思ったことがありました。

家事のゴール地点(理想としている状態)が夫婦で共有できていると、とにかくそのゴールに向かえばいいので、家事の協力がしやすい、と言うのです。


一般的に主婦って、最初から家事については総責任者的な役割になっているので、そのゴールが感覚的にわかってるのです。


洗濯物まわすこと、洗濯物干すこと

布団畳むこと、子供のおもちゃ片付けること、掃除機すること、食器下げること、食器洗うこと、etc,etc,etc,,,

それらの項目がどの状態になっていたら完成かってとっても感覚的なことだったりします。


でも、これがゴールってはっきりと言葉に出して意識したことってなかったりします。


夫側が家事の総責任者だったことが無い状態だと、そもそもどこを目指して家事をしたらいいのかがわかっていないのが普通です。


サポートする役割のマインドでしかないから、「何手伝ったらいい?」と、指示待ちになってしまうんですよね。


妻側は、その質問に対して、家事なんて、毎日のことだから、

「聞かなくちゃわかんないの?!!」

って呆れる気分になるし、本気でわかんないの?!と疑問さえ感じちゃうんだけど、妻は妻で家事を明言化したことがないと、一つのことが終わって、なんとなく次のことって感覚的に進めているだけでは、うまく指示ができなかったりするのですね。

どれが終わり?っていうのも明言化されてないしね。


人を使ったことがない店長みたいな。。。


家事、育児を夫婦で協力してやっていくのに、必要不可欠になってくることだと思うのが、


妻側の人を使う店長のマインド、

もしくは、

夫が店長になれるくらいの総責任者マインドを持ってもらうこと、なのかと思っていて、


要は、「何手伝ったらいい?」の問いに、妻が順序立てて指示できる状態になっているか、

もしくは

夫が「何手伝ったらいい?」という問いをする以前に、何をすればいいのか察して自分で考えて動ける状態になっているか

なのかな、と。


で、どっちを達成するのが楽か?というと、女性が『指示するマインド』(要は物事をロジックにして、人に示すマインド)を持つのは女性の中の男性性を発揮させることだったりして、不得意な人は不得意だろうし、そもそも、家事って状況によって完成度が変化しうる仕事だと思うから、指示するのが難しいことだったりします。


男性が総責任者マインドを持つことは男性の中の男性性を発揮させることなので、

私は男性に総責任者マインドを獲得してもらうことの方が楽な気がしています。


総責任者マインドを獲得してもらっている、つまり、家事のゴール地点が共有できている状態なのですね。


うちは、以前、3ヶ月間私が赤ちゃんだったゆいちゃん連れてアメリカに行った時に、みこちゃんとパパが二人で生活したことがあって、その時に、夫は家事、育児を全部一人でやるという経験をしました。


そして、その後にも家事、育児の責任者を交代にする、というシステムにしてみたこともありました(その時のブログ記事はコレ)(今はこのシステムではやってないです~)


夫は、その時のワンオペ育児経験から、とにかく手を動かさないと家事は進まないってこととか、育児では自分のペースではことが何も運ばないってことを経験したのですねー。。だから、「家事とは」、「育児とは」、を自らの経験を持って語れるようにまでなってくれています(感謝)



先日、10時に人が来るって時に、9時過ぎてるのに家はまだぐちゃぐちゃって状態の時がありました。

私は、「あーもうこんな時間!!!」って焦りながら家事を進めていたんだけど、このままじゃあ、どう頑張っても10時までにはやらなきゃいけないことが終わらなそう。。。
夫は9時半近くに出発しなきゃいけなかったのだけど、その出発ちょっと前に「10時までには終わんないよー、涙」と伝えたところ、一瞬で家事総責任者マインドスイッチが押されたようでした。


何をしなきゃいけないのか、を察してくれて、そこからものすごい勢いで家事が進み、そこからものの10分以内でやんなきゃいけないことが、次々に終わっていったのでした。


この時に、改めて、あーほんと、家事のゴール地点が共有できているのといないのとでは、お互いにかかるストレスが大きく違うなって思ったのでした。



あの時、「おわんないよー涙」と訴えたところで、「え?何すればいいんだっけ?」と言われていたら、ただでさえ焦りいっぱいな状態なのに、「もういい!本当に何もわかってないんだから!」ってなってたと思うし、夫がわも「なんだよ!手伝おうとしてるだろ!!」ってなってたと思う。こんなことから夫婦のイザコザって簡単に生まれていたんだと思う。


あの時は、夫の『家事総責任者マインド』が発動し始めただけで、私からは「あれして、これして」って何一つ言うことなしに、お互い無言で着々と家事を進めていけて、完成形に近づけることができたのでした。



家事なんて当たり前すぎて、言わんでもわかるでしょ!!!!


って思いがちなんだけど、夫側は家事という仕事の総責任者になったことがなければ、それが本当にわかってないのです。


主婦は感覚的に家事を進めるから、明言化して家事にはこれがあり、これがあり、これがある、、って理解してないかもだけど、男性の脳には箇条書きされてやることリストが入っているように思います。

そして、一度そのリストが脳に書き込まれたら、普段は発動させていなくても、スイッチを押したら発動される、みたいになるんだと思います。


今現在は、普段の生活では、私が家事、育児の総責任者でやってて(私が基本家にいるし)夫は家にいる時には最大限手伝うっていうシステムで家事、育児を回しているけども、その夫の協力がバイト生のマインドなのか、総責任者のマインドなのかってところで本当に、大きく、大きく違うのですよねー。


夫婦のストレスを大きく減らすために、家事の明言化、夫にも家事の総責任者マインドを持ってもらうことの大切さ♪



by pineheath | 2018-10-25 15:12 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

問題の本質に気が付いたら、問題と思っていたものははどうでもよくなる

夫婦間で意見が一致しない事っていうか、揉め事になることって、それぞれの夫婦とか、パートナーとかで色々だと思うのですが、うちの場合は、私の冷蔵庫の中身に関して。


夫の気に入らない点は、私が『いつも買い込みすぎてて冷蔵庫がパンパン』ってところでした。


うちは基本的には、私が料理してるけど、夫も時間がある時は台所に立ってくれるし、朝なんかは残り物などを適当にアレンジして朝食作ってくれるのですが、冷蔵庫がすっきりほとんど何も入っていない状態が好きな夫にとって、いつもぎっしり状態の私管理の冷蔵庫はプチ(いや、かなりの?)ストレスなのですね~。

で、一言私に言いたくなるのです。


産後1ヶ月外出していなかったので、買い物に出なかった私、生協で対応していたので、生協が届く直前には冷蔵庫がかつてないくらいスカスカになりました。

その冷蔵庫を見て、夫が嬉しそうに「この状態だよ!こんなに空な冷蔵庫、久しぶりに見た!」と喜んで発言しています。


そして「すぐそばに商店はある訳だし、その日必要なものを、その日に買ってくればいいし、その方が新鮮だし、冷蔵庫も、いっぱいいっぱいに入っているよりもよく働けると思うんだよー。」と、冷蔵庫が空な方がいいという正当な意見を言ってました。

その意見はごもっとも、本当にその通りだと思うんだけど、それを聞く私はモヤモヤ、モヤモヤ~~。

それでも、なんとか冷静に「うん、でも、毎日買い物に行くのは面倒だし行ったらついでに買っておきたいっていう気持ちになるし、冷蔵庫に入っていたら、作りたいときにすぐに作れるし~~」と、私側の弁明をしていた訳です。


でも、この時点で、私は結構モヤモヤしていた訳。


で、夫が冷蔵庫の中身見ながら「あー、でもけっこう空っぽだけど、それでもまだ食材入ってるね、あと数日は買い物せずにも行けそうだね~♪」と、こっちのモヤモヤに気がつかずさらなる追い討ち。笑


その時点で、私は平静さを失って、「文句あるんだったら、その役割してくれてもいいんだけど!」と、怒りを込めて冷たく言い放ってました。。。。


この私の発言を聞いて、夫は言い過ぎた、って気がついて、私に謝ってさえくれたのだけど、私の気持ちはすぐにおさまらず、笑、『なんで、そんなこと言われなきゃいけないんだ、私はこんなに一生懸命やってるのに!!』とか、『産後なのに、結構食事作りも頑張ってる私に、今、こんなダメ出しする訳!?』みたいな思考が次々出てくる訳です。

悪い思考でさらに感情が波立ち、私は、さらに嫌な気分に~~。


はい、これ、ありがちなパターンですよね~~。笑笑


でね、この記事は、別に夫の悪口を言いたかったわけではなくって、、、


こうやって、『相手』のせいで私は嫌な気分なの!と、相手が問題だとしているうちは、なんの解決も生まれない、ってことを伝えたかったから記事にしてみたのです。


私はこの時、散々「なんで『相手』はそう言うんだろ!どうしてこうしてくれないんだろ!」と、『相手』が問題だって思考を頭の中で繰り返し、笑


その思考に疲れたころ


『いや、そもそも、私ってなんでそんなに腹が立ってるんだ?』って冷静になることができました。笑(やっと笑)


なんか、自分の気持ちを押し殺してるところがあるのかな、ってところを振り返ります。

そもそも、わたしが思考していること

『産後、一生懸命頑張ってご飯作ってるのに!』って、私にとってほんとにほんと?本当にそう思ってる??


私って我慢して、頑張ってご飯作りやってる?ってこと?私本当にそう思ってる?

 NO! イヤイヤ、私やりたくてそうやっていることやん!楽しんでることやん!それ、頑張ってるって思ってないやん!!


私たちの思考って、自分にとっての真実じゃないことであっても、もっともらしくぐるぐる回ってしまう時ってあります。だから、思考し続けてることがあったら、それって本当?って自分に聞いてみるのは、自分の本音をのぞかせるのに、有効だなって思います。


例えば、彼氏が約束の時間に来てくれなかった、とかって時に、『どうせ愛してないんだわ、私のことなんて、どうでもいいんだわ!いつだってそうなんだから!!』って思考して、涙が出て来たりします。

でも、条件反射的に出てくる思考に対して、『それって本当?』って自分にもう一回確かめてみたほうがいいです。

私たちは一回の出来事とかを引っ張り上げて、どうせいつもとか、どうせみんなとかって全部をそうであるかのように脚色しちゃうんだけど、よくよく考えたら、一回~3回しか、そのこと起こってなかったりするのです。

よーく冷静になってみると、他の時には、ちゃんと愛されているってわかる出来事もたくさんあったりするんです。。。


話を戻して、、笑


『頑張っている私に、もっと頑張れってダメ出しされた!』ってことでモヤモヤしていたわけじゃないことに気がついた私。(そもそも、夫はダメ出ししたつもりも何にもないのだけどね~~)


じゃあ、何が嫌だったんだろう???本当は何にモヤモヤしたんだろう??

って、自分のモヤモヤポイントを突き詰めるのです。


そんな時、ちょうど見ていたドラマの中に冷蔵庫を食材でいっぱいにしてしまう主人公が出てきました。(『Nのために』ってタイトルかな。HULUで見れました)


ドラマの中の彼女は、母親がお金を使ってしまうので、使われてしまう前に食材を買い込んで料理にしてしまうのです。でも、その料理は食べきれる量ではなく、結局、友人たちにも作り置きのお惣菜をシェアしてあげたりしてました。

その彼女が作り置きの料理をしている姿は、なんかもう必死って感じで、楽しんでやってるって言うのとは違って、そうしないといられないって感じ。


そのドラマを見ていて、『ああ~~~!!!」って気がつきました。

『ああ、私って、ここまで病的ではないけど、この要素があって、だから食材を買い込むんだ!」って気がついたのです。


私にとって、『食材が冷蔵庫にしっかり入っていること』=『安心』

だと気がついたのです。


だから、夫が「冷蔵庫は空っぽがいい」「買い足さなくていい」発言をすると、私の安心が奪われる気持ちがして感情がざわついたのです。


私にとって、買うこと、そのことが好きというより、入っている状態が保たれていることを求めている感覚です。なんなら、使わなくていいなら、入れたまま置いときたいくらい。笑

貴重な食材をやっと手に入れたら、夫はパーっと使っちゃうけど、私は使わず置いておきたいくらい感覚になります。なくなっちゃったら、また買わなきゃいけないじゃん、みたいな。。



そこまで気がついたので、じゃあ、なんで食材が入っていたら安心なのか、どこからその信じ込みがきたのか?ってことを考えていきます。


これは、まだ自分でIHやれてないから、思考の顕在意識でしかわかってないから、潜在意識にはまだ他の要因も眠っているかもですが、

いまのところ気がつけているのは、


1、アメリカ生活が長く、食材は車で30~40分走らないと買いに行けない距離だったり、日本食材が簡単に手に入らない環境だったから


2、母親も同じように冷蔵庫をパンパンにしておく癖があり、父との喧嘩の元になっているのだけど、母親から受け継いでいる『世代間の信じ込み』が私に入っているから。


なんか、この二つのうち、2の可能性が大きいなあ~~って思っています。


ああ、そうだったのかあ~~って、本当に自分の中で腑に落ち、冷蔵庫をパンパンにする自分を客観視することができ始めました。


すると、あんなに夫に対して腹が立っていたのに、それ、なんの話?って感覚になり、笑

問題の本質はいつもいつも自分の中にあるんだなあってことに改めて納得しています。


そこまで行き着いて、穏やかな気分になっていたら

夫が不機嫌な妻をなんとかしようと、子供を迎えた足でお花を買ってきてくれました。笑


家に子供達が先に入ってきて

「まま、パパがごめんなさいって~許してあげや~~」

「ほら、パパ謝って~~!」だって。

いやはや、パパが悪いんじゃなく、自分の問題でした~~


その後、日常に戻った時に夫が『で、あの時は、何が一体嫌だったの。。。?』と。笑

訳も分からず、とにかく妻を怒らせてしまったらしい、ということでの花だったらしい。。


f0128026_16332806.jpg

f0128026_16332367.jpg

                          今日は、茶畑を見下ろせる家でのランチタイム〜










by pineheath | 2018-10-22 16:36 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

体が求めるものを食べる~母乳にあずき?!

私はヘルスセッションで直感に従って食べたいものを食べる、というお話をしています。

体は頭よりもずっとなんでもよくわかっているので、頭で『これがいい』と考えて食べるよりも、体が求めるものを食べることが、健康への近道だと考えています。

もちろん、そのためには、自分の体との信頼関係が築けていて初めて、求めるものが素直に分かっていくので、セッションでは、自分の体との信頼関係を取り戻すことをやっていきます。


今日は、やっぱり体が求めるものには理由があるんだなあ~~と改めて思ったという話。


今回の産後、無性に食べたくなった食べ物、それは小豆でした~。


産後1ヶ月少し経つのですが、この1ヶ月ちょっとの間に小豆を何回炊いたことか。笑

最初は、少し甘い方がいいかな、と思って、炊いた後に、麹と発酵させて少し甘くして食べていたのだけど、いやいや、まてよ、あんこの甘さが欲しいわけじゃなくて、小豆そのものが欲しいんだわ、と、気がついて、それ以降はただただ炊いては、少し塩を振って食べたり、そのまま食べたり~。

小腹が空くと、小豆があるとそれ食べる、みたいになって、ただ、ただ食べ続けています。


ふと、なんでこんなに小豆が食べたいんだろう?と思って、改めて小豆について調べたら、まあ、まあ、かなり栄養価の高い食材なんですね~小豆って!

このサイトがあずきの栄養についてよくまとめてくれてました!

http://www.azuki.tokyo/archives/1160.html

そこのサイトにも書いてあるけど、タンパク質も、鉄分も多い!今回の産後は、動物性のタンパク質だけではなく、植物性のタンパク質も体が欲していると感じます〜。


そして、『母乳の出をよくするために、あずきを食べました!』と言っている方もいたりして、母乳の出が良くなる食べ物として、知っている方もいるみたい。


私は、ずーっと前にマクロビを信仰していた時に、笑、小豆かぼちゃであずき食べたりしていたけど、そんな昔のこと、本当に忘れてて、あずきは正月に餅に添えて食べるか、お団子屋さんで買ってきた饅頭に入っているか、くらいで、私があずきを炊くということはここ数年していなかったのです。


体って、本当に天才です。

産むまでは一切考えなかった小豆なのに、産んだ途端、小豆が食べたいなあって普通に感覚として上がってきて、あずきを炊いて食べるんですからね~~。


あずきのお陰か、母乳は相変わらず良く出ます♪


今日は、目先を変えてベーコンと一緒に煮ました。

f0128026_15332119.jpg


アメリカにいた頃に、黒豆のソースを作っていたのだけど、(レシピが過去のブログにありましたhttps://pineheath.exblog.jp/16892981/
そのアレンジバージョンといった感じです。もうね、病みつきになる美味しさです♪

あ、このリンク先では、豆を圧力鍋で炊いてるけど、この頃は、あずきはホットクックで炊いてます~。ほっといたらいいので、授乳の合間に仕掛けて忘れておいても大丈夫なので助かってます♪

f0128026_15331614.jpg

つぶあんモードしかないので、これでセットしたら、1時間したら止めます。庫内で少し放置しておいたら、いい加減な柔らかさになります〜。





by pineheath | 2018-10-20 15:46 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)