タグ:不調 ( 99 ) タグの人気記事

食べることについて

最近、直感食べのメールレクチャーを読んで、衝撃を受けて、ホリスティックカウンセリングへお申し込みしてくださる方が増えています。


今日もヘルスカウンセリングに申し込んでくださった方のセッション1回目でした。



直感を使って食べるって概念、野生動物見てたら当たり前なことなのに、人間は何でこんなに複雑になってしまったんでしょうね。


今日の方も、何をどれだけ食べるか?ってどうやって決めてる?って質問に対して、

「ご飯の量計ってます!」と答えてくれました。

それを聞いた私は、「え~!!計ってるのですか?!」
って驚いたけど、そういうダイエット法がまだまだ世の中にはあるんですよね。。。


直感食べでは、食品を計って何をどれだけ食べるか決めることはしません。

いつも体に聞いてもらいます。体とつながって、どれだけ食べるのか、食べてるその瞬間に決めてもらいます。


食に対して、混乱するって、今の世の中、もちろんそうなるよねーって思います。


これを食べることが正しい、これを食べるのは間違っている、

そんな、健康情報ばかりが巷に溢れていますもんね。


私も、時々は自分の知識として、今言われている新しい栄養学情報を頭に入れています。科学的に証明された、とか、これでガンが治った、とか。。興味がある分野なので、学習は続けています♪


前はそういう情報に振り回されていました。


でも、今は直感を使って食べる事を実践しているので、

流れてくる情報が自分にとって絶対正しいという過信はしなくなりました。



知識に振り回されて、本来は全部わかっているはずの自分の体の声がますます聞けなくなっていく。

そして、自分は正しいのか、正しくないのか?って外の誰かに判断してもらいたい。誰かにオッケーを出してもらいたくなる。


そんな状態に陥っている人が本当に多いのは、そもそも、「あなたの体は何も知らない」っていう前提が植え込まれているからです。


その前提ってある意味恐怖ですよね。

「あなたは何もわかっていない」「だから、情報を必死に取り入れて、食べる事をコントロールしなければならない!」って教えは、どんだけ恐ろしい事なんだろう、と思います。


本当は、自分の体のことを一番わかっているのは、自分で、他の誰でもないのです。


もっというなら、自分の中でも頭(思考)はいろんな知識で武装しているから、その知識を持って正しく判断できているとは限らない、ってことになります。


だって、頭は『自分の体は何もわかっていない』『外の誰か権威のある人が言うことが正しい』ってことを前提に思考しているのだから。


誰かから言われた『体にいい食品』が自分にとって、いい食品になり、いくら本当は自分の体が「この食べ物もういらない!!」って言ってても、その体の声に耳を傾けることができなくなるのですから。


直感食べの基本は、『自分の体』との信頼関係です。


ホリスティックヘルスカウンセリングに申し込んでくださった方には、徹底的に自分の体につながってもらいます。


誰かから言われた『正しいこと』が、あまりに当たり前に『正しいことだ』と信じてしまっていて自分の感覚に繋がれないままでいる、って方は多いです。


今まで、自分の感覚で食べていたつもりでも、頭で食べていたって人もとても多いです。


「これ食べたい」と思っても、体からの本当の欲求なのか、違う欲求を満たすための代替の欲求なのか。


食べることに対して、混乱している人は、自分が純粋な食欲を押さえつけてきたばかりにこじれている部分が色々あって、「自分の感覚って何?そんな体の声なんて聞こえない!」って状態に陥ってたりします。


私は、IHを始め、キネシオロジーの筋反射をやっているので、体がどれだけ頭でわかっていないことをわかっているかと言うことに信頼を置いています。

そして、体は私たちにその情報を伝えようとしているんだとわかっています。


だから、人間なので、もちろん頭でも思考するのは避けられないのだけど、それと同時に「~なきがする」と言う『腹で感じる』感覚をとても大切にします。


私のIHのセッションで、「チャネリングをしながらセッションしているのですね~」と、チャネリングを学んだクライアントさんがおっしゃったことがあるのだけど、そのチャネリングされたと感じる情報を私は筋反射を通して読み取っているのです。


そこには、頭で『こうだろう、きっとこうに違いない』、と言うような知識では繋がらないことが上がってきたりします。


でも、セッションの終わりには、なぜそれが出てきたのか、辻褄があったりするのです。そう言うことだったんだね~とクライアントさん共々、腑に落ちる経験をします。


体は全て知っているんですよね。



さて、さて、あっという間にもう12月も前半が終わろうとしています!

愛茉ちゃんも3ヶ月になろうとしています!この頃よく笑うようになってくれて、可愛い♡

シッターさんが数人見つかり(感謝!)、仕事も1日1セッションの割合で入れることができ始めました♪

やっぱり仕事好きだなあ~♡


f0128026_16465790.jpg

今日のシッターあいちゃんがとってくれた愛茉ちゃんの写真♡

みんなから可愛がられてます♪











by pineheath | 2018-12-12 16:51 | 直感を使って食べる | Trackback | Comments(0)

低迷しているのは本来の自分じゃない

なんか、気持ちが低迷している朝、そういう時って、低迷した波長に取り込まれているだけだから、その波長を一掃してしまえば楽になったりします。


私たち本来の状態って、心地よく、快適な状態なんだけど、自分の調子が少し悪かったり、周りの調子が悪かったり、で、自分本来の波動から離れてしまうことが多々あります。


自分が確固たる状態でいい波動を保てる場合は、少々の揺さぶりにも自分の本来の場所を明け渡すことってないのだけど、疲れてるとか、睡眠不足とか、暴飲暴食とかで肉体的にもベースが保ててない場合は、揺さぶりに対して自分のいい状態を明け渡してしまいがち。


その落ちてしまってる状態って、気が付いたらそうなってた、って感じで、ほんと、いつの間にかその状態に陥ってるから、まるで、その状態が私だって認識になりがちなんだけど、


いえ、いえ、いえ、いえ!


本来のあなたはいい状態のあなたなのです。


いま、もし、いい状態じゃないなら、今は本来の状態の自分じゃないって事。


この、「こんなの、私じゃない!!」って、自分とその状態に陥ってる自分を分ける事が、そこから抜け出す第1歩です。


「どうせ、私なんか~」とか「だめなきがする」って思考は、「落ちてる自分=本来の自分」って思っちゃってる状態です。


そこからはどこにも抜けないから、そう思っちゃってる時は、このネガティブな思考がどんどん他のネガティブな思考を呼んでくる前に、思考をストップさせるために、何かに集中すると抜けやすくなります。


例えば、雑然としてる家を片ずけるとか、気持ちを上げてくれる誰かのスピーチを聴くとか、ただひたすらウォーキングするとか、、、


その内容は、その時の自分が出来そうな事で、やる気がする事をやるといいです。

そういう、自分にくっついてるネガティブな波動を削ぎとってくれる行動を無心でやってると、だんだんと気持ちが軽くなって来ます。


こうやって気持ちが上向き始めたら、後はこっちのもの♪♪

自分に丁寧にコーヒーでもいれてみる気分になってる事と思います


人生って、絶対いい時ばかりじゃないし、アップダウンって、どんな人にもある事だと思うのです。


だから、ダウンになる事が悪いんじゃない。

でも、ダウンな状態ってやっぱりしんどかったりします。(本来の自分と離れている状態だから、しんどいのは当たり前なんだと思う)


私は自分がダウンな時、それが駄目だーって意識には全くならないのだけど、早くそこから抜けるための事はやって、快適な状態が多い方がいいなって思ってます。


ただ、いつも思うのだけど、ダウンな時こそ、より考え、より気付きがもたらされるなーと。

だから、ダウンな時ってきっと絶対必要で、その時があるからこそアップの状態の自分を嬉しく思えるし、ダウンになっている人に対して優しくなれる。


この前の週末は九州へ4泊行ってきました。


2ヶ月のエマちゃん連れで、船で行きと帰りの2泊をし、九州で宿に一泊、実家に1泊。かなり忙しい旅だったこともあり、また、旅疲れもあって、旅から帰ってきたら私の咳をもらってエマちゃんが鼻水と咳になってしまいました。


咳と鼻水でよく夜ねれないエマちゃん。そうすると、それに付き合う私も寝不足。

そんなことがベースにあり、久しぶりに低迷な感じの朝になったことがありました。


大したことでもないことに、感情が波立つwww


とりあえず、色々嫌な思考が思考を呼んできそうだったので、目の前にあるものから片付けし始めました。

エマちゃんいるので、ウオーキング出かけるわけにもいかず、モチベーション上げるスピーチ聞く気にもならずだったのでね。


ひたすら片付け、片付け、この頃気になってたけど、放置していたところも片付け~。

そうすると、あら不思議!

さっきまでの低迷なエネルギーはどこかに行き始めていました♪


夜中よくねれず、その時間によく寝ているエマちゃんを横目にコーヒーをドリップで淹れて、ミルクを温め、あわ立てて、カフェラテにして、綺麗になったお家でコーヒー飲みながら調べ物したり~。


そうすると、待ってた石垣からのレモンが届いたり~!

やっぱり落ちそうになってる時は、掃除だな♪って思った次第です。





セッションぼちぼち入れ始めています!週2~3くらいしか入れられないため、少しお待ちいただいている状態ですが、お申し込み順に予定組んで入れさせていただいています!

シッター役をしてくれる友人も現れて、助かってます!!


f0128026_14130051.jpg

午前中の1施術で青色現象♪

〜これ見せると、心配する方がいらっしゃいますが、クライアントさんのをもらって私が青くなっているわけではなくて、クライアントさんから70パーセント、私から30パーセント引っ張るようにCS60は作られているので、70パーセントが大きいほど、30パーセントも大きくなるため、こうやって色が出たりします。私の体から出てる色です〜。でも、施術者によっては、あまり色が出ない方もいるらしいです〜。


CS60の施術、主人にもやってもらっていたのですが、主人と、私の施術を両方経験した方からは、私の施術の方が強いとか、ピンポイントに痛い、とのコメントをいただいています。


もちろん、力では、私の方が弱いと思うのですが、私は、『ココ!』ってポイントでCS60を押し込んで、あとは擦るという施術をするので、痛みが出やすいのかな、と思います。私としては老廃物が抜けやすくなるイメージです。

CS60 って、それそのものに威力があるので、施術者の技量はそこまで問わないのかもしれませんが、力の入れ具合、擦る加減など、個性はあると思います。
もし施術受けてみて、ピンとこないということがあったら、違う施術者から受けてみるというのもありだな、と思っています。

めちゃすごいものに出会っているのに、1度の施術で離れてしまうのは、本当にもったいないです!



f0128026_14130544.jpg
エマちゃん、みーちゃんとお昼寝♪


セッションぼちぼち入れ始めています!週2~3くらいしか入れられないため、少しお待ちいただいている状態ですが、お申し込み順に予定組んで入れさせていただいています!

シッター役をしてくれる友人も現れて、助かってます!!


お申し込み、お問い合わせはkeiko@purefoodpurebody.comまで♪



by pineheath | 2018-12-04 15:12 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

掴んでしまった問題の手放し方

今日2記事目♪

色々うまくいっている~♪って状態の時にも、ふっと何かが気になりだして、心がざわざわし出す時ってあります。


ある方向から見たら、充分幸せなはずなのに、何か問題がある気がしてくるんです。

その気になり出す『何か』は、フェイスブックでの友達の投稿内容だったり、パートナーの何気ない一言だったり、、、

そうすると、自分の中で、モヤモヤが膨らんで、それまでは幸せなはずだったのに、一気に不満、悩みの中に入ることになります~~。

『友達の方が人生楽しんでいるように見える~』、『自分には足りない気がしてくる~』


これって、なんだと思います?

なんで人って問題を取りに行くんだと思いますか?


人は、目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになってしまって、問題を掴みに行きます~~。


これ、大事なので、もう一回言います!


目標をつかんでいない時、その手が宙ぶらりんになるので、問題を掴みに行きます!!!


これ、『目標』ってたいそうな言葉を使うと、大きな目標が必要になる気がしてくるかもしれないけども、小さなことでもいいのです。

こうありたいと思うこと、

こうだったら、ほっこり幸せだな、と思うこと、

それに向かおうとする気持ち。。。

そんな、軽いエネルギーになること、それそのものが目標になりえます。


私たちって、成長したいんだと思います。

この地球に生まれてきて、何をしたいのかって、成長したいんだと思う。それで、その『成長』って何?っていうと、「『自分』という存在がわかっていくこと」なのだと思うのです。


『自分』が何者かわからない~って状態から始まり、自分を取り戻していく。


それが成長なのだと思っています。


成長するための手段として、何かに対して、これが問題だ!と思ってその『問題』に対処する形で進む方法と、ほっこり幸せって思うことに向かおうとする気持ち『目標』に焦点を当てて進む方法があるのだと思います。


ついつい、育った環境や、受けた教育から、自分が何者かわかっていなかった私たちは『問題』からスタートすることが当たり前で、それに慣らされていたのだけど、もう、『自分』がわかってきた今、『問題』に焦点を当てて成長するってパターンを捨ててもいい時期だよね、って思います。


『足りない』って気持ちを満たすために、やり続ける戦い、もう、それをする必要はないんです。


そんな苦しい戦いの中で成長しなくっても、私たちは光の中で成長できるんです~~。


IHのセッションではクライアントさんは『問題』と思えるところを抱えてセッションを受けにくるのだけど、セッション途中でその人の『目標』に光が当たった瞬間、パーっとエネルギーが明るくなります。

そして、問題に囚われていたところから、目標に意識がいって、自分はそこに行けるんだという安心感に包まれます。


これって、面白くって、この流れ(つまり、目標に意識がいって安心感に入るという流れ)の逆パターンをとることで、問題を捉えて離さない自分の手を問題から離すことができるなって思っています。

これは、いつでも、どこにいてもできるので、本当にオススメです。


つまり、問題が発生して、それに囚われそうになった時に、

まずは安心感に包まれることを選択して、目標をつかめる自分に持っていく!というやり方。


安心感に包まれること、ってなんでもよくって、五感が喜ぶ何かに集中するんです。

美味しい、とか、気持ちい、とか、いい匂い、とか、この音色好き、とか、です。

本当に、これは目の前にある、自分が触れている何かで心地いいもの、に集中すればいいのです。

その心地よさに集中すると、自然と意識が『問題』から離れてくれるので、その隙にこういうのが好きなんだなーこうなったら嬉しいんだなーっていう、自分の目標に目を向けていくのです。


問題を掴んでしまいそうになったら、または掴んで離せない感じになったら、目標になんて意識がいかない、って思うなら、まずは目の前の安心感に集中する。


ああ、心地いい~

ああ、いい匂い~

ああ、美味しい~

ああ、太陽があったかい~

ああ、コーヒー淹れよ♪

ああ、お気に入りのカフェいこ♪

ああ、あのDVD 観よ♪

ああ、みーちゃん(猫)フッワフワ♪

ああ、エマちゃん(赤ちゃん)いい匂い♪


なーんでもいいので、ちょっとフワってすることに気持ちを持って行って、それに数分間浸ると、問題だと思っていたこと(掴んで離さない状態のこと)がちょっと手から離れているのです。そこまで問題じゃない気がしてくる。

その状態になったら、問題を問題だと受け取る視点以外の視点で物事を見れないか、意識を広げてみるのです。

すでに自分には幸せなことがこんなにあるんだってことに気がつくタイミングです。


問題を掴んでしまう癖が治るまで、このやり方はかなり有効です♪
自分の成長のために、『問題』はいらない。

『こうなりたいな!』『これやりたいな!』『こんな感じが幸せだな!』のエネルギーだけでいいのです♡


IHセッションのお問い合わせ、ありがとうございます♪
11月後半からセッションなど入れていこうかと思っています〜〜よろしくお願いいたします!



by pineheath | 2018-10-25 15:23 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

問題の本質に気が付いたら、問題と思っていたものははどうでもよくなる

夫婦間で意見が一致しない事っていうか、揉め事になることって、それぞれの夫婦とか、パートナーとかで色々だと思うのですが、うちの場合は、私の冷蔵庫の中身に関して。


夫の気に入らない点は、私が『いつも買い込みすぎてて冷蔵庫がパンパン』ってところでした。


うちは基本的には、私が料理してるけど、夫も時間がある時は台所に立ってくれるし、朝なんかは残り物などを適当にアレンジして朝食作ってくれるのですが、冷蔵庫がすっきりほとんど何も入っていない状態が好きな夫にとって、いつもぎっしり状態の私管理の冷蔵庫はプチ(いや、かなりの?)ストレスなのですね~。

で、一言私に言いたくなるのです。


産後1ヶ月外出していなかったので、買い物に出なかった私、生協で対応していたので、生協が届く直前には冷蔵庫がかつてないくらいスカスカになりました。

その冷蔵庫を見て、夫が嬉しそうに「この状態だよ!こんなに空な冷蔵庫、久しぶりに見た!」と喜んで発言しています。


そして「すぐそばに商店はある訳だし、その日必要なものを、その日に買ってくればいいし、その方が新鮮だし、冷蔵庫も、いっぱいいっぱいに入っているよりもよく働けると思うんだよー。」と、冷蔵庫が空な方がいいという正当な意見を言ってました。

その意見はごもっとも、本当にその通りだと思うんだけど、それを聞く私はモヤモヤ、モヤモヤ~~。

それでも、なんとか冷静に「うん、でも、毎日買い物に行くのは面倒だし行ったらついでに買っておきたいっていう気持ちになるし、冷蔵庫に入っていたら、作りたいときにすぐに作れるし~~」と、私側の弁明をしていた訳です。


でも、この時点で、私は結構モヤモヤしていた訳。


で、夫が冷蔵庫の中身見ながら「あー、でもけっこう空っぽだけど、それでもまだ食材入ってるね、あと数日は買い物せずにも行けそうだね~♪」と、こっちのモヤモヤに気がつかずさらなる追い討ち。笑


その時点で、私は平静さを失って、「文句あるんだったら、その役割してくれてもいいんだけど!」と、怒りを込めて冷たく言い放ってました。。。。


この私の発言を聞いて、夫は言い過ぎた、って気がついて、私に謝ってさえくれたのだけど、私の気持ちはすぐにおさまらず、笑、『なんで、そんなこと言われなきゃいけないんだ、私はこんなに一生懸命やってるのに!!』とか、『産後なのに、結構食事作りも頑張ってる私に、今、こんなダメ出しする訳!?』みたいな思考が次々出てくる訳です。

悪い思考でさらに感情が波立ち、私は、さらに嫌な気分に~~。


はい、これ、ありがちなパターンですよね~~。笑笑


でね、この記事は、別に夫の悪口を言いたかったわけではなくって、、、


こうやって、『相手』のせいで私は嫌な気分なの!と、相手が問題だとしているうちは、なんの解決も生まれない、ってことを伝えたかったから記事にしてみたのです。


私はこの時、散々「なんで『相手』はそう言うんだろ!どうしてこうしてくれないんだろ!」と、『相手』が問題だって思考を頭の中で繰り返し、笑


その思考に疲れたころ


『いや、そもそも、私ってなんでそんなに腹が立ってるんだ?』って冷静になることができました。笑(やっと笑)


なんか、自分の気持ちを押し殺してるところがあるのかな、ってところを振り返ります。

そもそも、わたしが思考していること

『産後、一生懸命頑張ってご飯作ってるのに!』って、私にとってほんとにほんと?本当にそう思ってる??


私って我慢して、頑張ってご飯作りやってる?ってこと?私本当にそう思ってる?

 NO! イヤイヤ、私やりたくてそうやっていることやん!楽しんでることやん!それ、頑張ってるって思ってないやん!!


私たちの思考って、自分にとっての真実じゃないことであっても、もっともらしくぐるぐる回ってしまう時ってあります。だから、思考し続けてることがあったら、それって本当?って自分に聞いてみるのは、自分の本音をのぞかせるのに、有効だなって思います。


例えば、彼氏が約束の時間に来てくれなかった、とかって時に、『どうせ愛してないんだわ、私のことなんて、どうでもいいんだわ!いつだってそうなんだから!!』って思考して、涙が出て来たりします。

でも、条件反射的に出てくる思考に対して、『それって本当?』って自分にもう一回確かめてみたほうがいいです。

私たちは一回の出来事とかを引っ張り上げて、どうせいつもとか、どうせみんなとかって全部をそうであるかのように脚色しちゃうんだけど、よくよく考えたら、一回~3回しか、そのこと起こってなかったりするのです。

よーく冷静になってみると、他の時には、ちゃんと愛されているってわかる出来事もたくさんあったりするんです。。。


話を戻して、、笑


『頑張っている私に、もっと頑張れってダメ出しされた!』ってことでモヤモヤしていたわけじゃないことに気がついた私。(そもそも、夫はダメ出ししたつもりも何にもないのだけどね~~)


じゃあ、何が嫌だったんだろう???本当は何にモヤモヤしたんだろう??

って、自分のモヤモヤポイントを突き詰めるのです。


そんな時、ちょうど見ていたドラマの中に冷蔵庫を食材でいっぱいにしてしまう主人公が出てきました。(『Nのために』ってタイトルかな。HULUで見れました)


ドラマの中の彼女は、母親がお金を使ってしまうので、使われてしまう前に食材を買い込んで料理にしてしまうのです。でも、その料理は食べきれる量ではなく、結局、友人たちにも作り置きのお惣菜をシェアしてあげたりしてました。

その彼女が作り置きの料理をしている姿は、なんかもう必死って感じで、楽しんでやってるって言うのとは違って、そうしないといられないって感じ。


そのドラマを見ていて、『ああ~~~!!!」って気がつきました。

『ああ、私って、ここまで病的ではないけど、この要素があって、だから食材を買い込むんだ!」って気がついたのです。


私にとって、『食材が冷蔵庫にしっかり入っていること』=『安心』

だと気がついたのです。


だから、夫が「冷蔵庫は空っぽがいい」「買い足さなくていい」発言をすると、私の安心が奪われる気持ちがして感情がざわついたのです。


私にとって、買うこと、そのことが好きというより、入っている状態が保たれていることを求めている感覚です。なんなら、使わなくていいなら、入れたまま置いときたいくらい。笑

貴重な食材をやっと手に入れたら、夫はパーっと使っちゃうけど、私は使わず置いておきたいくらい感覚になります。なくなっちゃったら、また買わなきゃいけないじゃん、みたいな。。



そこまで気がついたので、じゃあ、なんで食材が入っていたら安心なのか、どこからその信じ込みがきたのか?ってことを考えていきます。


これは、まだ自分でIHやれてないから、思考の顕在意識でしかわかってないから、潜在意識にはまだ他の要因も眠っているかもですが、

いまのところ気がつけているのは、


1、アメリカ生活が長く、食材は車で30~40分走らないと買いに行けない距離だったり、日本食材が簡単に手に入らない環境だったから


2、母親も同じように冷蔵庫をパンパンにしておく癖があり、父との喧嘩の元になっているのだけど、母親から受け継いでいる『世代間の信じ込み』が私に入っているから。


なんか、この二つのうち、2の可能性が大きいなあ~~って思っています。


ああ、そうだったのかあ~~って、本当に自分の中で腑に落ち、冷蔵庫をパンパンにする自分を客観視することができ始めました。


すると、あんなに夫に対して腹が立っていたのに、それ、なんの話?って感覚になり、笑

問題の本質はいつもいつも自分の中にあるんだなあってことに改めて納得しています。


そこまで行き着いて、穏やかな気分になっていたら

夫が不機嫌な妻をなんとかしようと、子供を迎えた足でお花を買ってきてくれました。笑


家に子供達が先に入ってきて

「まま、パパがごめんなさいって~許してあげや~~」

「ほら、パパ謝って~~!」だって。

いやはや、パパが悪いんじゃなく、自分の問題でした~~


その後、日常に戻った時に夫が『で、あの時は、何が一体嫌だったの。。。?』と。笑

訳も分からず、とにかく妻を怒らせてしまったらしい、ということでの花だったらしい。。


f0128026_16332806.jpg

f0128026_16332367.jpg

                          今日は、茶畑を見下ろせる家でのランチタイム〜










by pineheath | 2018-10-22 16:36 | ホリスティックヘルス | Trackback | Comments(0)

産後の体にCS60

f0128026_19532991.jpg

さてさて、昨日は1ヶ月検診でした♪


愛茉(えま)ちゃんも順調に成長してくれています!母体も順調に回復しました!


今回お世話になった産院は前回のゆいちゃんの時にもお世話になった産院で、私が6人目の経産婦ってことで要注意人物だったこともあり、先生&スタッフもよく覚えてくれてて、皆さん、よくしてくれました。


1ヶ月検診終わって、先生が「もうこれで来ることはないのだけど、がん検診とかにも、また来てくださいね。あ、それか次があるのかな?」と笑っておっしゃってて、「いや、もう勘弁してください!!」と笑って診察室を出たのでした。

ああ、なんか、卒業~って感じで涙が出そうでした♪



なんだかんだ、高齢だし、多産婦だし、って気負っていたところがあったのかな~、無事1ヶ月検診で、母子ともに合格判定もらえたことに、ホッとしました。


出産にまつわることで大変なのって、つわりの時期、臨月、そして産後1~2ヶ月って私は思っているのですが、産後の1ヶ月が終わったことで、大変なのは、あとは産後2ヶ月目を残すのみに🖤



生まれてすぐの赤ちゃんって、おっぱい飲んで、ねんねして、ウンチして、おしっこして、おっぱい飲んで、ねんねして~~の繰り返しで、母親はそれにただただおつきあいするんだけど、2ヶ月もすると、赤ちゃんは随分反応良くなってきて、表情が出てくるので、毎日赤ちゃんに向き合っていても、ママとしての楽しみが増えてくるんですよね。


私は、生まれるまで、散々動いていたから、生まれたら、引きこもり生活(?)になることを楽しみにしていた部分もあって、観たいなって思っていたアメリカのドラマシリーズやなんかを散々見てるんだけど、そろそろ、それも飽きてきたかな、、、という今日この頃です。笑


愛茉ちゃんは、えらくいい子で、ゴクゴク飲んだら、よく寝てくれるし、沐浴も気持ちよさそうに入ってくれるし、おっぱい欲しくて夜中に目が覚めても、最初はごにょごにょ言ってるだけで、全然本泣きにならないし、で、ほとんど泣かないベビちゃんです。


昨日、1ヶ月検診に産院に行って、他の赤ちゃんがギャン泣きしているのを聞いて、あー赤ちゃんって、こう泣くんだったね~~四六時中、この鳴き声がいつ上がってくるか、と、ハラハラビクビクしていたこともあったな~~、なんて思ったのでした。


愛茉ちゃん、ほんと、泣かないわ。というより、泣くところまでが長い。笑。相当ほっといたら、泣くとは思うけど、それまでごにょごにょ言ってる。笑


だから、私は、家事が終わっていたら、おっぱい飲み終わって、寝ちゃってる愛茉ちゃんの横でなんかやっていることが多いです。愛茉ちゃんの寝顔観察したり、見ようとためていたDVD見たり、ドラマ見たり、また愛茉ちゃんの匂いかいだり(笑)そんなことばっかりしている。ほんとに、癒しの1ヶ月でした~。


夜中もしっかり3~4時間寝てくれるから、私は極度の寝不足にはなってないのだけど、やはり産後特有のなんとなく眠い~っていうのはありました。


でも、なぜか日中には、寝れなかったりしていたのです。寝だめしておこうっていう気持ちはあるのに、寝落ちることができない。。


でも、面白いことに気がつきました。

夜にCS60を全身当ててもらったりすると、その翌日は日中も眠くて眠くて、がっつり寝れちゃう。。それも、深くて質の良い睡眠をとれるんです。


CS60を受けられた方が「普段は睡眠薬がないと寝れなかったのに、CS60受けた後には、夕方6時から朝の6時まで睡眠薬もなしに、12時間ぶっとうしで寝ました!こんなこと、初めてです!!」っておっしゃってたのだけど、CS60を当てると、体の細胞が活性化するんですね~、ものすごい活動をするので、自分は全然動いたつもりじゃなくても、マラソンした後に、体が疲れるのと同じように、全身の細胞が働いてくれて、疲労して眠たくなるようです。あまりにも細胞が普段から動いていない方の場合は、だるさが数日続くってことにもなるようです。


そして、CS60受けて、細胞が活性化して、眠~くなって、寝た後、私の場合は体がいつもに増してかなり爽快になっています。


CS60を施術するだけではなくて、近くに施術者がいる(=夫が施術者)ということで、しっかり自分も施術が受けれる、というのは、ものすごい学びにつながっているなと思います。


施術しているだけでは、得られない情報を施術を受けることで、体感として得られることができることがかなりありがたいです。


例えば、強めに施術する場合と、弱めに施術する場合の体が受ける感覚の違い、効くところの違いなどは、受けて見て初めて感じることができることだなって思います。


弱めの施術は、表面が流れていいのだけど、やはり奥にある凝りに届きにくいと感じてます。相当時間をかければ、緩めの施術でも奥に届き始めるのかもだけど、30分とか重点的に、肩のコリをほぐすのに緩めに肩だけに施術しても、深部のコリが解消されません。で、通常は、1時間で全身をやるので、肩だけに30分とかかけてられないのが普通です。

でも、ここだ、というポイントをCS60で強く押し込んで、一度奥に届く道がひらけた感じになると、あとは緩めの施術でも奥から悪いものが引っ張り出されるんだな、と思います。弱いのがいい、とか、強いのがいい、とかいうのではなくて、やはりその使い分けなんだろうな、と。


でも、CS60の施術をこうやって受けてて初めて、自分の奥にある凝りなのか、表層のものなのか、が体感としてわかってきたので、初めてCS60を受ける方がそこまで体感覚で判別するのは難しいかな、と思います。

CS60を何度か受けるうちに、表面の鎧が取れてくる』という表現をよくするのだけど、その鎧というのは、表面の凝りともまた違っていて、麻痺しているというか、しびれている部分というか、そんな感じです。


ほんと、西村先生がおっしゃる、ペンキで分厚く塗られているみたいなものだ、と、そんな感じ。

それがあると、感じにくいのだと思います。


で、通常は私たちの体は、その鎧(ペンキ)をつけている状態なので、感度が低いのですね。

でも、CS60を当てることで、その鎧が取れて、感度が良くなり、表面が凝っている状態なのか、深部にコリが溜まっている状態なのか、が感じれるようになる、って流れなのかな、と思います。


そうそう、CS60施術し始めた当初の頃は、クライアントさんの悪いところにCS60 当てても、手にビリビリ来ることは感じれなかったけど、それも、いつの頃からか、手にビリビリ感じるようになったなあ、って思います。それも、私自身の表面の鎧がなくなったからだろうなって思っています。


さて、産後1ヶ月終わったので、こうやって、ぼちぼち、ブログも書き始めていこう、脳みそを作動させていこう~~と思っています!


主人のCS60の施術はなるべく水曜日に集中させていただいています~。

私も、体力的には、施術できる体力が戻ってきました~。変われる時には交代で施術させていただこうと思っています!


IHセッションの方は、産後2ヶ月たったくらいから、ぼちぼち再開していきます〜〜

お申し込み、お問い合わせは

keiko@purefoodpurebody.com




by pineheath | 2018-10-13 19:58 | CS60 | Trackback | Comments(0)

[IHセッション] 10cm の卵巣嚢腫が消えた〜女性性と卵巣嚢腫〜

女性性と卵巣嚢腫


数年前に10センチの卵巣嚢腫が見つかって、京大病院で即卵巣ごとの切除の診断が下っていたクライアントのKさんから喜びの報告がありました。

>今日、実に4年ぶりに婦人科に行き、卵巣嚢腫がどうなっているか診てもらったところ、なんと、左の大きい嚢腫が完全消滅していました。10センチくらいあって、京大病院で即卵巣ごと切除の診断が下った部分がです!

~~~

彼女のセッションはいつも女性性とか、パートナーシップにまつわるものが多くって、彼女自身、そこの抑圧が卵巣嚢腫と関係していることに気がついていました。

>
この前の3月にけいこさんのところでセッション&リトリートを受けてから、下腹部が浮腫んだり膨らむ感じがなくなっていたのですが、まさか完全消滅していたとは本当にびっくりでした。



海外に住むKさんは一時帰国に合わせて自分リトリートを入れて、1泊2日の間にIHを2セッション立て続けに受けたのでした。

やはりリトリートって(お互いに)通常のセッション以上のコミットメントなので、大きな変化をする方が多いなあと思って居ます。



そのリトリートでは、どんなセッションだったかなあ、とセッションノートを見直して見たら、2日ともパートナーシップや自分の中の男性性、丹田というキーワードがたくさん出てくるセッションでした。
被害者の意識を丹田に溜めているって言葉が出てて、

『私の体は浮腫みなしに機能します』って言葉も出たりしていたセッションでした。


Kさんは最初10センチの卵巣嚢腫が見つかった時(4年前)には、「自分で食事とかできることをやって、自分でどうにかする」
という決断をしたのだけど、
京大病院の先生には「卵巣嚢腫がなくなるなんてことはないから!!!」と呆れられたそうです。

ただ、その後、海外生活にもなって、健康と言える食生活ができたか?といえば、そんなことはなかったということで、唯一やり続けていたのは、IHだったということだったので、IHでどんどん本来の自分に戻っていったこと、そして、とどめは(笑)リトリートって感じだったのかな、って思います。


Kさんプライベートのリレーションシップの方もそれと同時に急進展して居て、いろいろ報告を聞くのが楽しみでしょうがないです♪

彼女の場合はIHでテーマとして扱ったものが、ちゃんとお試しのように、その後来て、変化した彼女として対応できる確認がいつも起こるのですよね~~。

IHって本当に面白いなって思います。


こうやって、クライアントさんと共に歩んで、一緒に喜びを味わわせていただけること、本当にありがたいです!



by pineheath | 2018-06-26 16:04 | IHセッション事例 | Trackback | Comments(0)

[CS60] 施術後のタオル

さて、今日の午前中は肺がんを患っている方AさんのCS60の施術3回目。

1度目の後は体のだるさが大きかったようなので、2度目は流すことをメインに施術しました。そしたら、2度目の施術後2日目などは久々に気力が湧いてずっとお休みして居たお習字の習い事を始めることにしてみたりされたそうです。

そして、今回3回目。
やはりまだまだ、痛いところは沢山あって、今回は放射線治療の部位も施術しました。とても硬くなっているようでした。

この方はタオルをご持参くださってて、
頭部を施術した後にタオルに色が出ていることに気がつきました。
通常セッションルームで使っているタオルだと、茶色とかなので、色が出るのがわかりにくいのですが、今回持参してくださって居たタオルは薄い紫色だったので、色の出具合が良く見えました。

こうやって、悪いところから老廃物や迷走電流などが引き抜かれて、タオルなどに色がつく場合もあります〜。

f0128026_15125798.jpg





by pineheath | 2018-06-26 15:17 | CS60 | Trackback | Comments(0)

[CS60] 憑依の施術

今日の午前中はCS602枠のお申し込みをくださっていた方の施術でした。2時間の枠があるので、全体施術した後、重点的にして欲しいところなどをする余裕もありました。
でも、ご本人も感じたと思うけど、時間が全然足りなかった~~。

最初の足の施術に入った途端、とてもおとなしい感じの方なのに、とても大きな声で笑い出して、笑が止まらなくなる感じでした。

我慢できないくらい痛いとか、くすぐったいとかではなく、ただ、笑いがこみ上げてくる。でも、その、大きな笑い声は、なんだか、彼女のものじゃなくて、なんか、別の存在の声でした。


ああ、憑依なんだなあ、ってすぐにわかって、「何かが憑いているって言われたことがありますか?」とお聞きしてみました。

すると、「あー私、引き受けやすいみたいで、すぐに憑けちゃうみたいなんです。。いろいろつけちゃうんです。。」と。


反応しないポイントでは、シーンとしていらっしゃる、普通どうり話もできる。

でも、反応するポイントでは、人が変わったかのように大きな声で、叫んだり、唸ったり、笑ったり、、、

CS60
は憑依しているものと波動が合わないから、憑依しているものたちが騒ぎ出すって感じで、最初からガシガシ流すことなんかさせてくれない状態でした。私としては、お手柔らかな施術になったと思います。なんとか、声高々に笑ったり、唸ったりするのをだましだまし、施術していきました。

でも、2時間あったので、憑依している存在たちもずいぶん大人しくなっていって、最後には、「今なら腰も施術してもらえるかも」と、クライアントさん自身がおっしゃるくらいになりました。腰の施術、骨盤側からの腰の痛みだなあ、と感じていたので、側面から施術したら、また、大声の笑い声が出ていました。




話には聞いていたし、見たこともあったけど、これが憑依している方の施術なんだな~、と思いました。


通常の「痛い」っておっしゃる方に対しては、こちらも躊躇することがないのだけど、憑依存在がCS60に抵抗する感じって、それを無視してガシガシ施術することができない感じなんだなあ、っていうのが興味深かったです。


西村先生が憑依がある女性を施術してるのを見たときは、暴れ回って、騒いでいるのを容赦なく施術してて、最後には、(本当に)憑き物が取れたかのように大人しくなって、施術を受けていらっしゃった方がいたけど、今回の私のやった施術は容赦なくっていうよりも、だましだまし深くしていった、って感じだなあ、って思います。


一箇所だけ、完全に抜けたところがあったのですが、それは手の指先で、最初は大きな声で叫んでたのですが、抜けるにあたって、その声が小さくなっていって、最後には、静かになっていったのです。

「最近笑うことなんか、本当になかったんです~」って随分軽いエネルギーになって明るい笑顔になってお帰りになりました。

CS60 の施術については
こちら
keiko@purefoodpurebody.com
までご連絡ください。





by pineheath | 2018-06-16 18:06 | CS60 | Trackback | Comments(0)

[CS60]難聴への施術~耳の中から何かが出て来た!!

週末、母が九州から来ていました。


10年以上前に急性突発性難聴を患ってから、耳の不調、耳鳴り、頭痛、難聴になってて、今では、左耳は補聴器が手放せない状態になっていました。

補聴器があれば、すごく聞こえるようになるか?と言われたら、そうでもないらしく、ただ、左右の聴覚のバランスが取れるようで、頭の変な感じが抑えられる、ということで、補聴器はつけている状態でした。


そんな母にCS60施術。


1時間かけて全身をした後に、重点的に耳の部分をしたのですが、問題がない耳は痛みがすぐに上がって来たのですが、問題がある耳は最初、なかなか痛みが上がって来ませんでした。


CS60 では、『痛み』は希望の痛みです。痛みが上がって来たら、改善する見込みがあるので、しつこく問題の耳を施術していたら、「あ~変な感じになって来た。。。」と言い始め、その後、痛みが出て来ました!!!最終的に刺すような痛みが出て(これは患部に届いている証拠)

私としては、心でガッツポーズでした。



そして、もうこれくらいでいいかな、とCS60を耳から外してみたら。。。


f0128026_13433838.jpg

わかりますか?




CS60の球体の先が当たっていた、まさに施術受ける人が針を感じるその針の入り口になるところに白い脂肪の塊?みたいなものが出て来ていました。



難聴の人を施術したら、耳から汁が出て来たという事例を聞いたことがあったので、そこまでは驚かなかったけど、実際に目の前でそうやって出て来たので、本当にCS60 って内部の老廃物を引っ張り出してくれるんだ!!って、それが目に見える形で出て来たことに感心しました。


施術後、母はボー然としてて、しばらく机に突っ伏して寝なきゃいけなかったほどでした。


30分くらい寝た後に、耳はどんな感じがするの?と聞いたら、「いつもより聞こえるような気がする。。。」と。


癖で補聴器をつけようとするので、「付けなきゃ居られない感じなの?」と聞くと、「いや、そんな感じじゃない」と。

なので、補聴器つけないで居てみてもらうことに。


結局、その夜は補聴器つけることなく、普通に会話してました。


そして、翌日の朝、問題の耳をもう一度10分くらい施術。

そして、施術後に問題の耳のすぐそばでかなりコソコソ声で「これは聞こえる?」と内緒話をするような感じで声をかけると「聞こえてるわよ」という返答!


聞こえる方の耳を塞いでもらって、もう一度コソコソ声で話しかけたらそれでもバッチリ聞こえて居ました。


そして、「やっぱり聞こえているみたいだわ、、、誰かと誰かが会話している声がちゃんと取れるもの。。。」と、自分でも不思議な感じのようでした。


結局、私のところにいる間は、補聴器つけることなく、帰路につきました。


CS60 の即効性、可能性の大きさにますます感動した週末でした。

f0128026_13461025.jpg
ヒーリングリップグロスも作ってあげました〜。気に入ってくれました♪





by pineheath | 2018-06-13 13:50 | CS60 | Trackback | Comments(0)

[CS60](感想)「若返った」!!とにかく体の調子がすこぶる良い

CS60の感想をいただきました。


Nさん、痛そうでした。。。

施術直後には、だるそうで痛みが早速上がってきてる~って感じだったので、その後どうされているかな、、と思ったのですが、4日目にしてやっとデトックスも落ち着き、効果を大実感されている様子です♪


どうもね~、私の施術はかなり痛いようです(今更ですが~~笑)でも、もちろんもっと優しく痛くないように施術することももちろんできます。もっと表面だけを撫でる施術もできるのです。

でも、『深部にある老廃物を排出させてあげたい!!』って思いがあるため、深部に届く施術を目指しています。


なので、「優しくしてほしい、痛いのが嫌」という方には、優しく施術もできるので、痛いことを怖がらずに施術受けにいらしてくださいね~~。


さて、さて、Nさんからの感想~~

*************************


CS60の感想です。


とにかく施術は痛くて、悶絶状態でした。


が、どういうわけか、

『これはすごい!!』という体感はあって、

痛いのだけれど、そ こそこーーー!

っていう感じでした。


痛気持ちいい。というのとは全然違って

ただただ、痛い・・。

しかなかったのですが、

体の深部が喜んでいる。という感じで、


あれはなんだろう・・どういう風に表現すればいいのか?

ちょっと初めての体験で言葉に表せない感じです。

当日の体験はただ『痛いーーーっ!』

しかなく、ただただ悶絶状態でした。



が、その後の変化が素晴らしくよかったです。


一番痛かった背中の箇所はやはり青あざになりました。

4日目の今もまだうっすらと青あざがあります。


施術していただいた日はとにかく眠く、

夜はすぐに寝ました。

ぐっすりと深い眠りだったように思います。

気が付けば朝!って感じでしたから。


次の日は全身筋肉痛でした。

背中の痛みがひどく、

あぁ、気が付かないうちにずいぶんと無理をさせてるんだなぁ。

と思いました。


背中以外ではふくらはぎが痛かったです。

が、青あざになるほどではなかったです。


2日目は筋肉痛がひどく全身だるい感じでした。

だけど、頭はスッキリしてきたような感じでした。

体は筋肉痛なのですが、

何かがスッキリしていました。


3日目は筋肉痛は治りました。

ただ、ただ、体が軽くなって、

思考がスッ キリして、いらないことを考えないようになっていました。

ごちゃごちゃと考えることがなくなっていました。

(なんだか忙しかったからかもしれませんが・・。)



さて、今日は当日から4日目なのですが、

これがまー、軽い!軽い!!

なのです。


言葉にすれば

『若返った!!』

って感覚です。


そう!『若返った!』って感じです。


何かがしゃんとして、軽くなり

身軽になってきた感じです。


当日の施術は痛くて、ちょっとした恐怖!(笑)

にも感じたくらいでしたが、


施術後の体の感覚はものすごく軽くなり、

いらな い思考がなくなりました。

物事がシンプルに見えるようになってきたと思います。


これはすごいです。

病みつきになります。



とにかく体の調子がすこぶる良いです。

背中の痛みもなくなり、

いらない思考もなくなり、

やりたいことに向けてすんなりと動けそうです。


そして、体が若返った。

という感覚がものすごくあります。


先日はありがとうございました!!

受けてよかったです~~^^


これは定期的に通わせてもらうことになりそうです。

(もしくはフランチャイズに申し込んでしまうくらいの勢いです。)




*************************

「若返った」って感想、わかります~~~!実感として、あー体力あった頃はこうだったのかも!って思うエネルギーが湧いてくるのですよね。細胞が若返るってこういうこと!って思います。


あと、本当にこれは、CS60作った西村先生に感謝なのですが、施術者の私も施術後は恩恵受けているので、施術前より、体力使ってるのに元気になってるのです。


CS60は施術を受ける人が70パーセントの恩恵を受けて、施術者が30パーセントの恩恵を受けるように設計されているらしい、ということは知っていたのだけど、やはり、施術する前より、施術後の方が施術者の私は元気になっているのです。



あと、「物事がシンプルに見えるようになる」ってのも、すごくよくわかります~~!!

複雑に考えて、悩む傾向にある時、CS60やると、すっきりと見るべきところだけが見えてくるのです。


CS60のコミュニティーの方が自閉症の息子さんにCS60を施術したら、今まで5年間くらいは毎朝、学校に行くときに、行きたくない理由を延々と話す時間を取らなければならなかったのに、CS60 をやった翌日から、何も言わずに学校に行くようになったと。


ちなみに、

脳の雑念を取るには、前頭葉に当てるといいのですが、自分メンテ講座でもお伝えしているのだけど、前頭葉にはESR(エモーショナルストレスリリース)のポイントがあって、そこは手でヒーリングのエネルギーを送るだけでも、『ストレス』ではなく、『クリエイティブ』な方に脳が活性化するのを感じるのですが、(今までのストレスに感じていた事象と同じ感覚ではつながらなくなる)CS60はそれを瞬時にやってのけてくれる感じです。


本当に、面白いです~。


さて、CS60に関する情報はホームページにまとめました♪

リピートの方が受けやすい料金体系にさせていただいています。


CS60


by pineheath | 2018-06-04 17:54 | CS60 | Trackback | Comments(0)