タグ:ホリスティック ヘルス ( 319 ) タグの人気記事

(無料)ニュースレターの発行のお知らせ

ニュースレター(無料)発行のお知らせ。

Pure Food Pure Bodyでは通常の ニュースレターと、直感を使って食べるメールレクチャーを配信しています。

以下からお申し込みください。

[PR]
by pineheath | 2019-12-20 10:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(2)

掴んでしまった問題の手放し方

今日2記事目♪

色々うまくいっている~♪って状態の時にも、ふっと何かが気になりだして、心がざわざわし出す時ってあります。


ある方向から見たら、充分幸せなはずなのに、何か問題がある気がしてくるんです。

その気になり出す『何か』は、フェイスブックでの友達の投稿内容だったり、パートナーの何気ない一言だったり、、、

そうすると、自分の中で、モヤモヤが膨らんで、それまでは幸せなはずだったのに、一気に不満、悩みの中に入ることになります~~。

『友達の方が人生楽しんでいるように見える~』、『自分には足りない気がしてくる~』


これって、なんだと思います?

なんで人って問題を取りに行くんだと思いますか?


人は、目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになってしまって、問題を掴みに行きます~~。


これ、大事なので、もう一回言います!


目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになるので、問題を掴みに行きます!!!


これ、『目標』ってたいそうな言葉を使うと、大きな目標が必要になる気がしてくるかもしれないけども、小さなことでもいいのです。

こうありたいと思うこと、

こうだったら、ほっこり幸せだな、と思うこと、

それに向かおうとする気持ち。。。

そんな、軽いエネルギーになること、それそのものが目標になりえます。


私たちって、成長したいんだと思います。

この地球に生まれてきて、何をしたいのかって、成長したいんだと思う。それで、その『成長』って何?っていうと、「『自分』という存在がわかっていくこと」なのだと思うのです。


『自分』が何者かわからない~って状態から始まり、自分を取り戻していく。


それが成長なのだと思っています。


成長するための手段として、何かに対して、これが問題だ!と思ってその『問題』に対処する形で進む方法と、ほっこり幸せって思うことに向かおうとする気持ち『目標』に焦点を当てて進む方法があるのだと思います。


ついつい、育った環境や、受けた教育から、自分が何者かわかっていなかった私たちは『問題』からスタートすることが当たり前で、それに慣らされていたのだけど、もう、『自分』がわかってきた今、『問題』に焦点を当てて成長するってパターンを捨ててもいい時期だよね、って思います。


『足りない』って気持ちを満たすために、やり続ける戦い、もう、それをする必要はないんです。


そんな苦しい戦いの中で成長しなくっても、私たちは光の中で成長できるんです~~。


IHのセッションではクライアントさんは『問題』と思えるところを抱えてセッションを受けにくるのだけど、セッション途中でその人の『目標』に光が当たった瞬間、パーっとエネルギーが明るくなります。

そして、問題に囚われていたところから、目標に意識がいって、自分はそこに行けるんだという安心感に包まれます。


これって、面白くって、この流れ(つまり、目標に意識がいって安心感に入るという流れ)の逆パターンをとることで、問題を捉えて離さない自分の手を問題から離すことができるなって思っています。

これは、いつでも、どこにいてもできるので、本当にオススメです。


つまり、問題が発生して、それに囚われそうになった時に、

まずは安心感に包まれることを選択して、目標をつかめる自分に持っていく!というやり方。


安心感に包まれること、ってなんでもよくって、五感が喜ぶ何かに集中するんです。

美味しい、とか、気持ちい、とか、いい匂い、とか、この音色好き、とか、です。

本当に、これは目の前にある、自分が触れている何かで心地いいもの、に集中すればいいのです。

その心地よさに集中すると、自然と意識が『問題』から離れてくれるので、その隙にこういうのが好きなんだなーこうなったら嬉しいんだなーっていう、自分の目標に目を向けていくのです。


問題を掴んでしまいそうになったら、または掴んで離せない感じになったら、目標になんて意識がいかない、って思うなら、まずは目の前の安心感に集中する。


ああ、心地いい~

ああ、いい匂い~

ああ、美味しい~

ああ、太陽があったかい~

ああ、コーヒー淹れよ♪

ああ、お気に入りのカフェいこ♪

ああ、あのDVD 観よ♪

ああ、みーちゃん(猫)フッワフワ♪

ああ、エマちゃん(赤ちゃん)いい匂い♪


なーんでもいいので、ちょっとフワってすることに気持ちを持って行って、それに数分間浸ると、問題だと思っていたこと(掴んで離さない状態のこと)がちょっと手から離れているのです。そこまで問題じゃない気がしてくる。

その状態になったら、問題を問題だと受け取る視点以外の視点で物事を見れないか、意識を広げてみるのです。

すでに自分には幸せなことがこんなにあるんだってことに気がつくタイミングです。


問題を掴んでしまう癖が治るまで、このやり方はかなり有効です♪
自分の成長のために、『問題』はいらない。

『こうなりたいな!』『これやりたいな!』『こんな感じが幸せだな!』のエネルギーだけでいいのです♡


IHセッションのお問い合わせ、ありがとうございます♪
11月後半からセッションなど入れていこうかと思っています〜〜よろしくお願いいたします!



[PR]
by pineheath | 2018-10-25 15:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

夫婦で家事のゴール地点を共有する

夫と話していて、ほんとそうだなーと思ったことがありました。

家事のゴール地点(理想としている状態)が夫婦で共有できていると、とにかくそのゴールに向かえばいいので、家事の協力がしやすい、と言うのです。


一般的に主婦って、最初から家事については総責任者的な役割になっているので、そのゴールが感覚的にわかってるのです。


洗濯物まわすこと、洗濯物干すこと

布団畳むこと、子供のおもちゃ片付けること、掃除機すること、食器下げること、食器洗うこと、etc,etc,etc,,,

それらの項目がどの状態になっていたら完成かってとっても感覚的なことだったりします。


でも、これがゴールってはっきりと言葉に出して意識したことってなかったりします。


夫側が家事の総責任者だったことが無い状態だと、そもそもどこを目指して家事をしたらいいのかがわかっていないのが普通です。


サポートする役割のマインドでしかないから、「何手伝ったらいい?」と、指示待ちになってしまうんですよね。


妻側は、その質問に対して、家事なんて、毎日のことだから、

「聞かなくちゃわかんないの?!!」

って呆れる気分になるし、本気でわかんないの?!と疑問さえ感じちゃうんだけど、妻は妻で家事を明言化したことがないと、一つのことが終わって、なんとなく次のことって感覚的に進めているだけでは、うまく指示ができなかったりするのですね。

どれが終わり?っていうのも明言化されてないしね。


人を使ったことがない店長みたいな。。。


家事、育児を夫婦で協力してやっていくのに、必要不可欠になってくることだと思うのが、


妻側の人を使う店長のマインド、

もしくは、

夫が店長になれるくらいの総責任者マインドを持ってもらうこと、なのかと思っていて、


要は、「何手伝ったらいい?」の問いに、妻が順序立てて指示できる状態になっているか、

もしくは

夫が「何手伝ったらいい?」という問いをする以前に、何をすればいいのか察して自分で考えて動ける状態になっているか

なのかな、と。


で、どっちを達成するのが楽か?というと、女性が『指示するマインド』(要は物事をロジックにして、人に示すマインド)を持つのは女性の中の男性性を発揮させることだったりして、不得意な人は不得意だろうし、そもそも、家事って状況によって完成度が変化しうる仕事だと思うから、指示するのが難しいことだったりします。


男性が総責任者マインドを持つことは男性の中の男性性を発揮させることなので、

私は男性に総責任者マインドを獲得してもらうことの方が楽な気がしています。


総責任者マインドを獲得してもらっている、つまり、家事のゴール地点が共有できている状態なのですね。


うちは、以前、3ヶ月間私が赤ちゃんだったゆいちゃん連れてアメリカに行った時に、みこちゃんとパパが二人で生活したことがあって、その時に、夫は家事、育児を全部一人でやるという経験をしました。


そして、その後にも家事、育児の責任者を交代にする、というシステムにしてみたこともありました(その時のブログ記事はコレ)(今はこのシステムではやってないです~)


夫は、その時のワンオペ育児経験から、とにかく手を動かさないと家事は進まないってこととか、育児では自分のペースではことが何も運ばないってことを経験したのですねー。。だから、「家事とは」、「育児とは」、を自らの経験を持って語れるようにまでなってくれています(感謝)



先日、10時に人が来るって時に、9時過ぎてるのに家はまだぐちゃぐちゃって状態の時がありました。

私は、「あーもうこんな時間!!!」って焦りながら家事を進めていたんだけど、このままじゃあ、どう頑張っても10時までにはやらなきゃいけないことが終わらなそう。。。
夫は9時半近くに出発しなきゃいけなかったのだけど、その出発ちょっと前に「10時までには終わんないよー、涙」と伝えたところ、一瞬で家事総責任者マインドスイッチが押されたようでした。


何をしなきゃいけないのか、を察してくれて、そこからものすごい勢いで家事が進み、そこからものの10分以内でやんなきゃいけないことが、次々に終わっていったのでした。


この時に、改めて、あーほんと、家事のゴール地点が共有できているのといないのとでは、お互いにかかるストレスが大きく違うなって思ったのでした。



あの時、「おわんないよー涙」と訴えたところで、「え?何すればいいんだっけ?」と言われていたら、ただでさえ焦りいっぱいな状態なのに、「もういい!本当に何もわかってないんだから!」ってなってたと思うし、夫がわも「なんだよ!手伝おうとしてるだろ!!」ってなってたと思う。こんなことから夫婦のイザコザって簡単に生まれていたんだと思う。


あの時は、夫の『家事総責任者マインド』が発動し始めただけで、私からは「あれして、これして」って何一つ言うことなしに、お互い無言で着々と家事を進めていけて、完成形に近づけることができたのでした。



家事なんて当たり前すぎて、言わんでもわかるでしょ!!!!


って思いがちなんだけど、夫側は家事という仕事の総責任者になったことがなければ、それが本当にわかってないのです。


主婦は感覚的に家事を進めるから、明言化して家事にはこれがあり、これがあり、これがある、、って理解してないかもだけど、男性の脳には箇条書きされてやることリストが入っているように思います。

そして、一度そのリストが脳に書き込まれたら、普段は発動させていなくても、スイッチを押したら発動される、みたいになるんだと思います。


今現在は、普段の生活では、私が家事、育児の総責任者でやってて(私が基本家にいるし)夫は家にいる時には最大限手伝うっていうシステムで家事、育児を回しているけども、その夫の協力がバイト生のマインドなのか、総責任者のマインドなのかってところで本当に、大きく、大きく違うのですよねー。


夫婦のストレスを大きく減らすために、家事の明言化、夫にも家事の総責任者マインドを持ってもらうことの大切さ♪



[PR]
by pineheath | 2018-10-25 15:12 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

問題の本質に気が付いたら、問題と思っていたものははどうでもよくなる

夫婦間で意見が一致しない事っていうか、揉め事になることって、それぞれの夫婦とか、パートナーとかで色々だと思うのですが、うちの場合は、私の冷蔵庫の中身に関して。


夫の気に入らない点は、私が『いつも買い込みすぎてて冷蔵庫がパンパン』ってところでした。


うちは基本的には、私が料理してるけど、夫も時間がある時は台所に立ってくれるし、朝なんかは残り物などを適当にアレンジして朝食作ってくれるのですが、冷蔵庫がすっきりほとんど何も入っていない状態が好きな夫にとって、いつもぎっしり状態の私管理の冷蔵庫はプチ(いや、かなりの?)ストレスなのですね~。

で、一言私に言いたくなるのです。


産後1ヶ月外出していなかったので、買い物に出なかった私、生協で対応していたので、生協が届く直前には冷蔵庫がかつてないくらいスカスカになりました。

その冷蔵庫を見て、夫が嬉しそうに「この状態だよ!こんなに空な冷蔵庫、久しぶりに見た!」と喜んで発言しています。


そして「すぐそばに商店はある訳だし、その日必要なものを、その日に買ってくればいいし、その方が新鮮だし、冷蔵庫も、いっぱいいっぱいに入っているよりもよく働けると思うんだよー。」と、冷蔵庫が空な方がいいという正当な意見を言ってました。

その意見はごもっとも、本当にその通りだと思うんだけど、それを聞く私はモヤモヤ、モヤモヤ~~。

それでも、なんとか冷静に「うん、でも、毎日買い物に行くのは面倒だし行ったらついでに買っておきたいっていう気持ちになるし、冷蔵庫に入っていたら、作りたいときにすぐに作れるし~~」と、私側の弁明をしていた訳です。


でも、この時点で、私は結構モヤモヤしていた訳。


で、夫が冷蔵庫の中身見ながら「あー、でもけっこう空っぽだけど、それでもまだ食材入ってるね、あと数日は買い物せずにも行けそうだね~♪」と、こっちのモヤモヤに気がつかずさらなる追い討ち。笑


その時点で、私は平静さを失って、「文句あるんだったら、その役割してくれてもいいんだけど!」と、怒りを込めて冷たく言い放ってました。。。。


この私の発言を聞いて、夫は言い過ぎた、って気がついて、私に謝ってさえくれたのだけど、私の気持ちはすぐにおさまらず、笑、『なんで、そんなこと言われなきゃいけないんだ、私はこんなに一生懸命やってるのに!!』とか、『産後なのに、結構食事作りも頑張ってる私に、今、こんなダメ出しする訳!?』みたいな思考が次々出てくる訳です。

悪い思考でさらに感情が波立ち、私は、さらに嫌な気分に~~。


はい、これ、ありがちなパターンですよね~~。笑笑


でね、この記事は、別に夫の悪口を言いたかったわけではなくって、、、


こうやって、『相手』のせいで私は嫌な気分なの!と、相手が問題だとしているうちは、なんの解決も生まれない、ってことを伝えたかったから記事にしてみたのです。


私はこの時、散々「なんで『相手』はそう言うんだろ!どうしてこうしてくれないんだろ!」と、『相手』が問題だって思考を頭の中で繰り返し、笑


その思考に疲れたころ


『いや、そもそも、私ってなんでそんなに腹が立ってるんだ?』って冷静になることができました。笑(やっと笑)


なんか、自分の気持ちを押し殺してるところがあるのかな、ってところを振り返ります。

そもそも、わたしが思考していること

『産後、一生懸命頑張ってご飯作ってるのに!』って、私にとってほんとにほんと?本当にそう思ってる??


私って我慢して、頑張ってご飯作りやってる?ってこと?私本当にそう思ってる?

 NO! イヤイヤ、私やりたくてそうやっていることやん!楽しんでることやん!それ、頑張ってるって思ってないやん!!


私たちの思考って、自分にとっての真実じゃないことであっても、もっともらしくぐるぐる回ってしまう時ってあります。だから、思考し続けてることがあったら、それって本当?って自分に聞いてみるのは、自分の本音をのぞかせるのに、有効だなって思います。


例えば、彼氏が約束の時間に来てくれなかった、とかって時に、『どうせ愛してないんだわ、私のことなんて、どうでもいいんだわ!いつだってそうなんだから!!』って思考して、涙が出て来たりします。

でも、条件反射的に出てくる思考に対して、『それって本当?』って自分にもう一回確かめてみたほうがいいです。

私たちは一回の出来事とかを引っ張り上げて、どうせいつもとか、どうせみんなとかって全部をそうであるかのように脚色しちゃうんだけど、よくよく考えたら、一回~3回しか、そのこと起こってなかったりするのです。

よーく冷静になってみると、他の時には、ちゃんと愛されているってわかる出来事もたくさんあったりするんです。。。


話を戻して、、笑


『頑張っている私に、もっと頑張れってダメ出しされた!』ってことでモヤモヤしていたわけじゃないことに気がついた私。(そもそも、夫はダメ出ししたつもりも何にもないのだけどね~~)


じゃあ、何が嫌だったんだろう???本当は何にモヤモヤしたんだろう??

って、自分のモヤモヤポイントを突き詰めるのです。


そんな時、ちょうど見ていたドラマの中に冷蔵庫を食材でいっぱいにしてしまう主人公が出てきました。(『Nのために』ってタイトルかな。HULUで見れました)


ドラマの中の彼女は、母親がお金を使ってしまうので、使われてしまう前に食材を買い込んで料理にしてしまうのです。でも、その料理は食べきれる量ではなく、結局、友人たちにも作り置きのお惣菜をシェアしてあげたりしてました。

その彼女が作り置きの料理をしている姿は、なんかもう必死って感じで、楽しんでやってるって言うのとは違って、そうしないといられないって感じ。


そのドラマを見ていて、『ああ~~~!!!」って気がつきました。

『ああ、私って、ここまで病的ではないけど、この要素があって、だから食材を買い込むんだ!」って気がついたのです。


私にとって、『食材が冷蔵庫にしっかり入っていること』=『安心』

だと気がついたのです。


だから、夫が「冷蔵庫は空っぽがいい」「買い足さなくていい」発言をすると、私の安心が奪われる気持ちがして感情がざわついたのです。


私にとって、買うこと、そのことが好きというより、入っている状態が保たれていることを求めている感覚です。なんなら、使わなくていいなら、入れたまま置いときたいくらい。笑

貴重な食材をやっと手に入れたら、夫はパーっと使っちゃうけど、私は使わず置いておきたいくらい感覚になります。なくなっちゃったら、また買わなきゃいけないじゃん、みたいな。。



そこまで気がついたので、じゃあ、なんで食材が入っていたら安心なのか、どこからその信じ込みがきたのか?ってことを考えていきます。


これは、まだ自分でIHやれてないから、思考の顕在意識でしかわかってないから、潜在意識にはまだ他の要因も眠っているかもですが、

いまのところ気がつけているのは、


1、アメリカ生活が長く、食材は車で30~40分走らないと買いに行けない距離だったり、日本食材が簡単に手に入らない環境だったから


2、母親も同じように冷蔵庫をパンパンにしておく癖があり、父との喧嘩の元になっているのだけど、母親から受け継いでいる『世代間の信じ込み』が私に入っているから。


なんか、この二つのうち、2の可能性が大きいなあ~~って思っています。


ああ、そうだったのかあ~~って、本当に自分の中で腑に落ち、冷蔵庫をパンパンにする自分を客観視することができ始めました。


すると、あんなに夫に対して腹が立っていたのに、それ、なんの話?って感覚になり、笑

問題の本質はいつもいつも自分の中にあるんだなあってことに改めて納得しています。


そこまで行き着いて、穏やかな気分になっていたら

夫が不機嫌な妻をなんとかしようと、子供を迎えた足でお花を買ってきてくれました。笑


家に子供達が先に入ってきて

「まま、パパがごめんなさいって~許してあげや~~」

「ほら、パパ謝って~~!」だって。

いやはや、パパが悪いんじゃなく、自分の問題でした~~


その後、日常に戻った時に夫が『で、あの時は、何が一体嫌だったの。。。?』と。笑

訳も分からず、とにかく妻を怒らせてしまったらしい、ということでの花だったらしい。。


f0128026_16332806.jpg

f0128026_16332367.jpg

                          今日は、茶畑を見下ろせる家でのランチタイム〜










[PR]
by pineheath | 2018-10-22 16:36 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

体が求めるものを食べる~母乳にあずき?!

私はヘルスセッションで直感に従って食べたいものを食べる、というお話をしています。

体は頭よりもずっとなんでもよくわかっているので、頭で『これがいい』と考えて食べるよりも、体が求めるものを食べることが、健康への近道だと考えています。

もちろん、そのためには、自分の体との信頼関係が築けていて初めて、求めるものが素直に分かっていくので、セッションでは、自分の体との信頼関係を取り戻すことをやっていきます。


今日は、やっぱり体が求めるものには理由があるんだなあ~~と改めて思ったという話。


今回の産後、無性に食べたくなった食べ物、それは小豆でした~。


産後1ヶ月少し経つのですが、この1ヶ月ちょっとの間に小豆を何回炊いたことか。笑

最初は、少し甘い方がいいかな、と思って、炊いた後に、麹と発酵させて少し甘くして食べていたのだけど、いやいや、まてよ、あんこの甘さが欲しいわけじゃなくて、小豆そのものが欲しいんだわ、と、気がついて、それ以降はただただ炊いては、少し塩を振って食べたり、そのまま食べたり~。

小腹が空くと、小豆があるとそれ食べる、みたいになって、ただ、ただ食べ続けています。


ふと、なんでこんなに小豆が食べたいんだろう?と思って、改めて小豆について調べたら、まあ、まあ、かなり栄養価の高い食材なんですね~小豆って!

このサイトがあずきの栄養についてよくまとめてくれてました!

http://www.azuki.tokyo/archives/1160.html

そこのサイトにも書いてあるけど、タンパク質も、鉄分も多い!今回の産後は、動物性のタンパク質だけではなく、植物性のタンパク質も体が欲していると感じます〜。


そして、『母乳の出をよくするために、あずきを食べました!』と言っている方もいたりして、母乳の出が良くなる食べ物として、知っている方もいるみたい。


私は、ずーっと前にマクロビを信仰していた時に、笑、小豆かぼちゃであずき食べたりしていたけど、そんな昔のこと、本当に忘れてて、あずきは正月に餅に添えて食べるか、お団子屋さんで買ってきた饅頭に入っているか、くらいで、私があずきを炊くということはここ数年していなかったのです。


体って、本当に天才です。

産むまでは一切考えなかった小豆なのに、産んだ途端、小豆が食べたいなあって普通に感覚として上がってきて、あずきを炊いて食べるんですからね~~。


あずきのお陰か、母乳は相変わらず良く出ます♪


今日は、目先を変えてベーコンと一緒に煮ました。

f0128026_15332119.jpg


アメリカにいた頃に、黒豆のソースを作っていたのだけど、(レシピが過去のブログにありましたhttps://pineheath.exblog.jp/16892981/
そのアレンジバージョンといった感じです。もうね、病みつきになる美味しさです♪

あ、このリンク先では、豆を圧力鍋で炊いてるけど、この頃は、あずきはホットクックで炊いてます~。ほっといたらいいので、授乳の合間に仕掛けて忘れておいても大丈夫なので助かってます♪

f0128026_15331614.jpg

つぶあんモードしかないので、これでセットしたら、1時間したら止めます。庫内で少し放置しておいたら、いい加減な柔らかさになります〜。





[PR]
by pineheath | 2018-10-20 15:46 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)

夏が終わり出産まで秒読み~~出産準備編♪家事の AI化

さて、すっごく久しぶりのブログです~~。


アメリカの子供達との夏休みは7月いっぱいで終わり、ヘトンヘトンになるまで遊びました♪

f0128026_18110112.jpg

f0128026_18031241.jpg
もうね、家は片付けても、片付けても、ヒッチャカメッチャカ。笑

f0128026_18122877.jpg
毎日の子供達のエンターテイン、食事作り、掃除、洗濯に追われてました。笑

f0128026_18143086.jpg


その余韻に浸る間もなく、8月は結構しっかりセッション、施術、クラスと仕事していました~。


そして、もう9月も10日が過ぎてしまったーー!!


出産前に、ブログ書きたい〜〜!という気持ちが沸き起こり、急いで記事にしています♪




7月の私の誕生日に夫が最新のヘルシオウオーターオーブンをプレゼントしてくたことがきっかけになり、家事で任せれるところをAI化することが楽しくなって、仕事の合間には、家事の効率化を進める準備に夢中で明け暮れてた感じで、すっかりブログかけていませんでした。

この頃は、そのシステム化もひと段落ついて来た感じです♪

f0128026_17562910.jpg


8月は、CS60の西村先生ご一行が、ここ、和束町に来てくださり、1泊二日でこの辺りに住む体の不自由なお年寄りをボランティアで施術して、ミラクルをおこしてくださったり、私もIHファウンデーションクラスやったり、と、色々あったのでそちらについてもおいおいブログ記事にしていきたいと思います~!

f0128026_18060177.jpg




でも、今日はまずは、そろそろ完成も見えてきた家事のAI化について~♪です!





赤ちゃんはもう36週で、いつ生まれても大丈夫な正期産期間に入るまで1週間を切りました!!

結構バリバリ、仕事もこなし、IHセッション、CS60施術もやっていたのですが、実は、「お腹の赤ちゃんの頭がちょっとどころではなく、結構下がりすぎているから、自宅でゴロゴロしておきなさい!」とちょっと前の産婦人科検診でドクターから言われ、CS60の施術については主人にバトンタッチして対応させていただいたりしていました。(主人もCS60の施術資格者です~普段は妻専属施術者なのですが、笑、腕はとてもいいです~!)

CS60 の施術、そこまで力は使っていないつもりでも、腹部に力が全く入っていないわけではないので、やめておいた方がいいな、と思っての判断でした。

「少しでも、変だったら、直ぐに受診しに来てくださいね!そして、その時は入院ですからね!!」とドクターから念を押され、今、ここでチビたちもいるのに入院になるわけにもいかないので、少々安静にすることにしています。

とは言いつつ、なんだ、かんだ動いちゃってますがね~~


さて、さて、そんなわけで、お腹の赤ちゃんも、着々と、出産に向けて準備してくれているんだろうな~と思っているのですが、私も、産後にいかに快適にするか、ってところを考えてて、

今回の産後は家事のAI化♪作戦で乗り切ってみようと思っているのです。

(ちなみに、親には赤ちゃんの顔見にはきてもらうけど、私のお世話にいてもらうということはしないつもりです)


この、家事のAI化って何?って感じですが、笑


つまり、家電製品で優れた機能持つものに、任せれる限り任せて家事を楽しよう~!!!ってこと。


本当はね、ちょっと前から家事をいかに楽にするか?の模索って我が家では続いていて、家事のお手伝いしてくれる人を導入してみるか?という話にもなっていたのです。

でも、なんか、そのタイミングではうまく見つからなかったりして、結局、それは、今の解決策ではなかったようです。


今、こうして、家事をAI化していってて、すっごく楽しいのです~~。

多分、この達成感は誰かを雇っている状態では感じれなかったことだろうな、って思います。


さて、具体的に何をしたか、っていうと、

今回導入したのは、ヘルシオオーブンとヘルシオホットクックという、優秀な電気調理器具達、そして、ヨーグルトとか発酵ができる発酵器、そして、天然酵母のパン焼き器。


あ、後はおまけで1~2人ぶん作れる、ハンディーかき氷器も買ったな。


そして、家電じゃないけど、キッチンの効率化というところでは、ホウロウの容器を一通り揃えました。


すでにブレンダー、ハンドブレンダー、ミキサーなどはもっていたので、全体的に、こういうものが食べたい!と思ったときに、最大限に機械たちを利用して、最小の量力で作ることができる、ってイメージです♪

そして、キッチンじゃないけど、姉からもらったルンバ君も毎日の掃除機がけをしてくれています。



ヘルシオウォーターオーブンとホットクックは家電調理器として、かなり値が張る部類だけど、なぜ、これらの調理器具達に惹かれたかっていうと、それは、調理の温度管理、時間管理ができるから。

そして、仕掛けた後は、任せることができるから。


これって、料理において、助っ人を雇っているのと、何も変わらない!というか、正確なぶん、人間よりも優秀かもです。

こんな料理が食べたいなあ、ってものを、パーフェクトに、その味になるように作るのを大きく助けてくれる助っ人になりました。


今、このブログを書いている時にも、キッチンではホットクックちゃんが適度にかき混ぜながらスペアリブ煮を作ってくれています♪

さっきまでは、じゃがいものポタージュ作ってくれていました。(お昼に豆乳を入れて、ポテトの豆乳ポタージュにして食べました。)


普通、スペアリブ煮込み作ろうと思ったら、焦げ付くことを心配して、時々混ぜてあげなきゃって思うのだけど、温度管理しながら、ゆっくり水分出しながら、適度に混ぜてくれるので、本当にほっといて、意識から外して他のことに集中してても、『出来上がり!』と言われて、キッチン覗いてみると、パーフェクトに完成してくれているんですよね。


最新家電って、本当にすごいです。


ただ、得意、不得意ってところはもちろんあって、使っているうちに、その癖みたいなものが分かって来るので、そこを踏まえて時間設定などを変えていくのです~~。

例えば、ホットクックは自動調理だと肉を高温で煮込みすぎるので、肉っ気は後投入してあげるとか、ね。


なんで、こんなに便利な調理器具が、そこまではやらないんだろう?って考えてみたら、多分それは使いこなすまでに、いくらか学習しなきゃいけないことがあるせいかな、って思います。


普通の電気調理器って、このボタン押せば温めれる、とか、何度にできる、とかもっとわかりやすいのだけど、この子たちは多機能なだけに最初はどこのボタンを押せばいいのやら????って状態から始まるんです。

電子レンジでチンする感覚だと、操作が難しい~~って思う人が多いのかもです。

また、コンロで料理するのだと、目で確認しながら作ると思うけど、それができないから、感覚に任せて調理するってことができにくいのです(任せるから、手が開くのですがね)


でも、コンピューターと同じで、操作が分かってしまえば、もうこっちのもんです。


ヘルシオウオーターオーブンはうちに来て1ヶ月半、ホットクックは1ヶ月にもならないかもだけど、使いこなせてる感じになってます。
でも、まだ、私しかウオーターオーブンも、ホットクックも使いこなせる状態になってなくて、産後に夫には学んでもらおうと思っています♪


そして、このヘルシオウォーターーブンとホットクックちゃんが我が家に来てから、ふだん、めんどくさくって、作ってなかったような料理が食卓に並ぶようになりました。

蒸し野菜、ひじき煮物、切り干し大根煮物、おから煮、スジ肉の煮物、低温調理されたお肉、焼きなす、ローストパプリカ、などがルーチン的に食卓に並ぶようになりました。


「蒸す」って簡単なんだけど、めんどくさいことの一つだったりしません?


でも、ウォーターオーブンは大容量の蒸し器でもあるので、本当に気楽に大容量で野菜を蒸せるのです。


そして、低温調理のお肉が普通に食べれるようになった!

豚の塊肉とかを低温調理しようと思うと、62、3度で6時間とか調理するのだけど、ホットクックでその温度をキープして調理できるのです。

50度洗い低温調理って流れがいとも簡単にできるようになりました♪


後、シャケフレークなども常備できるようになりました。

だって、切り身の甘塩鮭をヘルシオで焼き魚で焼いたら、ちょうどよく焼いてくれるので、初日は形のある状態で食卓に載せるけど、後は、ホウロウ容器の中でほぐして常備菜にしちゃいます。


そう、ホウロウって、すごい容器なのです~~。このヘルシオウォーターオーブンとの相性がいいっていうか、食卓に出しても、可愛いし、そのまま、オーブンでも、直火でも調理できるし、冷蔵庫でも、綺麗に並んでくれるので、食材キープにも最適。


そんなわけで、我が家からは基本的にプラスチックのタッパーが消えました。

冷蔵庫温めテーブル冷蔵庫

って感じに、その料理がなくなるまで、ホウロウの容器で対応することに。これだけでも、洗い物が減りました♪


そうそう、そして、食器洗い機はビルトインでついていたのだけど、なんか、使いにくくて、、、なんでこんなに使いにくいのかな、って思ってみたら、多分食器を入れるのに中腰にならないといけないところとかなのかも、って思いました。


それに、食洗機用の洗剤入れ洗っても食器の重ね方によっては、その洗剤がきちんと落ちきれていないところが出たりして、もっかい洗う2度手間になったりして。


そんなわけで、うちでは、もっぱら手洗いで、食洗機は食器を乾燥させるための食器置き場として利用していたのです。


でも、今回、食器乾燥機なるものを導入することにしてみました。

そもそも、チビ達がいると、ちょっとの洗い物が出るのです、ヨーグルト食べた、とか、卵かけご飯食べた、とか、そういうのを食洗機にためて洗うよりも、ちょこちょこ洗っちゃいたい。だから、食器乾燥機の方がうちではいい感じに機能してくれるんじゃなかろうか?と思っての導入です。


そして、食器洗い機は調理器具の収納場所として利用してみようと、カウンターに出っ放しだったフードプロセッサーなどを食洗機に収納。

フードプロセッサーなども、取り出しにくい所に収納されてしまったら、もう使わないってことになるので、すぐ出せる所にあるってことが必要。ある意味、キッチンのど真ん中に位置している食洗機はめちゃめちゃ取り出しやすい位置。カウンターも大物が片付いてかなりスッキリしたし、一気に作業効率上がる感じです♪


料理って、毎日のことだから、少しの使いにくいなっていう感覚をちゃんと拾ってあげて、改良していくことで、随分居心地のいいキッチンになっていきます♪


よくセッションで、右脳と左脳のバランスとか、男性脳と女性脳のバランスとかって話するのだけど、『違和感』ってところは自分の中の女性性で、「じゃあ、こうやってみよう!!」って改善策を打ち出してくるのが自分の中の男性性だと思っています。

その二つがうまくタッグを組めていると、どんどん快適な状態になるように現実化が起こるなって思います。


さて、さて、これで産後にも、ちょっとの手間で食べたいものが食べれて、キッチンはいつも片付いている状態~~❤︎

になるのかどうか~www


結構いける気がしているんだけど、この結果はまた、産後にレポしたいと思います!








[PR]
by pineheath | 2018-09-10 18:18 | ヘルス・ウェルネス | Trackback | Comments(0)

夏到来~!!夏休み♪ アメリカから子供達が来ます❤️


夏到来~!!夏休み♪ アメリカから子供達が来ます❤️


さて、セッションに明け暮れてたので、準備不足でバタバタ~~。

後数日でアメリカの子供達がこちらに来ます♪


今回は、子供達3人+長女のボーイフレンド(男友達)の4人が来ることになっています!(食事作りに明け暮れそう~~笑)

途中、従姉妹も来たりするので、えっと、いくつ布団用意すればいいんだっけ???となってます。



長男T君は大学準備があるので、先に帰らなければならず、10日ほどの滞在になるので、その間、何して遊ぼう~~???!!!と、予定立ててます♪


普段、みこ&ゆいは4歳&2歳なので、遊べることが限られているけど、ティーンエイジャーばかりなので、逆に彼らの知的好奇心をいかに満たしてあげれるか?!

普段使ってないところを使って考えている感じです♪

座禅体験とかしてみようかな、と思っています♪


みこちゃんの保育園のお友達も、なぜか、3人が来るのを楽しみにしているようで、笑。

「みこちゃんママ!?あのね、夏になったらおっきいお姉ちゃんたち来るの?アメリカから来るの?私、maiちゃんが好き!
。。。ってことは、お腹の赤ちゃんは6人目なの?」

と話しかけてくれます。笑笑 4歳児、侮れない~~笑


昨日はセッション入っていなかったので、「今日こそは準備に当てなければ、もう日にちがない!!!」と本腰入れて、準備し、今日はまたIHとCS60が入っていたのだけど、その合間に残りの準備〜〜。


明日は日帰り東京で、その次の日に午前中用事があって、午後には子供達が来る!!!

相変わらず、目が回りそうになる予定ですが、なんだかんだ、乗り切ってます♪


久々に家も片付いて嬉しい♪ チビ仕様の我が家から、ちょっと大人対応な感じに模様替えしました。って、ハイテーブル出しただけですがね。笑


明日の東京の準備も終わってホッと一息~~と思って、ブログ書いてます。



さて、そんなわけで、7月はほとんどセッションが入れられません。

でも、後半は、ガールズたちだけになるので、少しゆっくり目な日も出て来るので、急遽どうしてもセッション必要!っというご要望がありましたら、対応できるかもしれません、ごお相談ください。


8月からは通常セッションに戻ります~~。どうぞよろしくお願いします!

8月で決まっている予定は

8月23日がIHファウンデーションクラスです!!


出産予定が10月頭です。産休は完全産休は2ヶ月間で、その後、シッターさんの見つかり具合でぼちぼち復活していきます♪

どうぞ、よろしくお願いします!


ブログもかけたりかけなかったりと、不定期なのに、セッションお申し込みいただけること、ありがたいです~。

それと、自分メンテ3ヶ月のプログラムについてもお問い合わせいただくのですが、次回は2019年4月からの3ヶ月の予定です!
この4月から3ヶ月でやって来た方達の変容ぶりったら〜!やはり、3ヶ月密にカウンセリングとIHとクラスとでがっつり自分に向き合ってもらうことで、変化が確実なものになるんだな、と思ってます。キネシなんか、一生できるようにならない、って諦めていた方達なのに、みんな、キネシ使って仕事し始めたりして♪ほんと、素晴らしいです。
2019年の3月あたりには募集開始します!


写真は泊りがけでIHCS60受けに来てくださっていたみほさんご夫婦♪
ミセスグローブ日本代表で、トリリンガルなので、司会とかに引っ張りだこで、google mapの声(!)という多彩、多忙なのだけど、ご主人と泊りがけで和束に来てくれてました♪


この頃は、ご主人を連れて、とか、ご家族で和束に来てくれるクライアントさんもいて嬉しい限りです♪

半分強制(?!)に奥さんがご主人のセッションも予約してても、意外と、ご主人側も深いセッションになったりして、魂はちゃんと許可してたんだなあって思います!






f0128026_13294787.jpg





[PR]
by pineheath | 2018-06-30 21:44 | 自己実現 | Trackback | Comments(0)

[IHセッション] 喜びを禁じている

誕生日の日にIHセッションに来てくださったクライアントのSさんからセッションの感想が来ました。


この日のお題は何かなあ、って色々お話ししてくださった後にキネシでセッションのお題を見たら『喜びを禁じていること』についてでした。


Sさんからの感想~~~~


恵子さん


先日は素晴らしいセッションをありがとうございました。

さすが、ツーカーの仲だけあって^_^;

流れるようなセッションでした。

当日、起きて今日のテーマ何にするか自己筋反射でみてたら感情、五行、火、喜びで反応してたんですがあんな風に繋がっていくとはIHって、キネシってやっぱり凄いですね(^^)


前回もですけど、涙が出たのはこんなに心や癒しの事を沢山学んでいてもまだそんな事を許せてなかった自分への不甲斐なさへの悔し涙と

セッションでやっとそれを手放せる嬉し涙と、そのプロトコルが出てくるぐらいまで(他のが優先じゃなくて)自分が成長した事への感慨深さが入り混じった涙だったかなと思いました。


悩みがどんなものであれ、大切なのは自分を愛し、慈しむことと色んな本でも言われてますけど、ホログラフィックにそれができるようになる事で本当に「今後の人生ベストなものになる」と信じて進んで行きます!


今後ともよろしくお願いします!


~~~~~

このセッションで、27歳っていう年齢が出て来たのだけど、その時のことをお聞きしたら、自分の喜びを最大限に禁じて、勉学一筋に自分を律して居た時だったそうです。

Sさんは自分の喜びを許すことが、罪悪感になってて、何か『有意義』なこと、『誰かのため、何かのためになること』イコール『自分の存在価値』になって居ました。


なので、(~~のためではなく)単なる喜びのために何かをするってことは自分の存在価値を脅かすことになり、そこに対する罪悪感があった状態でした。


『ありのままの自分で、何かを成し得なくても、何かを成し得ても、どちらであっても自分は価値がある』


そう心から思えている人って本当に少ないです。

でも、このサイクルだと、自分の存在価値を満たすためにいろんな事を頑張ろうとしてしまう。でも、自分の存在価値って外側の何かでは満たされないから、追いかけても、追いかけても満たされず、いつのまにか疲れ果ててしまう、、、ってことになってしまうのですよね。


自分メンテ3ヶ月のクライアントさんたちにもよくカウンセリングではこの話はするところなのですが、自分を満たすために何かをやるのではなくて、自分はすでに満たされている状態で、『ただ、それやりたい!!!』から、何かをやる。

そのサイクルになってくると、人生が本当に楽しくなって来ます。


今回のSさんのセッションでは、『自己愛のプロトコール』が出ました。

なんか、誕生日にとってもふさわしい、Sさんの魂からの最高のギフトになったセッションでした。

『今後の人生ベストなものになる』って言葉が魂からの言葉で出ていました❤️

Sさんこれからますます楽しみです!!


[PR]
by pineheath | 2018-06-27 13:56 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

[IHセッション] 10cm の卵巣嚢腫が消えた〜女性性と卵巣嚢腫〜

女性性と卵巣嚢腫


数年前に10センチの卵巣嚢腫が見つかって、京大病院で即卵巣ごとの切除の診断が下っていたクライアントのKさんから喜びの報告がありました。

>今日、実に4年ぶりに婦人科に行き、卵巣嚢腫がどうなっているか診てもらったところ、なんと、左の大きい嚢腫が完全消滅していました。10センチくらいあって、京大病院で即卵巣ごと切除の診断が下った部分がです!

~~~

彼女のセッションはいつも女性性とか、パートナーシップにまつわるものが多くって、彼女自身、そこの抑圧が卵巣嚢腫と関係していることに気がついていました。

>
この前の3月にけいこさんのところでセッション&リトリートを受けてから、下腹部が浮腫んだり膨らむ感じがなくなっていたのですが、まさか完全消滅していたとは本当にびっくりでした。



海外に住むKさんは一時帰国に合わせて自分リトリートを入れて、1泊2日の間にIHを2セッション立て続けに受けたのでした。

やはりリトリートって(お互いに)通常のセッション以上のコミットメントなので、大きな変化をする方が多いなあと思って居ます。



そのリトリートでは、どんなセッションだったかなあ、とセッションノートを見直して見たら、2日ともパートナーシップや自分の中の男性性、丹田というキーワードがたくさん出てくるセッションでした。
被害者の意識を丹田に溜めているって言葉が出てて、

『私の体は浮腫みなしに機能します』って言葉も出たりしていたセッションでした。


Kさんは最初10センチの卵巣嚢腫が見つかった時(4年前)には、「自分で食事とかできることをやって、自分でどうにかする」
という決断をしたのだけど、
京大病院の先生には「卵巣嚢腫がなくなるなんてことはないから!!!」と呆れられたそうです。

ただ、その後、海外生活にもなって、健康と言える食生活ができたか?といえば、そんなことはなかったということで、唯一やり続けていたのは、IHだったということだったので、IHでどんどん本来の自分に戻っていったこと、そして、とどめは(笑)リトリートって感じだったのかな、って思います。


Kさんプライベートのリレーションシップの方もそれと同時に急進展して居て、いろいろ報告を聞くのが楽しみでしょうがないです♪

彼女の場合はIHでテーマとして扱ったものが、ちゃんとお試しのように、その後来て、変化した彼女として対応できる確認がいつも起こるのですよね~~。

IHって本当に面白いなって思います。


こうやって、クライアントさんと共に歩んで、一緒に喜びを味わわせていただけること、本当にありがたいです!



[PR]
by pineheath | 2018-06-26 16:04 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

[CS60] 施術後のタオル

さて、今日の午前中は肺がんを患っている方AさんのCS60の施術3回目。

1度目の後は体のだるさが大きかったようなので、2度目は流すことをメインに施術しました。そしたら、2度目の施術後2日目などは久々に気力が湧いてずっとお休みして居たお習字の習い事を始めることにしてみたりされたそうです。

そして、今回3回目。
やはりまだまだ、痛いところは沢山あって、今回は放射線治療の部位も施術しました。とても硬くなっているようでした。

この方はタオルをご持参くださってて、
頭部を施術した後にタオルに色が出ていることに気がつきました。
通常セッションルームで使っているタオルだと、茶色とかなので、色が出るのがわかりにくいのですが、今回持参してくださって居たタオルは薄い紫色だったので、色の出具合が良く見えました。

こうやって、悪いところから老廃物や迷走電流などが引き抜かれて、タオルなどに色がつく場合もあります〜。

f0128026_15125798.jpg





[PR]
by pineheath | 2018-06-26 15:17 | CS60 | Trackback | Comments(0)